エレン「なあアルミン・・・・タンポンってなんだ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・?」back

エレン「なあアルミン・・・・タンポンってなんだ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・?」


続き・詳細・画像をみる

1:
アルミン「えっ・・・ちょ・・・エレン本気で聞いてるの?」
エレン「あぁ・・・・ミカサに聞いたんだが・・・・」
ホワンホワンホワンホワン(回想)
ーーーーーーーーーーーーーー
エレン「なあミカサタンポンってなんだ?」
ミカサ「・・・・・・・・・・」
エレン「?」
ミカサ「エレン・・・・エレンはそういう年頃・・・そういうものに興味を持つのは仕方がない・・・でも」
ミカサ「私の口からはとても・・・・説明できない/////////」
エレン「なっなに顔赤くしてんだよおいっ!?」
               
          
3:
アルミンはまだきてないやろなぁ
               
・【画像】元AKBまたまた脱ぐwwww
・これを口にはめるとスゴいらしい。歯医者さんが考えた、アレを昇天させるためのマウスピース
・【エ□注意】海外女のお●ぱいGIFエ□すぎwwwww 白人とセッ●スしたい
・【画像】就活女子大生のリクルートスーツ姿wwwww
・きゃりーぱみゅぱみゅが乳首だけ隠したお●ぱい画像流出、エ□すぎクッソ抜いたwwwwwww (画像あり)
・【画像】本田真凜(15)のお●ぱいのふくらみwwww
・NHKでJKのお●ぱい見えた!お化け屋敷でへたりこみ無防備になってる・・・
・痔持ちの俺が肛門科に行ったら人生が変わった話
・男「俺の家で金髪の外国人と再会した」
・アンガ田中「本日から特命係配属になりました、田中卓志でぇす」
・【※GIFあり】お い お ま え 、 ス ク 水 J C に そ ん な 事 し た ら ア カ ン で し ょwwwwww...
・【※GIFあり】AKB48の鈴木くるみ(小学生メンバー)のお●ぱいぷるるんダンスエッロ杉wwあかんやんけこ...
・【画像】米倉涼子の小振りなタンクトップお●ぱいが結構エ□いwwwww
・【※赤面不可避】アイドルがポロリよりも嫌がる最悪の放送事故が 「コレ」 らしいwwwwwwwwwww...
・500円玉「硬貨の中で一番偉いのは私だろうな」100円玉「聞き捨てならねえな」
・【※画像】最近のグラドルまんさん、大陰唇見せるのは当然という新ルールw ← 大陰唇てか右の...
・メリー「わたしメリーさん、いま横浜にいるの」 男「え…おれ沖縄にいるけど」
・【※画像あり】壇蜜の肛門、クッソワロタwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww...
・妹「ナマコかわいい...」兄「俺のナマコもかわいくない?」ポロン
・【衝撃画像】今、女子小学生の「カラダ」がヤバ過ぎる事にwwwwww
・千歌「どうすれば梨子ちゃんのオシッコを顔にかけてもらえると思う?」
・悟空「はああああああああ……! ダメだ、もっと力を振り絞らねえと!」
・悟空「クリリンの頭ってドラゴンボールの代わりになるんじゃねえか!?」
          
4:
エレン「ってなことがあってな」
アルミン「ちょっそれ最早、セクハラだよ!やめなよっ!」
エレン「なんだよっ!なんなんだよタンポンって!」
アルミン「シッーー声が声が大きいよエレンっ変態だと思われるだろ!」
               
          
6:
エレン「なあアルミンタンポンについて誰かに聞くことはそんなに悪いことなのか?どうしてみんな腫れ物に触れるかのような反応すんだよ・・・」
アルミン「だっだって・・・それは・・・うっうう・・・」
エレン「なんだよアルミンもタンポン使ってるのか?」
アルミン「つ、、使う訳ないだろうっ!と、とにかくもっとそういうことに詳しそうな人に聞いてみてくれ・・・」
               
8:
エレン「タンポンを知ってそうなやつ・・・・・・・・・はっそうだ」
アルミン「だ、誰に聞くつもりなんだい?明後日は第57回壁外調査なんだからあまり士気を下げるようなことしないほうが・・・」
エレン「>>13に聞こう!」
               
