昔、森に迷い込んだ話『不思議な場所で女の人に奇妙な絵を見せられた』back

昔、森に迷い込んだ話『不思議な場所で女の人に奇妙な絵を見せられた』


続き・詳細・画像をみる


昨日、一昨日と久々に実家に帰って思い出した話をしたいと思う
思い出すきっかけを作ったのは母親
昼時に親父と母親と自分の3人で食卓を囲ってたら
唐突に「あんた昔わけわからないこと言って大変だったわよね~」
とか言い出してハッと思い出した話。
2: 本当にあった怖い
それまでは自分でも不思議なくらい綺麗さっぱり忘れてたんだけど
思い出した途端にこの記憶に吸い付けられるように離れられなくなって
どうにも気持ち悪いんでとりあえず誰かに話すことで発散したいと思います
オカ板は普段あまり見ないので内容に不足があれば指摘してください
マイペースで駄文になりそうなんで付き合ってくれる優しい方見てくださったらありがたいですw
3: 本当にあった怖い
見てるよ
4: 本当にあった怖い
>>3
ありがとう
この話は10年以上前、俺が小学校高学年の時の話
実家はY県で自然豊かな超田舎
周りは山だらけで清流も多くて川魚なんかもよく獲れた
そんな土地柄もあって夏の川は最高の遊び場
その日も1つ上の兄といつもの川で
魚やサワガニ、蛙なんかを手掴みしてはカゴに入れ、手掴みしてはカゴに入れと
上流に上りながら採集しまくってた
5: 本当にあった怖い
でもその日、なぜだか忘れたが兄と喧嘩して兄が先に帰ってしまった
多分どっちが先に見つけた魚だとかで喧嘩になったんだと思うw
俺はそれを追って帰るのも悔しい気がしたから
まだ陽も高かったし1人でさらに上流に向かうことにした
8: 本当にあった怖い
遅くてすまん
しばらく上流の方に来たところで川が2つに分かれている分岐点にぶち当たった
結構遊んでた川だったのにこんな分岐点今まであったっけ?ってなったけど
新規開拓して良い遊び場を見つけたら友達とかに自慢できるななんて軽い気持ちで
いつもの大きい流れの方ではなく、発見した細い流れの方に進んだ
9: 本当にあった怖い
しばらく進むと川幅が広くなってきて流れもかなり緩やかになった
水は軽く濁っていて魚は期待できそうにない
木の枝やツタが垂れ下がり、川にまで浸かっていてどんどん森が深くなっていった
さすがに戻ろうと思って川を下ると
上っていたときには気付かなかったが川が下流に向かって枝分かれしていて
自分がどの水流を通ってきたかはっきりわからなくなってしまった
俺は完璧に迷ってしまった
10: 本当にあった怖い
当時の俺はそんなに慌てることもなく
とりあえず下ってれば本流に辿り着くだろうなんて思いながら
適当に川を下流に向かって進んだ
しかし進んでも進んでも一向に景色が変わらない
それどころか森はもっとうっそうとしてきた
しかも川はほとんど流れが止まって、アオコが繁殖したみたくなっていた
気持ち悪かったんで一旦川から上がって
森の中を川沿いに進んだ
12: 本当にあった怖い
しばらく歩いてると見慣れない山菜みたいなものがちらほら生えていて、開けた場所に出た
すると突然背後から声をかけられて肝を冷やした
なんでこんな山奥に人がいるんだろうと。
でもそれ以上にびっくりしたことは声をかけてきた女の人
服着てないんだ
14: 本当にあった怖い
>>12
えっ!!
15: 本当にあった怖い
>>14
びっくりでしょw
思春期真っ盛りの俺も恐怖と女性の裸のダブルパンチに完全に気が動転したw
年齢は多分20代くらいで若かったと思う
ちょっとふっくらした体型
俺は怒られるんじゃないかと勝手に怖がっていたが
女の人はただちょっと困ったみたいな顔をして俺になんか話しかけてくる
16: 本当にあった怖い
で、俺もなんとか落ち着いて意思疎通しようとした
でも全然話が通じないんだ
顔立ちも外人っぽかった
するとその女の人が俺の手を引いて森の方へ向かい始めたので
そのままついて行った
不思議と怖くはなかった
17: 本当にあった怖い
森の中を進んでいくと広場みたいなところに出て、人がたくさんいた
みんな同じような顔立ちで女性ばかりだった。というか女性しかいなかったと思う
同い年くらいの子もいた
どうやら集団で生活をしているらしい
木造というよりは太いタンポポの茎(上手く表現できなくてすみません。みずみずしくて太い茎です。2Lのペットボトルくらいの太さ)のようなもので作られた建物どうしが連結してコミュニティを形成していた
19: 本当にあった怖い
そのコミュニティにはエリア?のようなものがあって
エリアとエリアの間は橋が繋いでた
