なぜ江戸時代の農民は革命を起こそうとしなかったのかback

なぜ江戸時代の農民は革命を起こそうとしなかったのか


続き・詳細・画像をみる

1.
2. 1.絶望的名無しさん
3. 2017年04月06日 08:07
4. ID:ecEF8vju0
5. 市民革命が起きるには、支配階級に対抗できる(銃や大砲といった短期間で使用法を習得できる)武器を被支配層が保有することが前提。
日本の農民はそれがなかった。
6.
7. 2.名も無き哲学者
8. 2017年04月06日 08:16
9. ID:q7QaRmjt0
10. 飢饉だって学習して対策してるからな
11.
12. 3.名も無き哲学者
13. 2017年04月06日 08:16
14. ID:.kKuZniy0
15. パトロンも煽動者もいない農民だけで行われた革命なんて古今東西存在しないだろ
16.
17. 4.名も無き哲学者
18. 2017年04月06日 08:16
19. ID:mZ4JJ.480
20. 郡上一揆が結果的に、従来の重農主義から商業許容主義に転換させるきっかけになり、天保の近江一揆が結果的に、幕府の徴税制度の限界が露呈して幕府の寿命を縮めるきっかけになった。
両方とも明確な革命ではないが、特に後者は完全な幕府のご都合主義に公然とはむかって検地を中止させたという点では十分革命といえるように思う。
21.
22. 5.名も無き哲学者
23. 2017年04月06日 08:17
24. ID:2kR7nB5w0
25. 普通にあったんじゃない?
26.
27. 6.名も無き哲学者
28. 2017年04月06日 08:22
29. ID:oGasqdHw0
30. 山形出羽の米沢藩の隣町だけど
天保の飢饉に対して酒作りを禁じた米沢に
天領で年貢の軽いのうちの町で
酒を作って密輸した昔話残ってる
個人的に禁酒番屋って落語の
元になったんじゃないかと思ってる
31.
32. 7.名も無き哲学者
33. 2017年04月06日 08:24
34. ID:4hAAqNXc0
35. 痔続きの大陸だったらあったかもしれんが島国じゃあ無理だな
36.
37. 8.名無しのILOVEJAPAN
38. 2017年04月06日 08:24
39. ID:4Puc4gzd0
40. 打ちこわしとかはあったけど、矛先が政府ではなく庄屋だし
こういう治世はほんとうまいことやってたとおもうよ
日本の安定感は徳川幕府の力がかなり大きいと思う
41.
42. 9.名も無き哲学者
43. 2017年04月06日 08:24
44. ID:UCP4wHMO0
45. 水戸藩はひどかったらしいぞ
御三家の末席だがプライドが高く、対外的に見栄を張って無理をしたために藩の中は大変だったらしい
水戸藩の農民も江戸に直訴をしまくったが、水戸学の空虚な思想に拠って長州閥が成し遂げたのが明治維新や
また、チンピラに過ぎない吉田松陰の膨張主義と暴力肯定で二次大戦に突入したという見方もあるんや
自称エリートが民を苦しめながらイデオロギーに耽り、下級武士とも言えん低劣な輩が政権を取れたとしても、
いつかその「始まり」の歪さは戦争や原爆という形で終わりを迎えざるを得なかった
これが日本の歴史からの反省よ。我々が今何に気をつけて、何をなすべきかは自然に見えてくる
46.
47. 10.名も無き哲学者
48. 2017年04月06日 08:32
49. ID:8FGqMfsa0
50. 多分数百年後の日本人も
「なんで平成の社畜は革命起こさなかったの?」とか言ってるよ
51.
52. 11.名も無き哲学者
53. 2017年04月06日 08:38
54. ID:RVkEPQ2b0
55. 権力は勝ち取るものではなくお上から与えられるものだから。
56.
57. 12.名も無き哲学者
58. 2017年04月06日 08:39
59. ID:jWOBe10f0
60. 一石=一人が一年に食べる米の量、という計算だった。米は貨幣でもあったがいつまでも保存できるわけじゃない、カビる前に食わなきゃならない。そうやって計算してみると、江戸時代は上から下まで割ときちんと食べれていた。
隠れキリシタンの農民を牢に入れて、武士が
「俺らが一日三合米食べてるからこいつらもそれでいいだろ」
って三合飯を出してたら農民が
「腹が減ってかなわないから、もうキリシタンやめる」
って言い出したとか、江戸の牢では囚人に一日四合ちょい飯を食わせてたとか、まあ飢饉のとき以外は飢えていなかったんじゃないのって史料は多いよ。
むしろ武士の方が藩の借金やらで扶持米を削られて困ってた節もある。『武士の家計簿』読むと、付き合いで削れない出費とかが多いんだよな。
土地が貧しくて困ってた地域も当然あったけど、真面目に働いてちゃんと食えれば農民は一機なんてめったに起こさんさ。
そもそも江戸時代は子沢山でもなかった。
「旦那は飲む打つ買うで、子沢山で嫁が苦労して…」
っていうイメージは、富国強兵で子供をいっぱい作らせて、工業化で地域共同体が崩れてきた大正あたりの日本社会を反映しているんだよ。江戸時代とは別物。
61.
62. 13.名も無き哲学者
63. 2017年04月06日 08:41
64. ID:8p0kAxYT0
65. 日本の農民は革命を起こすにはインテリであり過ぎた。
インテリはなんかやる前にまず結果を考えるからな。
66.
67. 14.ななし
68. 2017年04月06日 08:41
69. ID:jnbgvQhj0
70. 一揆打ちこわしいくらでもあったやん
でも、対象は中間搾取業者に対してなんだよね
じっさいがめつかったんだろうけどさ。法規制もほとんどない時代だし
71.
72. 15.名も無き哲学者
73. 2017年04月06日 08:42
74. ID:zJDDLsnB0
75. フランスあたりみたいに、平等主義やら人民主権やらの啓蒙思想が大きく広まらなかったからでしょ
不満があっても一揆して要求通ればいいやって感じで制度改革は望まない、よく言えば現状維持重視、悪く言えば思考停止の民衆が多かったんじゃね
76.
77. 16.名無しさん+
78. 2017年04月06日 08:44
79. ID:SyC8u2Ht0
80. 指導と武力の両方が要る事だから
一向一揆を信長が邪魔しなければ浄土真宗本願寺が天下取ってたかもね
81.