129:
>>8
何か膣外調査に見えた
                    
          
13:
ジャン
               
          
17:
エレン「おーいジャンジャン坊〜」
ジャン「てめえっ!その名前で呼ぶなっなんだよ喧嘩でも売りに来たのか?」
エレン「ちげえよ馬鹿落ち着けよっジャンに聞きたいことがあるんだ」
ジャン「俺に聞きたいこと?」
エレン「ああ・・・ジャンなら分かるはずだタンポンって知ってるか?」
ジャン「は・・・・?」
エレン「タ・ン・ポ・ン!タンポンについて教えてくれっ」
               
          
18:
ジャン「はっーーーー・・・・・・・・・」
エレン「な、なんだよそのゴミを見るような目は?」
ジャン「あのなぁ・・・・お前どうしてそういうデリケートな話を俺に頼むんだーしかも男がおおよそ使わないものについてだ」
エレン「男は使わない・・・ますます謎だ・・・一体なんなんだ・・・タンポンって。。。。」
               
          
19:
ジャン「まあお前の性癖を知れてよかったよっwwじゃあな」
ガシッ(ジャンの腕を掴む
エレン「待てよ・・・・・逃げるのか?」
ジャン「はっ・・・?」
エレン「タンポンの謎から目を背けるのか?俺はこの先一生タンポンを知らずにタンポンのことを考えながら死んでいくんだぜ」
エレン「タンポンのことが頭から離れないせいで巨人化も失敗しそうだ・・・」
ジャン「・・・・・・・・・・・」
               
          
21:
エレン「タンッ・・・・・・」
ジャン「あーーわかったわかった教えるよ教えるよこの変態が・・・」
エレン「んでそのタンポンは・・・・・」
ジャン「言っちまえばお前そりゃせ・・・・」
ドゴゴオオオオ(ジャンの後頭部に石がぶつけられる
エレン「ジャッジャン?!」
ミカサ「よかった・・・・危うくエレンが穢れるとこだった・・・」
エレン「ミッミカサ?」
               
          
22:
ミカサ「エレンこの世界は残酷だ・・・・知らなくていいこともこの世界にはある・・・」
エレン「ふざけんなっなんでてめえに俺の探求心を遮られなきゃならねえんだ?!」
ミカサ「エレンこれ以上恥を晒さないで調査兵団内では既にエレンはタンポンの巨人というあだ名がついている・・・私としてもとても恥ずかしい・・・・」
               
          
23:
タンポンの巨人はさすがに草w
               
          
26:
エレン「・・・・・・・・俺は自由だ・・・・」
ミカサ「エレン?」
エレン「俺はタンポンを知るまで死ぬわけにはいかないっ!駆逐してやる俺の脳内辞書からタンポンを知らないという事実を・・・・・」
ビシュウウウウウウウウウウウウウウウウ(立体機動で逃げる
ミカサ「エレエエエエエエエエエエエエンッそんないつのまに立体機動を・・・」
エレン「こうなれば・・・・仕方ない>>31に聞こうあの人ならきっとタンポンの真実を・・・・」
               
          
31:
クリスタ
               
          
33:
極めて有能
               
          
35:
エレン「んっ・・・・・・・・・・・・あれは・・・・・・・・クリスタっ!そうだクリスタはアルミンに次いで博学だクリスタなら・・・」
エレン「おーーーいっ」
シュタッ
クリスタ「えっエレン?!立体機動で現れるなんてなにかあったの?」
エレン「クリスタに聞きたいことがあるんだ」
クリスタ「うんっなにっ?私に答えれることならなんでも聞いて!」
エレン「ああ・・・クリスタタンポンについて包み隠さず俺に全部話してくれ」
クリスタ「え・・・ごめん・・・質問の意味が・・・」
               
          
37:
エレン「クリスタお前まで・・・・・・・・・・」
クリスタ「ごっごめんねっまさかエレンの口からそんな言葉が出るなんてちょっと動揺してるんだ・・・」
エレン「頼むこの通りだ!タンポンについて俺に教えてくれ!」
クリスタ「ううっ・・・・ううう//////////」
ユミル「エレンてめえいい加減にしな」
ユミル「クリスタのやさしさに付け込んでとんでもねえセクハラしやがって」
               
          
38:
エレン「ちがっ俺はそんなつもりじゃ・・・・・・」
ユミル「あ?てめえそんなこと女に聞いてる時点でセクハラ以外の何者でもねえだろ」
エレン「なっなあおい違うんだ俺はタンポンについて知りたいだけなんだっならユミルお前が教えてくれっ」
ユミル「てめえ・・・・・・・・・・・・・・いい加減にしろおおおおおおおおお」
ドゴオオオッ「エレンの顔面に蹴りを喰らわす
エレン「ごはっ・・・・・・」
ドサッ・・・・・・・・・・・
               
