【後編】感傷的になったから俺が中学二年生の時の話を淡々と書いてくback

【後編】感傷的になったから俺が中学二年生の時の話を淡々と書いてく


続き・詳細・画像をみる


Tさんが「病院にいこう」ってかなり焦って言ってきて大急ぎでKとともにホテルを出た。
病院に入って検査をしたら「ストレスと過労です」と言われた。
点滴を打たれて帰された。
Tさんは「ごめんな。お前らが喜ぶと思ったんだが」って感じて謝ってきた。
Kはまんざらでもないようすで俺も別に嫌じゃなかったから二人で「Tさんは悪くないよ」って言い続けた。
が、Tさんはかなり焦ってた。
結局、そのまま大阪駅から帰った。
84: 以下、
過労になるまで腰振んなwwww
85: 北川鏡花 2013/08/14(水) 21:20:33.80 ID:f9r3vePq0
いや、そもそも中学二年生だぞ……
86: 以下、
駅についてもTさんは落ち込んでる様子で俺もKも「大丈夫だよ!」って言い続けたんだがTさんも参っているようだった。
俺はTさんの凹んだ姿で自分のことを忘れていた。
帰りの車内でお菓子や弁当を食べて顔色はそれなりに回復したが髪の毛は戻らなかった。
駅につくとTさんはKの家に電話してくれた。
迎いはすぐに来てくれた。
87: 以下、
どれくらいはげたの?
以下、
お盆で実家に帰ることになってなんか感傷的になったから俺が中学二年生の時の話を淡々と書いてく。
つまらないと思うがダラダラ適当に読んでくれ。
俺は親が早稲田と東京外大を出たエリートの家庭に産まれた。
兄は京都でも有名な私立中学校に行ったが俺は公立に通ってた。
別に頭が足りなかったわけじゃなくて親友のKと違う学校に行きたくなかったからわざと落ちた。
Kと俺は小さい頃からいつも一緒に馬鹿なことして遊んでた。
中二になってからは俺もKも性欲がいっぱいでその頃はエ口本を鑑賞したり学校の階段の下に潜んで女子のスカートの中身を覗いたりして遊んでた。
" class="anchor" style="color:mediumblue;display: inline;text-decoration: underline;">>>1
88: 以下、
Kのお父さんが車で来てくれた。
始めに「ん?」って感じの顔をされたがとりあえず俺達は車に乗った。
車内は無言。
K父がタバコを吸うだけ。
帰ってきて俺とKは部屋に入り、TとKの両親が何やら話していた。
俺とKは内緒にしとこうなって誓いあった。
程なくしてKのおふくろさんが「晩御飯何がいい?好きなものつくるよ」って言ってくれた。
俺は申し訳ないからって言ったんだが「いいから言いなさい」って言われて鰻を食べたいと言った。
89: 以下、
夕食は鰻になったいっぱい食わされた。
お腹いっぱいになってKの家の風呂に入った。
風呂上がりにKの両親は俺だけを呼んだ。
Kは部屋に戻り、俺だけがKの家の居間にいた。
Kの父親は言った。
「はっきり言うが家が辛かったらこの家にいてもいいと思ってる。ただし、俺君はどう思うか聞きたい」
と言われた。
俺はいきなりで困惑したが本心はそりゃKの家の子になりたかった。
だが、なぜかそうとは切り出せなかった。
91: 以下、
俺は「ありがとうございます」とだけ言って無言になってしまった。
Kのおふくろさんが「いいの。俺君の人生だからね。ゆっくり考えたらいいから」と言ってくれた。
俺はまた寝付けない夜を過ごした。
Kの部屋には天窓があるんだが、一晩中月や星を見ながら考え事してた。
大阪にいたころは何も考えなくてよかったんだけど、ようやく俺は自分の家族や俺自身がやばいんだってことに気付いた。
Kの家の子になるか帰るか。
俺は悩んだんだけどなんとなくKの家の子になったら駄目な気がした。
94: 以下、
翌朝、俺は朝食を御馳走になって昼まではKと夏休みの宿題をした。
昼前にKのおふくろさんに俺の胸の内を聞いてもらった。
Kのおふくろさんは「うん、うん」とたどたどしい俺の話をずっと聞いてくれた。
俺はあくまで俺の家に帰ると伝えた。
Kのおふくろさんは「偉いね。ちゃんと考えたんだね」って言いながら泣いてた。
