俺『どうも!オレキンです!』ヒカキン「なんだこいつ」back

俺『どうも!オレキンです!』ヒカキン「なんだこいつ」


続き・詳細・画像をみる

1:
俺『みなさんはじめまして!今日からyoutuberデビューしちゃいました!』
俺『オレキンといいます!これからよろしくお願いします!』
ヒカキン「おいおい、思いっきり俺のパクリじゃねーか」
俺『えーっと、それじゃあ何をしようかなー』
俺『えーっと、うーんと・・・』
俺『あ、くしゃみがでそ・・・は・・は・・・くちゅん!』
ヒカキン「ぐだぐだすぎんだろこいつw」
ヒカキン「勢いだけでyoutuberになろうとしてんじゃねーよwこんな視聴者のことを考えてない動画なんかのびねーよw」
この時、ヒカキンは気づいていなかった
この動画こそが伝説の幕開けであるということに・・・
               
          
8:
もう何人かヒカキンのパクリっているよね
               
・JKが休み時間や放課後、休日などに友達と戯れてるSNSの画像!→エ□目線で視姦する39枚。
・元SKE三上悠亜が遂に顔面精子まみれにされる
・セクシーなドレスで踊っていたお姉ちゃんのデリケートな部分に(@_@;)入ってるよね。
・ウクライナの美女たちが集まるミスコンに「1人やばい子が出てる」と話題に
・【※GIFあり※】一番くぱぁって音が聞こえてきそうなGIF画像を貼ったヤツが優勝wwwwwww...
・【※閲覧注意※】ガチで一瞬何が起きてるのかわからなくなるぐうシコエ□GIFまとめたったwww...
・【※GIF※】 最近のJr.アイドルさん、恥丘とワレメを同時に披露www もうマ●コ見えててワロタ...
・女不良グループ「金出せよ」 僕「や、やめてください…」
・成長期真っ只中、幼い身体を包むスクール水着のエ□GIF画像が強烈にぼ●きするwwww
・【画像】彡(゜)(゜)「性転換したろ!」
・【エ□GIF】日焼け跡がエ□い女のエ□GIFがクッソ抜けるwww(25枚)
・山岡「究極のA∨作り?」
・【※放送事故※】TVでの「あ、ヤバい!ってか今マン肉見えてたよな? →巻き戻しっと。」って瞬...
・【※卑猥※】 最近のJr.アイドルが着せられる水着よりエ●チな服がコレwwwwwwwwwwww...
・海外「日本め、無茶しやがって…」 日本にある絶叫マシンがエグ過ぎると海外で話題に
・【悲報】最近の女子は発育が良すぎてスポブラの出番がなくなってきてる件についてwwwww...
・ナイフ使い「切り刻んでやるぜ」ペロッ アサシン娘「ナイフなめるのみっともないよ」
・リオレウス「おーいチャイム鳴ったぞー」ガラッ
・【画像】生駒ちゃん(21歳)の女子高生制服姿が可愛すぎと話題に
・【激シコ画像】本田翼さん史上、最もオカズにされた画像がこれwwwwww
・【R-18】提督「肉バイブ提督?」【艦これ】
・暇だから俺の小学生から大学生までのインターネットの歴史を振り返る
・女性先輩「俺くん頑張ってるからベットで色々教えてあげる」俺「べべべ、ベッドですか?」
          
11:
ヒカキン「ぜひぜひチャンネル登録お願いします!」
ヒカキン「bye」
ヒカキン「ふぅ、あとは編集して投稿すればいいだけだな」
ヒカキン「そういえば昨日のオレキンの動画はどうなったかな」
『はじめましてオレキンです!youtuberはじめました!』
再生数155,321,124
ヒカキン「は?」
               
          
13:
ヒカキン「う、嘘だろ!?いったいどういうことだ!」
ヒカキン「ありえない!この動画のコメントはどうなってやがる!!」
くちゅんってくしゃみ超可愛い!
オレキンって名前なんか語呂がいいよね
乙!応援してる!
悩んでる時の顔最高www
ヒカキン「こいつら何考えてやがる・・・どう考えても糞動画じゃねぇか」
ヒカキン「くそっ、こいつのコメント欄荒らしてやる・・・」
HikakinTV『糞動画じゃねぇか』
hikakinTV『俺もそう思う』
hikakinTV『つまんな』
hikakinTV『youtuber舐めんな』
『こいつヒカキンじゃね?』
『え?マジで?』
『マジでヒカキンじゃねーかw』
ヒカキン「しまった!!」
               
