【前編】死んだ彼女が毎日夢に出てくるんだけどback

【前編】死んだ彼女が毎日夢に出てくるんだけど


続き・詳細・画像をみる

1:
どうすればいい?
というかどうしてなんだ・・
2:
>>1
心から愛してたんだろ
女の恋愛は上書き保存、男の恋愛は名前を付けて保存
忘れる事なんて出来ないからせめて違う恋でも探して見ろよ
3:
名も無き被検体774号+ 2011/07/05(火) 02:29:31.39 ID:qSiO3p2T0
>>1
心から愛してたんだろ
女の恋愛は上書き保存、男の恋愛は名前を付けて保存
忘れる事なんて出来ないからせめて違う恋でも探して見ろよ
">>>2
で終わってた
4:
名も無き被検体774号+ 2011/07/05(火) 02:29:31.39 ID:qSiO3p2T0
>>1
心から愛してたんだろ
女の恋愛は上書き保存、男の恋愛は名前を付けて保存
忘れる事なんて出来ないからせめて違う恋でも探して見ろよ
">>>2
確かに心から愛してる。
でも彼女が死んだのは5年も前なんだ。
いままではこんなこと無かったから戸惑ってる・・
6:
死んだ人が夢に出てくるってことは成仏したしるしなんだって。
彼女の思い出は大切にして次の人見付かるといいね。
あなたの幸せが彼女の幸せだと思うよ。
8:
名も無き被検体774号+ 2011/07/05(火) 03:51:22.56 ID:h0IvfGH60
死んだ人が夢に出てくるってことは成仏したしるしなんだって。
彼女の思い出は大切にして次の人見付かるといいね。
あなたの幸せが彼女の幸せだと思うよ。
">>>6
そうなのか・・
そうだといいな。
なんかあまりに出てくるから何か言い残したこととかあるんじゃないかって思ってしまって・・ww
5:
とりあえず最近の夢について書いてみる。
彼女が死んだのは5年前。
因みにメンヘラだったけど死因は自殺とかじゃない。
こういう夢を見始めたのは大体1カ月くらい前からだ。
最初の夢はすごく鮮明に覚えてる。
俺は昔彼女と1回だけ行った海の砂浜にいた。
なんか屋根?みたいなのがあるところで座り込み、一人海を眺めてた。
海には誰もいなくて、夕方みたいな感じでちょっと薄暗かった。
そしたら後ろから、シャワーの音がちょっとだけして、誰かがこっちへ来る気配がした。
7:
「砂が足に付いて気持ち悪い」
そう言いながら近づいてきたのは、白いTシャツを着た彼女だった。
俺は、おまたせ、という彼女にいやいや、と返しながら立ちあがり、どこからか冷えたポカリを出して手渡した。
ありがとう、と言ってありえない勢いで飲み干す彼女。
すごい飲みっぷり、と俺は笑った。
「いいじゃん別に・・」彼女も恥ずかしそうに笑った。
「今日、海に連れてきてくれてありがとね」と彼女が言った。
「お安い御用だww」
そしたら彼女が、急に暗い顔をして口を開いた。
「でも、もう来れないんだね」
「なんでだよwwまた来れるよw」
「来れないよ」
「来れるって」
「来れないもん」
「・・じゃあ来なきゃいいんじゃね」
「・・・」
ちょっとイライラした俺がそう言うと、彼女は悲しそうな顔をして俯いた。
おれは後ろを向いて彼女を置いて歩き出した。
どうせ彼女の方から謝ってくるだろうと思った。
追いかけてくるだろと思ってた。
後ろを向いたら彼女はいなかった。
8:
彼女が居ないことには驚いたけど、何故か俺はそのまま気にせず歩いて行って(現実にはそんなことありえないけど)、ファミレスに行ったり、そこからは関係ない夢になった。
起きたらすっごく悲しくなって、夢の中でまで悲しそうにしてた彼女を思い出して泣きそうになったが耐えた。
まあ疲れてたのかなとか、久しぶりに彼女の夢みたなとかぐらいで、そのときはあまり深く考えて無かった。
9:
まあこんな日もあるよな、そう思っていた俺だったが、次の日も彼女の夢を見た。
こんどは俺は、誰もいない遊園地にいた。
観覧車も何もかも止まってて、やっぱり薄暗かった。
すると後ろから走る足音が聞こえてきた。
「もーっ、こんなとこにいたの!?」
ちょっと怒りながら来た彼女は、昔一緒に買い物に行ったときに買った服(でもこの時はあ、こないだ買った服だ、と思った)
を着てた。
俺は怒りながら来た彼女を見ると、なぜか混んだ土産物屋で彼女を見失うシーンが頭の中に浮かんできた。
「いや、お前が居なくなるのが悪いんだろ」
「私はちゃんと、○○のとこ見てくるって言ったもん」
「言ってないって、お前、俺がちょっと待ってって言うの無視して先々行ったじゃん」
また軽い口論になった。
10:
俺は彼女に、甘やかしすぎるくらい優しく、普段から接してたと思う。
だから彼女に、こんな風に言うことは殆ど無かった。
たまにこんな感じで彼女を咎めると、彼女は決まって悲しそうに俯き、場合によっては泣きだしたりした。
そしてこの夢の中でも、彼女は悲しそうに俯いてしまった。
「ほら、もう閉演だから、いくぞ」
そんな彼女を見ているのにうんざりして、俺は話題を変えて後ろを向いた。
すると、案外しっかりした声で彼女が返事をしてきた。
「あ、私まだやることあるから、先帰ってて」
「は?ああ、居残り系?(意味わからないがなぜか俺はこれに納得してて、こう返事した)」
「うん、だから先帰ってて」
「ああ、気をつけろよ?」
「うん、>>1もね!ばいばーい」
そして遊園地を出て、また関係ない夢に変わった。
11:
朝起きるとまた、俺はものすごく悲しくなった。
夢の内容が彼女の出てくるところだけ嫌に鮮明で、何度も何度も思い出した。
胸が苦しくて、気が狂いそうになった。
彼女のことを思い出したくなくて、部屋にある写真立てとか、彼女にもらったもんとか全部しまいこんだ。
それでも一日を過ごしていくとちょっとはそんな気持ちも薄れてきて、夜には結局またそんなことすっかり忘れて布団にもぐりこんだ。
ちょっとここらで一旦寝ます。
彼女が出てきたらと思って寝にくかったんだが頑張る。
また書くから、気になる人がいたらそっと読んでくれると嬉しい
12:
穏やかな海の夢は運気上昇の兆し、荒れた海は運気下降ぎみ。
遊園地の夢は新しい恋愛や行為への関心が高まってるらしいぞ。
今、夢占いみてみた
13:
仕事の合間にちょっとだけ書いておこう。
因みに今日もまた彼女が出てきた・・ちょっとノイローゼ気味なのかもしれない。
名も無き被検体774号+ 2011/07/05(火) 04:28:22.28 ID:8SDIEgR1O
穏やかな海の夢は運気上昇の兆し、荒れた海は運気下降ぎみ。
遊園地の夢は新しい恋愛や行為への関心が高まってるらしいぞ。
今、夢占いみてみた
">>>12
そうなのか、わざわざありがとう。
海はすごく穏やかな海だったよ、運気上昇の兆しなのかな。
恋愛はもうしないつもりなんだけど、これから先何が起こるかはわからないもん
15:
彼女さんと>>1には悪いけど、興味ありそうなスレ発見
>>1、苦にならない程度に話してくれると有り難い
18:
名も無き被検体774号+ 2011/07/05(火) 13:45:16.62 ID:LUF7UhUr0
彼女さんと
>>1
には悪いけど、興味ありそうなスレ発見
>>1
、苦にならない程度に話してくれると有り難い
">>>15
こちらこそ、聞いてもらえてありがたいです。ありがとう。
親や友達に話しても、話半分くらいの姿勢で聞いてるのがすごい伝わってきて辛いから話せないしな・・。
あんまり面白い話じゃないかもしれないけど、書かせてもらうよ。
14:
さて、3日目の夢。
この日は彼女が「出てきた」って感じの夢じゃなかった。
実際この日は夢から覚めた時も、彼女のことを思い出さなかったし。
いや、本当はこの日は彼女の夢を見なかったのかもしれないな。記憶がすごく曖昧なんだ。
何を言ってるかわからないかもしれないが、とりあえずこの話をするには、4日目のことを先に話さないといけない。
4日目の夜、俺はすごく疲れていて、布団に入るとすぐ眠たくなった。
そして俺が覚えてる夢の始まりは、やっぱり俺が一人で居る場面からだった。
放課後のような雰囲気(つまりは夕方なのかな?)の中、誰かを俺は待っていた。
誰を待っているのかはよく分からなかったが、彼女が後ろから走ってくる特徴的な小走りの音を聞くと、
そうだ、彼女と待ち合わせしてたんだ、と納得した。
16:
不思議…
17:
彼女は中学校の頃の制服を着て、姿かたちもその頃の姿で走ってきた。
俺は今のままの姿だった。
彼女は背が小さかったんだけど、さらに小さくなっていた。
俺と目が合うと彼女は、へへへと照れたように笑って、似合う?と聞いてきた。
似合うよ、と答えようとして俺は、この時初めて夢の中で「あること」に気づいてしまった。
なんでこのタイミングで気付いてしまったのかわからない。
彼女はもういなくて、もう二度と会えないはずなんだってことに気がついてしまった。
それが「死んだ」っていう意味で認識できたわけじゃなかったけど、彼女がここにいるはずないんだってことだけがはっきりとわかった。
でも彼女はにこにこしていて、久しぶりに見た制服姿の彼女はすごく可愛くて、こんなこと言わなくたっていいかと思った。
それにこれを言ってしまうと、彼女の機嫌を害する気がした。
18:
昔よく一緒に歩いた帰り道をまた2人で歩いた。
彼女は何度も後ろから小走りになってついてきて、後ろからそっと手を握ってきた。
俺は歩幅を狭めてかなりゆっくり歩いたのに、彼女は何度も俺から遅れてしまって、
俺は何度も彼女の手を握り締めたのに、気付いたらいつの間にか俺の手に彼女の手は無くて、後ろから彼女が何度も掴みなおしてきた。
この時の会話は覚えてないけど、彼女は手をつなぎなおすたびにニコニコと笑顔を俺に向けてきて、俺もそれに返しながら歩いてた。
しばらくすると港のようなところに着いた。
彼女は俺に「私、怒ってるんだからね」と突然言った。
「なんで?」と俺が聞くと、
「自分でわかるでしょー」と、彼女は膨れながら言った。
「いや、わからないから」
「わかる」
「わからない」
何度かこんなやり取りをしていると、彼女は急に、見たことが無いくらい暗い顔をした。
20:
「・・・昨日・・」
「昨日?」
「昨日、あの公園の木のとこで」
「???」
彼女は恨めしそうに、でもちょっとわざとらしく俺を見上げたが、俺は何のことを言っているのか全く分からなかった。