俺も泣いた。
昼ご飯を食べたら俺は荷物をまとめた。
怖くはなかったけどぶちまけられた調味料がそのままだったら虫わいてんのかなとか考えていた。
97: 以下、
昼過ぎにKの家を出て実家に帰ってきた。
割れた窓ガラスのところにビニールが貼られていた。
玄関から入ると匂いはなく、一応、片付けられていた。
居間のソファに母がいた。
母は俺をみてギョロっとしたが、テレビを見続けた。
俺が自分の部屋に入ると兄が大音量でゲームを始めた。
家はあまり変わっていなかった。
99: 以下、
ってか
以下、
お盆で実家に帰ることになってなんか感傷的になったから俺が中学二年生の時の話を淡々と書いてく。
つまらないと思うがダラダラ適当に読んでくれ。
俺は親が早稲田と東京外大を出たエリートの家庭に産まれた。
兄は京都でも有名な私立中学校に行ったが俺は公立に通ってた。
別に頭が足りなかったわけじゃなくて親友のKと違う学校に行きたくなかったからわざと落ちた。
Kと俺は小さい頃からいつも一緒に馬鹿なことして遊んでた。
中二になってからは俺もKも性欲がいっぱいでその頃はエ口本を鑑賞したり学校の階段の下に潜んで女子のスカートの中身を覗いたりして遊んでた。
" class="anchor" style="color:mediumblue;display: inline;text-decoration: underline;">>>1
の親は
以下、
お盆で実家に帰ることになってなんか感傷的になったから俺が中学二年生の時の話を淡々と書いてく。
つまらないと思うがダラダラ適当に読んでくれ。
俺は親が早稲田と東京外大を出たエリートの家庭に産まれた。
兄は京都でも有名な私立中学校に行ったが俺は公立に通ってた。
別に頭が足りなかったわけじゃなくて親友のKと違う学校に行きたくなかったからわざと落ちた。
Kと俺は小さい頃からいつも一緒に馬鹿なことして遊んでた。
中二になってからは俺もKも性欲がいっぱいでその頃はエ口本を鑑賞したり学校の階段の下に潜んで女子のスカートの中身を覗いたりして遊んでた。
" class="anchor" style="color:mediumblue;display: inline;text-decoration: underline;">>>1
が家に何日も帰ってこなくとも何にも感じないのか・・
そうだとしたらひでえな
100: 以下、
なんたかんだ緊張して帰ってきたけど何も変わってなくて肩透かしだった。
俺は何をするでもなくただただ大音量のクロノトリガーのBGMが響く家にいた。
しばらくすると母が俺の部屋にきた。
母は「おでこどうした?」と聞いてきた。
俺は「過労らしい」と答えたら「何が過労や、意味わからん、何のストレスがあるというんや」と小言を言い出した。
クロノトリガーのBGMが流れてる中で母は「ろくに家にも帰らず心配ばっかりかけやがって!いい加減にしい!あんたしかもうこの家におらんのやからな!」と言い出した。
俺は意味がわからなかった。
102: 以下、
俺は「え?」と言った。
母は「あんたの兄は死んだんや!なんでかしらんけどなぁ!壊れたんじゃ!だからあんたがいい大学にいってこの家を支えるんや!」と怒鳴り散らした。
俺はびびった。
クロノトリガーのBGMが流れてて兄が死んでるの意味がわからんかった。
俺は「は・・・??え・・・??」ってなりながら兄の部屋に入った。
兄はベッドの上に座りながらコントローラ握ってた。
103: 以下、
兄貴.........
104: 以下、
まてこれはどういうことだ
105: 以下、
俺は「おい!」って叫んだ。
兄はそのままコントローラをカチカチやるだけ。
俺はさらに「おい!お前!」って叫んだ。
兄は口をだらーって開けたまま放心状態でクロノトリガーを黙々とやってた。
俺は「おい!兄貴!」って何年かぶりに兄のことを兄貴って呼んだ。
そしたら兄貴の口からよだれが垂れた。
それでも兄はコントローラをカチカチやるだけだった。
目は虚ろで顔に色はなかった。
