百合子「間違いなくプロデューサーさんと杏奈ちゃんって私のこと好きだよね」back

百合子「間違いなくプロデューサーさんと杏奈ちゃんって私のこと好きだよね」


続き・詳細・画像をみる


百合子「杏奈ちゃんは私に一杯甘えてくるし、よくゲームに誘ってくるし。事務所で一番仲がいいと思うし」
百合子「アニメPVでも私の手を引いてくれたりっ」
百合子「それにアイドルとして知り合うよりも前からネトゲのフレンドだったなんて、まさに運命! 杏奈ちゃんが私を好きになっちゃうのも仕方ないよね!」
百合子「プロデューサーさんも私のワガママに付き合ってくれたり、それでいて私が暴走しちゃったときは必ずフォローしてくれる」
百合子「まさに夫婦! 間違いないよっ、プロデューサーさんは私のことが好き!」
ロコ「…………それで、やけにハイテンションなユリコはなんでそれをロコにスピークしたのですか?」
----------------------------------------------------------------------------
2: 以下、
百合子「実はね? 昨日恋愛小説を読んでいたんだけど、その内容が一人の男を巡って二人の女が愛憎入り混じったドロドロな奪い合いをするっていうストーリーだったんだけど」
百合子「でも、その男は面白いことに二人からの好意に全く気付いていない鈍感な人間なの」
ロコ「ユリコのいうその本を読んでないのでうまくアンダースタンドできてませんが、まあ、彼女たちにしたらたまったもんじゃないですね」
百合子「そうなのロコちゃん!」ガバッ
ロコ「へ?」
百合子「もしかしたら私もその本の男と同じなんじゃないかって思ったの!」
百合子「私に好意を向ける杏奈ちゃんとプロデューサーさん」
百合子「二人とも私の前では仲良くしているようにみせてはいるけれどそれは演技で実は私の見ていない所では私を巡ってねちねちとした嫌がらせをしあっていたり如何に出し抜いて私にアピールしようかと互いを監視し合っているのかも」ポワワーン
百合子「やがて加熱した私への愛は、遂に危険な領域へと突入する――――なんてことに!」
百合子「どうしようロコちゃん! 私のために杏奈ちゃんとプロデューサーさんが!」
ロコ「……はぁ」
3: 以下、
ロコ(百合子は今日もアンストッパブルなデイドリームを炸裂させているようですね……)
ロコ(そもそもアンナだけならまだアンダースタンドできなくもないですが)
ロコ(五十人も同時にプロデュースしてるあの凄腕プロデューサーが、公私混同して自分のアイドルにフォーリンラブなんて中々想像できません)
ロコ(まあ、ユリコ本人がエンジョイしてるなら特に言うこともないです)
ロコ(――――しかし)
4: 以下、
百合子「私は二人からの好意のどちらを選べばいいんだろう? けど、間違いなく言えることはどちらを選んでも今まで通りの人間関係とはいかないということ!」
百合子「もし杏奈ちゃんをとったら、プロデューサーさんが嫉妬のあまり私を干すようになり引退に追い込まれてしまうかも……」
ロコ(どうエクスプレッションすればいいのか)
百合子「そうか、二人を傷つけないために両方の愛を受け取るという考えも?」
ロコ(――ウザい、ユリコがいつになくウザいです!)
百合子「駄目よ百合子、そんなどっちつかずの方法じゃあ誰も幸せにはなれない……! 優柔不断な主人公は碌な目にあわないっていうのはもはや定番。でも、どうすれば――」
ロコ「ユリコ」
百合子「逆に考えてみよう。どちらの愛も受け取らず、アイドルもやめて一人姿を消す。しかし! それでは納得できない二人は私のことを追って――「ユリコ!」うんっ? どうしたのロコちゃん」
5: 以下、
ロコ「ユリコが都合の良いデイドリームをしているのは十分にアンダースタンドしました!」
百合子「都合の良い!? そんな、二人の私を見つめる視線は間違いなく愛が故の物だよ!」
ロコ(相変わらず百合子はオブスティネイトです)
ロコ「アグリーしてくれないのは知ってました! だからロコが一人でダイレクトに調べてきます!」
百合子「ちょ、直接って。ロコちゃんも忙しいんじゃ」
