【速報】 『のら猫拳』写真集が話題、1万部突破 どうやって撮影?裏話を聞いたback

【速報】 『のら猫拳』写真集が話題、1万部突破 どうやって撮影?裏話を聞いた


続き・詳細・画像をみる

1:
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170617-00010002-nishinpc-soci
躍動感たっぷりにパンチやキックを繰り出すなど、格闘技選手のような野良猫たちの姿を
捉えた写真集「のら猫拳(けん)」(エムディエヌコーポレーション)が、話題を集めて
いる。今年1月に発売後、増刷を重ね1万部を突破。撮影したのは「アクセント」と名乗
る北九州市在住の男性写真家(29)。なぜ、猫に人間のようなポーズを取らせることが
できるのか。撮影の裏話を聞いた。
.
ツイッターの投稿「予想以上の反響だった」
 「のら猫拳」は、アクセントさんが撮影した約10万枚の写真から選んだ約170枚を
掲載。跳び上がりながらレンズに向かって足を伸ばしたり、パンチを繰り出したりする猫
の姿態を活写している。アクセントさんは仕事の傍ら、3年前から撮影。昨年4月、猫じ
ゃらしで遊びながら撮ると、高くジャンプする姿を偶然捉えられた。インターネットの交
流サイト「ツイッター」に投稿すると、リツイート(転載)が4万回を超え「予想以上の
反響だった」。
 その後、週末に撮影へ出掛けるたび、厳選した作品を投稿。出版関係者の目に留まり
、昨年秋ごろから書籍化に向けた準備をしてきた。「猫らしくないコミカルさがうけたの
では」とアクセントさん。その世界観は、江戸時代の浮世絵師歌川国芳が盛んに描いた、
擬人化された猫にも通じる。
.
テントを張って野営したことも
 撮影場所は「九州のとある港町」。昼間は寝ている野良猫が多いため、狙うのは早朝か
夕方だ。納得のいく一枚を撮るため、テントを張って野営したこともある。
 詳しいテクニックは「企業秘密」だが、猫じゃらしに似せたオリジナル玩具で猫を遊
びに誘いながら、片手でカメラを構える。長時間操作するため、軽量で連写性能に優れた
ミラーレス一眼レフを愛用する。
t
「人と猫の付き合い方も考えてもらえたら」
 撮影中は逃げられることがほとんど。猫は飽きやすいため、前回快くモデルになってく
れても、いつも機嫌が良いとは限らない。「2カ月間通い続けて、やっと遊んでくれた猫
もいる」という。「人間と野良猫の関係が良好な地域でこそ撮影ができる。人と猫の付き
合い方も考えてもらえたら」。すでに続編の準備を始めている。(写真はすべて(C)2
017 Accent)
3:
ネズミの動かし方である程度決まる。あとはピントが来るかどうかとタイミングの問題。
5:
どうして画像を貼らないんだ
14:
>>5
3枚目かっこよすぎだろ
すげー
21:
>>5
2枚目 神スイング
22:
>>5
4枚目の写真の猫がバレーボールでサーブ打った直後に見えるww
25:
>>5
どれも酔拳の演舞中に出てくるやつに見える
7:
酔拳の達人とみた
10:
飛び蹴りかっこよすぎいぃ!!
16:
よくこんな写真撮れたなぁ
20:
> 人と猫の付き合い方も考えてもらえたら
いいこと言うわ
まず動物写真家に考えてほしいもんだ
26:
「いいこだねー」って言いながら近づいて写真撮るんでしょ?
28:
> 詳しいテクニックは「企業秘密」だが
偶然撮れたのが多いので、「こうやって撮ったんです」なんて恥ずかしくて言えましぇん...
29:
偶然だけで写真集だすのは至難だぞ
30:
>>29
今デジタルデータとして残せるので、なので
もう「お前は野良猫ストーカーか!」ってな位にしつこく撮り続ければ
もしかしたらこういう写真集も纏められるのかも
手間は、猫ストーカー + 膨大なデータとにらみ合い
3

続き・詳細・画像をみる


子どもに車運転させる動画で配管工の男逮捕…男「無免許運転させた事になるとは知らなかった」

【56枚】土曜だしGIF見て笑ったら寝ろwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

かっぱ寿司の食べ放題、失敗に終わりそうな模様wwwww

ガキの使いで面白かった企画

“再起は絶望的”といわれたマクドナルド、なぜ奇跡的な復活を遂げられたのか?

恋愛漫画読んでたら恋がしたくなって

重機動メカスレ

【ハンターハンター】ゼノが変化系なのは未だに納得いかんwwwwwwww

夫&義実家と、言った言わないの話でもめることが多いです。どうしたらいいのか分からなくなってしまいました。

父の日は実家の仏壇に父の好きだった和菓子をお供えしに行くんだけど夫に「まだ行くの?」と言われた

ネッコのGIF画像貼っていくンゴwwwwww

姪に着なくなった服をあげ、姪も着ない服は処分した話を職場でしたら、新卒の子が「えっ、私にくれないんですか!?」

back 過去ログ 削除依頼&連絡先