暇だし第一次世界大戦の歴史的な画像を貼る(各写真への説明あり)back

暇だし第一次世界大戦の歴史的な画像を貼る(各写真への説明あり)


続き・詳細・画像をみる


最初に断るがあまり詳しくない。
レスをくれても返せないかもしれない。
今から何十年も開かずの間だった蔵を探索する
http://world-fusigi.net/archives/8632335.html
引用元: ・暇だし第一次世界大戦の画像貼ろうかな。
2:
1910年、開戦の4年前に英国王エドワード7世の葬儀のためにウィンザーに集結した9か国の欧州元首。
左からノルウェー王ホーコン7世、ブルガリア皇帝フェルナンド、ポルトガル王マヌエル2世、
ドイツ皇帝ヴェルヘルム2世、ギリシャのキングジョージ1世、ベルギー国王アルベール1世、
後列にはスペイン王アルフォンソ13世、イギリス帝王ジョージ5世、デンマーク王フレデリック7世、
このとき互いが敵になり味方になると誰が考えただろうか。
3:
1914年6月28日サラエボ、役場の建物から自動車に乗り移るオーストリア・ハンガリー大公フェルディナンド夫妻。
それまでの予定を変更して前日に起きた皇太子妃への爆弾暗殺未遂事件の被害者市民への見舞いに行くつもりだった。
4:
1914年6月28日同日、セルビア民族主義グループの実行犯プリンツィプ(左)は
皇太子妃の乗る自動車を拳銃で襲撃、皇太子妃は病院に運ばれたが間もなく死亡した。
プリンツィプのほかにも5人のメンバーがいた。
5:
1914年6月28日同日警察署に連行されるプリンツィプ、
犯行直後に青酸カリによって自殺を図ったものの不良品のため失敗、拳銃自殺を図るが市民に取り押さえられた。
裁判ではハプスブルグ家の法に基づき死刑を求刑されるが未成年であったため懲役20年が言い渡された。
テレージエンシュタット要塞刑務所(現在のチェコ)に収監されるが大戦の影響により結核が悪化、3年後に獄中死した。
6:
面白そう。見ているので、たくさん頼む。
8:
IDがまさに一次対戦だ
10:
これは良スレ
11: 本家なぐ◆jtHtMr3tGQ 2017/01/27(金)19:25:10 ID:FoI
期待
13:
オーストリアのベルヒトルト外相は懲罰的な対セルビア戦を目論み、7月23日セルビアに10箇条の最後通牒を送付して48時間以内の無条件受け入れを要求。
セルビア政府は概ね要求に同意したが、オーストリアはセルビアの条件付き承諾に対し納得せず、7月25日に国交断絶に踏み切った。
躊躇するハンガリー首相ティサと皇帝の反対を押し切る形で、7月28日にセルビアに対する宣戦布告が行われた。第一次世界大戦の勃発である。
写真は3国協商のもとベルリンから派兵されるドイツ兵に花を渡す女性。
14:
1914年7月ごろフランス・ブローニュ、自転車とベルギー人兵士。
ベルギーは中立を主張したがドイツによるフランス進行阻止のため兵が招集された。
15:
1914年8月、ベルギーのデルモンテとオーデゲンの間で機関銃を構えタバコをふかすベルギー兵士。
ドイツはベルギーを攻略したものの、パリの70キロ手前で横一列に掘られた塹壕で待ち構えていた
フランス軍の抵抗により戦線が膠着。ここから地獄の塹壕戦が始まる。
開戦の初月には数十万人の兵士や民間人が死亡し、フランス軍に至っては8月22日だけで27000人が戦死した。
16:
1914年8月12日ベルギー、ハイレンにて。ハイレンの戦いで犠牲になった馬を埋葬する様子。数百万頭の農業用の馬が徴用された。
17:
1914年8月ベルギー、イーペルから両陣営によるスイスから北海までの「海への競争」が始まる。
両軍は数千マイルに及ぶ塹壕を手で堀り、想像を絶する費用や血を犠牲にした。
18:
1914年9月フランス、ランスの大聖堂はドイツ軍の砲撃により崩壊した。
19:
1914年9月マルヌ会戦、タクシーで輸送された200万人のフランス兵がドイツの侵攻を止めた決定的な一週間の写真。
23:
>>19
みんな2枚目だなぁ
20:
1914年10月、アイルランド北部沖でドイツ軍の機雷に触雷したため沈没するイギリス戦艦オリンピック。
21:
1914年10月31日、中国・青島沖を行く日本海軍艦隊。日英同盟に則りドイツ領を占領。
22:
1914年11月1日、青島を攻略中の日本軍砲兵。
24:
1914年12月、青島を攻略した神尾光臣大将以下日本軍の行進。
25:
1914年11月3日フォークランド沖海戦。
ドイツ帝国海軍シュペー中将旗下のドイツ艦隊がフォークランド諸島の襲撃を試みたが、
返り討ちにされ3000人以上が死亡した。
26:
1914年12月戦場でクリスマスを祝うドイツ兵ら
55:
クリスマス休戦の写真好き。
27:
1914年ごろドイツ、キール港にて。ヴェルヘルム2世の式典に参加するドイツ戦艦カイザー。
28:
1914年フランスハーレンの戦い、生き残った馬が死んだ馬の処理に使われている。
29:
1914年フランス騎兵と飛行船
30:
1914年戦場になったブリュッセルを去るベルギー人の難民。
35:
>>30
犬力持ちだな
32:
1914年英軍、犬は150ポンドの物資を運ぶことができた。
34:
1914年簡易式の放射線治療機に横たわるフランス兵。
効果のほどは不明。
38:
おそらくドイツ人のスパイを処刑する英兵たち
39:
ガス攻撃を受けた兵士を治療するドイツ赤十字メンバー
40:
スフィンクスとピラミッドをバッグにニュージーランド軍兵士
42:
ドイツ、ケール港にて。トルコ、オーストリア・ハンガリー軍の騎馬の荷下ろし。
43:
ドイツ、ハンブルク港にて係留中のUボート。
右からU-22、U-20(後にルシタニア号を沈めた艦、アメリカが参戦する口実となった)、
U-19、U-21、後列はU-14、U-10、U-12
44:
ドイツ軍の飛行機の編隊
46: キャラメル 2017/01/27(金)19:43:39 ID:ItS
ww1は前線がリアル地獄だったんだよなぁ。。
てかフランスとドイツの国境付近にある立ち入り禁止区域いつになったら解除されるのやら。
さっさと当時の化学兵器の残滓を除去しろよ・・・
47:
ドイツ陣地に向け砲撃するイギリス軍
48:
ニューキャッスルで製造中のイギリス海軍潜水艦
49:
フランス、コンブルにてアトンシャテル北部とヴァニュールを映した航空写真。
アリの巣のように張りめぐされた塹壕とクレーターの数々。
50:
フランス軍飛行船「レピュブリック」
52:
英軍バイク兵と観測気球、この墓には「勇敢なフランス兵ここに眠る」とドイツ語で書かれている。
53:
休息をとる英軍ロイヤルスコッツグレイズ連隊の騎馬。
54:
高揚した南アフリカ兵、キルトを着用してる
56:
西部戦線で議論を交わすヴェルヘルム2世。
57:
赤十字ボランティアの従軍看護婦
58:
日本軍の飛行士
59:
夜中の塹壕から撮影されたフランス側からの最前線の様子。
砲撃の光。
61:
1915年1月24日ドッガー・バンク沖海戦で英海軍ドレッドノートの集中砲火を受け沈没する
ドイツ海軍装甲巡洋艦ブリュッヒャー。1000人が戦死した。
62:
1915年2月トルコ領ダータネルス海峡にてオートバイに乗る英軍兵士、ガリポリの戦いの直前。
63:
1915年12月セドエルバールにてガリポリの戦いに参加中の補給中のトルコ軍を横切る155ミリ砲
64:
1915年MG08機関銃と兵士、英軍の塹壕からわずか40メートルの地点。
「ポテトマッシャー」と呼ばれたこの機関銃は毎分500発の連射が可能であった。
69:
>>64
潜望鏡使ってる
66:
1915年オーストリア軍の装甲列車、安全に物資や兵員を輸送するために開発された物。
この兵器の起源は南北戦争にまでさかのぼる。
67:
1915年ドイツ兵な犬
