【オカルト】昔、山で黒いコート+黒いハット+晴れてるのに黒い傘さして体育座りをしている謎のおっさんを見たんだがピンと来るとこがあったら教えてくれback

【オカルト】昔、山で黒いコート+黒いハット+晴れてるのに黒い傘さして体育座りをしている謎のおっさんを見たんだがピンと来るとこがあったら教えてくれ


続き・詳細・画像をみる

1:
スレ建初めてだ。すまなあお
2:
すまないって書こうとしたら謎な文章になってた。すまない
3:
構わんよ、ワクワクするぞ
4:
初めて書き込みきた。ありがとうね。
ちょっと感動。
まあ早い話なんだが
黒いハットに黒いコート
黒い傘をさした男を見たんだわ
6:
俺が小学生のときだったんだけど。
今も繋がりのある親友と当時、近所の公園で遊んでたんだよ。
その公園は遊具の場所と小高い山がある公園だったのさ。
携帯からだから遅くてごめんね。
8:
もうちょっと詳しく
いつどこでどんな時
11:
>>8
いつ=今から大体24?25年前
どこ=東北から北海道の間のどこかと言っておく。
9:
ほんでさ、
親友が「山登ろうぜー」
って言うからついて行ったんだよ。
その山ってさ。
子供の足で5秒くらいで山頂に着いちゃう小さい山だったのね。
んで。山頂に着きましたと。
10:
こういう話し好きだ焦らずに書いてねー
12:
焦らず書くよ。
ありがとうね。
んでさ、その山って真後ろが柵なんだよ。
説明下手で申し訳ない。
そんで山頂で親友ときゃっきゃ遊んでたらさ、親友が言うわけよ。
「ねえ。山の下(後ろね)に変な人いる」
って。
13:
見てみてら明らか変なんだよ。
こっちに背中向けて
黒いコート、黒いハット。
んで晴れてるのに黒い傘さしてて....
しかも体育座りしてんだよ。
14:
それをジーっと二人で見ててさ。
なんか気持ち悪いなーくらいに思ってて。
んで友達と二人で
「あのおじさんに悪口言って一気に走って逃げない?」
って事になってさ。
子供のいたずらみたいもんでさ。
15:
んで。
「せーのっ」で振り向いて大声出そう!
「せーのっ!!!」
で振り向いたらさ、いないんだよそのおっさん。
さすがに「は!!?」って二人できょとんとなってさ。
16:
俺たち怖くなってさ。
走って逃げようとしたら、
快晴ですごい天気良かったのにいきなり嵐みたいにどしゃ降りで雷ゴンゴンなってさ。
俺の家に避難しようってなって母親に親友とその事話したら
「ただのおかしい人なんじゃないの?」って言われるし。
でもおかしいんだよなぁ。
おっさんを発見してから振り向くまで5秒くらいだったんだよ。
その隙に消えるとか絶対無理なんだよ。
ホントにあれはなんだったんだっていう。
17:
あ、以上です。
18:
他にもいろいろ経験してるんでもしよければ。
でもこういうのってすごい釣り臭いな。
自分で見てても釣り臭く見えちまう。
19:
黒一色のおっさんが体育座り……子供の頃って怖い物知らずだからなぁ
黒い人か俺は見た事無いかなその後1や友達は大丈夫だったのか?なんとなく不気味な話だな
20:
>>19
レス?ていうのかな?ありがとう。
正直なーんにもないんだよなぁ。
至って平和におっさんになってしまった....
ただこういう経験は初めてではないかな。
21:
俺1人で見てるならあれだけど。
親友も見てるし年に一回必ずこの話を親友とするんだよなぁ。
人じゃない感は正直あった。
23:
夢だな
24:
>>23
二人で同じ夢みるかね。
間違いなく現実だったよ。
25:
お前に調子合わせたんだろう
そして偽の記憶になった
子供の頃はよくある
26:
>>25
いや、断じてないわ。
27:
そもそも、いちの親友が実在するのだろうか?
28:
>>27
ぎりっぎりたった一人の親友はいるやで。
29:
2chってスゲーな。
こんな朝っぱらから話聞いてくれる人がいるんだもんな。
31:
人間の記憶なんてあてにはならない
32:
>>31
かもね。
34:
1.死神 見た目からしてかなりぽい
2.キツネ 雨降ったってとこから化かされた可能性
3.近所の基地外 現実的消えたのは謎
4.幻 捏造された記憶
5.組織の人間 MIB的なやつピカッとやられて消えるまでの記憶消された
好きなの選べ
36:
>>34
1番の死神って答えさ。
なんでそう思った?なんとなく?
38:
>>36
そらー黒ずくめのおっさんと言われるとどうしても死神っぽいイメージ抱いちゃうよね
42:
>>38
死神かコナン系列かどっちかだわな。
言われてみれば。
39:
死神かぁ。
見てるの俺と親友だけだしなぁ。
そういうのってオカルト話だと
そういうのを見た何日後!とかの認識だから関係ない気もするが、、
うーん
40:
ちなみにその二年後に家庭崩壊して身内亡くなってる
37:
なんかこう不思議なおじさんのイメージが70年代のアングライメージというか時代を感じる
丸尾末広とかのね
41:
>>37
すまん。
70年代の事はよくわからないのさ。
当方アラサー。
43:
こんな感じか?
44:
>>43
おいおい.....
寒気したぜ。
本は持ってなかったがまるっきり
こんなんだった....
45:
>>43
この画像みて気味悪くなるってことはいいもん見たわけじゃない気がしてきた....
46:
>>44
まじかww
画像検索で出てきたww
昔のおじいさんってたまにこんなかっこしてる人いてなかったか?
47:
>>46
あー!