ロコ「今日のレッスンは午前中だけでもう終わったのでノープロブレム! それに、ユリコはこの後午後のレッスンでしょう?」
百合子「そうだけど…………。ロコちゃんはなんでそんなに私の話を嘘ってことにしたいの?」
ロコ「それはですね、その、ユリコのこの話を真に受けてられてしまうとマズイ人がいるというか……」
百合子「?」
ロコ「誰とはエクスプレインしませんが」
ロコ(コトハあたりにはとても聞かせられませんからね)
6: 以下、
ロコ(というわけで聞き取り調査のスタートです)スタスタ
ロコ(一旦カームになって考えてみるとなぜこんなことをしているのでしょうか)
ロコ(今日はミライも仕事で出ていっているので、ロコのアート活動もディスターブされる恐れもありません)
ロコ(だから今日の午後は事務所をロコカラーに染めることもできたはずです)
ロコ(しかし、ユリコにプロミスしてしまった以上ストップするにもやめられません!)
ロコ(とりあえず、プロデューサーはアイドルの送迎などで夕方までカムバックしないらしいのでアンナに聞きに行きましょう!)
7: 以下、
ロコ「アンナー! 話があるのですが!」
杏奈「ロコ…………? 杏奈に何か、用……?」カチカチ…
ロコ(ラッキーなことにアンナも午後は用事がないようで、事務所のソファでゲームをプレイしてました)
ロコ(ロコが話しかけると手元のゲームデバイスからフェイスを上げてこちらに目線を向けます)
ロコ(これと言っていつもとディファレントな点はありません!)
ロコ「実はアンナに話があったのですが……ノープロブレムだったようです!」
杏奈「む…………。そういう、言い方されると気になる……よ」
ロコ「確かに、それもそうですよね」
ロコ(まあハイドするようなことでもないでしょう! きっと!)
ロコ「実はですね……、アンナがユリコのことをどう思ってるのかアスクしに来たんで――「大好き、だよ」」
杏奈「私は、百合子さんのこと……大好き…………」
8: 以下、
ロコ(アンナの食い気味なアンサーはリテラルに受け取ればほほえましいものかもしれません)
ロコ(そう、そのはずですが……)
杏奈「百合子さん、大好き……一番、誰よりも……。絶対に、他の人には…………渡さないから……」
ロコ(アンナのハイライトが消えていてとてもそんなキュートな物には思えないんですが……!)ガクブル
ロコ(もしかして私はパンドラの箱をオープンしてしまったのでは……!)ガクガク
杏奈「本を読んでいる百合子さんが好き…………。百合子さんは、気付いてないかもしれないけど……笑ったり、泣きそうになったりしててすごく可愛い……。ゲームを一緒にやってくれる百合子さんが好き……、ゲームをしてる時に、言葉にしなくても丁度いいタイミングで支援してくれる百合子さんが大好き…………。
人見知りなのに、頑張ってアイドルらしくなろうとする百合子さんが大々好き…………。たまーに妄想を暴走させちゃう百合子さんも大好き…………」
ロコ「ヒエッ……」
9: 以下、
杏奈「ねえ…………ロコ」
ロコ「ひぃっ! な、なにかハップンしましたか? アア、アンナ!?」
杏奈「杏奈聞きたいんだけど……」
ロコ(普段とは打ってチェンジしたアトモスフィアに逃げ出したくなりますが、虚ろなアンナの瞳がそれを許しません……!)
ロコ(さっきまではぼんやりとしつつも、乙女らしくストームな瞳だったはずなのに!)
杏奈「なんで、ロコは百合子さんのことをどう思ってるのか……聞いたの?」ゴゴ
杏奈「ロコも、杏奈と一緒で……、百合子さんのこと大好きなの……?」
杏奈「もし、そうなら…………」ゴゴベキゴゴ
ロコ「ち、違っ、ノープロブレムです! アンナ!」
ロコ(怖いっ、怖いです! なんかアンナが手に持ってるゲームデバイスから鳴ってはいけない音がしてる気もします!)
ロコ「ユリコはあくまでフレンズですっ! そういうラバー的なものはなりたいと思ってません!」
杏奈「それなら、良いかm――」
ロコ「大体、聞いてもないのに自分のデイドリームを押し付けられてもリスポンドに困ります!」
ロコ「今日だって、昨日読んだブックに影響されたのか知りませんが昼休憩の間にユリコのデイドリームを聞かされました!」
