うちの実家で起きてる不思議な話『地蔵の首にまつわる話・変わった風習』back

うちの実家で起きてる不思議な話『地蔵の首にまつわる話・変わった風習』


続き・詳細・画像をみる

1:
一昨日から実家に戻ったんだけど、不思議なことが起きてる
誰か聞いてくれる?
ペットショップで買えるちょっと面白くて珍しい生き物を紹介したい
http://world-fusigi.net/archives/8732204.html
引用元: ・うちの実家で起きてる不思議な話
6:
よろしい、では話してみなさい
7:
聞いてくれるらしいぞ
8:
簡単に言うと、実家の近くにお地蔵さんがあるんだけど、その首がなくなるっていう出来事が起きてる
9:
ほぅ
10:
ちゃんと首返しとけよ
お前のでいい
11:
で、うちの爺さんが若い頃(60年くらい前)にも同じことが起きて、そのときはそれに続いておかしなことがたくさん起きたらしく、近所で噂になってる
13:
実家どこよ?
17:
>>13
ごめん、それは秘密
でも昔からこの辺だけのしきたりとか風習とかかなりある
14:
これからおれ実家継がなきゃいけないのに、帰って来て早々にこんな出来事があってすごく嫌な感じがする
16:
おかしなこと詳しく
19:
>>16
60年前のことだけどいいの?
20:
>>19
気になるからはよ
21:
>>20
実際に害があったものだと、腸捻転?っていう病気がすごく流行ったらしい、当時うちの婆さんもなったって言ってた
あと、畑が誰かに荒らさてたり
22:
その他はなんかオカルトじみてることが多数
24:
ちなみに、60年前は直しても首がなくなるっていうのが3回続いたらしい
26:
こういう時代でもそういうのってなんか怖いよな
28:
>>26
そうそう、うちの近所は長生きの爺さん婆さん多いから当時のこと覚えてる人かなりいて、ここんとこ毎日のようにその話で持ちきりになってる
29:
それ中国人が盗んでってるだけ
30:
>>29
ものすごい田舎で普段みない車走ってるだけで噂になるレベルだから、それはない
知らない人が歩いてたりしたら尚更
33:
ちなみに、当時起きたオカルトじみたことだと、見たこともない小学生の男の子が夕方に歩いてたらしい
他にも色々聞いたけど、みんな共通して見てるのはこの男の子、だから今回も出るんじゃないかって爺さんは言ってる
34:
なんか、いやーな雰囲気で生活しずらいわ
近所の人に会うたびに何もないか聞かれるし
35:
山梨か
36:
>>35
違う、山梨にも似たような話あんの?
37:
というわけで、スパッと誰か解決してください
38:
首はどんな感じでなくなってるんだ
39:
>>38
近所の噂だと折れた感じらしい
40:
墓の近くにあった地蔵数体の首が全てなくなってたってのが昔あった
毎年そこ行ってたから実際見たし何かニュースにもなった気がする
42:
>>40
似てるな、うちのは一体しかないけど
そもそも、何のための地蔵かも分からん、そもそも地蔵って何のためにあるんだ?
44:
で、うちの裏山にも地蔵がポツンと一体あるんだが、今はこいつの首がなくならないか家族一同ヒヤヒヤしてる
45:
折れた感じつーと、なんかに殴られてる感じか?
46:
>>45
おれが実物みたわけじゃないから詳しいことは分からん、少なくとも切られてる感じではないらしい
47:
で、おれは今日から離れに一人で住んでるわけでかなり怖いんだが
これが一番の問題、昔から変な風習とか噂多い実家だから戻りたくなかったんだよ...
48:
変な風習て何だよ
53:
>>48
印象に残ってるのは、小学生のときの下校中は5時になると、誰もみたことないお婆ちゃんが道端に立つからその時間はその場所絶対通るなとか
49:
道の近くに道しるべよろしく立っている地蔵様は道祖神としての地蔵様だな
地蔵菩薩としてお寺に安置してある仏様とは別
境界とか線引きするものじゃなかったっけか
地蔵菩薩はあの世への標だっけな?
51:
>>49
なくなったのは、道端にある地蔵だな、うちの裏山にあるのはなんなんだ?
56:
>>51
野ざらしの地蔵は基本道祖神的な意味合いが強いはず
若しくは行き倒れた人への供養塔的な(地蔵菩薩としての)地蔵
まあ習合してるから両方の意味合いを兼ねてる場合もあって
四国遍路なんかで行き倒れた人の墓標になってたりもする
どっちにしても物を壊すのはいただけんなあ
57:
>>56
まさか実家に戻って早々にこんな出来事が起きてるとは思わなかったよ
比留間も怖くて仕方ない
52:
あー、そこに地蔵が立てられている意味を調べれば分かると思うぞ
54:
知り合いに畑荒らして地蔵の頭を漬物石にしてる奴おるぞ
55:
>>54
