梨子「私レズじゃないんだけど!!?」back

梨子「私レズじゃないんだけど!!?」


続き・詳細・画像をみる


8人「ええっ!!!?」ガーンッ
梨子「なんでみんな揃って驚いてるの!?ていうか、なんで私のことレズだとか思ってたの!?」
曜「だ、だって梨子ちゃんって……あのレズの名門音ノ木坂女学院から転校してきたんでしょ!?」
梨子「レズの名門ってなに!?音ノ木坂は普通の女子校なんだけど!!いないわよレズなんて!!」
ダイヤ「そんなドスケベボディをしておきながら、レズではないんですの!?」
梨子「ドスケベボディ!?初めて聞きましたよそんな単語!!私はドスケベじゃありません!!///」
ルビィ「じゃ、じゃあ……日頃ルビィたちの身体を狙う肉食系レズっていうのは……///」
梨子「狙ってないわよ!!」
善子「クレイジーサイコレズじゃないの!?」
梨子「また出た!知らない単語!なにそれ、どこで使うのそんな言葉!!」
3: 以下、
果南「まあ待ってよみんな。まだ梨子がレズじゃないって決まったわけじゃないし」
梨子「レズじゃないわよ!?なんでその一抹の可能性を捨てようとしないの!?」
鞠莉「そうね……音ノ木坂のエリートレズ桜内梨子は、まだ目覚めていないだけかもしれないわ……」ウーム
梨子「エリートレズ!?私ってどんな印象でみんなに受け入れられてるの!?」
千歌「私たちAqoursにレズを広めにきたレズの伝導師」キッパリ
梨子「よくそんな得体の知れない人を仲間に出来たわね!?あなたたちの順能力どうなってるのよ!!」
4: 以下、
千歌「え?……ホントにレズじゃないの?」ジトー
梨子「レズじゃないったら!!」
曜「こそっと私たちの私物を持ち帰ってやらしいこととかしないの?」
花丸「練習着の匂いを嗅いで興奮しないずら?」
果南「今日はどの娘に奉仕させようとか思ってないの?」
梨子「あなたたちいい加減にしなさいよ!?」
5: 以下、
善子「おかしいわね……堕天使ルシファーは、リリーは淫魔の生まれ変わりだって確かに……」
梨子「普通にお母さんから生まれた普通の女の子です!!」
ルビィ「……ちなみにお母さんは聖母ですか?もしくはお母さんは二人ですか?」
梨子「処女懐胎してないわよ!!まごうことなくお母さんとお父さんの交……わり……///によって生まれてきてるわよ!!///」
鞠莉「お母さんはレズビアン?」
梨子「ホントにやめてもらっていいですか!?なんで実の母親がレズなんですか!!」
ダイヤ「……親子丼」
梨子「ごめんなさい、しばき倒していいですか!!?」
6: 以下、
梨子「いい!?私は!レズじゃ!ない!まったく……二度と私をレズとか言わないで――――」
サワッ
梨子「ひうっ!?///ち、千歌ちゃんっ!?///なんでお尻触るの!?///ひゃんっ!///」
千歌「えー、だって……ねえ?口ではなんとでも言えるし?レズじゃないなら、これくらいされても平気でしょ?」ニコッ
梨子「なんっで……んっ///そうなるのよぉ……///」
曜「そうだね♪じゃ、みんなで確かめよっか♪」
レロッ
梨子「んんっ!///曜……ちゃ……///耳……舐めないでよ……///」
鞠莉「んふっ☆」
ンチュ
梨子「!?!?!?///」
ダイヤ「もう、鞠莉さんたら。ズルいですわよ、私も」
ンムッ
ダイりこまり「じゅるっ……ぴちゃっ、んあっ……はぁ……///」
梨子「なん……三人で……キヒュしてるの……?///」トローン
鞠莉「シャイニー☆でしょ?」クスッ チュッ
7: 以下、
果南「あー、鞠莉もダイヤも。私を置いて盛り上がらないでよね。ほら、梨子」
顎クイ
梨子「んぁ……///」
果南「口開けて……」タラー
ツゥーッ
梨子「へぁ……んっ///」コクン
果南「フフッ、いい子だね」ナデナデ
8: 以下、
曜「梨子ちゃん♪」
レロッ
