ルビィ「ルビッチ?なんだろうこれ」カタカタback

ルビィ「ルビッチ?なんだろうこれ」カタカタ


続き・詳細・画像をみる


ルビィ「なっ……///」
ルビィ「ななななナニコレ!?」
ルビィ「ルビィはこんなエッチな娘じゃないから!」バンッ
ルビィ「……」
ルビィ「…………」チラ
ルビィ「………………」ジー
ルビィ「同じようなのをいくつか見たけどみんな簡単にルビィの虜になってる……」
ルビィ「もしかして同じ方法で迫ってみたりなんかしたら」
ルビィ「>>3ちゃんも?」
6:
ルビィ「善子ちゃんも?」
ルビィ「あんな風にルビィに夢中になってくれたりなんかして……」
ルビィ「……///」
ルビィ「た、試してみよう」
ルビィ「まずはしっかりと誘惑の仕方を勉強しなきゃ」マジマジ
8:
翌日
ルビィ(善子ちゃんを家に呼んじゃった、もう後戻りはできない)
善子「どうしたの?大事な話があるなんて急に呼び出して」
ルビィ「あのね、善子ちゃん」
善子「なぁに?」
ルビィ「う、うふー、えへー、善子ちゃ?ん、る、ルビィといいことしな?い?///」クネクネ
善子「>>10」
17:
善子「えっろ」
ルビィ「え、エロい?ルビィが?」
善子「そうよ、すごくエッチよ///」
ルビィ(効果覿面だ、ルビッチちゃんしゅごい)
善子「ねぇ、当たり前のこと聞くけどこれって私のこと誘ってるのよね?」
ルビィ「う、うん、そうだよ」
善子「いいことって具体的に何をしてくれるの?」
ルビィ「>>20」
25:
ルビィ「セクシー家庭教師」
善子「セクシー家庭教師?」
ルビィ「そ、そのなりきり?みたいな///」
善子「そ、そう……いきなりレベルが高そうなことするのね……」
ルビィ「ほ、ほら、今からスタートだよ、ルビィが教師役だから善子ちゃんは机に向かって」
善子「え、ええ……」
28:
───────
─────
───
ルビィ「数学が58点、これはちょっと酷いわね善子さん」
善子「(敬語!?それに善子さんって)ご、ごめんなさい」
ルビィ「怒っているわけじゃないのよ?でも高校生が正負の掛け算を間違えるのは流石にね」
善子「先生、どうしたら間違えずにできるんでしょう?」
ルビィ「そうね、何か御褒美があったりしたら真剣に集中して間違えずに頑張ろうって気になれるかしら?」
ルビィ「これから教えるところの小テストを最後にしてもらいます、そこで満点が取れたら」
ルビィ「え……エッチ///」
ルビィ「してあげるので、頑張ってくださいね///」
善子「えっろ(がんばります!)」
32:
ルビィ「一問不正解で95点、惜しかったですね」
善子「そんなぁ……」
ルビィ「だけど前の58点と比べると格段に良くなっています、なので……」チュ
善子「んん!?」
ルビィ「せ、先生のファーストキスが御褒美です///」
善子「……」ムラムラ
ルビィ「ふふ、次こそは満点取れるよう──」
善子「ルビィっ!」ガバッ
ルビィ「きゃっ!善子さん!?」ドサッ
善子「もう家庭教師ごっこは終わりよ!ここからは私のペースでさせてもらうわ!」
ルビィ「善子ちゃん……うん、お願いします?」
──
─────
───────
38:
───────
─────
───
ルビィ「昨日は凄かったな、あんなにうまくいくなんてルビッチちゃん様様だよ」
ルビィ「おかげで善子ちゃんと……///」
ルビィ「あれ?もしかしたら同じ方法でAqoursのメンバー全員をルビィのモノにできるんじゃ……」
天使ルビィ(ダメよ、それでは本当のビッチになってしまうわ、善子ちゃんだけを愛するのよ)
堕天使ルビィ(いいよ、やっちゃいなよ、みんながルビィの掌の上で踊るんだよ?最高でしょ)
ルビィ「うぅ?、頭の中で天使と堕天使が格闘してる」
ルビィ「決めた!ルビィが選んだのは」
ルビィ「>>40ルビィの方」
42:
ルビィ「虫歯ルビィの方」
ルビィ「虫歯といえば小悪魔が歯を掘ってるイメージが思い浮かぶよね、つまり堕天使!」
