やる夫ショートストーリーセレクション Ep229 奉仕者たちback

やる夫ショートストーリーセレクション Ep229 奉仕者たち


続き・詳細・画像をみる


   奉仕者たち
.
530
    / ̄ ̄\
  /  「  \
  |    ( ●)(●)
  |    | |
  |  __´___ノ
  |  `ー'´}
  ヽ     } ___________
   ヽ    ノ    | |    |
  ___/. く | |    |
  | | /  .,     ヽ | |    |
  | | /  /    | | |    |
  | | |  丶nnn ¦ |_|___________|
   ̄ \_、("二) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_|_|__|_
  彼女と知り合ったのはチャットを通してだった
    / ̄ ̄\
  /  「  \
  |    ( ●)(●)
  | u.    | |
  |  __´___ノ
  | U ´}
  ヽ     } ___________
   ヽ    ノ    | |    |
  ___/. く | |    |
  | | /  .,     ヽ | |    |
  | | /  /    | | |    |
  | | |  丶nnn ¦ |_|___________|
   ̄ \_、("二) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_|_|__|_
  彼女は美大に通っているが、スランプに陥っているらしく
  その悩みを打ち明けてきた
    / ̄ ̄\
  /  「  \
  |    ( ─)(─)
  | u.    | |
  |  __´___ノ
  | U ´}
  ヽ     } ___________
   ヽ    ノ    | |    |
  ___/. く | |    |
  | | /  .,     ヽ | |    |
  | | /  /    | | |    |
  | | |  丶nnn ¦ |_|___________|
   ̄ \_、("二) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_|_|__|_
  お人よしだった僕は彼女を放っておくことができず、
  Twitterのアカウントを教え、これからも悩みを聞くことを了承した
.
531
         / ̄ ̄\
       /    \
.     | 「  へ.  |
          |  (●) (●) |
            | |    .!
    l  __´___  l
            ヽ  /
     /  \
  /            |
.   _/((┃))____i |
. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
.  /  /________ヽ..  \
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 その頃の僕は、彼女のように大学には通ってはいなかったが、
 趣味で執筆活動をしていた
         / ̄ ̄\
       /    \
.     |  -‐' ヽ、  |
          |  (○) (○) |
            | |    .!
    l  __´___  l
            ヽ  /
     /  \
  /            |
.   _/((┃))____i |
. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
.  /  /________ヽ..  \
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  しかし、尊敬する先人のような文章を書くことは
  僕にはできなかった
         / ̄ ̄\
       /    \
.     |  -‐' ヽ、  |
          |  (ー) (ー)  |
            | |    .!
    l  __´___  l
            ヽ  /
     /  \
  /            |
.   _/((┃))____i |
. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
.  /  /________ヽ..  \
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  そんな僕が彼女を放っておくことができなかったのは、
  自らとダブったからかもしれない
.
532
    / ̄ ̄\
  /  「  \
  |    ( ●)(●)
  |    | |
  |  __´___ノ
  |  `ー'´}
  ヽ     } ___________
   ヽ    ノ    | |    |
  ___/. く | |    |
  | | /  .,     ヽ | |    |
  | | /  /    | | |    |
  | | |  丶nnn ¦ |_|___________|
   ̄ \_、("二) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_|_|__|_
  そんな彼女との連絡は頻繁におこなわれた
    / ̄ ̄\
  /  _ノ   \
  |    ( ⌒)(⌒)
  |    | |
  |  __´___ノ
  |  `ー'´}
  ヽ     } ___________
   ヽ    ノ    | |    |
  ___/. く | |    |
  | | /  .,     ヽ | |    |
  | | /  /    | | |    |
  | | |  丶nnn ¦ |_|___________|
   ̄ \_、("二) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_|_|__|_
  彼女の悩みはいまだ解決していないようだったが、
  僕らは雑談をして楽しむほど仲良くなっていた
    / ̄ ̄\
  /  「  \
  |   (● )(● )
  |    | |
  |  __´___ノ
  |  `ー'´}
  ヽ     } ___________
   ヽ    ノ    | |    |
  ___/. く | |    |
  | | /  .,     ヽ | |    |
  | | /  /    | | |    |
  | | |  丶nnn ¦ |_|___________|
   ̄ \_、("二) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_|_|__|_
  そんな僕は彼女のほかに気になることがあった
.
533
     / ̄ ̄\
   / 「 へ \
    | (●) (●)  |
   | | │
    ', ̄ ̄ ̄``'‐、`_,.、-―‐'―‐┐
 ,:'ヽ、   |  ノヽ、
 〉 -、)  .|  (,、- i
 ヽ -、)   |  (,.、- ノ
  それは、自ら執筆した小説の出来であった
  / ̄ ̄\
       /  「    \
  | ( ●)( ●)
   .|  u. |  |
       |    ___´___l
   |      }
  ヽ    }
  ゝ  丿
   /  / ̄ ̄/´ ̄/
   |  |. /    /  ⊂)
  自分としては全然満足のいく作品ではなかったが、
  プロの目が見れば何か光るものがあるのではないか、
  そんな一抹の希望が僕にはあった
    /  ̄ ̄\   │::::;::::::;;;;;::|| ;; ;:::: : ::::|| ;; ;:: ::: ::::||::::: ;; ;:: : :|
   /    -‐'ヽ  │:: ::;:: ::::: :|| ;; ;:::: : ::::|| ;; ;:::: : ::::|| ::::: ::: ;; ::|
   |::::::    ( ●)     │:: ::;:: ::::: :|| ;; ;:::: : ::::|| ;; ;::::: : :::||::: : ;; ::: :::|
           |:::::::::::   |   .│:: ::;:: ::::: :|| ;; ;:::: : ::::|| ;; ;::::: : :::||::: ::: : : ::::|
    |:::::::::::::: __´     │:: ::;:: ::::: :|| ;; ;:::: : ::::|| ;; ;::::: ::: :||:::: : :: :: :::|:
            |:::::::::::::: }   iニニニニニニニニニニニニニニニニニニi
            ヽ::::::::::::::   }
   __ ヽ:::::::::: ノ
  | |=====>   く ============| |
  | |  / l   ヽ   | |
  | | / /l  丶 .l          | |
  | |  / / l        } l ̄ヽ____| |
   / ̄ーユ¨‐‐- 、_ l !__ノ /| |
 _ /  ` ヽ__  `- {し|  /  | |
 / ヽ     `ヽー、}  ./  /| |
 ノ     ヽ__  `ヽ./  /  .|_|
/     ノ |  /
     /  |/
  明日、出版社に持ち込もう
  そう決めてその日は床についた
.
534
     ___
      /, l___l\
       //レ|‐┼┼‐ト\\
            //レi レ|‐┼┼‐ト、ト.\\
  /,/レ' レ' レ|‐┼┼‐ト、ト、ト \|
   i|/レi レ' レ' レ|‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
  _l|レ' レ' レ' レ' レ|‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
  __/|レ|レ' レ' レ' レ' レ|‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
テミ! /|レ| |レ|レ' レ' レ' レ' レ|‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
丁| | |レ| |レ|レ' レ' レ' レ' レ|‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
┼| | |レ| |レ|レ' レ' レ' レ' レ|‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
┼| | |レ| |レ|レ' レ' レ' レ' レ|‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
┼| | |レ| |レ|レ' ,ィ爻从、 |‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
┼| | |レ| |レ|レ ,爻爻爻ム ‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
┼| | |レ| |レ| r爻爻爻メハ. ┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
┼| | |レ| | ,小爻爻爻爻ミ}. ┼‐ト、ト、ト、ト、|
┼| | |レ| | 爻爻爻爻爻爻  ┼‐ト、ト、ト、ト、|
┼| | |レ| |レ 爻爻爻爻爻; ┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
┼| | |レ| |レ| 爻爻爻爻シ ┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
┼| | |レ| |レ|レ ヾ爻爻メ ‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
┼| | |レ| |レ|レ' レ YfY ' レ|‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
     / ̄ ̄\
    / ノ  ヽ、.\
    |  (●)(●) |
            / ̄ ̄ ̄ 丶人__).  |
   /  \ ._|_____
   , --'、             /     `〉
        / ⌒ )  /   /
      ,′ ノ        /          /
      l T´ .._  ./  r'´ ̄ヽ
   ヽ ノ  ./丶、 /  (  ̄ l
      `'ー'´  | .`'ー'――┬― --、/   _.ノ
   / ̄ ̄\
 /  \
 |    -‐'  ヘ l
.    |  ( ー)( ●) |
      |  u.   |     |
      ,|    __´___   }
    / ヽ     !
 く  く ヽ  ノ
    \ `'   く
  ヽ、      |
        |  .|
   / ̄ ̄\
 /  _ノ \
 | ( ●)(●)
 .|  (__人__)  ……才能ないよ
  |       )
  .|        }
  >    ∩/⊃
 (  \ / _ノ _,, /て⊃──、
 |\. ”  /_|\  `´  \  \
 |  \_/ |   \__/.   ̄ ̄ ̄ ̄
    ,. '"´ \
     /  \
     /     ● \
    i  ● ヽ ヽ
    |   ●  ノ
    |   /
    |    /
      |  _,,.. -‐'"
     |  .'"´
     i .!
          ゙、 ゙、
       \  ヽ
         ヽ  !
               ノ/
    i'/
            !
   / ̄ ̄\
  / 「 \
  | ( ○)(○) :
    : |    |  |:  そうですか……
 :: |  __´___ノ.:
    .| `ー'´}.  読んでくださりありがとうこざいました……
   .ヽ.      }.
   ヽ  ノ
  /  く
   .: |      .| :
   .: |  .| :
  その日、僕の文学人生は終了した
.