          
16:
ヒカキン「まずい、まずいぞ・・・」
ヒカキン「そうだ!HikakinTVのアカウントが乗っ取られたことにすればいいんだ!」
ヒカキン「これで俺は無罪放免だ!」



ヒカキン『ブンブンハローユーチューブ』
ヒカキン『みなさんこんにちは、ヒカキンです』
ヒカキン『えー、この前オレキンさんの動画にHikakinTVのコメントで荒らされていましたがあれは僕ではありません』
ヒカキン『あのコメントはHikakinTVのアカウントを乗っ取ったやつの仕業です!』
『じゃあなんでいまそのアカウントが使えてるんだよ』
『お前つまんない嘘つくね』
『ヒカキン糞』
『みえみえの嘘』
ヒカキン「ぐっ・・・こいつら・・・!!」
               
          
17:
ヒカキンかわいい
               
          
18:
ヒカキン「まあいい、こんなアンチは放っておけばいいさ」
ヒカキン「俺は信者共から金を巻き上げてればいいんだ」



某学校
「オレキンめっちゃ面白いよねー」
「わかるー!最初の動画みた瞬間にファンになっちゃった!」
「そういえばヒカキンってやつが嫉妬のコメントしてたよね?なんなのあれ」
「名前からしてオレキンのパクリっぽい」
「うわ、性格わるっ!」
ヒカキンは気が付いていなかった
自身の築き上げてきた人気が徐々に失われていくことに・・・
               
          
21:
ヒカキン『はい、では今回の動画ではこの商品を使ってみたいと思います』
ヒカキン『これは・・・で〜〜〜〜な感じで・・・・』
ヒカキン「そういやこの動画あげてもう1週間経ったな」
ヒカキン「再生数はどうだ?」
再生数186
コメント4
ヒカキン「なっ!!?ふ、ふざけるな!!!なんだこの再生数は!!」
ヒカキン「しかもコメント4だと?!いったいどういうことなんだ!!」
『1げと』
『つまんな』
『これオレキンのパクリ?』
『1日5分で月30万稼ぐ方法』
ヒカキン「ああああああああああああああああぁぁぁぁあぁぁ!!!!!」
               
          
24:
オレキンの出現によってyoutube界に激震が走ったのは言うまでもない
はじめしゃちょーは賢明であった
『youtuberやめます』
はじめ『突然ですが、youtuberをやめます』
はじめ『エイプリルフールの嘘とかそういうんじゃありません』
はじめ『なんていうか、みなさんご存じだとはおもいますが・・・って』
はじめ『この『みなさん』って多分、2,3人くらいの方だけだと思いますけど』
はじめ『オレキンさんっていうすごい人が現れたんですよ』
はじめ『オレキンさんの動画みてたら、自分がすごいちっぽけに見えてきて』
はじめ『なんで俺、こんなしょぼい動画あげて楽しそうにしてたんだろうなーって』
はじめ『そんなわけで今日をもってはじめしゃちょーはおしまいです!みなさん今までありがとうございました!』
再生数2,565
               
          
28:
そして、同じようにyoutuberをやめる者は多数いた
ピコ太郎『I am a ゴミ』
ピコ太郎『I am a ゴミ』
ピコ太郎『ah! 粗大ごみ』
ピコ太郎『I am a ゴミ』
ピコ太郎『I am a ゴミ』
ピコ太郎『ah! 生ごみ』
ピコ太郎『粗大ごみ〜生ごみ〜』
ピコ太郎『ah!』
ピコ太郎『youtuberやめます』
再生数5
ピコ太郎の魂胆は視聴者から『ピコ太郎辞めないでー』と引き留めてもらうこと、つまりかまってちゃんであった
しかし、誰も彼を止めようとはしなかった
が、結果としてこれが彼にとっても視聴者にとっても良いことであった
視聴者いないけど
               