ロコ「デイドリ?ムをするのは別に構いません! でもそれをロコに無理やりヒアさせないでほしいです!」
10: 以下、
ロコ(こういうことはユリコにダイレクトに言うべきですね……。反省です)
ロコ(先ほどからサイレントなアンナに謝らなければ)
ロコ「あの……アンナ、ごめんなさい。ちょっとフィーリング的になっちゃいました」
杏奈「――くて――」
ロコ「……? なんですかアンナ?」
杏奈「なんで杏奈じゃなくて他の人に話すの…………!」ゴゴゴ
ロコ「ア、アンナ?」
杏奈「絶対、杏奈のほうが百合子さんと話したいのに…………!」ゴゴゴゴ
杏奈「なんでなんでなんでなんで………………」ゴゴゴ
ロコ(ロコはまたしてもミステイクを犯したようです。もしかしたらロコは生きては帰れないかもしれません)
ロコ(ユリコに言わせればこれがバッドコミュニケーションってやつなんでしょう)
杏奈「ううううううううう……」ゴゴ
ロコ(脳裏にこれまでの15年間のメモリーが流れていきます。ロコナイズしたり、アイドルしたり、ロコアートを捨てられたり)
杏奈「うううう……」ゴ
ロコ(ユリコ、色々言いましたけどロコは結構ユリコのこと好きでしたよ――)
11: 以下、
杏奈「ううううううううううううううううう…………ロコ、ずるい」ゴロン
ロコ(アンナはそれだけ言うとゲームデバイスを置いてふて寝をスタートしました)
ロコ(アンナはヤンデレ? になってもハートの優しい娘だということでしょう)
ロコ(ともかく、ようやく用事のハーフサイズが終わったようです……)
12: 以下、
ロコ(アンナは予想外でしたがプロデューサーは流石にセーフでしょう!)
ロコ(そもそもロコたちのプロデューサーはあんまりフィーリングを隠すのが得意なタイプには見えません!)
ロコ(仮にプロデューサーがユリコのことが好きだったら、真っ当にユリコをプロデュースできるはずがありません!)
ロコ(……よね?)
ロコ「というわけでたった今外出からカムバックしたプロデューサー!」
P「おっ、おう。説明ありがとうロコ。どうした? まーた事務所の備品を勝手にロコナイズして律子に怒られたのか?」
ロコ「違いますよ! 流石にテンタイムズもやれば懲ります!」
P「十回もやる前に気付いてほしかったなぁ……」
ロコ「それはともかく! プロデューサーさんに聞きたいことがあります!」
P「聞きたいことか、物にもよるがとりあえず言ってみろ」
ロコ「実はですね! プロデューサーがユリコのことをどうシンキングしてるのかを知りたいのです!」
P「百合子? 妄想しがちな、良い意味でも悪い意味でも中 学生らしいアイドルだと思ってるよ」
ロコ「そういうことではなく、ラブ的な意味で意識してるのかを聞かせてください!」
P「百合子のことを俺が恋愛対象としてるか、ってことか?」
ロコ「イエスです! プロデューサー!」
ロコ(そしてクイックにプロデューサーのハイライトを確認! よし、いつも通りです!)
ロコ(これならノープロブレムでしょう!)
13: 以下、
P「恋愛対象というか、俺は百合子のことを自分の担当するアイドルとしてしか見てないぞ」
ロコ「ほうほう」
ロコ(よしこれなら――)
P「ただ、俺がオフの日には百合子の家から一番近い図書館に通って、偶然を装って百合子と会えることを期待しているとか」
ロコ(ん?)
P「百合子と共通の話題が欲しくて百合子が話題にあげた本は全部即日手に入れて読み切って次の日に語り合えるようにしてるとか」
ロコ(んん??)
P「百合子と杏奈がやってるネトゲをこっそり始めてみて、さりげなく百合子とフレンドになって一緒に戦ってみたりとか」
ロコ(んんん???)
P「百合子の好意をあまり隠さずに伝えてくることとかにグッときて、毎日プロポーズしようとする心を精一杯自制しているとか」
ロコ(んんんん?????)
P「実はいつでもプロポーズできるように婚約指輪も持ち歩いてるんだ」スッ
ロコ(んんんんん?????)
P「そんなプロデューサーとしては平凡なことをしてるくらいかな」