ルビィ「……無理矢理な解釈かな?」
ルビィ「とにかくルビィはルビッチちゃんに倣ってAqours全員をモノにしちゃいます!」
───
─────
───────
43:
───────
─────
───
善子「ルビィ、ちょっと……」
ルビィ「どうしたの?善子ちゃん」ニコニコ
善子「もう、言わなくてもわかるでしょ、今日いい?」
ルビィ「……あはっ?」
50:
ルビィ「全問正解、よくできましたね善子さん」
善子「先生、満点取れたんだからいいよね?」
ルビィ「ふふ?そんなに先生とイイコトしたいのかしら?」スカートタクシアゲ
善子「先生!」ガバッ
ルビィ「もう?そんなにがっつかないの?」
善子「好き!ルビィ先生大好き!」
ルビィ「……?」ゾクゾク
───
─────
───────
54:
───────
─────
───
ルビィ「花丸ちゃんっ!」ダキッ
花丸「ずらっ!?びっくりした、ルビィちゃんずらか」
ルビィ「うふ?そろそろしたくなってきてない?」ボソッ
花丸「ずらー……///」
55:
ルビィ「ご主人様の大事なお皿を……申し訳ありません!」
花丸「またずらか……駄目なメイド、駄メイドずら!」
ルビィ「また……お仕置きですか??」
花丸「そうずら!駄目なメイドにはおしりペンペンずら!パンツを脱いでおしりをこっに向けるずら!///」
ルビィ「痛く……しないでくださいね?」オシリフリフリ
花丸「あ……///こんなやらしいメイド恥ずかしくて外には出せないずら、マルがしっかりと調教するずら!///」パシン
ルビィ「あぁんっ?」ビクン
───
─────
───────
58:
───────
─────
───
梨子「ルビィちゃん♪」
ルビィ「ひっ!」
梨子「今日ルビィちゃんとしたいなぁ」サワサワ
ルビィ「はっ、はいぃ……」
61:
梨子「ルビィちゃん、そろそろイキそう?」クチュクチュ
ルビィ「イキますっ、イクっ?」ビクビク
梨子「まだだ?め♪」ピタッ
ルビィ「そんな、イジワルしないで……」
梨子「ふふ、ルビィちゃんに誘われた時は何事かと思ったけど、私の方が一枚上手だったみたいね?」クチュ
ルビィ「あっ?」
梨子「今日もたっぷりイジメ抜いちゃう?」クチュクチュ
ルビィ(梨子ちゃんには勝てないよぅ///)ビクンビクン
───
─────
───────
64:
───────
─────
───
鞠莉「ハーイ、ルビィ」
ルビィ「鞠莉ちゃん」
鞠莉「マイリトルベイビー、ホテルのスイート抑えてるからしましょ?」
ルビィ「は?い?」
65:
鞠莉「ばぶー、ママ、おっぱい」カラカラン
ルビィ「はいはい、たんと飲むのよ」ポロリ
鞠莉「んぐ、んぐ」チューチュー
ルビィ「……?」キュンキュン
ルビィ「ママのおっぱい美味しい?」
鞠莉「うん、おいちい」チュー
ルビィ「いい子いい子?」ナデナデ
───
─────
───────
70:
───────
─────
───
コンコンコン
ダイヤ「ルビィ、付き合ってもらっていいかしら?」
ルビィ「お姉ちゃん、いいよ?」
ダイヤ「それではいつも通りに」
73:
ダイヤ「おねぇちゃぁ、ナデナデして」
ルビィ「よしよし」ナデナデ
ダイヤ「ダイヤいっぱい頑張ってるの、でもパパもママもそれが当然だって褒めてくれないの」
ルビィ「ダイヤは本当に偉いね、辛くなったらいつでもお姉ちゃんに甘えていいからね」ナデナデ
ダイヤ「おねぇちゃぁ……」グスン
ルビィ(ルビィにはこんなことくらいしかできなくてごめんね、お姉ちゃん)ウルッ
───
─────
───────
76:
───────
─────
───
曜「ルビィちゃん、あの、その、そのね///」
ルビィ「クスッ、ルビィとえっち、したいですか?」
曜「よーそろー……///」
ルビィ「曜ちゃん可愛い?」
81:
ルビィ「先輩、ルビィもう泳げません、ぶくぶく……」ザブン
曜「ルビィー!しかっかりするんだ!」ザバッ