昨日・・昨日は何してたっけ?よくよく考えると、それさえ思い出せない自分に気がついた。
「ごめん、思い出せないや・・もうちょっとヒントちょうだい」
俺がそう言うと、彼女は悲しそうに笑った。
「そっか、思い出せないなら、別にいいんだ・・」
「いや、よくないよ、気になるだろ」
彼女はいつの間にか大人の姿に戻っていた。
21:
彼女はじっと黙った。
生前からそうだった、彼女は普段ハキハキしたタイプなのに、自分の悩みとか自分の本当の気持ちは、打ち明けるのにすごく時間の要る子だった。
「言いたくないの?」
俺が聞いた言葉にかぶせるようにして、彼女は口を開いた。
勢いに任せちゃえ、そんな雰囲気だった。
「昨日ずっと見てたのに!!昨日、ずっと見てたのに!」
突然語気を荒らげた彼女にびっくりして、え?と言った俺に、彼女は更に続けた。
「○○公園の木のとこで、昨日>>1が居たじゃん、あの時、私、後ろから追いかけてたんだよ?気付いてたくせに、待ってくれなかった・・」
彼女は大きな目に涙をいっぱいに貯めて俺をにらんだ。
22:
「私がいつも、会うためにどんだけ苦労してるか知ってるの?>>1っていつもそう、私の気持ちなんかわかんないんだ・・」
「苦労って・・」
盛り上がっている彼女とは裏腹に、何のことかわからない俺は、それ以上言葉が出なかった。
すると彼女はそんな俺を見てはっとしたような顔をして、
「そうだよ、セーラー服着たり、いっぱい努力してるんだから」と言って笑った。
自分の気持ちを誤魔化す時の、いつもの笑顔だった。
彼女は、そろそろ行くね、と言った。
俺は理由もわからず怒られた気持ちのまま、不機嫌におお、と言った。
彼女は港に飛び込んでイルカになった。
その時、頭の中に映像が浮かんだ。
公園の大きな木の下で俺が彼女を待っている映像だった。
彼女はその時1時間くらい約束に遅れていて、俺はイライラしながら木の下のベンチに座っていた。
すると、後ろからガサッと音がした。
俺はそれを彼女が来た音だと知っていたのに、何の連絡も無く待たされたことに気を悪くして、
気付いていないふりをして公園を後にした。
後ろからずっと小さな足音が聞こえていたのに、知らないふりをして歩いた。
足音が止まっても、ずっと歩いて行ってしまった、そんな「昨日の自分」の映像が浮かんできた。
23:
一瞬にしてそんな映像が頭に浮かんだ俺は、心臓が締め付けられるように苦しくなった。
後悔と涙がめちゃくちゃに浮かんできた。
イルカに向かって「ごめん、ごめんよ、思い出したよ、ごめんな」と叫びながら目が覚めた。
まあ実際には自分の「ん”んー!」とかいううめき声に自分でびっくりして起きたんだけど・・w
起きると、これ以上無いくらいに混乱していた。
さっきの「昨日の自分」の映像が、夢の中で良くある事情の帳尻合わせ的現象なのか、それとも実際に見た夢を思い出していたのかがわからなかった。
夢にしては、起きてからもその内容がはっきりしていた。
「そうだ、昨日こんな夢見てたのに忘れてたんだった・・」とも思ったし、
「いや、昨日は夢なんて見ていないのに、夢の中でそういうことにされてしまっただけだよな」とも思った。
答えは結局出なかったが、あまりにもやもやして気持ち悪かった俺は、この日から夢日記をつけることにした。
25:
さて、なんかこの日のことは説明が難しくてぐだぐだしてしまったな・・
読みづらくて申し訳ない。
ここからはもうちょっとわかりやすく書けるよう頑張るよ。
一旦残りの仕事を仕上げてから、また来ます。
26:
>>1おつかれ、仕事頑張ってねー
ともかく、何故毎日彼女の夢を見るんだろうね。
ここ一ヶ月の間って言ってたっけ?
その前は全然ちっとも見なかったってことかな?
気になることいっぱいあるから待ってますよ
30:
ただいま。
名も無き被検体774号+ 2011/07/05(火) 14:55:21.61 ID:LUF7UhUr0
>>1
おつかれ、仕事頑張ってねー
ともかく、何故毎日彼女の夢を見るんだろうね。
ここ一ヶ月の間って言ってたっけ?
その前は全然ちっとも見なかったってことかな?
気になることいっぱいあるから待ってますよ
">>>26
聞いてくれてありがとう。
そう、ここ一カ月なんだ。彼女が死んだ直後はよく夢も見たけど、ここ1、2年はそんなこと無かった。
そりゃあ時々はみたけど、こんなに連続してなかったなあ。
死んだ直後に見てた夢とも性質が違う(あの頃は彼女が死んでしまう夢ばかり見てた)し、
思い当たる節も全く無い、お手上げだよ。
27:
とりあえずスペックいこうか。
1と彼女の。
30:
名も無き被検体774号+ 2011/07/05(火) 15:02:10.13 ID:gu+4Jf1nO
とりあえずスペックいこうか。
1と彼女の。
">>>27
そうだスペック、遅くなってすまん

31歳
フツメンと思いたい
182/65
スタイル「は」良いねとよく言われるw
家業手伝い
彼女
同い年
欲目もあるだろうが可愛かったw
たぶん150センチ
メンヘラ
28:
てか夢の内容が鮮明すぎるだろ
29:
作って書いてんだろなとは思うけど、面白ければいいや
30:
名も無き被検体774号+ 2011/07/05(火) 15:10:16.07 ID:74077+1/i
てか夢の内容が鮮明すぎるだろ
">>>28
まあ起きたらすぐ日記につけてるからね。
でもここまでの内容は後で書いたものだからこれでも曖昧なほうだよ。
実際はもっと長いけど、覚えてないから割愛してる。
32:
続きまだあるんだよね?
33:
名も無き被検体774号+ 2011/07/05(火) 17:18:19.55 ID:2SN6/3BZ0
続きまだあるんだよね?
">>>32
もちろんあるんだけど、どこまで夢の内容を書けばいいかわからなくて今迷ってるw
夢の内容ばっかり聞いててもつまらないだろうし・・
35:
1 2011/07/05(火) 17:19:26.91 ID:DNJx3V170
>>32
もちろんあるんだけど、どこまで夢の内容を書けばいいかわからなくて今迷ってるw
夢の内容ばっかり聞いててもつまらないだろうし・・
">>>33
書く内容は>>1に任せるよ
俺は最後まで読む
36:
名も無き被検体774号+ 2011/07/05(火) 17:24:11.97 ID:2SN6/3BZ0
>>33
書く内容は
>>1
に任せるよ
俺は最後まで読む
">>>35
ありがとう、とりあえずしばらくは日記に沿って書いてみようと思う。
31:
4日目(日にちで言うと6月2日)の俺は、相当参ってたんだと思う。
母親にも心配され、友達にも心配されながら、一日中暗い顔をしていた。
その日は一番仲の良い友達と飲みに言って、俺はこの夢について相談してみた。
変な奴だと思わないでくれよ、と前置きしてから話したにも関わらず、親友の第一声は
「おまえ頭大丈夫か?」だった・・w
まあこんな話聞かされたら、俺だってこいつ大丈夫かなと思うし、心配もする。
そして何より解決方法なんてわかるわけもないことくらいわかっていたが、誰かに打ち明けたかった。
親友は「疲れてるんじゃないか」とか「ストレスじゃないか」とか「たまってるんじゃないかw」とか色んな案を出してくれたが、どれもしっくりこなかった。
でもとりあえず何でもいいからやってみなくちゃ解決しないだろということで、友人は合コンをセッティングすると言ってくれ、その日はそれで解散した。
正直合コンは気乗りしなかったが、好意を無下にも出来ないし、この際なんでもやってみようと思った。
34:
その日は酒で覚醒してなかなか眠れなかった。
酒を飲むと倒れるように寝られる人が羨ましい。俺は仕方なくずっと起きていた。
その日は結局朝まで眠れず、そのまま仕事に行った。
最近夢ばかり見て寝不足な上に、酒飲んで徹夜で仕事はキツイ・・
俺は昼休みが来ると同時に机に突っ伏して眠った。
俺の実家は小さな会社をやっていて俺はそこで手伝いみたいなことをしてるんだけど、家と会社はすぐ隣なんだ。
でもこの日はそんな距離を移動するのも辛くて、職場で寝ることにした。
目を閉じるやいなや、真っ暗闇に後光が射したような明りに照らされた彼女が現れた。
神々しい登場に反してジーンズ姿の彼女は、「もう起きなよ」と言った。
俺は「なんでだよ、今から寝ようって時なのに・・」と思いながら、うっすら目を開けて携帯の時計を見た。
50分経っていた。
36:
昼休憩は1時間だから、もうあと10分しかないことになる。
そんな、さっき目を閉じたばかりなのに・・何度もいろんな時計を見て確認したが、時間が過ぎたのは事実らしかった。
まあ、これ自体は俺にとってはよくあることだ。
10分しか寝てないのに5時間寝たみたいに体力が回復していたり、逆に7時間寝ても、5分しか寝れていないみたいにしんどい時もある。
だから、このこと自体は問題じゃない。
問題は、彼女がナイスタイミングで俺を起こしに来てくれたことだ。
大抵こういう時の俺は寝過ごしてしまうもんなのだが、今日はぴったりと起きることが出来た。
こんなことってあるのだろうか・・
普段ならそう気にしない俺だが、ここ最近の彼女の夢のことがあるもんだから、妙に気になった。
俺はとりあえずこのことを忘れないよう、ポストイットに「50分で急に起こしに来た」とだけ書いて仕事に戻った。
38:
俺は家に帰ってから、例の親友にメールをした。
今日こんな夢を見た、これってすごくね?というような内容で。
親友は「お前なんか少し怖いわw寝不足だろ、ちょっと休め」と返事をよこした。
そうかもしれないと思ったが、眠ってもまた彼女が夢に出てきて、あまり眠れないんじゃないかとも思った。
まあそれでも疲れには勝てないし、彼女の夢を見るのが嫌なわけでもなかった俺は、早めに寝ることにした。
起きた後すんごく悲しくなることを除けば、夢の中で感じる喜びもときめきも苛立ちも、彼女がいた頃にこそ感じることができた、すごくリアルな感情たちだった。
ただ、夢の中では彼女が死んだという事実を認識できないせいで、あまり優しくしてあげられないのが辛かった。
というか、夢の中の俺は実際の俺よりも数段冷たい性格をしていて、なぜか彼女に辛くあたっていた。
今日はもっと優しくしたいな・・そう思いながら眠った。
39:
夢の中で俺は、昔就職したばかりの頃に住んでいた家にいた。
部屋はしーんとしていて、電気はついていたけど夜っぽかった。
すると廊下にあるキッチンから、彼女が顔を出した。
「あ、まじか、ちょっと待ってね」
彼女は俺を見ると驚いたような顔をして、またキッチンに引っ込んだ。
シーンとしてたはずの部屋に、急にジューっという音が響き始めた。
俺はなぜか彼女がすごく愛おしくなって、キッチンに行って彼女に後ろから抱きついた。
「へへ、もうちょっとで出来るよ」
彼女は野菜炒めみたいなものを作っていた。
「野菜炒めなんてめずらしいな」
実際はそんなこと無いんだが、なぜか俺はそう言った。
「でしょ」
彼女はそう言って笑った。
40:
急に場面が変わって(なのか覚えてないだけかはわからないが)、彼女と俺は部屋に座っていた。
彼女が頭を寄せて甘えてくる。
「おいしかった?」
「うん、ありがとう」
で、ここだけめっちゃ鮮明に覚えてるんだけど、口の中にオイスターソース?の後味がした。
「おいしかったよ、ありがとう」
もう一度そう言うと彼女は笑った。
この日は彼女と別れるシーンは無いまま夢が終わった。
41:
6月4日
起きてから母親と話をした。
「最近、毎日彼女の夢を見るんだけど」
「・・ああ、そうなの?」
「うん、なんでなんだろ」
「会いたいと思ってるんじゃない?」
「え、彼女が?」
「・・なんでよ。あんたが、でしょ」
彼女が?と聞いた時母親がちょっと気味悪そうに俺を見たので、この話はここで切り上げた。
42:
昼過ぎになって起きてきた父親にも話してみた。
「最近死んだ彼女が毎日夢に出てくるんだけど」
「え?ああ、あの子が?」
「うん」
「そうかーなんで?」
「俺もわかんない。なんでだと思う?」
「お前にわからんことが俺にわかるかwお前の彼女だろうがw」
「・・」
「会いたがってるんじゃないか?彼女がw」
「おかんは俺が会いたがってるんじゃないかって言ってたけど」
「ああ、まあ、そんなこともあるだろ」
父親はあんまり相手にしてない感じだったので、これもこのへんで切り上げた。
43:
俺と彼女は結婚の約束もしてて、お互いの両親にも会ってたから、うちの親も彼女のことはよく知っている。
彼女が亡くなった時は、両親ともにすごく残念がっていた。
ただ、それ以来もう誰とも結婚しないと言いだした俺に対して、母は彼女の話題を避けるようになった。
父の方は、どうせいつかは気が変わるだろうと思っているような感じだ。
その日の晩飯の時、母親が「お参り云った方がいいんじゃないの?」と言ってきたが、
なんだかその言葉の裏に「お祓いに行った方が良いんじゃないの?」みたいなニュアンスを感じて苛立った。
とりあえず次の日に彼女のお墓参りに行くことにはしたが。
因みにこの日は彼女の夢を見ていない。
見てたかもしれないが覚えてなかった
44:
6月5日
この日は午前中に彼女のお墓参りをして、彼女の実家で線香をあげてきた。
夢の話はどう捉えられるともわからないので、さすがにしなかった。
お茶を御馳走になって帰ってきた。
まあ他にも色々したが本筋とは関係ないので割愛。
ごちゃごちゃしてたらあっという間に夜になった。
そうそう、ここが自分的には結構重要なポイントなんだけど、この日の夢はこれまでとは全く違ってたんだよ。
晩飯を食べて風呂に入り、漫画を読みながらだらだらしていた俺は、急激に眠くなり早々に電気を消して眠りに就いた。
45:
名も無き被検体774号+ 2011/07/05(火) 17:59:19.59 ID:haRT5R8gO
互いが会いたいて気持ちがあるから夢に出てきたのではないかな
">>>45
そうなのかな、そうかもしれないよな
46:
俺は彼女と、彼女のお墓の前にいた。
彼女と俺は一緒に並んでお墓の方を向いたまま、ぼおっと立っていた。
「ふう・・。今日、どうだった?」
彼女が俺の方を見上げて訊ねてきた。
「まあ、普通だったよ」
俺は答えた。
俺はこの時、ああ、彼女の両親の話をしているんだな、と直感的に理解していた。
「私がいなくて、寂しがってた?」
「ああ、思い出話で結構盛り上がったよ」
「そうか、もう盛り上がれるくらいにはなったんだね・・」
彼女は少し寂しそうにした。
47:
「まあでも、もちろん寂しいと思うよ」
「>>1も、私がいなくてさみしい?」
俺の言葉に、彼女は試すような目線を寄こしながら聞いてきた。
「・・・・・」
「ねえねえ」
「・・・・寂しいよ・・」
口に出すとすごく悲しくなってきた俺は、泣きながらそう言った。
彼女は「そうかあ」と、悲しそうなような、どこか嬉しそうな声でそう言うと、
「ま、私はここにいますから!いつでも会えるよね!」
と言って、重い墓石を持ちあげてその中に入り、おどけて見せた。
俺はなぜかそれにすごいウケていて、「お前って、ほんと無茶するよなww」とか何とか言いながら、なぜか一人で帰路についた。
彼女がまたねえ、と言って手を振った。
48:
目が覚めてちょっと寝ぼけながらノートに夢の内容を書きながら、自分でもびっくりした。
これまでの夢とは違って、俺は夢の中でも、彼女が死んだということを認識していた。
そして彼女も、それを前提に話をしていたことに気がついた。
俺はいてもたってもいられなくて、親友と夜、また飲みに行く約束を取り付けた。
親友は俺の話を聞くと、いよいよ心配した。
「なあ、俺のツレに心理学かじってるやつがいるから、話聞いてもらうか?」
と言ってくれたが、俺はそれを断った。
俺は母親のオカルト的な見方も、親友の精神病的な見方も気に食わなかった。
じゃあなんなんだと言われたらわからないけど、俺の立場になってみなきゃわかんねえよという、自分勝手な気持になっていた。
そのくせ話は聞いてもらいたいっていうんだから始末に負えないが。
それでも親友は引き下がらず、
「お前は気分悪いかもしれないけど、一応、話だけでもしてみろよ」
といわれ、その心理学をかじってるという友達に後日会わせてもらうことになった。
51:
この日も夢を見た。
この日もまた、俺は昔住んでいた自分の部屋にいた。
今度は夕方のようで、そのマンションの近くに咲いていた金木犀の香りがした。
「おお、もうこんな季節だ」
俺がそう言うと、ベランダから彼女が顔を出した。
「もう結構前から咲いてるよ?」
「まじか、全然気付かなかった。」
「この頃の>>1は、いつも疲れてたもんね」
「ああ・・」
就職したての頃の俺は、なれないハードな仕事にいつも疲れていた。
彼女とはよく喧嘩もした。
52:
「最近は、結構元気?」
「元気だよ」
「良かった」
彼女はベランダにまた引っ込んだ。
「おい、もう帰るのかよ」
俺が慌ててベランダに出ると、彼女はもうそこにはいなかった。
そこからまあ別の夢が続いてから、俺は目が覚めた。
結構こうやって書いてみると、なんかうそくさいなww
周りの反応にも今更納得出来てきたwでも一応本当の話です。
因みに、俺は昔から夢の内容はわりとよく覚えてる方だったから、特別彼女との夢だから鮮明ってわけではない。
53:
6月7日の夢
俺は彼女のことを部屋で一人思い出していた。場所は覚えてない。
彼女は死に際、何を思っただろう、苦しかっただろうか、辛かったんだろうか。
どうしたらまた彼女に会えるんだろう、どうすれば彼女といた頃のような自分に戻れるんだろう。
彼女にもらった腕時計を見つめながらそんなことを思っていた。
すると彼女が隣に来て、「なに考えてるの?」と言った。
「お前のことだよ」と俺が言うと、彼女は嬉しそうな顔をした。
「えーどんなー?」
「いや、いろいろ」
「教えてよー」
「・・いや、なんでお前、死んじゃったんだろって・・」
「・・・。」
54:
沈黙があってから、彼女が「もういくね」と言った。
「え、もう?寂しいよ、もうちょっと居ろよ」俺は必死になった。
彼女は俺の頭を抱いて、「珍しいね、わがまま言うなんて」と言った。
彼女の胸の感触が怖いくらいリアルだったのを覚えてる。
起きてから何回も顔触って確認したくらいww
彼女は「もう行くよ」と言った。
「ごめん、見送れなくて」と俺は答えた。
「いいよwじゃあね」
「じゃあねはいやだ、またねにしてよ」
「wwどうしたの?じゃ、またね?」
「絶対また会いに来いよ!」
俺はなぜか泣いていた。
起きたら現実にも、枕がぐっしょり濡れていた。
55:
ふう、ちょっと休憩します
49:
>>1は夢の中でもある程度
自分の言動を操作できてるの??
それか、第三者の視点でその光景を見てるだけ?
50:
名も無き被検体774号+ 2011/07/05(火) 18:11:52.34 ID:MGWmJtSw0
>>1
は夢の中でもある程度
自分の言動を操作できてるの??
それか、第三者の視点でその光景を見てるだけ?
">>>49
操作?っていうのか、夢の中での俺は、ちゃんと自分の意思で行動してるよ。
それが現実世界の俺の意識とは違うけど、第3者の視点っていうような、俯瞰で見てる感じではない。
ただ明晰夢みたいに、「あ、これ夢だ」ってわかって行動するようなことも無いな。
56:
1 2011/07/05(火) 18:17:59.45 ID:DNJx3V170
>>49
操作?っていうのか、夢の中での俺は、ちゃんと自分の意思で行動してるよ。
それが現実世界の俺の意識とは違うけど、第3者の視点っていうような、俯瞰で見てる感じではない。
ただ明晰夢みたいに、「あ、これ夢だ」ってわかって行動するようなことも無いな。
">>>50
うーんなるほど・・。
夢の中で自分の意思で動けるだけでもすごいことだと思うわww
早く戻ってきてくれww
結構俺は続きを楽しみにしてるんだww
60:
ただいま〜
といってもまたちょっとしたら晩飯食べてくるけどw
名も無き被検体774号+ 2011/07/05(火) 18:37:11.55 ID:MGWmJtSw0
>>50
うーんなるほど・・。
夢の中で自分の意思で動けるだけでもすごいことだと思うわww
早く戻ってきてくれww
結構俺は続きを楽しみにしてるんだww
">>>56
そうなのか?みんなは夢の中で自分の意思で動けないの?
そっちの方が興味あるんだがw
楽しみにしてくれて嬉しいよ、人の夢の話ってわけわからなくなるから俺は聞くの嫌いなんだがw
きいてもらえるのはすごい嬉しい、ありがとう!