年齢的な事言うと50後半から60くらいに見えたなぁ。
雰囲気はタモリの世にも奇妙な物語に出てきそうな感じだったのは覚えてる
48:
昔は傘もスーツもコートも今程バリエーション無かったからなぁ
全身黒づくめに黒い傘はそれ程珍しくないよね
モノトーン流行った時代だろうし
50:
>>48
格好はともかく晴れた日に傘さして
体育座りを公園の裏山でやっちゃってる時点でちょっとなぁ....
51:
おしゃれなおじいさんでFA?
雨と消えたのは謎だが
55:
>>51
ホントに一瞬目を話した隙に辺りから消えた。
山の上だから見回してもどこにもいなかった。
その時点で親友と二人で人間じゃないこと確信して震えてた。
53:
>>51
×消えた
◯見失った
57:
>>53
いや。消えた。
まぁそう捉えたいならそれで構わないが
54:
俺はキツネに化かされた話を推したい
62:
>>54
キツネかぁ。
正直俺自信も不思議な体験はいくつかしてるがあまり信じない方なんだよなぁ。
矛盾してるけども。
60:
時空のおっさんの可能性もあるな
あと未来からきたお前か親友説
63:
>>60
その路線だと俺にしろ親友にしろ昼間の公園でスーツは未来でも人生詰んでそうだな。
71:
>>63
何か伝えたかったんだよきっと
んで未来から過去へ戻るには当時の服装にならなきゃいけないんだが、時空管理局には当時の初老の男性のサンプルがその格好しかなかった。
んで、データ的に雨降るから傘も持ってた。
話を伝えようとした時敵の妨害工作にあって元いた時間へ引き戻された…
お前か親友は未来では人工知能が支配する世界でその人工知能に立ち向かうレジスタンスのリーダーだったんだよ!
76:
>>71
正直鼻で笑っちゃうレスだけど。
一つ鋭いとこ指摘したわな。
あのおっさん傘さしてたって事は雨降るの知ってた可能性あるわな。
バカ過ぎて今まで気付かなかった...
67:
いかんせん子供の頃の記憶だからな
72:
>>67
言わんとしてることは分かる。
ただ、逆を言えば今になっても親友とお互い見た状況に意見が食い違わないのが逆に怖かったりする。
親友もまったく一緒の事言ってる
75:
>>72
いや伝わってなかったw
おっさんの格好も天気もシチュも確かにあったのかも知れない
ほんの5秒とか一瞬とかそういうのが曖昧と言いたかった
大人でも驚くと実際よりも記憶が大袈裟になりがち
子供ならば尚更ってことね
78:
>>75
あー、これは説明が足りてなかった。
というか説明下手で伝わってなかった。
公園の入り口は一つしかなくてすべて山の上から見回せる。
おっさんがいる場所から一瞬じゃなくても動けばすぐわかるのよ
79:
>>78
よしよしやっと良いところまで話が来たな
その幼馴染と>>1は今でも近所に住んでんの?
84:
>>79
ホント説明下手ですまん。
指摘してくれた方が答えやすいかも。
親友は地元にいるけど俺は遠方で1人暮らしだよ。
親友との会話はPCで話してるよ
81:
文字にして書くと説明難しいな。
てか俺がバカ過ぎて説明できないな。
公園の写真見てもらえばわかるだろうけど身バレ怖いからそれは出来んしなぁ。
ニホンゴテムツカシネー。
83:
>>81
wwwww
公園の写真くらいじゃ身バレしないだろ?
87:
>>83
世の中狭いぞ。以外にな。
89:
身バレ=予防線なんだな。
まぁいいけど。
95:
>>89
わかるよー
興味深い話ありがとう
他にも体験してるんだ!
差し支えなかったら聞きたいなあ
96:
>>95
結構創作扱いは心にくるからなぁ...w
まぁこんな話を信じろって方が無理ですわな。
あはは
97:
>>96
>>95だけど
自分もちらほら不思議な体験したり聞いたりするから
創作とは思わないよー
98:
>>97
俺も体験はしてるんだけどそういうオカルト系?メディアとかにでてるやつとか、まとめとかにあるやつとかは信じてないっていうか、創作物としてたまにみるけど、ホントにあった出来事とは思えないんだよなー。
ホントに矛盾ですよね。
120:
うちの親が葬儀関係の仕事してたんだけど 全く一緒のおっさん見た事あるわ
雨でもないのに黒い傘さして斎場の横で立ってた
121:
>>120
まじで・・?
絶対いい人?じゃないよなそれ・・。
人かどうかも怪しいけども・・。
122:
>>120
斎場ってわからんくて調べてみたら
葬儀するとこなんだな・・・・。
ちょっと。。やめてよ。
怖い
92:
流石につまらなかった
93:
>>92
面白い話をしてるつもりはないです。
94:
まぁ、面白くない創作だった程度の認識でいいや。
話せてちょっとすっきりした。
ありがとうございました。
99:
じゃあ、創作として見てくれれば幸い。
タイトル
「自殺者訪問」
「呪われた家」
「エレベーター」
どれか選んでけれ。
101:
あ、もうひとつあるわ。
タイトルつけるなら「おかんの友達」
103:
結局解決はしないか
予知能力と瞬間移動能力のあるおしゃれおじいさんってことで
その後イッチと親友に害がなかったんなら悪い存在ではなかったんだろう
全部聞きたい!!
104:
>>103
こんなおっさんの「朝からオカルト4946スレ」をご覧くださってくれてありがとう。
全部はちょっとこのペースで書くとあれだから簡易的に書くからそのたび質問あれば答える感じで。。。
107:
じゃあ。
「自殺者訪問」から。
簡易的に書くと・・。
■駅で女性が飛び降り自殺。
