読書家はそろそろハッキリ言うべきなのです!「文 豪 の 小 説 は つ ま ら な い」!!!!!!!back

読書家はそろそろハッキリ言うべきなのです!「文 豪 の 小 説 は つ ま ら な い」!!!!!!!


続き・詳細・画像をみる

1.
2. 1.名無しカオス
3. 2017年04月14日 21:02
4. 教養がないとこうなる
5.
6. 2.名無しカオス
7. 2017年04月14日 21:10
8. 羅生門面白いだろ 地獄変のが好みだけど
こころは好みじゃないが 猫と夢十夜は好き
9.
10. 3.名無しカオス
11. 2017年04月14日 21:11
12. 邪宗門は続きが読みたくてたまらない
13.
14. 4.空缶
15. 2017年04月14日 21:13
16. >羅生門とか何が面白いんだよ
アレ滅茶苦茶いいじゃないか!
妖怪みたいなババアがキモ恐ろしい事をしてるのはひっかけで、
それをババアにそっくりやり返す下人の動機は怒りと飢え。
あの地獄環境下で奴はまだ諦めちゃいないんだよ。
一縷の希望があるんだよ。悪から善を作り出すしかないんだよ。
間違ってっかも知れないが傑作なんだよ!!!
17.
18. 5.名無しカオス
19. 2017年04月14日 21:15
20. 誰もラノベって言ってないのに唐突のラノベ叩きに草
坊っちゃんはつまらなかったけど、こころと猫は面白かったわ
ただ読んだからと言って頭良くなるとは思わんな
文豪の作品もそうだけ、たまに純文学読んでるだけで自分が賢くなってると勘違いしてる奴は痛々しいと思う
21.
22. 6.名無しカオス
23. 2017年04月14日 21:15
24. 蜘蛛の糸好き
メロス嫌い
25.
26. 7.名無しカオス
27. 2017年04月14日 21:15
28. 夏目漱石は面白いと思うけど
29.
30. 8.名無しカオス
31. 2017年04月14日 21:16
32. バカ正直に言うと「俺にはわからん」
33.
34. 9.名無しカオス
35. 2017年04月14日 21:17
36. 地獄変の奇想は現代でもそうそう太刀打ちできないよ
邪宗門が繋がっていれば…惜しい
37.
38. 10.名無しカオス
39. 2017年04月14日 21:17
40. 森鴎外の百物語は面白かったぞ
41.
42. 11.名無しカオス
43. 2017年04月14日 21:19
44. いや感想や面白いか面白くないかは人それぞれだから何そんなことで口論になってんだよしかも少し喧嘩腰だし
45.
46. 12.名無しカオス
47. 2017年04月14日 21:20
48. 面白いのは面白いしつまらないのはつまらない
49.
50. 13.名無しカオス
51. 2017年04月14日 21:20
52. 芥川も漱石も太宰も当時はラノベ扱いだっただろ?
53.
54. 14.名無しカオス
55. 2017年04月14日 21:21
56. 行間を読めないと、つまらないよね。
57.
58. 15.名無しカオス
59. 2017年04月14日 21:23
60. なんでも始まりはすげーんだよ
ジミヘンもダーウィンも今の時代から見ると的外れな部分もあるし、技術的に劣っている部分もあるけど、その人たちがいなかったから学問とか音楽はここまで発展することはなかった。
芥川も同じで、そういった新しいことを生み出す難しさと偉大さに敬意を払えんのなら読書家名乗んな
61.
62. 16.名無しカオス
63. 2017年04月14日 21:23
64. バカには理解できないんだろ
65.
66. 17.名無しカオス
67. 2017年04月14日 21:26
68. 子供の頃、落語見てても知識がないからチンプンカンプンだったこと思いだしたわ。
69.
70. 18.名無しカオス
71. 2017年04月14日 21:26
72. 文章力のなさが行間になってる(うまく書けないからここの描写飛ばしちゃえ)っていうのと、本当に行間という「間」を意識的入れているのとはまた別なんだろうと思う。
だけど、どっちにも誤読はつきもの。
73.
74. 19.名無しカオス
75. 2017年04月14日 21:27
76. 文豪の文章は足し算と引き算だけのシンプルな感じ
無駄が無いというか複雑ではないというか単純明快
悲しいなら悲しいだけ。楽しいなら楽しいだけ。
77.
78. 20.名無しカオス
79. 2017年04月14日 21:27
80. 「君の中ではそうなんだな」で終わる話じゃね
81.
82. 21.名無しカオス
83. 2017年04月14日 21:27
84. まあ同意
古くて有名だから読んだが別に面白くはない
ラノベよりはマシだがな
85.
86. 22.名無しカオス
87. 2017年04月14日 21:27
88. 当時は本当にラノベみたいな扱いだったんだよなぁ
軽い読み物だと馬鹿にされてたが今は文豪だからね
1ちゃんは普通に知識不足なだけやと思うわ
89.
90. 23.名無しカオス
91. 2017年04月14日 21:28
92. 中島敦とか文章めっちゃカッコいいのに
93.
94. 24.名無しカオス
95. 2017年04月14日 21:32
96. 古典の古典故の価値は否定しないが、現代の作品に比べて秀でてるなんてことはないわな
97.
98. 25.名無しカオス
99. 2017年04月14日 21:32
100. 吾輩は猫である 今で言う日常系だが、面白い
101.
102. 26.名無しカオス
103. 2017年04月14日 21:38
104. 95: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/09(日) 21:03:57.940 ID:XcWAdKZx0
昨日から「吾輩は猫である」を読み始めたけど、クスッとする所が結構あるぞ。
99: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/09(日) 21:07:13.726 ID:AS2cQcKC0
>>95
いや面白いよたまには。もちろん。
特に面白いから明治時代は売れてたわけだから。
でも近代の小説家の本だってたまにクスッとする所があるように
それだけだったら別に今の売れっ子作家と比べて秀でてるところは何もないんだよね。
明治〜大正に書かれた本で笑えるなんて分かってるじゃん。
時代の篩にかけられて残るものが、まさに古典のあるべき姿。
ただ今笑えるものが百年後にも同じ様に笑えるものかどうかは分からないけどね・・・。
105.
106. 27.名無しカオス
107. 2017年04月14日 21:38
108. 普通に面白いわ。
村上春樹とかよりは。
ラノベとは方向性が違うから比較できんけど。
109.
110. 28.名無しカオス
111. 2017年04月14日 21:38
112. 好きなのを読めばいいから少数派の意見を叫ばないでほしい
113.
114. 29.名無しカオス
115. 2017年04月14日 21:39
116. てか芥川が文豪って時点でw
117.
118. 30.名無しカオス
119. 2017年04月14日 21:42
120. こころは高校受験前のうら寂しい時期に読んだから名作感がすごい。
留年中に読んだそれからも同上。
121.
122. 31.名無しカオス
123. 2017年04月14日 21:43
124. >>77
まさにこの感覚、自分の中で言語化できない漠然とした観念を怖いくらい綺麗に明文化してくる
ラノベも漫画も現代小説も面白いし好きだけど、この感覚は他では味わえない気持ちよさ
125.
126. 32.名無しカオス
127. 2017年04月14日 21:43
128. ホモは文豪ってことだけはわかった
129.
130. 33.名無しカオス
131. 2017年04月14日 21:47
132. 文豪の小説にも、つまらないものと面白いものがある。
それだけ。
文豪だからどうだのこうだの語る事自体ナンセンス。
133.
134. 34.名無しカオス
135. 2017年04月14日 21:48
136. 芥川龍之介なら蜜柑を読め
137.
138. 35.名無しカオス
139. 2017年04月14日 21:48
140. >>上に上げた村上春樹だって、春樹ヲタの俺が読んでもぶっちゃけ大半つまんないし
ここに答えがありそうな気がする
141.
142. 36.名無しカオス
143. 2017年04月14日 21:51
144. 「面白いと思わない奴は知識や考察が足りない」
この反応こそが「保護されている」証
145.
146. 37.名無しカオス
147. 2017年04月14日 21:51
148. え?純文ってなんか為になるの?
149.
150. 38.名無しカオス
151. 2017年04月14日 21:54
152. 文豪の仮面を脱ぎ捨て芥川先生無双 ドロドロじゃろ
153.
154. 39.名無しカオス
155. 2017年04月14日 21:54
156. 太宰治の「小説の面白さ」読んでみれば
157.
158. 40.名無しカオス
159. 2017年04月14日 21:55
160. >>34
文豪の小説は滅多に読まないけど、これだけは大好き
161.
162. 41.名無しカオス
163. 2017年04月14日 21:56
164.
まえは自分も1と同じこと思っていたけど太宰の『葉桜と魔的』『女生徒』読んで考え変わったわ
心臓に直接鎚を振るわれたような衝撃だった
少なくとも太宰の書く文章には現代人に通じる哀愁とか葛藤とか普遍的な何かがあったよ
そういう体験すれば多少考えも変わるんじゃね
変わる必要があるかといえば疑問だけど
165.
166. 42.名無しカオス
167. 2017年04月14日 21:57
168. 夏目漱石のこころを楽しめないとは可哀想に
169.
170. 43.名無しカオス
171. 2017年04月14日 21:59
172. 猫であるのクシャミ先生も大衆文学で何が悪いなんて言ってるな
赤毛のアンでも女は小説読むなはしたない聖書読めって言われる
でも、大正期は文学自体が揺れてたし
その後、本流とされてた文語の純文学は衰退していく
173.
174. 44.名無しカオス
175. 2017年04月14日 22:00
176. 読書家だからこそなんでも読んで好みじゃないものもとりあえず楽しんでみる努力をするんじゃないのか。沢山本を読んでいる人ほど好みの本はあらかた読みつくしているから、別の好みではない本に手が伸びるものだ。
でもどうしても面白くないと感じる本があるのは当たり前だ。大衆向けや名作が自分好みとは限らないし。
そして『舞姫』テメーは駄目だ。お前だけは許さん。
>>1が有名な文豪の作品をつまらないと思っている理由は、好みの本でもない作品が教科書に載り、異常にもてはやされているように感じるからだろう。
そもそも>>1のような人以外にも読書が嫌いな人、国語が嫌いな人が義務だから強制的に読まされているんだ。教科書に掲載されている作品を嫌うやつが多くても仕方ないさ。
177.
178. 45.名無しカオス
179. 2017年04月14日 22:00
180. こいつは村上春樹もただ気取って読んでるだけなんだろうな
181.
182. 46.名無しカオス
183. 2017年04月14日 22:00
184. 太宰は月見草の話が厨二で笑う
文体自体は流麗なんだけど
185.
186. 47.名無しカオス
187. 2017年04月14日 22:03
188. 単純に考察するのが楽しい、だから題材も複雑だったり歴史があるほうがありがたい
歴史、ガンダム、映画の考察オタと表面が違うだけで根っこは同じ