82. 17. 
83. 2017年04月06日 08:45
84. ID:ykmtBK..0
85. 飢饉はともかく、他は今と大して変わらん。重税で、夜逃げする人もそれなりにいる
お前ら、なんで革命起こさないの?
86.
87. 18.名も無き哲学者
88. 2017年04月06日 08:50
89. ID:v6aSpTik0
90. 上杉鷹山の伝国の辞が狂人の戯言にされなかったように江戸時代の知識階級には啓蒙君主思想が広がってたから
91.
92. 19.名も無き哲学者
93. 2017年04月06日 08:52
94. ID:x6qe0XWz0
95. 基本お上に逆らわないこと前提だし
易姓革命抜いた儒教
お陰でいまだに人権意識も輸入物止まり、真実自分達の物にできない
中韓笑えんぞ
96.
97. 20.軍事報の中将
98. 2017年04月06日 08:53
99. ID:I5bR9Mnk0
100. 一揆があったやんけ
101.
102. 21.名も無き哲学者
103. 2017年04月06日 08:59
104. ID:..F4DxTc0
105. 俺たちだって税金やらなんやらで収入の半分近く取られてるだろ?
革命したいと思うか?
106.
107. 22.名も無き哲学者
108. 2017年04月06日 08:59
109. ID:RdzvK6QS0
110. 全く無かったわけじゃないけど、なんで中流階級が革命しなきゃならないんだか
今の社畜位置だろ
111.
112. 23.名も無き哲学者
113. 2017年04月06日 09:00
114. ID:3SvvTnHx0
115. 刀狩りってレスがあるが、実はそこまで厳密じゃなかったかもよ
ウチは十代くらいは遡れる代々農家だけど、昔は倉に刀が有ったらしい
太平洋戦争の時鉄を集めるのに持ってかれちゃったらしいけど
案外刀狩りとか建前だったのかもよ
116.
117. 24.名無し
118. 2017年04月06日 09:05
119. ID:jn1nkPeh0
120. バカほど革命に憧れる気がするw
うまく行かない!!って癇癪起こして暴れて社会システムごと壊したら、後で自分達も困るってまるで考えてないんだよな
それどころか、自分達ならもっとうまくできるはず!!って思い込んで色々とやらかしまくった挙句、元よりも悪い状態に陥るのが関の山
民衆の不満がさらに高まった所で、お決まりの弾圧と粛清の嵐っすわ
よほど有能な指導者と同調者に恵まれていない限り革命は成功しないし、成功した後良い体制を何十年、何百年と続けるのはもっと難しいよ
121.
122. 25.名無しのプログラマー
123. 2017年04月06日 09:13
124. ID:D3qaoklt0
125. 革命を果たしたのちのこうしようという展望のある賢者もいなけりゃ
とりあえず政権打倒すれば何とかなるさという大馬鹿もいなかっただけでしょ
126.
127. 26.名も無き哲学者
128. 2017年04月06日 09:13
129. ID:W6bKVEes0
130. 地方によって悲惨な話もそりゃ有るが、基本的に天災以外だと庄屋が水呑み百姓に対してとか農民が農民を虐げた話がほとんど
江戸400年を通じて収穫量は馬鹿みたいにあがったのに、年貢は戦国時代のまま据え置きだった、上げようが無いから
そもそも100人200人の農民の集団に、1人2人の代官で何かできるわけがない
普通に要求通るし、代官は農民側に実入りの少ない米を作って貰うために全力でご機嫌を取りに来る
力関係は 豪農>侍>貧農
自分より下の相手に対して革命なんざ起こすわけが無い
131.
132. 27.名も無き哲学者
133. 2017年04月06日 09:16
134. ID:NXWHsMRB0
135. マックス・ウェーバーとか読めばよくわかるけど市民革命はギリシアローマから中世キリスト教革命を経て得られた到達点なので日本に当てはめるのは見当違いだな
庶民の権利獲得運動という点ではお上による収奪権の強さが重要で、そこまで過酷な収奪は日本列島の地政環境上、あまり見られない
島原の乱とか松倉氏の苛性で起きてるけど鎮圧後は強制的善政で治まってる
家康の言葉、「百姓は飢寒に困窮せぬ程に養うべし。豊かなるに過ぐれば、農事を厭い、業を易る者多し。困窮すれば離散す。東照宮上意に郷村の百姓共は死なぬように、生きぬようにと合点致し、収納申しつけるようにとの上意。」が日本歴代統治者の普遍感覚だろう
136.
137. 28.名無しさん
138. 2017年04月06日 09:17
139. ID:d1UCPU.x0
140. 一揆がそれでしょ
そして潰されての繰り返し
141.
142. 29.名も無き哲学者
143. 2017年04月06日 09:18
144. ID:t87jvtcm0
145. 「革命」って悪いイメージしかない。
アラブの春も治安が崩壊した所がほとんどだし
日本も民主党に政権交代しただけであのザマだ。
「現政権憎し」というだけの潰し屋が良い政権を作れるはずもない。
日本に革命が無かったのは偶然か民衆に根性が
無かったのか知らないけど、やらなくて正解だよ。
146.
147. 30.Nanashi has No Name
148. 2017年04月06日 09:19
149. ID:PlqjmXD.0
150. 農民よりもさらに最下層があったから
奴隷階級は時代劇じゃ絶対出てこないね
151.
152. 31.名も無き哲学者
153. 2017年04月06日 09:21
154. ID:AbL1Znzn0
155. 割とマジレスするけど
農民「今年不作だからあんま納められんよ」
武士「おk」
ってな感じで別に取り立てが厳しかったというのは少ない
飢饉になって一揆ってのは取り立てが厳しいんじゃなくて、武士からは何もできないからどうしようもなかったというのがほとんど
あと↑の「」の例でも一揆扱いだからね
156.
157. 32.名無しのプログラマー
158. 2017年04月06日 09:22
159. ID:lSL0azia0
160. フランスほど困窮していないしブルジョワがいなかったからな
そもそも革命やったところで生活よくなるわけでもないっていうね
フランスなんて権力者が変わっただけの恐怖政治だし
161.
