亜美「真美にイタズラで告白する」back

亜美「真美にイタズラで告白する」


続き・詳細・画像をみる


亜美「ねえ真美」
真美「んー?どしたの?」
亜美「話があるんだ…」
真美(真剣な顔してる…悩み事かな…)
亜美「実はね…亜美、真美のこと好きなんだ」
真美「……」
真美「…え?」
亜美「///」
真美「そんなの真美だって亜美のこと好きだよ?」
亜美「ち、違うんだよ…その、LIKEじゃなくて…///」
亜美「…こ、こいびと…とかの///」
真美「……」
真美「え?」
亜美(ふふ、困ってる困ってる…)
亜美(んっふっふ?。どうだ!亜美がアイドルとして鍛え上げた演技力の真骨頂を見よ!!)
----------------------------------------------------------------------------
2: 以下、
真美(なるほど…面白いイタズラだね亜美……)
真美(だがお姉ちゃんを超えるには亜美はまだ未熟!お見通しなのだよお見通し!)
真美(真美も黙っちゃいないよ!売られたイタズラは買わなきゃね!)
3: 以下、
真美「そ、そうなんだ…」
真美「そっか……」
真美「じ、実は…真美も///」
亜美(……)
亜美(はっ?!!)
亜美「えっ!そ、その…」
真美(ふふふ…意外だったかな…この反応は!)
4: 以下、
亜美「……」
亜美(ほ、本気だっただとぉーー?!)
亜美(こういうイタズラって相手が本気だとジョーダンじゃ済まないレベルで傷つくっしょー!!)
亜美(しかも真美!お姉ちゃんだよ!双子なのに!!ら、らららLOVE?!なんかフクザツな気分だよー!)
亜美(え、え、ど、どうすればいいの?!と、とりあえずお、オッケー出しとく?!え、でもこっちから告白したんだよね…?)
亜美(うあうあ?!!どうしよ?!イタズラでしたなんて口が裂けても言えないよー!)
亜美「…そ、その…よろしくお、お願いしま…す?」
亜美(なに言ってんのあみいいいい!!!)
5: 以下、
真美「……」
真美(はっ?!!)
真美(ほ、本気だっただとぉーー?!)
真美(お、お姉ちゃん相手にホントのホントにLOVEなの?!)
真美(う、嬉しいけど…ちょっとフクザツだよー!!)
真美(と、というかどうすれば?!)
真美(こういうイタズラって相手が本気だとジョーダンじゃ済まないレベルで傷つくっしょー!!)
真美(イタズラだとわかってても反撃さえしなければー!!)
真美(とにかく、あ、亜美を傷つけるワケには…)
真美(ここはもう責任とって恋人に…!!)
真美「こ、こちらこそ…よろしくお願いします…」
亜美真美(うあうあ?!人生で最大の大ピンチだよ?!!)
6: 以下、
亜美(や、やばい…寝れない…)
亜美(普段からお互い自分の部屋があるのにどっちかのベッドで寝ているのがアザになった…)
亜美(……アダだっけか)
亜美(とにかくすっごい気まずい!どうしよ!)
亜美(ま、でも明日は特に予定入ってないし…ここで寝れなくてもなにかにシショウがでたりは……)
亜美(や、休み…?ま、真美と一緒に…?)
亜美(やだ、大ピンチ…)
亜美(……全然眠れん)
7: 以下、
真美(どうしよう…急に自分の部屋で寝るとか言えないし…)
真美(かといってこの気まずい状況じゃ満足に寢らんないよ……)
