【モバマス】ちひろ「私もPみたいにアイドルとイチャラブしたい」back

【モバマス】ちひろ「私もPみたいにアイドルとイチャラブしたい」


続き・詳細・画像をみる


ちひろ「プロデューサーばかりモテモテでうらやましいんですよ」
P「は?」
ちひろ「だから、私もプロデューサーみたいにたくさんのアイドルとイチャラブしたいんですって」
P「待ってください。別に俺そんなイチャラブなんてしてませんよ」
ちひろ「いったいどの口がほざいてるんですか!!この朴念仁!!!」
P(ぼくニンジン?)
ちひろ「とにかく、私は決めました。ちょっとアイドルに告白してきます」
P「ちょっ!!それはさすがに色々とマズイですって!!」
ちひろ「ええーい!!愛に性別は関係ないんですよ!!」
P「いや、そういうことj」
ちひろ「まずは>>2に告白してきます!!」
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1486990832
2: 以下、
にな
3: 以下、
ちひろ(仁奈ちゃん...小さくて可愛い...大好き)
ちひろ「仁奈ちゃーん!!」
仁奈「あ!ちひろさんでごぜーます!!どうしやがりましたか?」
ちひろ「仁奈ちゃん、あのね、真剣に聞いて欲しいんだけどね...?」
仁奈「ちひろさん、いつになく真剣でごぜーますね...!」
仁奈「仁奈、真剣に聞いてやるでごぜーますよ!」
4: 以下、
ちひろ「うん、あのね...?」ドキドキ
仁奈「なんでごぜーますか?」
ちひろ「私、仁奈ちゃんのことが好きなの!!愛してるの!!」
仁奈「ちひろさんは、仁奈のこと愛してくれてやがるですか...?」
ちひろ「そう!!もちろん!!大好き!!一生大切にする!!」
仁奈「嬉しいでごぜーます!!仁奈もちひろさん大好きでごぜーますよ!!」
ちひろ「うん!じゃあ結婚しよ!?」
5: 以下、
仁奈「...? 結婚でごぜーますか? どうしてそうなるのか、仁奈にはわからねーです...」
ちひろ「だって、わたしは仁奈ちゃんが好き。仁奈ちゃんは私が好き。じゃあもう結婚するしかないじゃない??」
仁奈「???」
ちひろ「ないじゃない???」
仁奈「いや、仁奈は女ですし、ちひろさんも女じゃねーですか」
ちひろ「愛に性別は関係ないのよ?」
仁奈「うーん...?」
仁奈「でも、ちひろさんと結婚はイヤでごぜーますね」
ちひろ「」
7: 以下、
ちひろ「なんで...?」
仁奈「仁奈は結婚するならプロデューサーみたいな頼れる男の人としてーです」
仁奈「ちひろさん、ごめんなさい」
ちひろ「ちくしょーー!!!!」
ちひろ「次は>>7に告白します!!」
8: 以下、
ちっひ「>>10で」
10: 以下、
卯月
11: 以下、
ちひろ(卯月ちゃん...あの子は一見プロデューサーさんに惚れてるように見えるけど、それはただの信頼...)
ちひろ(頼れる年上の男性がPさんしかいないから、Pさんに惚れているように見えるの...)
ちひろ(凛ちゃんや未央ちゃんとすごく仲良くしてるし、これはレズっ気があるというのはもはや疑う余地はない...)
ちひろ(私は頼れる年上で、しかも、女性...イケないわけがない!!)
ちひろ「卯月ちゃんはレズ!!!」
卯月「!?!?!?」ビクッ!!
12: 以下、
卯月「あ、ちひろさん...おはようございます...どうしたんですか急に?」
ちひろ「いっけね、ちっひ、心の声が出ちゃった」
卯月「バレてたんですね...私がレズなこと...」
ちひろ(やった!!私の読み通り!!)
13: 以下、
卯月「バレてしまったものは仕方がありません...ちひろさん.このことはどうか内緒にしておいてください...」ウルウル
ちひろ「もちろんよ卯月ちゃん!!それでね!!私実は...
卯月「あの...」
ちひろ「ん?どうしたの卯月ちゃん?」
卯月「バレてしまいましたし、せっかくですので、ちひろさんに相談したいことがあるのですが...よろしいでしょうか?」
ちひろ(キマシタワー!これはまさかの卯月ちゃんから私への告白!?!?待ってました!!ひゃっほう!!)
14: 以下、
卯月「私、実は...」
ちひろ「.....!」ドキドキ
卯月「時子様のことが好きなんです...」
ちひろ「?!?!?!?!」
ちひろ「えっ、あっ、えっ」
卯月「そうですよね...引きますよね...?」
ちひろ「えっ、いや、あの、ここは『島村卯月!ちひろさんのことが好きです!頑張ります!』の流れじゃないの...?」
卯月「えっ?どうしてそうなるんですか...?」
ちひろ「」
15: 以下、
ちひろ(この後卯月ちゃんに色々と相談された...)
ちひろ(しかし私は、卯月ちゃんにフラれたショックから、何も耳に入って来なかった...)
ちひろ(気が付くと、悲しそうな顔をした卯月ちゃんが、一人でトボトボと帰っていく後姿が見えた...)
ちひろ「私だって悲しい」
ちひろ(この悲しみを癒すために、私は>>17に告白することを心に決めた)
17: 以下、