■その電車に友人二人が乗ってた
■次の日学校で顔面蒼白
理由は深夜に女性が訪問。
111:
簡易的過ぎてまったくわからんなこれじゃ。
116:
地元の駅で飛び降り自殺があったんだよ。
んでその電車に俺の友達が2人乗ってたのさ
その日はたしか日曜日だったかな
高校時代の話です。
115:
>>111
訪問のとこ詳しく
118:
>>115
事故のあった日の電車に乗ってた男2人の家に深夜3時過ぎに(同時刻くらいって話)白い服の女性が家に訪ねてきたらしい。
ちなみに2人の家は駅6つ分くらい離れてる。
124:
ほんでさ
普通に考えて同時刻にしかも深夜に6つ駅離れた所に友人2人を訪ねてくるって普通じゃないじゃない。
なんか話聞いてるだけで気味悪くてさ。
その話学校で聞いた後にさ、その地元の駅にチャリンコで通っちゃったんだよ。
通ってから気付いたんだよ。
「あ。ここ。今日話してたところじゃねーか」って。
そうおもったら怖くなってさ。
129:
んで当時俺バイトしてたから家に帰って着替えてバイト行く準備してたらさ。
母親が意味深なこと言うんだよ。
「帰ってきてからでいいから話あるわ」って
んで遅刻しそうだったからバイトに行ったんですわ。
でもバイト先で「顔色悪いから今日は帰ったほうがいい」って言われてな。
自分でもなんか変な体調だったんだよ
フラフラするっていうか。
チャリンコはぎりぎりこげるけどちょっと危ない運転になってたとおもう。
128:
>>118
ほうほう
めっちゃ怖い
てか、ピーポーンてなって出たら女の人がおって?
んで、その後女の人が帰るまで詳しくききたい
134:
>>128
いやインターホンじゃなくてドアの前でずっとぶつぶつ喋ってたらしい。
2人とも同じ状況だったって。
一人は先輩の家に行ってていなかったとか
んでそいつの母親がドアののぞき穴?で見たら君の悪い女がいておそらく同年齢くらいの女の子だから息子の友達だろうってことで認識したらしい
白い服着てドアの前でフラフラ動いてたとか言ってた。
不気味で出れなくて警察呼んだけど警察が来たころにはもういなかったらしい。
もう一人は家で寝てたらしくて兄が深夜ぶつぶつ聞こえるって気付いてドアの前まで行ったけど身に覚えのない声だったらしくて
(まぁ俗に言うヲタクで女性友達はいなかったらしい)から弟の友達かもしれないけど不気味だったから怖くて部屋にこもってたんだとか。
136:
ほんでバイト早退してフラフラになりながら帰宅したんですわ。
早く帰ったもんだから母は「あんたどうしたん!」って言うよ。
「顔色悪いって言われて早退してきた」って言ったら
母「そう・・。んでさ、さっき言ってたことなんだけど」
って。
あの日の事故の現場にパート帰りで見てしまったらしい。
俺も学校でこういう事があった。って説明した。
んでさ、体に異変が起きたのはフラフラだけじゃなかったんだよ
139:
学校帰りに駅を通ってからずううううううっと背中がチクチクチクチク痛くてさ。
なんか鋭い先端のもので刺されてる感じ。
んで背中を母に見てもらったら
母「どひゃああああ!なんじゃこりゃ!」って。
携帯のカメラで写真撮ってもらってみたら背中に広い範囲で無限BCG注射の跡みたいになっててさ。
ほんでお払い行こうってなって。
払ってもらったけど効果なかった。
でも1週間くらいしたら背中は治った。
っていうこれまたつまらない話。
ごめんね、
138:
詳しくありがとう
めっちゃ怖いな
140:
>>138
あくまで俺の体験した話じゃないけど、、
俺も事故現場見たわけじゃないからさ。
ほんでなんか電車の事故暦?駅ごとの年間事故表みたいのがサイトにあってさ。
2年くらいまえだっけかな。
みてみたらやっぱり事故あったみたい。
時間も当時の母のパート終わる時間とドンピシャだったわ。
141:
以上
「自殺者訪問」
でした。
142:
やっぱ創作くせーな。
母「どひゃああああ」←これがとくに。
143:
いや、面白い
嘘臭さも無い
妖怪退治の次くらいに好き
146:
>>143
でもこんな話信じてくれるあなたはとても優しい。
嘘じゃないって言うとまた予防線うんちゃらになりそうだからあんま下手なこと言わないでおくw
ありがとう。
144:
今追いついたんだけど
黒い服のおっさんの話読んでてスレンダーマン思い出した
スレンダーマン(The Slender Man:Slender Man、Slenderman とも)は、2009年にサムシング・オーフル・フォーラムにおいて利用者エリック・クヌーゼン(Eric Knudsen:別名・ビクター・サージ (Victor Surge))が創り出したインターネットミームから生まれた架空(フィクション)のキャラクター。細身で異常に背が高く、黒い背広を着た、無表情ないしのっぺらぼうの男として描写される。スレンダーマンにまつわる話は、誰かをストーカーとして追ったり、拉致したり、トラウマ(心的外傷)を与えたりするといったもので、特に子どもがその対象とされる。スレンダーマンはひとつの物語だけに登場するのではなく、様々な断片化されたフィクションに姿を現しており、その多くはオンラインで形成されているものである。
https://ja.wikipedia.org/wiki/スレンダーマン
147:
>>144
調べちまったよ。
おっかねーよぉ。
145:
「エレベーター」
簡易的に書くと
■友人からマンションのエレベーターが不気味だと連絡受ける