梨子「ん……あっ……///」ビクッ
曜「えへへ、耳の穴舐められるの好き?」ポソッ
レロッ ピチャッ
梨子「んん///」
曜「もっと奥まで舐めてほしい?♪」
梨子「?ッ!///」
曜「いいよ、んぁ」ズチュッ グチュッ
梨子「んあぁ!!///」
9: 以下、
花丸「みんな盛り上がってるずらね。じゃあ、ルビィちゃん♪」
ルビィ「うん♪」
スッ
ペロッ ピチャッ ツウッ
梨子「ひぐっ!!///」
花丸「クスクス、梨子先輩は太ももで感じちゃうずらね♪」チロッ
ルビィ「太ももの内側を……こうやって……ベー♪って舐められるの……気持ちいいですか?///」ウワメ
梨子「っんぅ!///二人……のっ!///小さなぁっ、舌が……チロチロって……きゃあっ!///」ビクンッ
花丸「お股の付け根のところも……」レロッ
梨子「やあぁっ!///」ビクッ
11: 以下、
善子「リリーったら、みんなに責められて興奮してるのかしら」ソッ
梨子「ち、ちが……っ///」
善子「クスッ、いいのよリリー♪自分に……正直になれば……♪」
クチュッ
梨子「んんん!!//////」
善子「アハハ、下着の上からでもこーんなに濡れてるじゃない♪」
クチュ グチュッ
梨子「んっ!///あ"っ!///」
善子「ほら、ヨハネの指で……リリーのこと、堕天させて……あ・げ・る♪」
ズチュッ
梨子「ひぐぅっ!!///」
12: 以下、
トローリ
善子「こんなに垂らして……♪ほら、舐めなさいリリー。あなたのものよ♪」スッ
梨子「は……はっ……///」ペロ チュウ
善子「ずいぶんおいしそうじゃない♪」
鞠莉「ほーんと♪」
ダイヤ「とても甘美そうですわね……♪」
ンチュウ
梨子「へあぁ……///ひた……しゅわないれぇ……///」
13: 以下、
千歌「もー、みんな梨子ちゃんのことイジメちゃだめでしょ?ねー、梨子ちゃん」ヨシヨシ
梨子「ふぇ……?///」
千歌「梨子ちゃんはレズじゃないんだから、こんなことしちゃ可哀想だよ」ニコニコ
梨子「あ……あ……///」
千歌「ごめんね梨子ちゃん。もうしないから安心して♪」
梨子「ッ///」
千歌「でも……」クスッ
千歌「梨子ちゃんがレズだって認めるなら、この続きをしてあげてもいいよ♪」ニコッ
千歌「どうする……梨子ちゃん♪」
14: 以下、
千歌「♪」スルッ
ポイッ
千歌「今日一日……練習もして蒸れた私の足♪」ムアッ
千歌「もし梨子ちゃんがレズだって言うなら、この続きをしてほしいなら……」
千歌「舐めなよ♪」スッ
果南「千歌、鬼畜?♪」
花丸「ずら♪」
梨子「はっ……はぁっ……///」
梨子「っ……///」スッ
鞠莉「わぁお♪」
善子「リリーったら、ひざまずいちゃった♪」
梨子「//////」
ムアッ
梨子「はっ……はっ……///」ンァ
千歌「ストップ」
梨子「え?///」
15: 以下、
千歌「なんでそのまま舐めようとしてるの?」ニコニコ
梨子「その……まま……?」
千歌「わざわざ梨子ちゃんのお願い訊いてあげるんだよ?梨子ちゃんもそれなりの感謝と誠意を見せてくれないと」
ダイヤ「そうですわね」
ルビィ「ですね♪」
千歌「脱ぎなよ、梨子ちゃん。今ここで」
梨子「そん……ウソ……だよね?///」
パシンッ
梨子「っつ……!」ジンジン
千歌「……なんで、タメ口なの?」ニコッ
梨子「……///」ゾクッ
千歌「これが最後だよ。舐めて、今の梨子ちゃんに相応しい格好で」
16: 以下、
千歌「返事は?」
梨子「んっ……は……い///」
シュルッ
プチッ
パサッ
梨子「……………………///」ヌギッ
果南「クスクス……梨子のパンツ、やらしく糸引いてる♪」
ペロッ
鞠莉「ん?♪ヤンミ?♪」ペロリ
梨子「はっはっ……///」
スッ
ドゲザ
梨子「わた……しは……///レズ……です///」
梨子「お願い……します///もっと……気持ちよく、して……ください……///」
