モバP「もーっと甘えていいんだぞ!」back

モバP「もーっと甘えていいんだぞ!」


続き・詳細・画像をみる

1:
モバP(以下P)「ふむふむ...なるほど...」
ちひろ「どうしましたかプロデューサー?」
P「いや、今読んでる本がですね、甘えさせるためにはって内容が書いてあってですね...」
ちひろ「甘えさせるため...ですか?」
P「そうそう、男も女も甘えたい時がある!でも大人になればなるほど甘え辛くなります、なので甘えるタイミングを与えてあげましょう!という内容でして」
ちひろ「確かに甘えたくなるときは無くはないですけど...」
P「ちひろさんでもあるんですか?」
ちひろ「ありますよ、ただ確かに甘える先はもう無いですけどね」
P「なら俺にもっと甘えてもいい...」
ちひろ「本当ですか!それではこちらの資料を」
P「待ってください、なんですかその積み上がった資料の束」
ちひろ「今度のフェスの資料と、その時出れる可能性があるアイドル、そしてフェス側から頂いている要望資料などなど...」
P「えっと、今からやるんですか?」
ちひろ「今からですね」
P「あ、ちょっと用事思い出しました」
ちひろ「プロデューサーは私の甘え先になって頂けないんですか...?」
P「.......、....、スタドリ、貰えますか?」
ちひろ「毎度ありです☆」
2:
P「昨日は酷い目にあった...、しかし甘えさせるというのはプロデューサーとして覚えて置くべきかもしれないな」
P「アイドルだって甘えたい時はあるだろう、多分」
P「しかし、甘えたがっている人を察することと、実際に甘えさせるのは中々難しそうだなぁ」
P「こういう時は甘えさせ上手そうな人に聞くか...」
心「おっす、プロデューサー☆」
P「...この人には縁ないな」
心「おい?いきなり失礼だゾ☆」
3:
P「ということで、心様にお力添え頂きたく...」
心「なるほど...それならはぁとにおまかせ!あといつも言ってるけどはぁとと呼んで☆呼べよ☆」
P(アームロックしながらいう言葉じゃねぇ)
心「うーんそうだなぁ、まず察してあげるほうだけど、やっぱり顔を見てあげることじゃないかな」
P「顔?」
P「顔はいつも見てるが?」
心「ノンノン、そんなんじゃーないの☆」
心「女の子は表面上の顔はメイクや色々で隠しちゃうから」
心「大事なのは、誰とも話してない時の顔」
P「誰とも話してない時か」
心「皆誰かと話してる時は装うけど、逆に話してない時はポロッと出ちゃう。だから話さない時もちゃんと見てあげて」
P「なるほど、向き合っている時以外にも見てあげることか...」
心「ということで、ドーン!」
P「うわ、ちょっと、やめろ!」
心「いーじゃんいーじゃん☆後ろから抱きつくぐらいさ☆」
P「いつバックドロップされるか怖くて後ろ取られたくない」
心「おい☆」
心「ま、方法はこれでいいと思うゾ☆」
P「後ろから抱きつくってことか?セクハラにならない?」
心「こーいうのは雰囲気、雰囲気!」
心「間違ったら捕まるけど」
P「おい」
4:
P「向き合ってない時も見てあげること、か」
P「最近は忙しくてちゃんと見てあげられてないからなぁ」
P「今度から意識しよう」
杏「どーしたのプロデューサー、そんなぐるぐる回って」
P「お、杏か。すまん起こしたか?」
杏「そんなにウロウロしてたらこっちが落ち着かないんだけど...」
P「すまん...」
P「そうだ、杏。甘えさせたい人を見つける方法と甘えさせ方ってわかるか」
杏「何それ、プロデューサーはまた変な趣味にハマったの?」
P「そんなんじゃない、甘えさせるのもプロデューサーの仕事かなーと」
杏「まぁいいけど、杏には関係な...」
P「飴2個」
杏「4個」
P「妥協して3個」
杏「しょーがないなぁ!にひひ」
5:
P「話してくれたらあげるさ。で、見つけ方は?」
杏「そうは言っても人によって違うとしか言えないけどねー」
P「例!例でいいから!」
杏「うーん...」
杏「声のトーン、とか?」
杏「杏は基本的に声のトーンで判断してるかな、きらりなんか特にそうだし」
P「そうなのか?」
杏「機嫌のいいときはにょっわー!のトーンが高いんだけど、凹んでる時とかはにょっわー!の勢いが足りないというか...」
