戦争で飯の補給って一番の重大事なのに何で日本軍は考えなかったの?back

戦争で飯の補給って一番の重大事なのに何で日本軍は考えなかったの?


続き・詳細・画像をみる

1.
2. 1.八神はやて
3. 2017年06月10日 08:14
4. ID:PBCDifuY0
5. 日本の補給については色々弁明したいと思う。
けど、インパール作戦だけはあまりにも兵站を軽視している。
6.
7. 2.名無しの偉人さん
8. 2017年06月10日 08:19
9. ID:m5CrgrNA0
10. 「兵站を重視」が魔法の呪文か何かと勘違いしてる奴って未だ居るんだな
よほど特殊な状況でなければ大なり小なり何かが足りない戦線なんて必ず出るのに、司令部が無能でなければ万事が滞りなく進む筈だと信じてる
究極の精神論者が精神論と他者を批判してるんだから呆れるしかない
11.
12. 3.ななしさん@スタジアム
13. 2017年06月10日 08:20
14. ID:IBi2V.uq0
15. ※206
広告をみたら、現在の北朝鮮に似ている内容だよ。
16.
17. 4.名無しのプログラマー
18. 2017年06月10日 08:22
19. ID:EH.g7ZWY0
20. 食料だけでなく衣服や薬品も致命的に欠如しとるんだよなあ。
真冬の南京攻略を夏服でやらされた部隊が略奪はじめて
司令官が略奪や暴行が多すぎるって日記で嘆くくらいなんだし。
21.
22. 5.名無しさん
23. 2017年06月10日 08:24
24. ID:CesupjNF0
25. 兵站が大事なのは知っていたが、やりたくてもできなかった。
どうせできないのだから、無視しようとなった。
26.
27. 6.名無しのプログラマー
28. 2017年06月10日 08:26
29. ID:EH.g7ZWY0
30. ※3
当時の日本はやってることは現代の中国、
中身は北朝鮮で、政府と軍部にはソ連のスパイだらけっていうね。
31.
32. 7.名無しのプログラマー
33. 2017年06月10日 08:27
34. ID:EH.g7ZWY0
35. 海軍って陸軍以上にやらかし多いし、糞なことしかできてないけど、
戦後の捏造小説が正史になって、一気に有能化したよな。
36.
37. 8.名も無き哲学者
38. 2017年06月10日 08:29
39. ID:KpZaR7vn0
40. 正直、旧日本軍の惨状って、一つのやらかした失敗例が一人歩きしてばかりで、本当はまともだったのに変な偏見常識が蔓延してる気がする。
41.
42. 9.名も無き哲学者
43. 2017年06月10日 08:30
44. ID:kzckOhNC0
45. あまりにも日本の国力がなさすぎたんだろ
結局物を作るための機械や作戦を補助する船や車がたくさん必要なのにやれ戦艦やら外側ばかり重視してた
46.
47. 10.名も無き哲学者
48. 2017年06月10日 08:31
49. ID:SoWOGToV0
50. 経営が苦しい、将来の展望も見えない、そんな時に給料を削ってなんとかしようとするのは仕方ない面はある。
とはいえインパール作戦はひどいな。
51.
52. 11.名も無き哲学者
53. 2017年06月10日 08:32
54. ID:kzckOhNC0
55. 戦前の軍のどこがまともかだよ
関東軍は本部の手のつけられない組織になってる時点でもはや組織の体をなしてない
56.
57. 12.名無しのプログラマー
58. 2017年06月10日 08:38
59. ID:pOo8WRKL0
60. 206
最近ネット上でよく見かける「海外に称賛される素晴らしい日本」記事に似てる
ネットが普及される前は日本人はもっと謙虚だった気がするんだが
祖国は愛おしいものだし日本は素晴らしいとは思っているけど、近頃の愛国煽りは戦前の雰囲気に似ている気がして怖い
61.
62. 13.名も無き哲学者
63. 2017年06月10日 08:41
64. ID:s1Gkj8BY0
65. 現地調達をやたらに貶してるが、どの国もやってたんだよなあ
それにヨーロッパに日本持ってくと分かるけど、日本は全然小さな国じゃないのに
それが小さく見える範囲に一国で展開してたんだから
補給資源の量や輸送手段にボロが出るのも当たり前
そんな広い範囲に展開した可否はまた別の話だが
66.
67. 14.名も無き哲学者
68. 2017年06月10日 08:42
69. ID:PO9OONBX0
70. 牟田口の話はやめろ!
71.
72. 15.名も無き哲学者
73. 2017年06月10日 08:46
74. ID:hYicH.jd0
75. ※11
それおまえみたいは基地外が法より感情を優先しろと騒いだからだぞ
ほら、お前も森友がーとか加計がーと必死で騒いでたろ
76.
77. 16.名も無き哲学者
78. 2017年06月10日 08:48
79. ID:V.ug6k0g0
80. 言うほど天皇陛下万歳じゃなかったのは事実に近いと思う。いわゆるポーズだよね。いま周りでも戦争行ってた92オーバーの爺さんたちバタバタいなくなってるけど、みんな「家族のためや自分のためにやってた。陛下は尊敬してたが万歳を叫んで陛下の為に奴なんてほぼ周りにいなかった。」って言ってた