----------------------------------------------------------------------------
535
  / ̄ ̄\
 /  「    \
 |   ( ○)ll(○)
 |    | |
 |  __´___ノ  ( ;;;;(
 |  `ー'´}  ) ;;;;)
 ヽ     }   /;;/
 ヽ  ノ   l;;,´
   /⌒   ヽ
  ./ \  Y´ ̄了━・
 /     \|\_/
 |       ヽ、__)|
 |   ヽ ̄⌒Y ̄ ̄⌒ヽ
 \___y ゙|___ィ   |_
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  | |   |_|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |  ̄ | |
            {___゙)   {___゙)
  その日、帰りの途上にある公園に
  僕は何時間いただろうか……
   廴__}
        廴__}
.     廴__}
       //ー'弋 、
.   // \\
  //      \\
.  //           \\
   //.         \\
  | {    \\
  | i    .ヽヽ
     \\    リ!
      \\   / /
        \\   //
          `  `二二二二二>'
  / ̄ ̄\
  /:::::::::::::::へ \
  |::::::::::::::::::::::::) |
.  |:::::::::::::| |
 |:::::::::__´___ j
 |:::::::::::      }
 ヽ   }
  ヽ   ノ
   /  く
   |  |
   |   |
  そこで僕は死ぬことばかり夢想した
  文学に人生を捧げるつもりでいたのに……
  もはや僕の人生に意味はない……
   / ̄ ̄\
    / _ノ  ヽ、_ \
  . | ( ●)(● ) |
  . | (__人__)  │
    |  `⌒ ´   |
  .  |           |
  .  ヽ   /
    ヽ    /
   >    <
   |    |
      |    |
  僕の無意味な人生に彼が引導を渡してくれたのだ
  いや……
  / ̄ ̄\
  /:::::::::::::::へ \
  |::::::::::::::::::::::::) |
.  |:::::::::::::| |
 |:::::::::__´___ j
 |:::::::::::      }
 ヽ   }
  ヽ   ノ
   /  く
   |  |
   |   |
  僕はすでに気づいていたのだ
  彼はそれに確証を与えてくれただけ……
.
536
 /||ミ
  / ::::||
 /:::::::::::||____
 |:::::::::::::::||/ ̄ ̄\|| ガチャ
 |:::::::::::::::|| /    \
 |:::::::::::::::||( =) (=)|
 |:::::::::::::::||    | |
 |:::::::::::::::||   ___´___   |
 |:::::::::::::::||     .}
 |:::::::::::::::||     }
 |:::::::::::::::||ヽ___ ノ
 |::::::::::::::(_____ノ´||
 |::::::::::::::(_ノ / . . . ||
 |:::::::::::::::||/ ||
 |:::::::::::::::||   ||
 |:::::::::::::::||   ||
 \:::::::::::||   ||
  \ ::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
 \||
  帰宅したときに時計は0時をまわっていた
    / ̄ ̄\
  /  「  \
  |    ( ○)(○)
  |    | |
  |  __´___ノ
  |  ´}
  ヽ     } ___________
   ヽ    ノ    | |    |
  ___/. く | |    |
  | | /  .,     ヽ | |    |
  | | /  /    | | |    |
  | | |  丶nnn ¦ |_|___________|
   ̄ \_、("二) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_|_|__|_
  しかし、僕はいつもの習慣にまかせて、パソコンの電源をいれ、
  Twitterにアクセスした
    / ̄ ̄\
  /  「  \
  |    ( ○)(○)
  | u.    | |
  |  __´___ノ
  | U ´}
  ヽ     } ___________
   ヽ    ノ    | |    |
  ___/. く | |    |
  | | /  .,     ヽ | |    |
  | | /  /    | | |    |
  | | |  丶nnn ¦ |_|___________|
   ̄ \_、("二) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_|_|__|_
  僕のアカウントには彼女からのメッセージが大量に届いてた
  彼女はスランプで切羽詰り、死を考えているようだった
  傷心の僕もこれには戸惑った
    / ̄ ̄\
  /  「  \
  |    (  )( )((○ ((○
  |    | |
  |  __´___ノ
  |  `ー'´}
  ヽ     } ___________
   ヽ    ノ    | |    |
  ___/. く | |    |
  | | /  .,     ヽ | |    |
  | | /  /    | | |    |
  | | |  丶nnn ¦ |_|___________|
   ̄ \_、("二) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_|_|__|_
  それに加えてこんなメッセージが最後に届いていた
  「直接会えないかしら……」
.
537
     _________
    /      'r r.r.r.i
    /   | | | | |
   / u  .ノ.ノ.ノノノ
    ハ 「  ヽ u / /ノ
   / (○)(○)  .(   l ヽー―ー-、
  /  . |  |  ム  イ   r ヽ
        ./  /ヽ _`_   |  .l    /   、 l
  /   / ヽ`二'´/l |   ,'   l  l
   .  / ,'  ヽ| | ノ    ハ  l
      /  .l ∧ |   レ'  ノ    l
   /  l ノ ヽ  |    |    ノ     }
   ∧    / ,〆  ヘ  l  , '   l
  ヽ、_,ノ'´    ヘ .l  /   ノ
     ', |  /   ,'
       ト、  ノ    ノ
  今日死にたくなった僕には彼女の気持ちは分かる
  痛いほど分かるのだ
  しかし、会うとなるとそれは悩まざるを得ない
    _______
  /    \
   __/    \
 /     |
 |        i  (○)〉‐┐ .|
 l lヽ   / | 、_    /
 /  ヽ\  ゝl   (○)〉/
 |    \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
 |   |ヽ、二⌒)、       \
  インターネットで知り合った男女が直接会う……
  絶望と失望の予感しかしない……
  それに相手はちょっとメンヘラな女性だ
  自分だってパッとしない男
   / ̄ ̄\
 / u ─'   \
 |    ( ◯)(◯)
 |    | |
 | U    __´___ノ
 |  ´}
 ヽ     }
 ヽ u ノ ゴクリ…
 /  く
 |  |
  どちらも失望する未来しか見えなかった
  だが……しかし……
           _人_
   / ̄ ̄\ `Y´
.          / 「  ヘ \
    |  (●)(●) |
    |      | │
     │   __´___ .|
     │   `ー'´ .|
.      ┃  ヽ        / . ┃
.    ┃┃.  ヽ       /   ┃┃
.  ┃┃┃. ./   く.  ┃┃┃  _             n     __
. ┃┃┃┃     |    |. ┃┃┃┃   辷l /7 _,n___ ,⊆ ⊇、 に二二l └┘/7
. ┃┃┃┃     |     |. ┃┃┃┃  くノ `l_ヤ′  ̄U ̄    <ノ
  どうせ死のうと思っていた身!
  失望させようが失望しようが関係ない!
  そんなこんなで「会おう」と返信した
.
538
___         ┌――┐、
.   |"''''ー-i,,,__      ┌―‐┐._l,,r――:|、 丶
===|! ll ll ii|'―i、     | MG,.イ!_|___| .\
ll ll |"''''ー-|:,、,.|.\      , ― 、 l| ̄/l |┌─―┐|_\|
===|! ll ll ii|(',,,,!'llii| .   _|:109:| l| i"  l |..|゚ 人, 。|..| |ヾ|
ll ll |"''''ー-|('iュ|゙ヾ|  l __|::::::::::l,__   l| |  /|..|(・-・<ノ|..|_|:.|
===|! ll ll ii|(n、!'llii|  ./__|:| ̄|:|,,_|'i || |//|└─―┘| |ヾ|
ゞ;;ゞ"''''ー-|'愛|゙ヾ|/l/|ii|:|2c|:| |'|゙| l゙|| |/_,-|____|_|:.|
ゞ,ヾゞll_ll_ii|;;;;; !'llii|/ゞヾ.:|:|..H|:| |.ヾ ヾ;ゞ ,;;‐'''|;Gi'():∧;;;;;| |ヾ|
,ヾ、ゞァl_lミ;;|'―|゙ヾ| ゞ;ヾ,ゞ|:|_|:| ゞゞ;:ゞ.ヾ;;ゞ/|从) (∀’.;|_|:.|
ゞ ;ヾ;――|:―|!llii| ;ヾ;ゞ.ゞ =-= ゞゞ ;ゞヾ.;ゞ、/|二二二二|_|ヾ|
''|ii|" |i ̄i|.| ̄i|゙ヾ| lil,、_,、,、_,、 'ヾlil''゙|i|",、_,、 ||,__________,||.,、_,、
―-、_==========  (jコ )ー゚*)  (  ゚) ll  ll ('jコ')
:o-o-'  ̄ ̄ ̄ ̄  (  ) c)   (  )     < )
     uu uu      u u     メ,
  / ̄ ̄Y ̄ ̄\
  / へ.  へ \
  (●)(● )  ( ●)(●)
  | /      |  |
 {___´__  彡 __´___ノ
  {`ー'´   `ー'´}
    {   彡   }
  ヽ、 /  ノ
   .ン  ヽ
   //  |
  (⌒二_/ | . |
  約束の日
  僕は期待と不安を同居させながら彼女を探した
.          ,、
.  r 、   /ノ}
.  |_} |. / / / )
.    |  |/ / / /
.        |´ / // /,ノ)
 r 、l‐/ / / /
.... | } / /
.    | l 、 {  すみません、できない夫さんですか?
      l         |
  |  |
.. }        |
 ノ  ノ
  すると、後ろから声をかけられた
  僕の本名を知っているのだから、当然待ち合わせの相手だ
   / ̄ ̄ ̄\
 /      \
  /ノ   へ   ヽ
 ( ●)( ●)     |
  | |          |
  |. ___`____    l
.  |    /  えぇ、そうですが
 |       /
   \__    (
  _)_ ===\
   /          \
   /       ヽ
  | ,   i
  |    |     l.|
   |    l        | |
   |    |.      |. l
  l |   |.│
 /  ノ      | |
  /     /     l /
 (ヽ、__,/____  __,У
  ヽ_ィ  __ __ ̄ ̄_ ̄_,|
  ¦  ¦ ¦ j l   |
  僕は振り返って、声の主を見た
.
539
    ,,,.. --- ...,,
  ,. <´ >< ̄>=-,.、ヽ 、
 ./-‐ '' """" '' - ニ..,X>、 \
 /    ヽ,X\ ':,
. /  ,l  , i  ヽKi  i
. ,' ; i _| |  ,.....LL._ i  ';>| .|  わ、わたし巡音ルカです
..l | '|´./ l.l /l/ | `!  'r-, l
.| l  l,xr=i'|  /ィ==s, , r┴, |  いつもお世話になってます
.l .|l  |.〈. |::::::| ヽ/ |::::::::::| ,!.li   |l l | l
..'|. ', l.i  !;_::;!   l::__::ソ l ! '; .|.|.|.l |
 ' .ヽ l ! ,,,  ,,, |  .l. l┬' l
