加山雄三が語る“若大将”秘話…「お祖母ちゃんに叱られてビートルズに会いに行った」 「黒澤さんには怒られたことがない」back

加山雄三が語る“若大将”秘話…「お祖母ちゃんに叱られてビートルズに会いに行った」 「黒澤さんには怒られたことがない」


続き・詳細・画像をみる

1:
加山雄三80歳! ビートルズ、黒澤明、趣味……自身が語った「若大将」秘話
TOKYO FM+ 4/1(土) 11:30
4月11日は “若大将”こと、加山雄三さんの誕生日。今年で80歳を迎える加山さんは、一世を風靡した人気俳優であり、数々のヒット曲を生みだしたシンガーソングライターであり、サーフィンやスキーといった日本のアウトドアシーンのパイオニアでもあります。
近年もテレビやCMでもご活躍の加山さん。80歳という節目に、加山雄三さんがこれまでの数々のエピソードをTOKYO FMの番組で語ってくれました。
◆「エレキと多重録音とビートルズ」
僕が最初に作った曲は「夜空の星」でした。実はあの曲、もともとはピアノの練習曲として作ったので、サビも全然違ったんです。
でも「君といつまでも」のB面がないと言われて持っていったら、渡辺晋さんに「サビがつまらないからちょっと変えてよ」「サビって何ですか?」ってところから教わりつつ、一晩でラテンのコード進行に直して採用されました。
レコーディングしたのは加瀬邦彦がいた頃のブルージーンズ。あまりに最初と違う曲になっていたのに「アレンジの力ってすごいんだなぁ」と驚かされたものです。そこに岩谷時子さんがすごく良い歌詞を付けてくれて大ヒットしました。
映画「エレキの若大将」ではパーティーで歌う曲として使ってもらったんですが、今にして思えばあの映画は完全に僕のPVで、本当にありがたいお話でした。
映画「海の若大将」で多重録音をするエピソードがありますが、あれは僕の実体験。高校時代に親父が買ってきた大きなワイヤーレコーダーやテープレコーダーで録音と再生を繰り返して多重録音をして遊んでいたんです。
大学に入ってからブラザース・フォアのベース、ギター、コーラスをひとりでやって多重録音したこともあります。録音を重ねていくとだんだん音がザーザーしていくんですが、それでも最後にはちゃんとブラザース・フォアになったのが嬉しくてたまらなかったのをよく覚えています。
ビートルズが来日したときに「お会いになりますか?」と言われ、最初は「いや別に」と答えました。僕はエルヴィス・プレスリー派だったので、ビートルズにはどうにもなじめなくて。でも家に帰ってお祖母ちゃんに「馬鹿じゃないの!? 会いなよ!」と叱られて「やっぱり会いに行くわ」と。
厳戒態勢のキャピトル東急ホテルでは思いきって警備の人に「どうもご苦労さん」と敬礼したら「ご苦労様です!」と通してくれました。顔が知れていると良いこともあるものですね。
最初に握手したのはリンゴ・スター。部屋に入ると彼らの内輪ネタで大盛り上がりしていたので「すまないね」と気を遣ってくれたのがポール・マッカートニー。そして「これからスキヤーキを食べる」と言うのですが、彼らは「自分たちでやる」と言ってボーイさんたちを帰してしまいます。
ボーイさんが去り際に「加山さんなら、すき焼き屋の息子さんだからお願いしても大丈夫ですよね」と耳打ちするんですが、それは映画の設定だぞと(笑)。でも本物のすき焼き屋でロケをしたおかげで彼らにちゃんとしたすき焼きを作ることができたのは幸いでした。
◆「黒澤さんとの出会いが僕を変えました」
僕が始めて出演した映画「男対男」は三船敏郎さんや池部良さんがいて、別世界の人にしか思えませんでした。「こんな偉い人たちがエライことやってるのに俺なんかが入っていいのかな」と心許なさばかりが先に立っていましたね。