あと東條のことは嫌ってる人多かったね。晩年でも「東條のクソヤロウ」って言ってる爺さんもいたし、まぁ俺個人は東條については微妙に考えるところもあるけど、戦争してた人達からしたらクソヤロウだったんだろうな。
面倒見が悪く根性論振りかざしたて下っ派いじめてたり(現代のレベルとは違う)した上官は撤退時や引き揚げ時に相当な報復受けたみたいだね。
81.
82. 17.名も無き哲学者
83. 2017年06月10日 08:49
84. ID:iQ2oHM0m0
85. その昔「一番の敵は陸軍」という海戦ゲームがありましてね・・・
86.
87. 18.名も無き哲学者
88. 2017年06月10日 08:49
89. ID:jsoGovnI0
90. そもそも資源足りないから大東亜共栄圏とか言い出して現地から搾取してんのにマトモな補給体制あるわけないだろ!いい加減にしろ!
91.
92. 19.名も無き哲学者
93. 2017年06月10日 08:52
94. ID:.l3OB3zQ0
95. ※2
だからその補給が万全でないという現実を元に作戦をたてなければ
いけないのに、当時の軍部は作戦参報の権限が強すぎて、情報参報等を
軽視し過ぎて、情報を元に作戦をたてるという当たり前のことができず
たてた作戦を遂行すること第一で情報で微修正するなんて体質だったん
だから問題ある組織だったことは擁護できないと思う。
96.
97. 20.名無しのはーとさん
98. 2017年06月10日 08:53
99. ID:H2us3J160
100. ファンタジーだと慰安所の方が多かったらしいよ。
101.
102. 21.名も無き哲学者
103. 2017年06月10日 08:53
104. ID:MbGxFaCY0
105. スパイに上手いように誘導されたとしか思えん流れ
106.
107. 22.名も無き哲学者
108. 2017年06月10日 08:54
109. ID:8HW468hY0
110. ドイツだって補給足りてなかったしイギリスやソ連も補給はアメリカ頼みで自力じゃできてない
なんで?って聞いてるけど、逆になんで補給を軽視したといつから錯覚したの?って聞きたい
111.
112. 23.名無し
113. 2017年06月10日 08:58
114. ID:hTMGx.rf0
115. 輜重兵を軽視した風潮はあったみたいだけど、
太平洋戦線の輸送軽視に関しては仕方ない部分もある。
艦船の数が圧倒的に足りないんだよ。
輸送船団護衛に回せるほど正面戦力に余裕ない。
兵站ラインを護ろうとして主戦力が腰砕けになっちゃ意味ないだろ。
116.
117. 24.名も無き哲学者
118. 2017年06月10日 08:58
119. ID:JG7eF6.80
120. 補給路絶たられてるのにどうやって補給するん?
121.
122. 25.名無し
123. 2017年06月10日 08:59
124. ID:a6QMFcIy0
125. 人持て余して面倒臭 大陸でもブン投げとけ後知らん
そのノリの延長
126.
127. 26.名も無き哲学者
128. 2017年06月10日 09:01
129. ID:E1qxVUP50
130. 今も昔も根性論第一だぞ
131.
132. 27.名も無き哲学者
133. 2017年06月10日 09:03
134. ID:EV25eER90
135. ジャップは雑魚、これ朝鮮の常識ニダ
136.
137. 28.すまいる名無しさん
138. 2017年06月10日 09:05
139. ID:GjSse7z90
140. >>12
どこの国でも自国大好きで賞賛するんだよ。
アメリカなんてもっと凄いから。
そしてそれでいい、謙虚なんてものは日本人以外には理解されないもので、
むしろ自賛こそが正しい行為。
141.
142. 29.名も無き哲学者
143. 2017年06月10日 09:05
144. ID:UJyrFHuL0
145. まぁ一歩間違えれば、朝鮮やイラクみたいになってたんだから
あの時期に負けて正解
基本日本は外圧がなければ、いつまでたっても変革できない国ですし
※3
現代の日本もやっとるよ
神の居る国日本、美しい国日本、四季がある国日本ドヤァだからなww
146.
147. 30.名無し
148. 2017年06月10日 09:05
149. ID:hTMGx.rf0
150. ※27
サンデーの回し者はお帰り下さい。
151.
152. 31.名無し
153. 2017年06月10日 09:09
154. ID:a6QMFcIy0
155. 補給を軽視したんじゃない。 
基本は「無い」。
補給「有り」の前提だったら「一応形だけはやってみるけどw」程度の軽視なんかしない。
それで軽視してたら当時のメンタルや思考が単なるサド&マゾ
156.
157. 32.名も無き哲学者
158. 2017年06月10日 09:10
159. ID:TpmlE4L60
160. 軍艦間宮って知ってくか
羊羹を作りに戦地に急行した
兵站ってのはな
こういう事を言うんだよ
161.
162. 33.すまいる名無しさん
163. 2017年06月10日 09:10
164. ID:GjSse7z90
165. >>19
それはちょっと違う。情報参謀が強いのではなくて、
日本においては一度みんなで決定したことは覆せないからだよ。
社会人だったらわかるとおもうけどどの会社でも同じ。
現場から不都合が途中で出てきても、一度決定したらそのまま進めるだろ?
日本社会はわりとボトムアップ式で、下から情報が吸い上げられるようにはなっているが、だからこそ一度みんなで決めてしまうと変えられない。
独裁者が支配する国でもない限りどこの国でもある程度はそうだけどね。
166.
167. 34.名も無き哲学者
168. 2017年06月10日 09:12
169. ID:rGvkQOqO0
170. >>63
それが愛国心ってことなんだよなあ
戦後教育のせいで愛国心の意味が捻じ曲げられてしまった‥
171.
172. 35.あ
173. 2017年06月10日 09:14
174. ID:xUNHQe4f0
175. 日本の人命軽視とお役所仕事は全然変わってないよな。
戦争で何も学んでいない。
176.
177. 36.名も無き哲学者
178. 2017年06月10日 09:15
179. ID:2RpIV6Nd0
180. 206こえー
いま全く同じことネットやテレビでやりまくってんじゃん
国民が気づく頃にはとっくに手遅れの戦争状態になってたって義父の言ってた通りに進んでる
181.
182. 37.すまいる名無しさん
183. 2017年06月10日 09:15
184. ID:GjSse7z90
185. そもそもの国防体制は米国が敵になった場合は、
小笠原などの基地の空軍や潜水艦などで減滅させて艦隊決戦で勝つというもので、広大な支配地域を占領するというものではないのだから、
足りないのは仕方ない。
ニューギニアなんていうハワイより日本から遠い所で消耗戦する計画なんてないからな。
海軍の山本がスパイだったんじゃないのw
日露戦争においては陸軍の補給路を守る為に、日本海海戦を決断したのが狂ったもんだ。
186.
187. 38.名も無き哲学者
188. 2017年06月10日 09:18
189. ID:huT.8ip50
190. 一方米軍は食わせ過ぎて船酔い嘔吐しまくった模様(inノルマンディー)
191.
192. 39.名無しのサッカーマニア
193. 2017年06月10日 09:22
194. ID:aDn9foZa0
195. そもそも戦争するのに輸送船舶が足りない!で民間から徴用
戦争経済が落ち着けば船舶は返還するはずだったのが、戦線拡大と損失で有耶無耶に
結果前線に物資を送る船舶は足りず、国内経済を回す資源も運べない八方塞がり
陸軍のやらかしも色々有るけど、関東軍の軍閥化を許したのがそもそもの間違い
独断専行を許したせいでABCD包囲網が出来ちまった
196.
197. 40.名も無き哲学者
198. 2017年06月10日 09:23
199. ID:Owj903R.0
200. 戦国時代には既に兵糧攻めという形で、補給線を経つ作戦が有効に機能してたんだから、歴史に学んでそれをいかに防ぐかを普通は考えるはず。海上護衛総隊ができるのも遅いし、規模も小さい。
徳川200年の大安で戦術や教訓を忘れてしまったのが原因では。
201.
202. 41.ななしさん
203. 2017年06月10日 09:29
204. ID:jdGoN52z0
205. 長期駐留する軍の食糧兵站を完全後方輸送で賄えるとか、そんな余力のある軍は数えるほどだよ。ある程度現地調達を織り込むのはどこの国でもやってたし、程度さえわきまえていればそれほどおかしいことでもない。
完全に兵站が確立できてなきゃおかしいみたいな思考の人が多すぎ。
日本が軽視しすぎたのは間違いのない事実で弁明の余地はないけど。
206.
207. 42.名も無き哲学者
208. 2017年06月10日 09:30
209. ID:vMKKBCJ90
210. 根性論だよね
そのブラック思想は現代の社畜達に受け継がれている
211.
212. 43.名無しの偉人さん
213. 2017年06月10日 09:31
214. ID:fePgNqEP0
215. 前:
 海軍「太平洋は俺に任せろ、陸軍口出すな」
後:
 海軍「あ、やっぱ無理だわ陸軍さん後よろしく^^」
 陸軍「あの補給は・・?」
 海軍「そんな計画ないから^^よろ」
 陸軍「・・・」