162. 33.名も無き哲学者
163. 2017年04月06日 09:22
164. ID:UnUM91Yo0
165. >その意味において有力武家が幕府を倒した
>明治維新は立派な市民革命と言える
一行目と二行目合ってねえじゃんアホ
166.
167. 34.名も無き哲学者
168. 2017年04月06日 09:24
169. ID:9CJvmM7F0
170. フランス革命が貴族主導ってなんやねん
ロペスピエールやシェイエス、ダントンは弁護士出身、デムーランはジャーナリスト出身、マーラーは医者出身、フーシェは教師出身と指導者の大半が第三身分出身やろが
171.
172. 35.名も無き哲学者
173. 2017年04月06日 09:25
174. ID:NXWHsMRB0
175. 過去の日本史に於いて「革命」が無いのはむしろ誇るべきかもしれないけど、
戦後に欧米型民主主義を国家として導入した以上、庶民が「運動権」を行使しないと片手落ちだけどね
そうじゃないと官僚が支配して国家が衰退する
官僚は帰属する組織維持拡大が最大目的化するのは自然の摂理だから
176.
177. 36.名も無き哲学者
178. 2017年04月06日 09:26
179. ID:x789iphE0
180. まじめに働けばある程度の衣食住+文化的な生活が保障されてしかも低税率。
支配階級が贅沢三昧どころかむしろ自腹きって必死で働いている、たまにでる悪代官は訴えれば割と簡単に処罰してもらえる(お上の方でも幕府や同僚ににらまれるのがいやだから)世界で誰が革命とか起こすんですかね?と言うお話。
181.
182. 37.名無し@MLB NEWS
183. 2017年04月06日 09:26
184. ID:If..Uk7G0
185. スレ中に成長がなかったとかマヌケなレスがあるけど
江戸期ほど文化が華開いた時期はなかったし
江戸は当時世界最大の人口、農村にも教育が行き届いて現代先進国なみの識字率
そうした様々な事象が開国と融合した結果が海外からはチートとも目される明治維新という社会改革だよ
186.
187. 38.あきらめたらそこで完成だよ名無しさん
188. 2017年04月06日 09:28
189. ID:f6U.pvxV0
190. 江戸時代だってんのに一向一揆言ってるのはなんだろね
一揆はあったけども江戸期入って本願寺主導や後援のは無いだろ
一向一揆vs信長で言われる悲惨さや容赦なさは、江戸時代になってから西と東が降伏妥当アピールや逆にきつい中頑張ったアピールしての正統派争いで互いに話盛りあった部分がかなりあるってのはどこまで本当なんかね
191.
192. 39.名も無き哲学者
193. 2017年04月06日 09:32
194. ID:Y.2UxCrM0
195. 基本が保守的だからじゃないかなあ。大胆な「革命」「革新」よりも
トヨタじゃないが「カイゼン」が好きなんじゃないかと。
196.
197. 40.名も無き哲学者
198. 2017年04月06日 09:34
199. ID:UnUM91Yo0
200. 未だに慶喜を評価する意見があるとはね。
「賢明」な判断ができる「英明」な者は
朝令暮改も敵前逃亡も無責任にも無縁だよ。
欧米の介入を恐れて戦を避けたから偉いって、
薩長ゴリ押しの戊辰戦争知らんのかね。
史実知って認識改めろよ。
201.
202. 41.名無しさん
203. 2017年04月06日 09:36
204. ID:JK1TFQcu0
205. ※24
自由や平等といった概念はフランス革命で生まれ、ナポレオン戦争で輸出されたんだぜ
君がこうやって自由にネットで発言できるのも革命による啓蒙思想の成果だ
206.
207. 42.Nanashi has No Name
208. 2017年04月06日 09:37
209. ID:0e7u5k1B0
210. >年貢負担に飢饉
>夜逃げする人も多かったいうが
先ずは、平凡な日常が後世に伝わる事は極めて稀だという認識を持つべきなのさ。
後世に残る記録は圧倒的に「例外的な事件」とか「珍しい事故」とか「普段お目に掛かれない様な珍しい事件や事故が記録に残り後世に伝わっている」訳だよ。
つまり、充分に飯が喰えて、恙なく生活出来た日々の事などは、余程奇特な人や好事家の権力者が「どんな些細な事でも書き漏らすな!」と命じて特別な配慮でもない限り記録は残らないという事。
重い年貢負担が恒常的普遍的に継続してい訳じゃないよ。作況に合わせてやり繰りはしていたけど、不作で苦しい時に不手際のあった話は記録に残り易いだけ。それと、江戸時代は小氷河期と呼べるくらいに地球規模で寒冷化して食糧危機の時代でもあったから、定期的に飢饉に見舞われて悲惨な事にはなってるけど、それが長期化して集団で土地を棄てる程まで深刻ではなかった。要は、局所的に統治が破綻して一揆が起きては居たけど、広範囲に拡がる事は無かったという事だよ。
何だかんだ有り乍らも、内政的にはそこそこ上手くやっていたから、外圧でヤバくなるまで大きな政変が無かったのさ。
211.
212. 43.   
213. 2017年04月06日 09:40
214. ID:3ZIPoR9X0
215. >小林よしのりの戦争論3を読め
あんな妄想と現実の区別のつかん奴の書いたものに何の信憑性があるんだよw
216.
217. 44.名も無き哲学者
218. 2017年04月06日 09:40
219. ID:g2W0l9Zj0
220. うちの地元にも幕府に陳情して、処刑された人達の塚がある
処刑されたけど陳情は受理されて、問題は改善された
処刑された人達は悲しいけど地元の英雄になった
日本にはこういう話か結構ある
221.
222. 45.名無しのプログラマー
223. 2017年04月06日 09:43
224. ID:lLBYi66k0
225. 同時代の他の国と比較するならともかく
寿命とか現代と比べてあーだこーだ言う奴はアホとしか思えんわ
んでそういう奴は同時代で比較しても
何故か日本の農民とヨーロッパの貴族階級と比較し出すしな
あと日本式農法の米は収穫効率がヨーロッパの麦なんかと比較してアホほど高い
飢饉でもなけりゃ問題無いのよ
226.
227. 46.名無しさん
228. 2017年04月06日 09:44
229. ID:YWPQAMgV0
230. 稲川淳二「いくつもそういった話があるっていうんですよねぇ?」
231.
