【ラブライブ!サンシャイン!!】梨子「果南さん……キス、しましょうか」back

【ラブライブ!サンシャイン!!】梨子「果南さん……キス、しましょうか」


続き・詳細・画像をみる


果南「……………………え?」
梨子「え?……じゃなくて」ズイッ
果南「ちょっ……梨子ちゃんっ///近い……///」
梨子「いつもどこかれ構わずハグしてくるくせに、なにを言ってるんですか……」
果南「まあ、それはそうだけど……」
梨子「イヤですか?私とキスするの」
果南「イヤっていうか……その……///いきなりすぎて……///」
梨子「いきなりって……これでも堪えた方だと思うんですけど……。身に覚えくらいありますよね?」
果南「すみません……まったく……」
梨子「この前……」
3:以下、
――――――――
果南「りーこちゃんっ♪」ギューッ
梨子「わっ!か、果南さん……///なんですか急に……///」
果南「なんでも♪梨子ちゃんにハグしたくなっただけ♪」
梨子「だからって後ろから急に来られるとビックリしますよ……」
果南「ゴメンゴメン♪ん、梨子ちゃんの髪……スッゴいいい匂いするね」ボソッ
梨子「?///」ビクッ
果南「なんか甘い匂い……私、この匂い好きかも」スンッ
梨子「そ、そうですか……///」
――――――――
4:以下、
果南「あー……あったね」
梨子「あったねじゃないです。やったんです」
果南「いい匂いだったのは覚えてる……」
梨子「ま、まあ……それはそれですけど……///」カアァ
果南「また嗅がせて」ニコッ
梨子「は、はい……じゃなくて!!」
果南「うわっ!」ビクッ
梨子「ほ、他にもまだあるんです!」
5:以下、
――――――――
果南「梨子ちゃん♪やっほー♪」ノシ
梨子「果南さん。どうしたんですか?ここ二年の教室ですよ?」
果南「んー……なんていうか、梨子ちゃんの補給?」
梨子「補給?」
果南「えいっ♪」ギューッ
梨子「ふえっ!!?///ちょっ、ちょっと果南さんっ!///なにして……!!///こ、こんなとこで……みんな見てます……!!///」アワアワ
果南「ん?♪やっぱり落ち着くな?♪」スリスリ
梨子「ひぅっ///く、くすぐったいよぉ……///」
果南「♪」
――――――――
6:以下、
梨子「あんなのもう確信犯じゃないんですか!!?あのあとどれだけ教室で騒がれたと思ってるんですか!!!」
果南「だ、だって梨子ちゃんにハグしたくなったんだもん……」
梨子「とんだプレイガールじゃないですか!!しばらく千歌ちゃんと曜ちゃんにからかわれるし……教室での私への扱いがなんかむず痒いんですよ!!」
果南「ご、ゴメンって……。今度からは誰もいない場所でハグするから……」
梨子「それはそれでやらしいのでダ……………………メ……で、はない……ですけど……///」
果南「梨子ちゃん?」
梨子「そ、それにっ!!///」
7:以下、
――――――――
ザァ……
ザパン……
ザパッ!
果南「プハッ……ん?っ♪今日の海も気持ちいい?♪梨子ちゃんもおいでよー♪」ノシ
梨子「おいでよって……私、ダイビングスーツ来てないんですけど」
果南「でも船に乗ってるだけじゃつまんなくない?」
梨子「風を浴びてるだけでも気持ちいいですから。それより寒くないんですか?」
ザパッ
果南「アハハ、馴れてるからね♪……クシュッ」
梨子「もう……風邪を引く前に温かくしてください」
果南「じゃあ……ハグっ♪」ギューッ
梨子「ひゃうっ!!///つめっ、冷たいっ!!///」
果南「スッゴい温かい♪」ボソリ
梨子「果南さんっ!///」
――――――――
10:以下、
梨子「頭のネジが二、三本緩んでるんですか!!///」
果南「緩んでないよっ!!」ガーン
梨子「ビショビショのまま抱きついてきて……こつっちは普通の格好だったんですけど!!結局身体冷やして私が風邪引いちゃったし……」