餓島、玉砕

216.
217. 44.名も無き哲学者
218. 2017年06月10日 09:32
219. ID:zGKO11Wx0
220. 戦争の目的の一つが欧米列強と揉めて不安定になった飯の補給の安定化だから
221.
222. 45.名も無き哲学者
223. 2017年06月10日 09:34
224. ID:xbpYH2sU0
225. 日本人は戦い(戦争だけではなく外交交渉も含め)に向いてないから。
226.
227. 46.名も無き哲学者
228. 2017年06月10日 09:35
229. ID:Z8K4pWv30
230. こんなことは世界中どこでもやっていたぞということが
古今東西どの戦争も糞オブ糞という傍証である
231.
232. 47.名も無き哲学者
233. 2017年06月10日 09:35
234. ID:ecX4FfP20
235. やりたくても出来なかったのは分かるがそれでも問題は沢山あった。
当初の計画では1,2年で何かしらの和平交渉する予定だったのに陸軍は中国で蒋介石に長期戦にさせられ挙句の果に「蒋介石を相手にせず」と宣言し自ら交渉を破棄した。
海軍は必勝と言われたミッドウェー海戦でまさかの敗北。
そのせいで東南アジアの海域を奪われ補給艦を何隻も落とされてる。
確かに物資も無いが無い物資を届ける補給線を維持する努力を怠っている。
インパールに関しては「空に向けて銃を撃てば相手が降伏する手立てになっている」とかふざけた事言ってるからな。
結局、死の行軍しただけという有様。
しかも最後は天皇陛下を守るためとか言って降伏してなかったのにいざ天皇陛下が玉音放送を決めた時にはそれを阻止するために動いてるし。
当時の日本軍はトチ狂ってるからな。
昭和天皇はA級戦犯の靖国神社合祀を許してないのにも関わらずそれを言うと自称右翼はよく分からない理屈を付けて批難するし。
結局、日本の右翼は右翼でもなんでもなくつい最近出来た軍国主義者でしか無い。
天皇陛下を敬う気なんて無い奴らばかりなんだよ。
236.
237. 48.名も無き哲学者
238. 2017年06月10日 09:37
239. ID:DNYPTrB50
240. 日本本土から補給出来ないから巻けたとかアホじゃないかと言いたい
補給拠点を構築して自主独立した戦線を築く能力がなかった日本軍
海軍と陸軍が対立して意思統一して戦略的に事を運べない無能首脳部
こんな馬鹿ばっかなのにどうやったら勝てるって言うんだよ
241.
242. 49.名も無き哲学者
243. 2017年06月10日 09:40
244. ID:RWNsanIw0
245. 当時は国民と新聞がイケイケだったんだから戦争始まるのはどうしようもないだろうに
246.
247. 50.名無し
248. 2017年06月10日 09:40
249. ID:a6QMFcIy0
250. 人だけは余ってて動かせそうだから
とりあえず「何かやりました」て外やってみただけ。
「おー何かやったな」「おれもやるか何かを」「おまえらも何かやろうぜ」
251.
252. 51.名前は( ̄ω ̄)b
253. 2017年06月10日 09:41
254. ID:QP0BhG.v0
255.
 ???「アレが無いコレが無いで、無い無い尽くしで どうもスッキリしない。あれかね、君たちは命惜しさに闘う気が無いのかね?。それじゃ女 子供と同じじゃないか。目の前に悪党が居るんだよ 男なら ここは一つ思いっきり ”ガツン”とやったろうって気にならんもんかね・・・。」(うわぁヾ(^▽^)ノ)
256.
257. 52.名も無き哲学者
258. 2017年06月10日 09:43
259. ID:hOoWEcOF0
260. 日露戦争が全て
あそこで世論も狂ったというか驕った。
261.
262. 53.名無しさん
263. 2017年06月10日 09:44
264. ID:D89aPjOX0
265. 石油を求めて戦線を拡大し続けた結果がこれ
石油不足の時点で最初から負けてた
266.
267. 54.う
268. 2017年06月10日 09:45
269. ID:YOpZbWDq0
270. 日本は植民地運営の歴史が無いからな
占領地の支配と補給が全然できていない
日本が各地でやった教育して友達を作る方法は駄目
白人がやったように、現地人を奴隷にして徴収するのでなければ、軍が飢える
271.
272. 55.名も無き哲学者
273. 2017年06月10日 09:50
274. ID:OZAarkoV0
275. 実質コミンテルンが始めた戦争
当時、反日の朝日が戦争を煽ってた
276.
277. 56.名無しの権兵衛
278. 2017年06月10日 09:50
279. ID:hkrYa2aS0
280. やっぱ戦前も「日本スゴイ」やってたんやなw
281.
282. 57.名も無き哲学者
283. 2017年06月10日 09:52
284. ID:lNePRlG.0
285. 兵站云々は結果論
準備が充分だろうが不足していようが負けていれば補給は足りなくなる
必要条件、十分条件がおかしい
286.
287. 58.名も無き哲学者
288. 2017年06月10日 09:55
289. ID:Bd2XQH700
290. ※39
そのあげくに、陸軍の作戦部長と軍務局長が殴り合いの乱闘に至ったとか何とか
291.
292. 59.名無し
293. 2017年06月10日 09:56
294. ID:a6QMFcIy0
295. 米国からの補給って一番大事なのに何で…なっとるし
大元からして狂ってるんだから仕方ない
296.
297. 60.名も無き哲学者
298. 2017年06月10日 09:57
299. ID:Pp354Rgq0
300. 今も昔も上司がアホだったからだろ
301.
302. 61.名も無き哲学者
303. 2017年06月10日 09:57
304. ID:aS9ul5z70
305. 間宮はとんでも性能だったな
306.
307. 62.名も無き哲学者
308. 2017年06月10日 10:00
309. ID:35isJQPH0
310. 行き当たりばったりの作戦ばかり
兵站を引いたって負けるよ。
311.
312. 63.名も無き哲学者
313. 2017年06月10日 10:02
314. ID:tEjziOMx0
315. キングダムの?責めも似たり寄ったりだろ
316.
317. 64.名も無き哲学者
318. 2017年06月10日 10:06
319. ID:.ony0zpC0
320. ※53
そもそも石油が足りなくなる事がおかしいから。
日本は1,2年での短期決着が戦略だった。
それが長期戦された時点で交渉すべきなのに戦い続けて着地点が無くなった。
やろうと思えばハルノートで決着着けられたんだから。
321.
322. 65.名も無き哲学者
323. 2017年06月10日 10:06
324. ID:Sx7.KyJM0
325. 戦争の落とし所が全然無かったのが問題なんだろ。
しかも日本人自身の総括をしてないから中国戦線をほとんど一人で終結させた今井中将とか全然評価されない。
326.
327. 66.名も無き哲学者
328. 2017年06月10日 10:07
329. ID:VhgEc13R0
330. 撃つ弾尽きたら戦争にならないそれを精神どうのってバカだな
戦争に勝つコツのひとつに補給は大事だと何故先人に学ばなかった不思議
331.
332. 67.名無しのプログラマー
333. 2017年06月10日 10:08
334. ID:0sVUWllD0
335. 普通に補給線考えてたけど、アメリカが1枚も2枚も上手だった