小便が垂れ流しなのか近づいてわかった。
106: 以下、
えぇ・・・
107: 以下、
ここまでこの家族でまともなの1だけだな
109: 以下、
以下、
ここまでこの家族でまともなの1だけだな
" class="anchor" style="color:mediumblue;display: inline;text-decoration: underline;">>>107
この家族の中でよくまともでいられたよな
108: 以下、
確かに死んでるという表現が正しいなって思ってちょっとうつになった
追い込まれてたんだな
112: 以下、
母が兄の部屋に入ってきて「わかったか!こいつはキチガイや!散々期待させるだけ期待させてこのザマや!」と怒鳴った。
俺は母を無視し「おい!しっかりしろよ!おい!やばいから」と言ったが兄はゲーム画面を見つめるだけだった。
母が「構うな!あんたまでこうなったら困る!」と言い出したが無視した。
俺はなおも母を無視して「おい!兄貴!お兄ちゃん!」と言うと兄は顔をこちらに向けた。
兄は顔だけをこちらに向けて泣き出した。
普通に泣いたんじゃなくて赤ん坊みたいに泣き方で泣いた。
兄が泣くと母は兄を殴り倒した。
「このクソガキ!親をナメやがって!死ね!死ね!」
ってビンタ→蹴りでリンチし始めた。
兄は逆らわず俺を見つめながらないてた。
113: 以下、
嘘だろ…。
114: 以下、
ババア氏ね
115: 以下、
ババア市ね
116: 以下、
なんだよこのうつ加減
117: 以下、
親のほうが…
118: 以下、
俺は兄と目があった。
一瞬だけだったけど兄が「逃げろ」っていってくれた気がした。
俺はなぜか兄を助けなきゃと思った。
俺と兄は喧嘩ばっかりしてゲームだって共有できないほど仲が悪かった。
でもなんか助けなきゃいけないって思った。
俺は兄の部屋にあったでかい辞書で母の後頭部を殴った。
母は兄をリンチするのに夢中で気付かなかった。
俺は「やめろ。クソババア!」みたいなことを叫んだと思う。
119: 北川鏡花 2013/08/14(水) 21:55:20.39 ID:f9r3vePq0
がんばれ
以下、
お盆で実家に帰ることになってなんか感傷的になったから俺が中学二年生の時の話を淡々と書いてく。
つまらないと思うがダラダラ適当に読んでくれ。
俺は親が早稲田と東京外大を出たエリートの家庭に産まれた。
兄は京都でも有名な私立中学校に行ったが俺は公立に通ってた。
別に頭が足りなかったわけじゃなくて親友のKと違う学校に行きたくなかったからわざと落ちた。
Kと俺は小さい頃からいつも一緒に馬鹿なことして遊んでた。
中二になってからは俺もKも性欲がいっぱいでその頃はエ口本を鑑賞したり学校の階段の下に潜んで女子のスカートの中身を覗いたりして遊んでた。
" class="anchor" style="color:mediumblue;display: inline;text-decoration: underline;">>>1
124: 以下、
そんでもなお母は「こいつ(俺)までアンタみたいなったらこの家は終わんねん!死ねや!」と叫びながら兄を踏んだり蹴ったりしてた。
俺はスーファミのコントローラの接続部を抜いた母の首をそれでしめた。
さすがに母は気付いた。
何するんじゃああああ!
みたいに怒鳴ったが力を加えたら黙った。
ってか顔が青白くなり泡をはいた。
126: 以下、
おまえ……
127: 以下、
母は床に倒れてゲホゲホ言いながら舌を出してハアハア言ってた。
兄はベッドの上から母を見下ろしていたが、俺に向き直した。
俺はゼエゼエ言ってる母を兄の部屋から連れ出した。
服を引っ張る無理矢理。
母は「離せ、伸びる、やめろ」とか言ってたが無視した。
母を兄の部屋から追い出して俺は何年かぶりに兄と兄の部屋で二人になった。
小学生に上がる前までは二人で遊んでた。
俺は兄にどこか痛いかって聞いた。
128: 以下、
以下、
お盆で実家に帰ることになってなんか感傷的になったから俺が中学二年生の時の話を淡々と書いてく。
つまらないと思うがダラダラ適当に読んでくれ。