          
30:
一方、その激震を走らせた本人は・・・
オレキン『いや〜もう僕の大好きなyoutuberが次々と辞めちゃってホントに悲しくて』
ヒカキン「何を抜けぬけと・・・・」
ヒカキン「てめぇのせいでみんな辞めたんだろうが」
ヒカキン「くそ、こいつのせいで貧乏人どもが貢がねぇ!!」
ヒカキン「さっさと貢げよ貧乏人!!」
このとき、ヒカキンは自身の変化に気付いていなかった
               
          
33:
ヒカキン「ブンブンミツゲヨユーチューブ」
ヒカキン「あ、あれ!?」
ヒカキン「ブンブンミツゲヨビンボウニン」
ヒカキン「くっ、うまく言えない・・・」
ヒカキン「ブンブンブンブンブンブンブンブンブンブンブンブンブンブン」
ヒカキンは愚かだった
ブンブンのほうは言えていたにも関わらず、ブンブンのほうの練習しかしていなかった
その結果・・・
ヒカキン『サッサトミツゲヨビンボウニン』
ヒカキン『どうも!ヒカキンです!』
ヒカキン『今日はですね・・・・・・』
『は?貧乏人?』
『え、なにこの挨拶(ドン引き)』
『こいつ今まで俺たちのことそんな風に思っていやがったのかよ』
『オレキンのパクリ野郎』
再生数1,334
               
          
34:
ブンブンの練習してるとこ想像したらワロタ
               
          
35:
ここまで有名になるとオレキンもイベントのオファーが来ることになる
この日は子供たちと触れ合うタイプのイベントであった
オレキン「やあみんな!オレキンだよ!」
ガキ「すげー!!本物のオレキンだー!!」
ガキ「オレキンーーーーー!!」
ガキ「俺大きくなったら絶対オレキンみたいなyoutuberになる!!」



そして、失墜したヒカキンにもイベントの仕事はあった
というのも、主催者も本当はオレキンにオファーを出したかったがオレキンが出現するまえにヒカキンにオファーを出してしまったのだ
違約金を払うよりはと思い渋々キャンセルを出さずにヒカキンを出演させることにした
ヒカキン「ちっ、こんなしょぼいイベントなんぞに出させやがって」
「こ、こら!ここは楽屋だよ!」
ガキ「ひかきーん!!」
ヒカキン「あ?」
ヒカキン「なんだこのガキ」
               
          
37:
ガキ「俺、ヒカキンのこと大好き!」
「物好きな子だな、ヒカキンなんかが好きだなんて」ヒソヒソ
「しっ、聞こえますよ」
ガキ「ねぇねぇ!俺も頑張ればヒカキンみたいになれるかな?」
ヒカキン「なれるわけねぇだろばーか!てめぇみてぇなクソガキがどんな動画とろうってぇんだよ」
ガキ「けど・・・」
ヒカキン「けどじゃねぇ!てめぇみてぇな貧乏には動画なんぞ取らずに貢いでればいいんだよ貧乏人が!!」
ヒカキン「おら、ここは楽屋だ、さっさとでてけ!!!」
ガキ「う・・う・・うええええぇぇぇぇぇん!!!」
               
          
38:
ガキ「あたし、おっきくなったらオレキンと結婚するー!」
ガキ「えー、わたしだってオレキンと結婚したいー!」
オレキン「はは、あんまり大人をからかうんじゃないよ笑」
ガキ「からかってないもん!本気だもん!」
ガキ「なーなー!オレキン!俺もいつかオレキンみたいなyoutuberになりたいんだ!なれるかな!?」
オレキン「ふふっ、それはどうかな?」
オレキン「ひとつだけ言えるのは、君が立派なyoutuberになれるかどうかは、君次第だ」
ガキ「かっけー!!!」
ガキ「オレキンー!」
スタッフA「オレキンーーー!!」
スタッフB「おいおい、お前まで一緒になってどうする」
\どっ!/
               
          
39:
ヒカキン「えー、今回はこんな貧相なイベント会場に僕のためにお越しいただきありがとうございます」
ヒカキン「さっそくお願いなんですが、貧乏人のみなさん、僕にお金を貢いでください」
ヒカキン「そうしたらおもしろい動画みせてあげますよ」
スタッフA「おい!いますぐあいつを黙らせろ!!」
スタッフB「やばい・・・このままじゃイベントがめちゃくちゃに・・・」
この日を境に、ヒカキンにオファーが来ることはなくなった
               
