日本の麹(こうじ)に世界中のシェフが魅了される 「麹はすべてを変えるマジックだ」back

日本の麹(こうじ)に世界中のシェフが魅了される 「麹はすべてを変えるマジックだ」


続き・詳細・画像をみる


<世界の独創的な有名レストランで、日本の食材
「麹」の味と働きが斬新な形で活用され始めた>
ノーマといえば、料理の独創性で世界に知られた超有名レストラン。デンマークの首都コペンハーゲンにある店には発酵の研究部門があり、その責任者ダビド・ジルベールは2、3日おきに研究室に入り、蒸した大麦を発酵させているトレイを点検する。
けば立ったその表面は、冷蔵庫の奥に眠る食品に生えるカビによく似ている。でもジルベールは満足そう。「これが麹(こうじ)、すべてを変えるマジックだ」
日本や東アジアで何千年も前から食品類の発酵に使われてきた麹菌はカビの一種。正式にはアスペルギルス・オリゼーと言い、通常は穀類で培養される。
日本酒の醸造に使われるだけでなく、今や世界語となったウマミ(旨味)を生み出す源が麹。気が付けば西洋料理の世界にも進出していた。
「ノーマでは、麹を味付けに使う」とジルベールは言う。「でも麹がすごいのは、材料であると同時に『道具』でもあることだ。麹が出す酵素はタンパク質を分解するから、自然と肉を軟らかくしてくれる」
日本の伝統的食材こうじの魅力に世界のシェフが夢中
2017年2月22日(水)11時00分
リサ・エイベンド
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/02/post-7027.php
2
>>1続き
ジルベールだけではない。クリエーティブなシェフたちは麹を、日本の料理人が考えもしなかった環境で育てている。
「1300年の間、仏教の影響で日本では動物の肉を食べない習慣があった。だから大豆や小麦などを麹菌で発酵させ、肉代わりのタンパク質として用いてきた」と言うのは、東京・西麻布の名店レフェルヴェソンスの生江史伸。「ノーマが肉と麹を合わせていると聞いて、つくづく感心した」
麹に挑戦しているのはノーマだけではない。米サウスカロライナ州チャールストンのマックレディズでは、味噌ペーストに使う麹を乾燥インゲンで育てている。テキサス州オースティンにあるエマー&ライのケビン・フィンクは、チーズケーキのトッピングに麹のクッキーを砕いて、まぶしている。
スペイン北部のサン・セバスチャンにあるレストラン、ムガリッツのアンドニ・アドゥリスの自慢料理は、麹で作ったライスケーキ(餅)だ。「うちの店は食感にこだわるんだ」とアドゥリスは言う。その濃厚だが軟らかい「麹からできた餅」は、まさしく「フレンチトーストのよう」だとか。
西洋料理の世界では、麹はまだ導入が始まったばかりの素材だ。しかし意欲的なシェフたちは、見つけたばかりの麹の可能性を豊かに開拓していくに違いない。ジルベールは言う。「発酵の世界は奥が深い。油で炒めるよりも(麹を加えるほうが)はるかに可能性がある」
4
ヨーグルでよくね?
12
またしても日本のお株が奪われるうううう
13
フレンチトーストのような餅はすげー興味ある。
16
日本には麹がある←new
47
塩麹は常備してる
初めて使ったときはマジックとおもった
54
なんでも同じ味になるから飽きるんだよね
55
麹ってそのまま食うもんだっけ?
73
塩麹の流行りはもう終わった
80
やれやれ、意識高い系はどいつもこいつも……
84
しかしまあ色んな事考える奴がいるな
92
肉の熟成早めるのに使えないかな、とは思う
115
納豆喰え納豆を!
137
フレンチトーストみたいなお餅はちょっと気になる
182

続き・詳細・画像をみる


お前らが一番使うアプリってなに?

【訃報】神に選ばれし天才受験生、無事慶応大学に落ちるwwwwwwwww

花澤香奈「男と付き合ってるけど今まで通り応援してね♪」

うちの嫁は壊滅的に金の管理が下手で、給料渡すとまるっと使い切ってしまう

『けものフレンズ』見てサーバルキャット買うやつ出てくるだろwwww

実写版『長靴を履いた猫』のオーディションが行われていたようだ。勝者はなんと日本在住の人気猫!

back 削除依頼&連絡先