鰯の頭も信心から
189.
190. 48.名無しカオス
191. 2017年04月14日 22:03
192. 国語を文豪の素晴らしさを教える教科だとしか思ってない時点で浅い
読書家カンケーないじゃん
193.
194. 49.名無しカオス
195. 2017年04月14日 22:06
196. 国語の授業で一つぐらい面白い話なかったか?
つまらなかった作品の方が少なかったわ
197.
198. 50.名無しカオス
199. 2017年04月14日 22:07
200. 漠然と古今で比べるなら昔の方が面白いと言わざるを得ない
時代性の後押しなしに純文書くのは厳しいけど、今ってほら、つまんないでしょボンヤリしてて
ネットを題材にしてもうーんだし、不況とか就職難とか高齢化とか辛気臭いだけだし
時代を描くにはいまいちパンチが足りない
純文作家には厳しい時代だわ
201.
202. 51.名無しカオス
203. 2017年04月14日 22:09
204. 歴代のオールスターと現役プレイヤーを平で比べるのはフェアじゃない
205.
206. 52.名無しカオス
207. 2017年04月14日 22:10
208. ※11
たぶん趣味
209.
210. 53.名無しカオス
211. 2017年04月14日 22:10
212. 古典は本やマンガ映画の元ネタの元ネタだから一回は見とけば今の作品をより楽しめると思うんだが、
吾輩は猫であるなんて今の日常アニメそのものだ、ただ登場キャラが年頃の女の子じゃなくておっさんなのが致命的
人間失格なんてハーレムラノベの原型みたいなもんだ
すぐ心中しようとするのが玉にきずだが
213.
214. 54.名無しカオス
215. 2017年04月14日 22:12
216. その現代の文豪様を村上以外にもっと挙げろよ
村上春樹以外ほとんど読んでねえんだろこいつ
217.
218. 55.名無しカオス
219. 2017年04月14日 22:12
220. 教科書に載ってる程度しか知らんけど、色恋拗らせたり
暗い話が続いたりで辛気臭いイメージがあるな
どうせ課題図書だ教科書だっていうならもう少し明るい話選べばいいのにとは思う。
221.
222. 56.名無しカオス
223. 2017年04月14日 22:12
224. 世間一般だとラノベ読んでる奴の方が少数派だがな。
225.
226. 57.名無しカオス
227. 2017年04月14日 22:13
228. ※53
違うだろ
猫とオッサンのすれ違う交流なら今でも主流だぞ
229.
230. 58.名無しカオス
231. 2017年04月14日 22:15
232. 文学と言ったら 和歌 って時代もあったわけよ
233.
234. 59.名無しカオス
235. 2017年04月14日 22:18
236. 大正時代は志に関わらず若者の数割が結核で死ぬからな
気合入ってたんよ
マジに「俺には時間がない…」って生き方
237.
238. 60.名無しカオス
239. 2017年04月14日 22:20
240. 和歌はコミュニケーションの道具で、
その機能をうしなったから文学のカテゴリに入った。
と、俺が考えただけだが。
241.
242. 61.名無しカオス
243. 2017年04月14日 22:21
244. 純文学なんて読まないけど
SFやミステリの古典は今読んでも面白いよね
245.
246. 62.名無しカオス
247. 2017年04月14日 22:21
248. 芥川で言うなら芋粥と邪宗門が面白い
なお片方未完
249.
250. 63.名無しカオス
251. 2017年04月14日 22:24
252. ※59
さらっと適当なこと言うなw
1%もないわ
253.
254. 64.名無しカオス
255. 2017年04月14日 22:24
256. 昔の作品って、ストーリーは誰でも思いつきそうなありきたりなものだけど、文章力で感情を表現して飾り付けることで、意味ありそうにしてるってイメージ。
今の本は、ストーリー自体が発想力でもって作られていて、斬新でおもしろいけど、文章力で飾られてないから安っぽくみえる。
昔の作品は、キレイに飾られているけど普通の味の高級料理。今の作品は、見た目は汚いけど、すごく美味しい大衆料理。って感じだな
257.
258. 65.名無しカオス
259. 2017年04月14日 22:24
260. 村上春樹もこんなやつの引き合いに出されていい迷惑だよな。
261.
262. 66.名無しカオス
263. 2017年04月14日 22:25
264. スレ主自分の感性、価値観が1番だと思ってるタイプでしょ
視野が狭くて話聞く気にもなれない
斜陽のお母様がスープ飲む表現とかすごいなと思ったけどね
一瞬でお母様がどんな方なのか分かる
265.
266. 67.名無しカオス
267. 2017年04月14日 22:26
268. 太宰も芥川も純文学に真っ向から取り組んでた世代だからそりゃ面白いよ。
ただ、彼らがもっと長生きしてたらどんなの書いてたか気になるわ。
あと、この>>1はそもそもろくに本読んでなさそうね。
269.
270. 68.名無しカオス
271. 2017年04月14日 22:29
272. 例えばドストエフスキーとかツルゲーネフとか
原文ですらない和訳文でしか読んだことないけど
凄いと思うけどな
273.
274. 69.名無しカオス
275. 2017年04月14日 22:30
276. 子供の頃に読んで意味不明だったものを
大人になって読むとまた違うのも多いよ
トーマス・マンのトニオ・クレエゲルを学生時代に読んだときは
主人公が長々と電波発してるだけの意味不明小説だったのが
つい最近再読したらもう顔から火が出そうだった
277.
278. 70.名無しカオス
279. 2017年04月14日 22:30
280. ある程度年を食うと、所謂名作の普遍性の高さにビックリする
生まれて百年は経った文章への強い共感、誰しも生きる人の胸に去来する何か強い物が散りばめられている。誰が何れを拾うかは自由だ
勿論共感できない作品もある。そもそも文豪とか名作とか誰も正式に認定する人はいないので、好きと嫌いがあるだけだよ
281.
282. 71.名無しカオス
283. 2017年04月14日 22:31
284. 漫画アニメ映画じゃ想像力が鍛えられない!小説読めっていう奴いるけど
いつも思うんだけどさ、過去の文豪も許されるなら映像化したかったと思うぞ
自ら練りに練った末のストーリ?だもの。より詳細に第三者に伝えたいに決まってる
単に金がかからずできたことが文という形だっただけだ。
285.
286. 72.名無しカオス
287. 2017年04月14日 22:32
288. 芥川つまんないって相当ヤバイ。
短編でさらっと読めるのに描写が鮮やか、深読みすれば何通りもの解釈が出来る上どんな解釈でも人間の哀しさとか妙味みたいなものを感じさせる。
読みたまえ。
289.
290. 73.名無しカオス
291. 2017年04月14日 22:32
292. 古典文学名作シリーズとムラハルはリアリズムの方向が変わっただけでやろうとしてることは変わらないだろ
ちゃんと読んでんのか
文学は展開主導じゃないから心情を丁寧に追っていかないと楽しめないわけで、
冗長とかつまらないと思う人は嗜み方を変えてみるのも一興
293.
294. 74.名無しカオス
295. 2017年04月14日 22:38
296. 芥川がつまらないっていうなら別に個人の趣向でしかないけど
文豪がつまらないって言うとただの馬鹿かコンプレックスにしか思えない
297.
298. 75.名無しカオス
299. 2017年04月14日 22:40
300. 亡くなっても未だに読む価値のあると言われる本を書いたヤツが文豪ってだけだろ
90年代まで生きてた司馬遼太郎やら井上靖やら遠藤周作やら星新一だって文豪と言ってもいいだろ
村上春樹や筒井康隆だって、あと30年50年したら文豪と呼ばれてると思うよ
301.
302. 76.名無しカオス
303. 2017年04月14日 22:41
304. ラノベばっか読んでるから理解力ないだけだろ
305.
306. 77.名無しカオス
307. 2017年04月14日 22:42
308. え?
そう?
面白いやん
309.
310. 78.名無しカオス
311. 2017年04月14日 22:42
312. 村上春樹なんか思いっきり夏目漱石やらの影響受け取るやんけ
313.
314. 79.名無しカオス
315. 2017年04月14日 22:47
316. 全人口に対して0.3%くらいの死亡率だから
若年世代に限ると数パーセントは在っただろ
有病率がその数倍あるし
二十歳までに死ぬかもしれない?は相当リアルだったと思うよ
317.
318. 80.名無しカオス
319. 2017年04月14日 22:48
320. ※71
映像じゃないからこそできる表現もあるから一概にそう言える訳ないだろ
もっと他人の気持ちを考えないと
よしんばそれを肯定したとしても一行目となんも関係ない
やっぱり小説読まない奴は想像力が無いんだな
321.
322. 81.名無しカオス
323. 2017年04月14日 22:49
324. 文豪と呼ばれる人たちは表現方法の開拓をしていった人たち…というイメージだった。
ついでにいうと本は割と読んだ方だと思うし羅生門、山月記なんかは好きだったけど授業でやった途端しばらく好きになれない時間があったくらいで、国語で教師に教わるという形で読んだものは面白く感じられなくなる呪いにかかってる人自分以外にもいると思う。
325.
326. 82.名無しカオス
327. 2017年04月14日 22:49
328. うしおととらもスラムダンクも文章だけだったら心理描写も伝わるわけないし小説と漫画での優劣がつけられるわけないだろバカタレ
329.
330. 83.名無しカオス
331. 2017年04月14日 22:50
332. 昔の文学は時代背景とかを考察しながら見るのが楽しいのであって、純粋に文学として見たらクソ
アンパンマン見てたほうが楽しめる
ところで唐突にラノベ叩きしてる奴は当然ここで出てる文学は全部読んでるんだよな?
まさかオタっぽいから叩いてるだけなんて低俗な優越感に浸りたいミジンコ並の小物じゃあるまいし
333.
334. 84.名無しカオス
335. 2017年04月14日 22:51
336. 大多数の作家がいってるように人間の屑がなる職業だったんだよ
ちやほやしてるのは見てる奴らだけ
337.
338. 85.名無しカオス
339. 2017年04月14日 22:53
340. ラノベは流動食みたいなもんだよな
流動食ばかり食べてると筋肉と消化器と味覚が退化して
固形食を口に入れても噛み砕けず消化もできない
言うに事欠いて「これ何が美味しいの?」
後天的ガイジだなこれ
341.
342. 86.名無しカオス
343. 2017年04月14日 22:53
344. funnyとinterestingを面白いと解釈してしまうタイプかな
345.
346. 87.名無しカオス
347. 2017年04月14日 22:54
348. ※83
「全部読んでるんだよな?」?
普通学生の頃に全部読むぞ
あ、もしかして冗談なのかそれ?
349.
350. 88.名無しカオス
351. 2017年04月14日 22:55
352. やや古典化してきてるってことなのかな
353.
354. 89.名無しカオス
355. 2017年04月14日 22:57
356. 文豪はほとんど男だからやっぱ読んでてイマイチ
基本女子供は馬鹿で取るに足らない存在という概念だし、書いてる奴がそもそも生活力家事能力皆無だから日常の暮らしの中の生き生きとした瑞々しさが全く書けてない