ロコ「ダウトです! ダウトですよプロデューサー!! 完全に恋愛対象というか、それ以上のサムシングとして見てます!!」
14: 以下、
P「な、何を言う! 普通だ! アイドルを恋愛対象で見るなんてそんな社会人失格のことなんてしてないぞ!!」
ロコ「アウトです! 社会人失格っていうかノーマルにストーカーじゃないですか!」
P「ぐぅ、いや俺はただ図書館で百合子が不審者に襲われるのを防ごうと」
ロコ「プロデューサーが不審者その人なんです!」
P「でも、お向かいのプロダクションだとこうやって相手のことを見守ってアプローチするアイドルがいるとかなんとか……」
ロコ「よそはよそ、ホームはホームです!」
P「馬鹿な…………俺は清廉潔白な普通のプロデューサーのつもりだったのに……まさか不審者だったとは」
ロコ「数分前まではロコもそう思ってたましたよ……」
ロコ(まさか自覚すらないとは…………アンナより質がバッドですね)
15: 以下、
ロコ(とりあえずプロデューサーさんにはユリコへのラブを自覚してもらって、自身のアクションに気を付けてもらうことにしました)
ロコ(例のライブラリへの出禁、絶対にユリコを好きなあまりタスクに影響を与えないことなど)
ロコ(ユリコへのラブをストップしろとは言いませんでした。まあ、言ってもストップしないでしょうし)
ロコ(ともかく、これでユリコとのプロミスはコンプリートです!)
ロコ(たった数時間なのにベリータイアードな感じです!)
ロコ(しかし、ただのユリコのデイドリームかと思いきや全部トゥルーだったとは……)
ロコ(ユリコは、事務所のエブリワンに好かれてるのですね……)
ロコ(それに比べてロコは…………)
ロコ(………………)
16: 以下、
百合子「……うへえ。疲れた」
百合子(今日の午後のレッスンはいつもよりハードで、文学少女たる私には少し荷が重いものでした)
百合子(そんなレッスンにも昴さんはこなしていくのでトレーナーさんも一層レッスンのレベルを上げていって…………うぅ)
百合子(でも良いこともありました)
百合子「流石に、杏奈ちゃんとプロデューサーさんが私のこと好きなんて……ありえないよね」
百合子(頭が空っぽになるくらい頑張ったのがよかったのか)
百合子(レッスンの熱血指導とは裏腹に私の心は冷静さを取り戻しています)
百合子(そして、今では暴走した恥ずかしさとロコちゃんへの申し訳なさが心に住み着いていました)
百合子「杏奈ちゃんは確かに一番仲がいい娘かもしれないけど、だからって恋愛に結び付けるのもよくない、よね?」
百合子「アイドルをフォローするのもプロデューサーとして当然だし」
百合子(我ながら荒唐無稽な妄想だなぁ、なんて一人苦笑していると)
百合子(私の視界はロコちゃんを捉えました)
17: 以下、
百合子「ロコちゃーん!」
ロコ「……あー、ユリコ。レッスンお疲れ様です」
百合子「えっ、うん。ありがとう」
ロコ「オフコースですよ」
百合子「……?」
ロコ「」ブスー
百合子(数時間ぶりに再開したロコちゃんはなんだかテンションが低い、言うなれば不貞腐れているようでした)
百合子(いつも未来ほどではないけれど、それでも煌々と照る太陽のように元気なロコちゃんには珍しい様子に見えます)
百合子「ロコちゃん、何かあった?」
ロコ「ノープロブレムです。……それより、ユリコ。言われた通りロコはリサーチして来ましたよ」
百合子「本当!? ……でも、そのことなんだけど」
百合子(勘違いだったみたい、と私が言おうとしましたがそれはできませんでした)
ロコ「ユリコの言った通り、二人ともユリコにフォーリンラブでした」
百合子「えっ」
18: 以下、
百合子「ほ、本当に?」
ロコ「ええ、トゥルーです」
百合子「ええええええええええ!?」
ロコ「なんでパニックになってるんですか? そもそも、ユリコが言いだしたことのはずです」
百合子「そ、そうだけど……えええええ!」
百合子(衝撃の事実でした! 妄想していた本人ながら受け入れがたいです!)
百合子「ええええ」
ロコ「ユリコは相変わらずストレンジですね。……………そういう所が好かれる秘訣なのかも」
百合子「えええ――え? ロコちゃん今何か言った?」