制海権取られれば補給が続かないのは明白
そもそも、物量の差が酷すぎて駆逐艦1隻も余裕がない
それでも、なんとか補給させようと強行もしたんだけど
全部潜水艦に潰された
ジンギスカン作戦とか今でも無茶だと思うが
もし仮に、自分が同じ状況で判断下せと言われたら、
多分、似たようなことしただろう、と思う
336.
337. 68.名も無き哲学者
338. 2017年06月10日 10:10
339. ID:S8xQJ.RZ0
340. 現在の日本の労働環境は戦時中のそれと一緒
この国は70年前から何一つ進歩していないw
341.
342. 69.名無しさん
343. 2017年06月10日 10:10
344. ID:M7jFhE8Y0
345. そもそも日本人、飯のことを軽視してるから
「武士は食わねど高楊枝」って今でも美徳だと思ってる層いるし
ドラクエも食事シーン皆無だったろ
深層心理レベルではすげえトラウマになってたのにな
飢饉多かったし、「食い物の恨みは恐ろしい」とも言うし
だから「食べ物で争うのは卑しい」とか、
とかく食べ物の話は公の場ではタブーだったりする
「霞食って生きてる」って比喩もあったな、浮き世離れの形容として
精神論どころか形而上に雪崩れ込んでたんじゃないか?軍部
346.
347. 70.名も無き哲学者
348. 2017年06月10日 10:16
349. ID:0FOAZHqM0
350. 軍が何かを考えていたとでも?
351.
352. 71.名も無き哲学者
353. 2017年06月10日 10:17
354. ID:VhgEc13R0
355. 俺は腹が減ってるだけなんだ
356.
357. 72.名無し
358. 2017年06月10日 10:19
359. ID:K8N78MG30
360. サッカーとか野球で一人いなくなったら勝つのは難しいって、小学生でもわかるのにね。
361.
362. 73.名も無き哲学者
363. 2017年06月10日 10:21
364. ID:0tnLLLYj0
365. 金は出さない物はない、だけどお前ら何とかしろ
今の日本なんだよなあ
366.
367. 74.名も無き哲学者
368. 2017年06月10日 10:21
369. ID:.ony0zpC0
370. ※67
だからミッドウェー海戦で負けたのが問題なんだろ。
ミッドウェーは日本必勝と言われた海戦だぞ。
事実、南雲が判断を誤らなければ勝てたしその判断ミスも初歩的なミスと言って良い。
敵艦発見したのに飛行部隊出さないというわけ分からんミスだぞ。
371.
372. 75.PCパーツの名無しさん
373. 2017年06月10日 10:22
374. ID:czInhSLf0
375. これに関してはアメリカの潜水艦部隊の功績が大きい。
なんせあいつら太平洋の船を民間船から輸送船まで無差別に撃沈しまくって、
物資と人的資源の循環を大幅に悪化させたからな。
まあ大量の民間人が虐殺されたがな。
376.
377. 76.名前は( ̄ω ̄)b
378. 2017年06月10日 10:22
379. ID:8fn6jcRr0
380.
 最初っから 米帝の尻を舐めていれば良かった 発言した物は靖国には入れないからな。来世では日本人に生まれ変われないから。
 毎日「Fuck!Fuck!」言うような奴に成るんだぞっ、嫌だろ?。
381.
382. 77.名無し
383. 2017年06月10日 10:23
384. ID:9CRr7awX0
385. 古代の戦争でもあるけど、なまじ精強なもんだから
占領地…まあ要するに
「兵糧?ガハハ!そんなもんは勝ったらいくらでも補給できるわい!」
って感じだったんじゃないの?
昔、それで成功した柴田勝家さんもいるけど
「飲みましたか?飲みましたね。ではここで水が入った
残りの瓶を割ります。
そして報告があります。皆さん先ほどは腹いっぱい水を飲んだので
水の貯蔵は十分だと錯覚したでしょうが実は今のが最後の貯蔵分でした
だから戦って勝たないと死にます」
386.
387. 78.名も無き哲学者
388. 2017年06月10日 10:25
389. ID:dN2pYU.v0
390. 脳筋「当時の日本軍まともやろ、何で叩かれてるんや?」
391.
392. 79.名無しのプログラマー
393. 2017年06月10日 10:26
394. ID:OCzu2oux0
395. コトダマ信仰とでも言うのか
日本は失敗したらどうするか、って議論をするのが凄い下手
だから失敗を恐れてなかなか行動できないし
一旦行動したら大小失敗があっても最初の方針で行動し続ける
補給軽視なんてその中で出てきた問題のひとつに過ぎない
396.
397. 80.名も無き哲学者
398. 2017年06月10日 10:31
399. ID:5Q7RkzVy0
400. そりゃ欲しがりません勝つまではの精神よ
401.
402. 81.名も無き哲学者
403. 2017年06月10日 10:33
404. ID:P.d.85270
405. ・そもそも海軍と陸軍の仲が悪かった
・その上、海軍内部と陸軍内部でも派閥争いがあった
・そんな派閥ごと勝手に戦線を拡大、収集がつかなくなった
・上記の通り、海軍と陸軍の仲が悪かったので、物資輸送には非協力的だった
・広げきった戦線の端っこには物資が届かなくなった
なんか、今の日本にも通じるところがあるよね、って思う。
因みに、現代の自衛隊のような飯炊き車なんてものがあるわけも無く、当然兵隊自ら飯ごうで飯を炊いていたそうな。
406.
407. 82.名も無き哲学者
408. 2017年06月10日 10:34
409. ID:eIT9.kW.0
410. インパールの凄いところは、牟田口のいた軍司令部にはきちんと一会戦分以上の物資が集積されていたし作戦開始以降もどんどん運び込まれていたのに、それが全く前線に届いてないことな
ちなみに重火器から工兵装備まで、身軽になるために置いてった機材も全部残ってたから後退してきた部隊が丸々再武装できるくらいだった
仮に兵站問題がなければ当初の計画通り一度は英軍を撃退できていた可能性が高い
(そのうち奪還されるだろうが、元々作戦自体が攻勢に出て時間稼ぎすることだったからそこはあまり問題ではない)
やっぱり牟田口って凄いわ
どう考えても人類史上に残る無能司令官
411.
412. 83.名無し
413. 2017年06月10日 10:34
414. ID:a6QMFcIy0
415. 米国との線を切ってるんが補給線など考えられる訳も無かった
考えるのはドイツイタリ―そして天からの補給線くらい
もしかして真・神ソ連…
416.
417. 84.名無し
418. 2017年06月10日 10:39
419. ID:a6QMFcIy0
420. ボロ負けしたら鬼畜が補給線考えてくれたぞ ほら支給だー
421.
422. 85.名無しの偉人さん
423. 2017年06月10日 10:39
424. ID:RacRmFXA0
425. 飢えた兵隊が何十万も大挙して押し寄せて
紙クズ以下の軍票ばらまくならまだしも
紙切れ無しの徴発で手あたり次第に持っていくんだから
現地住民はたまったもんじゃねーわな
しかもそれを正義の行い、現地住民の為にやってると言うんだから質が悪い
426.
427. 86.名も無き哲学者
428. 2017年06月10日 10:44
429. ID:uYB6FL8D0
430. 近代まれに見る糞軍隊。兵を人と見なさない!ソ連もそうだが。
431.
432. 87.名無しのプログラマー
433. 2017年06月10日 10:46
434. ID:eYjJnBvL0
435. 太平洋戦争の