17: 以下、
千歌「クスクス、じゃあ……本気で気持ちよくしてあげるね♪」
18: 以下、
千歌「私たちの……可愛い奴隷として……♪」ニコッ
19: 以下、
終わった方がいいかもしれない。
24: 果南×ノーマルセックス 2016/08/21(日) 00:25:59.93 ID:WbYJrSXaO
果南「ほら、おいで梨子。私の部屋なんだから、くつろぎな」
梨子「あ、あの……///」
果南「ん?」
梨子「これ……はずしても……///」カチャ
果南「ダーメ♪梨子は私たちの奴隷なんだから♪似合ってるよ、その首輪♪」
梨子「ど、奴隷……///」
果南「そんなに身構えないでよ。そんなことより……」グイッ
梨子「きゃっ!///」
ギュウ
梨子「か、果南さん……?///」ドキドキ
果南「みんなはどんなプレイさせるかわかんないけど、最初くらいはいいよね?恋人みたいな……甘いエッチするのも♪」
梨子「恋人……///」
チュウ
果南「ちゅるっ……んっ……ぷはっ……」
梨子「えはぁ……///」トロン
果南「キスだけでそんなに蕩けて……♪じゃ、脱がすね……♪」
梨子「は……い///」
果南「緊張する?」
梨子「……………………///」コクン
シュルッ
パサッ
果南「じゃあ、年上らしく……しっかりリードしてあげないとね♪」
25: 以下、
ポスッ
果南「来なよ、梨子」ポンポン
梨子「……///」ポス
ムニィ
梨子「んっ///」
果南「こうやって後ろから胸揉まれるの……気持ちいい?」
梨子「はっ……あん///」
果南「いい声で鳴くね……さすが奴隷♪乳首もツンッて勃ってるよ♪」コリッ
梨子「ふあっ!!///」
果南「固いね♪そんな梨子の乳首をつまんで……引っ張ってみたり……♪」キュッ
梨子「ッ!!///」
果南「指で弾いてみたり♪」ピンッ
梨子「んんっ!!///」
26: 以下、
果南「すっごく可愛いよ、梨子」
カリ
梨子「っ……あ……首、噛まないでぇ……///」
モニュモニュ
果南「クスッ、梨子の色気に……私も濡れてきたよ……♪」ジュンッ
果南「そのまま、手伸ばして……触ってみて」
梨子「はぃ……///」ソーッ
トロッ
梨子「すごい……濡れ……てる///」
果南「梨子もね♪ね、舐め合いっこしようか♪」
梨子「ふぇ?///」
ゴロン
果南「へへ、梨子が下ね……わぁ……///トロットロで……おいしそう♪」
梨子「ダメっ……見ちゃ……いや……///」
果南「顔背けないで……私のおマ○コ……気持ちよくしてよ♪」
梨子「ん……///」ピチャッ
果南「ん///私も舐めるね♪」ジュルル
28: 以下、
果南「梨子のおマ○コ、甘くて……チュル……ちょっとしょっぱくて……♪ズチュッ……とってもいやらしい味がするよ……♪」
梨子「ダメ……言わない……でぇ///」
果南「おマ○コ汁が止まらないね……♪舐めても舐めても……ジュルジュル……いーっぱい出てくる♪ここもプックリ膨れてる……♪フフッ、イタズラしちゃおうかな♪」カリッ
梨子「ふわあぁぁ――――!!!//////」ビクンッ
果南「あれ、ここ好きだった?♪」クスクス
スッ
果南「そんなに感じてくれて……嬉しいよ、梨子♪」チュッ
梨子「んっ……///」
果南「じゃ……梨子も準備は出来たみたいだし、前戯はここまでにして、セックス……しよっか♪」
梨子「//////」コクン
安価下5まで多い方
双頭ディルドor貝合わせ
33: 以下、

34: 以下、
貝合わせで
果南「梨子……足広げて」
梨子「は、はい……///」
果南「アハハ、丸見えだね♪梨子の恥ずかしいところ……♪」
梨子「?//////」
果南「すごく濡れて、欲しがってる……♪ここに私のを……」
ピタッ
クチュッ
梨子「?!!///」
梨子「な、なにこれぇ……///」
果南「このまま動くよ♪」
ズチュッ
ヌルッ
ズチュッ