文章の流れる様は確かにどの作者も美しいけれど、読んでるこちらの気持ちを抉るような凄味のある心理描写は女の作家の方が数段優れてる
357.
358. 90.名無しカオス
359. 2017年04月14日 22:59
360. ※87
普通そんな金ないだろ
361.
362. 91.名無しカオス
363. 2017年04月14日 23:00
364. ※89
読んでるこちらの気持ちを抉るような凄味のある心理描写のある作品を是非教えてくれ
365.
366. 92.名無しカオス
367. 2017年04月14日 23:00
368. 芥川「カルメン」
川端「夏の靴」
漱石「モナリサ」
鴎外「牛鍋」
とかいかがでしょう。どれも短いし市販の文庫か青空文庫で読めるよ。
369.
370. 93.名無しカオス
371. 2017年04月14日 23:02
372. ※87
お前まさか教科書にちょろっと一部だけ書いてあるの見て全部読んだ気になってるのか……それこそ冗談だよな?
373.
374. 94.名無しカオス
375. 2017年04月14日 23:02
376. ※83 もちろん、ここに出てきた文学作品はすべて読んでるぞ。60歳過ぎたジジイだか西尾維新も好きだぞ。癌になってから本を処分しまくったがまだ1000冊くらいはあるぞ、漫画は2000冊くらい残ってる。
377.
378. 95.名無しカオス
379. 2017年04月14日 23:02
380. やけくそな反論多くて、面白かった。
381.
382. 96.名無しカオス
383. 2017年04月14日 23:04
384. 普通に面白いが
ラノベも好きなやつあるけどなんか疲れるんだよね、なんでだろ
385.
386. 97.名無しカオス
387. 2017年04月14日 23:05
388. 面白いと思う本を読んでればいいじゃん
こういう1こそ一番目が曇ってると思うわ
389.
390. 98.名無しカオス
391. 2017年04月14日 23:09
392. どうも60歳童貞です。
ラノベ好きです。
すいません。
393.
394. 99.名無しカオス
395. 2017年04月14日 23:09
396. 物語が楽しいと感じることを期待して読むのは漫画だけ
397.
398. 100.名無しカオス
399. 2017年04月14日 23:11
400. ※90
世の中には図書館というものがあってだな
401.
402. 101.名無しカオス
403. 2017年04月14日 23:11
404. ※94
あ、ガチのかたがいたのか
アンパンマンのほうが面白いとか言ってすまんかった
今はあんまだけど学生時代はラノベそこそこ読んでたからつい
405.
406. 102.名無しカオス
407. 2017年04月14日 23:12
408. 極論だけど確かにそういう面はあるかなと思う
音楽も例えば60年代は今だとサブカル系しか食いつかないような曲が大ヒットしてたし
受け手にとっての選択肢が増えるのに合わせて、小説も音楽もわかりやすくなってきて
それで育った人間にとっては昔の作品は読みづらい面白くないってなってしまってるんところもあると思うよ
409.
410. 103.名無しカオス
411. 2017年04月14日 23:13
412. ※71
大抵の文豪の名作は、同時代からバンバン戯曲化されて舞台になってたりするぞ
413.
414. 104.名無しカオス
415. 2017年04月14日 23:13
416. ※93
えっ?何言ってるの?
普通に図書館行けば全集あるし、
有名どころなら本屋で文庫本売ってるでしょ?
417.
418. 105.名無しカオス
419. 2017年04月14日 23:13
420. ラノベのプロットは先人が作り上げたものの上に成り立ってるけど
文豪の作品はプロットじゃなく一文の表現そのものに力がある
421.
422. 106.名無しカオス
423. 2017年04月14日 23:13
424. ※94
邪宗門もクレーガーも山月記もガンダムもアンパンマンも全部学生時代に見てんの?
425.
426. 107.名無しカオス
427. 2017年04月14日 23:14
428. 間引きの話題がくだらないなら、時代背景を読み込む感覚も理解力も乏しいんだろう
背伸びして明治大正文学を読むことはないよ、1には読みこなせないんだから
429.
430. 108.名無しカオス
431. 2017年04月14日 23:15
432. ※100
全部ある図書館ってどこだ?
一つの図書館でなくて学生が通える範囲周辺に全部揃ってるところでいいんだけど教えてよ
433.
434. 109.名無しカオス
435. 2017年04月14日 23:15
436. 紅葉の金色夜叉は無理でした…
金剛石!!連呼で笑ったけど
437.
438. 110.名無しカオス
439. 2017年04月14日 23:16
440. ※104
普通の学生は図書館に行って文学あさらないし、買うこともしないのは考えたら分かるだろ…何言ってんだお前
441.
442. 111.名無しカオス
443. 2017年04月14日 23:16
444. 芥川のは全部ラノベと同じだよ。エンタメ小説。
あれ高尚ぶってるやつは権威主義か単に頭イカれてるかのどっちか。
445.
446. 112.名無しカオス
447. 2017年04月14日 23:19
448. ※110
子供ならまだしも学生ならするだろ
教養の範囲だぞ
449.
450. 113.名無しカオス
451. 2017年04月14日 23:21
452. ※108
人口10万程度の弱小市出身だけど、
近場の市立図書館には漱石鴎外太宰三島川端芥川あたりは普通に並んでたよ。
小さい図書館だから武者小路実篤とか内田百?とかあたりになると、
開架図書になっていなくて書庫にあることもあるけど。
453.
454. 114.名無しカオス
455. 2017年04月14日 23:21
456. ※112
お前の中で日本の学生はどれだけ読書家なんだよ……
自分だけを基準に脳内の日本学生を語るのはやめろ
457.
458. 115.名無しカオス
459. 2017年04月14日 23:21
460. ※108
住んでる自治体のホームページ見ろよ
ここで出てる文豪セットくらいなら普通に揃ってるよ
国会の近所に住んでれば国会図書館も使える
461.
462. 116.名無しカオス
463. 2017年04月14日 23:22
464. >>14
分かるわ?、読んで喜んでるのアホばかりだもんな実際。
465.
466. 117.名無しカオス
467. 2017年04月14日 23:23
468. ※114
あなたも自分が基準と思ってると現在進行形で恥をかいていそうですが。
469.
470. 118.名無しカオス
471. 2017年04月14日 23:24
472. ※114
俺は生協のアンケート結果を見てそういってるんだけど
お前は何をソースに言ってる訳?
473.
474. 119.名無しカオス
475. 2017年04月14日 23:24
476. 10代は漫画をクソ程読んだ
20代は古典をクソ程読んだ
30代になってからラノベをクソ程読んだ
477.
478. 120.名無しカオス
479. 2017年04月14日 23:24
480. 1の主張を読み取れてない人が多い。文豪の理解者がその程度の読解力とはこれいかに。
いわゆる純文学に限って言えば、普通に生きていく中で感じる事柄の方が余程生々しく刺激的で面白いと個人的に感じます。五感で感じたその事柄に対する想いを文字に特化して表すというのも面白いのですが、自分には冗長に思える場合が多いです。
481.
482. 121.名無しカオス
483. 2017年04月14日 23:25
484. ちゃんと読めば普通に面白いのに教科書で一部分だけ抜き出して解説とか始めちゃうから、つまんなくなるんだと思う。俺、読書家だったけど国語の時間は大嫌いだったし
485.
486. 122.名無しカオス
487. 2017年04月14日 23:26
488. ※115
いや、ここにある文学全部(※83まで)ある図書館はちょっと見当たらないから
あるっていう君に聞いてるんだけど
489.
490. 123.名無しカオス
491. 2017年04月14日 23:26
492. ※こころはエンタメとして超面白いです。
493.
494. 124.名無しカオス
495. 2017年04月14日 23:28
496. むしろ、教科書の抜粋だけで餓鬼の心をつかむ作品ばっかで困る。
497.
498. 125.名無しカオス
499. 2017年04月14日 23:28
500. 娯楽小説と文芸小説の区別もつかないとは
何も考えなくても面白みを与えてくれるのが娯楽小説
読者が面白さを見つけるのが文芸小説
501.
502. 126.名無しカオス
503. 2017年04月14日 23:30
504. ※118
>>アンケート
お、おう……読書サークルで「読書に興味ある人」て100%の人が手をあげるあれね……
必要なソースは学生全体で、しかも文学の読書率
悪いけど全然ソースになってません
色んな文学読んでるくせに頭悪いのな
505.
506. 127.名無しカオス
507. 2017年04月14日 23:31
508. ※122
煽りではないと断っておくが…
かなりの田舎在住?○○村とか○○郡とか(偏見すみません)
509.
510. 128.名無しカオス
511. 2017年04月14日 23:31
512. つかいわゆる文豪って、当時重版かかりまくった売れっ子作家であるわけで、勝ち残った上澄みと淘汰されきってない全体を比較すりゃ当然前者のほうが平均のレベルは高いわ
当然ラノベ含め今活動中の作家の中にも、数十年後文豪と称されるに値する人もいるだろう
昔と今とでは感覚が違うし、なんか合わないってのはあるだろうが、あくまで「好きじゃない」という個人の感想で留めるべき
まぁ読書なんて所詮は娯楽。結局は※97っしょ
文豪作品は娯楽ではなく教養・箔付けと割り切って読むってのもありっちゃありだが
513.
514. 129.名無しカオス
515. 2017年04月14日 23:31
516. クソみたいなワンパターンなネタにまんまと釣られる自称読書のみなさん
517.
518. 130.名無しカオス
519. 2017年04月14日 23:32
520. 読解力と知識がないからつまんないんだよ
自分の無知無能を棚に上げて作者のせいにするな
521.
522. 131.名無しカオス
523. 2017年04月14日 23:32
524. 純文学作品の中でも娯楽と文芸があるの?
そもそも純文学の定義がよく分からん
525.
526. 132.名無しカオス
527. 2017年04月14日 23:33
528. ※122
エアプかよwww
逆にどれが普通図書館にはねーってんだよ
529.
530. 133.名無しカオス
531. 2017年04月14日 23:33
532. ※126
自分の意見のソースを出さずに
人のソースをくさすのは平等でないんでは?
読む人の周辺は読む人が多いし、
読まない人の周りは読まない人が多いので
周囲の意見は大学生協の意見と同じく偏りが出ると思うけど。
533.
534. 134.名無しカオス
535. 2017年04月14日 23:34
536. ※126
なんで読書サークルが出てきたのか、もしかして生協も知らないのかな?
教養不足ゆえの勘違いで人のソース否定しておきながら自分はソースなし、話になりませんわ
537.
538. 135.名無しカオス
539. 2017年04月14日 23:34