犯人発見
58:
実家に帰って家業つぐって感じか?
じいちゃんばあちゃん健在なら
大事にしてやってくれ
60:
まあ、実家で起きてる不思議な出来事はこんなもんです
似たような出来事知ってる人とか聞きたいことあればどうぞ
62:
地蔵はその地の子供を守る目的で立てられることもあるらしい
その首が折れるということがどんな意味を持つかは分かるよな
63:
正直半信半疑だが何かそういう怖い話とか怪談みたいなのたくさん持ってそうだから
よければ話してみてくれよ
64:
>>63
それなら実家周辺には子供がいないからあんま関係ないのか
65:
>>63
うちの実家の周りにまつわるのでもいい?おれが実際に経験したのはあんまりないけど
66:
>>65
ぜひ聞きたい
67:
全然構わないよ。ってか体験談まであるのね
それって相当だと思うけど
68:
一番印象に残ってるのはお盆の墓参りだな
裏山に墓あって険しい山道登ってくんだけど、帰り道は絶対転ぶなって言われてた
69:
もし転んだら腕を切って墓に供えてこないといけないって風習があって、小さい頃はかなり怖かった
さすがにそれは無理だから、お盆は真夏なのにみんな長袖着てって、万が一転んだら袖を切って置いてくるってことになってたけど
71:
>>69
それはなんか謂れがあるの?
そういうの探って逝ったら面白そうな
73:
>>71
爺さん曰く、お盆の墓参りは御先祖を迎えに行って、背中におぶって帰ってくるっていう儀式らしい、だから転んだらダメみたいな
同じ理由で御先祖が混乱しないように行き帰りは絶対同じ道を通ることって言われてた
75:
>>73
ああなるほどね
そういう考えもできるんだ…
78:
>>75
同じ理由でお盆の最終日にも今度はおぶってお墓に送っていくから、そんときは行きの道中で転んだらダメらしい
70:
ぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽ
76:
実際に経験したので印象に残ってるのは、小学生のときの出来事かな、ちょっとした騒動になったからよく覚えてる
81:
>>76
なんぞなんぞ?
77:
かなり信心深い住民の多い土地柄だったんだな
79:
おれの小学校は全校生徒30人位のほんとに小さな小学校だったんだけど、昼休みになると、中庭に見たことない生徒がいるって噂になった
82:
この生徒はおれも実際に見たし、先生も何人か見てる
紫のポロシャツ着て、手提げみたいの持ってた気がする
当然見たことない生徒がいるのはあり得ないわけで、お巡りさんまで来て学校中探し回ってた
当時はちょっとした事件みたいな感じになってたからよく覚えてる
83:
学校の怪談ですか
85:
>>83
これも、学校には昔から言い伝えみたいのがあって、うちの小学校には簡単に言うと学校版座敷わらしみたいのがいて、子供を見守ってる的な
毎年夏になると創立を祝う記念といっしょに、その神様に感謝するみたいな会もやってたから、結局それで話は落ち着いた気がする
86:
見てる人いるかな?いるならまだ話すけど
88:
>>86
じゃんじゃんいっとくれ
あんまレスできないかもだけど
こういうの大好物だ
84:
あんま相づちは打たないけどちゃんと見てるで
87:
遠野的な感じで
そういうのがありそうな雰囲気何だろうね
91:
節分が近かったからその話もついでに。
うちの地域も節分は豆まきするんだけど、最後は絶対に近くのお地蔵さんのところに出向いて豆をぶつけてくるって風習があった。その時は「福は内」としか言ってはいけないって決まりがあった、「鬼は外」は絶対に言っちゃいけない。
まあ、話を戻すと今回首無くなったのがその地蔵さんな訳だけど。
92:
どういうことだ??
>>1の地元の地蔵の首が狩られる
昔転んではいけない場所があった
座敷わらしが学校に出現
これしかわからん
誰かまとめて
93:
>>92
絶対に転んではいけない(ryと
学校の座敷童 は別件(たぶん今のところ繋がりはない…)だぞ?
94:
>>92
地蔵の首の話はもう終わってる、進展あったらまた書くよ
座敷わらしとか、墓参りの話は昔からうちの地元にあった風習とか不思議な話でそれぞれが独立した話だ
96:
・地蔵の首が折られていた
・自宅の裏山に地蔵がポツンと一体立っていた
・裏山の墓参りは転んではいけなかった
・17時以降見たことない婆ちゃんが立つ道端を通ってはいけなかった
・学校の裏庭に紫の服で何かを手に持った子供が立っていた
・学校版座敷わらしに感謝していた
・裏山の地蔵に豆をぶつける必要があり、鬼は外は言ってはいけなかった
97:
>>96
豆ぶつけるのは裏山の地蔵じゃなくて道端にあるやつね
98:
まぁ途中から別の話を促した俺のせいでもあるな
95:
次はおれが小学3年の時に起きた話で、これは終息に半年以上かかった話だから長くなるけど聞いてくれる人います?少し前にここでも話したから覚える人もしかしたらいるかも
というか、地蔵の首の話を初めて聞いたのがこの出来事の時なんだけどな
10年位前に実家で起きた不思議な話『火の玉?を見てから不思議なことが起こり始めた』
http://world-fusigi.net/archives/8718026.html
102:
まあいいや、話そう
終息に半年以上かかった話だから少し長くなるけど、分からないとこあったら適当に聞いてくれ
103:
ことの発端は小学3年の海の日辺りに、近所の人と花火をやったときなんだけど、そこで火の玉を見た、人生初の火の玉だった
104:
その火の玉がイメージと結構違ってて、青白い炎が飛んでてそれに透けた海草みたいなのがくっついてるみたいな感じだった。
そんで、その海草みたいのが徐々に消えてって、全部なくなると同時に火の玉も消えた
106:
続けたまへ
107:
見てるよ
109:
その日以降、近所で火の玉の目撃情報が多発することになる。朝のラジオ体操行く度に誰かしら火の玉見たって話してた
110:
そんな感じの日が2週間位続いてて、
御盆前くらいだったかな...夜中におれがトイレに起きたんだけど、その時にうちの目の前にある工場の電気がついてることに気付いた
小さい工場だしおかしいなとは思ったけど気にしないでその日は寝た
111:
次の日に今度はうちの兄貴が工場に電気ついてるのを発見、父親と母親を起こして様子を見に行った。
おかしいと思ったのはうちだけじゃなかったみたいで、近所からも何人か大人が出て来てみんなで見に行った。
112:
ふむふむ
113:
見には行ったものの、工場の中には誰もいる気配もないし、鍵がかかってるしでどうしようもなくて戻ってきた。 翌日、工場にそのことを伝えるとそれはおかしいってなって、また電気付いてたら夜中でもいいから連絡してくれと
114:
そんなことがあって少したったらまた夜中に電気付いてるの発見、工場の人に電話して、うちの父親と兄貴、近所の人と工場の人で見に行った。
鍵開けて中を全部確認したんだけど、誰もいない、結局おかしいなーってなってその日は解散したみたい。
115:
ちなみにこの期間も火の玉はほぼ毎日のようにように誰かしら見てた、今思えば、工場の周りにすごい出てたんだけどね
そんなこんなで夏休みも終わるなーって時に工場の人から変な噂を聞くことになる
116:
>>115
工場の電気は結局ついてたの?
118:
>>116
点いてた、そのあとも何回か点いてるときあったけど、次の日に連絡するだけになった気がする
121:
>>118
火の玉の明かりが伝統と勘違いしてたとかじゃねえのか
117:
なんか、工場に知らない人がいるらしい
はっきりと見た人がいるわけではないけど、物の場所が変わってたり、一人でいるはずなのにドアの開け閉めの音が聞こえたりととにかくおかしなことが頻出した
121:
>>117
犯罪のにおい??
119:
おれが通ってた小学校ではお化け屋敷って噂になって、ほんとかどうか分からないような色んな噂が流れてた
そんな感じで1ヶ月以上たって、10月の半ばくらいだったかな?今度はちょっとやばいことが起きる
125:
読んでるで
123:
お前らのやってることはマルッとお見通しだ!!!!!!!
124:
その日も夜中に工場の電気が点いてたんだけど、それ以外にもなんかおかしな音がする
工場の中の機械が動いてるって父親が言いだして、工場の人に慌てて電話、交番にも連絡してみんなでまた確認しに言った。
でも結局、外から鍵かかってるし誰もいないしでおかしな感じで解散
126:
当時は何とも思わなかったけど、夜中に勝手に機械動くって相当危ないよな、大人になった今だから父親の当時の慌て方が分かるよ
127:
そこから、本格的にやばくね?って大人の中でなりはじめて、なんか学校でもあんまり噂しちゃいけない雰囲気になってた
128:
で?
129:
はよ
131:
この辺りから火の玉出るのって工場と何か関係あるんじゃないか?とか
工場は工場で椅子が勝手に揺れるとか、女の人が立ってるとか色々カオスなことになっていく
これが大体11月くらいだったと思う
133:
で、結局11月の終わり位にお祓いをしてもらうことになって、うちの父親とか近所の人も参加してお祓いしてもらってた
そんときにみんなが気にしてたのが、その工場ができる前は何があったのかって話
134:
学校と工場は近所だったの?
135:
>>134
3キロくらいかな、近いと言えば近い
137:
>>135
直接関係ありそうじゃないね