でも東宝さんがたくさんお金を積んで宣伝をしてくれたおかげで僕はすごい勢いで売れてしまい、正直「竹竿の上に乗せられて、いつぶっ倒れるかわからない」という不安感がずっと拭えませんでした。
それがガラッと変わったのは黒澤明監督に出会ってからです。最初の「椿三十郎」で会ったとき、黒澤さんは僕に「君は白紙で良いよ」と言ってくれました。そのときは意味がさっぱりわからないまま「わかりました」と答えたんですが、それは「余計な芝居をするな」という意味だったみたいです。
「加山、セリフは想えば出てくるんだよ」とも教わりましたが、黒澤さんはまるで人の心が読めるかのようで、「こんな人がいるならこの世界に残ってもいいや」と思えるようになりました。
(>>2以降につづく)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170401-00010000-tokyofm-ent
2:
(>>1つづき)
厳しいことで有名な黒澤監督ですが、僕は怒られたことが一度もありません。あるときなんて、朝にサーフィンをやってから撮影所に行き、何度も撮り直されるシーンと強烈なライトに眠気を覚え、本番中に寝てしまったことがあります。
そのときも「加山、眠いのか?」「はい」「加山のために30分休憩」と言われ、その後スタッフみんなに「特別扱いだぞ」とずいぶん妬まれました。でもあれは監督自身が休憩したかったに違いありません。結局、そのときは3時間の休憩になり、すっかり眠気の覚めた僕はギターを弾いて歌っていましたが。
「八甲田山」はとにかくキツい映画でした。森谷司郎監督が黒澤さんのところに付いていただけあって、リアルを追求して猛吹雪の中で撮影するんです。
零下15度なのに普通の軍服で行軍するので、初日に耳が凍傷になる人が3人も出たほどでした。しかもその夜、ミーティングで「凍傷の人が出ました」と申告されても「戦争中もそうだったに違いない」と言われるような現場でした。
でも僕は小道具さんにお願いして、南極で使うムーンブーツの外側だけ軍靴にしてもらったり、あちこちにカイロを仕込めるチョッキを作って撮影に臨んだので、雪の中で寝転がって昼寝をしても大丈夫なくらいでした。
みんなは寒さに震えながら「この寒さの中、雪の上で寝るなんてアイツは馬鹿じゃないか」と囁いていましたが、「そうじゃないんだよ、本当はこっちのほうが賢いんだよ」と内心でほくそ笑んだものです。
◆「サーフィンとスキーとVRバイオ」
(中略)
「赤ひげ」の撮影中には三船敏郎さんを誘って船舶免許を取りました。2人で勉強して試験を受けたら、三船さんの出来が早いのなんの。15分くらいで書き終えて、一番先に提出して出て行ってしまったんです。
僕はまだ半分くらいしか書いてなかったので「すげぇ!」と思っていたら、僕が1500満点中1480点だったのに対して、三船さんはギリギリの合格点でした。試験官は「乱暴だねぇ」と苦笑していましたが、だからこそ三船さんの要所を掴む勘がすごかったとも言えます。
僕は大学の部活動が嫌で、スキーの同好会を作った最初の頃の人間でもあります。なにせ慶應のスキー部に入ったらいきなり東京?熱海間のマラソンでしたから。
僕らの同好会は志賀高原の石の湯がホームゲレンデで、リフトなんてないので宿にロープトゥを作ってもらい、自分たちで半日がかりで圧雪して、そこらの木の枝をポールにして練習したんです。冬はずっとそこに籠もって、学校の試験のときだけ山を下りるような生活でした。
「アルプスの若大将」はそんな我々の体験そのままです。
(以下略、全文はソースをご覧ください。)
【ラジオ】加山雄三が語る“若大将”秘話…「お祖母ちゃんに叱られてビートルズに会いに行った」 「黒澤さんには怒られたことがない」
引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1491091144
