【月刊少女野崎くん】鹿島「堀ちゃん先輩の身長が伸びた!?」back

【月刊少女野崎くん】鹿島「堀ちゃん先輩の身長が伸びた!?」


続き・詳細・画像をみる


・書き溜め
・若干ラブい成分が含まれますので苦手な方はご注意ください
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1486989567
2: 以下、
?二月某日?
鹿島「あー、堀ちゃん先輩に会いたいよー」ゴロゴロ
御子柴「今の時期、三年生は自由登校だからな」
御子柴「先輩も受験があるんだろうし、忙しいだろ」
鹿島「わかってるよー、だから私も遠慮してあんまり連絡とかしてないもん」
御子柴「へー、鹿島にしては我慢してんじゃん」
鹿島「でも先輩と遊ばないとつまんない…」
御子柴「つっても、こないだ遊んでただろ、なんか走り回ってたじゃねーか」
鹿島「うん!久しぶりに学校で見かけたから、ちょっかいかけて追いかけっこした!」
御子柴(小学生かよ…)
鹿島「先輩、明日学校に来ないかなぁ」
御子柴「それよりもさ、なんか忘れてねぇか?たとえば明日が何の日か、とか…?」ソワソワ
鹿島「うん?なんのこと?」
御子柴「い、いや、なんでもねぇよ…」シュン
3: 以下、
?次の日??
@演劇部 部室
鹿島(今日も堀先輩は学校来てないみたいだったな…)
鹿島(先輩のお迎えがないと張り合いがなくて、部活もマジメに出ちゃってるよ)ハァ
堀「おーっす」ガラッ
鹿島(!!堀先輩だ!!)
鹿島「先輩!お久しぶりで……え?」
堀「?どうした?」
鹿島(なんだろう…どこか…いつもと違うような…?)
4: 以下、
部員「部長ー!お久しぶりですー!」
部員「どうしたんですかー?」
堀「はは、もう部長じゃねぇよ、ちょっと気分転換にな」
鹿島(みんなは特に気にしてない…?でもやっぱりなにか…)
堀「ん?なにシケた面してんだよ、鹿島」
鹿島「いや、なんか…」
鹿島(目の前に来るとより一層違和感が…なんというか…いつもと目線の位置が違う…?)
鹿島「……?先輩、箱に乗ってます?」
堀「はぁ?何言ってんだよ」
鹿島(そうだ……堀先輩…私より…高い!?)
鹿島(箱に乗ってるんじゃなくて…背が伸びてる…!?)
5: 以下、
鹿島(え!?いつの間に!?っていうか急に伸びすぎじゃない!?)
堀「おーい、鹿島ー?」
部員「どしたの鹿島くん?」
鹿島(それに、何で誰もツッコまないの!?)
鹿島「……え?堀先輩…背、伸びてます?よね?」
堀「あぁ、伸びたな」
部員「そういえば伸びましたねー」
鹿島「ええ!?何でそんなに反応が淡泊なんですか!?」
堀「ん?何かおかしいか?」
鹿島「だって、ちょっと前と比べて随分伸びてません!?」
堀「まぁこういうこともあるよな」
部員「ありますよねー」
鹿島「あるの!?」
6: 以下、
鹿島(私が変なの!?何が何だかわかんないよ!!)
鹿島「うわーん!!」ダッ
堀「あっコラ鹿島!部活中だぞ!」
鹿島(どういうこと…!?みんな演技…!?でも実際先輩の背が伸びてるし…!?)
鹿島(他の人がどうなのか確かめないと…!)
鹿島「あっ野崎!」
野崎「おお、鹿島か」
鹿島「ねぇ、最近堀ちゃん先輩に会った!?」ガシッ
野崎「堀先輩?つい先ほど見かけたが」
鹿島「なんかめっちゃ背伸びてない!?」
野崎「ああ、伸びてたな」
鹿島「」
7: 以下、
鹿島(やっぱり私がおかしいの…?いや、野崎は元から反応鈍いし…それなら…!)
鹿島「千代ちゃーーん!!」ガバッ
佐倉「うわ!?どうしたの鹿島くん!?」
鹿島(それでも千代ちゃんなら…千代ちゃんならツッコんでくれる…!)