梨子「やぁっ……///こん……なのぉ……しらっ……ないよぉ……///」
38: 以下、
果南「くっ……ふぅ///私とっ、梨子の……愛液が混ざって……ヌルヌルしてるね……///」グイッ グイ
梨子「ふあぁ!!///だめぇ……!!///声が……んんっ、出ちゃうよぉ……!!///」
ヌチャ
クチュッ
果南「いいよっ……梨子のキレイな声……もっと、聞かせて……!///」
39: 以下、
梨子「やっ……///ダメっ、これ……すごっ///あんっ!///かな……んんっ!!///ひぐうっ!!///」
果南「はぁっ……んっ!///ヤバッ……梨子のおマ○コ……エッチすぎて……もう……///」
梨子「くっ……っちゃうよぉ……///ィク…………イッ……ちゃ、あぁ――――!!///」
果南「一緒に!///一緒にイこう……!!///」
梨子「キヒュ……キスしながらぁ……!!///」
果南「んっ……ちゅっ……///んん!!んっく……///」
梨子「んは……っん!!///んく……///んんん――――!!!///」
かなりこ「んんんんん――――――――!!!//////」
プッシャア……
40: 以下、
果南「いや……燃えたね……」アハハ
梨子「ん///」ギュッ
果南「なんだろうね……ことが終わったあとのこの妙な気恥ずかしさは……///」クテー
梨子「ん……///」モジッ
果南「……………………」ムラッ
果南「……梨子」ガバッ
チュッ
梨子「んっ///」
果南「奴隷らしく……命令してみようかな♪梨子、もう一回するよ♪」
梨子「……はい///」
47: ルビィ×アナル調教 2016/08/23(火) 00:02:29.55 ID:iqd/x+tqO
ルビィ「梨子ちゃん♪」ギュー
梨子「今回はルビィちゃんなのね……」
ルビィ「だっ、ダメですぅ!ちゃんとルビィ様って呼んでください!」
梨子(可愛い……///)
梨子「クスッ……はい、ルビィ様」ニコッ
ルビィ「エヘヘ♪ルビィ、頑張って梨子ちゃんのこと調教するね♪」ニコニコ
梨子「あ、やっぱりそうなのね……」
ルビィ「ルビィ……梨子ちゃんのアナル、調教したいな///」
梨子「アナルって……お、お尻の穴!?///無理無理無理!絶対無理!そんなの恥ずかしすぎて――――」
ルビィ「命令、です♪」ズイッ
梨子「!///」
梨子(つ、強気なルビィちゃん……なんかいい///)
梨子「は、はい……///」
49: 以下、
梨子「あ、あの……///ルビィ……様……///この体勢……その……///」
ルビィ「梨子ちゃん、お尻丸出しで四つん這いで……♪恥ずかしいところ全部見えちゃってる♪」
梨子「は、恥ずかしいです……///」
ルビィ「エヘッ♪」クンクン
梨子「?ッ!!///か、嗅がないで!!///」
ペチンッ
梨子「んきゃあっ!///」
ルビィ「隠しちゃダメです!梨子ちゃんは、ルビィが何してもそのままでいること♪わかりましたかっ?♪」ペチンッ
梨子「んんっ!///は、はいぃ……///」
ルビィ「梨子ちゃんのアナル……♪」クンクン
梨子「?!!//////」
ルビィ「べ?♪」ペロッ
梨子「ひぐっ!?///な、舐められて……るの?///お、お尻の穴……///」
ルビィ「♪」ペロペロッ チロチロ ズボッ
梨子「!?!?!?//////」ビクッ
梨子「う、ソ……舌が……入ってぇ……!!///」
ルビィ「?♪」ズチュッ ズチュッ
梨子「ひ……ぐぁ……///あっ……んっ!!///」ギュッ
ルビィ「チュウ……プハ……♪梨子ちゃんのアナルキュッ……ってしてる♪アナル舐められるの好き?♪」
梨子「だっ、め……そんなとこ……汚いからぁ……//////」
50: 以下、
ルビィ「じゃあ、キレイにしてあげるね♪」つローション
梨子「ぇ……?///」
ルビィ「?♪」
タラーリ
梨子「ひゃっ///冷たいっ……///」ビクッ
