テスラ「ロードスター」、1.9秒で時速100キロに達する史上最速の新型EVback

テスラ「ロードスター」、1.9秒で時速100キロに達する史上最速の新型EV


続き・詳細・画像をみる

1:
”◆1.9秒で時100kmに達する史上最の新型EV「ロードスター」をテスラが発表、2020年に2000万円台で発売する計画
電気自動車(EV)メーカーのテスラが、新型EVスポーツカー「ロードスター」を発表しました。小さめのボディに強力なモーターを3基搭載するこのモデルは最高度が時400kmを超え、わずか1.9秒で時96kmに達するなど、地球で市販されてきた自動車の全てを凌駕する「史上最の市販車」になる見込みです。
新型「ロードスター」は、現地時間で2017年11月16日にカリフォルニアで開催された全電気トレーラー「Semi」発表イベントの最後にサプライズ発表されました。Semiが引っ張るトレーラーから降ろされたロードスターがステージを一周し、観衆が「まさか?まさか??」とザワザワしている中でマスク氏は「我々はテスラを『ロードスター(初代)』から始めました。新しいロードスターを作るなら、今のタイミングです」と突然のアナウンス。その瞬間、会場からは「YEAH!!!!」と大歓声があがります。
新型ロードスターは、停止状態から時60マイル(約96km/h)までの加がたった1.9秒という強烈な加性能を備えているとのこと。同社最だった「モデルS P100D」の0-100km/h加「2.7秒」を1秒近く縮めるもので、これまで史上最といわれてきたポルシェ918スパイダー(2015年)の2.2秒を上回るものとなっています。
初代ロードスターはロータス・エリーゼを一部流用した2人乗りスポーツカーでしたが、新型は2人用の後部座席を備える「2+2レイアウト」となるとのこと。これによって使い勝手が向上すると同時に、2人乗り自動車だと税額が跳ね上がるアメリカの税制を回避することが可能です。
低い位置に据え付けられた左右のシートと、メーター類がほとんどなくてスッキリとしたインテリア。
ハンドルの形状などはコンセプトの域を出ない状態。テスラらしく、センターコンソール上の大きなディスプレイがレイアウトされるほか、ハンドルの少し向こう側にはスピードメーターとおぼしきディスプレイが置かれているようにも見えます。
初代ロードスターと同じく、新型もルーフ部分が取り外し可能な「タルガトップ」スタイルを採用しています。
テスラのスペック表によると、新型ロードスターは停止状態から時100マイル(約160km/h)までの加は4.2秒、1/4マイル加いわゆる「ゼロヨン」は8.8秒と、こちらも超ド級の動力性能を誇ります。車体にはモーターが3基搭載され、4つのタイヤを駆動。最高時は時250マイル(時約400km)を超えるとのこと。1回の充電での走行可能距離は620マイル(約998km)となっていますが、搭載されるバッテリー容量は明らかにされていません。
テスラ公式サイトでは、新型ロードスターの価格は「Base Price」で20万ドル(約2240万円)で、予約には5万ドル(約600万円)がかかります。また、上位モデルとみられる「Founders Series」と呼ばれるモデルは25万ドル(約2800万円)となり、1000台限定の予約枠を押さえるには全額をあらかじめ支払う必要があります。メディアの中にはこれについて「テスラのクラウドファンディングだ」と表現するものも。
テスラでは新型ロードスターの生産を2020年に開始すると発表。発表から3年足らずではたしてハイスペックな新型車両を開発して生産こぎ着けられるのか、さらに2019年にはEVトラック「Semi」の生産も始まるというタイトなスケジュールの中で、はたして計画どおりに事が進むのかはおのずと注目が集まることになりそうです。”
動画:
GIGAZINE 2017年11月19日 10時07分00秒
https://gigazine.net/news/20171119-tesla-roadster/
iframe未対応です
10:
翼をつけたら、飛べるのか