          
40:
エレン「うっうぐう・・・・・・・・・・」
クリスタ「ユミルやめてよっ暴力なんて!エレンも男の子なんだから仕方ないよぉ!」
エレン「クリスタ・・・・・・・・・・・」
クリスタ「ねえっエレンエレンはどうしてタンポンについてそんな知りたいの・・・・?」
エレン「そりゃお前・・・・>>45だからに決まってるだろ・・・」
               
45:
女体について無知
               
48:
>>45
まぁ知る機会なさそうだもんな
側にいるのがミカサってのが余計に
                    
          
49:
エレン「女体について無知だからに決まってんだろ・・・・・・」
クリスタ「そ、、そうなんだ・・・あのねエレン・・・た、、た、、、タン・・・ポン・・について誰かに聞くことはとっても恥ずかしいことなんだよっ?」
エレン「ああなんかミカサもそんなこと言ってたなでも・・・でもそれでも俺は・・・・・・」
エレン「人類の生み出したそのタンポンについて無知なのはそれこそ・・・それこそ恥だ俺は・・・・一生タンポンを知らずにいるより一時の恥を選ぶっこれが悔いなき選択だ・・」
クリスタ「うんエレン・・・別にタンポンについて知らないことは恥でもなんでもないよ」
ユミル「クリスタのこんな死んだ顔初めて見たな・・・こりゃやばいな」
               
          
51:
エレン「わかった俺も無理強いはしない・・・・・・・じゃあな手間かけさせたな・・・」
ユミル「おいてめえ待てクリスタにこんな思いさせてタダで済むと思うなよ?」
エレン「あぁ・・・覚悟はできてる・・・」
ユミル「よーし、こうしようっ今から>>56のタンポンを交渉してもらってこいそれを私たちの元に持って来れば教えてやる」
エレン「本当かっよしっいくぞおおおおおおおおおおお人類の進撃はここからだ・・・・・・」
               
          
56:
サシャ
               
          
58:
アニかと思っていたらサシャ
これも面白いかもしれない。
               
          
59:
エレン「サシャッ俺だエレンだっ開けてくれっ」
ガチャ
サシャ「ふぁぁぁぁぁ〜あーおはようございますエレン・・・なんですかこんな時間に・・・」
エレン「もう昼過ぎだぞ・・・・あっそうだサシャ・・・実は折り入って話があるんだ・・・」
サシャ「えっな、なんですかそんな改まって・・・」
エレン「ああ・・・・実は・・・」
サシャ「ゴクリッ・・・・・・」
エレン「タンポンを俺にくれ」
               
          
60:
サシャ「タン・・・・・・・・・ポン・・・・・・・・・」
エレン「ゴクリッ・・・・・・・・・・・・・・・」
サシャ「エレン・・・・・・・」
エレン「なんだ・・・・・・」
ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴッ
サシャ「タンポンって・・・なんですか・・・?」
               
          
61:
エレン「し、しらばっくれるなっ!女しか使わない未知の道具だぞっさてはバカにしてるなっ?」
サシャ「いや本当に分からないんですなんだかおいしそうな名前ですねジュルル・・・女の子しか食べれない特別なものなんでしょうかね?」
エレン「どうやら本当に知らないみたいだな・・・ふーむ・・・・困ったな・・・」
サシャ「あーなんだか私もタンポンのことが知りたくなりましたーーっ!」
               
          
62:
期待を裏切らないw
               
          
63:
タンポン調査兵団にサシャが加わった!▽
               
          
65:
エレン「実はなクリスタにタンポンについて聞いてみたんだ・・・そしたらクリスタ・・・なんだか病んでしまってな・・・それでその詫びとして俺がタンポンをもらいに行かせてるわけだ・・」
サシャ「へえっーあっエレン私もそのタンポン探し手伝いますよっ!私もそのタンポン食べてみたいですし〜」
エレン「まだ食べ物と決まったわけじゃ・・・まあいい・・・よしっいくぞおおおおおおおおお」
サシャ「タ〜ンポ〜ンッーーー!」
               