ロコ「ナッシングです」ブスー
百合子(やっぱりロコちゃんの様子がストレンジな――――変な気がします)
百合子(ついでにロコちゃんが言っていることも信じられません)
百合子(一体何が起きてるんでしょう!)
19: 以下、
百合子(と、突然私の目の前に現れた二つの奇妙な現象)
百合子(しかし、ミステリー小説もたしなんでいる文学少女としての性なのか――私はズバリ閃きました!)
百合子(点と点でしかないはずのその二つが、私の頭の中で突然一本の線としてつながったのです!)
百合子(そう、実は私の前世は名探偵で、私がこうして怪事件に出会うのをトリガーにして探偵として覚醒する運命だったのです!)
百合子「ロコちゃん!!」
ロコ「ひっ、突然驚かせないでくださいユリコ!」
百合子「ロコちゃん! 私は全部わかったよ!!」
ロコ「へ?? 何がですか」
20: 以下、
百合子(普段と違ってローテンションなロコちゃん)
百合子(そして不自然な調査結果)
百合子(この二つが導く答えは…………ロコちゃんが実際に調査したら杏奈ちゃんとプロデューサーさんが私を恋愛対象としてみてないことが当然判明!)
百合子(しかし! 心優しいロコちゃんは私にこれを伝えると私が傷つくと思って気を使ってくれた!)
百合子(その結果! ロコちゃんは私の妄想通りの結果だと偽ってくれたんだ!)
百合子(でも純真なロコちゃんは嘘をつくのが心苦しく、罪悪感でテンションが低くなっちゃったんだ!)
百合子(――ふふふ、この名探偵七尾百合子にかかればこの、優しさで出来た怪事件も無事解決です)
21: 以下、
ロコ「な、なんなんですかユリコ……。サドンリーにニヤニヤしだして」
百合子(オリエント急行しかり、何でも解き明かせばいいというものではありません。だから、ここはカタチにしてただ感謝を伝えるべきでしょう!)
百合子「ロコちゃん……」
ロコ「は、はい。ってどうしたにやにやしたまま近づいてくるんですか?」
百合子「――――ありがとう!!」ギュッ
ロコ「!!??!?!??!」
百合子「大好きだよ!!」ギュー
ロコ「!?!?!??!!!!???」
百合子(愛をもって事件を解決する名探偵七尾百合子、ここに爆誕です)
百合子(こうして、事務所を巡る怪事件は終わりを告げました――)
23: 以下、
ジュリア「――ん、ロコ。そんなところでボーッと突っ立ってどうした?」スタスタ
ロコ「ジュリア! 丁度いいプレイスに!」
ジュリア「いつもより元気だな。良いことでもあったのか?」
ロコ「ザッツライトです! 実は気づいちゃいました!」
ジュリア「? 何に?」
ロコ「ええ――――――ユリコって私のこと好きですよね!」
ジュリア「……は?」
おしり
22: ◆Jnlik0MEGA 2017/03/23(木) 22:17:25.38 ID:9BVIfgiN0
百合子はどこまでも平常運転だな
>>1
七尾百合子(15) Vi
ロコ(15) Vi
>>7
望月杏奈(14) Vo
25: ◆Jnlik0MEGA 2017/03/23(木) 22:30:18.07 ID:C3Vs6JpU0
ロコおまえもか
乙です
>>23
ジュリア(16)Vo
27: 以下、
ユリロコか新しいな
31: 以下、
斬新で面白かったまた描いてくれ
32: 以下、
ゆりロコ始まったな…
元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1490272711/
ねんどろいどもあ マンガで分かる! Fate/Grand Order とりかえっこフェイス[シールダー/マシュ・キリエライト]
グッドスマイルカンパニー グッドスマイルカンパニー 2017-07-31
Amazonで詳しく見る
関連記事
- まゆ「エヴリデイドリーム」
- 三船美優「三千世界の烏を殺し、主と朝寝がしてみたい」
- 【モバマス】モバP「ゴシップ雑誌にすっぱ抜かれた!?」
- 加蓮「2:00AM」
- 朝霧海斗「アイドルのプロデューサーだと?」
- P「まゆ!包丁を持って何やってんだ!?」
- 友紀「ねぇ?、いいでしょ?」