          
43:
なんだこれw
               
46:
ヒカキン「糞が!!そもそも俺はyoutuberなんだからああいうイベントは向いてねぇんだよ!」
ヒカキン「どうにかして再生数を伸ばさなければ・・・」
ヒカキン「だが、今までみたいにただ適当に投稿したところで大した再生数は稼げない」
そしてヒカキンは考えた
ヒカキン「オレキンのせいだ、オレキンが現れたせいで俺の動画の再生数は・・・」
ヒカキン「ん?待てよ?」
ヒカキン「つまり視聴者は俺の動画を見なくなった代わりにオレキンの動画を見ている」
ヒカキン「逆に視聴者がオレキンの動画を見なくなれば・・・俺の動画をみる・・・」
ヒカキン「つまり・・・オレキンの再生数を落としさえすればいいんだ!!!」
ヒカキン「ふっふふ!!」
               
50:
ヒカキン「まずは2ちゃんであいつの悪口を書きまくるか」
オレキンの動画ってつまらないよな
1 :Hikakin:****/**/**(*) **:**:**.*** ID:*********
あんなクソ動画がなんであんなに伸びるのか不思議でならないんだが
2 :Hikakin:****/**/**(*) **:**:**.*** ID:*********
>>1禿同
マジであいつ糞つまらんよな
3 :Hikakin:****/**/**(*) **:**:**.*** ID:*********
これは久々にできる>>1
みんなも見ない方がいいぞ
4 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:****/**/**(*) **:**:**.*** ID:*********
>>1-3
こいつらヒカキンじゃね
4 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:****/**/**(*) **:**:**.*** ID:*********
ほんとだ、名前Hikakinじゃん
ヒカキン「しまった!!」
                    
          
52:
ヒカキン「あわわ、まずい、まずいぞ」
ヒカキン「とにかく動画投稿して弁明しなきゃ!」



ヒカキン『サッサトミツゲヨビンボウニン』
ヒカキン『どうもヒカキンです』
ヒカキン『2ちゃんでオレキンの悪口いってるの俺じゃねぇから!』
ヒカキン『bye』
『え、なにこれ』
『これもう認めてるようなもんじゃん』
『動画短すぎワロタ』
ヒカキン「この貧乏人どもがああぁぁぁぁああぁあぁあ!!!」
               
          
53:
夕暮れの土手
ヒカキン(俺はオレキンには勝てないのかな・・・)
ヒカキン(ちくしょう・・・)ジワッ
ガキ「あー、ヒカキンだー!」
ヒカキン「お前はあのときのイベントの・・・」
ガキ「ヒカキン泣いてるのー?」
ヒカキン「な、泣いてなんかいねーよ!」
ヒカキン「お前こそなんなんだよ、俺のことなんか嫌いになったんだろ!?」
ガキ「ぼく、ヒカキンのこと好きだよ?」
ヒカキン「なんでだよ!あんなにひどいこと言ったのに!!」
ガキ「んー、ヒカキンの動画が面白くて好きだからかな」
ヒカキン「・・・」ツーッ
その日、ヒカキンはyoutuberにとって最も大切なものを知った
               
          
54:
オレキンはまさかこの事を俺に教えるために…?
               
          
57:
ガキ「本当にオレキンと一緒に動画取れるのー?」
ヒカキン「ああ、ちょうどいま生放送をしているみたいだからね」
ヒカキン「さあ、これを持ってオレキンのところに行っておいで」
ガキ「う、うん」
ガキ「オレキーン!」
オレキン「ん?君は?」
ガキ「オレキン!いつもどうが楽しく見てるよ!」
オレキン「ふふっ、ありがとう!」
オレキン「ほーらたかいたかーい!」
ガキ「あはは!」
オレキン「たかいたかーい!」
『めっちゃ微笑ましい』
『あのガキうらやましいわー』
『たかいたかいとかガキかよ、ガキだったわ』
オレキン「たかいたかー・・・」
ヒカキン「いまだ!!!」
ドカ――――――ン!!!!!!!!!
オレキンの周囲は爆発した
               
          
59:
『は?』
『何今の!?』
『今のやばいやつじゃない?』
ヒカキンがガキに持たせたのは小型爆弾だった
ヒカキンはガキがオレキンに近づいたのを見計らって爆発させたのだ
ヒカキン(youtuberにとって最も大切なもの、それは利用できる視聴者!!!)
『ヒカキン大丈夫なの?』
『ガキはどうなった?』
徐々に爆発による煙が晴れてきた
そしてそこには・・・
オレキン「うわー、びっくりしたなー」
オレキン「いったいどうなってるんだー?」
元気なオレキンの姿が!
               