          
67:
ーーーーーーーーーーーーーそのころ団長室では
リヴァイ「おいエレンが性欲を爆発させてセクハラ発言をしまくってるみたいだぞ」
オルオ「す、、すいません俺らの監視の目が甘すぎました・・・・・・」
ペトラ「しかし分からないものねあれだけ純朴そうな子が・・・そんな発言をするなんて」
エルド「まあ仕方ないさ男なら誰しも一度は性欲を爆発させることもある」
リヴァイ「まあどうでもいい・・・とにかくこれ以上変態を野放しにさせるわけにはいかない・・・お前らエレンを見つけ次第早急に捕縛しろ抵抗するようなら多少は痛めつけろ」
一同「はっ!」
               
          
70:
そのころサシャとエレンはーーーーーーーーーーーーー
エレン「なあ本当に>>75はタンポンを持ってるのか?」
サシャ「はいっ間違いありません私の勘がそう言ってるんですっ!」
エレン「よし・・・>>75の元へ行こう・・・タダではくれないだろうから・・・一応お菓子とトレードだな」
               
          
75:
アニ
               
          
76:
サシャ「ほらっあそこっ見えますか?憲兵団がこの近くでどこかのお偉いさんの警護をしてるんですよっ」
エレン「ああっ・・・アニ・・・憲兵団になってたんだな」
サシャ「とりあえず私たち調査兵団が不用意に近づいたら怪しまれます・・・アニが1人になった時に・・・」
エレン「タンポンをもらいに行くっ!」
               
          
77:
ーーーーーーーーーーーーーー
アニ「ふう・・・・・・・・」
エレン「おい・・・・おいっアニッ(小声)」
アニ「えっ?エレン?な、なにしてるんだいこんなところで?」
サシャ「アニっ実はエレンと私から頼みたいことがあるんです・・・」
アニ「さ、、サシャまで・・・・・・・・」
エレン「なあ・・・アニ・・・頼みがある」
アニ「な、、なんだい?」
エレン「タンポンを俺にくれっ!」
サシャ「私にもっできればホカホカでおいしい時期のタンポンを食べたいですっ」
アニ「くっ・・・・・・・・・・!?はっ・・・?」
               
          
78:
アニ「そ、、、そんなことを言うためにわざわざここまで来てそして私に接触したの・・・・・?」
エレン「ああ・・・そうだ俺らタンポン調査兵団の目的はただ1つタンポンの真実を知るそれだけだ・・・」
アニ「はぁーーー・・・・あんたらってバカだったんだね・・・・」
アニ「サシャちょっとこっちに来てエレンはちょっと離れてて」
サシャ「わーいっタンポン☆タンポンッ♪」
アニ「ゴニョゴニョゴニョゴニョ」
エレン「な、、なんだよまた俺だけ仲間外れかよ・・・・・・・・・・
               
          
82:
ーーーーーーーーーーーーーーーー5分後
エレン「おおいっおおおい?サシャどうしたんだよその顔は・・・」
サシャ「ワタシハナニモシラナイ・・・・・」
エレン「おいアニっサシャになにしやがった?!」
アニ「なにってタンポンについて教えてやっただけさ」
               
          
83:
サシャ「ンホゴゴゴゴゴgゴホホホホッゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ」
エレン「サシャが壊れた・・・・・・・・・な、、なにを知ってしまったんだ・・・・・・・・」
アニ「んでエレンあんたなんでタンポンが欲しいの?」
エレン「それはだな・・・・かくかくしかじか・・・」
アニ「なるほど・・・・・・・・・あんたのその無知のせいでサシャは壊れクリスタは病んだわけか・・」
エレン「ああだからもうこの負の連鎖を断ち切りたいんだ頼むアニ協力してくれ・・・」
               
          
84:
アニ「悪いけど今私「その日」じゃないから持ってないのよ」
エレン「タンポンは選ばれた日にしか使えないのか?」
アニ「まあ・・・そうだねその子次第って感じだね」
エレン「タンポン・・・・・・・・どこまで謎なんだ・・・・・・・」
オルオ「こらああああああああエレンッ見つけたぞおおおおおおおおおおん」
エレン「はっ?!お、オルオさん?」
ペトラ「エレンっもういい加減にしなさいっ公然わいせつ罪で捕縛するわ」
グンタ「抵抗すなら・・・・・・」
エルド「たたっ斬る」
スチャッ
               
          
85:
アニもタンポンしてる日があると思うと興奮する
               
          
86:
エレン「違うんですオルオさん俺はタンポンの謎を解き明かしたいだけなんですっ!」
オルオ「なっ・・・てめえまーたふざけたことを・・・とんでもねえ変態だなてめえは」
ペトラ「エレンっあなたがしてることは・・・男性器を見せびらかしながら歩き回るようなものよ」
エルド「ペトラそれは・・・・」
エレン「知りませんよっそんなことォォォォおっ!俺はタンポンについて知りたいだけなんですうううううううううううう」
               