.  ヽ.|', i`i';;_ ._ ` ´   .. / /!' / .|
  ./ \l'''-'..,,.<二...´=ニ!/ /_  .l ':,
  // / ´/:l !i´`!,z.ニ-/ /  ヽ |. ヽ
 / / ,' /z=-ヾ! ´二.. / /    | l   ヽ
' /i r‐'/ ヾ==-i''i,,!二>i / 03 !   l \
  美人だ……
    ,. </.. >-<.\`ヽ、ヽ、
  ./,  ' ´  ::`ヽ--ヽ::..ヽ
  /   ::::::\!ヽ::::',
  /  .:: ::: /..': :. .:i ::::::::',´,L::l
.  /  :::/.::/::::  |//: /:: :|:.  i-,.r'!
  'i.: :::' ::/i:|:: /: ./::_.,'=l-,-:-:::!:/ .| .l| |  もしかして待たせてしまいましたか?
  |.l: : Z' ̄!'ヽ.!:./ l:/' ,!.'-.l、 ::;'  l .|l l
  l ! :| :l,ィ:''ヽ,'/ '゙ イ;;;;;゙i. /:::;'  .l .l!/
  |' '; :l':;:i.ヾ:::::!      ヾ:::ノ| .:/  /-::'/
 iヽ:ヾ, `´ ,  !:/ / /::/i
 | ,`:::::ヽ.、 ,、、_  ,/ ./.::/::/:|
 l:i', i;:::r--,゙/ ,゙へ,.  ',././::/: ::i::::l
 'レ ‐'- / '゙ ,.:: 〉-rr   ./  i'´  ‐''´ _`>、r''ヽ |:: :::: l:::',
 .i  | ´ /,| r .| .l::: :::: ヽ:.ヽ
 |  ,../  ' /ヽ' -'/!:;:  ::  ::::::\
<いえ、そんなことありませんよ
  美人だ……
 /  .:;::::i;:  :::: :::lヽ::::. :::::::...\X\l\::::..\
 / / .:/:/:l ヽ :::: ::|. l:ヽ::\;i::::::..\X ><',::::.. ヽ
/  l :::l::lイ ̄':; :::::i::::l ',:::'  ̄`iヽ、:. ヽ/ V .l:::::. ',
 | :::|::|::|   ';::::::|:::|  ヽ;::ヽ::::i:ヽヽ:ヽ /ヽ,.|::::.. !
  .l  ::l::::l:l ヽ:::l';::l  _、:::::|::\::::';へ Xl::::.. ヽ
  |  :::!::::|l./´!`ヽ\!ヽ! ´ ./:::::::`ヽ:::;:ヽ::i―- |:::::... \
  l  :::i:::::::|  |::::::i  |:::::::::::::::!:::ヽ:::|/ ̄ヽ::::::....  ヽ なら良かったです
  .| ::::|:::::::l  ヽ::ノ  ヽ:::::: ノi::::::::';:l |:::::::::::...
 ', ::::l:::::::ヽ, , ,   ,  , , ,  |::::i:::::ヽ  /::::ヽ:::::::..
 ヽ ::::',:::::! ゝ  _    l::::|::::l::l ̄:l::::::::\::::
 \ :iヽ:::ヽ   ̄´ /|:::l:::::|:|::::::|:::::::::::..ヽ
 |::::|::\::::\  ,  ' l:::|::::::ll:::::::l:::::::::::::::..
  / ::::l::::::ヽ::ヽ`  ‐- 'i´,. -‐ |:/::::::i:!:::::::|::!:::::::::::::
  /  :::::|:::::::::\:\::::i´//  //::::::|:::::::::::l:::ヽ::::::::::
 / ..::/:::::l :ヽ:ヽ::::::、ヽ:| l // _ / ':::::::::l::::::::::: ';:::::\:::::
  美人だった!
.
540
        /
       /
 ,/二ヽ          ,/二ヽ      .|
    `゚´    `゚´   |
 ´゛ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~~|
 | ̄ ̄| ̄ ̄| | ̄ ̄| ̄ ̄|    | ̄ ̄| , -'"゙|
 __,,__,__,_______ __,|__| _______,,_| |:::..:...|
: 二二二二二二二二二ミ)   .(ミ二二二二| |:::......|
 XXXXXX:: ________XXXi|┐    .|iXXXXXX.| ,_"'-、,|
 XXXX::::: / /../! .Xi|フ!    XXX.| |\\
    / / /  i.,___  / ̄ ̄ ̄ \   __ノ  \\
   . | ̄| ̄|  ,,r'゙  ./ .      ヽ, ヽ.   | ̄|
 / .,,ノ ..|  i,/ .  ̄ ̄ ̄|i; ̄ ̄ ̄  .  丶ノ ..|
 | ̄ ̄_____|___` ̄ ̄|/ ...r'jキ .. \| ̄ ̄_____|
  興奮した僕と巡音ルカさんは近くの喫茶店に入った
  ここならゆっくり話ができるからだ
   / ̄ ̄\
 /  「  \
 |    ( ●)(●)
 |    | |
 |  __´___ノ ズズッ
 |  ` | ̄ ̄( ̄\
 ヽ   \_/| |
 ヽ  ノ    | |
  ネットで知り合う相手なんてフツメンかブサメンの
  二者択一だと思っていた僕は少なからず動揺していた
  //= '' ´  ` 'ヽi/ i\
  /i: '´    \V..ヽ
 / '  .: ., :. :.    ',| _li',
  / .:: :::  |i ::. |i i  i    l Xi.l
 /::::  |:: i l |:. ::. : l |: li:. |:  |―i.|
   .l :::i l-l‐|.、:: :::  ::,.l l-!‐''.li:  l_| l
  | ::;| i ::. | _l__! ヽ:::: ::: !|_',,,,,_'! |: |l'i l| |  時間をつくってくださってありがとうございます
  .l:::|l | :::i.ヽ !::!!゙i \:. :/ ' i::!!:シ|: :. l! |.ll l
 ',:!ヽ! ::| ,l,,,`,,,´  ゙'  ,`,,´,,レ| : |',.!.|: |   それに、会いたいなんてわがままなお願いまで聞いてくださって
  l:! :l.ヽ  i  ,.l :!.!ー :.l
  / ':, l:ヽ  _  /::| :/ |: |: |
    /i ヽ!ヾ `_ :,、 ` ´,. イ:::::::// /  l
  /::!  l::`':-|:`‐`- ´‐.':ノ::/  / | |
  /:::;: -ヽ !―/ヽ―r‐.r‐':; iヽ/ /  L. l
  /::::/ ` /;;!、 \!_.ノ./;;;/ ' / i |
   / ̄ ̄\
 /  「  \
 |    ( ●)(ー)   いえ、全然大丈夫ですよ
 |    | |
 |  __´___ノ
 |  `ー'´}
 ヽ     }
 ヽ  ノ  \
 /  く \   \
 |  \   \     \
    | |ヽ、二⌒)((| ̄ ̄| \
    | |  `ヽ_/  \
  美人に会えるなんて、むしろ願ったり叶ったりだよ!
.
541
  // / :.    |、  ヽ  ヽ ヽ|.\ ヽ
  / / / i   :..  l i',   l':,  l iヽ.lヽ ':,
  / /.::/ ::::li   ::..  .:| | ', | i_  .| l , - .!. i
 / ,' :::ヽ.:::|ヽ  ::: ::::!. -r'''l"´!  l/ | r .、' , |
.  i  l :::::| ,' !-\:..::::..::| _',z==-.l、 ./ / .l l.  | l. l
 ! | :::::l _,,,_ ヽ:::::/ !:::!!::;| / ./ /! |  l .|. |
 ヽ:l\::::ヽ< !::!!:i  \  `"" ´/./ / |. l  l .l l
   ! :::::iヽ ':, "´ 、   ´ /// .l .Lノ / |
  |ヽ::::!:::::::l __  /;:':::/ i ー:::'i l
 /! ::i\::::::ヽ   ゙ー`' '/ :/ ./ .|:::l :|.  |
 / l ::|::::::ヽ::::/`::...、     ,. /./ :/ .:l:::::|::l ',
 / /.ヽ !::::/:: /:::::::/r=====-/、:/ ::/:::::l::: | ヽ
/ / :::;: ---'-,L::::_:::|i'´`i;;;;;;;;;;;;;;/_:/;;;;;;:! -- 、  ヽ
 /:! ::/ , -<;;:: =ヽ ノ;;;;;;;;;;;;;:´/  ヽ  \
:/::::!:/ /i'´;;;>' -==――;;;、ヽ;;/     |  ヽ
  それから彼女は自分の現状を話し始めた
  先生から認められないこと……
  同級生がどんどん賞を受賞していくこと……などだ
        , n / ̄ ̄\ .n
.     / / j.´_ノ  ヽ、u'l lヽ、
    /,イ / (○)(○) .l i i i
        〈 .r {u | .i. } }  )
  ', i.  ',   __´___ /   /
.   i   l.  ,'  ./
.   ヽ、_.イ、. 人 ノ
   ヽ   〈_ノ ノ
   |  ./
     |    .   |
  そうだ、彼女は死を考えるほど悩んでいて、
  それで僕を頼ってきたのだ
  いままで浮かれていた自分を僕は恥じた
    ..  -―-=.,―- 、
  ..::':´..::  ヽ/--\、
  ´./:'  / ,  \<ヽ\
  /'./..::.;‐'-、.'/.: / , ',/.l ヽ
  i.::; .<. ,'::/:,'::/:,:.: .:/  l.\|. ',
  レ:::イリヽ< ' l :::\.:/._L< !::::: l
. /ヽ  /::/ /-ヽ  ::::: |
 i::;:::! 、 ./ //";>/ ::   l
    |:!.!::ヽ / ///;;;/::..  |
 !' .!::/ .:::::!i-;;/!::::  :.::    i l
  ヽ!. > ''/  :: /-、::|:::::::::::: | |
  i/'  / !::l:::::::::: l l
 ,-‐='''/! ! 03 |: ::::.. | |
   .!;;;;| /,.-.|  /!== !.::::::. l l
    !;;;l./ ,.l .::..::/;|  |:::::::. | |
 ヽ;l /;;;;| ::::::l;;;l . l:::::::..l l
  彼女と僕は似ていた
  理想を追い求めていること、しかし、それに手が届かないこと
  彼女はまだ理想をあきらめきれないのだ
  / ̄ ̄\
.. / ┌  ヽ
  |  ( ─) (─)
  |       |  |  一度……
  |  ___´__ノ
. ヽ      }.   君の絵を観てみたいな……
  ヽ  ノ.
____/   \
| | / /        ヽ
| |  / /     | \
| | (  ̄ ̄ ̄⌒ヽ )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  純粋にそう思った、だからそう言った
.
542
     .. -――-、 、 、
   ., ´' ´ ̄ ` ヽ、<.\ \
  /    ,  ヽ  \lヽ ヽ
 ,.'  / i  ', ',',/.i.  ',
 ./ .i  / .,'  .| i l .l.lV|   l
.  ,' .| | / | l  l | | |.L'i.   |
  i  |l l ,' l |i | ,.l -r‐l i l.| !'´| .l
  |  l.|.| l―- ! l l ./.z=l==、! /./ |ll |  そうですか……
  l | l.l l ,l==l、 ! |// | イ::l::::〉,,' ,' l l!| l
.   ! lヽヽ'゙ .!イ:!:ノ ヽl゙ ' -- ' | !.!、| !l. |  なら、大学も近いので観に来ますか?
 ', | \' .!` ´ 、  / 丶-' l
   ヽ | ` !、  __   , '/ /  | | l
  ' ! |  l > 、   ,. イ=,' /  /l l .|
   | l  |iヽ'<.>` .'r- ',. / '/ / .| | .l
  ! |、 'l \!`'i 〉< / / / ヽ ', |
  ヽ' ヽ.! ` | l!、ノi  ,' ,' ,......〈  i .l
   ゙'  ` ,..-‐.rj=| .i  i'´  `ヽ | .|
   / /´//./ l |  |   l l .l
  / ̄ ̄\
.. / ┌  ヽ
  |  ( ●) (●)
  |       |  |  是非!
  |  ___´__ノ
. ヽ      }.
  ヽ  ノ.
____/   \
| | / /        ヽ
| |  / /     | \