果南「でもあの後、私の家で看病した……」
梨子「その件はありがとうございました……」
果南「たしかあのときって……」
11:以下、
――――――――
梨子「ケホッ……コホン……///うぅ……///」
果南「大丈夫?」
梨子「だいじょうぶじゃない……」モゾッ
果南「ゴメンってば……」
梨子「……あたま、なでてくれないとゆるさない」プクー
果南「はいはい」ナデ
梨子「もっとー」ウリウリ
果南「ワガママな梨子ちゃんだね」クスッ
梨子「えへへ……///」
果南「……えいっ♪」ギューッ
梨子「んっ……///果南……さん……///かぜ、うつっちゃう……///」
果南「いいよ。梨子ちゃんの風邪なら」
梨子「ダメ……///」
果南「はやく良くなりなよ……梨子」チュッ
梨子「???!!!//////」カアァァァ
梨子(ほ、ほっぺにチューされた?……//////)
――――――――
12:以下、
果南「うぁ……思い出したら恥ずかしくなってきた……///」
梨子「恥ずかしいのはこっちです!!///なんなんですか果南さん!!///完全に狙ってやってるでしょう!!///」
果南「い、いや……」
梨子「狙ってないんだとしたらド天然じゃないですか!!あんなことされ続けたら、それは誰だって発情しますよ!!///」
果南「は、発情って……///」
梨子「こっちはガマン出来ないっていうのに……毎日毎日ハグハグハグ!!!それ以上のことはほっぺたにチューしてくるくらい!!紳士すぎるでしょ!!!」
果南「そんなぁ……って、発情……してるの?///」
梨子「してますよ!!!//////」ドンッ
梨子つ果南|壁ドンッ
13:以下、
果南「り、梨子ちゃん……?///」
梨子「果南さんがいけないんですからね。私……もう止まらないです」
果南「ま、まだ遅くはないんじゃないかな?……なんて」
梨子「無理です」
果南「そ、そうですか……///」
梨子「……果南」ボソッ
果南「!!//////」ゾクッ
梨子「リリーのキスで……あなたを永遠のしもべにしてあげる」
果南「?っ!!///」ゾクゾク
梨子「……………………」スッ
果南「り、梨子ちゃ……///っ!!///」グイッ
梨子「へっ?」
ギューッ
梨子「?っ!!?//////」
梨子(か、壁グイ!!?//////)
14:以下、
果南「もう……梨子ちゃん大胆すぎだよ……」
梨子「……そんなに、キスはイヤですか?」
果南「じゃないけど……」スッ
梨子「?」
チュウ
果南「……///」
梨子「!!?//////」ボフンッ
プハ……
梨子「は、え?……えっ?//////」
果南「キスはイヤじゃない……よ?///……いつかね、私からしたかったの……//////」
梨子「果南さん……///」
果南「順番……逆になったけど……。梨子ちゃん……好き……///」
梨子「??????!!!//////」
15:以下、
梨子「も、もっとはやく言ってくださいよ……///」
果南「恥ずかしかったの!!///」
梨子「いつもの果南さんの行動の方が恥ずかしいと思いますけど……」
果南「それより……さ」
梨子「はい?」
果南「まだ……発情してる?///」
梨子「!///」ドキン
果南「わた、しも……発情……したかも//////」
梨子「えっち……」
果南「梨子ちゃんが言うの!?///でも……いいよね?///」
梨子「……………………///」コクン
16:以下、

続き・詳細・画像をみる


カイジの地下労働施設に送られたら、生きていけると思う?

三大先発転向成功投手山口俊、増井浩俊

後輩「振られたんですって?www飲みに行きましょうwww先輩の奢りでwww」

弟嫁はうちの市が保育園に入りにくいっていうのを知ってたらしい。一言言って欲しかったなぁとモヤモヤする。

【朝日】首相夫人それでいいの? 安倍昭恵氏に疑いのまなざし

ピコありす「TTTT」

back 削除依頼&連絡先