P「実際に聞いてみないと分からなさそうだなぁ...」
杏「声は大事だよ、相手の体調とかすぐ分かるし」
杏「言ってる事は同じでも、トーンによって全然違うから」
杏「はー真面目に話したらつかれた。プロデューサー、飴ちょーだい」
P「そんなに話してないだろ...、ほれ」
杏「はむ」
P「ほれ、ほれ」
杏「あむ、ほむ」
P「よーしよしよしよし!」
杏「喉に詰まるからやめて」
P「で、甘えさせ方は?」
杏「んー、物でつればいいんじゃないかな」
P「そんなもんで甘えるになるもんか?」
杏「プロデューサーが思っているほど、女の子は複雑で、単純な生き物だから」
6:
P「複雑で単純とは一体...、わからんなぁ」
P「まぁいいや、とりあえず次は誰に聞こうか」
P「甘えるだと愛梨か?いや、そういえばみりあちゃんもファンの間で母性を感じるとか言われてたし...」
P「川島さん、楓さんは...、なんか聞いたら色々からかわれそうな予感がする ...」
P「あとは部署違うけど輿水さん、佐久間さんに聞いてみるか...?」
P「とりあえずあと1人聞いていくか、その後に実践でやってみるとしよう」
凛「何ウロウロしてるの、プロデューサー?」
P「おお、凛か」
P「...凛か」
凛「なんでガッカリしてるの?結構失礼だと思うんだけど」
P「凛は甘えさせる所か甘える所からはじめないとダメな気がする」
凛「更に失礼なこと言ってるし…。で、どうしたの?」
P「いや、なんでもな」
凛「どうしたの?」
P「アッハイ」
7:
P「いやな、プロデューサーとして甘えさせ方を覚えた方がいいかなと思ってな」
凛「甘えさせ方?」
凛「確かに、私はアドバイスが難しい...かな」
P「でも最近森久保さんの面倒も見てるらしいし、案外いけるかもしれないな」
凛「乃々は面倒見なくても大丈夫ないい子だよ、私は何もやってない」
P「そう言っても、森久保さんのプロデューサーは絶賛してたよ?いつも俺が言っても自発的には動かない森久保がー!なんて」
凛「それは乃々のプロデューサーが引っ張ってくれる人だからだよ、乃々はそうやられるとその人に任せちゃうから」
凛「まぁ、それにかまって欲しくてやってる所ありそうかな」
P「本当か?それだと森久保さんは甘え上手なのかもなー」
凛「甘え上手とはまた違うと思うな...」
P「でも森久保さんを自発的にさせてるのは確かだし、何か注意してる事とかあるのか?」
凛「注意...って程じゃないけど」
凛「まずあんまり人が多い所では喋らないようにはしてるかな」
P「何でだ?人が多いと話しやすくないか?」
凛「それはプロデューサーだからでしょ?乃々は人見知りだから、出来るだけ知ってる人だけとか、人がいない所で話すようにしてる」
凛「それだと色々話してくれたよ、バレンタインの時の事とか、ポエ...」
P「ポエ?」
凛「何でもない、これ秘密だった」
凛「あとは話を遮らないようにはしてるかな、乃々は話すの苦手だから最後まで言い切るまでこっちからは話しかけないようにはしてる」
P「出来るだけ知ってる人か、人がいないところで話す、話を遮らない、全部話させる...と」
P「あれ、意外と甘えさせ方として上手いのではないだろうか」
凛「後は目を見てあげること」
P「ほう、目を見ることか。森久保さんだと嫌がりそうなもんだが」
凛「それでも見てあげること、目を見ればなんとなくだけど落ち込んでるのかな?とかわかりやすいから」
P「見ればわかるもんなのか?」
凛「少なくとも顔を見るよりはわかると思うよ」
P「顔をみればわかるじゃなく?」
凛「女の子は顔に出さないって言うのもあるの」
P「ふーん、参考になった。ありがとな凛」
凛「この貸しは何で返してもらおうかな?」
P「なんか考えておくよ」
8:
P「で、だ」
P「まとめると、甘えたい人を見つけるためには」
P「話してない時も見てあげる」
P「声のトーンを気にしてあげる」
P「目を見てあげる」
P「ふむ、それで甘えさせ方としては」
P「後ろから抱きつく」
P「もので釣る」
P「話を遮らないで最後まで聞いてあげる」
P「...本当にこれで大丈夫なのだろうか?」
P「まぁ、試すしかないよな」
9:
卯月「お疲れ様です!ってあれ、プロデューサーさんだけですか?」