75:
1915年トルコ、ダーダルネス海峡にてフランス戦艦ブーベ。
開戦初期に地中海を抜ける船団を護衛した。
その後ブーベはイギリス・フランス船団を護衛の際にトルコの攻撃により海峡で沈没、650人が戦死した。
76:
1915年に銃弾から守るために開発された赤十字の車両。
77:
1915年に鹵獲されたドイツ軍のタウベ単葉機
パリのアンヴァリッドで展示された。
しかし同機はあまり前線に投入されなかったようだ。
78:
1915年ベルギー、ブリュッセル。
フランス軍機がドイツ軍のツェペリンの格納庫を攻撃し、帰る際に木に不時着、親切な人が助ている。
79:
1915年ベルギーの南西、写真奥の干し草から観測を行い突撃の瞬間をうかがうドイツ軍
80:
1915年ロシア帝国海軍前ド級戦艦ツェサレーヴィチ
81:
1915年英海軍HMSクイーン・エリザベスの15インチ砲を歩く猫
82:
1915年犬から救護キットを取り出す英兵。
84:
こういうの誰がなんで撮ったんだろう
85:
1915年第二オーストラリア軍病院、コアラと伍長。
86:
1915年着剣した小銃を持つフランス兵士、第二次シャンパーニュの戦いでアルゴンヌの森での瞬間。
45万人のフランス軍に対し22万人のドイツ軍の攻略に成功するもののすぐに失敗、21万5千人が戦死した。
88:
1915年日本海軍水兵の剣道
89:
パリは燃えているかを聞きながら見たいスレ
90:
1915年木を移動させるためにドイツ軍に徴用されたインド象、サーカス用だった。
使えそうな動物は何でも使うのがこの戦争。
91:
1915年英仏連合軍艦隊
92:
イギリス軍。この巨大な砲弾は「トーチカ破壊機」と呼ばれ1400ポンドの重量、
着弾地にには直径・深さ15フィートのクレーターを作った。
93:
ガスマスクを装着し整列するインド軍、サロニカ(マケドニア)の前線にて。
連合軍はセルビア軍を支援し続け安定した前線を確保した。
94:
ドイツ軍の通信部隊
95:
ドイツ軍パイロット。電熱機能のあるマスク、ベスト、ブーツを身に着ける。
上空では凍結との戦いであった。
97:
フランス、サンラファエルの駅にて。
フランス領インドシナ植民地軍の兵士ら。
98:
フランス、シャトーにて。原形をとどめていない建物
99:
こういうの見てると悲しくなってくる
100:
フランス、テバルにて。眠るように死んだドイツ兵。
塹壕の両壁には敷き詰められた土嚢。
101:
フランス、テバルにて。眠るように死んだドイツ兵。塹壕の両壁には敷き詰められた土嚢。
103:
ミス
フランス軍の塹壕の近くに着弾した瞬間
104:
フランス側に降伏し投降してくるドイツ兵ら
105:
マキシム機関銃を装着した馬
106:
軽便鉄道路線に沿って巨大な大砲を引く英軍兵士ら。
107:
銃弾が散らばった装甲車の上で死亡したカナダ兵。
背後にはドイツ軍の列。
108:
タイマー式小型カメラを装着した鳩
ドイツ人技術者ジュリアス・ネイボロナーによって実験的に使用されたもの。
109:
西部戦線の連合軍のカラー写真、初期のカラー写真の実験的な写真。
110:
馬の死体に偽装した狙撃兵
111:
塹壕で手紙を書くフランス兵士
112:
塹壕を這いながら突破する英兵
113:
1916年1月ダーダネルス海峡沿いのガリポリに向け砲撃支援を行う連合軍艦隊。
連合軍は8か月間の戦いの末ガリポリから撤退した。
114:
1916年1月同じくガリポリの戦い、航行不能となった軍艦を砲撃処分する様子。
115:
1916年5月31日ユトランド沖海戦でイギリス艦隊へ向け一斉射撃をするドイツ戦艦シュレースヴィヒ=ホルシュタイン
116:
1916年5月31日炎上しながらもスハーフェンに帰港したドイツ巡洋艦サイドリッツ。
海戦終了時にはザイドリッツは21発の大口径砲弾と53cm魚雷1本が命中して死者98名、負傷者55名を出し、消火と浸水により2,300トンもの浸水を起こしていた。