232. 47.名も無き哲学者
233. 2017年04月06日 09:50
234. ID:NHrEyt5C0
235. ああ、一揆=革命ってイメージなのね
足軽出現からの秀吉台頭が革命相当ってイメージだったわ
236.
237. 48.名無し
238. 2017年04月06日 09:51
239. ID:ytbMQMNl0
240. そもそも武士政権をヒックリ返したところで農民側に何も得るものがないからな
大体侍なんて今の公務員と大して違わない存在だし
武家が支配層で農民が被支配層だっていう認識自体が正確ではなくてもっとアヤフヤな関係性だった
現代人が日々の生活が厳しいからって市役所や県庁を襲って占拠しないのと感覚的には似たようなもの(集団で陳情に訪れたりはあるだろうけど
幕末の徳川対薩長も、階級間の権力闘争ではなくて有力武家同士の対外政策に関する政争だわ
大久保がいつの間にか魔法のような手際で武家政権を解体してしまったので結果的に革命っぽく見えてしまってるけど
あくまで結果的にそうなっただけで最初っから階級間闘争なんかではなかった
241.
242. 49.名無しのサッカーマニア
243. 2017年04月06日 09:58
244. ID:sVfIOoka0
245.
 じゃあなんで非正規ブラック社員は革命起こさないんですかかね??
 
246.
247. 50.名も無き哲学者
248. 2017年04月06日 10:02
249. ID:WwG8KwT40
250. 松倉勝家という切腹すら許されなかった鬼畜
251.
252. 51.名も無き哲学者
253. 2017年04月06日 10:05
254. ID:Zgw7.GmA0
255. 西欧の領主の中には結婚する領民に対し初夜権という馬鹿げた法律で新妻を差し出させたって軽い話から横暴極まりない話まである
彼方はちょっと焚き付ければ暴発する可能性は常にあったと言える
日本の領主で民衆に気を使った話はあっても横暴な話は江戸初期ぐらいにしか聞かない
明治維新後は農村も生活が苦しく子供売って土地売って小作農に落ちる人も多数存在したことを考えると日本の領主は横暴では無かったと考えることも出来ますわな
一律に農民と云えど同列には出来ませんね
256.
257. 52.けざわあずま
258. 2017年04月06日 10:06
259. ID:aXUUDqhT0
260. マルクス史観だなぁ
支那朝鮮と違って、過酷な課税で直訴、農民離散やられると
「政不行き届き」で、下手すりゃ切腹御家取り潰しだ
そして武士階級は、地主でもない
課税による不満爆発は、明治以降の方が酷いw
261.
262. 53.名も無き哲学者
263. 2017年04月06日 10:07
264. ID:pH4t7.sV0
265. そこそこの教育受けてれば
暴力革命は意識高い系トリガーハッピー左翼の暴発だと気がつくし
せいぜい暴動に便乗する位が都合いいとわかる
266.
267. 54.名無しさん@ダイエット中
268. 2017年04月06日 10:07
269. ID:K10CD1010
270. 米23
武蔵国とかは秀吉の時代にもとても反抗的で言う事聞かず刀狩りが上手く行かなかったって言われてるな
その後、多摩地域なんかの天領では統治形態は比較的緩やかで、武士がその地位のまま農民やったりその逆が有ったりしたため刀なんかはある程度裕福な農民は持ってたりした
八王子の千人同心なんかも旗本格なのに普段は農耕作業に従事してるなんて状態だし
そんなのが幕末まで続いたので新撰組みたいな農民なのか武士なのかわからない集団の下地にもなった
そうでなくても、実は旅の際には武士以外も帯刀は許されてたりしたしな
二本差しじゃなかっただけで
271.
272. 55.名無しのはーとさん
273. 2017年04月06日 10:08
274. ID:00jJ7eo00
275. ※36
しかも新しい商売を起こしたり売ったりが容易だからな
街道に店を建てて軌道に乗ったら売りながら全国をプラプラしてる奴とか大勢いたし
276.
277. 56.名も無き哲学者
278. 2017年04月06日 10:08
279. ID:XSphNjKD0
280. 日本人は超攻撃的だからね
悲惨よね
281.
282. 57.名無しの偉人さん
283. 2017年04月06日 10:09
284. ID:nwvVOB8f0
285. 革命を主導するレベルの中産階級が育たなかったというのが大きいだろ
フランス革命にしても力つけた中産階級がより上を目指して上流階級を引きずり降ろそうとした結果だし
286.
287. 58.名無し
288. 2017年04月06日 10:10
289. ID:2KkdnoT60
290. 戦闘力は知らんけど確実に武士よりはおばさんパワーありそう
291.
292. 59.名も無き哲学者
293. 2017年04月06日 10:10
294. ID:XSphNjKD0
295. つかフランス革命が特殊すぎた
明治維新並に色々な条件が整いすぎている
296.
297. 60.名も無き哲学者
298. 2017年04月06日 10:11
299. ID:HIRbSXZ80
300. 大塩平八郎さんは?
301.
302. 61.名も無き哲学者
303. 2017年04月06日 10:11
304. ID:XSphNjKD0
305. フランス革命はまさかの貧乏人と金持ちが仲良くなったことだな
306.
307. 62.名も無き哲学者
308. 2017年04月06日 10:11
309. ID:jSq95Niv0
310. 百姓だって村の運営は合議制の話し合いによって決めていたし、藩に陳情だって出来たからな
江戸近郊の農民は農閑期になると江戸に出て大工や人足で金稼いでいたし、そんなに不自由だったわけでもない
旅行行けるのはお伊勢参りくらいだけどさ
311.
312. 63.名も無き哲学者
313. 2017年04月06日 10:13
314. ID:HIRbSXZ80
315. 天草四郎君は?
316.
317. 64.名無しの偉人さん
318. 2017年04月06日 10:14
319. ID:nwvVOB8f0
320. ある意味、日本は戦国時代の時点で革命を終えていたと考えるべきだな。
国一揆やら一向一揆やらたくさん経験した上で家康が出した結論が十分食べていけるだけのモノを与えて飼い殺すことでその方針で上手くいったと。
321.