P「おー卯月か、お疲れ」
P「今日はピンクチェックスクールでの撮影だっけ?」
卯月「はい!色々ありましたけど、頑張りました!」
P「そーか、そうか、ならよかった」
卯月「あ、お茶入れますよ?」
P「ん、あぁ空だったか。すまんがお願いできるか?」
卯月「はい!」
P「(卯月はいつも元気いっぱいだなぁ)」
P「(...そういや、話してない時にも見てやれだっけ?)」
P「(流石にじっと見るのはダメだろうし、ちらっと...)」
卯月「...」
P「(あれ、なんかくら...い?)」
P「(確証ないけど、いつもより暗い気がする)」
P「(なんというか、ルンルン感がないと言うか...。言葉にしにくいなぁ)」
P「卯月?」
卯月「えっ、はっはい!」
卯月「あれっ!?わわわ!」
P「ほい、よいしょ!」
P「すまんな、急に声掛けて」
卯月「い、いえ!プロデューサー大丈夫でしたか?急須が...」
P「大丈夫大丈夫、急須が飛ぶなんてよくある事だから」
卯月「それはあんまり良くないと思いますけど...」
P「卯月こそ、何かあったか?」
卯月「へ?い、いえ、いつも通りですよ!?」
卯月「いつも通りですから」
P「(声のトーン、いつもより低い気がする)」
P「(もしかして)」
P「ちょっと目を見せてくれ」
卯月「ふぇ!?」
P「んんん...(なんか、落ち込んでる?)」
卯月「ああああああの?!プロデューサーさん!?」
P「...はっ!す、すまん!」
卯月「い、いえ...、ちょっとだけ、ドキドキしちゃいました」
P「ごめんな、ちょっと気になって」
卯月「私の目になにか付いてました?...それとも充血してました!?」
P「いや、そういうのじゃないんだけど...」
P「(だが、これで分かった。卯月は落ち込んでる、甘えたがっている!)」
P「(...本当か?というかあの3人の情報鵜呑みにし過ぎじゃないか?)」
卯月「よ、よかったです。さっきの撮影の時に写ってたら他の方にも迷惑かけちゃいますから...」
P「(いや、この思ったことを信じよう。スカウトの時だってこの勘を信じてきたんだから)」
10:
P「あー、卯月?」
卯月「ととと、何でしょうか?」
P「(やっべ、何も考えてねぇ)」
P「(話題、話題、...そういや)」
P「ちょっとこの後時間あるか?晩御飯でもどうかと思ってな」
卯月「この後は何もありませんけど...、ご迷惑じゃないですか?」
P「こっちが誘ってるんだから気にしなくていいよ。最近ここらにピザ専門店が出来てな、折角だしどうだ?」
卯月「分かりました!えっと、マ...お母さんに聞いてきますね」
P「おう、...さて、この後どうしよう」
P「甘えさせるっても場所もあるしなぁ」
P「そういや森久保さんは人の少ないところの方が話しやすいとか凛が言ってたっけ」
P「卯月を甘えさせるには人が少ないところが良さそうかな」
卯月「お待たせしました、大丈夫だそうです」
P「そうか、なら車出すから待っててくれ」
卯月「はい、いつもの場所で待ってますね!」
11:
P「はー食った食った」
卯月「ガンバリマス...ダイエットガンバリマス...」
P「卯月は痩せすぎだと思うけどな」
卯月「でも...」
P「ならちょっと歩くか、ちょっと離れた場所にいい風景の場所があるんだ」
卯月「はい...」
P「まぁ、その、ダイエットするんなら俺も手伝うからさ。車停めるぞ」
卯月「本当ですか!」
P「他の奴らも誘えば一つの企画できそうだな」
卯月「...」
P「なんだそのこんな時にも仕事の話か、という目は」
卯月「い、いえ、そんなことないですよー」
P「全く...」
卯月「わ、私この近くはあんまり来ないですね!事務所の近くは分かるんですけど、ちょっと遠いところだとわからなくて...」
P「ま、あんまり来ないだろうな。俺の場合、スカウトする手前色々なところ行くから」
卯月「こ、ここにもお仕事で来るんですか?人はいなさそうですけど...」
P「アイドルの卵はどこにいるのかわからんからな」
卯月「そ、そうなんですね!」
P「ま、気晴らしの方が多いけどな」
卯月「それってサボりってことですか?」
P「そゆこと、これちひろさんや皆には秘密な」
卯月「えへへ、プロデューサーさんの秘密握っちゃいました!」