58:
ちなみに死者が夢に出た時はその人を懐かしむ心だったりがあるそうで、その人が夢の中で楽しんだりしていたら望みが叶うなど良い兆し。
悪いイメージだと運気下降ぎみだったりらしいぞ
59:
名も無き被検体774号+ 2011/07/05(火) 18:55:42.51 ID:8SDIEgR1O
ちなみに死者が夢に出た時はその人を懐かしむ心だったりがあるそうで、その人が夢の中で楽しんだりしていたら望みが叶うなど良い兆し。
悪いイメージだと運気下降ぎみだったりらしいぞ
">>>58
しかしこんなに毎日出る事ある?
深層心理とはかけ離れてる気がするんだけどね
60:
名も無き被検体774号+ 2011/07/05(火) 18:55:42.51 ID:8SDIEgR1O
ちなみに死者が夢に出た時はその人を懐かしむ心だったりがあるそうで、その人が夢の中で楽しんだりしていたら望みが叶うなど良い兆し。
悪いイメージだと運気下降ぎみだったりらしいぞ
">>>58
おお、そうなのか・・それも夢占いで?
楽しんでたり悲しんでたり激しい奴だからなあ・・でも懐かしむ気持ちはあるんだろうね、きっと
61:
6月8日の夢
俺は大学生になっていた。
でも意識も大学生になってたわけじゃなくて、
「ああ、こんな風に髪をセットするのも久しぶりだなあ、大学生の頃はよくやってたのに」
とか思いながら髪にワックスを付けていた。
鼻歌を歌っていると彼女がトイレから出てきて、俺の鼻歌に勝手な節をつけてセッションしてきた。
「なんだよそれww」
「セットまだですかの歌」
「もう出来たよ、お前は準備できたの?」
「うん、こないだこのパジャマ買ったの」
「・・え?まさかそれで行くつもり?」
「そうだけど?」
「そうなんだ・・」
「ww嘘だよ!!着替えてくるから、ちょっと待っててね」
そう言うと彼女は部屋の方に走って言った。
あ、因みにこの時は大学時代彼女が住んでた部屋だった。
彼女は部屋に行ったきり、こっちに戻ってこなかった。
部屋に見に行っても、もう彼女はいなかった。
俺は膝をついてうなだれ、そこで目が覚めた。
62:
耳なし芳一の現代版じゃなかろうな…
64:
名も無き被検体774号+ 2011/07/05(火) 19:17:44.69 ID:unC8VGllO
耳なし芳一の現代版じゃなかろうな…
">>>62
耳無し芳一ってどんな話だっけwお経の下りしかしらないんだけどw
63:
6月9日の夢
俺は何かパーティーのような?人が沢山いるところにいた。
大きな体育館みたいな場所だった。
周りには沢山人がいて賑やかなのに、俺はぼっちだったww
「うわ、人ゴミ無理だあ・・」
そう言って彼女が後ろから声をかけてきた。
彼女はドレスみたいなものを着ていて、俺もスーツだった。
「トイレめちゃくちゃ混んでた」
「まじか」
「うん」
「あのさ、これって何のパーティだっけ?」
「オペラだよ、一度でいいから>>1とオペラとか見にきたかったの」
「あ、そうなんだ」
「そうだよ」
映画館みたいな、開園のブザーみたいな音がして、暗転した。
68:
「オペラって、立って見るんだね」
「そうだよ?座ってオペラしてる人見たこと無いじゃん」
「いや、見る側の話だよ」
「??いみわかんない」
「なんでだよw」
しばらくしても、オペラは始まらなかった。
というか、余りに真っ暗なもんだから何だか俺は不安になってきた。
「なあ・・これおかしくない?」
「・・」
「おい、きいてる?」
「・・」
俺は彼女に声をかけたが、返事が無い。
俺は手をふらふらさせて彼女の位置を探ろうとしたが、どこにも彼女を触れなかった。
それどころか、周りに誰もいないような感じで、一切の気配が無かった。
俺は彼女の名前をさけんだ。声が反響して、空っぽの体育館にこだました。
「なんでだよ・・」と呟きながら俺は泣いて、体育館を後にした。
でそのあとどっか行ったりする夢だった。
66:
彼女は何で亡くなった?
70:
名も無き被検体774号+ 2011/07/05(火) 19:29:08.79 ID:gu+4Jf1nO
彼女は何で亡くなった?
">>>66
彼女は事故死です。
67:
私は人じゃないけど、小学校の頃から一緒だった猫の夢なら何度か見てるな…。
1の話読んでたら思い出して涙が止まらん。
これだけだとスレ汚しなので…
夢枕に立つっていう話もあるから、彼女さんが1に何か伝えようとしてるとかあるのかな?
70:
名も無き被検体774号+ 2011/07/05(火) 19:30:42.03 ID:yx8HVwB8O
私は人じゃないけど、小学校の頃から一緒だった猫の夢なら何度か見てるな…。
1の話読んでたら思い出して涙が止まらん。
これだけだとスレ汚しなので…
夢枕に立つっていう話もあるから、彼女さんが1に何か伝えようとしてるとかあるのかな?
">>>67
そうか、俺も買ってた猫を亡くしたことがあるよ。
動物にせよ人間にせよ、夢に出てくるとやっぱり悲しいし会いたいし、
泣けてくるな。
彼女は何を言いたいんだろうか・・
夢の中でそれを言ってくれたら手っ取り早いんだけど、そこまでうまくは出来てないんだなあ・・w
69:
彼女さん何か訴えたいことでもあんのかな
70:
名も無き被検体774号+ 2011/07/05(火) 19:34:44.17 ID:8SDIEgR1O
彼女さん何か訴えたいことでもあんのかな
">>>69
そうなんだろうか、でも墓参りもちゃんと行ってるし、彼女のこと思い出さない日はないんだけどなあ。
71:
俺誤字脱字パネェwww
すんません、見逃してくだしあ
あ、そうだ、飯の前に心理学かじってるとかいう奴に会った時の話でもしておく。
俺はこいつとはもう金輪際会いたくないってくらいいやな奴だった。
「ドラマの見すぎじゃないの?」とか、「妄想でしょ」とか、心理学的見地からではなくて
全く個人的な感想(しかも明らかな馬鹿にしてる)ばかり発言してきて、俺はかなり苛々した。
そいつが居ないところで親友は「ちょっと無神経なとこあるけど、悪い奴じゃないんだよ」と言ったが・・
「悪い奴だろ・・」とつい漏らしてしまった。
最終的にそいつは
「夢っていうのは記憶の整理みたいな面があるから、結局昔行った海だとか、昔通った道だとかが出てくるのはごく自然なこと。
そこに彼女との思い出が強いならなおさら。
あとは強がってるだけで実際>>1は彼女に会いたいと思ってるから、最近は彼女が夢に出てくるだけ。
実際その前後に他の夢も見てるわけだし、毎日彼女が出てくるくらい何の問題でもない。
それを彼女が会いたがってるだとか考える方がよっぽどおかしい」
と言い捨てて帰って言った。
あ、あと「ま、君がまだ見たことの無い景色を彼女と一緒に見ることは出来ないよ。それが『所詮は夢』ってことをよく表してるだろ。夢なんか気にすんなよ」とかも言ってたか。
俺は親友に「なんなんだよあいつ」と愚痴ったが、「多分最後のは、あいつなりの励ましだけど、まあ良い方よくなかったな、すまん」と言われた。
72:
そうだ、記憶をこれだけ整理してるってことは、そろそろ彼女のこと吹っ切れる時期なんじゃないかとも言われたな。
でも俺はそんなことはないと思うんだ。
俺は彼女を世界一愛してたし、自分の全てを預けてたくらい大好きなんだよ。
死んだくらいでそれが終わることは無いし、ていうか何?その人の姿が無きゃそいつを愛しちゃいけないの?
くらいに思ってるんだよ。
だから、彼女との思い出からの脱却みたいなことは全く考えてないし、ありえないと思ってる。
・・思いたい。
彼女が何か言いたいことあるならそれを探ってやりたいと思ってる。
というわけで飯食ってきます。
74:
まぁ俺はめっちゃ信じるけどな!
これは彼女さんが生前したかった事を夢のなかで1としてるんじゃないか
って思ったんだがそれはないか…
それだったら心理学の人が言ったように思い入れの強い場所とか以外が出てきてもおかしくないもんな
だがすごく気になるよな夢の内容ってさ
何か伝えたい事とかあるかもだよねほんとに
長文失礼した。
75:
名も無き被検体774号+ 2011/07/05(火) 20:26:07.63 ID:sxRNSt6Z0
まぁ俺はめっちゃ信じるけどな!
これは彼女さんが生前したかった事を夢のなかで1としてるんじゃないか
って思ったんだがそれはないか…
それだったら心理学の人が言ったように思い入れの強い場所とか以外が出てきてもおかしくないもんな
だがすごく気になるよな夢の内容ってさ
何か伝えたい事とかあるかもだよねほんとに
長文失礼した。
">>>74
ありがとう信じてくれてw
彼女が生前したかったことをしてくれてるなら俺はすごく嬉しいんだけどな。
まあ妙に気になる夢見る日ってあるじゃん?それが毎日続いてる感じだわ。
76:
6月10日は寝てない。
6月11日の夢
この日の夢が今まで見た中で一番驚いた夢だった。
俺は朝起きて、髪をセットして朝飯を食った。この時の俺は大学生だった。
今日は講義も余裕で間に合うな、と思いながらテレビを見ていた。
するといつの間にか居た彼女がベッドの中から声をかけてきた。
「眩しい・・電気消して」
「あ、おう」
「早起きだね」
「うん、お前も学校行けよ」
「うん〜・・wwこっち来てー」
「はいはい」
「一緒にちょっとだけごろごろしよ〜」
「はいはいw」
そのままいつの間にか俺は眠ってしまっていた。
79:
「ちょっと!!起きて!!会社間に合わない!!」
次に俺が起きたのは、そう叫ぶ彼女の声がしてからだった。
「やばい!!」
飛び起きて時計を見ると、もう家を出る10分前だった。
やばいやばいと言いながら準備をしつつ、彼女にさっきまで見ていた夢の話をした。
「さっき、俺たちが大学生だった頃の夢みてた」
「えっ、私もだよ!」
「マジで?あ、急ぐからまた帰ったら内容教えて!じゃあ行ってくるわ!」
「はーい、いってらっしゃーい」
俺は家のドアを開けて外に出てから、携帯の時計を見た。
そしたらなぜか時間が30分くらい戻っていて、
「あれ?なんだ、家の時計ずれてたのか?」とか思いながら、もうちょっと家でだらだらしていこうとドアの方を振り返った。
そしたらそこにはもう何もなくて、何か断崖絶壁みたいになっていた。
そこで目が覚めた。
因みに俺はその日、現実にも寝坊した。
83:
本当にこの夢は何を意味してるんだろね・・。
そのうち、夢と現実の区別ができなくなっていつのまにか向こうの世界に・・・!!