鹿島「堀ちゃん先輩の身長が伸びたー!」
佐倉「あー、伸びたみたいだねー」
鹿島「」
8: 以下、
鹿島(千代ちゃんがツッコまないなら、私もう何を信じていいかわからない…!)
鹿島「おかしくない!?」
佐倉「何が?」
鹿島「堀先輩、この前までこーんなにちっちゃかったんだよ!?」ちみっ
佐倉「さすがにそんな米粒大ではなくない?」
鹿島「(あ、軽くツッコんだ…)それが急に私より大きくなっちゃったんだよ!?」
佐倉「そうだねー」
鹿島「おかしくない!?」
9: 以下、
佐倉「何言ってるの鹿島くん、縮んだわけでもあるまいし」
野崎「成長期が終わっていても、背が伸びることはあるだろう」
鹿島「いや確かにそりゃそうなんだけど!」
鹿島「例えば千代ちゃんがいきなり野崎よりでっかくなったらびっくりするでしょ!?」
野崎「ははは、そんなことあるわけないじゃないか」
佐倉「あはは、鹿島くんたらおかしなこと言うねー」
鹿島「なんでそこは急に常識的になるの!?」
10: 以下、
堀「こら鹿島!」
鹿島「わ、堀先輩!」
堀「部活サボってんじゃねーよ!」
鹿島「いやっ今日はサボりなわけではなくて…!」
堀「いいから行くぞ!」ズルズル
鹿島「ええー…」ズルズル
鹿島(あ…身長が伸びたから、引きずられる角度がいつもと違う…)ズルズル
11: 以下、
再び@部室
鹿島(先輩が急に伸びたのはまだ納得できないけど…)
部員「せっかくだから堀先輩も練習入ってくださいよー」
堀「そうだな、おい鹿島、台本読んでみるぞ」
鹿島(背が伸びた以外はいつも通りの先輩だし…)
鹿島(考えてみれば、先輩に身長があれば舞台にも出れるし、そしたら私が大好きな先輩の演技が見られるし、いいこと尽くしなんだよね)
鹿島(でも…)じっ
堀「鹿島?」
鹿島(私より背の高い堀先輩って、やっぱり落ち着かない…!)
鹿島「あの、先輩…は、箱に乗ってもいいですか…?」
堀「また箱かよ」
12: 以下、
堀「よくわかんねーこと言ってないで、台本読むぞ」
鹿島「はぁい…」
堀「それじゃあ、俺が王子役をやるか」
鹿島「へっ?」
堀「俺の方が身長高いし、その方が自然だろ」
鹿島「えっ、でも私は王子で…」
堀「お前もホントは姫役をやってみたかったんじゃねーのか?」
鹿島「えっ?」
鹿島(えっ?堀先輩が王子の私を褒めてくれるから、私はずっと王子だったのに…?)
13: 以下、
鹿島(堀先輩が王子様なら私は姫…?それもおかしいような?でも先輩の背が高かったらおかしくないの?)
鹿島(背の高い堀先輩にとっては…私は王子様じゃないの…?)
鹿島(うう、また混乱してきた…!)
鹿島「でっでも!」
鹿島「そもそも、背が伸びたら、先輩の目指すかわいいお姫様から遠のいちゃうじゃないですか!」
堀「それははじめから目指してねーよ!!」ボカッ
14: 以下、
――――――
――――
――
鹿島「……う、うぅん…」
鹿島「はっ!!!」ガバッ
鳥「ちゅんちゅん」
鹿島「……朝…?」キョロキョロ
鹿島「ということは、夢!?」
15: 以下、
鹿島「そうか……夢か……」ホッ
鹿島(明らかに変だったもんね…堀先輩の背がいきなり伸びるなんて…)
鹿島「……いや、夢…だよね…?」
鹿島(微妙にリアリティがあったから…落ち着かない…!)ソワソワ
鹿島「あれ、そういえば私、いつから先輩に会ってないっけ…?」
鹿島「私が会ってない間に先輩の身長が伸びてたらどうしよう…!?」
16: 以下、
@教室
御子柴「鹿島!おっす、あのさ、今日……」ソワソワ
鹿島「おはよー!ごめん御子柴、ちょっと後でいい?三年の教室行ってくる!」