か月前は、日独伊三国同盟に基づき


に攻め込む用意をして
昭和9年から数十個の大要塞を満州に用意して



つ補給物資をその要塞に集めていたら
いきなりバカ大日本帝国海軍が



攻撃なんてするから
北進用の兵器を南進用に転換するという方法を
取ったもんだから錆が出まくりで
マイナス50度に耐えるように作ってある
大砲を赤道直下に持っていったから精度が落ちた
とうちの親戚の大日本帝国陸軍の幹部だった叔父から聞いた
一体誰が、太平洋戦争をするなんてバカなことを言い出したのかと
晩年まで恨んでいたよ。
で俺が後で調べたら、大日本帝国海軍「軍令部」だったことが判明した。
436.
437. 88.名無しのはーとさん
438. 2017年06月10日 10:47
439. ID:.Hgy0Sgg0
440. 精神論=ヒロポン
441.
442. 89.名無しのILOVEJAPAN
443. 2017年06月10日 10:48
444. ID:39Be7nGa0
445. まず牟田口の頭蓋内に物資が不足していた
446.
447. 90.名無し
448. 2017年06月10日 10:54
449. ID:brom2cEa0
450. 当時の広告に草も生えない
今の北朝鮮と同じなんだね・・・
451.
452. 91.名無しのプログラマー
453. 2017年06月10日 10:55
454. ID:090b84h80
455. 一切考えてなかったわけじゃないよ
ただ、普通のやり方じゃ全く足りなくなるのはわかってた上に
足りない分は、進軍していく先全てに勝って占領した先々で徴発して賄えばいいっていう
希望的観測のみに基づく自転車操業的な思想が平然とまかり通ってただけ
いかにも今でもいるダメな日本人の典型のような考え方だよね
456.
457. 92.名も無き哲学者
458. 2017年06月10日 11:02
459. ID:2TMmEeWN0
460. 補給軽視というか運ぶ船が無かったとしか
補給船潰されて孤島の守備隊が餓死
461.
462. 93.名も無き哲学者
463. 2017年06月10日 11:03
464. ID:nTixITQA0
465. 本スレで226事件に言及してる人いるけど
226事件の主犯である青年将校数名はガッツリ共産主義に傾倒していた
ゾルゲ事件なんかみてもわかるように当時の日本には共産化革命を狙う勢力がいて、様々な工作を行なっていたんだよ
466.
467. 94.Nanashi has No Name
468. 2017年06月10日 11:06
469. ID:Y9bQ4sC.0
470. 補給も兵站も索敵もきちんと考えてたで。考えた結果、先立つものが全然足りんから根性で補うよりほかにどうしようもないという結論になっただけで。そこで「勝ち目がないから戦争やめときましょうよ」と言えなかったのが軍首脳部最大の失策。
471.
472. 95.名も無き哲学者
473. 2017年06月10日 11:06
474. ID:HChdOCQb0
475. あの時代を生きた世代に
日本という国にいい印象持ってない人が多いのもわかる気がする
水木しげるも昭和天皇が死んだ時昭和が終わってなんかホッとしたとか
どこかで書いてたし
たぶんこれでもかなり言葉選んでの表現だったんだろうな
476.
477. 96.名前は( ̄ω ̄)b
478. 2017年06月10日 11:06
479. ID:8fn6jcRr0
480.
 大丈夫、スパイが指導者やってたから、一斉検挙と成る。
481.
482. 97.名も無き哲学者
483. 2017年06月10日 11:08
484. ID:Z9Hdwq9W0
485. 統帥綱領に普通に兵站に関して載ってるし
別に考えなかったわけではない
(輜重が軽視されてたのは事実だが)
「理解してる」と「実施可能」かは別ってだけ。
リアル自転車操業になったのは「そうすればいい」ではなく
「それ以外に物資を入手する手段が存在しない」ために実施した結果
「旧日本軍は兵站に対して何も考えてなかった」とバカにされるという現実が残った。
つまり……結局駄目だけどな。アメリカ相手の戦争回避できなかった時点で
(なお当時の国z民知能も被害者というより同レベルどころかそれ以下です)
486.
487. 98.名無しさん
488. 2017年06月10日 11:17
489. ID:u6b89diV0
490. 物資が何もかも足りなかったんだろな
491.
492. 99.名も無き哲学者
493. 2017年06月10日 11:21
494. ID:Qwqk1FHO0
495. 日本軍どころか最近まで
バテるから水飲むな
って言ってた黄色猿共だぞw
496.
497. 100.名も無き哲学者
498. 2017年06月10日 11:22
499. ID:0SkphC6B0
500. 兵站うんぬんより大陸のズブズブを太平洋で
片付けたって感じだな、壮大な絵の上で踊ってただけだよね
終ってみれば・・でそこの王のお孫さんが今最高権力者と・・
次のターンが怖いわ
501.
502. 101.名も無き哲学者
503. 2017年06月10日 11:24
504. ID:ewetVmWr0
505. 根性で腹が膨れると思っていた陸軍が余りにもバカだった。
506.
507. 102.名無し
508. 2017年06月10日 11:25
509. ID:8n7HrxCt0
510. 仮にミッドウェーで敵空母を撃破してもバシーで補給艦を無尽蔵に沈められて負けただろうね
10隻だして5隻届けば大成功って海域だぞ、話にならん
511.
512. 103.名無し
513. 2017年06月10日 11:28
514. ID:a6QMFcIy0
515. ガンバレガンバレ は良いけど
そのツケが回って落とし所を考えられなくなった その末期 
「どーすんのこれ…?」 「考えない! もう見ない!」
という現実転進
516.
517. 104.田
518. 2017年06月10日 11:29
519. ID:cKgq75ZY0
520. 簡単にへいたん線が崩壊したのは確かにある。未だに俺には分類が良くわからないけど軍レベルが補給廠 師団から連隊が輜重 大隊以下は歩兵が行李、砲、機関銃、戦車は段列が補給を担ったとすると兵士も装備も質が低く過ぎた。 しちょう車はそこそこ考えられた装備品だが…工事現場で使う一輪車やリヤカーと大差ない 
フィリピンの戦いで40万人いて戦死33万人戦死中20万人くらいは餓死だと思う(山本七平は9割餓死だという 実感としたらそうだろう、フィリィピンで生き残った兵士の戦記を読むと直ぐに農場から食べ物を奪ってどう生き残ったかの話しになる 酷い話だが兵士からしたら生き残りをかけた事だがフィリィピン人からしたら強盗、窃盗だ)40万人の半年間の必要な米が20万石とすると重さとしたら一石180kgだから36000トン空襲での焼失や後退による損失を考慮してもそれだけの補給を維持することが全くできなかった 副食、オカズ考えなくてもそのザマだった。 フィリィピンほどではなく中国戦線でも後方は簡単に後回しにされた。野戦病院で餓死するものは続出していた。 野戦病院では録なものが食べらないから行きたがらない兵士は普遍的にいた。
それにしても段列や行李の知名度の低さよ 
 