18: 以下、
ちひろ(奏ちゃん...あの子は大人びているけど、どこかいつも寂しそう...私にはわかる)
ちひろ(でも、朴念仁のPさんにはわからないでしょう)
ちひろ(奏ちゃんは、私のような頼りになる大人を必要としているはず...)
ちひろ(奏ちゃんと同じく、私は女の子。あの子の辛さはわかるわ)
ちひろ(私があの子を導いてあげる...!!!)
19: 以下、
ちひろ「奏ちゃん」
奏「あら、ちひろさん。どうかしたのかしら?」
ちひろ「奏ちゃん。何か困ってることはない?」
奏「うーん...特に困っているということはないわね」
ちひろ「無理しなくていいのよ?私にはわかるわ」
奏「えぇ...?」
ちひろ「奏ちゃん。あなたは悩み事を一人で解決しようとしがち。誰かに相談した方がいいわ」
奏「それはありがたい助言だけど、本当に今は困ってなんてないわよ?」
ちひろ「うーん...」
奏「ちひろさんこそ、どうかしたの?急にこんな話をしてくるだなんて」
20: 以下、
ちひろ「そうね、正直に話すわ...私ね、奏ちゃんが好きなの。それで、奏ちゃんの力になりたくて」
奏「あら、それは嬉しいわね。ありがとう」
ちひろ「!? じゃあ、私と結婚してくれるってこと!?!?」
奏「......は?」
ちひろ「は?じゃなくて。私は奏ちゃんが好きって言った。奏ちゃんは嬉しい、ありがとうって言った」
奏「言ったわね」
ちひろ「じゃあもう結婚する流れじゃない??」
奏「」
22: 以下、
奏「ごめんなさいね。私、まさかちひろさんがそういった意味で『好き』だなんて言ったとは思いもよらなくて...」
奏「うーん、そうね...あ、じゃあ、私が好きなら、今ここでキス、できるかしら...?」
ちひろ「っ!? っ!?!? できる!!できますっ!!!するっ!!!!」
ちひろ「んーっ...」///
23: 以下、
奏「...残念。不合格」
ちひろ「!?!?!?!?!?!????」
ちひろ「えっ!?何が!?キス顔が気持ち悪かった!?!?!?」
奏「いいえ。そんなことはないわ。とても素敵な顔よ」
ちひろ「じゃあ、どうして...っ!?」
奏「ごめんなさい。試していたの。」
奏「本当に私のことが好きで、愛してくれていて、考えてくれているなら...」
奏「私が、こんなムードのないところでキス、したいなんて思わないことくらい」
奏「わかってくれてるはずだから」
ちひろ「そっ、そんな!だって奏ちゃん、いつでもどこでもキスキスってPさんに迫ってるのに!!」
奏「ふふっ、まさか、あの人が本当にするわけないでしょう?」
奏「あの人とキスするのは、素敵なお店か夜景を見ながら、二人きりの時だけ」
奏「...って、これ以上言ってしまうのはまずいわね。ふふっ」///
ちひろ「」
ちひろ「あァァァんまりだァァアァ!!!!!」
24: 以下、
ちひろ(奏ちゃんはやっぱり魔性の女だった)