13:
どちらにしろ市販される時は安全装置がつくから、そんな急加できない様になってる
15:
「孫の車でコンビニに買い物の老人、ブレーキとアクセルを
間違えて1.9秒でコンビニを突き抜けて民家3軒を突き抜ける」
なんて記事が載る時代が来る鴨
16:
運転席に座って1.9秒で事故死出来るな
19:
10秒で電気がなくなりそう。
23:
日本も昔、10年ぐらい前だったか電気自動車でエリーカって作ったことがあるんだぞ。
最高度が400km/h近かったw
38:
>>23
6輪だったな
慶応が作ってたが...
53:
>>23
エリーカはまだ開発続いてるぞ。1km1円の電気代で走る5人乗りの普通車だ。
ちょっと大きいけどな。一応市販するための開発ってことだそうだ。
最高チャレンジとか加チャレンジは、最近やってないみたいだけど。
昔のデータでは0-100mphが7秒、最高度は370km/hぐらいだ。
実用上は十分すぎると思う。
28:
老人が踏み間違えて、病院に突っ込むのに1秒掛からない時代だな
31:
コンビニに突っ込むだけじゃなく、反対側まで突き破りそうだ
32:
人間の方がどうにかなりそう
56:
モンスターカーはいらんから、早く大衆車作れよ
3分充電で700km走るやつ
154:
>>56
コンセントから火を吹くだろうなww
65:
身体がついていけるのか?
66:
主力商品として「夢」を売っている会社
細々と電気自動車も作ってるけど、あくまでそれは副業です
68:
トラックにロードスター、矢継ぎ早の発表か
苦しいだろうな
モデル3の生産が上手く軌道に乗ってないからな
70:
モデル3の納期くらいは守ってくださいね
97:
現行モデルの生産が既に遅れてるのをまず対応しろよ
こうやって派手なニュースで株価上げて売り抜けることだけ考えてるとしか思えない
100:
>1.9sec
どんなタイヤを履いているんだ? タイヤが空転して煙モウモウになるのが普通。
102:
本当にこんなの作ってるならいよいよサイバーフォーミュラの世界に近づいてきたな
106:
>>102
アスラーダはまだまだムリポ
112:
技術発展のためのテストならいいけどこんな車いらんだろ。
114:
デザインがカッコいいわ
逆立ちしてもトヨタには作れないデザイン
118:
EVって加は凄いけど度上がるとバッテリーすぐなくなるんだろ?ニュルあたりのタイムアタックとかしてないんだろうか?
182:
>>118
一周だけならコースレコードは中華EVが持っている
119:
まぁモーターがレシプロエンジンより優れてるのは確かにだろうな
エネルギーの供給源だけが問題
125:
高層ビルのエレベータみたいに加と減を細かく制御しないと
日本のような信号だらけの国では加度で体に負担かかりすぎだろうし
車にも負担が大きいだろうな
135:
モデル3の納車が300年後だっけ。これはいつになるんだろ
145:
めちゃくちゃ趣味の車だな
146:
ジャガーが2019年、ポルシェが2020年に完全なEVモデルを出す予定なっている
ポルシェのEVはテスラと同じぐらいの価格
トラックも乗用車もスポーツカーも、大手がどんどん計画出してきてる
トヨタですらEVの計画出してる
もうテスラを選ぶ理由がない
168:
>>1
>わずか1.9秒で時96kmに達するなど、地球で市販されてきた自動車の全てを凌駕する「史上最の市販車」になる見込みです。
甘いな。
実際には発注してから数年+1.9秒かかるぞ。
16

続き・詳細・画像をみる


一番知名度があるメジャーリーガーって誰?

テスラ「ロードスター」、1.9秒で時速100キロに達する史上最速の新型EV

見た目がオラついてる主人が可愛い。

「カップヌードル」新CM、サザエさんがスタジオジブリ風になってて草

朝日新聞「徹底検証「森友・加計事件」―朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪」著者に謝罪と賠償を求める

ヤフオクで悪い評価0のやつに非常に悪いってつけたら全額返金してもらった

back 削除依頼&連絡先