曜「っ!息がない!人口呼吸で救命措置だ!」ブチュー
曜「心臓マッサージもしないと!」モミモミ
ルビィ「ケホッケホッ、先輩がルビィのこと助けてくれたんですか?」
曜「ああ、もう安心していいヨーソロー」キリッ
ルビィ「先輩、好きっ!抱いて!」
曜「ヨーソロー!///」
ルビィ(う?ん、曜ちゃんがいいって言うならこれでいいけど雑)
───
─────
───────
87:
───────
─────
───
果南「ルビィ」ヒョイッ
ルビィ「わっ!果南ちゃん」
果南「うわー、相変わらず軽いね、このまま家まで運んじゃうね」
ルビィ(お姫様抱っこ、嬉しい?)
93:
果南「いいお湯だね、ルビィ」クチュクチュ
ルビィ「あっ?果南ちゃん、どうしていつもお風呂でするの?」ビクッ
果南「んー?本当は海中でしたいんだけどそれは無理だからね、妥協案」モミッ
ルビィ「そうなんですか?」ビクビク
果南「でも、ちょっと冒険していつか露天風呂でしてみたいかな?」クチュクチュッ
ルビィ「あっ?ダメ?イっちゃう?イっ──?」ショロロ
果南「あらら、漏らしちゃったか、ルビィのあそこからあったかいのが流れてくるの感じるよ」クスッ
───
─────
───────
94:
アニメではルビィのこと呼んだことないからとりあえず呼び捨てにしといた
けどG'sもドラマもちゃん付けだし、アニメでは千歌以外の下級生はちゃん付けしてたし
ルビィちゃん呼びの方がよかったかも
96:
───────
─────
───
千歌「ルービィちゃんっ」
ルビィ「ち、千歌ちゃん……」
千歌「ふふ、お散歩の時間だよ」ジャラ
ルビィ「はい……」
99:
千歌「おさんぽおさんぽたのしいなー」フンフーン
ルビィ「わんわん」ヨツンヴァイ
千歌「ふふ、ルビィわんわん可愛いのだ?」ヨーシヨシヨシ
ルビィ「わん///」
千歌「あれれー?あそこに見えるはいつものマーキングポイントなのだ」
ルビィ「わん……」
千歌「ルビィわんわんもおしっこしなよ」
ルビィ「くぅ?ん///」チョロチョロ
───
─────
───────
105:
───────
─────
───
ルビィ(今日の相手は善子ちゃんかな、周期的に明日はお休みで明後日は曜ちゃん)
ルビィ(明々後日はまた善子ちゃん、その次も善子ちゃんかな?)
ルビィ(やっぱり最初は善子ちゃんと深い仲になりたくて始めたことだから贔屓しちゃうよ?)
ルビィ(逆に梨子ちゃんと千歌ちゃんには捕まらないようにしないと……特に千歌ちゃんには)
ルビィ「一体どこが普通怪獣がなんだろうね……?」
114:
レスしてから気付いたけど>>105の普通怪獣がなんだろうねと>>109のなったちゃったは誤字ってる
正しくは普通怪獣なんだろうねとなっちゃったです
109:
ルビィ「眠れる獅子を目覚めさせちゃったのと触らぬ神の祟りを受けることになったのは失敗だったけど」
ルビィ「ルビッチちゃんの真似をするだけでみんなルビィに夢中になってくれるなんて?」ゾクゾク
ルビィ「みんないっぱいルビィのこと気持ちよくしてくれるし」
ルビィ「ルビィもすっかりエッチな娘、ルビッチになったちゃったみたい?」
ルビィ「けどそれもいっか、あはっ?」
ルビィ「むむ、善子ちゃん発見?今日のお誘いしに行こうっと?」
ヨシコチャーン!オッハヨー!
110:

続き・詳細・画像をみる


「こんなにシャレたチップの支払い方があるとは…」従業員をクスッとさせたチップの工夫いろいろ

彼女「あんた家事出来ないから別れよ」僕「分かった」→結果wwwww

ワイがガキ使の企画で好きなやつで打線

子供が「わんちゃんお名前は〜?」と聞いてきたのでコロネだよって教えたら 「あたしと一緒だねー!」と大喜び。でも親が…

「こんなにシャレたチップの支払い方があるとは…」従業員をクスッとさせたチップの工夫いろいろ

日本は恋愛映画ばかり…海外映画祭プログラマーがばっさり!

back 削除依頼&連絡先