・・・それはないかww
86:
名も無き被検体774号+ 2011/07/05(火) 20:49:50.05 ID:MGWmJtSw0
本当にこの夢は何を意味してるんだろね・・。
そのうち、夢と現実の区別ができなくなっていつのまにか向こうの世界に・・・!!
・・・それはないかww
">>>83
こわいこと言うなよww
でもちょーっとだけ、そんな節もあるw
なんか区別つかない時がたびたびあるよ
85:
夢見始めてから体調が悪いとか、体重が減るとかそういう悪影響はないの?
87:
名も無き被検体774号+ 2011/07/05(火) 20:50:59.29 ID:unC8VGllO
夢見始めてから体調が悪いとか、体重が減るとかそういう悪影響はないの?
">>>85
殆ど無いよ。
悲しい夢を見た時はご飯も喉を通らない時はある。
あと暗い夢が続いたりすると寝るのが怖い時も。
でもおおむね健康なんだ。
91:
1 2011/07/05(火) 20:59:23.35 ID:DNJx3V170
>>85
殆ど無いよ。
悲しい夢を見た時はご飯も喉を通らない時はある。
あと暗い夢が続いたりすると寝るのが怖い時も。
でもおおむね健康なんだ。
">>>87
体調悪くないなら良かった
主さんにとって悪いことじゃないなら、毎日夢を見てもいいと思う
どうしなきゃいけないってことはないんじゃないかな
94:
名も無き被検体774号+ 2011/07/05(火) 21:16:26.72 ID:unC8VGllO
>>87
体調悪くないなら良かった
主さんにとって悪いことじゃないなら、毎日夢を見てもいいと思う
どうしなきゃいけないってことはないんじゃないかな
">>>91
ありがとう、そうなのかもな。
ずっと夢を見てたっていいのかもしれない。
ただ毎日すごく気になってしまうから、どうにかした方がいいのかと思って。
夢を見てて彼女との楽しい話があると、彼女が生きてるみたいに感じて誰かに話したくなったりするんだ。
84:
6月13日の夢
俺は彼女のバイト先に居た。
彼女は居酒屋でバイトしてて、俺が頼んだビールを運んできてくれた。
でもなぜかこの時、俺と彼女は面識が無い設定で、特に会話とかは無かった。
なんか可愛らしい子だなくらいに思ってたんだけど、なぜか俺の席のオーダーは全部彼女が持ってきてくれた。
よくよく見てみると、彼女以外の店員は居なかった。
そしてもっとよく見てみると、俺以外の客もいなかった。
それに気付いた途端、彼女のことが好きでたまらなくなった。
俺は決心した。次のお茶漬けが来たら、彼女にプロポーズしよう。
「こちらお茶漬けです」
彼女が来た。その手を掴んで「結婚して下さい」と言った。
彼女はびっくりした顔をしていた。
86:
「な、なんで・・え?え?」
「あの、ずっと好きでした・・」
「え・・」
「ずっとずっと前から、好きでした・・」
彼女は驚いた様子で、でも俺の手を振りほどく様子は無かった。
俺はこれはいける・・!と思って、さらに押した。
「結婚してください!!!」
「・・・・やだ」
「え・・っ」
今思えば何が「えっ」だって感じだがw、俺は心底ショックを受けた。
固まる俺を、彼女がじっと見つめてくる。
87:
次の瞬間、「嘘、私も好きだよ>>1〜!!」
固まった俺に、彼女が抱きついてきた。
俺はその瞬間、彼女を思い出した。
彼女も俺を、ちゃんと俺として見てくれていた。
「ありがとね」
そう言うと彼女は、バイト上がってくる、と言って裏へ歩いて行った。
俺はぼーっとしたまま、彼女の後姿を見つめていた。
88:
俺は一人で髪を切りに来ていた。
俺は喋りたくないのに、いかにもなチャラい美容師が話しかけてくる。
「お客さん彼女さんとかいるんすかあ?www」
「いや、今はいないっすね・・」
「え、なんでっすか?なんでなんすかああ?ww」
「ああ、ちょっと前に事故で・・」
「・・あ、そうなんすか・・サーセン」
「はい・・すんません・・」
しばらくの沈黙
「あ、じゃあちょっと髪流すんで移動してもらっていいすか」
「え?あ、はい」
移動しようと席を立ったその時、髪を洗う洗面コーナーの方に、髪をタオルで巻いた彼女が歩いて行くのが見えた。
彼女は悲しそうな目でこちらをちらっと見ただけでそっちへ歩いていった。
俺は慌てて、早足になりながらそっちへ向かった。
でも角を曲がると、彼女は居なかった。
89:
「ここにどうぞ」
チャラい美容師が声をかけてくる。
「あ、あの、ここに、今日○○って女の子来てませんか?」
俺は我慢できずに美容師に聞いた。
「え?いや・・個人情報なんでえw」
「お願いします、教えてください」
「あーじゃあちょっと確認してきますね・・」
「お願いします」
しばらくすると美容師が戻ってきた。
「えっと、そんな人はいないっすねーw」
「で、でもさっき」
「いないっすよ、そんな人どこにもww」
「・・」
「うちの美容室すんげえでかいデータベースがあってえ、地球上の生物は全部調べられるんですよw」
いなかったですよ、彼女さんwww」
あんまり彼女出てこなかったけどこの日はこんな夢だった。
悪夢だった、起きたらむかむかした。
92:
1 2011/07/05(火) 21:12:06.76 ID:DNJx3V170
「ここにどうぞ」
チャラい美容師が声をかけてくる。
「あ、あの、ここに、今日○○って女の子来てませんか?」
俺は我慢できずに美容師に聞いた。
「え?いや・・個人情報なんでえw」
「お願いします、教えてください」
「あーじゃあちょっと確認してきますね・・」
「お願いします」
しばらくすると美容師が戻ってきた。
「えっと、そんな人はいないっすねーw」
「で、でもさっき」
「いないっすよ、そんな人どこにもww」
「・・」
「うちの美容室すんげえでかいデータベースがあってえ、地球上の生物は全部調べられるんですよw」
いなかったですよ、彼女さんwww」
あんまり彼女出てこなかったけどこの日はこんな夢だった。
悪夢だった、起きたらむかむかした。
">>>89
>うちの美容室すんげえでかいデータベースがあってえ、
>地球上の生物は全部調べられるんですよw
スルーできるセリフじゃないだろwww
94:
名も無き被検体774号+ 2011/07/05(火) 21:16:29.52 ID:MGWmJtSw0
>>89
>うちの美容室すんげえでかいデータベースがあってえ、
>地球上の生物は全部調べられるんですよw
スルーできるセリフじゃないだろwww
">>>92
確かにそうだww
でも言われた時は「そうだったのか・・」みたいな感じでめちゃくちゃ怖かったよw
95:
6月14日の夢
彼女は巨大な自動販売機の前でじっとジュースを睨んでいた。
「どした、ボタン届かないの?」
俺が声をかけると、
「うん・・」と言って彼女はすごく悲しそうな顔をした。
「俺が押してあげようか?」と言うと、「いらない」と彼女。
「なんでだよ?」
「もういらないから」
「なんでだよ、押してやるって」
「もういらないんだってば、もう、もう飲めないの!!」
ここではっとして起きた。
この頃は彼女の出番は少ないのにすごく悲しい夢が多かったんだな・・
97:
6月15日の夢
俺は、どこかの高層ビルのようなホテルに居た。
「夜景が!やばい!!」
彼女が突然カーテンの向こうから飛び出してきた。
「すげえ、こええww」
高所恐怖症の俺はビビりながらもはしゃぐ彼女に笑っていた。
「ね、ここ晩御飯バイキングだって!じゅるり・・」
「じゅるりってwwでも確かに、楽しみだな」
「うん!!早く食べたいなあ」
「じゃあもう行こうよ」
「今日はだめ」
「は?じゃあ今日どうすんの?」
「は?ww今日はもう朝だよ〜?起きなきゃ!」
「え、え?」
「明日食べようよ!!ね!!」
「うん・・」
俺が答えると、彼女は俺の首元にネクタイを締めた。
いつの間にか俺もスーツ姿だった。
「じゃあ、いってらっしゃい」
そう言って彼女は俺を部屋から追い出した。
部屋の外はなぜか直接外に繋がってて、あまりの眩しさに目が覚めた。
96:
彼女さんと1の生きてた時の話も聞きたいな、あと、1が苦痛じゃなければ彼女さんが亡くなった話とか・・申し訳ないけど、彼女さんと1に興味がわいた
99:
名も無き被検体774号+ 2011/07/05(火) 21:30:33.99 ID:R6wkTmnZO
彼女さんと1の生きてた時の話も聞きたいな、あと、1が苦痛じゃなければ彼女さんが亡くなった話とか・・申し訳ないけど、彼女さんと1に興味がわいた
">>>96
俺もそれ気になってた
>>1が辛いかなって思って言えなかった
100:
名も無き被検体774号+ 2011/07/05(火) 21:30:33.99 ID:R6wkTmnZO
彼女さんと1の生きてた時の話も聞きたいな、あと、1が苦痛じゃなければ彼女さんが亡くなった話とか・・申し訳ないけど、彼女さんと1に興味がわいた
">>>96
興味もってくれてありがとう。
俺は全然話すよ、こんな機会だしもう一度彼女をじっくり思い出すのも悪くないw
何が聞きたいか言ってくれたら話すよ。
名も無き被検体774号+ 2011/07/05(火) 21:39:09.12 ID:Xe0doMTG0
>>96
俺もそれ気になってた
>>1
が辛いかなって思って言えなかった
">>>99
全然いいよ、じゃあとりあえず亡くなった時の話は次の夢書いたら書こうかな。
どんな感じで書けばいいのかわかんないけどw
101:
1 2011/07/05(火) 21:48:06.57 ID:DNJx3V170
>>96
興味もってくれてありがとう。
俺は全然話すよ、こんな機会だしもう一度彼女をじっくり思い出すのも悪くないw
何が聞きたいか言ってくれたら話すよ。
>>99
全然いいよ、じゃあとりあえず亡くなった時の話は次の夢書いたら書こうかな。
どんな感じで書けばいいのかわかんないけどw
">>>100
どんな感じでも俺は全然いいよ。
まぁ、無理はしないでくれ。
ゆっくり思い出しながら書いてくれればいい。
どれだけ過疎っても俺は>>1の話についていくぜww
