千歌「終電なくなっちゃったね…///」曜「待って!」back

千歌「終電なくなっちゃったね…///」曜「待って!」


続き・詳細・画像をみる


曜「今マリーさんのヘリコプター呼ぶから!」
千歌「…」
11:
千歌(本当に歩いて帰るんだ……)
曜「あの、千歌ちゃん。なんでさっきから私のこと無視するのかな」
千歌「……知らない」
曜「怒ってる?」
千歌(そりゃ怒るよ! 怒らない方がおかしいよ!)
曜「あ、そっか……ごめん、全然気付かなかった……」
千歌(ってことは、今からオシャレなホテルに……)
曜「はい、マフラー半分あげるね」
千歌「……」
曜「寒かったんだよね、ごめんね。気付いてあげれなくて」
千歌「……ばか」
18:
曜「あっ……ご、ごめん。半分じゃ窮屈だし歩きづらいよね」
曜「今外すから……」
千歌「このままでいい!」
曜「えっ?」
千歌「……このままでいいから」
曜「そっか……じゃあお言葉に甘えるね」
千歌「……手袋も頂戴」
曜「て、手も寒いよね。ごめんね」
千歌「片方だけでいいから」
曜「なんで片方だけ……?」
千歌「早く」
曜「わ、分かりました」
千歌「……」
曜「……」
千歌「そっちじゃない」
曜「えっ」
22:
曜「右手の方が冷えやすいとかあるの?」
千歌「……」
曜「あの、良ければ両方使って……」
千歌「いいからそっちだけ頂戴」
曜「は、はい」
千歌「……」
曜「どう? あったかい?」
千歌「……まだ寒い」
曜「私の上着で良ければ……」
千歌「いらない」
曜「え、えっと、じゃあこのカイロを……」
千歌「いらない」
曜「……」
千歌「……左手が寒い」
曜「……」
千歌「……」
曜「カイロ……」
千歌「いらない」
26:
曜「わ、わたくしめの手で良ければー、ご自由にお使いくださいー……」
千歌「……」
曜「な、なーんて……」
千歌「……」ギュ
曜「っ」
千歌「……」
曜「……」
31:
千歌(最初はがっかりしたし、最悪だと思ったけど……)
曜「……」
千歌「……」
千歌(星、綺麗だし……2人きりだし……あったかいし……)
千歌(これはこれでいいかも……)
曜「……」
千歌(あと何時間一緒にいられるんだろ……)
千歌(結構歩いてるし、このあたり、見覚えあるし……もうそんなにないよね……)
千歌(ずっと、このままがいいな……)
曜(千歌ちゃん眠いのかな……? なんかすごいこっちに身体寄せられてる気が……)
37:
千歌「……ねえ、曜ちゃん」
千歌「今向かってるのって、私の家だよね」
曜「そうだけど……」
千歌「着いたら曜ちゃんはどうするの……?」
曜「美渡さんに送って貰えれば、って最初は思ってたんだけど……もうこんな時間だし流石に頼めないよね……」
千歌(そうなれば、曜ちゃんは私の家に……)
千歌(私の部屋で、私の、ベッドで……)
曜「あー……千歌ちゃん、本当に申し訳ないんだけど……」
千歌「う、うん」
曜「自転車、貸してくれないかな」
千歌「…………」
44:
曜「次の日ちゃんと返すから」
千歌「……私の自転車、今パンクしてるから」
曜「え、そうなんだ……じゃあ美渡さんのヤツとか……」
千歌「それもパンクしてる」
曜「えぇ……じゃあ志満さんのヤツを……」
千歌「全部パンクしてるよ」
曜「……」
千歌「……」
49:
曜「ち、千歌ちゃん?」
千歌「……なに」
曜「本当に使える自転車ないの……?」
千歌「ないけど」
曜「……」
千歌「……」
曜「えっと、じゃあ私歩いて帰るね……」
千歌「っ……」
千歌「……勝手にすればいいよ」
63:
曜(千歌ちゃん、なんで怒ってるのかな……)
曜(あれからずっと無視されてる……でも手は繋いでくれてるけど……)
千歌「……」
曜(怒らせるようなことしちゃったかな……)
曜(そうじゃないと自転車貸してくれないわけないし……)
曜(はぁ……憂鬱だ……このあとのこと考えると特に……)
曜(明日が休みなのがせめてもの救いかな……)
千歌「……」
曜「……家、見えてきたね」
千歌「……」
曜「じゃあこのあたりでお別れってことで……」