322. 65.軍事報の中将
323. 2017年04月06日 10:18
324. ID:OBrxBUDu0
325. 一揆ってのはデモ行進だった。
農民側の自主的なルールで武器(刃物・竹やり)等は持ち出さない。
所持する武器?は農機具(クワ・鋤)だけ。暴力行為は行わない。
打ち壊しにもルールがあった。
標的になったのは悪徳商人だけ。
農民たちは白昼堂々と商人の店を包囲する。代表者が打ち壊しを宣言。
商人側を店から怪我をさせない様に退去させる。
盗みが無いように相互監視しながら、家財道具や商品を破壊。
建物に放火したりすることは絶対禁止。
証文の類を取り上げて、全員の目の前で焼却処分ののち解散。
よく教科書に載っている『打ち壊し』の絵は都市住民の食料暴動で農民の実力行使とは別のもの。
326.
327. 66.名も無き哲学者
328. 2017年04月06日 10:19
329. ID:XSphNjKD0
330. 江戸時代長いから一概にいえんだろ
331.
332. 67.名も無き哲学者
333. 2017年04月06日 10:19
334. ID:pv0I33Qp0
335. 農奴と農民の違いだろ
ある程度の自由を認めときゃ破裂もしないってことなのでは?
336.
337. 68.名無しの偉人さん
338. 2017年04月06日 10:20
339. ID:nwvVOB8f0
340. >>40
慶喜はマイナスの英雄だからね
こいつがむしろダメダメだったおかげで江戸幕府が跡形もなく崩れ、新政府が大胆な政策を実行することができた
もっと有能な将軍だったらかえって政治闘争長引いて泥沼だった
341.
342. 69.名無し
343. 2017年04月06日 10:20
344. ID:881nF0X.0
345. 良く勘違いしている人多いんだけど
昔は、反対に税金が少なかったんだぞ
その代わりの財前が金山等の収入で、その労働が犯罪者の使用だから
346.
347. 70.名も無き哲学者
348. 2017年04月06日 10:31
349. ID:LDOHIe4b0
350. 400年も戦争がなかったんだから
内政が多少でも良くなきゃおかしいだろ。
351.
352. 71.名も無き哲学者
353. 2017年04月06日 10:33
354. ID:A.k.pVWV0
355. 江戸って武士も大概副業でもしないとやってけないくらい困窮してるから、
武器持ってない農民より武士のがクーデター起こす確率は高かったんだよ。
でも日本自体が幕府と一部の商人くらいしか贅沢せずほとんどの民が同じようなもんだったからそれほど反感買わなかったんだろうね
356.
357. 72.名も無き哲学者
358. 2017年04月06日 10:33
359. ID:xM.1T71K0
360. 島原の乱で思いっきりやらかしてるんだよなあ
圧制し過ぎるとやばいってのが日本中に伝わるし、歴史上最大規模の内乱だぞあれ
361.
362. 73.名も無き哲学者
363. 2017年04月06日 10:39
364. ID:G3cZ5Yel0
365. 俺達もそう言われるんだろうな
366.
367. 74.名も無き哲学者
368. 2017年04月06日 10:43
369. ID:S.lCNIsA0
370. 一揆はけっこう起こってたんじゃない?
371.
372. 75.名も無き哲学者
373. 2017年04月06日 10:45
374. ID:RbR.36Ps0
375. 江戸まで聞こえるような一揆があると、藩の為政能力が問われて、幕府から懲罰対象(改易、国替え、藩主の隠居など)になる。
だからどこの藩でも出来るだけ農民を手厚く保護し、飢饉があっても無理な年貢の取り立てをしなかった。
しかし、武士の役職への任用は能力主義ではないため、運悪く飢饉のときなどに無能な家老が藩の実権を握ってしまうと大規模一揆が起こってしまう。
とは言っても家康が大名の所領を藩として細かく分けたため、一揆が全国的に波及する事はなかった。
376.
377. 76.名無し
378. 2017年04月06日 10:48
379. ID:zr3Mrz1S0
380. 何故か水戸藩をやたら神格化している奴らがおるが徳川斉昭の息子である慶喜が
『親父の尊皇攘夷なんて藩内の反対勢力を押さえ込むための方便だった』
って馬鹿にして言っているぐらいのもんだぞ
大体、幕府が倒れて一番困るのが水戸藩。毎年幕府から25万両ものお金を無期限返済予定で借りていた。それでも足りずに10万石の加増まで強請っている。斉昭も殖産興業に挑戦するも尽く失敗、更に借金を重ね藩内の反発を押さえ込むために更なる強権政治に
で、その結果幕末の水戸藩は
戊午の密勅で藩内の対立鮮明化→天狗党の乱で斉昭派の突出と殲滅→守旧派の書生派と天狗党の残党が対立し弘道館戦争という数千人規模の内乱へ
全くと言って良いほど政局には影響力が無く、内乱が終結したのが上野戦争が終結した後。互いに首謀者をリンチ・テロルしまくったおかげで人材が払底してしまい、明治政府が水戸家を最終的に公爵にするほど気を使っているのに政府要職に送った人材がまともに居ない
何がしたかったんだこの藩は
381.
382. 77.名も無き哲学者
383. 2017年04月06日 10:49
384. ID:AOfSUK.60
385. >>30
江戸時代は被差別階層は存在したが、奴隷身分は明確に廃止されて存在しなかった。
386.
387. 78.名無しさん
388. 2017年04月06日 10:55
389. ID:ecLdbuZz0
390. 革命や政治活動なんてある程度暇で金がある奴しかできないよ。「市民革命」なんてのは妄想。
391.
392. 79.ななしさん@スタジアム
393. 2017年04月06日 10:56
394. ID:b28fBCQC0
395. 名字帯刀の禁止で、刀を腰に帯びることが禁止されたんであって、
刀の所持は禁止されてなかったんやで。
そして一揆の時に刀を持ち出すと単純所持も禁止させられることが解りきっていたから使わなかった。
396.
397. 80.名も無き哲学者
398. 2017年04月06日 10:58
399. ID:yzel.zSo0
400. 町民文化が花開き、お伊勢参りするくらい庶民に活気があった時代ですからねー、なんでわざわざ平和な時にごたごた起こす奴がおるのや。
401.