その橋は家に使われていた茎とはまた違った感じのどちらかと言えばツタ(所々、青紫とか黄色っぽい)で編まれたものだった
俺は広場から進んで最初のエリアを通過して橋を渡って2個目のエリアに入った
1つのエリアの大きさは正確には把握できなかったが恐らく野球場くらいだったと思う
エリアがいくつあったかはわからない
27: 本当にあった怖い
女の人に連れられてコミュニティの中を歩きながら見た風景は割と鮮明に覚えてます
一番印象的だったのは神殿のような巨大な建物がそびえ立ってたこと
それも石で作られたのではなく茎やツタを駆使して作られたらしいものだった
かなり造形は凝っていて当時は知らなかったがサグラダファミリアを彷彿とさせるような美しいものだった
神殿は距離感的に確実に違うエリアにあったと思う
もしかしてそこが中心的なエリアなのかもしれない
31: 本当にあった怖い
コミュニティを歩く人々は籠を運んでいたり話し込んでいたり
何か忙しそうな様子だった
いずれも衣服は身につけておらず、装飾などもしていない
どこかの民族の村のような感じだった
そのうちその女の人の家らしき建物に到着した
俺は家に迎え入れられて、もてなされた?と思う
妙な安心感があって全然怖くなかったのを覚えてる
34: 本当にあった怖い
どうしてかここからは記憶が本当に曖昧
どうしても上手く思い出せない
何かの絵を何枚か見せられて、唄?っていうか音?を聴かせてもらって
それで気付いたらいつもの河原に駐めてた自分の自転車の前に立ってた
時間は夕方くらいになってた思う
家に帰ってこの出来事を親に必死に話したがわけがわからないと一蹴され
結局その話はもうするなということになり、話すことがタブーになった
これが俺が体験した話
何故かすごく大切な思い出のような気がしてあったかい気持ちになる
36: 本当にあった怖い
割と面白い話であった
37: 本当にあった怖い
そんなこんなで思い出しながら当時のことを両親と話してたときに
母親が言ってたことなんだが
その日から俺は大事なペンダントをなくしたと毎日騒いだらしい
顔か何かが描いてあるペンダントだといって探し回っていたとのこと
俺はそんなこと言った記憶が全くないんですが
38: 本当にあった怖い
まぁこんなところです!長文スミマセン
オチも特にないんですが
なんか不思議な体験だったなと思い出したので書かせてもらいました
モヤモヤの原因としては大事な部分をすっぱり忘れている気がしてまして
それがペンダント?になにか関連してるのかななんて思ったりもしてます
質問あれば答えます
オカルト好きの力貸してくれw
なんか些細な情報でもあれば
ちなみに昨日も家族には相当気持ち悪がられましたが
普通の社会人ですw
精神的な病とかは患ってませんw
39: 本当にあった怖い
おつかれ
ずばり聞くがヴォイニッチ手稿の話は知っているか?
40: 本当にあった怖い
>>39
付き合ってくれてありがとう!
すまんわからない
ウィキります
42: 本当にあった怖い
>>39
ただいま
暗号?
でも確かに女の人が裸で描かれてますねw
緑の川も一致してます
44: 本当にあった怖い
>>42
昔、オカ版で「記憶が二つあるんだが」というスレがあった
簡単にまとめると川ですべって森のような所に出て裸の人々が草を使った原始的な生活をしてた、
そこの人々が使われてた言語が謎の奇書ヴォイニッチ手稿の文字に似てたって話
お前の話はそれと多少似ている
ヴォイニッチに関わる情報に繋がれば面白いんだが。ヴォイニッチと画像検索かけると代表的な絵や文字がでてくるが
これらに見覚えや心当たりはないか?
「記憶が2つあるんだが」 謎に包まれたヴォイニッチ手稿が読める男の話
http://world-fusigi.net/archives/4300708.html
46: 本当にあった怖い
>>44
サンクス
スレみてきた!
共通項だらけで驚いた
どこの川とかは情報ないんだよね?
確かに何もかもに植物を使ってた
しかも見慣れないようなやつ
ちょっとヴォイニッチの画像見てきます
47: 本当にあった怖い
で出ーっ!
無理矢理既存の有名ネタと繋がり有ることにするヤーツー!
41: 本当にあった怖い
おつおつ??!
その場所ってそんな村が作れそうなくらい大きいところなの?
43: 本当にあった怖い
>>41
?←1つのエリアはこんな形で、白い縁の部分に建物が連なっていて
黒い部分は人が歩いたり屋台?のようなものがあったと思います
花なんかも咲いてました