104:
名も無き被検体774号+ 2011/07/05(火) 21:56:03.91 ID:MGWmJtSw0
>>100
どんな感じでも俺は全然いいよ。
まぁ、無理はしないでくれ。
ゆっくり思い出しながら書いてくれればいい。
どれだけ過疎っても俺は
>>1
の話についていくぜww
">>>101
ありがとう、本当に嬉しい。
ええっと、そうだな、何から話そう。
彼女の死について、周りもあんまり触れてこなかったし、俺も話す機会って無かったんだ。
俺はそのことを思い出したくない気持ちもあったけど、思い出さないはずは無くて、毎日そのことばかり考えてた。
誰かに話したくもなったけど、なんか親しい奴らには気恥ずかしくて。
それに周りは聞きたさ半分聞きたく無さ半分みたいな、変な線引きしてる気がしてさw
じゃあまあ書くよ、多分かなりゆっくりだけど。
何かのついでくらいで聞き流してくれ
102:
6月16日の夢
この日俺は、小学校の頃の友達と遊んでいた。
ずっとその内容だったのに、ふと、あ、昨日彼女と約束したんだった、と思った。
「ごめん、俺今からバイキング行かなきゃ」
「ああ、前言ってたやつ?」
「そうそう、だから、またな!」
そう言って友達と別れた。
なんかよくわからないが、次に覚えてるのは彼女と昨日のホテルに居る場面だった。
「覚えてたんだw」バイキングに並び皿を持ちながら、彼女は笑った。
「当たり前だろ、お前との約束忘れたこととか無いしw」というと、彼女は悲しそうにそうだねとほほ笑んだ。
普通の内容なのに、俺はなんかおかしいと思った。
昨日確かにバイキングに行く約束したけど、なんで今日ここにいるんだ?と思った。
全然おかしくないことのはずなのに妙に引っかかった。
そして思った。「あれ?昨日バイキングに行く約束したのって、夢の話じゃね?」
そこで目が覚めた。2日連続で繋がったような夢を見たのはこの時が初めてだった。
103:
このスレ読んでると切なくなってくるな。
恋人が死んだり、夢見て起きたときに悲しくなったり、想像するだけで辛い。
恋人を大切にします。
106:
名も無き被検体774号+ 2011/07/05(火) 21:56:21.04 ID:yB4eVoKjO
このスレ読んでると切なくなってくるな。
恋人が死んだり、夢見て起きたときに悲しくなったり、想像するだけで辛い。
恋人を大切にします。
">>>103
うん、本当に本当に、大事にして下さい。
いまある1秒1秒が、失ってからは何億出してでも買いたい、その人とのかけがえの無い時間だよ。
105:
無理はすんな
ゆっくりでいいからな
酒を片手に作業しつつ聞いとくわ
まぁみんなも飲んでけよ っ[おさけ]
106:
名も無き被検体774号+ 2011/07/05(火) 22:05:33.48 ID:sxRNSt6Z0
無理はすんな
ゆっくりでいいからな
酒を片手に作業しつつ聞いとくわ
まぁみんなも飲んでけよ っ[おさけ]
">>>105
ありがとな、俺も酒貰ってくわw
ちょっといきなり死ぬとこからは書きづらいから、軽ーく出会いとかから書いてみるわ。
俺と彼女の出会いは、中学校の入学式だった。
彼女と俺は同じクラスで、俺はこの時に彼女に一目ぼれしたんだな、今思うと。
でも俺は積極的なタイプじゃなくて、彼女に話しかけたりも出来なかった。
彼女はよくモテてたな、そういえば。
俺は彼女に時々ちょっかいかけたりしてたけど、彼女はそんなのにも笑って応じてくれるような明るい子だった。
俺はずっと彼女のことが好きだったけど、でもなぜか叶うわけもない恋だと思ってた。
だから彼女のことは半分、いやそれ以上諦めてた。
俺は別にモテるタイプじゃないけど、他の子と付き合ったりもした。
でも廊下で彼女を見かけるたびに、やっぱりなんか気になってた。
107:
中学校1年生、2年生と同じクラスだったのに、うじうじしてたらあっという間に終わってたww
何という失態wこの時間が今は、本当にもったいない。
もっと早く俺が勇気を出してたら、もっと彼女と居られたかのしれないのにってよく考える。
でも生前の彼女にこんな話をした時、彼女は
「でも、もっと早く告白して私が断ってたら、気まずくなってたかもしれないし、
そしたら今のこんな時間も無かったかもしれないから、そんなことはいいじゃん」と言ってくれた。
「そうだな」ってその時は言ったし思えたけど、やっぱり彼女が居なくなってからは、もっともっと、
彼女と居たかったって思うようになってしまった。
何なら俺は、彼女とは幼馴染とか、同じ病院で生まれたとかのエピソードが欲しいくらい、それくらい彼女と一緒に居たかった。
まあこんな感じでうじうじした俺なんだが、中学校3年生になっても、やっぱりうじうじしていた。
108:
でも中3の夏休み明け、こんな噂を聞いた。
『彼女が自殺未遂した』
俺はそれを聞いた時、心臓が止まりそうだった。
当時彼女も居たんだけど、そんなことどうでもよすぎてどうでもよかった。
とにかく彼女が心配で心配で仕方なかった。
中3はさすがに別々のクラスで、その噂を聞いた俺はすぐ、彼女のクラスに行った。
彼女は居なかった・・。
いつも友達の輪の中で笑ってた彼女がその日は居なくて、俺はそのクラスに居た奴に聞いた。
「なあ、○○って自殺未遂したってほんと?」
「ああ、そうだよ、なんか飛び降りたらしい」
「・・!!そ、それで、生きてるんだろ?」
「うんwだって、飛び降りっても家の二階かららしいもんwわけわからんよなw」
「あ、ああ・・」
その後もよくよく聞いてみると、家の2階から飛び降りたって話だったけど、その噂は定かではないらしかった。
まず自殺する奴が2階から飛び降りるってのもおかしな話だし、誤って?落ちたんじゃないかって話だった。
それに彼女のキャラクター的にも、自殺なんてするタイプじゃないだろう、と・・。
109:
でも俺はそれでも、彼女が心配でたまらなかった。
彼女に会いたくて仕方なくて、こんな時、連絡先も知らないような関係は嫌だって思った。
俺はもう一生、彼女しかいらないから、彼女が無事であれって祈った。
そんで、ちゃんと無事だったら告白しようって、そう思った。
彼女はすんごい無事だった。手と足を骨折したらしくてしばらく痛々しい感じだったが、友達も多い彼女は私生活にも沢山のサポートがある感じだった。
彼女の包帯が取れたら告白しよう・・そう思った。
112:
彼女の包帯が取れて、俺は彼女を放課後呼び出した。
運動場が騒がしかったけど、俺はその近くにあって人気の少ない駐輪場に彼女を呼んだ。
彼女はあまり話したこともない俺に呼ばれて、きょとんとしていた。
「ああー・・えっと、けが、大丈夫?」
話の糸口を探して、そんなことを言った。
「えっ、うん、大丈夫!ありがとう!もー、間違ってベランダから落ちちゃってさーww」
彼女は明るい笑顔でそう言った。
「そうか、えっと、あのー」
「うん」
「今、彼氏とかっているの?」
「えっ!?wいないよ、なんで?」
「あのーもう、あのさあ、わかるやろ?w」
「え?え、あああ、そ、そういうこと?」
こんな時までウジウジへたれてる俺は、彼女に察しろの合図を送った。
彼女はそれを汲んでくれて、あははと可笑しそうに笑った。
113:
「わかるよな?w」
俺は笑ってる彼女に、もう一回そう言った。
「わかるよーwわかるけど、ちゃんと言ってよwそんなことw」
彼女はいたずらに笑って見せた。
なんか、あ、いけるのかな?って思った俺は覚悟を決めた。
「好きだから・・付き合って・・下、さい」
「いやw」
「えっ!?」
俺が顔をあげると、彼女はにやにや笑っていた。
「嘘、いいよ!!」
そういった彼女は、してやったり、みたいな顔をしていた。
俺は無意識かなんかわからないけど、よっしゃあああ、と口に出していた。
彼女はちょっと驚きながら、ははは、ありがとね、と言ってくれたのを覚えてる。
ちょっとうるうるくるわ、懐かしいwおっさんは涙腺弱くてだめだなw
115:
夢と同じセリフ・・・
泣けてきた
120:
名も無き被検体774号+ 2011/07/05(火) 22:50:59.18 ID:Xe0doMTG0
夢と同じセリフ・・・
泣けてきた
">>>115
そうだな、やっぱり思い出をもう一度見てるに過ぎないのかもな・・
116:
そうして晴れて彼女と付き合えることになった俺。
この時初めて連絡先交換して、順番おかしいよね、と彼女に笑われた。
俺は彼女と付き合えたことが嬉しくて、彼女も俺のこと好きで居てくれたんだなって勝手に思って舞い上がってた。
でもそんな期待は、もろくも崩れ去った。
彼女は俺のこと、好きでも何でもなかったんだと、すぐに気付いた。
まず彼女からは絶対連絡が来ない。
遊びに誘っても断られる。
好きって言ってもありがとう、しか返ってこない。
たまりかねた俺は、「多分お前、俺のこと好きじゃないんだよな」とメールした。
メールってとこがどこまでもチキンである。
そしたら彼女の野郎、「ごめんね」って返事してきやがったwww
俺は「いいよ」って返した。
何も良くないけど、好かれてなくても、付き合っていたかった。
彼女は「別れよう」って返事を俺に寄こしてきた。
「別れない」って送った。返事は無かった。
119:
俺は彼女に毎日メールした。返事がある時もあれば無い時もあった。
何度も彼女を、なんでお前はそうなんだよって責めたりした。
彼女は暗い顔をして、ごめんとしか言わなかった。
俺はもう、だめなんだろうなって思った。
もう高校受験が近かった。
彼女と俺の志望校は別々で、このままいけば絶対離れ離れしか選択肢は無かった。
俺はこっそり彼女と同じ高校を志望した。
お前の成績じゃ無理だろうがwwばかかwwと担任に爆笑された。
でもなんか知らないけど受かった。
いや、ごめん、ほんとは一問だけ、どうしてもどうしてもどうしても受かりたくて、隣の奴カンニングした。
ほんとあんときの奴ごめん。
でもどうしても受かりたかった。彼女は合格確実だったし、俺も一緒に居たかったんだ。
でも入学したらそいつはいなかったし、もっといい高校行ったって信じてるぜ!