真美(しかも明日休みだよ…ずっと亜美と一緒じゃん……)
真美(いつもならゲームやらなにやらで遊ぶけど今のままだと…)
真美(うあうあうあうあーーーー!!!大ピンチーー!)
真美(……全然眠れん)
8: 以下、
真美「……んぅ…」
真美「…朝かぁ?……ほら、亜美もおき…て……」
真美(結局…寝れたは寝れたけど…なかなか寝付けなかった……)
真美(外も雨だし…テンションだだ下がりだよ?……)
亜美「ふぁぁあ?……真美おはよぉ…う」
亜美(うあうあ?…朝っぱらからめっちゃ気まずいよぉ……)
亜美(それに外は大雨…まるで亜美の心を表しているようだよ…)
9: 以下、
真美(ど、どうしよう……今日多分亜美も暇だよね…)
亜美(う?ん、一緒にいるのは気まずいなぁ…かといって一気に距離取っちゃったら……)
真美(そ、その…付き合ってすぐなのもあるし……怪しまれちゃうよね…)
亜美(でも、う?ん……事務所…はいつも二人で行くからなぁー)
真美(うーん…ヘンに怪しまれずに別々になる方法……)
亜美(うあうあー!そんなのわかんないよー!よく考えたら真美と一緒じゃないなんてことないじゃん!!)
真美(あー!もう!怪しまれるとか考えて行動したほうがかえって怪しいんだよ!堂々と行こう!)
亜美(こんな状態で真美といたら亜美の身がもたないよ!よし事務所に行こう!)
真美(こんな状態で亜美といたら真美の身がもたないよ!よし事務所に行こう!)
10: 以下、
事務所
亜美「……」
真美「……」
亜美真美(なんで一緒に来てんのさぁ?!!)
伊織「あら、おはよう」
亜美「……はっ!お、おはようございま…す」
真美「お、おはよう!今日は天気が……いい…ね」
伊織「?!」
伊織(なんなのこのテンション?!)
伊織「…な、何バカ言ってんの、外は大雨じゃないの!」
亜美「……」
真美「……」
伊織(え……なにこれ、ていうか、いつもならあっちから元気よく挨拶してくるのに……)
伊織(喧嘩?…でもそれなら一緒に来るかしら……わ、わからないわ…)
11: 以下、
亜美(えぇ?、どうしよう……せっかく別々になろうと思ったのにちょー自然に二人で来ちゃったよ!)
真美(うぅ?、事務所に来てもこれじゃ意味ないよー!)
亜美(そ、それに、あんまり話しかけないんじゃ真美にヘンに思われちゃうんじゃ…?)
真美(は、話すしかないっ……)
亜美真美「ねえっ!」
亜美真美「?!」
亜美真美「そっちからいいよ!」
伊織(な、なにこれ…頭痛くなってきた……)
12: 以下、
亜美「え、えと……」
真美「あ、えぇと、亜美、先いいよ?」
亜美「えっ?!…う、うん」
真美(正直特に話す内容考えてなかったから助かったよ…)
亜美(えぇ??!話す内容なんて特に考えてないよーっ!)
亜美「そ、その…いい天気だね、はは…」
亜美(うあうあー!外は雨だって言ってるっしょ?!!)
真美「……」
真美(や、ヤバイ!真美の態度がおかしいからなんかエンリョしてるっぽいよ?!)
真美「そ、そだね、ははは…」
亜美(真美もなんか気遣ってくれてるっぽいし…やっぱ普通に話すなんて無理だよー!)
14: 以下、
亜美「そ、そうだ!亜美ジュース持ってくるよ!」ダッ
真美「あ、ありがと…」
伊織「ね、ねえ真美…あんたら、どうしちゃったのよ……?」