俺は親が早稲田と東京外大を出たエリートの家庭に産まれた。
兄は京都でも有名な私立中学校に行ったが俺は公立に通ってた。
別に頭が足りなかったわけじゃなくて親友のKと違う学校に行きたくなかったからわざと落ちた。
Kと俺は小さい頃からいつも一緒に馬鹿なことして遊んでた。
中二になってからは俺もKも性欲がいっぱいでその頃はエ口本を鑑賞したり学校の階段の下に潜んで女子のスカートの中身を覗いたりして遊んでた。
" class="anchor" style="color:mediumblue;display: inline;text-decoration: underline;">>>1
の父が気になる
130: 以下、
兄を何もいわず震えてた。
ベッドのすみ、部屋のすみで震えてた。
母に蹴られて血が出ていた。
髪の毛も毟られて抜けた毛がベッドの上に散乱してた。
兄は何もいわなかった。
母が入ろうとしたが俺はドアノブを押さえて入らないようにした。
その度に兄は震えて頭を抱えながら口をパクパクさせてた。
母は諦めて下へ降りていった。
静かになって俺は兄の顔を拭いてやった。
ベッドの毛を掃除してやった。
133: 以下、
兄の部屋がとりあえず落ち着きを取り戻した。
俺はしばらく兄の部屋にいたが兄は震えるばかりだった。
俺は何かあったら呼んでくれよ、といって自室に帰った。
兄のパンツやらを洗濯機に入れて自室で休んでいると父が帰ってきた。
すまん。親戚きたからちょい離れる。
138: 以下、
壮絶でわろた
139: 以下、
親父はババアを責めて、大げんか
入院の流れと見た
246: 以下、
父が帰ってきた。
俺は様子を見るために階段をこっそり降りて二人の会話を盗み聞きすることにした。
母は「子供に殴られた!」「下も駄目だ!無理や!」「この家どうするんや!」と怒鳴る。
父は「うん」「うん」「うん」と言うだけでめんどくさそう。
母はますますエスカレートして「聞けや!」とか「あんたがそんなんやから子供が!」と声のボリュームが上がった。
母がヒステリーを起こすと兄の部屋から「ヒャアアアア!」という声が聞こえてまたクロノトリガーが大音量で流れ出した。
248: 以下、
絵が浮かぶ
250: 以下、
結局、母と父は大喧嘩になり「うるさい!」の言い合いになった。
俺は結局、自室に逃げて親と兄の出す大音量に震えるだけだった。
うるさい騒音の中、ずっとこれからどうするか考えた。
俺はなぜだか死のうと思った。
首吊りはやり方がわからなかったから選ばなかった。
代わりにマイペットっていうお風呂用洗剤があるんだが、俺はそれを飲み干した。
味はなかった。
252: 以下、
壮絶すぎて、何も言えない…。
253: 以下、
やべぇよ…
254: 以下、
やばい…
255: 以下、
マイペットをイッキして寝た。
目が覚めたら死んでるんだ。
そう感じながら寝た。
怖くはなかった。
大音量が消えて眠りについたら全部終わるんだってそう思った。
結局、夜中に目が覚めた。
静かにはなっていたが死ねなかった。
代わりにトイレでゲロゲロはいた。
泡が大量に口から出た。
257: 以下、
トイレの便座で何回も何回もゲロしながら泣いた。
泡が鼻からも溢れてきて息ができんかった。
それでもトイレットペーパーとかで拭きながら吐き気がおさまるまでずっとはいた。
吐き気がおさまって部屋に戻り横になった。
でも眠れないから水を飲みに下に行った。
居間からキッチンが見えるんだが、暗闇の中に人影が見えた。
258: 忍法帖【Lv=5,xxxP】(1+0 15)[] 投稿日
うわぁぁ…
これ書いてるってことは生きてるんだよな…すごいよ1ちゃんは
259: 以下、
ババアか、親父か、はたまた兄貴か…。
260: 以下、
どちらにしても危ない気が…
261: 以下、
キッチンの電気をつけたら人影にも光が当たって誰だか確認できた。
兄だった。
兄が居間いてぼーっとしてた。
ソファに座ったまま暗闇からこっちを見てた。
俺は水を飲み、深呼吸をして居間に向かった。
居間の電気を付けようとしたら