■俺「なんじゃそりゃ、しらんわ」

■後日夜に友人宅に用事があり家の前に到着、友人と友人の彼女がなぜか二人でマンションの外にいる

■友人「やばいやばい!今入るな!」友人彼女「女の人いたんだってぇえええええ!」

■詳しく聞くとエレベーターに乗ろうとボタンを押して待ってたらエレベーターが下りてくる前に上から黒い服装の顔のない女が上からすーっと降りてきたとか。
以上。
ちなみに俺は見てないけどエレベーターはたしかに異質だったかもしれない。
148:
なんかこういう話ってあんましないほうがいいとかよく言われるんだけどさ。
言ったところで俺には守るもの捨てるものないから大丈夫だよな。
多分。
149:
なんか自分で書いてて怖くなってきた。。w
今思うとちょっと怖いなこれ。
150:
>>145
こういう変な演出の無さがマジでリアルで本当に良いよ
どんどん行こう
151:
>>150
最後の締めとかまったくなくてごめん。
ほんとにあったまま書いてる。
んじゃ次
152:
「呪われた家」
簡易的
■男4人「心霊スポット行こうぜ!!」

■ここがあのネットにも噂になってる呪われた家かぁ・・・。

■家の前の入り口に車止めるも車内で運転席にいた友人がいきなり叫びだす

■一同「どうしたどうした!!」

■運転主「うわぁあああ!いやだぁあああ!!!!うんぎゃぁああああ!」

■運転交代

■後ろ座席でずっと泣いてる元運転手「ううっううっ・・・かわいそうだ・・かわいそうだぁあ・・・」

■知り合いの話によると幼い子が当時殺された家だとかなんとか・・・。
以上 質問あれば。
153:
あ、そういえば一回コンビニ止まってそいつ吐いてたなぁ・・・。
154:
ちなみにその心霊スポット?の場所にさっき話した「黒いおっさん」のときの親友ともいったことあるけどそいつも入り口で嘔吐しちゃった。
さすがに心配したんだけど話し聞いたらさ
家の近くに着いた途端に左耳(頭の中で)から男の声で「うぉおおおおおおおおおお!」
って声が聞こえてきて
怖かったらしいけど我慢してたら今度は右耳に抜けていく声で女の声で「キャァ嗚呼あああああああああああああああ!」
ってずっと鳴り響いて吐いちゃったたしい・・・・。
155:
これ書いて寝ます。
今まで見てくれてどうもありがとう。
タイトル「おかんの友達」
これちょっと長くなります。
っていうのも。
ガキの頃体験した話で今までで一番怖かった思い出。
156:
過去のレスに「子供の頃の記憶はあてにならん」ってレスあったけど。
これは特にあてにならないかも。
俺が4歳くらいのときの話だから覚えてる範囲で書いていくわよ。
157:
心霊体験?ていうのかな。
さっき話した自殺者訪問の話以降、俺はそういう体験とかにはもう縁がなかったんだけどさ。
ガキの頃は母いわくすごかったらしい。
すごいっていうのは、どうやら霊感が俺にはあったみたいで。
俗に言う「子供はそういうの見えるからね?」の頃の話。
※ちなみに母も今はなくなったらしいけど昔はそういうことに結構巻き込まれてたから母も霊感あったと思う。
曖昧ですまん
158:
さっきも書いたが俺が4歳くらいの話。
母は当時生命保険?だかの仕事をしていたはず。
そこで知り合って仲良くなった母と同い年くらいの女性とよくご飯食べに行ったり遊びに行ったりしてた。
そんなある時にさ、その人が引越しをしたんだけど家の様子が変だから見に来てくれない?って言われたらしいんだ。
んで一回目は母だけが行った。
んで俺はお留守番。
帰宅した母がティッシュにくるまれた四角い紙見たいのを持ってきたんだよ。
159:
俺「これなに?」って聞いたらさ
母「あんた絶対これ見たらダメだよ。見たらお母さんほんとに怒るからね」 って言うわけよ。
見ずにはいられないだろそんなの。
んで夜に母が買い物に出かけた。
その隙に俺は母の部屋の洋服ダンスやら化粧台の引き出しやらを開けてそれを見つけたんだよね。
んで見てみたんだよ。
それが実は写真でさ。
165:
んでさ、その写真。
最初見たときなんの写真か分からなかったんだよ。
暗い部屋の中にオレンジ色の明かりがぽつぽつあるのがわかったんだけど。
見れば見るほど・・・・謎。
俺「なんじゃいこれ」って感じでさ。
でも良く見るとようやくわかったんだよ
166:
母の友達の息子の誕生日の写真だったと思う。
テーブルの上にケーキらしいものがあって、そこからオレンジの蝋燭(ろうそく)の光があったんだよね。
んで映ってる人は母の友達、その友達の息子。
んでソファの近くで立ってるおばあちゃん?なのかな。
んで台所ら変に立ってる若い女の人
なんやホームパーテーの写真か
幸せそうだなくらいにしか思ってなかったはず。
んで
その写真をまたティッシュにくるんで元の場所に戻した。
んで母が買い物から帰ってきた。
168:
しばらくしたら母が
母「〇〇〇!!!!!!!!ちょっときなさい!!!!!!!!怒」
「あーばれた・・・」
って思って母の部屋に行ったら母は怒ってた。
母「あんた見たの?見たんでしょ」
んでわんわん泣いて
俺「ごめん。。みた・・泣」
ビンタが飛んでくるとおもったんだけど意外にもさ
母「あんたこの写真みて、なに見える?」って聞いてきたんだよ。