真美「そ、それは…」
真美(う?ん…きっといつまでもこのままやっていくわけにはいかないけど……)
真美(でも…亜美のキモチを勝手にいおりんに話しちゃまずいよね…)
真美(どうしよ……)
伊織(……なにかあるのは間違いないでしょうけど…人に話せるようなことじゃないのかしら…)
16: 以下、
亜美「おまたせー、はい、いおりんも」
伊織「あ、ありがと」
真美「ありがとー」
真美(い、いつも通りじゃないと怪しまれちゃうよね…)
真美「や、やっぱ美味しいなぁー!」
亜美「…だ、だね!」
真美(う、ちょっとわざとらしかったかな…)
真美「あ、亜美が持ってきてくれたからかな!」
亜美「?!」
伊織「?!」
真美(?!)
17: 以下、
真美(な、なななな、なにいってんの真美ぃ!!我ながらさ、さすがにこれは…わざとらしいってレベルじゃないよー!!)
真美(やばい!めっちゃ恥ずかしい!///)
亜美「え、えっと、その……///」
亜美(ど、どどどうしよう!…真美、いおりんの前でもそういうこと隠さないカンジなの?!)
亜美(そ、それになんか、恥ずかしいよぉー…///)
亜美(や、やばいっしょぉ?…///)
伊織(え、な、何今の……ほんっとわけわかんない…)
伊織(しかもなんであんたたち頬染めてるわけ?!)
18: 以下、
真美「や、やっぱ今のナシ!」
真美(よ、よくよく考えたら今のアブナすぎっしょ!いおりんもいるのに……)
亜美「え?!う、うん!」
亜美(そ、そうだよね!いおりんもいるし、やっぱりそーいうことは言わないほうがいいんだよね!)
亜美(今のはちょっと、口滑らしちゃっただけだったんだね!)
亜美(……あんなこと口走るなんて…やっぱり亜美のことLOVEなんだね…)
19: 以下、
亜美「……」ズズ
真美「……」ズズ
伊織「……」
伊織(ジュースをまるでお茶でもすするみたいに…)
伊織(いつもならすぐ飲み干してもう一杯!とか言ってるのに……)
亜美「……」
真美「……」
亜美(黙ってたらやっぱヘンだよねぇ…)
真美(ただ喋るとボロが出ちゃいそうだし……)
伊織(あぁ…この二人といて気まずくなるなんて…考えもしなかったわ……)
20: 以下、
亜美(ホント、これからどうしよう…)
真美(あんなこと言っちゃった以上、セキニンもって付き合っていかなきゃダメだよね…)
亜美(ハァ…亜美はなんてことを……)
真美(亜美のキモチも知らずに、勝手にイタズラだと思って……)
亜美(真美のキモチも知らずに、酷いイタズラしちゃって……)
亜美(でも…もし、亜美がこんなイタズラしなかったら、どうなってたんだろう)
真美(今はイタズラのせいで、そ、その、一応、つ、付き合ってるけど…)
亜美(もし亜美がイタズラしなくても、いつかはコクられてたのかな…)
真美(もし、最初からホンキだと気づけてたら…真美は…なんて返事するだろう…)
亜美(真美からもしもコクられたらか……)
21: 以下、
亜美(あー!もう!今さらごちゃごちゃ考えたってわかんない!)
亜美(亜美が悪いんだし、これからセキニンもって真美のカノジョやるしかないっしょ!)
亜美(大人は嫌なこととかあったときにお酒をいっぱい飲むって言うよね!)
亜美(やけ酒?ってヤツ?よし!亜美もやけジュースだぁーっ!!)
亜美「…」ゴクゴク