          
88:
オルオ「問答無用だ・・・・・・・・・・・・・かかれえええええええええええ」
シュオオオオオオオオオオオオオオ(立体機動で接近してゆく
エレン「や、、やられる・・・・・・・・・・サシャアニ逃げろっ」
アニ「やれやれ・・・・・・・」
キイイイイイイイイイイイイン(ブレードをつきつける
ペトラ「くっ・・・あなたあなたも同罪よ例え憲兵団でもね・・・」
アニ「ねえ・・・別にタンポンについて聞きまわることってそんな悪いことじゃないと思うよ知らないことを知りたいそれが悪いことなの?」
ペトラ「くっ・・・・・・」
               
          
90:
グンタ「よしっサシャは俺が確保したエルド頼むぞっ」
エルド「うおおおおおおおおおおおおおエレン捕縛ついでにお前にタンポンの秘密をおおおおおおお教えてやるうううううううううう」
エレン「は、はいいいいいいいいいお願いしますううううううううううう」
エルド「いいかぁぁぁぁぁぁぁタンポンっていうのはなああああああああああああ」
エルド「こういうものだあああああああああああああああ」
ズバッシャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア(全裸になり自身の肛門を見せつける
エレン「うわあああああああああああああああああああああああああっあああ?!こ、、肛門になにが・・・挟まってる?」
               
          
91:
エルド「見ろおおおおおおおおおこれがタンポンだっよく見てみろおおおおおおおおお」
ジュリュユユユ(タンポンを肛門から引きずり出す
エレン「な、、、なんだこの汚らわしいものは・・・・・・・・・・・・・」
ペトラ「おっうおおえええええええ・・・・・・」
ゲロロロロロロロ
オルオ「エルド・・・・・・・・・・・・お前・・・」
アニ「死ねばいいのに・・・・」
               
          
92:
エルド「タンポンとは経血つまり女性が生理時にまんこにぶっさしその血を吸収させるものだ
エレン「な、、、、んだ・・・と・・・そんな・・・・・・・・・・・・」
ペトラ「・・・・・・・・・・・・・・」
オルオ「いや待てよなんでお前がつけてるんだよ・・・」
エルド「そんなの決まってるだろう・・・・・・・・・気持ちいいからだぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」
エレン「う・・・うわあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ」
エレン「俺は・・・・・・・・・・俺はあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあああああああああああああああ」
               
          
94:
アニ「エレンも気の毒だねまさか初タンポンが漢のしかもド変態の嗜好品として知るなんて・・・・」
オルオ「まあなにはともあれ・・・・・・・」
エルド「うむさあ捕縛するぞ」
スチャ(エルドに手錠をする
エルド「えっ?」
ペトラ「お前が一番のド変態じゃああああああああああああああああ」
ドゴオオオ(股間に蹴りを喰らわす
エルド「おっおおおほふうううう」
ドサッ
               
          
98:
オルオ「おらさっさと歩けド変態」
エルド「うわああああああああああんいやいやいやあああああああああああああああああああああああああああああああ」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー3時間後
リヴァイ「おいガキいつまでそんな面してやがんだ」
エレン「俺はバカだった・・・・・・・・・・・あの時ミカサの忠告を聞いておけば・・・・・・・・・」
ミカサ「エレン・・・・・・・・・間違いは誰でもするもの・・・それにエレンは失敗から必ず立ち直れる・・・」
アルミン「まあ・・・・陰に隠れた悪(エルド)も暴けたし結果オーライ・・・だよ・・」
               
          
101:
下ネタって最高だな
               
          
102:
リヴァイ「ちっしかたねえな・・・・おいガキついてこい」
エレン「はい・・・・・・・・・」
スタスタスタスタ
ーーーーーーーーーーーー医務室
リヴァイ「連れてきたぞタンポン恐怖症の患者だ」
エレン「ここ・・・は・・・」
リヴァイ「ここではタンポンによるトラウマを植え付けられたやつのための治療室だこいつはその医者をやってる>>107だ」
               
          
107:
圧倒的ハンジ・・!!
ハンジ・ゾエ以外あり得んゾエ・・・!!
               