- 紗枝「嫌よ嫌よも好きのうち」
- 春香「愛…恋…好き…」
- 岸部彩華「あやかはいいの」
- 千鶴「お腹が空きましたわ…」
- 貴音「あなた様! あぁぁ、あなた様! 寂しいです! あなた様ぁ!」
- P「伊織の前でだけやよいをボコボコにする」
- 美希「…ねぇハニー、このおにぎり…何が入ってるの?」
- 【モバマスEテレ】卯月「一人暮らし頑張ります!」 杏「家賃相場編」
Amazonの新着おすすめ
PLAY ARTS改 FINAL FANTASY XV シドニー・オールム 塗装済み可動フィギュア
期間限定!「電子特典版」付き 弱キャラ友崎くん Lv.3 (ガガガ文庫)
PlayStation 4 ジェット・ブラック (CUH-1200AB01)
終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?#03【電子特別版】
GRANBLUE FANTASY The Animation 1(完全生産限定版) [Blu-ray]
【早期購入特典あり】戦姫絶唱シンフォギア Blu-ray BOX【初回限定版】(B2告知ポスター付)
アイドルマスター シンデレラガールズ 橘ありす はじめての表情 1/7スケール PVC製 フィギュア
おすすめサイトの最新記事
アイドルマスターSS コメント:0 
コメント一覧
コメントの投稿
名前:
コメント:
月間人気ページランキング
【ランキングをもっとみる】 【全記事表示する】
-->
- 【ニューダンV3】最原「東条さんが本気出してくる一週間」
- 武内P「女性は誰もがこわ……強いですから」
≪ PREV | トップページ | 全記事一覧(,,゚Д゚) | NEXT ≫
ランダム記事ボタン
ピックアップ
Fate/Grand Order -First Order-(完全生産限定版) [Blu-ray]
俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 Blu-ray Disc BOX(完全生産限定版)
最新記事
- 【ニューダンV3】最原「東条さんが本気出してくる一週間」
- 百合子「間違いなくプロデューサーさんと杏奈ちゃんって私のこと好きだよね」
- 武内P「女性は誰もがこわ……強いですから」
- モバP「森久保乃々がヤンデレになった」
- 五十嵐響子「ピーキーキュートとお料理番組」
- サターニャ「なんかアホらしくなってきたわ…」
- 京「八神、お前の誕生日っていつだよ?」暴走庵「キョオオオオオオオオオ!!」
- フェネック「アライさん。ちゅーしようかー」
- 【みなみけ】夏奈「藤岡!お盆芸だ!」【SS】
- 【ふたりエッチ】『初めての〇漢プレイ?』
- 【けものフレンズ】アライさん「かざんちほーに幻の不死鳥を見たのだ!」
- ガヴ「あ、この缶コーヒーうめぇ」 マスター「!!?!?!?」
- モバP「もしも佐久間まゆが犬だったら」
- グラサン「マスター、いつものを」 マスター「かしこまりました」
- マスター「いらっしゃいませ」 グラサン「……」
週間人気記事ランキング
【全ランキングを表示】
最新
禁書目録SS
Fate SS
アイドルマスターSS
艦これSS
ガールズ&パンツァーSS
ダンガンロンパSS
ラブライブ!SS
遊戯王SS
ポケモンSS
俺ガイルSS
エヴァンゲリオンSS
まどか☆マギカSS
シュタインズゲートSS
けいおん!SS
涼宮ハルヒのSS
その他二次創作SS
オリジナルSS
姉兄妹弟SS
魔王・勇者SS
( ^ω^)(´・ω・`)('A`)
ホライゾーンSS
SS以外
月間!人気SS
このブログについて
ホライゾーン
作者別SSまとめ
長編・シリーズまとめ
ニューリリース
この素晴らしい世界に祝福を!12 オリジナルアニメブルーレイ付き同梱版
映画『聲の形』Blu-ray 初回限定版
ソードアート・オンライン Blu-ray Disc BOX(完全生産限定版)
ねんどろいど Re:ゼロから始める異世界生活 ラム ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア
新次元ゲイム ネプテューヌVII ネクストパープル 1/7スケール PVC製 塗装済み 完成品 フィギュア
四女神オンライン CYBER DIMENSION NEPTUNE ロイヤルエディション
モンスターハンターダブルクロス【初回封入特典版】
ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)
この素晴らしい世界に祝福を! 2第1巻限定版 [Blu-ray]
Fanaticism (BAVEL COMICS)
新刊ピックアップ
ホビー
ゲーム
アニメ
ブログあれこれ
・まとめ依頼はこちら!
みんなのいちおし!SS
よく耳にするとか、印象的なSS集ダンテ「学園都市か」"楽しすぎて狂っちまいそうだ!"
一方通行「なンでも屋さンでェす」可愛い一方通行をたくさん見よう
インデックス「ご飯くれるとうれしいな」一方通行「あァ?」"一方禁書"凄まじいクオリティ
フレンダ「麦野は今、恋をしているんだね」通称"麦恋"、有名なSS
キャーリサ「家出してきたし」上条「帰って下さい」珍しい魔術側メイン、見るといーの!
垣根「初春飾利…かぁ…」新ジャンル定温物質ウヒョオオ!!
美琴「……レベル5になった時の話ねえ………どうだったかしら」御坂美琴のレベル5に至る努力の経緯
上条「食蜂って可愛いよな」御坂「え?」ストレートに上食。読めて良かった
一方通行「もっと面白い事してモリモリ盛り上がろォぜ」こんなキャラが強い作者は初めて見た
美琴「週末は アイツの部屋で しっぽりと」超かみことを見てみんなで悶えましょう
ミサカ「たまにはMNWを使って親孝行しようぜ」御坂美琴のDNAは究極に可愛くて凄い
番外個体「  」番外通行SSの原点かな?
佐天「対象のアナルを敏感にする能力か……」ス、スタイリッシュアクションだった!
麦野「どうにかして浜面と付き合いたい」レベル5で楽しくやっていく
ミサカ「俺らのこと見分けつく奴なんていんの?」蒼の伝道師によるドタバタラブコメディ
一方通行「あァ!? 意味分からねェことほざいてンじゃねェ!!」黄泉川ァアアアアアアアアアア!!
さやか「さやかちゃんイージーモード」オナ禁中のリビドーで書かれた傑作
まどかパパ「百合少女はいいものだ……」君の心は百合ントロピーを凌駕した!
澪「徘徊後ティータイム」静かな夜の雰囲気が癖になるよね
とある暗部の軽音少女(バンドガールズ)【禁書×けいおん!】舞台は禁書、主役は放課後ティータイム
ルカ子「きょ、凶真さん……白いおしっこが出たんです」岡部「」これは無理だろ(抗う事が)
岡部「フゥーハッハッハッハ!」 しんのすけ「わっはっはっはっは!」ゲェーッハッハッハッハ!
紅莉栖「とある助手の1日ヽ(*゚д゚)ノ 」全編AAで構成。か、可愛い……
岡部「まゆりいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!」SUGEEEEEEEEEEEEEEEEE!!
遊星「またD-ホイールでオナニーしてしまった」……サティスファクション!!
遊星「どんなカードにも使い方はあるんだ」龍亞「本当に?」パワーカードだけがデュエルじゃないさ
ヲタ「初音ミクを嫁にしてみた」ただでさえ天使のミクが感情という翼を
アカギ「ククク・・・残念、きあいパンチだ」小僧・・・!
クラウド「……臭かったんだ」ライトニングさんのことかああああ!!
ハーマイオニー「大理石で柔道はマジやばい」ビターンビターン!wwwww
僧侶「ひのきのぼう……?」話題作
勇者「旅の間の性欲処理ってどうしたらいいんだろ……」いつまでも 使える 読めるSS
肛門「あの子だけずるい・・・・・・・・・・」まさにVIPの天才って感じだった
男「男同士の語らいでもしようじゃないか」女「何故私とするのだ」壁ドンが木霊するSS
ゾンビ「おおおおお・・・お?あれ?アレ?人間いなくね?」読み返したくなるほどの良作
犬「やべえwwwwwwなにあいつwwww」ライオン「……」面白いしかっこいいし可愛いし!
最新
逆アクセスランキング
最新コメント