「つけるな」
って声がした。
兄の声だとはわからなかったが、声質で兄だとわかった。
263: 以下、
どうなるんだ…。
264: 以下、
あれ、兄貴正気…
265: 以下、
曖昧な状態からたまに正気に戻るタイプか
276: 以下、
俺は兄に適度に近づいて座った。
兄にお茶を入れた。
兄は「おい」って言ってきた。
俺は「なに?」って聞いたら「お前が神様がだったら人間作るか?」っ聞いてきた。
俺は意味がわからんかったから「さあな」って言った。
「俺ならな。人間を作っても痛みのない人間を作ると思う」
って言い出したんだ。
次に「学校でなんのためにあるんだろうな」って言い出した。
277: 以下、
ついでに悲しみっていう感情もなくす、とも言いそうだな
278: 以下、
なんか兄貴かっこいいな
283: 以下、
「学校?勉強じゃないのか」って答えた。
兄は「勉強なんてなければ誰も競争しなくていいのにな」って上を見上げた。
暗いからよくわからんが兄が動いた。
兄は「K君といて楽しいか?」って聞いてきた。
「ああ、楽しい。昨日も旅行だったんだ」
って言うと兄を身を乗り出して「どこに行ったか教えろ」って言ってきた。
少し息も荒くなってた。
俺は語った。
大阪に言ったことやTさんに面倒見てもらったこと、童貞捨てたこととか。
兄は黙ってうなずいてた。
284: 以下、
俺はなんだが泣けてきた。
話しながら泣いてた。
昔から兄は俺を虐めてた。
虐められた後、俺は親に友栄っていう料亭に連れていってもらえた。
親はそうやって兄に弟である俺を虐めるなって伝えたかったんだろうな。
兄はいつも友栄で何を食べたかを聞いてきて、今みたいに黙って頷きながら俺の自慢を聞いてくれた。
もしかしたら兄は俺が友栄に行かすために俺を虐めてたのかもしれん。
俺は話し終えた。
大阪旅行の三日間。
兄が暴れてからあと何をしていたかを話した。
287: ◆kOHjepsWtM 2013/08/14(水) 23:57:54.55 ID:0eLNMO9rO
話し終えたら兄は「K君はどんな子なんだ?」って聞いてきた。
昔は一緒に遊んでたんだけどな。
兄は「そうか」って呟いたら「もう寝ろ」って言ってソファで兄が横になった。
俺は部屋に戻って寝た。
今にして思えば兄は俺と入れ代わりたかったのかもしれん。
俺が兄と過ごした最後の時間だった。
288: 以下、
最後……
289: 以下、
えっ…
290: 忍法帖【Lv=12,xxxPT】(1+0 15)[] 投稿日
嘘だろ・・・
292: ◆kOHjepsWtM 2013/08/15(木) 00:00:28.25 ID:WzBX2KkUO
翌朝はドタバタした足音や男の人のでかい声で目が覚めた。
兄は居間で首を吊った。
警察が家にいた。
母は泣いていた。
父はタバコ吸ってた。
俺も警察にいろいろ聞かれた。
朝ごはんすら食べず警察に聞かれた。
293: 以下、
最後の時間…。
まさか…
294: 以下、
あ……
297: 以下、
嘘だろ…。
298: 以下、
兄貴…
299: 忍法帖【Lv=12,xxxPT】(1+0 15)[] 投稿日
な・・・
300: 以下、
これあかんやつや
302: 以下、
ああ・・あぁ・・ ガクガク...
303: 以下、
警察に昨日の夜の話や居間までに母や父が兄に何ををしたかを話した。
父も母もいる前で。
母は途中でヒステリー起こして「嘘だ!」「私の息子はそれでも私立!」と怒鳴りながら俺に掴みかかろうとしたが、警察に止められた。
俺は泣きながら話していると警察の人に背中をさすられながら「こっちへきなさい」と言われて親と引き離された。
俺が別室に連れていかれ待っていると児童ケアなんとかセンターみたいなところから人がきた。
優しそうで話しやすい人だった。
俺は洗いざらい全部話した。
兄が壊れたことや母がリンチしたこと、父が何もしなかったこと。
全部話した。
304: 忍法帖【Lv=12,xxxPT】(1+0 15)[] 投稿日
一人っ子だけどすごく切なくなった
306: 以下、
1がこの生活環境の中まともなのが不思議