4:
しわ寄せだなぁ?♪
5:
80歳なのにフサフサですね、加山さん
6:
荒井注にしか見えない
7:
ゆうゆう散歩語録
「おっ、なんかうまそうだな。食べさせてみろよ」
「俺ならもっと上手くできるよ。貸してみな」
「おいっ、おれギターうまいんだぞ、知らないのか、弾いてやろうか」
(大衆食堂にて)「ブイヤベースないの?」
「ブイヤベースもやればいいのに(ドン引きされてるのに)、やらないんだ?」
「いかにも『庶民の街』という佇まいがいいですなあ」
「お?、握手かぁ??(誰も手を出してないのに)」
「いよ?、お?、元気かぁ?(みんなけげんな顔で見てるのに)」
「あそこの漁船とボクの光進丸を競争させてみたいなあ」
「おい、ここでコーヒーでも飲んでやるか(日吉で歩き出した途端、喫茶店に)」
「おい、タクシー乗ろ」
(加山さーん!)「やあ、お母さん、ボクのサイン欲しい?」(相手はちら見、引いてるのに)
「お前ら若くても俺の事知ってるよな?」
「お父さん、ちょっとギター貸してみ。歌聞かせてやるから」
「ボクね、民芸品大好きなの。こういうガラクタを仕舞っておく専用の部屋があるんだよ」
(スタッフに対して)「俺の別荘見たい?」
「(小料理屋で)料理が得意なんだよ。ブイヤベース食わせてやるから材料用意しろよ」
「お父さんいくつ?へー、俺より20も先輩なのか。頑張って生きろよ!」
「お婆ちゃん握手してやるよぉ。これで長生きできるな。アハハ」
「俺くらいになるとなかなか外は歩けないからスタッフが邪魔者整理してくれるこういう番組は助かるよ」
「へー、この焼き鳥1本1050円なのか。安いねー」
「このJRの新型車両をうちのミュージアムに置きたいんだけど1両貰えないかな?」
「オレのとこに置けば、みんな見に来るぞ」
(高級割烹にて)「トマトライスないの?やらないの?」
(惣菜屋にて)「味見してやるよ」
「商店街なんか歩かないねー。ハハハ」
「コロッケ5枚ね。え、俺からカネ取るの?」
「山手線ってグリーン車ないの?」
9:
ゆとり世代
10:
いまこの人みたいな羨ましがられる若手の芸能人っていないね
11:
なかなかおもしろかった
12:
ミーティングで「凍傷の人が出ました」と申告されても「戦争中もそうだったに違いない」
↑マジ基地w
21:
>>12
八甲田山は戦時中のことじゃなく、平時の訓練中で起きた遭難事故なのにw
13:
加山眠いのか?
眠いです
加山が眠いって言ってるから30分休憩
こんな感じの事ラジオで行ってたわ
確か所ジョージも怒られなかったんだよな
14:
今もファンだけど、若い時の加山さんは最と好きだな?
若い時に作曲した様なメロディーで、また作曲をお願いします。
15:
所ジョージも黒澤監督には怒られなかったみたいな話
42:
>>15
たけしが聞いたら「あいつは役者じゃないだろ」
16:
大根なの前提でキャスティングされたからはなから何も言うつもりがなかったわけではないのか
26:
>>16
黒澤は確か女性にも怒らなかったらしいな
黒澤の頭に女性は戦力として数えてないから起こりもしないという
46:
>>16
成瀬の映画に出たときも高峰秀子は「なんとヘタな」と呆れてたらしいな
20:
>>16
でも俳優が余計な演技するの嫌いみたいだったからな
見てくれが決まってれば
セリフは棒でもよかったんやろ
宮崎駿と同じで、変な抑揚とかいらないって感じで
演技になるから
33:
>>20
俳優の細かな抑揚が欲しいんなら上原美佐を大事な役では使わないよな
45:
>>20
監督降板させられた「トラ!トラ!トラ!」では、「本物の居住まいが欲しいから」って
セリフ喋れない元海軍士官ばっかり集めてグダグダになったらしいねw
17:
>でも僕は小道具さんにお願いして、南極で使うムーンブーツの外側だけ軍靴にしてもらったり、