----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
ミャア:フェネック「アライさん。ちゅーしようかー」
----------------------------------------------------------------------------
あ:フェネック「アライさん。ちゅーしようかー」
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
無名:貴虎「定食!そういうのもあるのか」
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------


続き・詳細・画像をみる


【北朝鮮情勢】安倍首相 「いかなる事態になっても国民の生活と平和な暮らしを断固として守り抜く決意だ」

『ソードアート・オンライン』キリトさん超カッコいい! SAOのキリトさんって男の理想像の一つだよな!

パグの階段の上がり方が独特すぎるwwww

クソバカ新入社員がハリアーなんか乗ってきやがった

【画像】 うちの猫可愛すぎるwwwwwwww

ガヴリールドロップアウト主要キャラのスリーサイズ一覧がこちらwwwww

光速で移動できるロケットがあれば、未来へのタイムトラベルは可能である。ただし浦島太郎状態となる。

【悲報】50代板の「だんだん体が壊れてきたよ」スレがガチで怖い

豹☆変!ドライヤーの風をあてると何かが憑依したかのように犬格が激変する犬

【高画質】飲酒運転の車がノーブレーキで中央分離帯に突っ込む瞬間がすごい

【画像】Panasonicが男の下の毛を処理できる電動シェーバーを新発売・・・!

【驚愕】虎組、梅野君の出席番号が20番

back 過去ログ 削除依頼&連絡先