540. 現代小説ばっか読んでる身とはいえ(突飛な設定だけど)無人島に一作家の著作しか持っていけないなら俺は三島由紀夫を取る。何度読み返してもそれに耐える強靭さがあるのが文豪の文章だと思うんだよな
541.
542. 136.名無しカオス
543. 2017年04月14日 23:35
544. 自称読書家が今では、まとめサイトなんかで時間潰すネット廃人。
545.
546. 137.名無しカオス
547. 2017年04月14日 23:36
548. ※132
お前がエアプだったんじゃねぇかwwww
全部見れる場所があるなら言えばいいだけだもんな
ないから言えないんだろ?
ろくに調べてもいないから適当な事しか言えないもんな、それで無い作品があったらダサイもんなwwww
言えないならもうレスせず逃げていいぞ、時間の無駄だからな
549.
550. 138.名無しカオス
551. 2017年04月14日 23:37
552. 我輩は猫であるは面白かった
昔の人も今と変わんないなあと
553.
554. 139.名無しカオス
555. 2017年04月14日 23:37
556. 娯楽性皆無の文学なんてないと思うけどね
漱石も新聞小説だし
純文学の娯楽系…菊池寛とか?
557.
558. 140.名無しカオス
559. 2017年04月14日 23:39
560. ※137
君の住んでいるところを教えてくれたら
近場の良さそうな図書館を教えてあげるよ^^
ってことかな???わっかんないな?
561.
562. 141.名無しカオス
563. 2017年04月14日 23:40
564. ※137
だって全部誰でも知ってる名作しか名前でてないやん
どこの図書館なら康成、芥川、鴎外全部あるの?ってきいてんの?マジで言ってんの?
565.
566. 142.名無しカオス
567. 2017年04月14日 23:41
568. ※137
いやーどっからどう見ても、どこの図書館にでも全部あるだろと言ってるように見えるんだが…
まぁ小さめの図書館だと歯抜けだったりしそうではあるが
569.
570. 143.名無しカオス
571. 2017年04月14日 23:41
572. なんか拗らせてるな
573.
574. 144.名無しカオス
575. 2017年04月14日 23:43
576. 自称読書家が、まとめサイトのレスバトルで時間潰すネット廃人ですか?
577.
578. 145.名無しカオス
579. 2017年04月14日 23:44
580. ※122
ここで出てくるくらいのメジャーな作品ならどこでもあるわww
大抵の図書館はHPあるから探してみ、ちなみに千代田区立図書館には普通にある
581.
582. 146.名無しカオス
583. 2017年04月14日 23:44
584. 好きな本聞いて学校とかで誰もが読んだ事あるような本言わないよね
つまらないから
585.
586. 147.名無しカオス
587. 2017年04月14日 23:45
588. とりあえず人口少なそうな鳥取県境港市(他意なしすまん)
夏目漱石の本70冊 アンパンマン78冊
大丈夫
589.
590. 148.名無しカオス
591. 2017年04月14日 23:46
592. 芥川は面白いぞ。
文章の表現力見るとやっぱすげぇわってなる。
シニカルな笑いをかなりぶっ込んでくるし。
軍人も随筆で小馬鹿にしてる。
593.
594. 149.名無しカオス
595. 2017年04月14日 23:46
596. 逆説的だが、市の図書館や学校の図書室に置いてない程度のものは文豪の小説なんて呼べない気がするんだが
597.
598. 150.名無しカオス
599. 2017年04月14日 23:47
600. 文豪って言われる人の書いている小説は純文学なんだからつまらないのは当たり前じゃん。ほんとにバカしかいないんだなって
601.
602. 151.名無しカオス
603. 2017年04月14日 23:49
604. 文学のジャンルなんて割とロックぐらいに適当。
605.
606. 152.名無しカオス
607. 2017年04月14日 23:50
608. ※150
夏目漱石あたりは完全に娯楽小説だと思うぞ
現国の試験は「作者の意図」じゃなくて「出題者の意図」を答えるものだと割り切ったほうがいいな
作者そこまで考えてなさそうだけど、ここを出題するってことはこういう答えを欲してるんだろう、みたいな
609.
610. 153.名無しカオス
611. 2017年04月14日 23:51
612. 芥川賞直木賞も本を売るためのお祭りだしね
613.
614. 154.名無しカオス
615. 2017年04月14日 23:51
616. スレタイが過剰になってるだけで主張は
「いまの売れっ子小説家も文豪と同じレベルの文章力は当然にあるはず」
「しかし文豪を過大評価してしまうのは我々が権威主義的だからだ」
ってことじゃん
かなり正しいこと言ってるけどな
ベーブルースの例えが全てだろ
617.
618. 155.名無しカオス
619. 2017年04月14日 23:52
620. ※149
実家の物置小屋に昭和20年代の日本文学全集なるものがあってのぞいて見たけど、知らん作家が沢山いたわ
ほんの50?60年でもこれだけ淘汰されるんだなと
621.
622. 156.名無しカオス
623. 2017年04月14日 23:53
624. ※154
さすがにどう控えめに読んでもそんな内容じゃないよ。
625.
626. 157.名無しカオス
627. 2017年04月14日 23:54
628. つまり>>1につける薬は無い
629.
630. 158.名無しカオス
631. 2017年04月14日 23:55
632. 漱石は「明暗」面白いよ。
展開だけなら昼ドラみたいでぐいぐい読める。
633.
634. 159.名無しカオス
635. 2017年04月14日 23:56
636. そもそも文学は娯楽だと思う
ハウツー本、教科書、解説書、思想書、啓蒙書は文学と違う
637.
638. 160.名無しカオス
639. 2017年04月14日 23:56
640. あっさいんだよねえラノベ叩きたいからって
聞きかじった権威を振りかざしてさ
また猫、坊っちゃん、羅生門、雪国辺り?授業で読んだのかな?
多いよねいつものそういうの、筒井とか星とかそういうやつ
自分は室生犀星とか好きですね
最初は美しく脚色された幼年時代が
生々しく描かれたり様々な変遷を経た結果
最終的に立派な自伝小説へと昇華されていく様はね
言葉で見るのが一番率直に当時の空気を感じる事が出来るから
641.
642. 161.名無しカオス
643. 2017年04月14日 23:57
644. 便利な言葉が少なかった時代ならではの面白い表現はいっぱいあるけどだからって今のより優れてるかってのは確かに
マニュアルとオートマの喧嘩みたい
645.
646. 162.名無しカオス
647. 2017年04月14日 23:58
648. ※155
その頃、文学全集が大流行で内容がマニアックなんだよ
全集初収録を競ったり
649.
650. 163.名無しカオス
651. 2017年04月14日 23:59
652. ※125
そんな定義初めて見たんだけど
ネットで検索しても出てこないよ?
653.
654. 164.名無しカオス
655. 2017年04月14日 23:59
656. ↑ファー
馬鹿なしゅちょうしてるやつが多いンゴ
657.
658. 165.名無しカオス
659. 2017年04月15日 00:00
660. 文章力の比較は難しいよな。単に文法の問題じゃないから。
どうしても好みが入っちゃう。
661.
662. 166.名無しカオス
663. 2017年04月15日 00:00
664. 米163
定義云々の話じゃねーだろドアホウ
そういうもんだって言ってるだけだ
665.
666. 167.名無しカオス
667. 2017年04月15日 00:01
668. ※154
わしもそう思う
むきになって>>1の知識がー、読解力がーって言ってるのは>>1の主張が全く読めてないじゃん
669.
670. 168.名無しカオス
671. 2017年04月15日 00:02
672. これ、侏儒の言葉の中で芥川が同じようなこと言ってたんだよな。枕草子は古典文法の例文集、だとか。
673.
674. 169.名無しカオス
675. 2017年04月15日 00:02
676. ↑争え・・・
可能な限り醜く凄惨に争え、馬鹿ども・・・
つまらない主張に拘泥して、終わりのない言い争いで深く傷つけ・・・
677.
678. 170.名無しカオス
679. 2017年04月15日 00:03
680. ※154
いや今の売れっ子は言うなれば甲子園の花形選だな
そこから大成する人もいれば、鳴かず飛ばずな人もいる
当然本当にトップクラスは文豪に引けを取らない実力はあるはずだろうがね
まぁ他人に文豪作品読んだことあります!って声高に宣言するのは間違いなく権威主義だな
文豪だろうがラノベだろうが、面白いと思ったもんを読めばいいんだよ
681.
682. 171.名無しカオス
683. 2017年04月15日 00:03
684. ※166
それただのお前の主張でしかないやん
何をさも常識のように語ってんだ
お前の区別なんて誰も知らねーわアホ
685.
686. 172.名無しカオス
687. 2017年04月15日 00:05
688. それまでの時代背景と文化の中だけでその作品を作り出した才能を認めて読んだほうがいい
科学者の発見,発明だって昔と比べたら当然今のほうが進んでいるものだけど、それは過去のそれを土台にしているからであってさ…
作品の質自体を比べたら過去の名作を上回る今の作品は多いかもしれないが、環境面を考えたらとてもフェアとは言えない判定
689.
690. 173.名無しカオス
691. 2017年04月15日 00:05
692. 芥川つまらないとか何言ってんの
漠然とした不安とかチョーうける死www
693.
694. 174.名無しカオス
695. 2017年04月15日 00:06
696. >定義云々の話じゃねーだろドアホウ
>そういうもんだって言ってるだけだ
頭悪そう。
思考回路がFランぽい。
697.
698. 175.名無しカオス
699. 2017年04月15日 00:06
700. 現代の小説は状況説明であって心理描写じゃないやろ
701.
702. 176.名無しカオス
703. 2017年04月15日 00:07
704. マジで1がただ文豪がつまらんって言ってるだけだと読み取ってるの?
お前らのその文豪の作品を読むことで培った読解力はどうなってるの?
705.
706. 177.名無しカオス
707. 2017年04月15日 00:07
708. 浅はかなバカだなぁ
教養良い能無しだわ
709.
710. 178.名無しカオス
711. 2017年04月15日 00:08
712. 都合よく部分的に見ちゃいかんぞ。
>>1のような別の意見はちゃんと自分の意見として言おう。
713.
714. 179.名無しカオス
715. 2017年04月15日 00:09
716. ※127
煽ってんじゃねーかクソ野郎
717.
718. 180.名無しカオス
719. 2017年04月15日 00:09
720. マジでなんでラノベがでて来たのかわからん
こいつらの脳ミソは常に本ときたらラノベを叩こうとプログラムされてるのか
721.
722. 181.名無しカオス
723. 2017年04月15日 00:09
724. そもそもこのタイトルが悪いわ
本文に文豪を包括してつまらないとは言ってない