402. 81.名も無き哲学者
403. 2017年04月06日 11:00
404. ID:uErHFc1.0
405. 農民にフランス革命を期待するのが間違い
フランス革命時だって農民は保守派で反革命のヴァンデの乱起こしてるだろ
406.
407. 82. 下の名無し
408. 2017年04月06日 11:05
409. ID:1IM9Vjb40
410.
江戸時代の日本人は、西洋近代主義というものを知らない。
全員が読み書き算数を習っているわけでない。
人権とか、自由、平等という概念のために
人生を生きるということ知らない。
西洋における革命の、自由や平等の精神も、
キリスト教が下地づくりをしていたので、一般庶民が
上の階級に要求するようになった。
411.
412. 83.名も無き哲学者
413. 2017年04月06日 11:06
414. ID:l4bDKX.B0
415. 革命は起きないけど歴史の要所で平氏や豊臣氏、明治政府、旧日本軍といった民衆の後押しと朝廷の後ろ楯を得た似非武家が台頭してくるよね?
あれは何でなんだろう?
416.
417. 84.名も無き哲学者
418. 2017年04月06日 11:09
419. ID:EypAJkn90
420. ある程度生きるに困らなくてある程度の娯楽があれば人間に限らず生物は満足するものよ。
あと外国の干渉が少なかったのも大きいだろうね。四方が海というのは戦略的にデカいわ。
421.
422. 85.名も無き哲学者
423. 2017年04月06日 11:09
424. ID:SlRr6TPj0
425. 一揆は、結構頻繁に発生してたが鎮圧されてる
しかも一揆を抑えられないとお家お取り潰しの可能性もあったから表には中々出てこなかった
426.
427. 86.ななしさん@スタジアム
428. 2017年04月06日 11:11
429. ID:YkPqo.Fo0
430. 逆に聞くけど現代日本人て所得1000万の人税金で半分獲られてるけどなんで一揆とか革命起こさないのか
派遣ブラック社員はなんで社長ぶっ頃さないのか
同じ民族なんだから江戸時代も同じ行動原理だったんだろう
つまり良い方に乗り換えるのが当たり前
積極性は全然違うだろうけど
431.
432. 87.名無しのはーとさん
433. 2017年04月06日 11:15
434. ID:beKisU0n0
435. 革命じゃないけど暴動はあったぞ
打ちこわしとか大塩平八郎の乱とか知らんのか
江戸の人口が増加したってのも、地方の農民が食えなくなって
江戸に流入してきたっていう側面もあるし、老中水野が「人払い令」も出したほどだ
436.
437. 88.名も無き哲学者
438. 2017年04月06日 11:17
439. ID:XSphNjKD0
440. ※85
そうとうエグいことしてるパターンだよなそれ
441.
442. 89.名も無き哲学者
443. 2017年04月06日 11:24
444. ID:SlRr6TPj0
445. ※88
封建社会だからな
ヨーロッパは、もっときついことしてるぞ
446.
447. 90.名も無き哲学者
448. 2017年04月06日 11:24
449. ID:8DQkdJsT0
450. 良い為政者が現れれば済む話を「だから世界を変えよう」って焚きつけるのが革命だもの。ひっくり返った後の世の中が良くなるかどうかなんてやっぱ為政者次第d
451.
452. 91.名も無き哲学者
453. 2017年04月06日 11:26
454. ID:SlRr6TPj0
455. 江戸時代の識字率90%越えてたからな
読めない方が少ない
456.
457. 92.名無し
458. 2017年04月06日 11:28
459. ID:881nF0X.0
460. ドラマや映画の見すぎじゃないか?w
昔の税率が低いのは、出生率と生涯年齢が40歳も無い時代だから
金を貯めると言う習慣が無いんだよ
それに対して今は、生涯年齢が2倍以上で福祉に金が掛かるから
今のが遥かに金取っているんだよ
461.
462. 93.名も無き哲学者
463. 2017年04月06日 11:28
464. ID:lSY6D.ZO0
465.  江戸時代の初め一反で一俵の米が取れた、これが1石
吉宗の時代に農業機具の改良や品種改良が進み1反で2表取れる様に成った。
また人口は3倍に成り3000万を超えたが、江戸末期も3300万で横ばい
米の収穫量は昭和19年に農林1号の作付けを軍が命令する迄横ばい
此の状態で本土には8800万人の人口
何が言いたいかと言えば、江戸時代よりも明治大正昭和(戦前)のほうが
農民の暮らしは酷かったのに、陛下に配慮してか此れを国民に伝えないのは
歴史の改竄で非常に問題だわ
466.
467. 94.名も無き哲学者
468. 2017年04月06日 11:33
469. ID:M.PBRVfW0
470. 天草、由井正雪、大塩平八郎、明治維新
成功したのは最後だけで四回もやってるじゃないか
471.
472. 95.名も無き哲学者
473. 2017年04月06日 11:35
474. ID:pv0I33Qp0
475. >江戸時代の識字率90%越えてた
わけ無いだろ…
江戸という都市に限った識字率が80%に達していたと言われてるだけだよ
地方でも江戸並の庶民教育が行われたって? ないないw
そもそも本格的な統計データなんて採ってないんだから「通説」の域は出ないよ
476.
477. 96.名も無き哲学者
478. 2017年04月06日 11:35
479. ID:Ss2U.PpL0
480. そもそも当時の日本全土の米収穫量は、同時期の中国と朝鮮を足した量と
ほぼ同等というぐらい多かったので、不作であっても前提となる基準量が
多いから、実際には他の地域の普通だったりしたからなんだけどね。
まあ、それでも日本海側や東北は貧しかった訳だけど、戦国時代が終わって
出稼ぎ労働が可能になってたから、苦しくも生き延びる方法もあったしね。
あと、特産品制度で米が収穫し難い地域に行政側がケアを施していたのも
大きかったよ。
481.
482. 97.名も無き哲学者
483. 2017年04月06日 11:37
484. ID:Eb.72UjZ0
485. 貧乏だったんだろうが、飢饉でもない限りは普通に生活できたんじゃない?
革命を起こすほど追いつめられてなかったんだろう
486.
487. 98.名も無き哲学者
488. 2017年04月06日 11:38
489. ID:oGasqdHw0
490. 天草は革命じゃなくて
反乱や内戦の類いじゃないのか?
491.