P「...マジでやめてくれよ」
12:
P「ほら、手。階段があるとはいえ、暗いし」
P「それにシンデレラをエスコートしなくちゃな」
卯月「え、は、はい...」
卯月「...」
P「...(何だか気まずいな)」
卯月「あの」
卯月「どうしてここに連れてきてくれたんですか?」
P「何故、って...」
P「...気まぐれだよ、思いつき」
卯月「ブロデューサーが嘘つく時、首にてを当てるの知ってましたか?」
P「え、嘘」
卯月「嘘ですよ」
P「...謀ったな」
卯月「プロデューサーさんとの付き合いは長いですから」
P「あの頃の純粋な卯月はどこいってしまったんだか...」
卯月「じゅ、純粋でしたか...?」
P「ごめん、訂正する。今も純粋だな」
13:
P「ま、そんな卯月だからシンデレラガールになれたんだろうな」
P「プロデューサーの俺としては鼻が高いよ」
卯月「シンデレラガール...」
卯月「本当に、なったんですよね...」
P「卯月?」
卯月「あ、プロデューサーさん!頂上が見えてきましたよ!」
P「あ、あぁ」
P「...シンデレラガール、か」
14:
P「よっこいしょ、やっぱりここはちょっと遠いな」
卯月「うわぁあ...プロデューサーさん、街が一望できますよ!ほらあそこ事務所です!」
P「気に入ってくれたようだな、昼に来るここも悪くないがやっぱり夜は夜景がいいな」
卯月「あそこ、私の学校で...あそこはこの前撮影したところですね!」
P「それにあそこは最初に卯月の撮影した場所、それに初めてあった公園もみえるな」
卯月「...よく覚えてましたね」
P「そりゃ、長い付き合いですから」
卯月「私の真似...ですか?」
P「似てたか?」
卯月「あはは...」
P「そういう時は素直に言っていいんだぞ」
15:
P「で、だ。今日呼んだのは落ち込んでるんじゃないかと思ってな」
卯月「落ち込んでる...ですか?」
P「なんかこう、言葉にしづらいんだけどいつもの元気さがないというか、違和感があったんだ」
卯月「そうですか?そんなこと...」
P「卯月が嘘をつく時は、目が泳いでるの気づいたか?」
卯月「えぇ!?ほ、本当ですか?」
P「嘘だ」
卯月「...うぅ」
P「嵌めた本人に嵌められる気分はどうかね卯月君」
卯月「あんまり...よくないです」
P「だろうな」
P「ただ俺はエスパーじゃないからそっから先がわからないんだ」
卯月「何でもできるプロデューサーでも、ですか?」
P「何でもは出来ない、出来ることをやってるだけだよ」
P「実際卯月の落ち込んでいる理由がわからない」
P「だから、教えてくれないか?」
卯月「で、でも、これは私の問題ですから...」
P「俺は、頼りないか?」
16:
彼女にそう伝えると首が取れそうなほどブンブン横に振り、「そ、そんなことありません!」と言う
「プロデューサーさんはとっても頼りになって、...でもこんな事で頼っちゃいけないなって思って」
「遠慮はいらない、それこそ俺と卯月の長い付き合いだろ?」
そう言うと、少し口どもり彼女は「そう...ですよね...」と納得する。
彼女は月を見上げ語り始める、ゆっくりと
ゆっくりと語る。
「私は本当にシンデレラガールだったんでしょうか?」
「去年のシンデレラガールに選ばれてから夢のような時間でした」
「勿論それまでも普通の私にとっては夢のようなものでしたけど、それ以上で...」
「シンデレラは12時になったら夢から覚めて、普通の女の子に戻ってしまいます」
「私も、いつか夢から目を覚まして普通の女の子に戻っちゃうのかな」
「・・・って、そんなことを考えてしまって」
そんなことを言って振り返った卯月の顔は、笑顔とは縁遠くて
「私もあの星みたいに輝けてるのかな・・・」
その声はいつもの元気がなく
「なんて、そんなことを思ってただけですよ」
その目からは弱弱しく消えかかってる光のようで
・・・あぁ、なんで俺はこんな卯月のことを気が付いてやれなかったのだろうか
そう、後悔する
17:
「プロデューサーは特に気にしなくて大丈夫です、これはただ私が思ってるだけで」
そう後ろを向く卯月をそっと抱きしめる。
「ぷ、プロデューサー・・・さん?」
「卯月、これは夢じゃないぞ」
そう言葉に出す、言ってることが卯月が求めてる言葉じゃないかと怖くなるが、
