10歳の姪がとんでもないクソガキだったback

10歳の姪がとんでもないクソガキだった


続き・詳細・画像をみる

1:
兄の子供(女10才)がすごいクソガキだった。
兄のことを「汚い」「触らないで」「喋りたくない」と毎日罵り、
母(子からしたら祖母)には「くせえんだよババア!」とげらげら笑いながら中指を立てる。
もちろん俺にも「低学歴の負け組w」とバカにする。
実際は兄も母もいつも小綺麗にしてるし、俺も普通クラスの大学を出ていた訳だけど。
ほとほと困り果てていた我が家だったが、なぜか義姉は子をほとんど諫めず、「やだー○○ちゃんたらー」と笑うだけ。
今から考えたらおかしいことだらけだった。
ある日、兄が子の機嫌を取ろうとあるキャラクターのぬいぐるみを買ってきた。
しかし子はそれを投げ捨て踏み潰し、
「アンタが買ったものなんて汚いからいらない!」
そして
「こういうのは本当のお父さんに買ってもらうからいらない!」
と言いだした
その発言で我が家は大混乱。
兄嫁は大慌てで子をひっぱたくし、兄は兄嫁に問い詰めるし、母はなぜか吐き出すし。
そのあと諸々あってわかったことは
・娘は兄の子じゃない。結婚前から続いていた本命の子。
・本命は30後半フリーターなので生活出来ない。兄は収入の良さで結婚した。
・なにも知らない兄がおかしくて(本当に言った)娘に悪口を吹き込んで言わせていた。
・兄をいじめるのが楽しくて(本当にそう言った)ついつい調子に乗っていた
↑を聞いて兄激怒。
許してほしいと土下座する兄嫁を無視して相手と兄嫁を訴えた。
そしてびっくりする程の慰謝料を貰って離婚した。
兄嫁の親の金だと聞いた。
218 名前:3[sage] 投稿日:2011/11/22(火) 02:00:23.40 O
そういえば調停?が始まるちょっと前、家から兄嫁といっしょに追い出した娘が訪ねてきたことがある。
秋だったのに娘は薄汚れた半袖で、痩せてるけど顔だけパンパンになっていた。
実家に勘当された兄嫁はフリーター男の四畳半アパートしか行くところがなく、いろいろ切羽詰まっていたのだろう。
娘は兄にこう言った。
「今わたしとお母さんに謝ったらまたここに住んであげてもいいよ。あのぬいぐるみも貰ってあげる」
それを聞いた兄、今まで見たこともないような冷たい顔で娘を見下しながら、
「なんで他人の口が悪い子供と暮らさなきゃいけないんだ?本当のお父さんのところに帰れば?」と言って玄関を閉めてしまった。
最後に見た娘は唖然と突っ立っていた。いつも優しかった兄だからなんとかなると思ったんだろうな。
それから娘には一回も会っていない。
これが我が家に起きた最大の修羅場でした。
拙い文章で申し訳ない。
引用元http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1507866433
2:
ながい
5:
修羅場報とかでよくあるやつ
6:
娘がかわいそうだわ
8:
>>6
一番可哀想なのは兄なんだよなぁ
9:
かなり長いが、投下させていただきます
幼い子供に対してかなり不快な表現があると思うから注意して欲しい。
俺は20代の時、子供が作れない体質だと診断された。
一生誰とも結婚しないつもりだったが、バツ1子持ちの女性と知り合い、数年の交際の後に結婚することになった。
彼女の連れ子は5歳だった。
ただ幸せに10年が過ぎていった。
15になり反抗期を迎えた娘は、露骨に自分を避け始めた。
洗濯物は一緒に洗うなと言われ、廊下ですれ違うと舌打ちされた。
その態度について叱ると、こう言われた。
「キモイんだよ!他人の癖に!本当の親じゃないくせに!」
死ぬほどショックだった。結局そのときはすぐに妻が娘を叱り付けて収まったが、その時から元娘を叱ることが出来なくなった。
今から思うと、俺のその態度が元娘をさらに調子に乗らせたんだと思う。
それからしばらく経って、休みの日にリビングでぼんやりしていると、元娘と、遊びに来たらしい娘の友達がやってきた。
少女たちは俺を見た後、くすくすと笑いながらこう言った。
「Aちゃん(元娘)のお父さんってこの人?」
「お父さんなんかじゃないよ!血繋がってないし、一緒に洗濯物洗えとかいって来てキモイ」
「えー」
「いつもじろじろ見てくるし、すぐ怒るし、ほんと最悪。」
そして、元娘はこう言った