492. 99.名も無き哲学者
493. 2017年04月06日 11:42
494. ID:oGasqdHw0
495. 日本の植民地政策と海外のそれを比較すると
日本のは江戸時代の藩の行政を
領地がえされた大名のそれを
彷彿とさせるのは俺だけだろうか?
なんとなくだけど……
496.
497. 100.名無しさん@ダイエット中
498. 2017年04月06日 11:45
499. ID:K10CD1010
500. 江戸時代が巷で言われているほど厳しくない時代とはいっても
藩や地域による差ってものすごいでかい時代で
例えば薩摩や大隅あたりと関東辺りを比べりゃ全然違うし
まして奄美辺りなんかの酷い地域なんかもあるわけで
それに期間も長いから安易に「江戸時代」でくくるのは齟齬が生じるよね
501.
502. 101.名も無き哲学者
503. 2017年04月06日 11:46
504. ID:KyZ8.zh.0
505. 煽り屋がいなかったんだろう。
506.
507. 102.名も無き哲学者
508. 2017年04月06日 11:46
509. ID:AEc5fzr40
510. >まあ、それでも日本海側や東北は貧しかった訳だけど、戦国時代が終わって
>出稼ぎ労働が可能になってたから、苦しくも生き延びる方法もあったしね。
東北の貧しさも南部藩がかなり足引っ張ってるよね
隣の仙台藩は飢饉でも人的被害は抑えて乗り切ってる
511.
512. 103.名も無き哲学者
513. 2017年04月06日 11:48
514. ID:UZ9nm.r70
515. 隣の藩なんて今だと外国みたいなもんだったんだろ
一部の大大名をのぞけば数万石の小藩が乱立してたし
藩によって農民の扱いに格差がある
幕末みたいに藩同士で連携がとれなきゃ革命なんて無理
516.
517. 104.名も無き哲学者
518. 2017年04月06日 11:49
519. ID:tsn1bbiQ0
520. 戦国時代に逆戻りするよりいいだろwww
521.
522. 105.名も無き哲学者
523. 2017年04月06日 11:51
524. ID:iTIAZYhv0
525. 肉が禁止されていたのもあるんじゃない?
やっぱ肉食は凶暴になると思うんだわ
526.
527. 106.名無し
528. 2017年04月06日 11:51
529. ID:881nF0X.0
530. ※100
だからね
ここでも勘違いしている人沢山いるけど
それは農民の話なんだよ
日本中の人が農民だったら、そりゃ酷いになるけどね
実際は、働いていない納めていない人のが多いんだよ
今の感覚で子供に教師が教えるから、こんなアホな事になる
531.
532. 107.名も無き哲学者
533. 2017年04月06日 11:52
534. ID:WrS.eMZz0
535. ※92
江戸時代は貨幣の信用度が低いから
貯めても意味なかっただけや。
金持ちは絹にかえて溜め込んでた。
なので明治後期まで貨幣より絹のほうが
価値があったので絹銭と呼んで貨幣扱いだった。
536.
537. 108.名も無き哲学者
538. 2017年04月06日 11:55
539. ID:WrS.eMZz0
540. 米93
まあ、だから明治以降は
政府が明治天皇の名前騙って教育勅語発布して
「考えるな、自分で判断するな」っていう
儒教的教育を徹底した。
士農工商捏造して江戸時代は辛い!と教えてたし。
541.
542. 109.名も無き哲学者
543. 2017年04月06日 11:56
544. ID:mwheSkYz0
545. 革命には飢饉やら重税のほかに立派なイデオロギーが必要なわけで
江戸時代の農民にはそんな頼るべきイデオロギーがなかったから精々打ちこわし程度で済んだんでしょ
546.
547. 110.名も無き哲学者
548. 2017年04月06日 11:56
549. ID:6PemUnb20
550. >革命を主導するレベルの中産階級が育たなかったというのが大きいだろ
まったく逆で、江戸中期以降育ち過ぎてて、武士が頭を下げて町人から金借りて生活してた
自分から頭を下げる側になりたがるバカもいないだろ
551.
552. 111.名も無き哲学者
553. 2017年04月06日 11:58
554. ID:mek4..NC0
555. ※24
そういう意味では先の民主党政権は革命だったよな
いろいろ破壊しまくって日本を滅ぼしかけたっていうw
すぐ終わってくれて本ッ当に良かったwwww
556.
557. 112.名無しさん@ライフ
558. 2017年04月06日 12:07
559. ID:3AbQxh8J0
560. 当時来日した外人が
農業地帯のその辺にいるおばちゃん。うちらの貴族婦人みたいに貫録あり過ぎワラ
って書き残してる。
561.
562. 113.名も無き哲学者
563. 2017年04月06日 12:08
564. ID:4dob5CUt0
565. 平和だったのは事実だなぁ
566.
567. 114.名無しパン
568. 2017年04月06日 12:08
569. ID:6iNju5gG0
570. >当時の農民にマルクス主義なんて理解できないし
キリスト教と同じように
論破されるか、日本風の異質な形になるだけだと思うぞ
571.
572. 115.名無し
573. 2017年04月06日 12:10
574. ID:J.4GUE.W0
575. 結局、何だかんだで平和だったからだろうな
フランスなんて戦争しまくってたし
ソ連に至っては戦争中に革命起きた
576.
577. 116.名無し
578. 2017年04月06日 12:15
579. ID:kZ8bnGnA0
580. 欧米レベルの圧政だと思ってる人多すぎるやろ
自然災害には勝てないけどもそんなに滅茶苦茶な政治はされてないぞ
581.
582. 117.名も無き哲学者
583. 2017年04月06日 12:17
584. ID:v.e5HN300
585. >>57
食べきれない米は酒屋に売って酒に変えてたんじゃないか?
それと農民は米以外にも野菜とか食べるもの色々あっただろうけど
都市部の人は野菜とかあんまり手に入らなかっただろうから
農民よりもいっぱい米を食べてたと思う
日本全体で取れた米の5割が農民の口に入り
3割が農民以外の口に入り
2割は酒屋に売られて酒に変えられたとか
586.
587. 118.名無しのはーとさん
588. 2017年04月06日 12:19
589. ID:beKisU0n0
590. 平和だなんだというけど、大飢饉が何度もあったんですがそれは
591.