言葉にしなきゃ、伝わらない。
18:
「俺が証明する、この前有名な番組にも出たし」
そういやあこがれの人と会ってすごく慌ててたっけ
「CDやアルバムも出してる」
オリコン一位になって皆で祝って、凛や未央も次は負けないって言ってたな
「世間では島村卯月といえば大体の人が知っているし」
まさか地方のおじいちゃん、おばあちゃんにも名前が知られてると分かった時には
誇らしくなったっけ
「去年はあのシンデレラガールにも選ばれた」
もうあの時はどっちもボロボロに泣いてたな。
あの時は感情が抑えきれなくて、卯月が王冠をもらうときは前がろくに見えてなかった。
「俺の担当する最高のアイドルだ」
「夢なんかじゃない」
「お前は立派なアイドルだ」
「そう・・・ですかね・・・」
「不安になったら俺に頼ってくれ、挫けそうになったら仲間を頼れ」
「何度だって支えてやるし、みんなも支えてくれる」
そういうと卯月からすすり声が聞こえてくる。
俺は気が付かない振りして続けて言う。
「頑張りすぎたのなら休んでもいい、疲れたのなら寄りかかってくれ」
「それに、もしこれが夢だとしても」
「何度だって、俺が卯月をアイドルにしてやる!」
19:
卯月は少しだけこちらに顔を向けて何かを伝えようとする。
しかし声が小さく、言葉が切れ切れで何を言ってるのかがよくわからない
「・・・っ・・・くだ・・・」
「・・・すまん、聞こえん」
「・・・すこ・・・し・・・、胸・・・かし・・・て、ください」
切れ切れで理解するのに少し遅れたがそっと離して、改めて正面から抱きしめる。
「かお・・・みないでください・・・」
「わかったわかった、見ないし聞かないから存分に甘えろ」
そういって数時間、卯月の涙が止まるまで抱きしめてあげたのだった・・・
20:
卯月「おはようございます、プロデューサーさん!」
P「おう、おはよう・・・って、どうしたんだ?」
卯月「いえ、昨日プロデューサーがいつでも甘えていいっておっしゃってたので、今から甘えようかなーって」
P「お、おういいぞ。・・・といっても何すれば」
卯月「すこしぎゅーとしていただければ・・・」
P「おう!・・・おう!?」
卯月「だめ・・・ですか・・・?」
P「い・・・いぞ、よしこい!」
卯月「はいっ!」
卯月「ずっと、ずっと支えてくださいねプロデューサー」
菜々「おはようございまーす、ウサミンが来ましたよ!キャハ!」
菜々P「おい、朝っぱらから騒がしくするな・・・って」
菜々P「おーおー朝からお熱いねぇ」
菜々「あああ、あまり良くないんじゃないですかね!にゃんにゃんしてますよねあれ!」
菜々P「にゃんにゃん・・・ってお前」
心「はぁとだって、抱きしめたいのに・・・」
凛「ふーん」
杏「・・・」
菜々P「お前らいたのか、あれ止めないでいいの・・・」
凛「ふーーーーん」
菜々「り、凛ちゃん!何か青いのが!青いのが出てます!目にハイライトはいってないですよぉ!」
杏「杏はプロデューサーがなにやっていてもどーでもいいけどね」
菜々P「言葉に棘ある・・・、ってかいつもより声のトーンが低すぎるだろ」
心「はぁとだって・・・、はぁとだって・・・」
菜々「あぁもう!はぁとちゃんもプロデューサーさんの見えないところだからってそんな顔しないでください!」
P「卯月・・・元気になったか?」
卯月「はい、今日も一日頑張ります!」
卯月「ちゃんとこれからも支えてくださいねプロデューサーさん!」
P「おう!」
P「やっぱりちゃんとアイドルは見てあげないとな!」
菜々・菜々P「「こっちのアイドルも見てあげてください!(くれ)」」
2

続き・詳細・画像をみる


【画像】“広瀬すず似”のNGT48メンバーが可愛すぎるwwwwwwwwww

【悲報】FGOさん、とんでもない実写舞台をやってしまう

このキャラクター知ってる奴はオッサンwwwwwwwwwwwww

今泊まってる宿がボロすぎワロタwwwwwwwwww

ネトゲ超悲しいィィ!! ネトゲ俺「落ちます。お疲れさまでした」 みんな「……」 俺「…」 ある人「おつ」 俺「ニコッ」ログアウト

キムタク、中居正広の“厚遇ぶり”にいらだち 自分は“裏切り者”よばわりまでされたのになぜ…

back 削除依頼&連絡先