どうせまとめブログの管理人がコメントを伸ばすために変えたんだろうが
725.
726. 182.名無しカオス
727. 2017年04月15日 00:10
728. 権威主義の否定なら同意する。
「純文学は神で、ラノベは糞」みたいなことを言う読書家は、作品じゃなくてブランドを有り難がっているインチキ野郎だ。
でも「文豪の小説はつまらない」はまったく同意できない。まったくだ。
「好きなのも嫌いなのもあるよ」だったらわかるけど、そんなの批評にもなってない。
そんな?1が好きな作家は、もはやブランドの権化みたいな村上春樹で、しかも「つまらない作品も多い」ってどういうスタンスなの?
729.
730. 183.名無しカオス
731. 2017年04月15日 00:10
732. 教養良い??なんだそりゃ
733.
734. 184.名無しカオス
735. 2017年04月15日 00:11
736. ブランドでもニッチ戦略だからそこは別に良くね?
737.
738. 185.名無しカオス
739. 2017年04月15日 00:11
740. 主張は根拠と結論で構成されるもので、根拠のほうが「俺が読んでてつまらねぇ!」だからなぁ
結論が奇跡的にまともっぽい所に着地してようが、>>1が残念な人ということには変わりないわな
741.
742. 186.名無しカオス
743. 2017年04月15日 00:11
744. 芥川ですが、もうやめてくれませんか・・・
745.
746. 187.名無しカオス
747. 2017年04月15日 00:13
748. 誰かと話しながら本を熟読する人はほぼいない
文学に一家言ある人間は本を読んだ分だけ人との会話を犠牲にしてきたんだね
だから「お話」は理解できても他人の「話」は理解できない
自分の世界に邪魔が入れば「静かにして」と噛みつく
議論には実に不向きな方々ですなあ。
749.
750. 188.名無しカオス
751. 2017年04月15日 00:13
752. むしろ権威主義を否定したいからつまらないって思うだけじゃね
753.
754. 189.名無しカオス
755. 2017年04月15日 00:13
756. ※181
URL付いてんだから自分で見に行けよwww
スレタイ変わってないから
757.
758. 190.名無しカオス
759. 2017年04月15日 00:13
760. ※173
そういうくだらない、わざとらしいコメントはいらないから・・・
実のあるコメントを投下してくれませんかね
761.
762. 191.名無しカオス
763. 2017年04月15日 00:13
764. ※92
カルメン 読んできた ありがと
やっぱ芥川は面白いわ
765.
766. 192.名無しカオス
767. 2017年04月15日 00:14
768. むしろ、会話としては非常に劣悪
769.
770. 193.名無しカオス
771. 2017年04月15日 00:14
772. 文豪の作品も最近の作品もほぼつまらなくてごく一部が自分に合って面白いって主張は一貫してる
文豪も最近の小説家もいいねって言ってるんじゃなくどっちもしょぼいって言い方だから反感を買ってるが
773.
774. 194.名無しカオス
775. 2017年04月15日 00:15
776. ※189んだコラやんのか
777.
778. 195.名無しカオス
779. 2017年04月15日 00:15
780. 文豪たちも文章に関しては角川が類義語事典を出すまでは非常に下手くそだったと言われてるな
781.
782. 196.名無しカオス
783. 2017年04月15日 00:15
784. 夏目漱石ディスんのはやめとけ。 いくら村上春樹好きがラノベ以外本なんてほとんど読まなくても、仲間内からも白い目で見られんだろ。
785.
786. 197.名無しカオス
787. 2017年04月15日 00:15
788. まあ>>1がつまらんと言ってようが自分はめっちゃ面白く読んでるからなぁ
この楽しさを知らんなんて気の毒に、と思うが
ただ、それを言い出したら苦いもの嫌いな人に
ピーマンの美味さが分からないなんてかわいそうにって言ってもしょうがないしな
789.
790. 198.名無しカオス
791. 2017年04月15日 00:16
792. ※188
>>1は「文豪が評価されているのは権威主義者の過大評価だ」って考えに囚われて、まともに文豪の小説を読めない盲だよな
793.
794. 199.名無しカオス
795. 2017年04月15日 00:16
796. ※187
いや噛みつく人間たちのほうが議論するんじゃないかと思います
797.
798. 200.名無しカオス
799. 2017年04月15日 00:17
800. ※197ほんこれ
801.
802. 201.名無しカオス
803. 2017年04月15日 00:18
804. ※189
見てきた 早とちりしてすまんかった
805.
806. 202.名無しカオス
807. 2017年04月15日 00:18
808. ※163
ネット探してあるわけないじゃん・・・定義の話じゃないんだから・・・
809.
810. 203.名無しカオス
811. 2017年04月15日 00:19
812.
ハイデガー、カミュ、サルトル、レヴィナス等、実存文学者が詳細に分析、描写した実存的不安を「漠然とした」「どんよりとした」「むくむくした雲」だってさ笑
これだけであいつの表現能力ならびに言語センスのなさがわかるよ。
そもそも、何かを言語で表現しようとする意思すら感じられないんだけど笑
「「ガーッ」きて、「ドーン」きて、ほんだらぁ〜」千原ジュニアかよ笑
813.
814. 204.名無しカオス
815. 2017年04月15日 00:19
816. 1は文豪も現代小説も面白いって言ってる奴はともかく文豪を過剰に持ち上げて面白いって言ってる奴にただの権威主義でしかないことを伝えてるんだろ
でもそういう奴は認めたくないからこの面白さわからない奴はーとか論点ずらすんだろうな
817.
818. 205.名無しカオス
819. 2017年04月15日 00:20
820. ※201
余は寛大じゃ
許そう
しかしおぬしは自分の非としればそれを素直に認め改めるところ、なかなか余人にできることではないぞよ
821.
822. 206.名無しカオス
823. 2017年04月15日 00:21
824. ※201
※194が先についたからなんやこいつ…って思ったが本物はまともそうで良かったよw
825.
826. 207.名無しカオス
827. 2017年04月15日 00:21
828. ※203
んだと
直感的なほうがセンスあるんじゃ
分析的なやつはこまごまと、みみっちいんじゃ!
奥歯ガタガタ言わすぞ
829.
830. 208.名無しカオス
831. 2017年04月15日 00:21
832. ※158
明暗は未完成なのがもったいない
文学なら川端康成の山の音と古都が好きだな
833.
834. 209.名無しカオス
835. 2017年04月15日 00:21
836. 何が面白いと感じて何がつまらないと感じるかは人それぞれだ。それで良いじゃないか。
837.
838. 210.名無しカオス
839. 2017年04月15日 00:22
840. 自演やめてくれませんかね・・・
841.
842. 211.名無しカオス
843. 2017年04月15日 00:22
844. >>199
ここの連中を見てのとおり、客観的事実に基づく「反証」ではなく主観的感性にかまけた「封殺」だからね
芸術としての文学を語る上ではまさしくこれでいいけどそれは他人に理解は求められない
普遍的な優劣を付けるなんて以ての他
845.
846. 212.名無しカオス
847. 2017年04月15日 00:23
848. >>文豪ってだけで近代の小説家より文章力や感受性が秀でてるわけじゃないよねって話なんだけど
文章や感受性が秀でてるから文豪って呼ばれているのに、過程と結果が逆転しているじゃん
849.
850. 213.名無しカオス
851. 2017年04月15日 00:23
852. ※206
偽物が自分のコメント書き込むの初めてだから驚いたわw
853.
854. 214.名無しカオス
855. 2017年04月15日 00:23
856. ※209
それをいっちゃあおしまいよ
ー終ー
857.
858. 215.名無しカオス
859. 2017年04月15日 00:23
860. ※204
だとすると話の切り出し方があまりにも異常。
861.
862. 216.名無しカオス
863. 2017年04月15日 00:25
864. そもそも文豪を比較するときの対象が現代小説って所に違和感を覚える
ボブディランとAKBを比較してる感じ
865.
866. 217.名無しカオス
867. 2017年04月15日 00:25
868. ※213
驚くよなwww
ネットではそういうことって、あるよ
869.
870. 218.名無しカオス
871. 2017年04月15日 00:26
872. ※204
悪いが君は「現国の作問者によくいるタイプ」だろうな
全体見て、>>1の主張の根本は文豪の作品はつまらんとしか言ってない
一部分切り抜いていい感じの所に線引いて、作者の主張を答えよと付ければ権威主義の批判という答えにはなるだろうが
873.
874. 219.名無しカオス
875. 2017年04月15日 00:26
876. ※204
いやそんな論調じゃないだろ…
「中年リーマンのブログ」とか
「当時の読者は今のFラン大生以下の教養」とか
さすがに無いわ
877.
878. 220.名無しカオス
879. 2017年04月15日 00:27
880. 文豪>今の優れた小説家
って意識が決まりきってるバカには言いたいこと分からないんだろうな
881.
882. 221.名無しカオス
883. 2017年04月15日 00:27
884. ※211
ひえー随分と上から目線・・・何様なんですかね?
885.
886. 222.名無しカオス
887. 2017年04月15日 00:29
888. いくら、言葉をチンピラ風にして、相手を限定したくても、誰でもモノが言えるとこで適当ぬかしてたら、ばれますよ。
889.
890. 223.名無しカオス
891. 2017年04月15日 00:29
892. 1の主張は文豪がカスってことじゃなくて文豪も現代小説家も等しくカスってことだろ
等しくっていうのが一番大切だと思うんだけどお前らは文豪disに過剰反応してないか
893.
894. 224.名無しカオス
895. 2017年04月15日 00:29
896. ※204
好意的に読んでもそれはない
897.
898. 225.名無しカオス
899. 2017年04月15日 00:31
900. >>223
自分が好きなものを否定されたら言い返したくなるでしょ
自分が嫌いなものが持ち上げられたら言いくるめたくなるでしょ
901.
902. 226.名無しカオス
903. 2017年04月15日 00:31
904. 人間の普遍的な思考や感情を描けたものが後世に残るものになるから
現在書かれたものでもそういったものは残るんじゃないかな
905.
906. 227.名無しカオス
907. 2017年04月15日 00:32
908. ツービートの漫才って面白れぇな。
やっぱビートたけしは天才だわ!巨匠だわ!
って「未だに」言ってるのって可笑しいんじゃないの? と言いたかったんじゃないかな?
909.
910. 228.名無しカオス
911. 2017年04月15日 00:33
912. 現文の授業風に行くなら本歌の刃牙にも触れてやれよ