309: ◆kOHjepsWtM 2013/08/15(木) 00:09:52.42 ID:WzBX2KkUO
俺はそのセンターの人に「しばらく別のとこに住むけどいいかな?」って言われた。
俺はそこでKのことを話した。
センターの人は「いい友人だね」って言ってくれた。
俺はとりあえず施設みたいなとこに行ってがKの両親が引き取りにきてくれた。
俺の母は精神失調で入院したらしい。
父は精神的にも肉体的にも健康だ。
父は今でも自分は関係ないと思ってる。
去年も「何があってああなったんやろなあ」とか「お前逃げ出してから退屈やわ」とか言ってたぐらいだ。
俺の夏休みはそうやって過ぎた。
311: 以下、
中2って絶対何かが起こるな
312: 以下、
おれの中2時代何も起こらなかったわ・・・
313: 以下、
親父クズ過ぎ
314: 忍法帖【Lv=5,xxxP】(1+0 15)[] 投稿日
父も大概やなぁ
仕方ない事なのかもしれんけど。
318: 以下、
法律的なことや何があったかは知らん。
だが、あの夏から俺はKの家に住み、父はでかい実家に一人で住んでお金だけを送り続けた。
Kの家から高校に通い大学でKの家を出た。
大学に行く引っ越しの日、俺はKの両親に「一度でいいからお父さん、お母さんって呼んでいい?」って聞いた。
Kの両親は泣き出した。
Kのおふくろさんは「何回言ってもいいんだよ」って言ってくれた。
「お父さん、お母さん、ありがとう。大学でも頑張るよ」
って俺はK家に別れを告げた。
319: 以下、
Kの家族いい人だな
320: 以下、
よくがんばった。
325: 以下、
今年の二月に父が下宿先にいきなり来たがボコボコにして追い返した。
「親に住所も教えないとはどういうことだ!そうゆうことをするから母さんが駄目になったんだ!」
って言い出したからな。
今、彼女もいて結婚も考えてる。
親戚とは仲がいい。
親戚からは「よくあの親からあんたみたいなのが育ったな」と言われる。
明日、お盆で実家に帰る。
実家って言ってもKの家だけどな。
326: 以下、
よかったなあ
327: 以下、
うわ、親父ただのバカ
親戚のいうとおりだな。
それにしても、1はすごい。
328: 以下、
血は繋がってなくても1の親はKだもんな
330: 以下、
とりあえず
以下、
お盆で実家に帰ることになってなんか感傷的になったから俺が中学二年生の時の話を淡々と書いてく。
つまらないと思うがダラダラ適当に読んでくれ。
俺は親が早稲田と東京外大を出たエリートの家庭に産まれた。
兄は京都でも有名な私立中学校に行ったが俺は公立に通ってた。
別に頭が足りなかったわけじゃなくて親友のKと違う学校に行きたくなかったからわざと落ちた。
Kと俺は小さい頃からいつも一緒に馬鹿なことして遊んでた。
中二になってからは俺もKも性欲がいっぱいでその頃はエ口本を鑑賞したり学校の階段の下に潜んで女子のスカートの中身を覗いたりして遊んでた。
" class="anchor" style="color:mediumblue;display: inline;text-decoration: underline;">>>1
は、お兄さんの墓参りだけはちゃんとやってあげてくれ。
ちゃんと成仏できるように祈ってあげて・・
333: 以下、
長くなったけど保守とかありがとう。
つまらない話に付き合ってくれてありがとうな。
結婚式にはKの両親にきてもらおうと思ってる。
久々のお盆にふと思い出した。
書いたらすっきりしたわ。
やっぱVIPっていいな。
ありがとう。
334: 以下、
以下、
長くなったけど保守とかありがとう。
つまらない話に付き合ってくれてありがとうな。
結婚式にはKの両親にきてもらおうと思ってる。
久々のお盆にふと思い出した。
書いたらすっきりしたわ。
やっぱVIPっていいな。
ありがとう。
" class="anchor" style="color:mediumblue;display: inline;text-decoration: underline;">>>333