最近、第一次大戦の青島の戦いを読んで暗然とした。 重砲等、2ヶ月準備をしっかりし旅順の再来にならないようにし1週間で陥落させたのに司令官に浴びせられたのは慎重すぎるという評価だった。 旅順のように肉弾戦をしろというのが世間の主流だった
521.
522. 105.名無しさん
523. 2017年06月10日 11:31
524. ID:Sm72ZKug0
525. ※99
最近(30年前)
お前の時間間隔がおかしいのかお前が真っ当な教育を受けられなかったのかハッキリしてくんない?
526.
527. 106.PCパーツの名無しさん
528. 2017年06月10日 11:33
529. ID:P9j7bC160
530. スポーツで「水飲むな」って80年代までやってたな
今もやってたらお笑いものだが。
すぐ精神主義に走る気質って何が原因なんだろ。
531.
532. 107.名前は( ̄ω ̄)b
533. 2017年06月10日 11:36
534. ID:8fn6jcRr0
535.
 気持ちの問題っ心の問題…ってケロロ軍曹が言ってた。
536.
537. 108.軍事報の中将
538. 2017年06月10日 11:36
539. ID:2A62s6S80
540. 兵站云々、事前準備云々はそりゃそうだが、「無い袖は振れん」と
資源も時間も内々尽くしで、それでもやらにゃならんとなれば人間が無茶するしかない
そして現場が無茶してどうにかなっちゃうと、報告受け取るだけの上層部は「以前出来た。だから今回も出来る」で見積もりを建てるようになる
そしていよいよ出来なくなると、出来た事例を引き合いに出来ない事を口先で済む精神論で詰る、そういう寸法でさぁ
541.
542. 109.名無し
543. 2017年06月10日 11:37
544. ID:T1oqySRz0
545. 米軍はおとなしくしていると思い込んでの立案。
現実はそうじゃないのにその場しのぎの対策ばかり。
今の官僚と同じだよ。
546.
547. 110.名も無き哲学者
548. 2017年06月10日 11:37
549. ID:H7BYcrVF0
550. 牟田口の顔をいっぺんじっくり拝見してみてえわ
551.
552. 111.名も無き哲学者
553. 2017年06月10日 11:39
554. ID:BDn.1cQg0
555. 日本軍は補給を軽視していないと言いつつ、補給を軽視した事実を認めるのはギャグなのか精神分裂症でもしてるんだろうか
やりたいことが先立ってできることをおろそかにしすぎ
556.
557. 112.名無し
558. 2017年06月10日 11:40
559. ID:a6QMFcIy0
560. ※99
だよなぁ
今も改まってない宗教じみた精神基地外指導もあるし
より情報が行き渡らない昔はもっとタチ悪かっただろう
561.
562. 113.名も無き哲学者
563. 2017年06月10日 11:43
564. ID:edAqiuzK0
565. ※79
まあ、現代でも失敗時や災害や事故発生時の見積りしてなくて裁判で揉めた案件あるみたいですね
言霊信仰とかいうのでしょうか、失敗のことを口にすると本当に失敗するから話さないとかいう思想みたいですね
災害前の原子力で事故拡大防止のための設備強化をしようとすると事故発生を想定してるなんてけしからん、なんて妨害されるし、発生したらメルトダウンと認めない限りメルトダウンではないとかいう思考に現場も報道もなったみたいだし……うーん
566.
567. 114.名も無き哲学者
568. 2017年06月10日 11:45
569. ID:8iKQRZ.K0
570. 下っ端なんぞ我慢させればええねん
現代の社畜と同じ扱いよ
571.
572. 115.名も無き哲学者
573. 2017年06月10日 11:46
574. ID:sczk6Gqn0
575. 一方、一億総玉砕なんて馬鹿げたスローガンを掲げて国民を犬死させまくってた東条英機は、安全なところで贅沢してた
敗戦直後なんてGHQから家族と逃げ回り、追い込まれて自決しようとしたが死にきれず、痛みで動けなくなってるところを捕まって醜態を晒してんだよね
こんな共産主義ゴミ軍人を、国家国民の為に戦った英霊たちが眠る靖国に勝手に合祀した自民党はクソだわ
昭和天皇がこれに激怒し、欠かさず続けていた終戦記念日の首相を従えての靖国参拝を一切取り止めたこと、その意思を継いだ今上天皇について全く報じないメディアと、触れない自称保守にはうんざり
576.
577. 116.名も無き哲学者
578. 2017年06月10日 11:46
579. ID:Gk.T6pRJ0
580. いまも昔も
上に立つ無能の口にしか飯は入らんのよ
581.
582. 117.名も無き哲学者
583. 2017年06月10日 11:49
584. ID:ehi2Pe410
585. スレもコメも、ちゃんとした知識の裏付けなしに無根拠な思い込みばかりで発言しとるな
左翼教育大成功の成果がたっぷりみられる
586.
587. 118.名も無き哲学者
588. 2017年06月10日 11:49
589. ID:5.4OkkmW0
590. インパール作戦ほんと糞。
591.
592. 119.名前は( ̄ω ̄)b
593. 2017年06月10日 11:54
594. ID:8fn6jcRr0
595.
 俺が当時生まれてたらと悔やまれて成らない(仙台公?)
596.
597. 120.名も無き哲学者
598. 2017年06月10日 11:55
599. ID:6w0YwACf0
600. 南国だから食べ物なんてどこにでもあるだろみたいな書き込みがチラホラあるけど
森の中って人間がそのまま食べられるものが案外少ないんだよ
植物は毒で防御しているものも多いし大した栄養にならない
動物は素人が罠もなしに簡単に捕まえられるものじゃない
601.
602. 121.名無し
603. 2017年06月10日 12:03
604. ID:a6QMFcIy0
605. なんたら勅語教育大成功の成果がたっぷり見られたな
606.
607. 122.・・・
608. 2017年06月10日 12:05
609. ID:LMBAMU2U0
610. 戦前の日本軍は迎撃専門で、兵站能力を犠牲にした分正面装備を整えてある訳だから、外征戦では負けるのは当然