伊織(あ、あら、勢いが…)
亜美「もう一杯!」
22: 以下、
伊織(戻ったのかしら…)
真美(なんだろう…亜美のようすが……)
真美(と、ともかく今のままじゃいおりんにも怪しまれちゃうし…)
真美(あ!ならいおりんと話せばいいんじゃん?)
真美「ね、ねえいおりん!最近どー?」
伊織「え?!私?!」
伊織(な、なによどうって……ええっと…)
伊織「ま、まあまあよ。まあまあ」
亜美真美(あれ、いおりんなんか元気ない?)
23: 以下、
亜美「いおりんなんかあった?なーんか元気ないっぽいよ?」
伊織(それはこっちのセリフよ!!)
真美「悩み事があるなら真美におまかせだよー!」
伊織(あ、あれ、いつも通りになった…?)
亜美真美(よし!いおりん相手なら問題ないっぽい!)
亜美真美(それにいおりんが悩んでるならなんとかしてあげないとね!)
24: 以下、
伊織「な、ないわ!ない!というかなくなったわ!」
亜美「え?」
真美「なくなった?」
伊織「ええ」
亜美「そっかー、ならよかったよー!」
真美「これも真美たちのおかげかなー!」
伊織(どっちかというとあんた達のせいで悩んでたのよ!)
25: 以下、
伊織「もう…まぁいいわ」
伊織「悩んでた私がバカだったみたいよ」
伊織(やっぱり気になるけど…今は元気みたいだし、もう大丈夫よね)
亜美(う?ん、気になるけど、もう解決したっぽいし、いっか!)
真美(いおりんの悩み…気になるけど解決したならいっかー!)
26: 以下、
亜美「……」
真美「……」
伊織「……」
亜美「……」
真美「……」
伊織「……」
亜美「……」
真美「……」
伊織「……」
亜美真美伊織(え、なに、やっぱり解決してないの…?)
27: 以下、
伊織(や、やっぱりあの二人様子おかしいわよね…)
亜美(いつもならもっと喋ってるのに…)
真美(なんだろう……この沈黙……)
亜美(いおりんはヘンだし、真美と話すのは……その…アレだし…)
真美(ど、どうしよう…)
亜美真美(…今更だけど付き合って一日目でこれって、絶対怪しまれる……)
28: 以下、
亜美(よ、よし!さ、さっき真美がなんか亜美のこと褒めて?くれたっぽいし今度は亜美から!)
亜美「ね、ねえ真美」
真美「!」
伊織「!」
真美「な、何?」
亜美「真美は…あ、亜美のことスキ…?///」
真美「?!」
伊織「?!」
29: 以下、
亜美(な、なんかハズい!いっつもこのくらいならふざけて言い合うのに!!///)
真美(え、ええ?!///い、いきなり何いってんの亜美!!///)
伊織(ど、どういうこと?!なんかいつもの雰囲気じゃないわよ!)
伊織(いやさっきからだけど!!)
真美(と、とにかく答えないと!)
真美「う、うん!す、スキだよ?…///」
真美(なんかめっちゃ恥ずかしいよ?!!///)
30: 以下、
亜美「そ、そっか?…///」
真美(こ、これ、あれだよね…いつも聞き返すし……覚悟を決めろ真美!!)
真美「亜美も、真美のことスキ?///」
亜美「う、うん!///」
真美「そ、そっか?…///」
亜美「あ、当たり前っしょ!!ま、真美のこと好きで真美の妹やってるとこあるし!!」
真美「?!」
伊織「えぇっ?!」
亜美(うあうあ?!照れ隠しでへンなこと言っちゃったよ?!!)