「あいつ子供が作れない体なんだよ。だからお母さんがボランティアで結婚してあげたの。あーあ!でもこんなウザイならお母さんとふたりのほうがよかった!」
今でも一字一句忘れられない言葉だ
10:
思わず泣き出してしまった自分を見て、元娘たちはヤバイと思ったの自室に引っ込んでしまった。
俺は泣いて、泣いて、泣いた後、元娘への愛情が一切残っていないことに気がついた。
それからは直ぐだった。
俺は元嫁に離婚を切り出した。もちろん泣いて嫌がる元嫁だったが、元娘に言われた事を伝え、元娘がこんなに嫌がっているのだから一緒に暮らすべきではないこと、
なによりもう彼女を娘として見るのは不可能なことを説明し、なんとか離婚になった。
泣きながらごめんなさいと連呼する元嫁を見ているのはとても辛かった。まだお互い好き合っていたわけだし。
数年後、今日の事なんだけど、元娘から手紙が届いた。
本当はキモイなんてちっとも思っていないこと
遺伝子上の父より、俺のことをお父さんと思っていること
今でもお父さんが大好きなこと
もしよかったらまた一緒に暮らして欲しいこと
分厚い便箋にはびっしりと謝罪の言葉が並んでいた。
俺の一生のトラウマになった言葉は、「かっこいいと思って、つい」言ってしまったらしい。
最後まで読めなかった。手紙は箱に入れて押入れに封印した。
元娘には怒りも憎しみもないけど、ただただどうでもいい。
十年間娘と思って愛し育ててきた義娘を、たった一回の幼い失言でここまでどうでもよく思える自分の本性を知って修羅場中。
本当の父親だったらうまくやれたんだろうな、俺は欠陥人間だからかな
こんな自分が悲しい。
11:
かぞくとかにあるやつやん
コピペして何がしたいんや
13:
コピペしてまとめたものをコピペしておんjに貼ってそれをコピペしてまとめてもらうんやな
18:
娘「マジキモい!」
彡(゚)(゚)
彡(^)(^)
25:
>>18
なにわろ
26:
こういうのってホンマにあるんか?
正直話モリモリウンコやろ
29:
なんやこれ 心がざわつくわ
もっとハラディ
31:
23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/08 09:23:02 ID:0+f2XhGP0
802 名前:おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2006/03/10(金) 17:32:24 ID:s2RHsW2o
上にコレクションについての話がありましたけど
私は夫のコレクションを捨ててしまって後悔した立場でした
鉄道模型でしたけど
かなり古い模型がまさに大量(線路も敷いてて一部屋使っていた)という感じでした
結婚2年目ぐらいから「こんなにあるんだから売り払ってよ」と夫に言い続けたのですが
毎回全然行動してくれずに言葉を濁す夫にキレてしまい
留守中に業者を呼んで引き取ってもらえるものは引き取ってもらいました
帰ってきた夫は「売り払ったお金は好きにしていい」「今まで迷惑かけててごめん」と謝ってくれました
残っていた模型も全部処分してくれたのですごく嬉しかったです
でもその後夫は蔵書をはじめ自分のもの全てを捨て始めてしまいました
会社で着るスーツとワイシャツや下着以外は服すらまともに持たなくなり
今では夫のものは全部含めても衣装ケース二つに納まるだけになってしまって
あまりにも行きすぎていて心配になり色々なものを買っていいと言うのですが
夫は服などの消耗品以外絶対に買わなくなってしまい
かえって私が苦しくなってしまいました
これだけ夫のものがないと夫がふらっといなくなってしまいそうですごく恐いのです
こういう場合ってどうしたらいいんでしょう
32:
>>31
伝説のコピペやな
33:
>>31
これ嫁に模型捨てられた夫が憂さ晴らしに書いたもんだと思ってる
3

続き・詳細・画像をみる


木村拓哉がテレビから消えた?露出激減で”バーター仕事”に頼る日々に

贔屓が大量失点で負けてるときそっ閉じするやつwwwww

漫画家さん、とんでもない運転知識を披露してしまうwwwwwwwww

解雇された群馬大学の教授、ニュー速によると高専卒なのね

スパロボRって当時は散々言われてたけど今やるとそんなでもないよね

ワイ蕎麦屋、カツ丼頼む奴が多すぎて呆れる

back 削除依頼&連絡先