592. 119.名無しのプログラマー
593. 2017年04月06日 12:19
594. ID:9aFUKqER0
595. 搾取しまくりの薩長(の搾取する側)が実際革命起こしてんのに何言ってんだ
596.
597. 120.名無し
598. 2017年04月06日 12:20
599. ID:4Q9ZT5OV0
600. 日本人って根は不真面目なんで
世直ししようというところまでは行かない気がする
一揆で終わっちゃう
601.
602. 121.名も無き哲学者
603. 2017年04月06日 12:21
604. ID:Eo1JT9430
605. そもそもフランス革命を市民主導の革命だと勘違いしてる奴は、この話題でまともな議論はできないです
606.
607. 122.名も無き哲学者
608. 2017年04月06日 12:26
609. ID:ljEFXIN10
610. 5公5民、生産物の5割は徴収される
なら現代日本で労働者の成果物はどれだけ徴収されてるかって話だよ
611.
612. 123.名も無き哲学者
613. 2017年04月06日 12:30
614. ID:.A6xAPen0
615. 普通に何度もおきてるじゃん?
幕府に叩き潰されてるだけで。
市民革命が成功しなかった理由、であれば
西洋と違って、市民革命の理論的な支柱が無いから。
結局、天皇を持ち出しての革命である
明治維新を待つ必要があった。
616.
617. 124.名無し
618. 2017年04月06日 12:31
619. ID:J.4GUE.W0
620. >>118
大飢饉と言っても、実はそんなに人口減ってなかったりする
もちろん地域差はあって、東北地方は甚大な被害あるけど、全体で見るとそうでもない
大陸のほうだと飢饉一発で人口2割減とかあるけど
日本の場合そういうのは無いんだ
621.
622. 125.名も無き哲学者
623. 2017年04月06日 12:33
624. ID:pUTHMTwE0
625. コッホン。。。革命など起こさないのが 武士の魂じゃ!
626.
627. 126.名も無き哲学者か
628. 2017年04月06日 12:38
629. ID:r1Lb2WCa0
630. フランス革命の意味もわからんで議論してるのか。
王権神授といって、王公貴族の権利は神が保証してたが、キリスト神が衰退して支えられなくなったため、新しい支配体制が必要となり、革命によって支配を争ったわけだ。
日本の場合、徳川幕府は闘争を勝ち抜き、武士は力と能力で支配してたから、パリで遊んで地元ほったらかしの領主とは根本的に違うんや。
631.
632. 127.名無し
633. 2017年04月06日 12:38
634. ID:ytbMQMNl0
635. 明治維新も外圧がなかったらおこらなかったけどな
内政的には西欧とくらべて遥かに安定していた
636.
637. 128.名も無き哲学者
638. 2017年04月06日 12:39
639. ID:lSY6D.ZO0
640. ※108 左が釣れた
 明治新政府に商人から徴税する事を考えた人が居て
皆、大賛成さ、其れでやろうと思ってまじめに考えると
アレも無理、此れも無理、良い考えなんだけどな、実現でき無いわと成る。
 それが、出来る様に成ったのは、戦後昭和35年頃複写領収書 レジスター、ボールペン
が国産できる様に成ってから
 政治で良い世の中が出来るなんて、幻想さ出来るとすれば、現在のテクノロジーを
無駄使いしてないか、敵正に活用してるかどうか位だろ
641.
642. 129.味噌
643. 2017年04月06日 12:40
644. ID:4v6bAcsu0
645. フランス革命は財政破綻したのに貴族に課税できんから資本家に課税したろといって資本家がぶちきれて、そういう金持ちの平民こと市民が中間層である都市市民を扇動したのであって、所謂農民とか下層階級は全く無関係だぞ。
左翼の階級史観が本当に歴史観をゆがめてる。
646.
647. 130.名無しのはーとさん
648. 2017年04月06日 12:43
649. ID:9N.prmIv0
650. どんな武家よりも最終的には食い物持ってる農民のほうが強かった。
年貢払ってれば太平なら革命なんか起こさない。
651.
652. 131.絶望的名無しさん
653. 2017年04月06日 12:53
654. ID:lDAxz4ET0
655. ※1に付け加えると、
剣術、槍術、馬術といった武術の習得には長い時間がかかり労働から解放された階層しか習得できない、馬の飼育・甲冑は膨大なコストがかかり相応の資産がある階級しか用意できない。
つまり(短期間で使用法を習得できる)銃・大砲がない時代は、労働から解放され資産のある貴族(武士)階級と農民階層の軍事力の差は圧倒的で革命が困難だった。
656.
657. 132.名も無き哲学者
658. 2017年04月06日 12:57
659. ID:RUiC3K0F0
660. また>1のさりげない日本ディススレかよ
>年貢負担に飢饉
>夜逃げする人も多かったいうが
あっただろうがずっとあったわけでもない
典型的詭弁
※120
>日本人って根は不真面目なんで
>根は不真面目
自己紹介は余所でやれ
661.
662. 133.名も無き哲学者
663. 2017年04月06日 12:59
664. ID:TB9Uthv80
665. 江戸時代の一揆は大規模暴動に発展する事もあったけど、たいてい不満分子が打ちこわしやら、民家から炊き出し徴収等をして騒いで、数日から1週間後に武家が鎮圧部隊出して平定。幕府に対する不満はあっても、幕府を倒した後で何をするかという、思想的な事も将来計画的な事も何も無いのが一般大衆のほとんどだったんじゃまいか? 
666.
667. 134.名も無き哲学者
668. 2017年04月06日 12:59
669. ID:CSAHB0Vq0
67

続き・詳細・画像をみる


MITの学生たちが新たな「アイアンマン」となった少女の短編を制作

【悲報】浜崎あゆみさん、セクシー画像をインスタ投稿するも足元の温風機まで縦に伸びてしまって画像修正がバレてしまうwwwwwwww

鳥山明が原作者権限で決めたドラゴンボールの設定一覧wwwwwwwww

空中に浮かぶビル、米で構想 地震や津波からも解放(画像あり)

ムロツヨシは幼少期が悲惨だったらしいな

【日本もやろうず】ドイツ うそのニュースに最大約60億円罰金の法案【遡及でも可】

back 削除依頼&連絡先