| | (  ̄ ̄ ̄⌒ヽ )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 l   !.      _ ,,.`\_|  |
 l  .!. .‐.~ `'|  ┛
  _l_l_ ,':..  :|.._  |`'‐
 .  l| |¬` ー-_ノ:::::::... ......::::| . l ┛.:::i._
 [ll| |ll]_ ,;'" .、::::::::::::::::....| : l=.| ..:::: :;')
 | |l'   !:::::::::::;;;;;.... 、..::::| ' l | :::: _ノ.
 | | . _~ー、_:::::::::;;;\、 :| ; l | ,;'"
 | |./| ~ゝ:::::;;='、_:| : l=.|─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬
 | | |   l、...:::::::::.. !|__」゙..|┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴
 | | |   ^ー-、::. |  |┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬
 | | |          '~l_____.|┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴
 | | |   _,r-‐(⌒`ヽー-|l l l l|┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬
 | | |  ,ソ;;::: ゝ;;::::::::::: |l l l l|┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴
 | | 、!_ .{`:: . ノ_;;::::::::::. . |_ |┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬
  L;_::  ノ;;;::: .   l文|. |┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴
      ~ ー 、_i ::... | ̄ |┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬
               ヽ.,._|_ |─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴
     "" ^"~
  喫茶店を出て、巡音さんの大学へ向かった
.
543
     || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ||
  __________||  i´T`i  ||__________
  三三三三三三三三三三||  |__|__l  ||三三三三三三三三三三
  __  __,;  __   __;; ||;   ||  __,,  __;;; ___  __
  _|| ||_|_|| ||_|_|| ||_|_||  ; ||;  ___  # ||  ||_|_|| ||_|_|| ||_|_|| ||_
  _|| ||_|_|| ||_|_|| ||_|_||   ;|| ;;||_|_||  ||  ||_|_|| ||_|_|| ||_|_|| ||_
     ̄''  ;:; ̄   '' ̄  ||;; ||_|_||  ||
  三三三三三三三三三三|| ,, ||_|_||  ||三三三三三三三三三三
  __  __   __   __  [二二二二二二]  __   __  __ __
  _|| ||_|_|| ||_|_|| ||_|_||  | |  __ | |  ||_|_|| ||_|_|| ||_|_|| ||_
  _|| ||_|_|| ||_|_|| ||_|_||  | |  |_ :|: _|  | |  ||_|_|| ||_|_|| ||_|_|| ||_
  __________,|_|  |:::゚|゚:::|  |_|___________
   ;;;";;;:::::;; ゙"'':::::;;;;;;;" ""゙ / ̄ ̄ ̄ ̄\ ゙" ;:;;:;:;:''";:;:;:゙" ゙" ;:;:;:"";;:;:
   ;:;゙" ;:;;:;:''"";:;:;:;:;:゙" ゙";./            \"'';;;";;;:::::;; ゙"'':::::;;;;;;;" ""゙
  ⌒))ゝ⌒ゝ)⌒ミ⌒;;;)i^i              i^i⌒ゝ;:;)⌒ゝ;;;⌒ゝ⌒´;;
  ;;ゝヾ;ヾ;:⌒;;Z;);.;)ヾミ||   || ゞ((;;;ゝヾゝヾ;ヾ⌒;;;))
  ゝヾ゙ヽソ;;;)ヾz;:;ソ(;;;ゝ||   ||)ゝ;;;;ゝ));ヾ;:;;;ヽソヾミ;ソ
  '"''"`''´"''"´"''"''"''`"´   `"''"''"`"´"''"''"`"´"''"''
  巡音さんの言った通り、美大は近くにあった
 /||ミ
  / ::::||
 /:::::::::::||____
 |:::::::::::::::||/ ̄ ̄\||
 |:::::::::::::::|| 「    へ\
 |:::::::::::::::||( ●) (●)|
 |:::::::::::::::||    | |  失礼します
 |:::::::::::::::|| ___´___   |
 |:::::::::::::::||  `ー'´  .}
 |:::::::::::::::||     }
 |:::::::::::::::||ヽ___ ノ
 |::::::::::::::(_____ノ´||
 |::::::::::::::(_ノ / . . . ||
 |:::::::::::::::||/ ||
 |:::::::::::::::||   ||
 |:::::::::::::::||   ||
 \:::::::::::||   ||
  \ ::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
 \||
  構内を歩きながら巡音さんは大学の案内をしてくれた
  そして、とある一室に僕を招き入れた
    ,   '' """ '' 、
    r '二><><ヽ  \
    .. '' ´  ヽX\. ',
   /    ヾz= 、!
  /// ,   :|:..i| l、 .|' l |`i
   .i/i/./  .l |  .i .//´,,!-ァ  l. | ! .|
   / | l| !i.ヽ' _;/ ヘイソl | /=-‐'l l  ……これがわたしの絵です
  /  , !|ヽ :| ! :|ヾ!イ;i, `´!// | l | |
  / / / , \!ヽ- ヽ´' -  // // ! l
  / / / // / | ! ヽ  `.r=´/, ''''' ヽ' | ヽ
/ / /  / / / l ヽ r‐==レ' /./    ヽ l \
 / /  /  / / ヽ\>'- ' // !、 , 03 |  |  ',
/./  / ./ / .| >' / / ,' l|;;;;;;ヽ!-‐―-!-, l.  l
/ /  / / /ヽ,..-ヽ|' l !  ! l;;;;;;;;;;|  | |  |
  そこには一つのキャンバスとイーゼルが置かれていた
.
544
            ____  ┌‐.r i
.           l   !.!            !  l .l _ ....  ‐┐
  _ ...... l   !.!--― ''''   ¨ !  l .! ̄  / l.0.l
. i ¨  ̄    l   !.!       !  .! l_ ......  ┐  .l .l
  l. \.... --l  .l !''''' ¨¨   ̄ ̄ l   l l      l  ! .l
.  !   l      !  .!.!     l l l      ! .l 0.l
    ! !  !  .!.!          l l l  .l  l .l
 l l  l   !.!               l l l  l  l .l
.    l   l    !  .!.!   l l l       l   l .!
   !   l      .!  .!.!       l l l       !  !.0l
.     l   l   !  .!.!     ┌ ┬、      l l l      .l  ! l
.  l   .!  l   ! ̄ ̄ ̄l  .l. ̄ ̄ ̄ ̄l l l      .!   .l .l
 ! l  !  .!_____!  .!_____l l l      .!   .l .l
.    !   .!  l !.!     !  .! !  l l l  ! .l.0.l
. l  !     .l !.!    .!  .! l        !  .! ! .!   .l .l
  l  !    l   l.l    .!  .! l      !  .! ! l   ! .l
.   l  l    !  .l.l !  .! l     !  .! ! !   .! .l
    l  !  l !.!  .!  l .!          l  .! !    l .l .l
.  !   .l  l !.!  !  l .!_ ......    -- l  .l l '''''  ¨l .l 0.l
   !   .l― '''l !.!  ̄.l  .! l            !  l l    l .l .l
.   ! .!    !  .l.l .!  l .!   __ ......l  .! l --―.l .l .l
     ! .!― .!  .l.l '''' l  .! l  ̄ ̄   !  l .!  l .l .l
.    ! .!  !  .l.l   !  l .!   l   ! !  ! l.0.l
      l   .l  !  .l.l  .!  l .!                !  .! l     ! l  !
.      l   .l   .!  .l.l  l  .! l        !  .! !    .! l .l
        !   .l !  .l.l .l  .! l             l   ! l    .l l .l
.        !   .l  .l   !.! !  ! l        l   ! l l l.0.l
      !   .l  l   !.! .l  .! l      !  .! l    ! l .l
.      ! .! l   !.! .!  ! l     !  .! !  .!   l .l
.   l  l !  .!.! !  ! l    l   ! !  l   .! .l
     l   l .l   !.!.!  ! l                    l  .! !   l l.0.l
.     l  !.l   !.!!  ! l                  l   ! ! .l l .l
   l .l.l   !.l! .l .!     l   ! ! .!   l .l
.       l .!l   !.l  l .!_ ....... ニニ ==-----―― l   ! ! '''' l l  l
        l .ll   !.! .! l              l   ! ! \ .l 0.l_
.  _.l/_.l!  .!l  ! l__ ........... ニニ ==  ------ l  .! l‐――┴‐ア」
.     l    .l  .ll .l .l              l   ! !   .| |
.      └―― .!  .! .! .!--------―――――――――l   ! l¨¨¨¨¨¨¨¨´
.    !  l  ! .!                     !  .! l
            ! .l  ! .!                   !  .! !
.       l .l  ! .l                  !  .! l
.       l ! .l !      !  .! l
            ! .! .l !                     !  .! l
.
545
  / ̄ ̄\
 / 「 \
 |  ( ●)(●
 |     |  |
. |     ___´__ノ
  |      ∩ ノ ⊃
 /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
 \  “ /___|  |
.  \/ ___ /
  どうやら大学の中庭を描いたものらしい
  その絵を僕はまじまじと観た
    ,. </.. >-<.\`ヽ、ヽ、
  ./,  ' ´  ::`ヽ--ヽ::..ヽ
  /   ::::::\!ヽ::::',
  /  .:: ::: /..': :. .:i ::::::::',´,L::l
.  /  :::/.::/::::  |//: /:: :|:.  i-,.r'!
  'i.: :::' ::/i:|:: /: ./::_.,'=l-,-:-:::!:/ .| .l| |  どう……ですか……