ごめん、ありがとな!!!・・ほんとごめんよ
121:
話の途中ですまんが>>1と彼女に名前を付けてくれたらありがたい。無理にとは言わんが
123:
名も無き被検体774号+ 2011/07/05(火) 23:02:39.08 ID:qChBarrX0
話の途中ですまんが
>>1
と彼女に名前を付けてくれたらありがたい。無理にとは言わんが
">>>121
そうだよな、実はおれも思ってたw
じゃあ俺は岡本真也で。
彼女は佐々木あゆみにでもしとくわw
意味はないけど本名の響きとの兼ね合いで決めた。
122:
結局なんやかんやで同じ高校に滑り込めた俺だったけど、彼女とは全然連絡を取れてなかった。
というか彼女wwメアド変えやがったwwwそんなに俺が嫌いかwwww
でも俺は、どんなに嫌がられても彼女が好きだった。
相手を思って身を引くとか、そんな高等テクニック持ってないから、押せ押せどんどんだった。
彼女にもどんどん嫌われていくのがすごくよくわかった。
ある時珍しく、彼女の方からメールが来た。
「海行きたい。つれてけ〜」
他の女にされたらキレてる自分勝手だが、俺はこの時飛び上がるくらい嬉しかった。
神様ありがとうとマジで思った。
「つれてくよ!!いつ!?」
「いつでも〜」
「じゃあ来週は!?」
「早すぎるでしょw来月でw」
この時5月中旬くらいだったと思う。
俺は夢の来月に向けて筋トレを始めた。
124:
因みにこの時俺たちは、まだ名字で呼びあってた。
海の約束を取り付けてからはメールがくるかと思ったのに、彼女は日にちを決めると前日までメールしてこなかった。
「明日、○○のとこの海ね。最寄りの駅で現地集合」
そんなそっけないメールでも嬉しすぎて保護した。
当日、彼女と駅で落ち合った。
可愛すぎて失神するかと思った。
そもそも私服の彼女を見たのも初めてだったし、ショートパンツから出た生足、うなじ・・
昨日散々抜いてきたというのに、俺の息子がアップを始めた。
125:
1 2011/07/05(火) 23:13:30.93 ID:DNJx3V170
因みにこの時俺たちは、まだ名字で呼びあってた。
海の約束を取り付けてからはメールがくるかと思ったのに、彼女は日にちを決めると前日までメールしてこなかった。
「明日、○○のとこの海ね。最寄りの駅で現地集合」
そんなそっけないメールでも嬉しすぎて保護した。
当日、彼女と駅で落ち合った。
可愛すぎて失神するかと思った。
そもそも私服の彼女を見たのも初めてだったし、ショートパンツから出た生足、うなじ・・
昨日散々抜いてきたというのに、俺の息子がアップを始めた。
">>>124
デート前日抜くやついんのかよ
知らんけど
とDTの俺が言ってみた
126:
名も無き被検体774号+ 2011/07/05(火) 23:17:45.19 ID:haRT5R8gO
>>124
デート前日抜くやついんのかよ
知らんけど
とDTの俺が言ってみた
">>>125
そりゃあ抜くさw
126:
「岡本の目線きもい」
彼女はそう言うと、さっさと駅を出た。
彼女はこの頃にはかなり手厳しくなってたが、俺は特に気にしていなかった。
俺があまりにしつこいから怒ってるのかなとか、反抗期かなとか、思春期なのかなとか、よくわからない理由で納得していた。
しばらく歩くと海に着いた。
意外と人も沢山いて、そう大きくない海水浴場なんだけど、結構にぎわっていた。
「うみーーーー!!」
彼女が突然はしゃぎ出した。
「い、いきなりテンションあがったなw」
「うん、だって私、海に来るの人生で2回目!!」と言って彼女は笑った。
久しぶりの笑顔だった。
俺がその辺でTシャツを脱ぎはじめると、彼女はそれをじっと見つめて何かに迷ったあと、着替えてくる、とどこかへ消えた。
128:
再び出てきた彼女は白いビキニだった。
ほほう、ロリ巨乳ですか、いいですねえとか思う暇もなく、「見んな!」と怒られた。
でもその後は海に入ってしまえば彼女はずっとニコニコしてて優しかった。
昼には海の家でご飯を食べた。
俺は焼きそば、彼女はカレーを食べた。
そのあと泳いで休憩してるときには、彼女はサプライズでかき氷を買ってきてくれた。
俺はその時、初めて気付いてしまった。
彼女の腕が、洗濯板みたいにぼこぼこなことに。
俺は言葉を失った。胸が詰まったみたいだった。
何の傷かって、聞かなくてもわかるくらいひどかった。
でも言えなくて、言ったら傷つけそうで、でももし常習してるのならもうやめて欲しくて、かき氷を差し出した彼女の腕をつかんで、じっと黙ってしまった。
130:
彼女は眉を下げて笑った。
「ごめんね」と言った。
俺は今までのどんなごめんねを聞いた時よりも悲しくなって、砂浜の屋根の下で彼女と座ったまま、声を殺しながら泣いてしまった。
なんかもうたまらなかった。
彼女が死んでしまうかもとか、死にたいのかもとか、なんかよくわからないけど、なんでなんでどうしてって気持ちがぐちゃぐちゃになっていた。
混乱して泣いたってのが近いかもしれない。
彼女は心底びっくりしているようだった。
「なんで泣くの?」と言って俺の背中をなでた。
そろそろ人もまばらになってきていた。
134:
日が落ちるにつれて、結構肌寒くなってきた。
彼女は着替えてくると言って席をはずした後、水を持ってきてくれた。
「あげるよ、てか着替えないの?」
彼女に聞かれたが、着替えたら帰らなくちゃいけないから、俺は着替えたくなかった。
それを言うと彼女は笑っていた。
「じゃあまだ帰らないから着替えなよ」
「うん・・」
「疑ってる?」
「うん」
「wwほんとに帰らないからw
私、日が落ちてからの海が見たくて、今日誘ったんだもんw
岡本が10時前に集合とか言い出すから合わせたけどさw」
そう言われるとなんだか恥ずかしくなってきた俺は、そそくさと着替えに行った。
戻ってくるとさらに人は減っていて、彼女は座って海を眺めていた。
135:
これで酉ついたかな?
ちょっとコーヒー買ってくる
133:
うちの兄貴みたいだな
143:
名も無き被検体774号+ 2011/07/05(火) 23:35:14.86 ID:PhPxPumK0
うちの兄貴みたいだな
">>>133
俺は兄貴いるけど弟はいないぞ、
名も無き被検体774号+ 2011/07/05(火) 23:35:14.86 ID:PhPxPumK0
うちの兄貴みたいだな
">>>133
のお兄さんも大変なんだな・・
141:
いやまじで酒なんか飲むんじゃなかった
目から変な液体出てくる
もうやだ
俺も昔彼女が亡くなったんだわ
でももう夢には出てこないな
亡くなった時は頻繁に夢に出てきてたけれども
まぁ今じゃその事を理解してくれてずっと側にいてくれた子が奥さんですがねw
とりあえずもっと1の話聞きたいわ
143:
名も無き被検体774号+ 2011/07/05(火) 23:48:29.86 ID:sxRNSt6Z0
いやまじで酒なんか飲むんじゃなかった
目から変な液体出てくる
もうやだ
俺も昔彼女が亡くなったんだわ
でももう夢には出てこないな
亡くなった時は頻繁に夢に出てきてたけれども
まぁ今じゃその事を理解してくれてずっと側にいてくれた子が奥さんですがねw
とりあえずもっと1の話聞きたいわ
">>>141
俺の方がその話聞いて泣きそうだわ
俺は夢であえるだけ幸せなのかな。
でも
名も無き被検体774号+ 2011/07/05(火) 23:48:29.86 ID:sxRNSt6Z0
いやまじで酒なんか飲むんじゃなかった
目から変な液体出てくる
もうやだ
俺も昔彼女が亡くなったんだわ
でももう夢には出てこないな
亡くなった時は頻繁に夢に出てきてたけれども
まぁ今じゃその事を理解してくれてずっと側にいてくれた子が奥さんですがねw
とりあえずもっと1の話聞きたいわ
">>>141
も今は新しい幸せ掴んだんだよな、ほんとにおめでとう。
奥さん大事にしてあげて下さい。
151:
1 ◆USprDF8a9Xfm 2011/07/05(火) 23:56:16.77 ID:DNJx3V170
>>141
俺の方がその話聞いて泣きそうだわ
俺は夢であえるだけ幸せなのかな。
でも
>>141
も今は新しい幸せ掴んだんだよな、ほんとにおめでとう。
奥さん大事にしてあげて下さい。
">>>143
夢で会えるだけが幸せとは限らないと思う
俺だって後を追おうとしたこと何度もあるしさ。
まぁそのたんびに家族とかに止められてたけどなw
幸せなんてその辺に幾らでも転がってるんだ。それを掴むか掴まないかは自分次第だ。
今は辛くて苦しいかもしれないがそれを乗り越えたら違う景色が見えてくると思うよ。
こんな事しか言えんがきっとその彼女さんも1と出逢えて幸せだったろうよ。
だからそんなに気負うな。苦しくなったらここでまたスレたてろ。
俺はいつでも1の味方だぞ。
とりあえず1の青春話をwktkしながら聞くわw
長文失礼した。
154:
名も無き被検体774号+ 2011/07/06(水) 00:07:41.09 ID:tnJI5bku0
>>143
夢で会えるだけが幸せとは限らないと思う
俺だって後を追おうとしたこと何度もあるしさ。
まぁそのたんびに家族とかに止められてたけどなw
幸せなんてその辺に幾らでも転がってるんだ。それを掴むか掴まないかは自分次第だ。
今は辛くて苦しいかもしれないがそれを乗り越えたら違う景色が見えてくると思うよ。
こんな事しか言えんがきっとその彼女さんも1と出逢えて幸せだったろうよ。
だからそんなに気負うな。苦しくなったらここでまたスレたてろ。
俺はいつでも1の味方だぞ。
とりあえず1の青春話をwktkしながら聞くわw
長文失礼した。
">>>151
ほんとありがとう。すごい心にしみるわ・・
俺もお前の幸せを心から願ってるよ。
俺も新しい幸せがあれば、まあ意固地にならず掴む勇気も持ってみようと思うよ、ほんとありがとう
144:
何だか声をかけづらくて、隣に腰を下ろした。
彼女はずっと海を見つめていた。
沈黙が怖くて喋ると、黙ってと彼女に言われた。
「・・手、見たよね・・」
不意に彼女が言った。
「うん、ごめん・・」
「いや、いいよ、わたしこそごめんね嫌なもの見せて」
彼女はパーカーの上から腕をさすりながら言った。
俺は意を決して、彼女に聞いてみた。
「・・あのさ、なんで・・?」
「ん、これ?」
「うん」
「聞いたら、嫌いになるかもw」
「ならねえよ!」
ちょっと声が荒くなってしまった。
148:
「・・・そうなの?」
彼女が聞き返す。
「ならないよ、どんなでも・・好きだし・・」
「ははは」
何だか乾いた笑いが返ってきた。
「うーん、私、生きる意味って、生まれてから一回も、感じたことないんだよね」
何かを確かめるように彼女が言った。
「え、生きる意味・・?」
「別に、何かが原因で病んでるとかじゃないんだよ。自分に価値が見出せないの。それだけなの」
「そんなこと・・」
「わかってるけど。理屈ではわかってても、自分でちゃんと感じられない」
「・・」
「きもいって思ってるでしょw酔ってるとかw」
「思ってないけど、何か、難しくて」
彼女は笑った。
149:
ん?1は30代だよな?中高生時代にメールはできたのか?