913.
914. 229.名無しカオス
915. 2017年04月15日 00:34
916. ここにいる人プライド高いの大杉ィ!
917.
918. 230.名無しカオス
919. 2017年04月15日 00:34
920. え?普通に面白いけどな
921.
922. 231.名無しカオス
923. 2017年04月15日 00:35
924. 実存的不安を「漠然とした」「どんよりとした」「むくむくした雲」だってさ笑
小学生ですら、もっと気の利いた表現するって笑
925.
926. 232.名無しカオス
927. 2017年04月15日 00:36
928.
そもそも彼に実存的不安が襲っていたのかすら疑うレベル笑
929.
930. 233.名無しカオス
931. 2017年04月15日 00:39
932. なんで、売り文句を言うんだろうな。
933.
934. 234.名無しカオス
935. 2017年04月15日 00:42
936. >>221あなたも私も「様々」のひとつに過ぎないよ
上からに見えたならそれもあなたの感性と私の感性のズレでしかないよ
私は本好きのボッチだしここの連中の物言いは好きになれないから見下した感じになっちゃうのは当然のこと
937.
938. 235.名無しカオス
939. 2017年04月15日 00:43
940. いつも不思議。
ネットでチンピラっぽく最初に売り文句吹っ掛けて、議論ごと買われるとどんどん都合悪いものには答えなくなっていく。
売るならちゃんと全部買えよ。
941.
942. 236.名無しカオス
943. 2017年04月15日 00:44
944. 読書家ほど文豪である事に納得するんじゃね
945.
946. 237.名無しカオス
947. 2017年04月15日 00:46
948. 厨二病なら中島敦の悟浄歎異と悟浄出世でも読めや
949.
950. 238.名無しカオス
951. 2017年04月15日 00:47
952. 確かに人間失格はくそつまらなかった。
眠気がきて最後まで読めない。
953.
954. 239.名無しカオス
955. 2017年04月15日 00:47
956. 時代性という概念を知らないから、簡単に現代の小説の方が共感できるとか浅いこと言っちゃう
そして技術的な洗練は作品としての価値に直結しないのも常識
万葉集より古今和歌集は単純に上じゃねぇのよ
957.
958. 240.名無しカオス
959. 2017年04月15日 00:48
960. ここでどんなに偉そうにしてても結局はアフィブログの掃きだめ奴の意見ってのが草
小説書けそう
961.
962. 241.名無しカオス
963. 2017年04月15日 00:49
964. 芥川って二次創作繰り返したけど自信なくて死んだ人でしょ
特に晩年の作は本質的に愚痴なんだよ
伝えたい事は精々世の中わかんねえということ
バッドエンドの中に生きてる人間が読み取るべきものがない
情景描写の手本になるだけ
965.
966. 242.名無しカオス
967. 2017年04月15日 00:50
968. スポーツに例えるのは不適切
あえて例えるなら音楽
チャック・ベリーがいなくてもロックは成立してたはず
でもチャック・ベリーの功績は偉大で後世に大きな影響をあたえている
チャック・ベリーを知らずにロックを語れない
手塚治虫がいなくても日本の漫画文化は発展した可能性は高い
でも手塚の功績は偉大で(ry
手塚抜きにして日本の漫画は語れない
小説も音楽も漫画も趣味だから好きな作品を楽しめば良い
969.
970. 243.名無しカオス
971. 2017年04月15日 00:53
972. ※242
荒れる内容で同意するけど、時代背景抜きにしてもやっぱり手塚を越したって漫画家は現代にほとんどいないよね
やっぱり文豪にも同じことが言える
973.
974. 244.名無しカオス
975. 2017年04月15日 00:53
976. 好き嫌いとか完全に主観だろ。
同じ内容でも「あの名作の」って言われて読むのと「なろう作家の駄作」って言われて読むのじゃ
感想に差が出ると思うぞ。
読む前から感想が決まってるタイプの人は特にそう。
977.
978. 245.名無しカオス
979. 2017年04月15日 00:54
980. まぁ文豪にも良作はあるし駄作もあるし、その時代の価値観によって作品の良さの質も変わるからかなぁ。
文豪だからすごいとは思わんし、全部が全部深みがあるとも思えんよ。どのみち人間が書いたものだ。
981.
982. 246.名無しカオス
983. 2017年04月15日 00:57
984. ※237
悟浄歎異いいよね キャラ立ってないとかちゃんと気にしてる
985.
986. 247.名無しカオス
987. 2017年04月15日 01:05
988. このスレ主頭固そう
結局面白いかどうかは読んだ奴が決める事であってスレ主は面白く無いというだけのこと
俺は森鴎外とか好きだったなー
太宰とかは嫌いだわ
好みがあって当然なんだよ人なんだから
989.
990. 248.名無しカオス
991. 2017年04月15日 01:10
992. 芸術で上下を作るの自体難しいと思うけどね。
手塚先生なんかも漫画家として立派だし、その功績は漫画の歴史を語る上では欠かせないけど、結局万人が手塚さんの漫画を見て、万人が手塚さんの漫画を一番にするわけじゃない。
当たり前の話だけど、偉大な作者が遺そうと作品は作品だからな。面白いのも多いけど駄作も混ざるし、作品ごとに欠点もある。つまらないものはつまらない。
だからこのスレの、文豪の作品はつまらないって意見は、まぁ全部がそうでないのは当然として、文豪は偉大だから、で否定できる意見ではないよ。
偉大な文豪が書いても駄作は駄作、チープな発想やアイデアも混ざったものはあるし、文豪の小説=面白くて徳が高い、名作だ。なんて図式は作るもんでもないと思う。
もちろん全部がつまらないわけはないし、文豪の小説が好きな人もいてもいいけどね。
文豪の偉大さを小説に反映させて解釈するのは、自己満足以外でなら不要じゃないかな。
993.
994. 249.名無しカオス
995. 2017年04月15日 01:16
996. 文豪の作品が、現代の小説のもとになってるとか言うけどさ
それ単に、誰でも思いつくからネタが被ってるだけだからwww
997.
998. 250.名無しカオス
999. 2017年04月15日 01:19
1000. 他の人も書いてるけどさ
音楽だろうが絵画だろうが文学だろうがやっぱり先駆者は凄いんだよ
なんだかんだでハードロック作ったツェッペリンは凄いし
グランジ人気作ったニルヴァーナは凄いし
伝説になったジミヘンもビートルズも凄いし
ヘヴィロック人気作ったレイジは凄い
俺は嫌いだけど色んな画家がインスパイアされたセザンヌは凄いし大首絵をやった写楽は凄い
最古の女流作家の紫式部は凄いしブロンテ姉妹も凄い、俺は嵐が丘の方が好き
ある程度何でも食わず嫌いしないで色々見たり聴いたり読んだりしたら沢山当たりが見つかるものさ
1001.
1002. 251.名無しカオス
1003. 2017年04月15日 01:28
1004. 漱石はラノベ並に読みやすくて面白いよ
太宰は退屈
個人の感想です
1005.
1006. 252.名無しカオス
1007. 2017年04月15日 01:29
1008. ※249
誰でも思いつくことなのかもしれないけど、
それを最初にまともな作品に仕上げたからすごいってことだろ。
例えば猫がしゃべったら面白いんじゃね?
ってのは古代の人も考えたかもしれないが、
それを作品にしてヒットさせたのがすごいんでしょ。
1009.
1010. 253.名無しカオス
1011. 2017年04月15日 01:36
1012. 芥川の歯車ってさあれは、自分の体験をもとにした小説なの?
それともすでにガチでおかしくなってて、本気であれを文章にしてるやつなの?
1013.
1014. 254.名無しカオス
1015. 2017年04月15日 01:37
1016. 知れば知るほど、読めば読むほど、文豪おもろいやんけってなるぞ。好みもあるから全部めっちゃおもろいってわけじゃないけど。やっぱあいつらすげーよ。文豪。
1017.
1018. 255.名無しカオス
1019. 2017年04月15日 01:38
1020. ※252
偶然、生きた時代が早かったから、先に作れただけだろ?
地動説とは違う。発想力や斬新な視点で新しいものを生み出したのではなく、誰でも思いつくことは、たまたま最初に形にできる環境にいただけなのが文豪だよ
1021.
1022. 256.名無しカオス
1023. 2017年04月15日 01:41
1024. 米253
おもしろかった?読んだことねーけど偏頭痛の描写で有名だったよな。ちょいちょいレスで出てくるから気にはなってるんだが。
1025.
1026. 257.名無しカオス
1027. 2017年04月15日 01:45
1028. ※251
その程度の感想で正解だと思うよ
小説なんか趣味で読む物だから好き嫌いはあっても上下はない
漱石は「坊つちやん」が典型例だけどユーモア作品と言うかエンターテイメント性を全面に出してる作品も多い
太宰は内省的でない人が読んでも退屈に感じる場合が多いと思う
1029.
1030. 258.名無しカオス
1031. 2017年04月15日 01:55
1032. 出た当時にどれだけ革新的でも、広まって普遍化・陳腐化した手法は「わかった上でつまらない」になってもしゃーないよなぁ
映画七人の侍も海外の反応ブログでそんな事言われてたっけか
そこは古典の宿命だぁね
1033.
1034. 259.名無しカオス
1035. 2017年04月15日 01:59
1036. ※253
歯車は作品名じゃないだろ?
ガチの方
芥川は河童以外、自分も弱みも見せないちょっと洒落た作風だよ
その辺、ラノベっぽいかも
1037.
1038. 260.名無しカオス
1039. 2017年04月15日 02:04
1040. 米259
題名 歯車で、あるよ。調べちゃったよ。
1041.
1042. 261.名無しカオス
1043. 2017年04月15日 02:07
1044. ※255
横からだけど、コロンブスの卵に対する見方が全く違う255と252はどんなに言葉を尽くしても分かりあうことはない
1045.
1046. 262.名無しカオス
1047. 2017年04月15日 02:11
1048. ※253
歯車は芥川の実際の体験をもとにした小説。ただ、その体験てのがかなり頭がおかしくなってきたときの体験だから253の言ってる2つは2つとも成り立っていると考えてる。歯車に限らず、晩年の作品はそういう傾向があるね、或る阿呆の一生とか。河童のときはまだそれが軽度だったように思えるけど。
1049.
1050. 263.名無しカオス
1051. 2017年04月15日 02:11
1052. 米261
分からんよー
言葉を尽くした先に何があるかは
1053.
1054. 264.名無しカオス
1055. 2017年04月15日 02:15
1056. 太宰治の駆け込み訴え面白かったで
普段小説読まないワイですら、すらすら読めてしまった
1057.
1058. 265.名無しカオス
1059. 2017年04月15日 02:22
1060. 村上春樹も面白いと思えないんだけど?
1061.
1062. 266.名無しカオス
1063. 2017年04月15日 02:30
1064. 数十年後の現国の教科書に今のラノベが載っとんのかね。
1065.
1066. 267.名無しカオス
1067. 2017年04月15日 02:37