ルビィ「梨子ちゃん、力抜いてね♪」ソーッ
グチュウ
梨子「ひぎっ!!//////」
ルビィ「スゴいよ梨子ちゃん♪いきなり指二本も入っちゃった♪」グチュッ ズチュッ
梨子「やっ、おぐっ!!///あ"っ///」
ルビィ「梨子ちゃんのアナル柔らかいね?♪もしかして、一人でエッチなことしてたりするのかな♪」クスクス
クパァ
梨子「だっ、めぇ……!!///拡げ、ないっ……でぇ//////」
ルビィ「中まで見えちゃってるよ♪梨子ちゃん♪」
51: 以下、
ルビィ「とってもキレイなピンク色……♪梨子ちゃんのアナルの中を、指で引っ掻いてみたり♪」カリッ
梨子「んあはぁ!!///そ、れ……ダメ……///」
ルビィ「動かす度にヒクヒクして……指がキュウキュウ締め付けられちゃう……♪」ズチュッ ズチュッ
梨子「お"っ!///」
ルビィ「梨子ちゃんの下品な声……ルビィ、もっと聞きたい……///指、三本入れるね……///」グッ グチュッ
梨子「おぁがっ……///おあ"……///おひっ、おひりの穴がぁ……//////」
ルビィ「四本……めっ///」ズチュウ
梨子「おぉっ、おかひくなりゅう……!!ひぎぃっ!!///やめっ、やめでぇっ……!!///」
ルビィ「このまま……手首まで……いいよね?///ねっ、梨子ちゃん///」ハァハァ
梨子「む、りぃ……///入らない……入らないからぁ……!!//////」
ルビィ「ダメ、ですっ///」グリィッ!
梨子「かっ――――!!///おぁがぁぁぁぁぁ――――!!!//////」
53: 以下、
ルビィ「すごーい♪梨子ちゃんっ、ルビィの手首がスッポリ入っちゃったよ♪」ジュポッ グチュッ
梨子「おぁが……!!おごおっ!!//////」
ルビィ「梨子ちゃんの中……あったかぁい///」グポッ ジュチュッ
梨子「ほぐっ……!!///お"、お尻ぃ……!!拡がりゅうぅぅぅ――――!!!」
ルビィ「エヘヘ♪このままずーっと、アナルが拡がったままに改造するのもいいかも///」
梨子「いや"ぁっ!!///抜いっ、でぇぇぇぇぇ――――!!!///」
ルビィ「梨子ちゃんがアナルでイッたら、ね♪」グッ! グパァ!
梨子「あがあぁぁぁぁぁ――――!!!おひりのながぁ!!!グリグリしないれぇぇぇ――――!!!///ひぐっ、い"っぢゃうよ"ぉぉぉぉぉ――――!!!!!」
ルビィ「もうイッちゃうの……?いーよ♪じゃ、その可愛い声で、叫んでね///」
ジュポンッ!
梨子「―――――!!!おぁぐ……!!い"っぐうぅぅぅぅぅ――――!!!!!」
プシッ,プシャア……ッ!
54: 以下、
梨子「ほぐっ……あがっ……!!///」ビクンビクン
ルビィ「うわぁ///梨子ちゃん……腸液ダラダラ……///痙攣しちゃってる……///」ナデナデ
梨子「あっ……お"っ!!///」ガクガク
ルビィ「アナルもパックリして///これ、しばらくは元に戻らないかな……ま、いっか///」
梨子「や……ぁ……!///」プルプル
ルビィ「このままアナルプラグして、ずーっとガバガバのアナルにしてあげるね……///」
梨子「お、ひり……ぃ……///」ビクッビクッ
ルビィ「エヘヘ、好きだよ♪梨子ちゃんのアナル///」チュッ
59: 花丸×赤ちゃんプレイ 2016/08/26(金) 08:47:26.21 ID:TTtbBfOqO
花丸「エヘヘ♪梨?子ちゃーん♪」ムギュー
梨子「は、花丸ちゃん……///」
花丸「マル、梨子ちゃんの調教したかったずら?♪」
梨子「うぅ……なんでよ……///」
花丸「じゃあさっそく……これ、くわえて♪」
梨子「こ、これ……///赤ちゃんの、おしゃぶりじゃない……///なんで……///」
花丸「はい、これも……♪」ギュッ
梨子「よだれ掛け……///」
花丸「それから……オムツも着けるずら♪」
梨子「お、オムツ!?//////」