  |.l: : Z' ̄!'ヽ.!:./ l:/' ,!.'-.l、 ::;'  l .|l l
  l ! :| :l,ィ:''ヽ,'/ '゙ イ;;;;;゙i. /:::;'  .l .l!/
  |' '; :l':;:i.ヾ:::::!      ヾ:::ノ| .:/  /-::'/
 iヽ:ヾ, `´ ,  !:/ / /::/i
 | ,`:::::ヽ.、 ,、、_  ,/ ./.::/::/:|
 l:i', i;:::r--,゙/ ,゙へ,.  ',././::/: ::i::::l
 'レ ‐'- / '゙ ,.:: 〉-rr   ./  i'´  ‐''´ _`>、r''ヽ |:: :::: l:::',
 .i  | ´ /,| r .| .l::: :::: ヽ:.ヽ
 |  ,../  ' /ヽ' -'/!:;:  ::  ::::::\
  / ̄ ̄\
 / -‐' \
 | ( ー)(ー)
 |     |  | 僕は好きだな、この作品
. |     ___´__ノ
  |      ∩フ´⊃
 /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
 \  “ /___|  |
.  \/ ___ /
  巡音さんとは会ってから二時間もたっていない
  しかし、この絵は巡音さんがどんな人かをよく教えてくれた
  創作物とは創作者を如実に表すものなのだ
  //= '' ´  ` 'ヽi/ i\
  /i: '´    \V..ヽ
 / '  .: ., :. :.    ',| _li',
  / .:: :::  |i ::. |i i  i    l Xi.l
 /::::  |:: i l |:. ::. : l |: li:. |:  |―i.|
   .l :::i l-l‐|.、:: :::  ::,.l l-!‐''.li:  l_| l  ありがとうございます……
  | ::;| i ::. | _l__! ヽ:::: ::: !|_',,,,,_'! |: |l'i l| |
  .l:::|l | :::i.ヽ !::!!゙i \:. :/ ' i::!!:シ|: :. l! |.ll l   でも、先生たちは全然認めてくれなくて、
 ',:!ヽ! ::| ,l,,,`,,,´  ゙'  ,`,,´,,レ| : |',.!.|: |
  l:! :l.ヽ  i  ,.l :!.!ー :.l   わたしには才能がないって……
  / ':, l:ヽ  _  /::| :/ |: |: |
    /i ヽ!ヾ `_ :,、 ` ´,. イ:::::::// /  l
  /::!  l::`':-|:`‐`- ´‐.':ノ::/  / | |
  /:::;: -ヽ !―/ヽ―r‐.r‐':; iヽ/ /  L. l
  /::::/ ` /;;!、 \!_.ノ./;;;/ ' / i |
  / ̄ ̄\
 / `ー- ‐'
 | ( ●)(ー)
 | U    |  |  ……
. |     ___´__ノ
  |      ∩フ´⊃
 /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
 \  " /___|  |
.  \/ ___ /
  僕は何と言ったらいいか分からなかった
  いつもなら「そんなことないよ、才能あるよ」みたいなからっぽの言葉をかけているのだが……
  そのときはそんなことを言う気にはなれなかった
.
546
  / ̄ ̄\
 /  -‐' \
 |  ( 一)(●)
 |      | |  あの……
  |  __´___ノ
  | ,.<))/´二⊃
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
 ヽ、l ´ヽ〉
 / /  __人〉\
  ただ……
   / ̄ ̄\
 / 「 へ \
 |  (●)(●) |
. |  | |  巡音さんの作品って
  |  __´___ j
  |    }  他にもないの?
  ヽ   }
   ヽ   ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
   | `ヽ-‐ーく_)
.   |  l
  もっと彼女の作品が観たい、純粋にそう思った
  /  ./ :::/:::/:  .: ::::;: :::\|ヽ:ヽ
   ,'  :/| ::/::/::: .:::: .::::;':: :::::::::';Vi:: ',
  l  .: ::,'-.L !l_:l |::: .:::: .:::/::: :|:::: :|X|:: l
  .|  :::::i   '| l::l ヽ:::::: _::/:::::::/l:: :|::lVl::: |
  l :/ :::l'r.j==-l, l:::::::::://`;ヽ./:::i :l//::: l
 .|:::l ::::| ':;::!!!:;! ヽ:;;:イ=,z.',_ / .: l::'/:: :::l  え!?
 l ::l ::::lヽヽ` ´ !:::!!!::/゙/ /ヽ': ::: ::|
    l:l:::l :|:ト、   ` ー':/:////: ::: :::l  えぇ、こっちの部屋にいくつか……
  ;' l::::l: l,l > 、  ゚ ヽヽ/:: /、'./::: i:::: ::|
 //:::::〉' /'::l l ー--―, ':://'`:::::: |:::i :l
  ///:::l  ir=ヾ<>r '::|l/;: '/: l::::::::::  l:: |:|
  / //::_:|_|'=/=-'''/'l// / !:::: |:::::::::  |:: l:l
 //:/ r― l:ヽ::_::/_/ 03 /l :::: l::::::::  l::: |:l
  //::'- r='|:::://:::::/ `' < ::. |::::. |:::::::  |:: l::|
 /i ::: /ニ l:::;'/::::::/\_/ ::. l::::. l::::::  l::: |::l
..,'::| ::: /;;;;;;;;|::'/:::::/  /;/ | ::::.. l::: l:::::  |::. l:::l
  そう言って彼女は他の作品も観せてくれた
.
547
   / ̄ ̄\
 /    \
 |     |
 |           |  僕は巡音さんは才能があると思う
 |           |
. |           |  理想を実現したい、っていう強い思いもあると思う
. ヽ      /
   ヽ ノ
  / く
  | \
  僕は彼女の作品を一つひとつ鑑賞しながら僕は言った
     , ' ' ´ ̄ ` ヽ、´! ヽ \
    /.'  / :.. \ i、', ヽ
     //i / /  ./i  :!':;:::i ',! .ii ',
    ,'/ ! i .i ,'!:|::.. :l ';:::| l 、l.| ',
          |' | |  | i''l"!"::: |""!:::l |:i`il  l
     l l  l |___!:!::. :l___i:| l:ヽ'-, |  それじゃ何故わたしは認められないんでしょうか……
     | |::.. l. l|ノ:::::|ヽ: .:/|ノ:::::| /' ̄l.| l
     ,l l::::...l::;lー ' ー'! !|  |.l |   絵の才能がないんでしょか……
  ,.....,___  /: ', !:::::..lヽ"  _  " / ;/== ' .l
 r‐/// _-_r '  /./ ', ヽ::::ヽ`= - -‐.i ´/  |  l. |  それならわたしに生きている意味なんて……
  .|':,' i .| ',. -!-'、 // / >、ヽ:::!´/´ iー‐| ヽ \. | l
 ,.Ll |. l/ヾ \ ヽ'././/  `'=rヽ!- '-='''ヽ /ヽ、._ヽ|
  .|:::::|::.l |::::::::\ '_--/ヽ/'// // //!;!/;;//,':::::/  l::l
  l::::::l.l:::! ヽニ>' <::::::::,/;ヾ、'‐-'-'-'‐ ' ,/;// :::::/ _L!_
 .|:::::| ヽ::ヽ \' ,./ヽ::::|;;;;;/';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i./ .:::;!- '::´::::::::::::i
  先ほどから同じようなことを繰り返し問う巡音さん
  彼女は味方を必要としている、理想を追い求める動機を欲している
  /  ̄ ̄\
 /    -‐'ヽ
 |::::::    (● )
. |:::::::::::   | 巡音さんは理想を現実にできるはずだ
  |:::::::::::::: __´
.  |:::::::::::::: } 僕はそう思うし、これからも巡音さんの絵を見たいと思う
.  ヽ::::::::::::::   }
  ヽ:::::::::: ノ  どうか“僕のためにも”絵を描いてくれないか?
 /:::::::::::: く
 |::::::::::::::  |
    |:::::::::::::::| |
  女性の話は肯定し、否定せず、直接的なことを言うのは避ける、
  テレビとネットで僕が学んだ女性との会話術
  それを僕は思いっきり無視して、自分の思うがままを語った
   / ̄ ̄\
 /  「  \
 |    ( ●)(●)
 |    | |  お願いだからさっ
 |  __´___ノ
 |  `ー'´}
 ヽ     }
 ヽ  ノ
 /  く
 |  |
548
         アーアー
        ⌒⌒
      ⌒⌒
     キコキコキコキコ
       ∧_∧  _____
     (Д:::::) 三三三二二 :.:..:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.
     _U=(_ハノ ──====─:.:.:..:.:::::::::::::::::::::::::::..:.:
    |##|(⌒ノ__ :.:.:.:.:.:..:.::.::::::::,::'  '::,:::::::::::::::
     /⌒ヽし=/⌒ヽ二二二::.::::::::::,'    ',::::::::::::::
wwvvvWWV..,,,,,,,,,,,,,,Wwwwv|/~_ヽ_ノ___vvwmmmvvvvWWmmvvwww
    _|_______|   ..,,.,.,.,.,.,.
.,.,.,.,,  .,.  _|_______| .,.,,.,.,..,
  ..,,..,,,,  _|_______|   .,,.,.,..,.
   .,.,.,  _|_______| ...,.,.,.,
 ..,,..,,,    |_______|   .,.,,..,.,
  そのあとも長く話し込んだ僕らが大学を出ると、
  もう夕方になっていた
    ,. ' ´   `ヽ、i_\. \
   /  i  :. ::..   :..  ヽXi, ヽ
  /  .: | : .::::: ::::..  :::.. ヽli,  ',
  / .::  /l : ::::::  :::::..  :::..  'i|i  l
  / .:i .:::i:.. / l   ::::::::| ::::::|:. l::::..  .i|!:..  |
   .i :::|  ::::;|:::. i ';:.. ::::::::l ::::/i |:::::  :|l ::.   l  今日はありがとうございました
   | :|::::l  :::/i ̄i""ヽヽ ::::::|  ::::/ | /l:::::: |  i l| .::.. |
  .l ::l :::| :::| ,z==.、  \::/ '''/""'l <|_:: l  | |l .:::.   l  元気も出ました
  ヽ::| :::l :::l .!::.ィ:〉 /.:::,: 'zi==x l:::`.:|  l /ヽ ::::.   |
  l :ヽ ::|  `" ´ / '゙  .!::::イ/ヽ!: .:/  ,'/ ゙i ,! :::. l   また明日から頑張ります
   ,ヘ   :\  ,  `' ― /./ .// .//::. ::::. |
 ,. '""" 'ヽ、. ヽ   /ィ:  //ノ/:: .:::. :::. l
 /  \ヽ ` ー- -‐'゙/ ./ /-イ |:::. :::. :::. |
 ./   i\  , ィ' ´.::;: ' / l  | l::::..:::. :::. l
 ./|   |、` ー _ ´_/ -i'::::::/l::. l  l. |:::..::: :::::. |
./ l    l ヽ .._l_.l_ イ:::::: ::l::l::.. l  | l:::.:::: :::::  l
   / ̄ ̄\
 /  「  \
 |    ( ●)(●)
 |    | |  その言葉が聞けて良かったよ
 |  __´___ノ
 |  `ー'´}
 ヽ     }
 ヽ  ノ
 /  く
 |  |
  言葉通り、巡音さんはすっきりとして元気になったようだった
.
549
  / ̄ ̄\
 / 「  ヘ \
    |  (●)(●) |   それじゃ元気でね
    |      | |
  |   __´___ |  n∩n  新作できたら観せてね
  |   `ー'´ | .|_||_||_∩