御子柴「お、おう……」ショボン
17: 以下、
鹿島「すみませーん!今日、堀先輩来てますか!?」ガラッ
クラスメイト「あー、来てたけど、教室から出てっちゃったよー、図書室とかで勉強してるのかな?」
鹿島「ありがとうございまーす!」ダッ
女子「あっ鹿島くーん!あのね…」モジモジ
鹿島「ごめんよお姫様…今はその時ではないんだ…またきっと君に会えるから、どうか君を置いていく僕を許してほしい…」キラキラ
女子「あっ…はい…!」キュン
鹿島「よし、今度こそ図書室に…!」ダッ
『キンコンカンコーン』
鹿島(あーもう授業始まっちゃう…!こうなったら次の休み時間に…!)
18: 以下、
@放課後
鹿島「結局、休み時間全部使って探したのに、堀先輩に会えなかった…」トボトボ
鹿島(何故だか今日はいつもに増して女の子が寄って来て探しにくかったし…普段なら嬉しいんだけど、今はそれどころじゃないよ…!)
鹿島「先輩、もう帰っちゃったかな…」
鹿島(うう、一回気になりだしちゃったら、確かめないと気が済まない…)
鹿島(どうにか今日中に先輩に……あっ)
鹿島「そうだ、電話…!」
19: 以下、
鹿島(電話、出てくれるかな…)プルル…
堀『……鹿島?どうした?』
鹿島「先輩……!」
堀『なんだ?』
鹿島「あっあの…!」
鹿島(あ、そういえば、先輩忙しいのに呼び出したりしたら悪いかな…でもどうしても気になるし…)
鹿島「あの……先輩、もし大丈夫だったら、今日、会えますか…?」
堀『今日…?』
20: 以下、
堀『……』
鹿島(なかなか返事がないな…やっぱり忙しいのかな…?)
堀『……おう、いいぞ』
鹿島「!」パァァ
堀『ただし、ちゃんと部活が終わってからな』
鹿島「ぐぅ、わ、わかってますよ!じゃあ部活終わりに、学校近くの公園で!」
鹿島(ふぅ、とりあえず良かった…)ホッ
堀「……」
堀「……いや、まさか、な…」
21: 以下、
@公園
鹿島(もうすぐ先輩が来るはずだけど…)
鹿島「どうしよう…大丈夫だよね…」
鹿島(もし堀先輩の背が伸びてたら…!?そんなことはないと思うけど…でも…!)
堀「鹿島、待ったか?」
鹿島(来た!!振り向くのが怖いけど…えいっ!!)
鹿島「……!」
堀「?どうした?」
鹿島「……」
鹿島「小さい!!!!」
堀「!?」
22: 以下、
鹿島「小さい!やっぱり堀先輩小さい!!」
堀「……!?」
鹿島「良かったー!先輩が小さくて良かったー!!」
堀「……」
鹿島「あー安心した!いやーやっぱり先輩は小さくなくっちゃ!」ナデナデ
堀「…」
鹿島「やっぱりこの小ささですよねー!ずっと小さい先輩でいてくださいね!」ナデナデ
堀「」ブチッ
堀「小さい小さいうるっせぇな!」ボコー
23: 以下、
堀「……ったく、なんなんだよ一体」
鹿島「それが……」カクカクシカジカ
堀「はぁ?夢で俺の身長が大きくなったから不安になった?」
鹿島「そうなんですよ!」
堀「いや、それくらいでそんなに動揺すんなよ」
鹿島「だってびっくりしたんですもん!」
堀「別に背が伸びたところで俺は変わんねーよ」
鹿島「でも……」
24: 以下、
鹿島「私、なんだか不安になっちゃって…」
堀「鹿島…?」
鹿島「堀先輩が卒業しちゃって、今よりもっと会う機会が減ったら…」
鹿島「もし堀先輩の背が伸びちゃっても、私は知らないままかもしれないし」
鹿島「そうやって、堀先輩がどんどん私の知らないひとになっていって」
鹿島「そしたら、私は先輩の王子様じゃなくなっちゃうのかな、って…」
堀「……」
25: 以下、
堀「……バーカ」ポン