1068. ※266
載ってないだろ、たぶん
AKBくらいならレコ大も獲ってるし大学の教材になるかもしらんが
漱石のちょいと前に坂本龍馬の小説が流行ったが
忘れられて史実と勘違いされてたりする
1069.
1070. 268.名無しカオス
1071. 2017年04月15日 02:40
1072. ※263
そうだね。安易に可能性を否定するべきじゃなかった
すまんな
1073.
1074. 269.名無しカオス
1075. 2017年04月15日 02:48
1076. ハルキストはセンスがないってスレか。
1077.
1078. 270.名無しカオス
1079. 2017年04月15日 02:49
1080. さんざん叩かれてるから何も言うことはない
1081.
1082. 271.名無しカオス
1083. 2017年04月15日 03:05
1084. 村上春樹はクソつまらんからな
どれもこれも春樹のオナニー見せつけられる
小説ばっか
1085.
1086. 272.名無しカオス
1087. 2017年04月15日 03:35
1088. 厚顔無恥とはこのこと
1089.
1090. 273.名無しカオス
1091. 2017年04月15日 03:37
1092. 蒲団はさっぱりわからんかったわ。
いい年したオッサンが若い娘に執着してあれこれ言って、思い通りにならないからと破滅する方向へ向かわせた挙句、それでも女が忘れられず、女の蒲団に残った匂いを嗅いでる。
1093.
1094. 274.名無しカオス
1095. 2017年04月15日 03:41
1096. 確かに文豪言われて作品を深読みされてるだけって言う
今の時代に出してたら間違いなく埋もれてるやろな
1097.
1098. 275.名無しカオス
1099. 2017年04月15日 03:51
1100. 羅生門は小学生の頃読んだら怖くて面白かった
道徳とか抜きにしても十分エンターテインメントだよ、あれはw
1101.
1102. 276.名無しカオス
1103. 2017年04月15日 04:11
1104. 正装の王様をハダカっちゅわれましても
1105.
1106. 277.名無しカオス
1107. 2017年04月15日 04:27
1108. 近代数学を修めた俺はオイラーより優れていて、上手い絵師様はモネを超えてるってこと?アホやろ
文学は学問であるとともに芸術の一分野な訳だけど
文学は過去の積み重ねのおかげで現代の分野を学ぶことが出来る訳だし、芸術は2番煎じは結局パクリ
音楽で言えば旋律は全て出尽くして新しい音楽は生まれ無いと数十年前から言われている
パイオニアってのは超えられないんだよ
超えたいなら新しい領域を開拓するしかない
1109.
1110. 278.名無しカオス
1111. 2017年04月15日 04:33
1112. 俺はこんな感じで食わず嫌いだったが
とりあえず吾輩は猫であるを読んでみたら面白かったので
それから漱石の作品は結構読んでる。
川端康成は伊豆の踊子を読んでみたけどいまいち合わなかった
1113.
1114. 279.名無しカオス
1115. 2017年04月15日 05:04
1116. おおむね>>1に同意だなぁ
文学読んでた頃ってエンタメ系が嫌いだったから、面白くないってのは否定する材料にはならないんだけど。
今となっては、エンタメのほうがずっと好きだわ。
1117.
1118. 280.名無しカオス
1119. 2017年04月15日 05:08
1120. 「PONG」は今出しても売れない! みたいな感じ?
1121.
1122. 281.名無しカオス
1123. 2017年04月15日 05:26
1124. ところで海外文学はどの辺の位置付けになるのw
1125.
1126. 282.名無しカオス
1127. 2017年04月15日 06:18
1128. ノムさんが今のバッターより劣っていても先駆者としての地位は揺るがない。
1129.
1130. 283.名無しカオス
1131. 2017年04月15日 06:22
1132. なぜか日本人はエンタメと芸術を分けて考えることができない
1133.
1134. 284.名無しカオス
1135. 2017年04月15日 06:57
1136. >>1の頭は異世界の人間並み
1137.
1138. 285.名無しカオス
1139. 2017年04月15日 06:57
1140. 誰が言っているのかよりも、何を言っているかが大事
ただ、教育ではその逆になるように洗脳されるからな
詐欺師は最初のうちは正しいことを言って
信用された後、聞いている側が吟味するために考えることを止めたら、
騙し始める。
教育では信用できる相手を指定して、最初から考えることを止めさせる。
1141.
1142. 286.名無しカオス
1143. 2017年04月15日 06:59
1144. 文学部だったが純文学わけわからん
1145.
1146. 287.名無しカオス
1147. 2017年04月15日 07:12
1148. >>1は権威主義に対するガキの反抗そのものじゃん
こういうの拗らせて真っ赤になったりするんだよな
1149.
1150. 288.名無しカオス
1151. 2017年04月15日 07:13
1152. >>1は正しい が、それがどうしたって話
技術、内容が良くても時代のムーブメント(保護)の方が求められる
力道山・長嶋茂雄・千代の富士等のスポーツ選手が現代より実力上か?ってのと一緒
1153.
1154. 289.名無しカオス
1155. 2017年04月15日 07:17
1156. >>123で言われてる教養は当時の世俗や文化や風潮であってFラン云々の返しは到底知識のある人間の返しではないわ
1157.
1158. 290.名無しカオス
1159. 2017年04月15日 07:27
1160. 絵とかといっしょ、ようは芸術。
1161.
1162. 291.名無しカオス
1163. 2017年04月15日 07:38
1164. 結局のところ好き嫌い。
ただ、古典に限らず前提知識を求めてくるような所謂「読みにくい作品」は、本を読めば読むほど好きになる傾向はあるかも。
「読みやすくて理解しやすい作品」は、その時面白くても二度と読み返さない。
まぁこれも主観だけど。
1165.
1166. 292.名無しカオス
1167. 2017年04月15日 07:38
1168. ※274
そもそも現代にああいったレベルの作品かける人いない
1169.
1170. 293.名無しカオス
1171. 2017年04月15日 07:41
1172. 古典だろうが現代だろうが、何かを楽しめないのは半分自分のせいだよ
物語の面白さは100%テキストにあるんじゃなくて、受け手の脳にも責任がある
誰も読まなきゃ本はただの紙の束でしかない
何かを下らないと言ったりつまらないと拒むのは、「私はそれを楽しめない貧相でしょうもない脳髄しか持ってないんです」って言ってるのとほぼ同義だよ
そんな恥ずかしいことをドヤ顔で公言してる奴が多くてつい笑いそうになるし、かわいそうに思う
1173.
1174. 294.名無しカオス
1175. 2017年04月15日 07:44
1176. つまらないんじゃなくて理解できないんだろ?
文豪だから偉いとかラノベだから糞だとかは思わないが、自分が理解できない作品は全て糞とか小学生の思考と同じだな。
イッチって文豪の作品どころかラノベでも話とか理解してないで挿し絵の絵でブヒってるだけっぽそうだな。
エロマンガでも読んでれば?
1177.
1178. 295.名無しカオス
1179. 2017年04月15日 07:57
1180. ※293
受け手の側の感性が必要って論は頻出だし一理あるが言い訳がましくも見えて個人的にはあまり好きではないな…
個人の感想すら封殺するものになり得るしな この1の書きぶりはあまりに酷いけど
1181.
1182. 296.名無しカオス
1183. 2017年04月15日 08:00
1184. 逆に純文学好きの読書家からは現代の文庫本や書店の目立つ場所におかれてる本はラノベの延長みたいでつまらないとか言われてるなww
活字中毒と言うほど本好きな人は字を追うのが癖になってるから気になったらメジャーマイナー問わず面白くなくても取り敢えず最後まで読むって聞いたことある
スレ主は視野狭くて頭悪いから文豪作品の良さが理解出来なかっただけだろ
1185.
1186. 297.名無しカオス
1187. 2017年04月15日 08:04
1188. 米欄で出てるけど、ドストエフスキーはほんとに面白いよね。
ともあれ作家側に高尚なことやってるぜって意識は無用だと思う。名を残してる文豪はそういう人たちではないが、「純文学」って括りはあまり好きなじゃないな。
1189.
1190. 298.名無しカオス
1191. 2017年04月15日 08:12
1192. 太宰なんか内容がどうとかじゃないんだよ文体がご馳走って感覚。
物語の構成にしか注視できないなら活字なんか捨てて映画を観るべき
1193.
1194. 299.名無しカオス
1195. 2017年04月15日 08:19
1196. 純文学っていわばクラシックだからな
そりゃJ-POPのように近代小説の方が面白いって層が多いだろうよ
1197.
1198. 300.名無しカオス
1199. 2017年04月15日 08:22
1200. ストーリー重視ならディケンズとかバルザックとかスタンダールとか19世紀の作家がいいんでない?べつに古典といっても小難しいものばかりじゃないよ。
1201.
1202. 301.名無しカオス
1203. 2017年04月15日 08:27
1204. セリフと擬音とテンプレでできたコラージュの何がおもしろいんだよ
1205.
1206. 302.名無しカオス
1207. 2017年04月15日 08:31
1208. 文豪の生きた時代にいなければ本当の「理解」なんてできないと思う
だから古典は現代の書物よりつまらないんだよね
1209.
1210. 303.名無しカオス
1211. 2017年04月15日 08:48
1212. 絵画と一緒で今の作家の方が技術は上なんだろうな
1213.
1214. 304.名無しカオス
1215. 2017年04月15日 08:49
1216. 昔より今の方が絶対すごいに決まってる!って決め付けは浅はかとしか思えんな
1217.
1218. 305.名無しカオス
1219. 2017年04月15日 09:10
1220. 教養というより哲学ないやつが純文学読んでもつまらんよ
哲学無いのに純文たくさん読んでる人もいるけど、正直意味わからん
芸術肌だったり感受性強いと哲学なくても面白いって人多い傾向にあるけど
1221.
1222. 306.名無しカオス
1223. 2017年04月15日 09:12
1224. 好みがあるのを前提に、俺にとっては確かに昔の小説は読み進めるのが辛いものも多かった。こころとかぼっちゃんみたいなのは読みやすかったけど、草枕とか行人なんかは読み終わっても何が言いたくて何が面白かったんだろうと思ったし、スレで言われてる通りある程度の教養を前提に文章から意味を抽出できる人じゃないと、単に文字を読むだけでは楽しめないんだなと感じた
1225.
1226. 307.名無しカオス
1227. 2017年04月15日 09:14
1228. 漱石、芥川は面白い。鴎外は正直つまらない(あくまでも個人的見解、感性は人それぞれ)
1229.
1230. 308.名無しカオス
1231. 2017年04月15日 09:30
1232. というか、テーマから「なぜか」を考えないと面白くない。
思考しないと面白くないぞ。