全体像は見ていないのでわかりませんがエリアは3個以上存在してると思います
48: 本当にあった怖い
なかなかおもしろかった
51: 本当にあった怖い
なかなかいい話だったよ
52: 本当にあった怖い
>>48
>>51
ありがとう
ヴォイニッチ手稿調べてきました
いくつか気になることもあったので気楽に書いていきます
62: 本当にあった怖い
遅くてすまぬ
まずはじめに言葉はたくさん聞いたけど
ヴォイニッチ手稿に書いてあるような文字はよくわかりませんw
コミュニティ内にあったのかもしれませんが模様だと思ったのかあまり記憶に強く残ってない
気になったのは緑の川のある描写で
多分右端にあるのがページ数で84ってとこ
1番上にある柱みたいなものが多分橋の支柱だと思う
というのも橋の下は全く見なかったんだが橋の色合いやら形がこれそっくり
橋は緑に川を渡るためのものだったのかな
※多分このページだと思います。
http://www.voynich.com/folios/
67: 本当にあった怖い
男は一人もいなかったのか?
あと茎ってのはさつまいもとかつわの葉みたいな茎だった?
69: 本当にあった怖い
>>67
少なくとも俺は確認できていない
あと些細なことかもしけないけど
手稿はかなり細かいところまで描写してると思う
女性の髪。
手稿みて思い出したがほとんどの人が編みこんでた
けど幼い子や年老いた人はしてなかったと思う
だから若い人はみんなこうするのかも
73: 本当にあった怖い
>>69
肌や目の色は何色だった?
74: 本当にあった怖い
>>73
基本的に白人を思い浮かべて貰えばいいかな
でも目の色までは覚えてない
70: 本当にあった怖い
ああ
婆さんや幼子もいたのか
…こんなこと聞くのあれやけど皆かわいくてナイスバディだった?
71: 本当にあった怖い
>>70
気になるよねw
はっきり言って体に違いがほとんどない
お尻は大きかったw
顔はあんまり覚えてないけど
超絶美人って感じじゃないが整ってるくらいの感じだったと思う
あと茎はつわの葉よりはもっと太くて色がついてたよ
72: 本当にあった怖い
色?
緑ではなくて?
>>71
ああ
俺もその世界にいきたい…
74: 本当にあった怖い
>>72
青紫とか黄色が混じってる感じ
75: 本当にあった怖い
あとヴォイニッチの絵ですごい不思議な感情を抱くものがあるんだけど
胎児と植物の絵
これ女の人の家で似たようものを何枚か見せてもらった気がするんだ
なんか悲しそうに話してたと思う
76: 本当にあった怖い
出産なら嬉しそうなはずだけど
なぜ悲しそうだったのかね
77: 本当にあった怖い
>>76
すまん
よく思い出せないんだ
あの絵は何を表しているんだろうか
78: 本当にあった怖い
俺もその世界にいきたい…
79: 本当にあった怖い
>>78
ぜひ見てほしい
同じような経験した人が実際いるみたいだし
気になることがどんどん増える
82: 本当にあった怖い
すげぇな!子供の頃だから行けたのか、どうなのか?もう一度同じところに凸してもらいたい
81: 本当にあった怖い
また何かあればカキコします
質問でも些細な情報でも何かあればお願いします
それでは今日は寝ます
83: 本当にあった怖い
>>81
乙!続き待ってる!
#kako_link a {color:#0000ff;}
▼合わせて読みたい「記憶が2つあるんだが」 謎に包まれたヴォイニッチ手稿が読める男の話
『変なおっさんに拉致されてた』?ヴォイニッチ手稿との奇妙な一致
謎の古文書『ヴォイニッチ手稿』が誰でも無料でダウンロード可能に
【異世界?】子供のころ『川の人』という人がいた【時空のおっさん?】
何かよくわからない世界を見てきた
-->
- Tweet
-
-
-
-
この記事が気に入ったら
イイね!しよう
不思議.netの最新記事をお届けします
おススメ記事ピックアップ(外部)
「異世界」カテゴリの最新記事
「異世界」の記事一覧
おススメサイトの最新記事
コメント
1 不思議な
嘘でも面白い
2 不思議な

続き・詳細・画像をみる


【グルメ&登山漫画】「山と食欲と私」実写化 山岳映画とコラボ

【朗報】Jリーグ、DAZN参入によりJ1で優勝すると最大22億貰えるようになる

母性炸裂。メス犬がゴミ箱からが必死で救い出したのは、見ず知らずの小さな子犬たちだった(ブラジル)

嫌いな名言をあげていけ

「フェアリーズ」が握手会でSPサービス?ツイッターでファン歓喜www

鬱は甘えって言う友達論破したった

back 削除依頼&連絡先