…というのも事実ではあるが、そもそも統帥要綱に「現場にはこれで充分と思えるような補給なんか滅多に届かないんだから、現場の指揮官は常にそれを意識せえよ(大意)」なんて一節があって、すでにそこから伏線は敷かれてあるという
ちなみにソ連の作戦要綱では、「現場が勝利できるように充分な補給に尽力することは、上級指揮官の最重要の責務であり、それができないのは抗命にも等しい」とかなり厳しい調子で兵站の重要性を説いている
故に大祖国戦争では、現場を飢えさせてでも次回の攻勢のための物資、弾薬を備蓄するという、一見本末転倒にも見える方針が取られた
東部戦線名物の鉄の暴風と大津波は、そんな現場将兵たちの涙ぐましい忍耐の産物であり、またドイツ軍の奇襲的な限定攻勢であっさりソ連軍が敗走してしまうのも、攻勢期以外のソ連軍にはまともな戦闘力がないからだったり
611.
612. 123.名無しさん
613. 2017年06月10日 12:06
614. ID:qgQqXD9H0
615. 強く当たってその後は流れでさっさと講和するつもりでしたしおすし
616.
617. 124.名も無き哲学者
618. 2017年06月10日 12:06
619. ID:nTixITQA0
620. ※115
東條はそもそも首相になるの嫌がってたんだが、昭和天皇に説得されてしぶしぶ引き受けてる
近衛内閣の時点で太平洋戦争不可避の状況になり、軍部も国民も大多数が開戦歓迎モード
日和った事言うと暗殺されかねない時代
東條自身も迎合するしかなかったんだよ
621.
622. 125.名も無き哲学者
623. 2017年06月10日 12:08
624. ID:nTixITQA0
625. あと東條は共産主義者ではない
626.
627. 126.名も無き哲学者
628. 2017年06月10日 12:10
629. ID:XvA58vWV0
630. 今だに日本は資源が枯渇して止むを得ず戦争したとか
こんな妄想を信じてる奴が居るんだよな
そんな状態なら最初から戦争なんて無理だし兵士が逃げるわ
戦意ってのは国民が戦争するって気運だからこそ維持出来るんだから
アメリカが大戦中に国内の嫌戦気運を抑えるのに苦労した位だぞ
631.
632. 127.名無しのプログラマー
633. 2017年06月10日 12:11
634. ID:eojMripn0
635. 第一現地調達作戦なんて、1812年にはロシアのピョードル大帝がナポレオン相手に逆手にとって勝ったじゃん。策として下の下。
アメリカの降参条件が完全に上層部の失脚を指示してたから、負け戦をわかって無駄に兵士を何百万人と殺したんだよな。
戦死者の中で餓死者は6割。140万人。ほとんどの日本兵はアメリカ人により殺されたんじゃない、原爆より多くのまだ元気な若いものを中心とした兵士を当時の無能な上層部が飢えさせて殺したんだ。
636.
637. 128.名も無き哲学者
638. 2017年06月10日 12:11
639. ID:QGFGdgF80
640. ※40
ぶっちゃけ日本の物量で輸送艦隊に護衛付けると
正面戦力が磨り潰されて輸送艦を攻撃するのが
潜水艦じゃなく潜水艦以外になるだけ
641.
642. 129.名も無き哲学者
643. 2017年06月10日 12:16
644. ID:AExjS3F20
645. うちのじーさんは戦争いきたないから、赤紙を偽装して逃げたってゆーてた。
友達はみんな犬死して、一族は滅びたけど。俺は農業とかして、ずる賢く生きたって豪語してたなぁ。
もう100歳近いが、生命力は強い。
646.
647. 130.名も無き哲学者
648. 2017年06月10日 12:19
649. ID:ylXPkT.k0
650. 輜重輸卒が兵隊ならば 蝶々トンボも鳥のうちなんて戯れ歌を歌うほどにロジスティックを軽んじていた旧軍の体質が問題なんだろうな。
それでも日清日露の頃は参謀達が英独で学び、高級将校が戊辰戦争を経験していた為に、戦場のリアリズムと兵站の重要性を理解していたらしい。
第一次世界大戦で総力戦の恐ろしさを目の当たりにしたはずの参謀本部は、現状の日本の工業力では総力戦で勝ち抜くなど無理という研究結果を受けて、なぜか精神論へとシフトしていくという謎の行動を取った。
651.
652. 131.名も無き哲学者
653. 2017年06月10日 12:20
654. ID:mZ1Bwjor0
655. あまり知られていないことだけど、
戦前の徴兵された日本人には
十分な給与が支給されていなかった(額面自体が過少だった)
徴兵されるのは一家の稼ぎ頭であることが多いから
徴兵されると、その家族には大打撃だった
この問題は日露戦争くらいから顕在化して
結局解決できずに大日本帝国は滅んだ
その意味で滅ぶべくして滅んだと言える
なぜならその力の源泉である国民の活力を再生産しなければ
ジリ貧になるだけだからだ(長期戦になればなるほど不利になる)
現代の日本も似たような状況にあるような気がする
656.
657. 132.名も無き哲学者
658. 2017年06月10日 12:22
659. ID:BxE1452D0
660. 食糧武器弾薬を奇跡的にうまく輸送できたとしても、当時のアメリカに勝てるとは思えないから枝葉末節の問題だろ。
661.
662. 133.名も無き哲学者
663. 2017年06月10日 12:24
664. ID:8GwR9gsl0
665. スターリングラード戦の惨状を見たあるドイツ軍参謀は、絶食を始めてやせ衰えてしまい、ヒトラーに食べるよう命令された時には20kgも減っていたとか
一方インパール作戦中の牟田口は芸者をはべらせていましたとさ
666.
667. 134.名も無き哲学者
668. 2017年06月10日 12:24
669. ID:BL8dOkoq0
670. 上が何も考えない脳筋。
だから南国に送られた兵士がたくさん苦しんで死んだんだよ
671.
672. 135.名無し
673. 2017年06月10日 12:24
674. ID:9cGdbKDg0
675. 戦区の集積所まではそこそこの量が届いてたが
そこから末端の前線部隊まで届かなかったらしい
そういや米軍の記録映像で
「ジャップの基地落としたら山ほど米ゲットー!」
てコメの山の上でヒャッハー!してるの見たな
サイパンかどこか
※115
一億玉砕の出所は軍や政府じゃないぞ
『欲しがりません勝つまでは』毎日新聞の投書
『一億層玉砕』朝日新聞の戦意高揚標語募集コーナー
社計とコーナーが逆だったかもしれんがこの二社なのは確実
戦前は軍に媚びて国民を扇動