ちひろ(そしてまさか、Pさんとそんな関係だったとは...)
ちひろ(そうね、切り替えが大事。私は次の恋に生きる)
ちひろ「そうね、>>27に告白してみましょう。彼女なら、きっと受け入れてくれるはずだわ」
27: 以下、
礼子
30: 以下、
ちひろ(礼子さん...大人の女性///)
ちひろ(女の私から見てもあの人は魅力的だわ)
ちひろ(ここは大人の付き合い。二人きりでお酒を飲んで、私がわざと酔いつぶれれば...)
ちひろ(『ちひろさん、らしくないわね。貴女が酔い潰れるなんて』
『えへへ、礼子さんとご一緒できたのが嬉しくて///』
『あら、嬉しいこといってくれるわね。私の家に来ないかしら?』
『ああっ!ダメです礼子さん!今の私は、何も抵抗できない...!』
『ふふっ、抵抗なんてする必要はないわ。私がキモチヨクさせてあげる』
『礼子さん...///』)
ちひろ「...こうね!!」///
32: 以下、
ちひろ「そうと決まれば、早礼子さんを飲みに誘いましょう!」
ちひろ「礼子さーn
P「あ、礼子さん。お疲れ様です」
礼子「あらPくん。丁度良かったわ。今夜、食事でもどうかしら」
P「おっ!!いいですねぇ?」
礼子「もちろん、二人きりよ。実は、もうおいしいお店を予約してあるの」
P「さっすが礼子さんですね!!早行きましょう!!」
礼子「ふふっ、Pくん。それから、今夜は寝かさないつもりだから、覚悟しててね?」
P「ははっ、何言ってるんですか礼子さん。それはこっちの台詞ですよ」
イチャコライチャコラ
ちひろ「...次は>>35に告白します(涙目)」
35: 以下、
くるみ
37: 以下、
ちひろ(くるみちゃん...彼女はおっぱいの一言に尽きる)グスッ
ちひろ(礼子さんにアタックする前にフラれた私の傷ついた心を、あのおっぱいで慰めてもらうしかない)グスグス
ちひろ「くるみちゃん...」ビエェェェン
くるみ「ふぇぇぇん!!ちひろしゃぁぁん!!どうして泣いるのぉぉぉ!?」
38: 以下、
ちひろ「くるみちゃん...私には、くるみちゃんのおっきいお胸が必要なの...」グスグス
くるみ「ふぇぇぇぇん」
ちひろ「どうして泣いちゃったの...?」グスグス
くるみ「だってぇ...ちひろしゃんが変なこと言うんだもん...」
ちひろ「私は変なことなんて言ってないわ。本当にくるみちゃんのおっぱいが必要なの....」
くるみ「ふぇぇぇん」
39: 以下、
ちひろ(私たちは泣き続けた。それはもう涙が枯れるくらい泣いた。)
ちひろ(我慢できずに無理やりパフパフしてもらおうと押し倒そうとしたら)
ちひろ(私の側頭部に、柔らかく、かつ、ずっしりとした重みのある“何か”が音で衝突し...)
ちひろ(私は意識を失った)
40: 以下、
ちひろ「ん...ここは...?」
ちひろ(目が覚めた時、私は>>44の家にいた)
44: 以下、