140:
道祖神(塞の神)を壊すと外から嫌な気が入ってくる
不吉な事が起こりやすくなる
139:
おれもかすかに記憶があって、工場の前は空き地で自分の身長より高い草が生えてたの覚えてる
別にお墓とかあったわけでもなく、ほんとにただの空き地
まあ、でもお祓いしたしもう大丈夫だろうって話になった
141:
そんな感じだったんだけど、12月になってまた工場の電気点いてるってなって、みんなうんざりすることになる
ここまでくるとみんな、またかって感じで原因何なんだって話になってなってた、普通じゃないこと起きすぎだろうと
142:
そんな感じで年末になって、ど田舎のうちの地域でも里帰りで色んな人帰ってくるから、少し賑やかになる
143:
元旦の深夜1時くらいに近くの神社にみんなで集まってお酒飲むって行事があるんだけど、そこでも当然工場の話題になったらしい
144:
なかなか気になる展開
145:
その新年の飲み会で里帰りしてた近所の兄ちゃんが、工場できる前にその空き地の真ん中辺りに石があったって言い出した。
墓石とか、記念碑みたいな感じではなくて、本当に細長い石が立ってたらしい、自然にできるものではないって言ってた
146:
気になるが眠い…
148:
>>146
もうすぐ終わる
147:
それは、うちの父親も爺さんも、近所の人達も初耳で何のためのものかも全く知らなかったらしい。でも、その近所の兄ちゃん世代の人たちは結構知ってて、確かにあったと
149:
ちなみに前半の方に話してた地蔵の首がなくなってから見るようになった男の子とか
五時云々の知らない婆さんの話とかは詳細や理由あったりする?
157:
>>149
その男の子の噂は60年以上前の話だからさすがに分からん
5時のおばあちゃんが出る理由は分からんが、後についてくと冥界に連れてかれるって言われてた
150:
学校や工場など田舎でも人の集まりやすいところで起きる異常
何かを知らせたいんだろうかね
151:
今度はその石はどこ行ったんだって話になって、工場始まったら聞いてみようって話に
ちなみにこの翌日に今んとこ人生最後になってる火の玉を見る
152:
正月も終わってすぐに、工場に聞いてみることに。
なんてことはない、工場敷地の隅っこにビニールシートにくるまってその石らしきものがあると
154:
それで、もう一回お祓いしようってことになって、今度はその石をきちんと建て直してお祓いすることになった
155:
そのお祓いは小学生も参加して結構賑やかにやった記憶がある
それ以降は嘘みたいに火の玉も見なくなったし、工場の電気もつかなくなった
今でもその石は建ってるし、うちの母親がたまに草むしりしたり、掃除したりしてる
終わり
158:
なんか質問とかあったらどうぞ、最初の地蔵の話と大分かけ離れたけど
160:
おつ。正直俺の人生経験ではそんな怪奇な現象起きたことないからやっぱり半信半疑だったけど面白かった
俺はまだ寝ないから他にもあるなら読むけど、無いなら無いでやることもあるから去るよ
162:
>>160
大きなのはもうないかな
風習とか細かいのは結構あるけど
実家に10年ぶりくらいに戻ってきて、地蔵のこと聞いて色々思い出したから話してみた
163:
お地蔵様の話し聞いたことがある気がする
小学生の頃
164:
>>163
首なし地蔵って話もあるくらいだからな
166:
>>164
そういうことじゃない tで始まる珍しい苗字?
168:
>>166
おれの名字?なら違うよ
165:
5時のおばぁ すごくもやがかって思い出せないが分かる
169:
八尺様思いだしたけどそれっぽくはないよなあ
一応あの話も地蔵が取り壊されて境界がなくなったって話調だったけども
八尺様
http://world-fusigi.net/archives/8682413.html
170:
>>169
まあ、なんだろうな調べてみれば詳しいこと分かるかも知れんけど、そこまでしなくてもなって思う
もっとやらなきゃいけないことあるし
173:
やっぱその地元にいる間はそういうことが起きるだけで離れていた間は特に何も起こらなかった?
174:
>>173
離れてる間はおれは何もないよ
15

続き・詳細・画像をみる


【ハンターハンター】サイールドは仲間になるべきだろwwwww

人類の歴史上、最も多くの人を殺した国家トップ6を見てみよう

【悲報】地球上全ての虫、やはり地球外生命体が起源だったことが確定的となる

抱きしめたり、頭撫でてくれたり、布団掛けてくれたり、手を握ってくれたり、

3×3EYES 聖魔覚醒で逆設定Cあらわるwww

女(32)「色々恋愛してきてあなたみたいな真面目な人が一番いいと思ったの」

back 削除依頼&連絡先