真美(な、なにそれ??!そんなの初耳だよっ!じゃあ真美のことキライになったら妹じゃなくなっちゃうの?!)
真美(そ、そんなのヤダよぉ!!)
31: 以下、
真美(と、とりあえず真美も……)
真美「そ、そっか!ま、真美もまあ亜美がスキでお姉ちゃんやってるとこあるからね!!」
亜美(うあうあー!真美が気遣ってくれてるよー!!)
亜美(う、うぅ!や、やばい…やばいよ……と、とりあえずこの場をどうにかしなきゃ…)
亜美「あ、亜美ちょっとトイレ行ってくんね!」ダダッ
真美「あ、う、うん」
真美(な、なんとかなった…かな…)ハァ
32: 以下、
伊織(絶対おかしいわ…なにかある……)
伊織(私をからかってる……いや、そんな感じじゃないわね…)
伊織(二人共何か…自分のことで手一杯というか…なんか余裕がないのよね……)
伊織(ええい!悩んだってわかるわけないわ!直接聞けばいいのよ!私らしくもない!!)
伊織「ちょっと真美!」
真美「ど、どったの?」
伊織「どったのじゃないわよ!」
伊織「あんたたち、さっきから聞いてれば話が噛み合ってないというか……」
伊織「なにか心ここにあらずというか…」
伊織「なんか様子がおかしいのよ!!」
33: 以下、
真美(ギクッ!!)
真美「そ、そんなことないもん!」
伊織「なにかあったんでしょ!……なら…」
伊織「悩んでるだったら……その、相談くらいしてくれても…」
真美「……」
34: 以下、
真美(そうだよね…こんなの、いつまでも続くわけないよね……)
真美(いつかバレちゃうんだ……でも……)
真美「真美…いたずらだとおもって……」
伊織「イタズラ?」
真美「ホンキだなんて…全然思わなくて…」ウルウル
伊織「ちょ、ちょっとなに泣いてるのよ?!」
真美「うぅ…真美が…真美が……」
伊織「と、とにかく話して…」
真美「うわああああああああん!!!」ダッ
伊織「えっ?!ちょ、ちょっと真美どこいくの?!」
バタン
35: 以下、
伊織「な、なんなのよ…」
伊織(イタズラ…本気…?なんの話しかしら……)
亜美「あれ、真美は?」
伊織「あ、亜美!真美が急に外出てっちゃったのよ!」
亜美「え?!な、なんで?!」
伊織「こっちが聞きたいわ!あんたなんか知ってるんじゃないの?!」
亜美「え、えっと…」
伊織「イタズラがなんとかって行って出てったのよ…何か知らない?」
亜美「え?」
36: 以下、
亜美(い、イタズラ……)
亜美(!!)
亜美(そっか…バレちゃったんだ……そうだよね、ずっと一緒だったもん…わかるよね……)
伊織「ちょっと亜美!聞いてる?」
亜美「…行ってくる!!」
バタン
伊織「ちょ、ちょっと!」
伊織「もう……なんなのよ……」
37: 以下、
真美「うぅ…ごめんね……亜美……」
真美「真美が……真美が……」
亜美「真美っ!!」
真美「?!あ、亜美!」
亜美「や、やっぱりここにいたんだね……」ハァハァ
亜美(真美…泣いてる……うぅ……)
真美「あ、亜美……その」
亜美「真美、ごめん!!」
真美「えっ…?」
38: 以下、
亜美「亜美、真美のことは大好きだけど…カノジョとか、そういうんじゃないんだ……」
亜美「許されることじゃないって…わかってるけど…その、イタズラでコクハクしたんだ……」
亜美「まさか真美が亜美のことそんな風に思ってるなんて思ってなくて……」