花丸「今から梨子ちゃんは?♪オラの赤ちゃんず・ら♪」
梨子「?//////」
花丸「返事は?」ニコッ
梨子「///」カプ
梨子「……///……バブ///」
63: 以下、
花丸「んふふ?♪裸の梨子ちゃんに、よだれ掛けと紙オムツ♪とーってもエッチずら♪」ナデナデ
梨子「?///」
花丸「梨子ちゃん、エッチって言われて乳首が勃ってきたずら♪もしかして、興奮してる?」
梨子「……///」コクン
花丸「おしゃぶりしてるから喋れないか……でも、赤ちゃんのくせにマルの言葉に興奮するなんていけないことだよ?恥ずかしくないずら?」ニコッ
花丸「変態」ボソッ
梨子「ッ!!///」ジュンッ
花丸「涙目になっても可愛いずらね♪い?っぱい可愛がってあげるずらよ♪マルの赤ちゃん♪」
66: 以下、
花丸「好きなだけマルに甘えるずら♪どんな変態でも、梨子ちゃんはマルの赤ちゃんなんだから♪」ギュッ ナデナデ
梨子「?///」
梨子(なんか……ホントにお母さんに撫でられてるみたい……///)
花丸「はい、梨子ちゃん♪おっぱいあげまちゅよ?♪」プルンッ
梨子「ぁ……///」
花丸「?♪」
梨子(花丸ちゃんの……おっぱい……///)
花丸「あ、こうした方がおいしいかな……♪」つ練乳
トローリ
花丸「さあ、おいで♪梨子ちゃん♪」プルン
梨子「……?ッ///」アムッ チュッ
花丸「んっ///」
梨子「?ッ!///?ッ!///」チュウ
チュパッ レロッ
花丸「もう、梨子ちゃんったら///強く吸いすぎずらよ……///そんなに、マルのおっぱい……おいしい?///」
梨子「……//////」コクン
梨子「甘くて……いい匂いで……///花丸ちゃんに……もっと、甘えたくなっちゃう……//////」
67: 以下、
花丸「いいずらよ♪いーっぱい甘えて♪」ギュー
梨子「……うん///」チュッ ヌチュッ ンァッ ハムッ
花丸「あんっ///もう、激しいずらよ///マルのおっぱい……梨子ちゃんのヨダレでベトベト……♪」
花丸「もっと垂らすね♪」タラー
梨子「んあっ……///」ムチュッ チュウチュウ
花丸「梨子ちゃん、マルのこと……ママって読んでいいずらよ♪」
梨子「ん……ま、ママ……///ママ……好きぃ……///」
花丸「エヘヘ♪」ナデナデ
69: 以下、
梨子「んっ……!?///」ピクッ
花丸「……どうしたずら?♪」
梨子「っ///あ、あの……なんだか……もよおして……///」モジモジ
花丸「……………………ふぅん」ニヤ
梨子「ご、ゴメンねママ……ちょっとお手洗いに――――」
ギュッ
梨子「へっ?///」
花丸「なんでおトイレに行こうとするずら?」ニコ
梨子「……へ?///」
花丸「梨子ちゃんは今、赤ちゃんで……オムツもしてるのに。おかしいずらね♪」ニコニコ
梨子「……」ゾッ
花丸「いいずらよ、ここでお漏らしすれば♪」
梨子「そんっ……な……ウソよね……花丸ちゃ――――」
花丸「ママ、でしょ?」ニコッ
梨子「はっ――――あっ……!!」モジモジ
花丸「やーっと練乳に混ぜた利尿剤が効いてきたみたいずらね♪待ち遠しかったずら?♪」ナデナデ
梨子「利尿剤……って、そんな……っ!!///」
花丸「さぁ、漏らすずら♪梨子ちゃん♪」
73: 以下、
梨子「やっ///ダメっ、逆らえない……///ママ、ママぁ……出ちゃうよぉ//////オシッコ……漏らしちゃうぅ///」
花丸「見ててあげるずらよ♪梨子ちゃんの恥ずかしいところ♪」
梨子「やあっ///ら、らめぇ……!///」
チョロッ
ショワァァァァァ
梨子「ひっ……やぁっ///」
花丸「ちゃーんと見てるずらよ♪梨子ちゃんがお漏らししてるところ♪」
梨子「オムチュの中ぁ……グチュグチュで、気持ち悪いよぉ……///」
花丸「ママがあとでちゃーんと取り替えてあげるずらよ♪オシッコまみれの梨子ちゃんのおマ○コも、キレイキレイしてあげるからね♪」