大破判定を受けた艦首が水線下に没すれば前進は困難であり、艦長が自沈を決意する事は自然であったが、本艦は船首楼による高い乾舷が波を切り、甲板からの浸水を防いだ事に助けられて帰港
117:
1916年9月22日フランス、エカンクールにて。
この気球は観測用のもので観測種は水素を充てんした気球の下にゴンドラに乗った。これで数百人が撃墜され死亡した。
118:
1916年9月フランス、ソンムの戦い。
史上初めて実戦投入された英軍の戦。
威力を発揮したものの初期は故障が頻発し、低で移動したり、泥や塹壕にはまった車両は大砲の格好の的となった。
119:
1916年9月フランス、ソンムの戦いの最中。
英軍ロイヤル陸軍医療隊は戦死した兵士の背嚢をこの中から家族に届けるために探していく。
121:
1916年10月19日。ドイツ軍陣地の真下17メートルまでトンネルを掘り数十トンの高性能爆弾を仕掛ける様子。
122:
1916年10月ソンムの戦い、フランス軍が前線の150メートル上空からドイツ軍を写した写真。煙幕を張っている様子。
123:
1916年10月ソンムの戦いの最中、砲撃された後に撤退したドイツ軍の塹壕を占領したフランス軍
124:
1916年エジプト、赤新月を付けたオスマン兵士とラクダ。
125:
1916年ソンムの戦いでガスマスクの訓練を受けるアイルランド人部隊。
126:
1916年ドイツ兵捕虜を連行する英軍兵士、後ろには三脚を持ったフランス兵
127:
1916年のガスマスクを装着したフランス兵。
128:
1916年ベルギー、レニンゲ。破壊された教会。
129:
1916年英軍ハイランダー(スコットランド)部隊、土嚢を作るようだ。
130:
WW1の辛さは決定打となるような戦術も兵器も登場しなかったこと
131:
数々の新兵器、大量殺戮の時代となった一方では、
クリスマス休戦、仮装巡洋艦ゼーアドラー号の活躍といった、
まず、現代戦では起こる余地のない、おとぎ話みたいな出来事もあるからねえ
132:
>>131
そのお伽噺すら開戦一、ニ年で廃れて
クリスマスに頭を出そうものなら一瞬で狙撃される世界になったがな…
134:
第一次世界大戦のアホらしいくらいの兵器投入の結果、現在のフランスの
戦線だった地域はいまだに立入りが規制される場所があるんだよな
136:
多分まだぎりぎりWW1の時の英国面空母
142:
1916年給水するラクダたちパレスチナ、アスージの戦い
145:
1916年動物病院で馬を蘇生しようとする英軍。
146:
オーストラリア海軍軽巡洋艦ピアリングの6インチ砲から顔を出すネコ、艦のマスコット。
147:
オーストラリア軍、兵員の輸送のためにロンドンバスも海を渡り使用された。
148:
ガス発生機に装てんするドイツ兵。
戦時中にガスの使用に関する国際法の抜け穴を悪用した行為らしい。
149:
ドイツ、リューベックのヘルメット(シュターヘルム)工場の製造過程を示した写真。
1914年から1918年のわずかな間に世界中の6500万人分の兵士に行き渡るだけの消耗品同様の装備が製造されたと考えるとすごい。
150:
ドイツ軍、馬車と自動車の車列
151:
ドイツ軍のAe800型観測気球
152:
ドイツ軍のAe800型観測気球
153:
ミス
ドイツ軍の観測気球へガスボンベからガスを注入する様子
155:
ドイツ軍陣営へ向け発射された砲弾の薬きょうの山
163:
>>155
冗談みたいな投射量だな・・・
156:
フランス、ル・ブルジェ。夜間飛行をする様子。
158:
フランスにて、英軍のオートバイに備え付けられたビッカース機関銃
160:
フランス軍の伝書バト、塹壕を飛び交い多くの兵士の命を救った
162:
伝書バトから伝令を受け取る英兵
165:
ベルギー、ゾンネベーゲ近郊にてトーチカの外で死亡したドイツ兵
166:
ロケットを取り付けたフランス軍ファルマン偵察機
168:
逆さまになったドイツ軍機
170:
撃墜されたオーストリア軍機、フランスにて。
172:
墜落するドイツ軍機
174:
戦闘機に撃墜されるドイツの観測気球
176:
西部戦線連合国8か国の兵士ら、
左からベトナム、チュニジア、セネガル、スーダン、ロシア、アメリカ、ポルトガル、イギリス
177:
墜落し大破したドイツ軍のアルバトロスD. III戦闘機複葉機
179:
翼を持ち帰るドイツ兵ら
181:
1917年1月1月フランス・ベルギー軍がドイツ軍の塹壕にガス攻撃をしている様子。
185:
>>181
こんなことするからゾーンルージュなんて地域ができちまうんだよ・・・
182:
1917年4月、ビミーリッジの戦い、イギリス・カナダ軍はセルスの街を攻略し3日間かけてで6マイル進軍した。
およそ4000人が戦死。
184:
1917年4月、ビミーリッジの戦いにて。
負傷したカナダ兵を運ぶドイツ兵捕虜。
186:
1917年4月4日火炎放射器の訓練をするドイツ兵
188:
1917年4月7日U-35による雷撃を受ける英国貨物船SSメープルウッド、南西サルデーニャ沖87キロ地点。
潜水艦U-35はその後も224隻の船を撃沈させ数千人を殺害し、大戦中で最も戦果を挙げた艦となる。
190:
>>188
魚雷じゃなくて、地道に砲撃してるというUボート乗組員の勤勉さよ
191:
1917年4月アメリカがついに参戦。輸送艦USSポカホンタス。
元々はドイツ船籍の客船プリンセス・アイリーンだったが、開戦後に米国政府に押収され転用された。
201:
>>191
商船改装輸送艦って結構あるんだよな
タイタニック号と同型のオリンピック号も商船改装輸送艦
こっちは武勇伝が多いが
192:
1917年8月22日インバネスの森の戦いで放棄されたマーク?英軍戦車。
193:
1917年8月27日ベルギー・フランダースの戦場にて担架を持ちのぬかるんだ道を行く英兵。
195:
1917年9月無線機に人力で発電し電力を供給するドイツ軍の通信兵たち。
205:
>>195
マンガみたいなことを地でやってのけてたんだな
ドイツの技術は(ry
196:
1917年9月20日イープルの戦いで負傷した英兵と利用されるドイツ兵捕虜。
197:
1917年9月ベルギー、フランダースにて。ガスから逃げるドイツ兵。
大戦中は痛みを与えるマスタードガスや塩素やホスゲンなどの致死薬まで多様なガスが使用された。
198:
1917年9月第三次イーペルの戦い、馬の死体や破壊された鉄道施設と
ドイツ軍捕虜を連行する英軍ハイランダース(スコットランド)部隊。
199:
1917年9月塹壕間の電線架設に使われた犬
200:
1917年10月22日派兵されたオーストラリア第3飛行隊のメンバー
フランス北部アラスの飛行場でRE8型機と焼夷弾を点検。
202:
1917年10月29日パッシェンデール戦いで撮影された写真 
ベルギー国境近くのシャトーウッドを行くイギリス軍第4師団砲兵たち 
泥だらけの戦場ではこのようにすのこが敷かれ道を作った 
208:
>>202
ここってもともとは森なんだよな・・・
203:
1917年10月ベルギー、イーペルの巨大なクレーター。
円周で70メートルはあるだろう。
206:
1917年10月空の脅威に対して対空砲の増備が強まる。
第三次イーペルの戦い、パッシェンデールの戦い、ブルードゼイルの戦いには大きな威力を発揮した
207:
1917年11月イタリア軍の榴弾砲
209:
1917年11月フランス、カンブレーで。
鹵獲されドイツ軍の鉄道車両に乗せられるイギリス軍のマーク1戦車。
49両のマーク1戦車がこの戦いの間に鹵獲された。
210:
1917年12月、砲撃で出来たクレーターでクリスマスを祝う英軍兵士。横には墓。
211:
1917年12月オーストラリアのラクダ大隊、ベエル・シェバ近くのシャリアで多くが戦死した。
213:
>>211
メタルスラッグみたいな世界観だな・・・
212:
1917年12月サロニカ、セルビア軍砲兵
214:
1917年アメリカとフランスの戦場撮影スタッフ。
215:
>>214
よく見るとアメリカは海兵隊員である。
217:
1917年ドイツ軍のキッチン。
218:
1917年トルコ軍、アザ近くで発火信号を送っている様子。
219:
1917年トルコ軍砲兵隊、ドイツの105ミリライトフィールド榴弾砲。
220:
1917年に製造されたアメリカの最初の戦車。
重量超過と非効率な機構から量産されなかった。
221:
1917年のオスマントルコ軍機銃部隊、シナイ半島及びパレスチナでの作戦中。
英軍はスエズ運河、シナイ半島、パレスチナ防衛のためにトルコ(ドイツ軍も含む)と戦った。
222:
1917年フランス、オワーズの戦場にて壊された民家で一服するフランス兵。
223:
1917年フランス、ぬかるみの最前線に立つ英軍兵士
224:
1917年フランス、バポームにて。
オーストラリアとニュージーランド軍の混成部隊。
225:
1917年トルコ軍砲兵隊、ドイツの105ミリライトフィールド榴弾砲。
226:
1917年フランスの町をドライブするドイツ軍のA7V戦車。
227:
1917年フランス軍兵士がガスマスクを装着している。
ガスマスクの改良もまた戦況に大きな変化をもたらした。
228:
1917年ベルギー、イーペルの町の道路を掘り起こす米軍第二中隊
229:
1917年ベルギーのモンスに到着しバグパイプで行進するカナダ軍、町で歓迎されている
230:
1917年ボートの雷撃により沈む船内から脱出する乗員
231:
1917年ボロボロになった英兵捕虜
232:
1917年アメリカワシントンD.C.米海軍工廠
233:
1917年魚雷を発射する英軍艦
234:
1917年撃破されたマーク?戦車と乗員の遺体。記念撮影をするドイツ兵。
235:
1917年小屋を作るために多数動員された英軍の女性補助員
236:
ステルヘ川で破壊された鉄橋の上に架設された木製の橋。
よく見ると英軍の戦車が挟まっている。
237:
ドイツ軍に鹵獲され使用されているマーク?戦車。
238:
プールになった塹壕に浸る英軍兵士
239:
フランス、サンピエールディビオンでドイツ軍の塹壕に残された武器を調べる英軍。
240:
フランスの飛行場基地で
飛行機の上から日曜の祈りを捧げる神父
241:
ホッケーに興じるWAC(女性陸軍補助員)
242:
進水した英海軍航空母艦アーガス 
15?18機の航空機を運用できた
243:
英軍の古木で偽装された観測ポスト
244:
英軍の女性補助員、彼女らは救急車の運転手として動員された。
245:
各地のドイツ兵捕虜
246:
大量の戦利品を抱えるドイツ兵
247:
徹底的に破壊されたフランス、ランスの市街。
248:
難破したドイツ軽巡洋艦ケーニヒスベルク
249:
氷を除けようとする船員ら「冬の朝にはフランスに帰ります」
251:
米海軍に降伏するドイツ海軍Uボート
252:
米軍の観測凧、米軍の使用例はないがドイツとフランスにもあったらしい
267:
>>252
すげえなこれ
253:
米軍の聴音兵器、1940年代までにはレーダーにて置き換えられた。
254:
米軍の通信部隊女性交換手、フランの前線から僅か3キロの地点だった。
255:
塹壕から狙うドイツ軍狙撃兵。ヘルメットに鉄板を追加している。
256:
塹壕でガスマスクをつける米兵、ガス攻撃を受けた場合の合図は信号弾やゴングだった。
257:
ドイツ海軍のU-148、この船は終戦後に戦利品として連合軍に接収された
259:
ドイツ軍の野戦病院で結成された音楽バンド
この中にヒトラーが写っているらしい
262:
>>259
真ん中の一番左?