最近はマンガすら読めない、記号化した絵と文字ですら
結びつかない子供が増えてるしね。
小説読めないのも仕方ない。
1233.
1234. 309.名無しカオス
1235. 2017年04月15日 09:31
1236. 米282
小説とか、こういう活字文化は劣化しかしてないんだよなあ。
1237.
1238. 310.名無しカオス
1239. 2017年04月15日 09:39
1240. 1も言ってるように、ぶっちゃけ文豪だろうと村上春樹だろうと、面白く感じるのは一握りだったりするな。
作品は好きになるけど、作家まるごと好きになることはないわ。
1241.
1242. 311.名無しカオス
1243. 2017年04月15日 09:44
1244. "文豪"は荒削りな開拓者でもあるから、あとからより洗練されたスタイルを出されたら、そっちの方が良いと思うこともある。
ビートルズが真似されまくって今の人が聞くと「よくある音楽」に聞こえるのと似た構造だね。
でも泉鏡花だけは真似されなかったな。
1245.
1246. 312.名無しカオス
1247. 2017年04月15日 09:49
1248. もし文豪が誰かの前知識無しにすべての作家の本を渡されたとして、現在文豪とされてる作家を優れてると評価する人間てのはどれくらいいるんだろか
1を馬鹿にしてる人々の中には文豪が文豪とされてるからすごいに決まってるって人もいるのではないか
1249.
1250. 313.名無しカオス
1251. 2017年04月15日 10:12
1252. 74と84の対比が全てを物語ってるね。
1253.
1254. 314.名無しカオス
1255. 2017年04月15日 10:12
1256. 批難は馬鹿の唯一の手段
1257.
1258. 315.名無しカオス
1259. 2017年04月15日 10:13
1260. 文豪が先駆者だから凄いというのは理解できるが、文豪の作品とそれを下敷きに今の人間に合わせて改良した今の作品のどちらが今の人が読んで面白い作品かは別の話
人に対する評価と作品に対する評価は別だぞ
1261.
1262. 316.名無しカオス
1263. 2017年04月15日 10:20
1264. こころが面白くないとか単にこいつがガイジなだけだろ
1265.
1266. 317.名無しカオス
1267. 2017年04月15日 10:20
1268. 人類史に残る数学者より現代の受験生の方が数多くの数式を暗記し、多くの問題の解き方を知っていたとして、それは受験生が数学者として有能であるからではない
たまたま後の時代に産まれたから先人の遺産をインスタントに利用できるだけ
巨人の肩の上の逸話の通り、人類は先人の知識を蓄積、発展させることで文明を築いてきたわけで、時代性を考慮せずに、ライト兄弟のボロ飛行機より現代のジェット戦闘機の方が性能高いぜと馬鹿にしたり、エジソンの電球よりLEDの方が明るいぜとやって、これまで文明を発展させてきた先駆者を貶めようとするのは後世に生きる者の無教養故の傲慢だよ
小説はエンタメかつ個人的な技芸ではあるけれど、その一方で間違いなく工業的な側面もあって、現代の小説が洗練されているのは過去の先達による表現の洗練があったから
厨二的な反抗心で否定するのは過去の文学者に対して失礼過ぎる
1269.
1270. 318.名無しカオス
1271. 2017年04月15日 10:29
1272. 米317
文豪厨の主張
「偉大なライト兄弟が作ったんだからボロ飛行機>>>ジェット戦闘機」
「ジェット戦闘機のほうが性能が良いって言ってる奴はボロ飛行機の性能が理解できない低能」
1273.
1274. 319.名無しカオス
1275. 2017年04月15日 10:30
1276. 心理的にぐさっとくるから、読んじゃう
1277.
1278. 320.名無しカオス
1279. 2017年04月15日 10:46
1280. 全部が面白いわけじゃないが漱石芥川太宰あたりははずれが少ない
現代の作家は数が多いし時代による淘汰がされてないから
なんちゃら賞をとったような作品であっても猛烈にツマラナイやつがたくさんある
1281.
1282. 321.名無しカオス
1283. 2017年04月15日 10:55
1284. 無の中から有を生み出す困難を理解出来ない奴がちらほら。
1285.
1286. 322.名無しカオス
1287. 2017年04月15日 10:56
1288. ずっと思ってたけど言い出せない雰囲気だった
ただただ暗い
1289.
1290. 323.名無しカオス
1291. 2017年04月15日 11:02
1292. 文豪批判、村上春樹好き、学校教育嫌悪で役満だわw
ポストモダンの屁理屈に感化されてるB層まるだし
主観的な面白い・面白くないでしか論じられない、反論されても論理的に返せない時点で読書家とか、ちゃんちゃらおかしいw
1293.
1294. 324.名無しカオス
1295. 2017年04月15日 11:03
1296. 文章から登場人物の心情を察することが出来ないと面白くないだろうね
表面的なものしか考えなくなった現代人の弊害か
だから政治家共の裏が見抜けなくなり政治も腐敗する
1297.
1298. 325.名無しカオス
1299. 2017年04月15日 11:04
1300. ※315
洗練と継承によって失われるものもあるなぁって感じ
スポーツみたいに尺度が一定なら積み重ねもあるけど
1301.
1302. 326.名無しカオス
1303. 2017年04月15日 11:04
1304. 文豪が嫌いなんじゃなくて(こいつにとって)無能な教師が文豪を権威として持ち上げるから、坊主にくけりゃで文豪までおとしめてるんだろ
教師のことを忘れたら文豪の評価は変わるわ
1305.
1306. 327.名無しカオス
1307. 2017年04月15日 11:09
1308. 小説が読めないからつまらないとか絵がわからないからゴミだとか自分勝手なスレばっかりどんどん立てるなよw
1309.
1310. 328.名無しカオス
1311. 2017年04月15日 11:16
1312. 夏目漱石、太宰は滅茶苦茶面白い
川端康成、三島由紀夫みたいな文豪は文章スゲーってなるけど全く頭に入ってこなくてつまらないと自分は感じる
1313.
1314. 329.名無しカオス
1315. 2017年04月15日 11:20
1316. つまらないことはないけど、特別すごいとは思わないのは確か
権威主義の連中は嫌いだ
1317.
1318. 330.名無しカオス
1319. 2017年04月15日 11:21
1320. エンタメと文学を比較して文学がつまらないと思うのはおこちゃまだからだよ
吾輩は猫であるが可愛い猫が活躍する話だと思ったらおっさんが神経症で悩む話だからつまらんわ、と思っちゃったあなたはおこちゃま
スレなんか立てなくていいからラノベとかファンタジー文学をお読み
1321.
1322. 331.名無しカオス
1323. 2017年04月15日 11:48
1324. ラノベ読む人って自己啓発書を読む人と同じで時間や余裕のないキリキリした人で、一ページごとに敵をやっつけてスカッとしたり、美少女が悲惨に死んで涙を流さないと役に立たないからコスパが悪いと思ってる
コスパ主義なんだな
1325.
1326. 332.名無しカオス
1327. 2017年04月15日 11:59
1328. 好みの問題もあるからな。
別に好きなのを読めば良いのにいちいち自分が気に入らないのを貶めるとか人格に問題があるんだろうな。
その癖、自分が好きなのを批判されたら親の敵の如く怒り狂うんだろうな。
1329.
1330. 333.名無しカオス
1331. 2017年04月15日 12:04
1332. ※318
カビの生えたワラ人形論法やって楽しい?
自分が反論しやすいように相手の発言を切り貼りするのは使い古された詭弁だけど、ラノベ厨はその手の卑怯な行為は気にしない恥知らずなんだよね
本当に下劣で気持ち悪い人間だなあ
1333.
1334. 334.名無しカオス
1335. 2017年04月15日 12:06
1336. 文豪の表現力は凄いと思う
こういう奴は和歌や漢文も過大評価だ!って言いそう
1337.
1338. 335.名無しカオス
1339. 2017年04月15日 12:14
1340. 作家の生きざまなどを知って、作家本人を好きな奴が読むから面白いと思うんじゃないの
この人の作品すべて面白い、と言うのはない
作家毎に好きじゃない面白くないのもあるし、好みすぎるものも存在する
1341.
1342. 336.名無しカオス
1343. 2017年04月15日 12:17
1344. 比べるのは結構無茶だ。科学も発達してなくてランプで読み
医学より迷信が重視され、心理学の代用にもなってた時代。
その時代には今以上に価値があっただけのこと。
時代に合ってる方が感性が合うのは仕方ないだろう。
けど貶めていい理由にはならない。
1345.
1346. 337.名無しカオス
1347. 2017年04月15日 12:23
1348. お笑い事務所に縋り付いて箔付けに利用されるくらいの価値しか無くなった存在
1349.
1350. 338.名無しカオス
1351. 2017年04月15日 12:36
1352. 志賀直哉の「城崎にて」という純文学の中に、主人公が子供の頃に読んだ小説が出てくる。それは子供のヒーローが活躍して難事件を解決していく、いわゆるエンタメ小説だな。
城崎にての主人公はそのエンタメの主人公に比べて自分にはなんの感情もなくやる気もない、何を見ても喜怒哀楽を感じないと思っている。
純文学の主人公はエンタメとちがってヒーローではなく、活躍もしない。
「城崎にて」は純文学のわかりやすい定義だよ。
国語でそういうのを子供に読ませるのは現実はエンタメ小説と違うということを教える意味があるんだろう。つまらないだろう。しかし学校の授業はおもしろいこもをするんじゃなくて、子供向けのヒーローのエンタメに夢中になっている子供に夢から目を覚まさせて、現実を知らせようとする教育的意図があるんじゃないかと思う。
1353.
1354. 339.名無しカオス
1355. 2017年04月15日 12:45
1356. 芥川なら
「戯作三昧」
「枯野抄」
有名な作品ではないが、読み易く面白いぞ。
感性の違いって言えばそれまでだが
読んでもいないんじゃないかな?1は。
1357.
1358. 340.名無しカオス
1359. 2017年04月15日 12:57
1360. 確かに読みにくいし文体も古いからそう感じるのは分かる
まぁ腐ってないで自分にあった小説探してみようぜ
136

続き・詳細・画像をみる


【画像あり】女子小学生美少女コンテストのグランプリ

とある診療所でスマホを出したら 「電磁波で気持ち悪くなるからマナーモードにして欲しい」 って言われた。意味がわからん。

ポル・ポトとかいう独裁者www

天気良いから海まで自転車で走るぜ

【閲覧注意】トラックに轢かれてバラバラになった女性の遺体、その中にもう1つの命が…

自民・山田宏「韓国は手に負えない。正気じゃない」

【前編】嫁が独身時代から飼ってたインコを逃してしまい「一生許さない」と言われた。同じ種類の新しい子飼って、もう一度ちゃんと謝ったら許して貰えるかな?

『ファイアーエムブレム ヒーローズ』エコーズより参戦の「エフィ」がヤンデレ気質でヤバい…!

モバP「いつまでも綺麗で可愛いままでいてくれ」

ゴールデンレトリバーを飼ってるんですが

冬のJCのスカートの中wwwwwwwww

【悲報】キングオブコントで優勝した芸人の末路がこちら・・・

back 過去ログ 削除依頼&連絡先