170:
そんでさ、さっき書いた通りのこといったんだよ。
台所に女の人
ソファの近くにおばあちゃん
母の友達
その息子。
そしたらさ
母「あんたこの写真みてどうおもう?」
って聞くから思ったまんまのこと言ったんだよたしか。
でもごめん。
なんて言ったかは忘れてしまった。
でもその俺の発言がきっかけで母が
「あんた近いうちここ行くからね。たまにはお母さんのこと助けなさい(助けなさいかはわすれたけどそんな事言ってたはず)
171:
んでそれから何日かしてから(だいぶ日にちはたったはず)
その家に行こうってことになったんだよ。
んでちょっとこっから俺のトラウマになるんだけどさ。
家の前に着いたの。
古い市営団地?だったかな。
たしかその人母子家庭のはずだから市営団地だと思った。
んでその市営団地すごい不気味なんだよね。
でもまぁ行くしかないじゃない。
んでインターホン鳴らしてお邪魔しマースって入るわけよ。 
172:
んで母が最初に入って一言「うわー前よりひどいねぇ・・・」って。
母の友達も「えぇ・・うそぉん・・いやだぁん・・・」みたいな会話してたのは覚えてる。
んで俺も靴脱いでさ。
「お邪魔しマース」って声かけてリビングに入ったのね。
173:
ごめんみなさん。
今PCから書いてるんだけど。
これさ画像とかって乗せれるかな。
絵で説明したいんだけど
174:
俺の下手くそな説明力でいいなら
このまま続けるけど。。。
伝わるかしらねぇ。。。
179:
「お邪魔しマース」って声かけてリビングに入ったのよ
そしたらさ
なんか意識がいきなり朦朧(もうろう)としてきたんだよ急に。
今思えば貧血の状況に近かったかも。
目の前がかすんだりはっきり見えたりを繰り返してた。
んで目をこすったりするんだけど治らなくて。
んでしまいにはテレビのノイズみたいに(砂嵐?)みたいになってきてさ。
189:
>>179
わっ、砂嵐はあれだわ。霊が近くにいるって奴だ。
自分も近くに霊がいるとこに行くと目の前が砂嵐になる 離れると治るんだ。
またその場所に戻ると砂嵐が発生する。周囲の環境音がパッタリ消えて
いきなり無音になる事も・・・(で、霊の声がデッカク耳元で聴こえるお約束もあったりする
自分の場合はため息だったけど・・・はぁぁぁぁー・・・。全身鳥肌ビーンだよ)
200:
>>189
周囲の環境音がなくなったってそれ一緒ですね。
耳に水が入ったみたいな感じだった気がします。
見るより聞くほうがこええかも・・・
砂嵐はほんと焦りました。
古い記憶なので曖昧ですが・・・w
182:
ご確認お願いします
ちなみに画像はペイントで書いた間取りになります。
186:
画像を見て頂いて分かるとおり、玄関入ってすぐ目の前がテレビ台とテレビがあったんです。
んで貧血チックになって意識が朦朧してるなかで徐々に症状が軽くなっていったんだけど。
俺「やっと治ってきた・・・」っておもったらなんか部屋の雰囲気がすごい怖かったのを覚えてる。
んで怖くなって母にぴったり寄り付くようにしたら母が「あぁこの子もやっぱりか」
みたいに悟って、母の友達と顔合わせて二人とも「やっぱ普通じゃないわここ」
みたいに相槌打ち合ってたのを覚えてる。
んでリビングでお茶飲んでお菓子食べてなぜか母も母の友達もその話をしばらくしなかった。
187:
それからちょっとしてトイレがしたくなった。
母にトイレに行くことを告げておしっこしーしー。
正直トイレまで行くのは怖かった。
玄関にあるもんだからさ。
玄関近くでなにかあるんだろうって感じはしてたから。
んでトイレ終わってリビングに戻ろうとしたらまた貧血みたいになった。
今度はマジでやばいって思った。
一人でこれはまずいと。
必死になって声だそうとしたけど出なかったんだよ。
んでまたフラフラしてきてさ
またなんか殺気?みたいな・・
すげー怖い感じになっていくのがわかって。
188:
んでさ
ふっとテレビ台のほうみたんだよ。
そしたらさ
その家のテレビ台ってさ、テレビしかなかったのね。
用はテレビ台はテレビとビデオデッキが入る隙間があるでっしゃろ。
台の上はテレビ
下はビデオデッキを置くところみたいなさ。
果たしてこれみんなに伝わっているだろうか。
んでこれからちょっとまたペイントで絵描くけど。
※へったくそなんでわかりづらかったらごめんね
その意識もうろうとしたなかで見た風景書きますのでちょっとおまちください。
190:
自分で書いててくっそ下手くそでワロタ・・・・w
まぁニュアンスで感じてください
191:
絵は下手くそだけど。
意識がもうろうろした中でふっとテレビ台みたらさ。
ビデオデッキの入る隙間に紙が濡れてて目と口が赤い女がずっとこっち見てるのよ。
ほんと焦った。
絶対殺されるって思ってさ。
マジでびびった。
192:
絵が上手くなくて良かった
193:
でもさ
「目線が合ったら殺される」
「話しかけられても殺される」
「もうなにをしても殺される」
って思って。
最終的には
「何もしない」
に行き着いてさ。
ずっと耐えてたんだよ。
194:
でもなんか金縛りみないになってるし。
声でないし。
んでちょっとだけ見たらさ。
口元動いてるんだよ
ほんとに微妙にだけど。
