【テレビ】「民衆の敵」早くも打ち切りかback

【テレビ】「民衆の敵」早くも打ち切りか


続き・詳細・画像をみる


10月30日に放送された篠原涼子主演の連続ドラマ『民衆の敵?世の中、おかしくないですか!??』の第2話は、平均視聴率が初回の9.0%からさらに落ち込んで7.1%だった。
同ドラマは新米女性市議が市政や社会の悪と対決していくというストーリー。夫と子供の3人家族で平凡な家庭を営んでいた佐藤智子(篠原)はある日、夫婦同時に失業という憂き目に遭ってしまう。就職先を探している際に知った市議の高額報酬を目当てに出馬し、当選。政治一家のエリートである藤堂誠(高橋一生)らひと癖もふた癖もある同僚議員たちと、さまざまな社会問題に対峙する。初回で繰り上げ当選を果たした智子が、市議会での“戦い”を始めるのが第2話の内容だった。
「2話目では市議会での仕組みを説明するのに、新人議員役の前田敦子がカメラ目線で解説していましたが、物語の半分くらいは市議会の仕事が何であるか説明しているようなトーンでした。はっきり言って政治に興味がない人は、全く食いつかない内容です」(テレビ雑誌ライター)
SNSでも《市議会議員になるためのマニュアルビデオか?》、《小さな町の政治状況などどうでもいい》などなど、ストーリー展開に不満を訴える書き込みが拡散している。
「智子が居眠りをしている議員を叩いて起こしたシーンは爽快でした。議会のドンと呼ばれる男の側近で、智子は謝罪を迫られますが、視聴者が見たいのはああいった勧善懲悪のシーンなのです。市民からのリクエストに四苦八苦して応えようとする新米議員の姿を見るのは、視聴者が望む展開ではないでしょう」(同・ライター)
焦る現場とスポンサー
この民衆の敵の放送が始まる前には、高い視聴率を誇った『コード・ブルー』が同じ時間帯に放送されていた。そのため、2話の放送を終えていまだにふた桁視聴率に届いていない民衆の敵には、期待外れだという声がフジテレビ内に蔓延しているという。
「驚くような大物ゲストを登場させる展開にシナリオをてこ入れしていかないと、ドラマの存続が危ういでしょう。このドラマだけならばいいのですが、せっかくコード・ブルーが作った“月9”存続の上げ潮ムードも崩壊しかねない状況です。篠原も分かっているので現場では気が立っています」(同・ライター)
この2話目では、ゲスト出演者に水川あさみが登場した。
「水川は子供たちが遊ぶ公園が取り壊しになりそうになり、それを阻止するために立ち上がる役で、優しくも味があるママをうまく演じていました。キャストは篠原や高橋、石田ゆり子や古田新太に田中圭と、いい役者をそろえているのです。それでいて、なぜ視聴率が取れないのか。スポンサーから早くも『どうにか数字を整えよ』というオーダーが入り始めたそうですし、このままでは途中で打ち切りになってしまいます」(同・ライター)
https://myjitsu.jp/archives/35356
4
7%ならいいほうじゃん
5
しょーもない脚本だな
44
蓮舫だの山尾だのを叩いてるドラマなら見てもいーよー
49
右保守寄りの内容に変えれば高視聴率とれるよ
時流をわかってないんだよ
68
フジテレビが民衆の敵だろ
71
民衆の敵ってフジテレビのことか
127
全4話くらいにしてなかったことにしよう
143
このドラマ、強烈なノリで引いた
164
急病で退場するやつの名前をイソベシンゾウにするセンス
191
反日プロパガンダドラマ
289

続き・詳細・画像をみる


【エロ注意】えっちなgifくれwwwwwwwwwwwwwww

【今日のプリウス】朝からやべー奴がいるんだけどwwww → 投稿者はイオン店員暴行動画と同一人物

猫ちゃんがね、いっぱ〜い集まってお勉強してたの

慶應・金子勝「内閣改造もナシ、特別国会も実質3日間の8日まで。選挙が終われば「国難」も終わり。森友加計疑獄の追及を避けたい「ボク難」であることがますます際立ってきた」

『BLEACH』藍染惣右介って能力も霊圧も最強過ぎる… 正直『BLEACH』で藍染惣右介に勝てるキャラいるの?

ハンターハンターの最強格の上位てこんな感じだろwwwwww

back 削除依頼&連絡先