戦後は掌を返し社是が反日
やってる事がモロ韓国人じゃね?
国籍やDNAの問題ではなく人として嫌悪される要素のみに落ちた存在を韓国人、韓国人になると言う
676.
677. 136.名も無き哲学者
678. 2017年06月10日 12:25
679. ID:Ro4af1do0
680. 俺らよりはよっぽどわかってるし考えてたよ
681.
682. 137.名前は( ̄ω ̄)b
683. 2017年06月10日 12:25
684. ID:8fn6jcRr0
685.
 支那と朝鮮が未開過ぎて非協力的だったから 毛唐共の跳梁を許した。大御稜威を敬い共存の道を歩んでいたら 現在の様には成らなかった。((((((((((((( ̄▽ ̄;(ニゲゴシ
686.
687. 138.名無し
688. 2017年06月10日 12:26
689. ID:a6QMFcIy0
690. 東條もイケイケやって流れ作った一人で
いざ全体を見る立場に近づいてくると やべー…なったのだろう
691.
692. 139.名も無き哲学者
693. 2017年06月10日 12:32
694. ID:jmBBDIDq0
695. おまえら異世界転生脳かよ
思ってるほど当時の軍人だって馬鹿じゃない
結果だけ見ると補給を蔑ろにしているように感じるだけ
696.
697. 140.名無しのプログラマー
698. 2017年06月10日 12:34
699. ID:KWbyw7jW0
700. 本スレ>>111が言う様に満州とフィリピン取ったあたりでアメリカと交渉してれば良かった
701.
702. 141.名も無き哲学者
703. 2017年06月10日 12:35
704. ID:nTixITQA0
705. ※138
とりあえず近衛文麿でググれ
近衛→東條の流れは、ルーズベルト→トルーマンの流れに似ている
ヴェノナ文書的にもルーズベルトは共産主義者の操り人形
近衛文麿も共産主義者
東條と原爆落としたトルーマンは既定路線をただただ歩んだだけ
日米が戦争して一番喜ぶ国に踊らされたんだよ
706.
707. 142.名も無き哲学者
708. 2017年06月10日 12:38
709. ID:mZ1Bwjor0
710. ※120
現地調査もせずに適当に取り繕うのは当時の参謀本部に通じるものがあるかもしれない
それはともかく、ネット上でのミリオタとかの言説は耳を傾ける価値が少ない
フィリピンに出征した山本七平という物書きは
帰国して耳にした国内での勇ましい議論が
実際の戦場を全く分かっていない、空虚なもので唖然としたと書いていたな
711.
712. 143.名も無き哲学者
713. 2017年06月10日 12:38
714. ID:kS8hCcKl0
715. 東京裁判は不当な裁判だったと思うが当時の作戦指導部は兵隊を飢えて戦わせた一事をもって死刑に値すると思う。
716.
717. 144.名無しの権兵衛
718. 2017年06月10日 12:41
719. ID:b8lMuoUL0
720. 今の社畜根性論とおなじでな
組織として、ではなく現場が個人として頑張ることで効率を上げることを前提としているんだよ
要は究極のスタンドプレイヤーの集団でしかないわけで、そこに組織力なんてものはない
確かにハマれば強いが、同時に脆弱の塊でもある
今も昔も本質は変わらない
721.
722. 145.名も無き哲学者
723. 2017年06月10日 12:48
724. ID:CIltyopz0
725. 海軍がゴミ過ぎた
726.
727. 146.名も無き哲学者
728. 2017年06月10日 12:50
729. ID:mZ1Bwjor0
730. ※139
馬鹿に見える言動を実際にすれば、その人物は「馬鹿」だと評価される
物事の評価は第一に結果を基にする
「結果」として実績を残せなかったから民主党は叩かれているんだろ
139の言説は、ダブルスタンダードと精神主義の二つの暗黒面に陥っている
731.
732. 147.軍事報の中将
733. 2017年06月10日 12:51
734. ID:7GlqKSzY0
735. 海軍が無責任で輸送船の護衛をしなかった。カッチョエエ海戦だけに憧れて肝心の地道なことはサボタージュだった。
そりゃ駆逐艦による対潜哨戒と爆雷による攻撃ができないから膨大な輸送船が米潜水艦に撃沈された。この絶大な戦果が現米海軍の潜水艦偏重に直結してる。
おかげで弾薬も食料もないまま膨大な兵隊が見殺しにされ、南方戦線における戦死の大半の理由が【餓死】だ。
笑い事じゃない。おまいらのご先祖様だ。
736.
737. 148.名無し
738. 2017年06月10日 12:53
739. ID:a6QMFcIy0
740. ※141
近衛→東條の前からの話
このオッサンも今更何こいてんwな面はあるんじゃない
あと東條がどのくらい左で共産主義者かそうでないかは言及しとらんし知らん。
当時の共産主義者ガーっても
例の大阪の勅語基地外教育みてぇな右だか左だかワケ分からんイイカゲン胡散臭いのもいっぱいゴチャっ徘徊して
今ですら上がそそのかされそうなんだからw当時ははもっと激しくメチャクチャだったんでは?くらいしか思っとらんw
741.
742. 149.名も無き哲学者
743. 2017年06月10日 13:00
744. ID:le9XZePT0
74

続き・詳細・画像をみる


【画像】電車にデカイ女の子いるwwwwwwwwwwwww

【愕然】新卒に欲しいもの聞いた結果wwwwwwwwwwww

【悲報】「孤独な中年のおっさん」になってしまう人の特徴がお前らすぎる・・・『?休日は予定のない日が多くネットやテレビを特に目的なく見ている』

ワイ「握力が80kgに到達した…」彼女「りんご!」

ブスに生まれた女って人生ハードモードすぎない?

大型・高画質テレビ市場を驚きの価格設定で狙うサムスンの戦略とは

大型・高画質テレビ市場を驚きの価格設定で狙うサムスンの戦略とは

(●●●●●●●●●)「キョジンナゼウラギッタ」

新台の噂!CR魔法先生ネギま! 継続率上乗せタイプ???

モバP「アイドルはいいぞ!」桐野アヤ「ああ?」

“映画史上最高の作品”ファン投票1位は… 1位「ゴッドファーザー」

【悲報】「孤独な中年のおっさん」になってしまう人の特徴がお前らすぎる・・・『?休日は予定のない日が多くネットやテレビを特に目的なく見ている』

back 過去ログ 削除依頼&連絡先