亜美「真美のキモチも考えずに……」
亜美「ごめんなさい!」
39: 以下、
真美「そ、そうだったんだ……」
亜美「うぅ、ごめん、ごめんね…真美……」ポタポタ
真美「謝らないで亜美…」
真美「でも…そっか……よ、よかったぁ……」
真美「真美こそごめんなさい!」
亜美「え……なんで…」
真美「真美も、亜美のコクハクがイタズラだと思ってわざと返事したんだ…」
亜美「…え?」
真美「結果的には…ホントにイタズラだったみたいだけど……」
真美「あの時、返事されて、ホントだったんだって思った……」
真美「それで……真美、亜美のこと全然考えてあげれなくて……うぅっ…」
40: 以下、
亜美「そ、そうだったんだ……」
真美「真美も…亜美のこと大好きだけど…カノジョとかじゃなく、なんていうか、普通にスキなんだよ…」
亜美「そ、そっか……」
亜美「……」
真美「……」
亜美「……じゃあ、おあいこだね!」
真美「!」
真美「……うん!」
41: 以下、
亜美「真美ー!」ダキッ
真美「亜美ー!」ダキッ
亜美「もー!ビックリしたんだかんね!まさかOKされるとは思わなかったんだから!」
真美「真美だって!まさかそのまま付き合うだなんて思わなかったよー!」
亜美「むー!」
真美「むむー!」
亜美「……」
真美「……」
亜美「えへへっ」
真美「んふふっ」
亜美「ごめんね?」
真美「うん!」
真美「真美もごめんね?」
亜美「うん!」
42: 以下、
伊織「はぁ、はぁ……やっと見つけた……」
伊織「こらー!亜美!真美!」
亜美「あ!」
真美「いおりん!」
伊織「まったくあんたたち二人してこの雨の中傘も持たずにいっきなり飛び出してっちゃうんだから…」
伊織「心配したじゃないのよ!」
亜美「あ、そういえば…」
真美「びしょ濡れだ……」
伊織「まったく、ほら……って、あ……」
43: 以下、
亜美「どったの?……あ」
真美「……ねえいおりん?わざわざ追っかけて来てくれたのは嬉しいけど…」
亜美「持ってきてくれた傘って、その今さしてるのだけ?」
伊織「しょ、しょうがないでしょ!急いでたのよ!」
亜美「……」
真美「……」
伊織「な、なによ……」
亜美真美「とりゃー!」
伊織「きゃっ!ちょ、ちょっとあんたたちくっつかないでよ!びしょ濡れなんだから!」
亜美「そんなこといって?!いおりんも走ってきたからもうびしょ濡れだよ?」
真美「そんなに真美たちのこと心配してくれてたんだね!」
44: 以下、
伊織「う、うるさいわね!入れないわよ!」
亜美「うあうあー!ごめんごめん!」
真美「もう言わないから入れてー!」
伊織「もう…しょうがないわね」
亜美「ありがとね!いおりん!」
真美「ありがと!」
伊織「……にひひ♪もうすっかりなおったのね」
45: 以下、
亜美真美「え?」
伊織「なんでもないわよ、ほら!ぼさっとしてると置いてくわよ!」
亜美「うあうあー!」
真美「待ってよいおり?ん!」
伊織「ちょ、こら!ベタベタしないの!」
亜美「え?いいっしょ?!」
真美「ほんとは嬉しいくせに?」
亜美「ねー?」
真美「ねー?」
伊織「うるさい!」
伊織「……もう、ほんとしょうがないんだから♪」
おわり
47: 以下、
亜美真美伊織の絡みが大好きです
亜美真美誕生日おめでとう
48: 以下、