46: 以下、
礼「ふふっ、お目覚めかしら、ちひろさん?」
ちひろ「えっ、あっ、はい...私...どうしてここに...?」
礼「貴女が事務所の床で眠っていて起きなかったから、最後に事務所を出た私がここまで運んできたのよ」
ちひろ「そうでしたか...すみません、ご迷惑をお掛けして...」
礼「何かあったの...?」
ちひろ「ええ、詳しくは思い出せないのですが、何か、とても悲しいことがあったような気がします...」
礼「あらあら...それなら、お姉さんが慰めてあげるわ。ちひろさん」
ちひろ「!? いいんですか...!?」ウルウル
礼「うふふ、いいのよ。お姉さんに甘えなさい?」
ちひろ「うわぁぁぁぁん!礼さぁぁぁぁん!!!!」ビエェェェェン
礼「ふふっ、可愛いものね」
47: 以下、
ちひろ(私は数時間、ずっと礼さんに慰めてもらっていた。そして私の心は、完全に礼さんの虜になっていた)
ちひろ「うう...ぐすっ...ぐすっ...礼子さん...」
礼「うふふ、少しは落ち着いてきたようね...」
ちひろ「礼子さぁん...」グスグス
礼「あらあら、どうしたのかしら?」
ちひろ「好きです...」グスグス
礼「.........あらあら」
49: 以下、
礼「ちひろさん?これは一時の気の迷い。私に優しくされたから、今はそう思ってるだけよ」
礼「今の貴女は冷静じゃないわ。送るから、お家に帰りなさい?」
ちひろ「違います...私は本当に礼さんが好きなんです...」
礼「あらあら...お姉さんを困らせちゃダメよ、ちひろさん」
ちひろ「でも...っ!」
礼「んー、そうね。じゃあ、一つなぞなぞを出すわ」
ちひろ「なぞなぞ、ですか?」
礼「そう。『私の想い人はだーれだ』。なぞなぞでもないかしら。簡単すぎるわよね」
50: 以下、
ちひろ「...わたし」
礼「不正解よ。ふざけないの」
ちひろ「...」
礼「答えはP君。本当はわかってたはずよね?」
ちひろ「...」
礼「また貴女の傷を増やしてしまったわね。そうだ」
礼「“彼女”に連絡してみようかしら」prrrr
51: 以下、
“彼女”『う?ん、志希ちゃんねむ?』
礼「ごめんなさいね。落ち込んでる人を元気にする薬ってあるかしら?」
“彼女”『にゃははは?♪あるよ?♪』
礼「持ってきてもらえないかしら?」
“彼女”『いいよー』
“彼女”「はいっ♪」
礼「早すぎるわ...」
52: 以下、
“彼女”「これを飲めば?、どんな人でもたちまち元気モリモリ!!にゃはは?」
礼「じゃあ、ちひろさんに飲ませましょう。ほら、飲んで」
ちひろ「むむむむーん.....ふっかぁーつ!!!!」
ちひろ「あれ?私なんでここにいるんでしょうか?」
礼(デジャヴ)
ちひろ「あっ、すみません!なぜかこんな時間まで礼さんのお家に!!」
礼「いえいえ、かまわないわ」
ちひろ「この埋め合わせはいつか必ずしますねっ!それでは、おやすみなさい♪」ガチャ
礼「帰ったわね。本当にこれで良かったのかはわからないけど、元気になったみたいだし、いいわよね」
54: 以下、
ちひろ(なぜかわからないのですが、凄く気分がいいです!)
ちひろ(心なしか性欲も高まってる気がします!)
ちひろ(んー!!!可愛いアイドルたちとイチャラブしたい!!!)
ちひろ(そうだ!!>>56に告白しよう!!)
ちひろ(なぜかこれが最後な気がする)
56: 以下、
あつみ
57: 以下、
ちひろ(師匠...!!)
ちひろ(事務員の私でさえ師匠と呼んでしまう愛海ちゃん...!)