千歌「……」ギュ…
曜「えっと……」
150:
千歌「……」
曜「ご、ごめん。ちゃんと家まで送って行った方がいいよね」
曜「すぐそこでも何があるか分かんないもんね」
千歌「……何があるか分からないのに、曜ちゃんは一人で家に帰ろうとするんだ」
曜「護身術とか知ってるから、いざとなっても……」
千歌「こんな寒い中、何時間かかるかも分からないのに歩いて帰ろうとするんだね」
曜「果南ちゃんほどではないけど、体力には自信が……」
千歌「……」グイ…
曜「あの、千歌ちゃん、ちょっ……」
152:
曜(結局泊まることになっちゃった……)
曜(急なことだし、時間も時間だし……あまり迷惑になりたくなかったんだけどな……)
曜(まあ、でも……良かったな……)
曜(寒空の中歩いて帰るのと、こうやって千歌ちゃんの家でのんびりするのとじゃ……天国と地獄だ……)
曜(お風呂入って一息付くと……やっぱ眠たくなるな……)
曜(いっぱい遊んで……いっぱい歩いて……)
曜(流石に……限界だ……)
155:
千歌「ごめん、やっぱり布団全部出ちゃってるみたいで……」
曜「……」
千歌「……曜ちゃん?」
曜「……」
千歌(……そんなにも疲れてるのに、どうして帰ろうなんて思うかな)
千歌(私にくらい、気遣わなくてもいいのに……)
曜「……」
千歌「……曜ちゃん、風邪引いちゃうよ。ベッドで寝よ?」
曜「ん……」
千歌「ちょっとだけ頑張って」
曜「ちかちゃん……」
千歌「……なぁに?」
曜「ごめんね……」
千歌「……」
161:
千歌「……そういうときはね、ありがとうって言うんだよ?」
曜「うん……」
千歌「もう限界みたいだね……寝よっか」
曜「うん……」
千歌「布団、無かったから……一緒に寝てもいい?」
曜「うん……」
千歌「……」
曜「……」
千歌「……ちかのこと、好き?」
曜「うん……」
千歌「大好き?」
曜「うん……」
千歌「キス、してもいい?」
曜「うん……」
162:
千歌「……」
曜「……」
千歌「……初めてじゃないよね?」
曜「うん……」
千歌「他の子にもそんなこと言ってるの?」
曜「うん……」
千歌「ちかはたくさんいるガールフレンドの中の一人?」
曜「うん……」
千歌「……ばか」
164:
千歌「はぁ……」
千歌(ばかは私だ……なにやってるんだろ……)
千歌(ただの寝言……適当な相づち……何の意味もないのに……)
千歌(勝手に喜んで、勝手に落ち込んで……)
千歌(今日だってそう……)
千歌(私にとっては、大好きな人との一世一代のデートの日だけど……)
千歌(曜ちゃんにとっては、トモダチと遊びに行くだけの何気ない1日で……)
千歌(私にとっての曜ちゃんと、曜ちゃんにとっての私の違いが……分かった日で……)
165:
千歌(結局、私は……どう頑張っても普通のままなんだ)
千歌(スクールアイドルを始めても、たくさんの人の前で輝いても……)
千歌(特別な人の特別にはなれない……)
千歌(こんなにも、近くにいるのに……)
曜「……」
千歌(絶対に触れない……離れることも出来ない……)
千歌(10年以上前から、曜ちゃんと私の距離が変わったことなんて……)
千歌(関係が変わったことなんて、一度もない……)
千歌(一番近くて、一番遠い……)
千歌(それが、私と曜ちゃんだ……)
166:
千歌(明日になっても何も変わらない……)
千歌(明後日になっても、十年経っても……何も……)
曜「……ちかちゃん」
千歌「え……?」
曜「ちゃんと、布団入らないと……」
千歌「っ……!?」
曜「風邪、引くよ……」
千歌「……」
曜「……」ギュ…
千歌「………」
168:

続き・詳細・画像をみる


お客様がお茶出しても飲まないからレンジでチンして次の人に出した結果www

【放送事故】フジテレビの画質だけがおかしい

ピザデブなのにクラスメイトの女子にアタックした結果wwwwww

木ーヌ、発見される

【悲報】中日祖父江さん暗黒面に堕ちる

人間とのおしゃべりが大好きな野良猫がめちゃくちゃカワイイ!!

back 削除依頼&連絡先