やっと眠れる
335: 以下、
Kはエ口いままか?
342: 以下、
以下、
Kはエ口いままか?
" class="anchor" style="color:mediumblue;display: inline;text-decoration: underline;">>>335
エ口いままだよ。
fc2のいい動画メールで送ってくるwww
337: 以下、
乙!
そして、お幸せに(ちょっと気が早いか)
339: 以下、

兄ちゃんの分まで幸せになるんやで
344: 以下、
親父のんきでまだましかと思った瞬間にこの返し
以下、
お盆で実家に帰ることになってなんか感傷的になったから俺が中学二年生の時の話を淡々と書いてく。
つまらないと思うがダラダラ適当に読んでくれ。
俺は親が早稲田と東京外大を出たエリートの家庭に産まれた。
兄は京都でも有名な私立中学校に行ったが俺は公立に通ってた。
別に頭が足りなかったわけじゃなくて親友のKと違う学校に行きたくなかったからわざと落ちた。
Kと俺は小さい頃からいつも一緒に馬鹿なことして遊んでた。
中二になってからは俺もKも性欲がいっぱいでその頃はエ口本を鑑賞したり学校の階段の下に潜んで女子のスカートの中身を覗いたりして遊んでた。
" class="anchor" style="color:mediumblue;display: inline;text-decoration: underline;">>>1
お疲れ様でした
彼女さんと末長くお幸せに?
347: 以下、

続き・詳細・画像をみる


ガキワイ「スラダンの彩子さんってぶっさいくやな」

浜辺美波ちゃん17歳、かわいすぎるwwwwwwwww (※画像あり)

新入社員だけど職場のパソコンの大先生になった結果wwwwww

朝日新聞「『なぜ安倍政権は森友・加計問題の論戦をしないのか』という有権者からの厳しい声がある」

島田紳助「俺らはプロやん。人を笑わせてお金をもろとるわけや。つまらん言われたらもっと努力せな」

ワイ「え?このパフェを20分で完食できたら無料?」

back 削除依頼&連絡先