 ヽ        / . ∩  ー|
 ヽ  /   ヽ ) ノ
 /  .:;::::i;:  :::: :::lヽ::::. :::::::...\X\l\::::..\
 / / .:/:/:l ヽ :::: ::|. l:ヽ::\;i::::::..\X ><',::::.. ヽ
/  l :::l::lイ ̄':; :::::i::::l ',:::'  ̄`iヽ、:. ヽ/ V .l:::::. ',
 | :::|::|::|   ';::::::|:::|  ヽ;::ヽ::::i:ヽヽ:ヽ /ヽ,.|::::.. !
  .l  ::l::::l:l ヽ:::l';::l  _、:::::|::\::::';へ Xl::::.. ヽ
  |  :::!::::|l./´!`ヽ\!ヽ! ´ ./:::::::`ヽ:::;:ヽ::i―- |:::::... \
  l  :::i:::::::|  |::::::i  |:::::::::::::::!:::ヽ:::|/ ̄ヽ::::::....  ヽ ええ、もちろん!
  .| ::::|:::::::l  ヽ::ノ  ヽ:::::: ノi::::::::';:l |:::::::::::...
 ', ::::l:::::::ヽ, , ,   ,  , , ,  |::::i:::::ヽ  /::::ヽ:::::::..
 ヽ ::::',:::::! ゝ  _    l::::|::::l::l ̄:l::::::::\::::
 \ :iヽ:::ヽ   ̄´ /|:::l:::::|:|::::::|:::::::::::..ヽ
 |::::|::\::::\  ,  ' l:::|::::::ll:::::::l:::::::::::::::..
  / ::::l::::::ヽ::ヽ`  ‐- 'i´,. -‐ |:/::::::i:!:::::::|::!:::::::::::::
  /  :::::|:::::::::\:\::::i´//  //::::::|:::::::::::l:::ヽ::::::::::
 / ..::/:::::l :ヽ:ヽ::::::、ヽ:| l // _ / ':::::::::l::::::::::: ';:::::\:::::
  そう言って僕らは別れた
.
550
 /||ミ
  / ::::||
 /:::::::::::||____
 |:::::::::::::::||/ ̄ ̄\|| ガチャ
 |:::::::::::::::|| /    \
 |:::::::::::::::||( =) (=)|
 |:::::::::::::::|| //  |/// | たらいま~
 |:::::::::::::::||   ___´___   |
 |:::::::::::::::||     .}
 |:::::::::::::::||     }
 |:::::::::::::::||ヽ___ ノ
 |::::::::::::::(_____ノ´||
 |::::::::::::::(_ノ / . . . ||
 |:::::::::::::::||/ ||
 |:::::::::::::::||   ||
 |:::::::::::::::||   ||
 \:::::::::::||   ||
  \ ::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
 \||
  その日、僕は上機嫌で帰宅した
  / ̄ ̄\
 /  \
 |  ┌   ヽ
 |    ( ●) (●)
 |      | |
 |      、´___ノ
 ヽ      }
 >      ノ  :| ̄ ̄ ̄|,;
 /     \|      |ー、
 / ヽ、       |________._|ニ、i
/ ヽ  ||__'0_o_゚|ー_ノ\
l  ヽ  |___|`-' _ノ
  今日の出会いに祝して飲んだ酒も手伝って……
    / ̄ ̄\
   ). /  へ    \
     (  ( (ー)(ー ) |
   ) ::)  |  |      |
   (::(   | __`___  |
     ヾ. /     .|
  __    ヽ    ノ.   __
  | |=====>   く ============| |
  | |  / l   ヽ   | |
  | | / /l  丶 .l          | |
  | |  / / l        } l ̄ヽ____| |
   / ̄ーユ¨‐‐- 、_ l !__ノ /| |
 _ /  ` ヽ__  `- {し|  /  | |
 / ヽ     `ヽー、}  ./  /| |
 ノ     ヽ__  `ヽ./  /  .|_|
/     ノ |  /
     /  |/
  そして、床に入った僕はとある決意をしていた
.
551
 丶_i\  ./i, - '''''''''''ヽ- l \ヽ
  _i ./i/   . ,\/ヽ',
 ヽ //  .::i i |  .  :i ::i Vヽi',
 `|  / /  :l :::| :! l  :l , :| l  ::i :i/.|l _
 ,'.:/i  ::| ..L::_.ヽ :!l, .l-‐、 :|rr ll| / !
    i.::l. ', :::l :z=`、 :|/z=,、ヽ:,!.',\ | l
 |::l |'、 :! ' !イ:i:! ` !イ::i;!'!:/:!ヽヽヽ !  本当ですか!?
 ';::| l |ヽ !i `,,´    `,,´i/ |\` ` !
  ヽ.| ::l  :|lヽ、 ‐  ,'.イi/!/:r‐!. ヽ 嘘じゃないですよね?
  l .::::', ヽ`''=`i' - ' ,i>i./::::`l"ヽ  /
    /,: - :ヽ ::_r-ヽ‐r '..;;:-i !:::::: |ヽ|  i
  /i  |./'i:\/" V./;;/:::::::: ! |:l  |
  / .:| _ !' /;;;;;,-,_ ノ,-=':::::: : |=!:|.  l',
 /.:/:`/ ,! ' / = ' /=//:/ :::::  l;;;;;l  !ヽ
.'|  ̄;;/' '  ´ <二lj.j,' :::: .: /z:,'    |:..\
,l |_;;;;/| l _――, 'i | .::: .::: // .!     !:::.. ヽ
  数日後、僕らはまた会うことになった
   / ̄ ̄\
 /  \
 |    -‐'  ヘ l
.    |  ( ー)( ●) |
      |  ////| ////|  ええ、あなたのことが好きです
      ,|    __´___   }
    / ヽ     !  付き合ってください
 く  く ヽ  ノ
    \ `'   く
  ヽ、      |
        |  .|
  今度は僕から、この言葉を伝えるために
    . zニ二二二ニz 、
  ,. ' ´   `ヾ\
   /      \、
    // /  i i ! |  ',
  / / ./,.  .| /! ./ ,'.|/ i  l
  /  .,'/ /  -r ''"  |/l /''r-l-|、. | |
 / /  / /,! --  ! | / -- .!、l l l
 /  | ,'  ./'゙|:イ::!:| ! :/ |イ:::!:;ヘ | ',
 l. l | ,'|.l. '-‐ '  / ー-'  .!  l  l,
  /,|.| l !|.l.| " "  '  " " ./l, |.  ヽ
 //,l  ヽ!,`ヽ   ー -  /ノ ヽl iヽ
/./ / // /|l. \  /! |  ヽ.  |. \
/  / / ' / !  |_iヽ、 _.  'l |'l /l i.|  l l ',
  / / /i / | .l |;;;;;;;l,.,l;;;;;;;;"il |' /| | l .| .| !
 /  / / |_!.. -/=:、.l´,l;;z=-ヽ‐' .l ll. | l l ,'
./  / / ' ´ /=_rr 、'-,;;;;z==/ / || l |./ /
  / /   /l.!;;;;;| | |. ! iヽ;;;;;;;;i ./  l l.|`', / /
. / /|  /;;;;;;;` ̄l、ヽヽヽi ';;;;;|/ | l / '
/ / r‐/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ  l;;;l  l-/'.!、
  ,.. =. ´===、 、`.ヽ、
  /‐ '´   `ヽ!\. \
    /     \l':、 ヽ
 ./   __  .ヽl.', ':,
  /,  |-, ´ ,、 .i `  LL ',
 /i '´'l |i |,' ヽ .|i .|- l. l
. ! |  .i  | ! lヽ  l! -===ー l:::|| .| はい……
  .l l _!,, z==\ ! .|:イ!!゙:! i  .|::l.l. l
 ', .i  '´ ゙' !イ!!::i, `  `" ´| l.  l'ノ  | こちらこそよろしくお願いします
  ヽ ヽ  rV'i゙'"´  , "" !/  .|  .l
  `i \.| |. |"" `´   ..イ/ /    |
  !.i ヽヽ`ヽ'' =r= '´.../  /  l
  /ヽ' -\ ' |-‐=/ ,i‐-.、 |
    /  /!l> !l´ 〉  l |/  ヽ ヽ、
 /   /  !.!  / ヽ.i | l |  |
552
.
553
.      / ̄ ̄\
.    /  「    \
.    |    ( ●)(●)
.    |    | |
.    |  __´___ノ    ルカ~
.    |  `ー'´}
.    ヽ     }.  _    味のほうはどうだい?
    ,ヽ  ノ    ||
 __,/! |`ヽ工{ ヽヽ___   ||  ○
  {:::::`ヽ|    ̄  V::::::/一'||)  (⌒ヽ o
.  Y⌒V|   _ 〉‐r'´ ̄||  r‐(    )
. \ }    ∧jノ .   ||⌒ ⌒ヽ
  乙ノ|         | ┌「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|┐
 .| .|         |.  `|   |´
   ̄|         |  |   |
    |_____|  |   |
  !  /  !  /    、_______/
    | /   | / / r‐――┐   `ヽ
  し    し    ./  」      |____j
   , ' ´ __ ` ヽ、
   /  ,. X /..へ X`へ、\
   / ,/l// ´ i` |ヽLヽ ヽ
     / /X/  /  / ./!  \,...!、
  / /l/ l ./  / / /, l―|ヾヽ::::l   いつも通りバッチリよ
   / ./ ' | .l/_....L/ // ! / l. \::::|
  .l ./!  l ./ ' /,z=、  _ノ | /"!
  | l !  V / !i'l:!:イi  ̄, , l / | ヽ
  l | ヽ. / .l  ', ヾ-゙  '  ,    /' :/: l  \
   '!  l .| ヽ,' '__ ヾ´_.! /.:::/::::: |:::...  ヽ
  /| lヽ /X -‐'‐-r ' ! .:/|::::::  l:::::::..... ` ヽ
   / .l .| ::::!/ ニ ヽ"!/!_l::::::  |::::::::::::..... _  \
  /  .| l ::::|  ,..二ヽl |ノ'l二!::|:::::  lヽ:::..... \  ヽ  ヽ
  /  i   l :::l /XX>ヽ!.!l. |/ ,l.:::::  | \::::..... ヽ |  \
    // .::::| ::| l`;;"!´|;;;;;;/l;;;;;;;;|::::::. l /,ヽ、:::..... l ヽ
  あれから数年、僕らは結婚した
  ルカも就職して、共働きの、二人暮らしだ
    / ̄ ̄\
  /  \
  |    |
          |   |
   |      |  それなら良かった
            |    |
            ヽ     }
   >.-─- 、ノ
      〈_>' // ヽ
  f7 / //        l
   〃,' lイl  ヽ l
   l l  |リ        ヽl
   | |  |{   !
    ,ハ. |  |.ヽl  l
   { i |  | ヽi   __L_  , ' ~~ `ヽ __
   l j |  | l  / o_|  f´   `ヽ
 ,イフ〃 ノヽ._ ヽ__/ /┴-'─‐─--‐'´ ̄、ニr‐───_ァ
  心_ヽ\ \_,/  〃´    \二二二ア′
  | . ト--\     /  __,... -==ー 、..____ァ‐'′
  | l | | \ \./丁 ̄
  でも、家事はなるべく僕がするようにしている
.
554
          ./ ̄ ̄\
.        /  「  \
.        |    ( ●)(●)
.        |    | |  ところで、絵の進み具合はどうだい?
.        |  __´___ノ
.        |  `ー'´}
.        ヽ     }
.        ヽ  ノ
  /⌒ヽ  ̄  ^ヽ