ちひろ(あの子はまごうこと無きレズ!!!常にお山を探求している正真正銘のレズビアンっっっ!!!)
ちひろ(最高だ...!これはもうレズ同士永遠を誓って乳繰り合う未来しか見えない...!!!)
ちひろ(待っててね師匠...!!!)
58: 以下、
ちひろ「ししょーーーー!!!!じゃなかった!愛海ちゃん!!!!」
愛海「うわっ!びっくりした!って、ちひろさん?」
ちひろ「愛海ちゃん!私のお山!どう!?」
愛海「えっ?お山?うひひひひ...そりゃ、ふれたいよ?」ワキワキ
ちひろ「どうぞ!!」ズイッ
愛海「なっ!?!?!」
愛海「い、いいの...?」
ちひろ「もちろんよ!!!」
愛海「うひひ...どういう風の吹き回しかわからないけど、据え膳食わぬは女の恥...」
愛海「いざ!登山!!!」モニュ
ちひろ「はぁぁぁぁぁぁん」/////
59: 以下、
ーーーーー省略ーーーーー
60: 以下、
愛海「ごちそうさまでした」
ちひろ「」ビクンビクン
ちひろ「愛海ちゃん...」
愛海「ん?どうしたの?ちひろさん」
ちひろ「私をこんな風にしたのは、愛海ちゃんなんだから...責任、取ってくれるわよね?」////
愛海「」
61: 以下、
愛海「い、いやぁ?、それとこれとは話が別っていうか...」
ちひろ「!? どうして!?」
愛海「ち、ちひろさんがふれていいって言ったからいただいただけだし...」
ちひろ「そんな!!無責任よ!!」
愛海「やー、あたし、まだいろんなお山を登りたいから、誰かとくっついちゃうのは、ちょっと...」
ちひろ「私とは遊びだったの!?」
愛海「そういうわけじゃないんだけど、ごめんなさい!!!」ダッ!
ちひろ「あっ!待って!!愛海ちゃん!!愛海ちゃああああああん!!!!」
62: 以下、
――――――
モバP「で、結局轟沈したと」
ちひろ「はい......」
モバP(そりゃそうでしょう)
ちひろ「誰一人として、私に振り向いてはくれませんでした」
モバP「ご愁傷様です」
ちひろ「悲しいです」
モバP「......ちひろさん、俺と結婚しませんか」
ちひろ「!?」
モバP「実は俺、ちひろさんのことが一番好きなんですよ。俺なら、ちひろさんを悲しませるようなことはしません」
ちひろ「....Pさん」
63: 以下、
ちひろ「ではまず、貴方の真ん中についている汚いものを切除してきてください♪」
おわり
64: 以下、

続き・詳細・画像をみる


小4、音楽の授業中に集団けいれん

【画像】東大生の合格者インタビューをご覧くださいwwwwww

3.11東日本大地震で「あ、まじでヤバいってなった瞬間」

【悲報】新幹線俺「すみません席倒していいですか?」新幹線後ろの奴「駄目です」←は?

【画像】志田未来が激太りしててやばいwwwwwwwwwww

成長してきた息子が前の旦那に似てきて我慢出来ずにホテルに連れ込んだ。一番下の子は長男との子です

【画像】東大生の合格者インタビューをご覧くださいwwwwww

義父が病気で倒れ入院して月10万援助してほしいと依頼がきた。義弟は家に月2万しか入れてないのに・・

【豊洲問題】豊洲移転の方針が引き継ぎ書類に 99年に青島氏から石原氏へ

若い消費者のファッション離れが深刻に

【なんでも鑑定団】「曜変天目茶碗」真贋論争、BPOは審議せず「判定能力ない。委員会の問題にはなりえない」

若者のほぼ全員が蝕まれている「コスパ」という価値観

back 過去ログ 削除依頼&連絡先