あちこちにカイロを仕込めるチョッキを作って撮影に臨んだので、雪の中で寝転がって
昼寝をしても大丈夫なくらいでした。みんなは寒さに震えながら「この寒さの中、雪の上で
寝るなんてアイツは馬鹿じゃないか」と囁いていましたが、「そうじゃないんだよ、
本当はこっちのほうが賢いんだよ」と内心でほくそ笑んだものです。
>最近はVRの「バイオハザード7」をやっています。360度どこから敵が来るのかわからないのは
ちょっとヤバイですね。真っ暗な部屋に入り、あっちこっちを見て、振り返って後ろも確認して、
大丈夫だと思って戻ろうとした瞬間に襲われるのですからたまりません。「6」までは×印の
照準を合わせないと当たらなかったのが、目線で当たるようになったのが良いですね。
振り返った瞬間に撃っても当たります。
↑おいおい、続きの方が面白いじゃねーかw
18:
最近はVRの「バイオハザード7」をやっています。360度どこから敵が来るのかわからないのはちょっとヤバイですね。
真っ暗な部屋に入り、あっちこっちを見て、振り返って後ろも確認して、大丈夫だと思って戻ろうとした瞬間に襲われるのですからたまりません。
「6」までは×印の照準を合わせないと当たらなかったのが、目線で当たるようになったのが良いですね。
振り返った瞬間に撃っても当たります。
19:
ゆうゆう散歩語録 加山雄三
「おっ、なんかうまそうだな。食べさせてみろよ」
「俺ならもっと上手くできるよ。貸してみな」
「おいっ、おれギターうまいんだぞ、知らないのか、弾いてやろうか」
(大衆食堂にて)「ブイヤベースないの?」
「ブイヤベースもやればいいのに(ドン引きされてるのに)、やらないんだ?」
「いかにも『庶民の街』という佇まいがいいですなあ」
「お?、握手かぁ??(誰も手を出してないのに)」
「いよ?、お?、元気かぁ?(みんなけげんな顔で見てるのに)」
「あそこの漁船とボクの光進丸を競争させてみたいなあ」
「おい、ここでコーヒーでも飲んでやるか(日吉で歩き出した途端、喫茶店に)」
「おい、タクシー乗ろ」
(加山さーん!)「やあ、お母さん、ボクのサイン欲しい?」(相手はちら見、引いてるのに)
「お前ら若くても俺の事知ってるよな?」
「お父さん、ちょっとギター貸してみ。歌聞かせてやるから」
「ボクね、民芸品大好きなの。こういうガラクタを仕舞っておく専用の部屋があるんだよ」
(スタッフに対して)「俺の別荘見たい?」
「(小料理屋で)料理が得意なんだよ。ブイヤベース食わせてやるから材料用意しろよ」
「お父さんいくつ?へー、俺より20も先輩なのか。頑張って生きろよ!」
「お婆ちゃん握手してやるよぉ。これで長生きできるな。アハハ」
「俺くらいになるとなかなか外は歩けないからスタッフが邪魔者整理してくれるこういう番組は助かるよ」
「へー、この焼き鳥1本1050円なのか。安いねー」
「このJRの新型車両をうちのミュージアムに置きたいんだけど1両貰えないかな?」
「オレのとこに置けば、みんな見に来るぞ」
(高級割烹にて)「トマトライスないの?やらないの?」
(惣菜屋にて)「味見してやるよ」
「商店街なんか歩かないねー。ハハハ」
「コロッケ5枚ね。え、俺からカネ取るの?」
「山手線ってグリーン車ないの?」
55:
>>19
自分への絶対的な自信とおおらかさが寧ろうらやましい
今の世の中過剰な気づかいがスタンダードになってるんじゃないかと思えてくる
22:
やっぱりおぼっちゃまはこのくらいじゃなきゃな
成金は所詮「金で解決できる・する」という発想だからダメだわ
23:
僕が始めて出演した映画「男対男」
24:
わざとらしい演技する人に怒ってたみたいね
加山は素直だったんだろう
25:
まだ生きてんだっけ
27:
母親は美人だったね
28:
長いけど一気に読めるな
なかなか面白い
29:
「へービートルズって言うのか
君たちもなかなか良い曲を書くじゃないか
今度俺が歌ってやってもいいぞ」
30:
興味がある長文は読めるな
31:
80越えてもゆうゆう散歩とかでの素人の接し方とかで地が出ちゃうのはまあ仕方ないのかなあとは思った
32:
萩原健一も黒澤に特別待遇
松田優作は黒澤に門前払い
35:
黒澤さんに怒られた事が無かったのか・・・。
椿三十郎の冒頭の長いセリフ、すごく聞き取り難かったよw
でも加山さんの歌は大好きです///
63:
>>35
俺も冒頭の加山雄三の聞き取り辛い長台詞は字幕無しでは理解できない
36:
「お見事」と言って怒られる役か
37:
ゴーストライター騒ぎをせっかく潰したのに
38:
>>1を読むとゆうゆう散歩語録も納得だなぁ。
スターは違うわ。
39:
湘南って 中居みたいに下品な方言なんだよ
40:
自慢話おじさんm
44:
自慢話だが
自慢話の種に事欠かない人物
で有ることは誰しも認める所で
自慢話をもっと聞かせて欲しい
と思う人物でも有る
47:
なんだバカやろ
48:
乱れるとか成瀬作品でも好演してたり、山下達郎とかにもリスペクトされたり凄い人なんだけど、2chでは何か過小評価されたりネタにされてるみたいで残念だわ。
49:
映画と音楽両方で成功して
ビジネスでは浮き沈みあった人だが
女性トラブルはないよな
50:
やっぱり本物のスターは違うなぁ
話に出てくる人たちがレジェンドなのも
ホテルのボーイの小粋なユーモアもいいね
ほんと今の時代がツマラナイ
なんだこのポンコツゴミアイドルどもは
まとめて消えてくれ
51:
マジギレしながら歌う加山
54:
仮面ライダー!は出たかな?
57:
ビートルズのくだり凄えなあ
58:
ドSのハゲ大将
59:
『エレキの若大将!』は加山のPVと有るが
若大将シリーズ全てが加山のPVに思える
ただ若大将シリーズのお陰で
加山雄三というタレントが
アクティブなオタクに止まらず
マルチなスターとして才能の花を
咲かせる事が出来た
60:
うらやましい80歳だな
おじいちゃんて感じしないもん
多趣味だし見た目若いし
こういう人は稀だよな
62:
この人は何で人気あるんだって思っていたけど、若い頃の映画見ると素直にカッコいいのな。
64:
むかし宝田明がボロクソにディスってたな
65:
少し長いコピペだけど矢沢のスライムがなんたらかんたらよりは面白く読ませてもらった
66:
ブラックジャックの話しはないのか
67:
子供の頃はこの人と野球の長嶋を混同していた
なんかこう、立ち位置的に同じ人に見えててんだろな
68:
赤ひげの素人っぽさは好きだな
69:
こいつ叱ったらまずいから…ってのがあったんじゃないか
スラダンに選手を叱って伸ばそうとしたらボコられた監督がいたろ
71:
確かに、加山はビートルズのイメージはないな
南こうせつやALFEEと同じ、ベンチャーズのイメージ
72:
黒澤監督は趣味人になりたかったけど、なれなかった仕事人間
だから、加山さんや所さんのような生粋の趣味人に憧れがあったのかもしれない
7

続き・詳細・画像をみる


バイト(58)「金かしてくれや」 僕(20)「あの、お金を借りる人間の取る態度ではないと思いますが…」

ポケモンGO効果絶 自殺の名所の大東尋坊 今年、3月末の時点で自殺者ゼロを更新中

彼女いるって分かってる男に告白する女の神経が分からない!

バイト先の後輩(デブ)が俺に振られたショックからか痩せて可愛くなった。何とかして告白させたい

ロールスロイスがDQN向けの車発売wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

「ガンジーが助走つけてぶん殴るレベル」の新しいの考えたwwwwwww

back 削除依頼&連絡先