梨子「んん、ママぁ……ギュッて……して?///」
花丸「甘えん坊ずらね、梨子ちゃんは♪」ギュッ
梨子「お漏らししてゴメンなさい、ママ……///」
花丸「フフっ、梨子ちゃん可愛いずらぁ///」
梨子「ママ、しゅきぃ……///」
82: 曜×SM(無論グロは無し) 2016/09/20(火) 18:37:29.37 ID:0H1XErHYO
曜「エッヘヘ?♪どう、梨子ちゃん♪似合ってるかな?♪」クルクル
梨子「そ、その衣装は……」
曜「ボンテージ衣装だよ♪梨子ちゃんをSM調教するんだもん♪ちゃーんと、雰囲気出してあげないとね」ニコッ
梨子「ッ///」ゾクッ
曜「さて……と。梨子ちゃん♪」
梨子「は、はい……」
曜「脱いで。それから土下座ね」
梨子「ッ!!///」
曜「ちゃんと主従関係はっきりさせないと♪さ、はやく」
梨子「恥ずかしい……///」
パンッ
梨子「キャッ!」パタッ
梨子「うぅ……」ヒリヒリ
ガシッ
梨子「やっ、髪……引っ張らないでぇ……!」
曜「なに恥ずかしがってるの?もうみんなに散々可愛がられて興奮して、汚いマン汁でお股濡らしたんでしょ?今さら服脱ぐくらいで恥ずかしがるとか、バカなの?ねえ?」
梨子「?ッ!///」
曜「うわっ、貶されてるのに顔赤くするとか……梨子ちゃん、ホント変態だね」
梨子「やっ、ちがっ……///」
フミッ
曜「変態の梨子ちゃんの顔なんか、こうやって踏んじゃうんだから♪」
グリグリ
梨子「やっ///よう、ひゃん……///」
曜「曜様……でしょ?」スッ
梨子「ひゃあ……//////よぅ……ひゃまぁ……///」ドゲザ
曜「クスクス、顔を踏まれてスイッチ入っちゃった?どうしようもない変態だね♪じゃあ、もーっと楽しいことしよっ♪」
85: 以下、
梨子「っあ"ぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!」
曜「エヘヘ♪いい声だね?♪」ポタポタ
梨子「ぃや"ぁぁぁぁぁぁ!!!!あづいよぉぉぉぉぉぉ!!!!!」
曜「梨子ちゃんの真っ白な肌に……真っ赤なろうそくをポタリ♪」
梨子「んんんんんんんんっ!!!!//////」
曜「これでも感じちゃうんだねぇ♪これを……梨子ちゃんの大切なところに垂らしちゃったり……」
梨子「らっ、らめぇぇぇぇぇっ!!!///そんなことひゃれたらぁっ//////」
曜「されたらぁ……?」ニタァ
ポタッ
梨子「あ"あ"あ"あ"ぁぁぁぁぁっ!!!!!//////」
86: 以下、
パシンッ!
梨子「ああっ!!///」
パシーンッ!
梨子「んひいいっ!!!///」
曜「ムチで叩かれるの好き?♪」
梨子「しゅ、しゅきぃ……///もっとぉ……///」フリフリ
曜「キモッ」
ビシィッ!
梨子「んはぁぁぁぁっ!!!!!//////」
87: 以下、
曜「よいしょっと」
梨子「あへぁ……///」
曜「顔に座られてよくそんな嬉しそうな顔出来るね」
梨子「好きなのぉ……わらひの顔……曜さまに座ってもらえるのしあわせなのぉ///」
曜「私も好きだよ♪惨めな梨子ちゃんっ♪」グリッ
梨子「ああああああんっ//////」
88: 以下、

続き・詳細・画像をみる


マイク・タイソンの愛車「Ferrari F50」がオークションに…落札予想価格は2.6億円

【画像】このちょいブサ女とセックスできる? wwwwwwwwwぐうシコちょいブサ女大量wwwww

小林「バイト始めたって?」 トール「はい!」

堀江貴文氏、1ヶ月の食費を明かす!「100万円は超える」「外食が悪い」という考え方について「納得がいかない」

【64枚】gifでにやけたら寝ろwwwwwwwwww

お゛れ゛も゛け゛い゛お゛ん゛み゛た゛い゛な゛青゛春゛し゛た゛い゛い゛い゛い゛!!!!

back 削除依頼&連絡先