鹿島「わっ」
鹿島(あれっ、痛くない…)
堀「お前は、まったく…」ナデナデ
鹿島(もしかして…撫でられてる…!?)
堀「俺がどうなろうと、これからもずっと、お前は俺の自慢の王子様だよ」
鹿島「……!」パァァ
鹿島「先輩……!」ガッ
堀「嬉しいのはわかったから俺を高い高いしようとすんな」グググ
26: 以下、
堀「しかし、何事かと思ったら…」
鹿島「えへへ、お騒がせしました」
堀「……ったく、紛らわしいな」ボソッ
鹿島「?」
堀「電話の時やけにしおらしかったし、よりにもよって今日急に呼び出してくるから…」ボソボソ
鹿島「??」
堀「あのな、お前、今日が何の日かわかってねーだろ」
鹿島「……?」
鹿島(今日?今日って……)
鹿島「……あ!」
鹿島(そっか…今日って、バレンタイン!?)
27: 以下、
鹿島(しまった、すっかり忘れてた!先輩に渡すつもりで、手作りチョコを既製品に擬装したものも用意してたのに!)
鹿島(なんで忘れてたんだろー!あーいま何も持ってない…!)アセアセ
堀「いや、別にチョコを催促してるわけじゃねーぞ?」
鹿島「先輩!パ、パフェ!パフェ食べましょ!」
堀「パフェ?今からか?」
鹿島「はい!!チョコのやつ!!」
鹿島(あ、でも先輩…そんな暇ないかな…)チラッ
堀「……ははっ、いーよ、お前の奢りな?」ニコッ
鹿島「……っ!」
28: 以下、
堀「鹿島?」
鹿島「あ、はっ、はい!もちろん!」
堀「おっし、じゃあ行くぞ」テクテク
鹿島「……?」
鹿島(なんだろう、今、堀先輩が笑ったとき、なんだか変なカンジがした…)
鹿島(先輩はちゃんと小さかったのに…夢のせい、かな…?)
堀「鹿島ー?置いてくぞー?」
鹿島「あ、はーい!」トタタ
鹿島(……まぁ、いいか♪)
29: 以下、
鹿島「いやーしかし、先輩が小さいままでホントに良かった!」
堀「あんまり言うとまた殴るぞ」
堀(コイツ、背がどうのこうの言うのも、要は寂しかったってことかな…)
堀(俺も久々に鹿島の顔が見れて安心したし、今日くらいは構ってやるか…)
鹿島「やっぱり、この身長差が落ち着きますね!」ニコニコ
堀「…まぁ、そうだな」
鹿島「……!」ガッ
堀「だから高い高いはやめろってば」グググ
30: 以下、
鹿島(先輩は小さかったし、ついでに久しぶりに会えたし、良かった良かった)
鹿島(これにて一件落着、かな♪)
鹿島「……ん?」
鹿島「そういえば、まだなにか大事なことを忘れてるような……?」
31: 以下、
@野崎の部屋
御子柴「……別に…いいんだけどさ…」イジイジ
野崎「なぁ佐倉、御子柴はどうしたんだ?」コソッ
佐倉「みこりん、誕生日なのに鹿島くんに祝ってもらえなかったからヘコんでるみたい」ヒソヒソ
野崎「うわっ、女々しっ」ヒソヒソ
佐倉「しっ、みこりんに聞こえちゃう」ヒソヒソ
御子柴「今日ずっと教室にもいないし…鹿島にチョコをあげられないからって、女子が俺を囲んでくるし……」イジイジ
御子柴「俺たち、親友なんだよな……?」ショボン
野崎「み、御子柴、誕生日おめでとう!今日はチョコケーキがあるぞ!」
佐倉「みこりんおめでとー!ほら、野崎くんと私からプレゼント!フィギュア買ってきたんだよ!」
御子柴「……お前ら…ありがとう…」グスッ
※鹿島くんはパフェを食べたあとに思い出して無事にお祝いしてくれました
32: 以下、

続き・詳細・画像をみる


Windows 7、2020年のサポート終了でも3割以上のPCが移行せずそのまま使われる可能性

モバP「ふみちゃんは語りたい」

【悲報】速水もこみちさん、オリーブオイル使いすぎてBPOに訴えられる

WBCで味方になってみると異様に心強い選手を挙げるスレ

マクロスプラスみたいな路線の作品をまた作って欲しい

超操縦メカMGみたいに変形が楽しいゲームを他に知らない

back 削除依頼&連絡先