270:
>>259
左のかな
261:
完全に破壊された町、「ここはフォルジュだった」の看板
263:
真新しい装備で手りゅう弾を投げるドイツ兵
戦争も大詰めに
264:
占領したドイツ、銃剣をエッセンの市民に向けるフランス軍の警備兵。
265:
1918年アメリカ、ニュージャージ集キャンプディックス
被害を受けた教訓からガスマスクの訓練を受ける米軍。
266:
1918年アメリカ、リンカーン自動車の工場
デトロイト、ミシガン州、カリフォルニア州など
268:
1918年アンドロメダ、戦地へ物資を運ぶ輸送船カラー写真
269:
1918年ウクライナ、ドイツ将校と装甲車。
271:
1918年ウクライナのドニプロペトロウシク州にて。
大量の機関銃と弾薬箱。
272:
1918年オーストラリア海軍の艦上から射出されるソッピース複葉機
273:
1918年サウスオーストラリア州アウターハーバーで歓迎される欧州の難民たち
274:
1918年ドイツの水上機
275:
1918年ドイツ軍の「ランガーマックス」38センチ列車砲、この砲弾は重さ750キロで34キロメートル先への攻撃が可能であった。
276:
1918年ハーレーダビットソンに乗る米兵、
米軍は2万台以上のインディアン(バイクの車名)とハーレーを投入した。
277:
1918年フランス、シャトーテリーにて。
鉄道施設を警備する米陸軍第九マシンガン大隊A中隊の兵士。
278:
1918年フランスで墜落死したドイツのパイロット
279:
1918年フランスの田舎、ガスマスクをつける親子
280:
1918年フランス軍のSPAD S.XVI複座型複葉偵察機、眼下にはジグザグ上の塹壕
281:
1918年ベルギー、イーペルの戦場に破棄された戦車。
282:
1918年英軍のハンドレページ爆撃機から。この爆撃機は900キロ近い爆弾を搭載で来た。
283:
1918年英軍機関銃部隊、フランスへ出撃する様子。
284:
1918年初頭フランス、アルゴンヌの森。
ルノーFT-17戦車に乗り進軍する米兵。
285:
286:
1918年戦場を横切るドイツ軍
287:
1918年米軍の空撮写真専門部隊。
中央は隊長であるAWスティーブンス大尉。
288:
1918年砲撃のため沼になった土地にかけられた橋、フランダースにて
289:
1918年1月8日ドイツの塹壕掘削車
290:
1918年1月27日、ヴェルヘルム2世の誕生日を喜ぶイタリア・ドイツの将校。
291:
1918年2月パレスチナでに撮影されたブリストルファイター戦闘機と機長のロス・スミス大尉と彼のオブザーバー 
カラー写真の実験写真
292:
1918年3月6日イギリス、セルビー。巨大なR33飛行船の尾翼。
293:
1918年4月、捕虜になりながらも死んだ仲間の貴重品を預かる英兵。
294:
1918年4月20日バージニア州ノーフォーク基地。
ダズル迷彩を施した米海軍USSネブラスカ。
295:
1918年4月アメリカ海軍USSペンシルベニア(もしくはアリゾナ)で集合写真を撮る海兵隊員と水兵たち
297:
1918年5月ベルギー西フランダースにて、迫撃砲の直撃を受けた救急馬車。
298:
1918年6月4日トレンチモーター(塹壕迫撃砲)を操作するメリーランド州から来た米軍第117迫撃砲部隊。
彼らはフランス側からの総攻撃の際に活躍した。
299:
1918年6月26日フランス、アルザスにて。
米軍第126歩兵大隊兵士が「1ポンド砲」と呼ばれる37ミリ銃を構える。
300:
1918年6月30日、ニュージーランド軍マリオ族大隊が
ニュージーランド首相のマッセイと副首相ウォードの前で「ハカ(マリオ族のダンス)」を披露する
301:
1918年6月ガスマスクを装備した馬とドイツ兵、汚染された森を通過する。
302:
1918年8月8日フランスの第三百二十六野戦病院。