なんか喋ってるっていうよりは
動かしてるって感じ。
顎が外れて「あがっ・・・あがっ・・・」ってなってるような感じ。
195:
んで、しばらくしたらすーーうっと元の背景に戻ったんだけど。
でもこれを母に報告したら絶対ダメだってなぜか思ってさ。
んで何もなかったかのように母のとこいったらなんかもう母は悟ってた。
ずっと手握られててさ。
んで和室があるんだけど。
和室を見せてって母が友達に言って見に言ったんだよ。
んでその和室からさっき感じたような殺気みたいな怖い感じのものを感じてさ。
「ここ入りたくない」って母に言ったら
母は「あーーーわかった。これだ!!」
って和室に置いてある洋服ダンスを指差してた。
196:
聞いたらさ、母の友達が引越し前にフリーマーケット?かなんかですごい安くて買ったやつだったらしくて。
なんで原因が洋服ダンスだったのかは未だにわからない。
でもその洋服ダンスを母が友達に処分するように言ったらそのあとから気持ち悪い感じがなくなったらしい。
まぁわかってるとおもうけど。
俺が見たのは写真に写ってた台所にいる女の人だった。
以上です。
見てくれてありがとう。
197:
いっちごめん笑った
下手すぎて反対に良かったよwww
上手かったら怖さ倍増だから助かった
198:
>>197
絵はどうしてもなぁ。。。。w
怖がらせるつもりは全くなくて、俺だけがトラウマだったから
逆にわらいとばしてくれたほうが俺的には安心です・・・w
199:
写真見たときは、その女の人は目とか口とか赤くなかったん?
201:
>>199
どうせつめいすればいいんだろ。
なんか台所の奥でカメラの方は向いてなくて立ったまま全身だら?んとした感じでうな垂れてました。
顔はぎりぎり見えてなかったのですが、雰囲気から言っても髪の感じから言っても間違いないと思います。
204:
>>201
なるほどなぁ
てか、初めはこんな面白いスレになると思ってなかった
ありがとう
205:
>>204
いえいえ。
俺も初めてスレ建てていい経験できました。
まだちょこちょこあるんで暇なときでも書きにきますね
202:
あ そうですね
なんか質問あれば答えます。
203:
でも不思議とおっさんになるにつれて
まったくそういうことなくなったんだよなぁ。。。
よく言いますよね。
歳とると見なくなるって。
こんな体験してるけどオカルトはあんま信じてないんだよなぁ
167:
最初の方の黒い人の話を聞いて似てる体験はしてる。
まあ自分の場合は振り向いていなくておかしいなと前向いたら
目の前に能面ヅラのおっさんの顔! 黒の多い灰色って感じの皮膚
って状況だったが。過ぎでしょ、瞬間移動よりい。
169:
>>167
皮膚までは見なかった。。。
能面って何か調べたらまたおっかないやんか。
正面から見なくて良かったのかもしれない。。。
やはり瞬間移動使いでしたか。
っていうか結構似てる体験してる人いるんですね。
あれほんとなんだったんだろうか・・。
175:
瞬間移動と言う説と霊が自分たちの波長を調べテレビやラジオみたいに波長を繋げる
すると自分達も相手が見える 霊の方が相手に自分の存在を認識させたら波長を外す
すると向こうは波長がきれたからパッと消えたように見えるわけ
霊の方は普通の徒歩のスピードでのんびりおかしいなとキョロキョロしてる人間の近くに行く
近くまできたら波長を合わせる、目の前に出現!相手はウワァーッ!とびっくり!とこういう説もある。
・・・あぁ・・・かーちゃん 持ってる人だったのね。
で、イッチもかーちゃんのがうつったか何かで見ちゃったと?
176:
>>175
なんかその説スゲー信憑性あるかもしれぇん。。
母ちゃんは元々霊感?あったぽいです
結構そういう話の相談とかされてきてた記憶がありますね。
209:
全部読んだ、やばい鳥肌たった
今さ、病院に入院中だから余計に鳥肌だよ
絵は怖いからみてないスマソ
退院したらお祓いしてもらおう
211:
俺も昔ガチの心霊写真を拾ったことある
友達に見せようと拾って持ってたはずなんだけどいつの間にか無くなってた
色んなテレビとかで心霊写真見たけどそれを超えるのは未だに見たことない
214:
怖い怖い
何この良スレ
でも怖すぎて動悸止まらん
自分も昔1度だけ白いワンピースの女の人がフワッフワッて家の廊下を横切るのを見たことあって本当に怖かったな
それまで霊は信じてなかったけど、そういう存在もこの世にはあるんだって信じるようになった
221:
私は銀座で黒い傘、黒い帽子、黒いロングコートの男の人に話しかけられたよ
背は小さいんだけどコートの肩幅と傘が異様に大きくて、銀座だから人通りがすごい多いんだけど
その人のところだけよその世界って感じだった
222:
あら、気付いたら色々書き込みあるなぁ。
どうもこんばんは
225:
トリップってこれのことか。
できてんのかな。
226:
帰宅中の帰路。
暇なんで書こうかしら。
227:
タイトルつけるなら。
そうだなー。
「進む夢」
228:
まぁ夢の話だから勘違いって言われたらそれまでなんだけど。
これは高校時代の話でさ。
当時付き合ってた女の子がいたんだけど。
高校の最初から三年になるまで付き合ってて。