これは素晴らしいものだ
元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495450740/
THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS LITTLE STARS! エチュードは1曲だけ
日本コロムビア 日本コロムビア 2017-05-23
Amazonで詳しく見る
関連記事
- 水本ゆかり「有香ちゃんを迎えに行きましょう」
- モバP「やんのかゴルァ!!」 ちひろ「上等だゴルァ!!」
- 【モバマスSS】 前川みく「猫ちゃんみたいに」
- P「起きたら隣に裸の小鳥がいた」
- 五十嵐響子「ピーキーキュートとお料理番組」
- 荒木比奈「ただただだらだら」
- P「響の八重歯が折れた……だと?」
- P「若年性アルツハイマー?」
- 貴音「あなた様とらぁめん探訪」【後編】
- 【ミリマスSS】美希「なんなのなの…」
- 【ミリオン】P「今日、桃子が結婚します」
- モバP「キュートな幼馴染」
- 美希「最近ヘンなことばっかりなの」
- 拓海「アタシんちぃ!?」
- モバP「うさぎの性欲って凄いんだよな」智絵里「……えっ」
Amazonの新着おすすめ
PLAY ARTS改 FINAL FANTASY XV シドニー・オールム 塗装済み可動フィギュア
期間限定!「電子特典版」付き 弱キャラ友崎くん Lv.3 (ガガガ文庫)
PlayStation 4 ジェット・ブラック (CUH-1200AB01)
終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?#03【電子特別版】
GRANBLUE FANTASY The Animation 1(完全生産限定版) [Blu-ray]
【早期購入特典あり】戦姫絶唱シンフォギア Blu-ray BOX【初回限定版】(B2告知ポスター付)
アイドルマスター シンデレラガールズ 橘ありす はじめての表情 1/7スケール PVC製 フィギュア
おすすめサイトの最新記事
アイドルマスターSS コメント:0 
コメント一覧
コメントの投稿
名前:
コメント:
月間人気ページランキング
【ランキングをもっとみる】 【全記事表示する】
-->
- 【ガルパン】優花里「ヒヤッホォォォウ! タンポポだぜぇぇぇぇ!」
- 周防桃子「え?耳かきになりたい?」
≪ PREV | トップページ | 全記事一覧(,,゚Д゚) | NEXT ≫
ランダム記事ボタン
ピックアップ
GRANBLUE FANTASY The Animation 2(完全生産限定版) [Blu-ray]
ねんどろいど けものフレンズ サーバル
最新記事
- 提督「ラブレターの日だから、吹雪に手紙でも書くか」吹雪「ちょっと」
- 【ガルパン】優花里「ヒヤッホォォォウ! タンポポだぜぇぇぇぇ!」
- 亜美「真美にイタズラで告白する」
- 周防桃子「え?耳かきになりたい?」
- 【モバマス】P「まゆのスケベが爆発した」
- 魔法使い「魔力とはカロリーと見つけたり」
- 博士「突撃!隣のファッションチェック」助手「なのです」
- 【ガルパン】麻子「五十鈴さんなんて大嫌いだっ!」
- 岡崎泰葉「泰葉と桃子の」周防桃子「先輩の言うことを聞きなさい!」
- 城ヶ崎莉嘉「あんなお姉ちゃん嫌だっ!」
- 真紅「JUMが股間にローザミスティカを隠し持っているのだわ」
- 荒木比奈「45秒で何が出来る?」
- 大沼くるみ「貴女の手のひら」
- 古泉「お話しませんか?」 キョン「なんだ改まって」
- モバP「ファンクラブイベントにて」
週間人気記事ランキング
【全ランキングを表示】
最新
禁書目録SS
Fate SS
アイドルマスターSS
艦これSS
ガールズ&パンツァーSS
ダンガンロンパSS
ラブライブ!SS
遊戯王SS
ポケモンSS
俺ガイルSS
エヴァンゲリオンSS
まどか☆マギカSS
シュタインズゲートSS
けいおん!SS
涼宮ハルヒのSS
その他二次創作SS
オリジナルSS
姉兄妹弟SS
魔王・勇者SS
( ^ω^)(´・ω・`)('A`)
ホライゾーンSS
SS以外
月間!人気SS
このブログについて
ホライゾーン
作者別SSまとめ
長編・シリーズまとめ
ニューリリース
けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (3)
新約 とある魔術の禁書目録(18) (電撃文庫)
Fate/Grand Order ランサー/玉藻の前
Fate/Grand Order セイバー/アルテラ
Nintendo Switch Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッド
Fate/EXTRA CCC VOID LOG:BLOOM ECHO I
ソードアート・オンライン Blu-ray Disc BOX(完全生産限定版)
物語シリーズ セカンドシーズンBlu-ray Disc BOX(完全生産限定版)