収容しきれない数のガス攻撃を受けた兵士たち。
303:
1918年8月10日フランス、ゴムクールで。
ニュージーランド軍と塹壕にはまった戦車。
304:
1918年8月22日フランス、アシエルプティにて。
死体を横目に進む英軍のマーク A ホイペット中戦車、デプロイ重戦車よりも軽量かつ高であった。
305:
1918年9月4日、パリの軍用テレグラフオフィス。
306:
1918年9月20日フランス、ヌヴェリーの古い教会で治療をする英軍第四衛生隊。
307:
1918年9月30日フランス、エケルモンの町。
いきなり砲弾の音が鳴り響き急いで身を隠そうとする米軍兵士
308:
1918年10月ドイツによる侵攻から4年後に英軍はフランスのリール地方を攻略。
ドイツ、オーストリア・ハンガリー軍への補給を遮断し、秋までの終戦は避けられないものだった。
309:
1918年11月1日、終戦間際に地元民の冷たい視線を浴びながらソンムの村を歩くドイツ兵捕虜。
310:
1918年11月4日終戦の一週間前に惜しくも死亡したドイツ兵機関銃手。
311:
1918年11月11日中欧同盟の脱落を皮切りに弱体化したドイツが革命により共和国へ、度重なる休戦協定の末ドイツの降伏という形で戦闘が終了。
1919年1月18日よりパリにイギリスのジョージ首相、フランスのクレマンソー首相、日本の西園寺首相、アメリカのウィルソン大統領、イタリアのオルランド首相など
連合国主要5国の首脳が集まり、パリ講和会議が行われた。
312:
1918年11月11日、終戦を喜ぶ兵士達。
313:
1918年11月11日、歓声を上げるパリのアメリカ人たち。
314:
1918年11月19日イギリス、イングランド南海岸にうちあげられた降伏したUボート
315:
1918年12月フランス、サンジャンシュル。
フランス軍将校はこの戦いで犠牲となった兵士の墓地に立つ。
316:
1919年帰国しニューヨーク5番街を行進する第一歩兵師団兵士たち。
317:
1919年パレードの終わりに女性にキスをしようとする第二歩兵師団兵士。
318:
終わり。
319:
>>318

全部見てもうたわ
320:
こんな戦争すっから欧州は移民を受け入れざるを得んかったんだろう
現在の移民問題は中東情勢も絡むけど、長年受け入れてきたのは国家総動員戦で失った人口の補間
322:
それにしてもたくさん写真あるな
323:
他の人もいうてたが ID:WW1なのも凄い
画像たくさんあって完璧?
#kako_link a {color:#0000ff;}
▼合わせて読みたい暇だし第二次世界大戦の画像貼ろうかな。
第二次大戦中の兵器とか武器とか貼ってくスレ
第一次世界大戦イカレすぎだろ、狂ってるとしか思えないんだが。
第一次世界大戦のルーマニアとかいう畜生
もし第二次大戦で各国の妖怪や魔女、精霊が徴兵されたら
-->
- Tweet
-
-
-
-
この記事が気に入ったら
イイね!しよう
不思議.netの最新記事をお届けします
おススメ記事ピックアップ(外部)
「戦争・軍事」カテゴリの最新記事
「画像」カテゴリの最新記事
「戦争・軍事」の記事一覧
「画像」の記事一覧
過去の人気記事ランダムPICK UP
おススメサイトの最新記事
コメント
1 不思議な

続き・詳細・画像をみる


【キチ】俺の愛猫(オス)に嫉妬、更に俺のベッドで寝ると聞いて「ウワキ!しかもゲイだ!」と騒ぎ出した

【画像】ヤリサーの合宿風景wwwwwwwwwwwwwwwww

『ハンドシェイカー』3話感想 ロリ上司とのっぽ後輩の凸凹コンビとのバトル!15分なら手を離してもOK!

【ガルパン】梓「家来ゲーム?」【後編】

大野智、「AJINOMOTO オリーブオイルエクストラバージン」新CMに出演

けつ毛剃ったら屁の音が変わったんだが…

back 削除依頼&連絡先