154:
名も無き被検体774号+ 2011/07/06(水) 00:02:13.72 ID:wy9KS40R0
ん?1は30代だよな?中高生時代にメールはできたのか?
">>>149
一応出来たよ。
彼女は金持ちの子だったし、俺も持たせてもらってた。
今の携帯なんかとは比べ物にならないやつだったけどねw
実は特定さけるためにちょっとだけ年齢ごまかしてるけどね、すまん
156:
1 ◆USprDF8a9Xfm 2011/07/06(水) 00:13:57.57 ID:xcCYOooA0
>>149
一応出来たよ。彼女は金持ちの子だったし、俺も持たせてもらってた。
今の携帯なんかとは比べ物にならないやつだったけどねw
実は特定さけるためにちょっとだけ年齢ごまかしてるけどね、すまん
">>>154
SMSのことかな?
とりあえず把握
続けてくれたまえ下さい。
163:
名も無き被検体774号+ 2011/07/06(水) 00:19:01.52 ID:xIfxEOrm0
>>154
SMSのことかな?
とりあえず把握
続けてくれたまえ下さい。
">>>156
PHSなら15年前位からメールが出来たよと今年30になる彼女が申しております
165:
名も無き被検体774号+ 2011/07/06(水) 00:34:51.46 ID:8Y+swqUt0
>>156
PHSなら15年前位からメールが出来たよと今年30になる彼女が申しております
">>>163
早く結婚してやれよwww
164:
え、携帯ネタそんなに重要だったか・・すまん、当時はPHSでした。
携帯が普及しだしたのは俺が大学の頃くらいからだったと思う。
166:
PHSの普及が1995年ごろ
携帯もほぼ同時期だと思うよ
169:
名も無き被検体774号+ 2011/07/06(水) 00:45:49.16 ID:xIfxEOrm0
PHSの普及が1995年ごろ
携帯もほぼ同時期だと思うよ
">>>166
まじか、おれが初めて携帯持ったの大学入ってからなんだがww
時代遅れワロスww
170:
1 ◆USprDF8a9Xfm 2011/07/06(水) 00:49:15.96 ID:xcCYOooA0
>>166
まじか、おれが初めて携帯持ったの大学入ってからなんだがww
時代遅れワロスww
">>>169
まあ、俺の大学時代はポケベル全盛期だったのだがwwwww
150:
「生きる意味とか俺、考えたことないから・・無駄に生きてるっていうか」
「無駄なんてこと、ないでしょ」
「それを言うなら、お前の命だって、無駄なんかじゃないだろ」
「そうだよねえ・・」
彼女は目を細めて海を見つめた。
「別に私、いつ死んだっていいんだ。周りの人が死ぬのは悲しいのに、自分が死ぬのはどうでもいい」
「・・」
「だから人生も、どうでもいいの・・岡本と付き合ったのも、そんな気持ちだったの・・ごめんね」
「え、どういうこと?」
「だから、どんな人生でもどうでもいいから、彼氏が誰でも、どうでもいいの・・」
俺は頭がくらくらした。ショックでまた胸が苦しくなった。
「だから、手首切ったりすんの?」
自分のことを好きじゃないっていう話から離れたくて、俺はそんなことを聞いた。
155:
彼女は答えづらそうに眉を寄せた後、「わかんない」と呟いた。
「死ぬまでの予行演習なの」と彼女が言った。
「予行演習?」
「うん、いつ死んでも良いように、ちょっとずつ死に自分から近づいてみてるの」
難しくて、ちょっとよくわからなかった。
「じゃあ、死にたいの?」
「いや・・・死にたいわけじゃ、無いんだけど・・」
「?」
「よくわかんないwごめん、忘れて!!」
「いや、無理でしょ・・」
「うーん・・」
沈黙が流れた。
158:
彼女とはその後もそんな話を暫くしてから別れた。
俺はこの1日が終わってしまうのかすごく寂しかった。
別れ際に、「絶対、嫌いになんかならないから」と伝えた。
「だから生きてくれ」って、ちょっとまた泣きそうになりながら言うと、
「だから死にたいわけじゃないからw」と言って彼女は笑った。
彼女の話は難しくて、今思えば全然俺は理解出来てなかったと思うけど、彼女を知れたことが嬉しかった。
俺が守らなきゃと思った。
不思議と全然ひいたりせず、もっと頑張らなきゃと思った。
毎日顔を合わせば話しかけて、彼女はウザそうにしながらも聞いてくれた。
後になって知ったが、彼女の手首の傷の話は、結構な人数が知っているようだった。
彼女はそのことについて、「どうでもいい」といって笑っていた。
160:
それでも彼女は、手首を切るのをやめてくれなかった。
「切ると生きる意味を感じる」って、時々言っていた。
「なんで切らなきゃ感じてくれないんだよ」って泣きながら怒鳴ったりした。
でも「ごめんなさい」って泣かれると、ほんとに辛いのは彼女なんだって思って強く言えなかった。
生きる意味がわからなくて悩んでるのは彼女なのに、なんで俺は(生きる意味がわからなくて)ごめんなさいなんて言わせたんだと思うと、悔やみきれないくらい後悔した。
彼女はいつも、表面上は笑っていたし、やっぱり明るい子だった。
でもどこかで、全部どうでもいいと思ってそうな、そんな雰囲気も漂わせていた。
昔の俺なら、こんなことも感じなかっただろうか。
ただの明るい子だと、思っていただろうかとか、下らないことをよく考えた。
一日の9割は彼女のことを考えていた。
161:
こんな感じで、もう高校3年生になっていた。
え?って思うだろうけど、ほんとに俺は彼女の心の闇に対してめちゃくちゃ無力で、何にも進展させてあげられないまま3年間が過ぎていた。
変わったことと言えば、高2からは毎日一緒に学校から帰るようになったことと、時々は一緒に遊びに行ったりするようになったことくらいだろうか。
金銭的にもバイトして彼女に尽くしたし、肉体的にも彼女の為に色々した。
でもやらされてたわけじゃなくて、彼女に生きる意味を感じて欲しかったからだった。
彼女はそうやって尽くされるのは困ると、よく言っていたけど止めなかった。
やめられなかった。
それくらいしか俺には、出来ることが無かったから。
162:
時々遊びにいくと、いつも口論になった。
彼女の暗い顔を見ると苛々していしまって、なんでだよってキレたりした。
そうするうちに、彼女は明るい顔しかしなくなった。
俺は自分こそ死んでしまいたくなった。
生きる意味って何だろうか。
自分も考えるようになってからやっと、俺はちょっとずつ彼女の気持ちを分かるようになってきた。
それと同時に、自分がいかに彼女のこころに土足で踏み込んでいたかも思い知った。
大学受験も近づいているというのに、俺は何も手につかなった。
彼女と同じ大学を志望して、落ちた・・・。
164:
彼女は俺を励ましてはくれなかった。
一緒に帰る通学路で、むしろ彼女は俺に怒っていた。
「馬鹿じゃないの?ほんと、呆れるよ・・」
彼女は言った。
でも俺だって本当にショックだったし、毎日毎日そんなことを言われて、イライラも募っていた。
それでも彼女の口撃はやまない。
「私なんかのこと考えて、人生を棒に振るのだけはやめて。私なんか、いついなくなるかもわかんないじゃない」
そう言った彼女に、俺は初めて手をあげた。
すごく大きな音が響いた。
彼女のおおきな目が、これでもかと開かれてこっちを見ていた。
あの怯えたような顔は、一生忘れられない。
168:
彼女はびっくりしていた。
俺はそこで謝れば良いものを、さらに彼女を怒鳴りつけてしまった。
「もとはと言えば、お前のせいだろ!!お前が死ぬとか言うからだろ!
お前がもっとまともにしてくれてたら、俺だってもっと受験も頑張れたんだよ!!
お前のせいなのに、なんでそんなこともわかんねーんだよ!!!!」
彼女は固まっていた。
「好きな奴が死ぬとか言ってたら、普通それで頭がいっぱいになるもんだろうが!
お前にはわかんないかもしらねえけど!」
ほんとはもっともっとひどいこと言ったけど、それは伏せるよ、ごめん。
彼女は俺の言葉を聞くと、ごめん・・と消えそうな声で呟いて、俯いてしまった。
171:
こうして彼女は俺の前では不満も言わず、泣くこともせず、弱音も吐かない子になった。
俺はもう自分が嫌で嫌で仕方なかった。
彼女の気持ちは読みづらくなったが、彼女がこうして俺の言う通りにしてるのは、
自分なんてどうでもいいと、今も思ってるからなんだろうということだけがはっきり伝わってきた。
彼女のことを思えば思うほど、俺は彼女を傷つけるんだと思って、別れを考えた時もあった。
そもそも俺たちは付き合っているんだろうかとも考えた。
セックスはおろか、キスさえしたことが無かった。
下の名前で呼び合ったことも無い。
一度ふざけて下の名前で呼んでみたら、「馴れ馴れしい」と一蹴された。
馴れ馴れしいって・・
考えれば考えるほど暗くなり、俺は彼女と、距離を置く決心をした。
174:
距離を置く決心をしてから、3日とたたず挫折した。
だってもう卒業だって言うのに、距離なんか悠長においてる場合じゃ無かった。
俺も彼女も同じ県の大学に進学する予定だったし、距離にして1時間もかからない位近かったが、
学校が別々になるというのは、いまよりかなり疎遠になるということだと思った。
それに周りの友達が言うように、「押してダメならひいてみろ」が、
彼女にはほんとに全く通用しないであろうことが火を見るより明らかだったし。
それにどうせ彼女のこと考えてしまうなら、彼女により近いところで考えたかった。
後悔しながらでも、彼女の為に動きたかった。
そして俺は決心した。
よし、プロポーズしよう。
引用元: ・死んだ彼女が毎日夢に出てくるんだけど【後編】死んだ彼女が毎日夢に出てくるんだけど
※12:24 公開予定
- シェアする
- LINEで送る
- ツイートする

- シェアする
- はてブする
- ツイートする
- 共有する

このまとめが気に入ったら
「いいね!」または「フォロー」
よろしくお願いします!
@kijyosokuhouさんをフォロー
100

続き・詳細・画像をみる


「男死ね!気持ち悪い!女は男を殺しまくる資格がある!」 ツイッター民の少子化対策案に女さんブチギレwwwwwwwww

野原ひろし「本物のひろしだぜ」

8割以上が女性の職場あるある

北の核実験に被爆者団体がコメント 「北朝鮮から敵と見なされている。アメリカに右ならえで良いのか」

【悲報】にしおかすみこさんの現在wwwwwwwwww(画像あり)

日本は世界でも珍しく奴隷が居ない国だった

back 削除依頼&連絡先