.  /        ヽ.
 /   ==ァ'⌒つ..__    ヽ  l
  /   ==/ ´二ユ二ニ= |  |
  |    {  ィ´   | ヽニ二二二二フ)
.  \ / .丿  |  ヽ>(^(^ーァ'´
  ルカにはなるべく絵に集中してほしいからだ
    , -――- ..._‐ 、
   ,  < |/--- 、><ヽ、 ヽ
  ./  V  ` ヽ/><ヽ \
    // / /  `ヽ、  \!_l', '.,
 / ./ :/ :/:/ | ヽ\  \ ::..ヽ/.   /.:/ .::,' i:l .::l:| l: :. ';:..ヽ ヽ::.. ',__/|  l
 i :::l :: :l |_l :::| l |:.. :::. ':;:__l_  ';:.. ! `l:.... |  ぼちぼちというところかしら
 | :::| :: |:´::::l`:lヽ', l:::.‐:':´l:::| `ヽ:  l::. |―!、::  l
 .l i :l :.', ::::;z=、:ヽ:::ヽ,. ==.、i::l::.: :.|: l''i i'l.|:::. |   でも、いつもより調子はいいのよ
. ヽ\ .ヽ:ヽ. !:イ!\ヽ::, !:::イノ'|/: /:,' .|::|.|:|l::::  l
  \ヽ| l:: ::i `´  ` ´/.: / / /L...ノ:::::  |
  l :l :::::!.  '  -.//:/::i:::: |::::::.  l
  ヽ:lヽヽ:ヽ、` ´   / '/./!:::|::::: l::::::... |
  /.:/.:i |:::: >.- i ´ ´ |_:|:::l::::: |:::::::.. l
  / .:/::::| l:_i'-゙ニi.l===== - ' l l:ヽ:::.. ';::::::.. |
 / .::/ :::::l |' !、' =! !=====- '゙ !ヽ \::..ヽ::::.. ',
  ルカは大学を卒業してからもコンクールに応募し続けている
  しかし、残念ながらいまだ入賞はしていない……
   / ̄ ̄\
 /  「   \
 |    ( ●)(●)
 |    | |  それじゃ、後で観せてもらおうかな
 |  __´___ノ
 |  `ー'´}
 ヽ     }
 ヽ  ノ
 /  く   )) )
 |  \   | ̄|
    | |ヽ、二|_|)
  でも、それでもいいのだ
  ルカの絵を観ることができる、これが僕の幸せなのだから……
.
555
         / ̄ ̄\
       /    \
.     | 「  へ.  |
          |  (●) (●) |
            | |    .!
    l  __´___  l
            ヽ  /
     /  \
  /            |
.   _/((┃))____i |
. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
.  /  /________ヽ..  \
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ルカが寝た後、僕には一つのやるべき仕事が残っている
            ,斗-、
        > ´ \
.       r‐、/     \
  _______| |\\        \
  rく   `V〉,\\__       \
  Vヘ     V〉, `ー―┘     _,\
 Vヘ   V〉,    , ≦,斗‐''
  Vヘ          V〉,  , <>'
 Vヘ          V〉,   < /
  Vヘ    V〉 〈//
 Vヘ、 ______  ,∧_/
  Y≦三三三三三三≧厂
  ルカについて日記に記すという仕事だ
         / ̄ ̄\
       /    \
.     | 「  へ.  |
          |  (●) (●) |
            | |    .!
    l  __´___  l
            ヽ  /
     /  \
  /            |
.   _/((┃))____i |
. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
.  /  /________ヽ..  \
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  これは僕に与えられた、僕にしかできない仕事だ
.
556
.
557
|I:I:I|二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二|I:I:I|
|I:I:I| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|I:I:I|
|I:I:I|≧ュ|!三三三三三三三三三三三三三三三三三三|!ェ≦|I:I:I|
|I:I:I|:i:i:i:i|!                  |!:i:i:i:i|I:I:I|
|I:I:I|:i:i:i:i|!                  |!:i:i:i:i|I:I:I|
|I:I:I|:i:i:i:i|!                  |!:i:i:i:i|I:I:I|
|I:I:I|:i:i:i:i|!                  |!:i:i:i:i|I:I:I|
|I:I:I|:i:i:i:i|!                  |!:i:i:i:i|I:I:I|
|I:I:I|:i:i:i:i|!                  |!:i:i:i:i|I:I:I|
|I:I:I|:i:i:i:i|!                  |!:i:i:i:i|I:I:I|
|I:I:I|:i:i:i:i|!                  |!:i:i:i:i|I:I:I|
|I:I:I|:i:i:i:i|!                  |!:i:i:i:i|I:I:I|
|I:I:I|:i:i:i:i|!                  |!:i:i:i:i|I:I:I|
|I:I:I|:i:i:i:i|!                  |!:i:i:i:i|I:I:I|
|I:I:I|:i:i:i:i|!                  |!:i:i:i:i|I:I:I|
|I:I:I|:i:i:i:i|!                  |!:i:i:i:i|I:I:I|
|I:I:I|:i:i:i:i|!                  |!:i:i:i:i|I:I:I|
|I:I:I|:i:i:i:i|!                  |!:i:i:i:i|I:I:I|
|I:I:I|:i:i:i:i|!                  |!:i:i:i:i|I:I:I|
|I:I:I|:i:i:i:i|!                  |!:i:i:i:i|I:I:I|
|I:I:I|:i:i:i:i|!                  |!:i:i:i:i|I:I:I|
|I:I:I|:i:i:i:i|!                  |!:i:i:i:i|I:I:I|
|I:I:I|:i:i:i:i|!                  |!:i:i:i:i|I:I:I|
|I:I:I|:i:i:i:i|!                  |!:i:i:i:i|I:I:I|
|I:I:I|:i:i:i:i|!                  |!:i:i:i:i|I:I:I|
|I:I:I|:i:i:i:i|!                  |!:i:i:i:i|I:I:I|
|I:I:I|:i:i:i:i|!                  |!:i:i:i:i|I:I:I|
|I:I:I|:i:i:i:i|!                  |!:i:i:i:i|I:I:I|
|I:I:I|:i:i:i:i|!                  |!:i:i:i:i|I:I:I|
|I:I:I|:i:i:i:i|!                  |!:i:i:i:i|I:I:I|
|I:I:I|ェ≦|!三三三三三三三三三三三三三三三三三三|!≧ュ|I:I:I|
|I:I:I|______________________|I:I:I|
|I:I:I|二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二|I:I:I|
  できない夫が亡くなり、ルカが亡くなって半世紀を経た後、
  とある絵がオークションにかけられ、高値で落札された
.
558
 /  .:;::::i;:  :::: :::lヽ::::. :::::::...\X\l\::::..\
 / / .:/:/:l ヽ :::: ::|. l:ヽ::\;i::::::..\X ><',::::.. ヽ
/  l :::l::lイ ̄':; :::::i::::l ',:::'  ̄`iヽ、:. ヽ/ V .l:::::. ',
 | :::|::|::|   ';::::::|:::|  ヽ;::ヽ::::i:ヽヽ:ヽ /ヽ,.|::::.. !
  .l  ::l::::l:l ヽ:::l';::l  _、:::::|::\::::';へ Xl::::.. ヽ
  |  :::!::::|l./´!`ヽ\!ヽ! ´ ./:::::::`ヽ:::;:ヽ::i―- |:::::... \
  l  :::i:::::::|  |::::::i  |:::::::::::::::!:::ヽ:::|/ ̄ヽ::::::....  ヽ
  .| ::::|:::::::l  ヽ::ノ  ヽ:::::: ノi::::::::';:l |:::::::::::...
 ', ::::l:::::::ヽ, , ,   ,  , , ,  |::::i:::::ヽ  /::::ヽ:::::::..
 ヽ ::::',:::::! ゝ  _    l::::|::::l::l ̄:l::::::::\::::
 \ :iヽ:::ヽ   ̄´ /|:::l:::::|:|::::::|:::::::::::..ヽ
 |::::|::\::::\  ,  ' l:::|::::::ll:::::::l:::::::::::::::..
  / ::::l::::::ヽ::ヽ`  ‐- 'i´,. -‐ |:/::::::i:!:::::::|::!:::::::::::::
  /  :::::|:::::::::\:\::::i´//  //::::::|:::::::::::l:::ヽ::::::::::
 / ..::/:::::l :ヽ:ヽ::::::、ヽ:| l // _ / ':::::::::l::::::::::: ';:::::\:::::
  その絵は、巡音ルカが後の夫となるできない夫と初めて出会ったとき、
  そのときに観せた絵だった
            ,斗-、
        > ´ \
.       r‐、/     \
  _______| |\\        \
  rく   `V〉,\\__       \
  Vヘ     V〉, `ー―┘     _,\
 Vヘ   V〉,    , ≦,斗‐''
  Vヘ          V〉,  , <>'
 Vヘ          V〉,   < /
  Vヘ    V〉 〈//
 Vヘ、 ______  ,∧_/
  Y≦三三三三三三≧厂
  何故そのような細かなことが分かるのか、
  それは、彼女の夫であるできない夫が日記に克明に記しているからである
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ llヽ
   | ┏───┓ ∥|
   | │      │ ∥|
   | ┗───┛ ∥|
   |            ∥|
   |            ∥|
   |            ∥|
   |______∥|
    ) ≡≡≡≡≡≡)
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  この日記は、生前評価されなかった巡音ルカについて知るための
  第一級の資料となっている
.
559
          |\
          |  \
          | |\\
          | |  \\
          |  \ ..|∥i
   | ̄ ̄│  \|∥|
   |  |       ∥|
   |  |       ∥|
   |  |       ∥|
    │ \     .∥|
    │  \   .∥|
    │    \ .∥|
   |______ \ |
    ) ≡≡≡≡≡≡)
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  その日記の最初にはこのような言葉が記されている
  『わたしは文学に奉仕しようとしたが、失敗した人間である。
    しかし、わたしはとある女性と出会った。この女性こそ、
    わたしの伴侶となる巡音ルカである。
    巡音ルカの作品を一目見たとき、わたしはこの女性の持つ
    才能の広大さを知った。そして、同時に自分の使命を知った。
    芸術に奉仕するこの女性に奉仕することこそ、このわたしに
  与えられた世界からの使命であると』
.
560
   奉仕者たち
   おわり
.
561
以上です
ご覧くださりありがとうございました
562
生きてるうちは結局・・・
乙ー
563