高校生生活も、高校生性生活も堪能してた。
229:
ホントに何気ない生活をしてたんだけど。
ある日夢をみたんだよな。
内容は、彼女が地元の病院の前で遊んでる夢。
「なんじゃこりゃ」って感じだった。
んで次の日もまた夢をみたんだよな。
230:
二日目。
彼女が病院の側にある道路でこっちをみてニコニコしてる。
三日目。
彼女が病院の側にある道路でまたずっとニコニコしてる夢。
連日見るのはおかしいってさすがに思って不安になったんさ。
231:
んで、期間は忘れたけどそこから1週間くらい空いた。
次見た夢が衝撃でさ。
五回目?の夢か。
病院の側の道路でニコニコまたこっちを見てる。
もうその光景が気味悪る過ぎて嫌気をさしてた。
そしたら右からきた大型トラックに引かれたんだよ。
怖かったのはさ、ひかれる直前までずっとニコニコしてたんだよな。
237:
ちなみにいつも通りたいしたオチはないのでそこ理解していただけたら有り難いです。
238:
【では続きから】
トラックに引かれる直前までニコニコしてた当時付き合ってた女の子の夢を見て、飛び起きたその日の朝も気分が悪かった。
学校に行っても彼女はいつも通りだし。
でもその夢の事はなぜか言い出せなかったんだよね。
239:
んでその日の夜は寝たくなかった。
寝たらまたあのトラウマになるよな夢を見るかもしれん.....
そう考えながらも布団の中で携帯触ってたらいつの間にか寝てた。
そしたらさ、またあの夢なんだよ。
トラックに引かれた彼女を見た。
でさ、感覚的な話なんだけど。
見た!ってより、見せられてるって感じがしたんだよな。
240:
だけどその日の夢は違った。
今書きながら思い出してきてホントに気味が悪い。
トラックに引かれたニコニコ笑顔の彼女
引かれた後、ビデオの巻き戻しみたいに時間が戻ってさ.....
何回も引かれる瞬間を見るんだよ。
ニコニコ→ガシャン!→巻き戻し→繰り返し
みたいな。
241:
怖くてさすがに飛び起きた。
正直気が狂いそうだったよ。
んで、その日の学校で遂に彼女に話した。
彼女は「そういう悪い夢は逆にいい夢なんだおー!ニコニコ」みたいな反応で。
正直ちょっと天然入ってた子だったから、ぽやーっと下感じで流された。
242:
んで、またその日の夜。
また夢を見た。
その夢は以前見てたニコニコ彼女トラック衝突事故の夢ではなかった。
たしか夢の中でも「よかったぁ」って感情はあった気がする。
243:
んで、その夢ってのがさ。
実家の自分の部屋の隣が母親の部屋なんだけど。
夢の中で学校から帰宅した俺が母の部屋に入ったら。
母が布団で寝てる夢だった。
244:
夢から覚めてホッとした。
「トラックの夢じゃなかった。よかったぁ」
んで学校から帰宅。
そしてその日の夜の夢でまた恐怖のどん底に叩き落とされた。
245:
夢の中でまた、学校から帰ってきた俺。
母親の部屋にいく。
母は寝てる。
「ねー。腹減ったぁ。」
母「zzz」
こんな夢だった。
246:
起きてから瞬時に悟った。
「今度は母親か」ってさ。
次の日の夢。
学校→母親の部屋→「ねー。腹減ったぁ。」
母親「.....」
布団をがばっと開けたら真っ白な顔をして死んでた。
夢だけどさ、身内の死を目の当たりにした恐怖で気が狂いそうになった。
いや、もう狂ってたかもしれないけど。
247:
次の日も見た。
俺が母親の布団をがばっと開ける。
母親が死んでる。
ビデオの用に巻き戻し。
また繰り返し。
夢の中で「ぎゃああああ」と叫んだら実際に叫んでたらしく、母親が部屋に入ってきた。
「あんたどうしたの!!」って。
248:
洗いざらい全部話した。
話さなきゃと思った。
よく言うじゃん。
正夢を回避するには人にしゃべった方がいいとかさ。
実際に、彼女にしゃべったその日から夢が切り替わったから。
母親だけは夢のような事にさせたらいかん!って強く思ってさ。
そして母親も彼女と同じ事言うんだよ。
「あんた変な事ばっかり考えてるからそんな夢見るんだよ。悪い夢は逆にいい夢だから大丈夫」
俺は心の中で「なにも大丈夫じゃない。普通じゃない。こうなる可能性は0じゃねーんだぞ」って思ってた。
249:
母親にしゃべった次の日。
恐らく最後に見る夢だろうと確信に近いものはあったんだ。
実際にその夢を見てから今現在、もう夢を見てない。
以下は最後に見た夢。
暗い空間にぽつんと俺がいた。
この時の夢の視点?て言うのかな。
夢を見てる俺は自分の姿を右斜め上から見下ろしてた。
250:
暗い空間に俺1人。
その背中は疲れきっていて丸かった。
しばらくしてから、その暗い空間に大きいモニターの用な物が二枚じわじわと現れた。
その二枚のモニターになんか叫んでる俺。
でも夢の中は無音だった。
昔の話だから無音じゃなかったかもさしれないが。ちょっと曖昧でごめん。
251:
二枚のモニターの用な物が映像を写し出した。
内容は、彼女のトラック衝突の夢と母親の布団がばっのシーン。
それぞれが写し出された。
左が彼女のシーン。
右が母親のシーンだった。
それを見てるモニター前の俺はモニターに向かって何か叫んでる。
映像は夢で見たと同じ、ビデオの巻き戻しみたいに何回も繰り返してる。
252:
しばらくしてから、モニターの映像は消え、モニター前の俺は膝を落として泣いてた。
上から見てた俺は「俺ってこんな激しい泣き方するんだな」とか、思ってた。
しばらくしてから、モニター前の俺はいきなり泣き止んでその場すっと立ち上がった。
立ったままずっと動かない。
暗い空間の中にさっきまで泣いてた俺が急に泣き止んで立ったまま動かない光景はすごく不気味だった。
253:
しばらくその光景をみてた。
逃げ出したいくらい怖かった。
それからモニター前の俺はなぜか首を左右に振りだした。
徐々に早くなっていき、次第には残像が見える位のさになっていた。
上から見てた俺も泣き出しそうだった。
それと同時に俺は直感で思った。
「これ、俺じゃない....」って。
しばらくするとまたピタッと動かない。
254:
ゆっくりゆっくり振り返えようとしたモニター前の俺。
上から見てた俺は「こっち向くなこっち向くな」ってずっと祈ってた。
けどそれもむなしく、向こうの俺は上にいる俺に気付いたのかこっちをじーっと見てた。
俺も目線は外さなかった。
すると向こうの俺は何かぶつぶ言ってた。
口元だけがずっと同じ繰り返しで何かをしゃべってた。
その言葉は無音なので分からなかったはず。
255:
ぶつぶつ口を動かしてる俺はまたピタッと動かなくなった。
しばらくして、急にあぐらをかいて座りだした。
もう、こっちは見ていない。
視線はモニターと逆の方向を見てる。
でも、その方向は何もない。
そして両手を合わせてまたぶつぶつ言ってる。
悟った。
なんかお経を読んでるみたいだなって。
そしてまた動かない。
んで、あぐらをかいてた俺は急にパッといなくなった。
暗い空間に上から見てる俺だけになってしまった。
256:
その暗い空間で意味もなくたたずんでると、夢の中なのに意識が遠くなっていった。
「ああ、夢から覚めるんだな」って分かった。
その瞬間に脳内?て言うのかな。
俺じゃない違う男のような声で
(電話で喋る音質だったと記憶)
「選べ」
って言われた。
瞬時に理解した。
彼女が死ぬか母親が死ぬかって事だわなって。
意識が遠くなっていく中に、
「この瞬間に言わないと、両方死んでしまうかもしれない。」
257:
意識も限界になってきて暗い空間から白い空間に変わろうとしてた。
その時にとっさに出た言葉が
「お前が死ね」
だった。
んで夢から覚めた。
彼女と母親にまた洗いざらい話した。
こういう夢をみた。
だから、気を付けろ。
事故も病気も全部気を付けろって。
それから10年位たったが、何事もありません。
落ちがなくて申し訳ない。
以上です。
258:
捕捉ですが。
母親の夢のシーンで学校から帰宅した後、すぐ冷蔵庫開けたりとか、トイレ行ったりするシーンがあったんだけど。
実際に正夢になってたりとかちょいちょいありました。
後は彼女に夢の事を初めて喋ったときとかも。
まあ、正夢なんて脳の処理がうんたらなんたらとか良く言うんで関係ないかもですが。
皆さんも変な夢を見たら現実世界で行動すれば最悪な危機を回避できるかも。
メンヘラみたいだな読み返すと....w
259:
いつも通りめっちゃ怖い
261:
他にもあるようなら引き続きお願いします
263:
他はパンチで言うジャブみたいなもんしかないんだよなー。
知り合いから直接聞いた話とかならあるけど、、、
265:
無いなら質問答えてよ
心霊捜査官とかやればできる?
267:
心霊
>>265
心霊捜査官は無理かなあ
268:
>>267
例えば、山とかでヤバい場所とか感じるとするやん?
んで、そのへん掘って死体が出て来たら犯罪者を捕まえるんに役立つやん?
的な感じで世の役にたてたりできひんかな?
269:
>>268
自分の場合は幼少?高校当たりがピークで、おっさんになってしまった今はあんまり霊感?みたいなのがなくなってしまったんだ。
でも、ものっすごい嫌な場所とかは察知することはたまにある。
遺体を見つけたりとか、ああいうのってテレビのヤラセにしか見えなくて。
正直霊感?みたいなもんがすごく強くてもああいうのは絶対無理だと思ってる
271:
>>269
返答ありがとう!
そういうリアルな話が聞きたかった!
>>1の話は本当にリアルさがええよな。
引用元: ・昔不思議な体験したからピンと来るとこがあったら教えてくれ
- シェアする
- LINEで送る
- ツイートする

- シェアする
- はてブする
- ツイートする
- 共有する

このまとめが気に入ったら
「いいね!」または「フォロー」
よろしくお願いします!
@kijyosokuhouさんをフォロー
100

続き・詳細・画像をみる


 韓国、ミサイル発射

ワイ「こういう古くて汚くて客もいないようなラーメン屋が案外美味かったりするんだよなぁ」

父親の「思い出のガンプラ」捨てさせるテレビ番組が炎上 視聴者「こんな酷い番組生まれてはじめて見た」

「長女が「妹がほしい...」って言ってるみたいなんだよなー」 海老蔵さん、早速再婚をチラつかせ始める

ワイ「こういう古くて汚くて客もいないようなラーメン屋が案外美味かったりするんだよなぁ」

蘭子「汝が望む豊かな乳房のため、儀式を行っている!!]武内P「」

back 削除依頼&連絡先