ポッピンQ Blu-ray *豪華版
すーぱーそに子 クリスマスVer. 1/7スケール PVC製 塗装済み 完成品 フィギュア
イロンナ カンケイ (WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL)
新刊ピックアップ
ホビー
ゲーム
アニメ
ブログあれこれ
・まとめ依頼はこちら!
みんなのいちおし!SS
よく耳にするとか、印象的なSS集ダンテ「学園都市か」"楽しすぎて狂っちまいそうだ!"
一方通行「なンでも屋さンでェす」可愛い一方通行をたくさん見よう
インデックス「ご飯くれるとうれしいな」一方通行「あァ?」"一方禁書"凄まじいクオリティ
フレンダ「麦野は今、恋をしているんだね」通称"麦恋"、有名なSS
キャーリサ「家出してきたし」上条「帰って下さい」珍しい魔術側メイン、見るといーの!
垣根「初春飾利…かぁ…」新ジャンル定温物質ウヒョオオ!!
美琴「……レベル5になった時の話ねえ………どうだったかしら」御坂美琴のレベル5に至る努力の経緯
上条「食蜂って可愛いよな」御坂「え?」ストレートに上食。読めて良かった
一方通行「もっと面白い事してモリモリ盛り上がろォぜ」こんなキャラが強い作者は初めて見た
美琴「週末は アイツの部屋で しっぽりと」超かみことを見てみんなで悶えましょう
ミサカ「たまにはMNWを使って親孝行しようぜ」御坂美琴のDNAは究極に可愛くて凄い
番外個体「  」番外通行SSの原点かな?
佐天「対象のアナルを敏感にする能力か……」ス、スタイリッシュアクションだった!
麦野「どうにかして浜面と付き合いたい」レベル5で楽しくやっていく
ミサカ「俺らのこと見分けつく奴なんていんの?」蒼の伝道師によるドタバタラブコメディ
一方通行「あァ!? 意味分からねェことほざいてンじゃねェ!!」黄泉川ァアアアアアアアアアア!!
さやか「さやかちゃんイージーモード」オナ禁中のリビドーで書かれた傑作
まどかパパ「百合少女はいいものだ……」君の心は百合ントロピーを凌駕した!
澪「徘徊後ティータイム」静かな夜の雰囲気が癖になるよね
とある暗部の軽音少女(バンドガールズ)【禁書×けいおん!】舞台は禁書、主役は放課後ティータイム
ルカ子「きょ、凶真さん……白いおしっこが出たんです」岡部「」これは無理だろ(抗う事が)
岡部「フゥーハッハッハッハ!」 しんのすけ「わっはっはっはっは!」ゲェーッハッハッハッハ!
紅莉栖「とある助手の1日ヽ(*゚д゚)ノ 」全編AAで構成。か、可愛い……
岡部「まゆりいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!」SUGEEEEEEEEEEEEEEEEE!!
遊星「またD-ホイールでオナニーしてしまった」……サティスファクション!!
遊星「どんなカードにも使い方はあるんだ」龍亞「本当に?」パワーカードだけがデュエルじゃないさ
ヲタ「初音ミクを嫁にしてみた」ただでさえ天使のミクが感情という翼を
アカギ「ククク・・・残念、きあいパンチだ」小僧・・・!
クラウド「……臭かったんだ」ライトニングさんのことかああああ!!
ハーマイオニー「大理石で柔道はマジやばい」ビターンビターン!wwwww
僧侶「ひのきのぼう……?」話題作
勇者「旅の間の性欲処理ってどうしたらいいんだろ……」いつまでも 使える 読めるSS
肛門「あの子だけずるい・・・・・・・・・・」まさにVIPの天才って感じだった
男「男同士の語らいでもしようじゃないか」女「何故私とするのだ」壁ドンが木霊するSS
ゾンビ「おおおおお・・・お?あれ?アレ?人間いなくね?」読み返したくなるほどの良作
犬「やべえwwwwwwなにあいつwwww」ライオン「……」面白いしかっこいいし可愛いし!
最新
逆アクセスランキング
最新コメント

----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
Darin:DIO「ASB?」
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------


続き・詳細・画像をみる


ガンダムの戦争ってほとんど内ゲバで終わってない?

【悲報】 忍者が足りない!

彡(゜)(゜)「フ○ラさせて。女より気持ちいいで。ノックするからOKならドア開けて」

【悲報】 H、廃れる

ハンターハンターを連載再開してもらうにはどうすれば良いか考えるスレwwwwwww

最 も 有 能 な エ ク セ ル の 関 数

「プール帰りに食べるもの」←何が思い浮かんだ?

レクサスとかいうクッソかっこいい車ブランドwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

最近の大学生って細い人多すぎない?

【ガルパン】優花里「ヒヤッホォォォウ! タンポポだぜぇぇぇぇ!」

エリカ「私達が」みほ「プリキュアに!?」

【衝撃】木村拓哉の現在・・・・・・マジかよ・・・・・・

back 過去ログ 削除依頼&連絡先