          
109:
ハンジ「こんばんわァあああああああああああああああエレエエエエエエエエエエエエン」
エレン「ハンジさん・・・すいません今の心境じゃそのテンションにはついて・・いけません・・・」
ハンジ「うんうん分かるよーみんな最初はそうだったリヴァイなんてータンポンの事実を知って漏らしてたもんねーwww」
リヴァイ「ちっうるせえぞクソメガネ早く治療しろ」
ハンジ「はいはーいっんじゃまず口あけてーはいあーん」
エレン「あーー」
スポッ
エレン「むごっおごごごごな、なに入れたんですか?」
ハンジ「タンポン(使用済み)」
               
          
110:
ナレーションアルミン「その日、エレンは思い出したこの世界の真実とこの世界の残酷さを・・・・・・・・」
ナレーションアルミン「850年その日エレン・イェーガーはタンポンの真理の扉を見た、それは人類には早すぎる代物だった・・・」
エレン「うわあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ」
キュピイイイイイイイイイイイイイイイイインゴオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ
ハンジ「うわあああああっ巨人化しちゃったよ・・・あはははははっwwww」
リヴァイ「おいクソメガネ、なにしてくれてるんだてめえ」
               
          
111:
荒療治ってレベルじゃねェ!!
               
          
112:
ハンジ「いやーあのレベルだと普通の薬や自己暗示じゃ効かないんだよ〜でもすごいねえあまりの衝撃で巨人化するなんてー」
リヴァイ「それで、誰のタンポンを食わせたんだ?返答次第じゃ殺すぞ」
ハンジ「怒らないでよーーww>>116のタンポンだよっw」
               
          
116:
みかさ
               
          
119:
エレン巨人「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお」
エレン巨人「(この世から、駆逐してやるタンポンを・・・・・・・・・・・1本残らず)
ドオオオオオオオオオオオオオオオオオン
ミカサ「きっと私の・・・・タンポンがまずかったから怒ってるんだ・・・・・・・」
ムシャムシャ
リヴァイ「ほお・・・悪くないお前のタンポンなかなかの味だ」
ペトラ「そんなっ兵長っこんなションベン臭いガキのタンポンのがおいしいと?私のタンポンも美味だと、言ってたじゃないですかあああああああああああああ」
オルオ「もうやだこの組織・・・」
               
          
120:
ミカサ「もっと味付けを変えよう・・・・・・」
ハンジ「いいやエレンの暴走を止める方法は1つだけだ」
リヴァイ ムシャムシャムシャ「ふんでほほほうほうほ?(それでその方法は?)」
ハンジ「>>125をするのさ♪」
               
          
125:
ミカサが巨人エレンのタンポンになる
               
          
126:
ミカサ「私に・・・・・・・・・・良い案があります・・・・・・・・」
ハンジ「なんだい・・・・?」
ミカサ「私自身がエレンのタンポンになります」
リヴァイ「なるほど郷にいては郷に従えか・・・おいタンポンおかわり」
ハンジ「でも下手をすれば死ぬかもしれないよ」
ミカサ「いいんですエレンを救うためなら・・・・・・」
シュオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ
ミカサ「エレエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエン」
ズボッ
ピキイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイン
ナレーションアルミン「その日、人類はタンポンにより危うく絶滅の危機に瀕したそれを救ったのは1人の英雄みかさ・アッカーマン彼女の名は後にその英雄的決断に因みとある生理用品の名前になった」
「ミカサ型ナプキン」
「このミカサ型ナプキンはタンポンほど不潔でもなくかつ効率のいい生理用品として爆発的ヒットを記録した・・・・・・」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー完
               
          
128:

               
          
13

続き・詳細・画像をみる


【悲惨】『ミヤネ屋』の現在が…何か大変なことになってる…

【悲報】女さん、とんでもないダメージジーンズを履く

次期iPhoneのホームボタンは背面か!?使いづらいやろ・・・wwww(※画像あり)

【乞食速報】主婦の友社100周年記念 全品半額祭り開催中!

イギリスの良い所で打線組んだwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

サターニャ「ヤンデレ?」

特定の仲間にしか通じない。世界10の秘密の言語

【画像】川口春奈ちゃんの私服がヤバいwwwwwwwwwwwww

【朗報】ジョジョで一番訳が分からない勝負、決定する

ハマスタの山?wwwwwww・・・

お土産は買うべき?買わないべき?

冗談にも口にしなかったプロポーズ

back 過去ログ 削除依頼&連絡先