564
この生きているうちは評価されなかったっていうのがなー…

565

566
乙でしたー
567
乙でしたー
人間は皆必ず何らかの使命を持っているってことなのかな
その使命に気付けたできない夫は幸せだったと思う
568
乙ー
しんみりとしてていい話だ
52238

続き・詳細・画像をみる


日本人の7割「OK、Google」や「Hey、Siri」など音声入力のワード言うの恥ずかしいと感じる

三大人的補償成功例「赤松真人」「福地寿樹」「一岡竜司」

【モバマス】喜多見柚「アタシにとっての奇蹟」

刃牙で得た知識←なに思い浮かべた?

佐久間まゆ「凛ちゃん聞いてください! まゆ、プロデューサーさんとキスしました!」

棟方愛海「クリスマスイブとプロデューサー」

仕事帰りに実家に寄ったら、妹たちに「ヤバイヤバイってお姉ちゃん!」と寒空の下に叩き出された。

サターニャ「ガヴリールの枕元にプレゼントを置いてビックリさせるわ!」

三大人的補償成功例「赤松真人」「福地寿樹」「一岡竜司」

スレのこっとるみたいやし猫のキャンタマ画像を黙々と張ったろ!

宮崎あおいの元夫・高岡蒼佑の現在wwwwwwwwwwwww

.390 70本打つが、なぜか外国人枠を4つ分食うDH専の助っ人

back 過去ログ 削除依頼&連絡先