          
60:
ヒカキン(くっくっく、お前が生きてるのなんかわかってたんだよ)
ヒカキン(だが、近くにいたガキのほうはどうかな?)
『オレキン無事だったか!』
『よかったー!』
『死んだかと思ったわw』
HikakinTV『ってか今の爆発ってオレキンが起こしたの?』
HikakinTV『ってことはガキを殺したのってオレキン?』
HikakinTV『マジかよ、オレキン最低だな』
HikakinTV『グロ注意』
HikakinTV『うぇ、肉片飛び散ってるじゃん』
HikakinTV『これ、全部オレキンが?』
『さっきからこいつ何言ってんだ?』
ヒカキン「え?」
ガキ「うわー、びっくりしたー!」
ヒカキン(なっ!?なんで生きてる!!???!)
               
          
61:
『ってかこいつヒカキンじゃね?』
『ほんとだ、アカウントがHikakinTVだ』
『そういやさっきも『今だ!!!』って声聞こえたな』
『ヒカキンの声っぽかった』
ヒカキン「しまった!!」
               
          
63:
ヒカキン最低だな
オレキンのファンになるわ
               
          
64:
終わりとは唐突に来るものである
それはyoutuberヒカキンとて変わらない
もっとも、ヒカキンの場合は自業自得ともいえるのだが
ヒカキン「くそ!ついに預金残高が底を尽きた!!!」
ヒカキン「なんとかして低予算でインパクトのある動画をとらなければ・・・」
ヒカキン「とにかく街中にでよう」
               
          
68:
スーパー
ヒカキン(なにか・・・何か使えるものはないか?)
ヒカキン(!!あれだ!)
ヒカキン(よーし・・・カメラをセットして、っと)
ヒカキン「サッサトミツゲヨビンボウニン」
ヒカキン「どうも、ヒカキンです」
ヒカキン「みなさんはじゃがりこを食べたことはあるでしょうか?」
ヒカキン「おいしーですよねー、じゃがりこ」
ヒカキン「けど、じゃがりこを食べているときにつまようじってほしくなりません?」
ヒカキン「というわけで、今回はこのスーパーにあるじゃがりこ全部につまようじを入れてみたいと思います!」
               
          
69:
ヒカキン「よし、うまく撮れたぞ」
ヒカキン「次はコンビニだな・・・」



ヒカキン「あのおでんおいしそうだな・・・」
ヒカキン「・・・そうだ!」
ヒカキン「カメラセットよし、いくぞ!」
ヒカキン「サッサトミツゲヨビンボウニン」
ヒカキン「えー今回は、このアツアツのおでんをつんつんしたいと思います」
ヒカキン「つんつんつんつんつん!!!」
ヒカキン「つ〜ん、つ〜ん」
ヒカキン「つんつんつんつんつん!!!」
               
          
70:
休憩
               
72:
このスレ面白すぎ
               
73:
>>72
確かに
久しぶりにあたりって感じだわ
                    
75:
続きはよ
               
               
76:
>>72-73こいつらオレキンじゃね?
                    
78:
>>76
ほんとだ、名前オレキンじゃん
                    
          
84:
vipでスレ建てたあオレキンも落ちたもんだな
               
92:
前半面白かったよ
               
               
93:
>>92
最初から最後までオモシロかったろ
                    
94:
>>93
確かに
                    
          
10

続き・詳細・画像をみる


私の一族はみんな小さい。女性は145cm〜155cmの間、男性は155cm〜165cmの間

【閲覧注意】ありえない殺され方をした男が発見される

幼女「ふえぇ……異世界転移しちゃったよぉ……」

3日間が消えた?小学生の時に体験した不可解な話

人気の日産ノートe-POWER、使い勝手は結論から言うと抜群にいい

【悲報】秋元康 「売上1200億円稼ぐスマホゲーム作ったから投資しろ」→売上6000万円で株主怒り爆発

back 削除依頼&連絡先