男「ぐへへへ……痴漢してやるぜ」女「甘いわね!」back

男「ぐへへへ……痴漢してやるぜ」女「甘いわね!」


続き・詳細・画像をみる

1:
―電車内―
男(ぐへへへへ……痴漢してやるぜ)
男(昨今は女性専用車両なんてもんができたり、痴漢冤罪が社会問題になったことで)
男(女どもは“ビビった男どもは痴漢をしない”とナメてかかってやがる!)
男(だからこそチャンス! だからこそ狙い目!)
男(痴漢やるなら今でしょ!)
男(しかも、俺には秘策がある!)
3:
ほう
4:
男「ねえ、裁判長?」
裁判長「うむ」
裁判長「貴公がどんな痴漢をしようと、無罪にしてやろう」
男(俺は事前に裁判長を買収し、味方につけていたのだ!)
男(これなら俺は有罪になることはない!)
5:
男「では、さっそく始めようか」
女「……」
男(ターゲットはあの女でいいだろう)
男「今ッ!」サッ
6:
男「――消えた!?」
男「どこへ!? どこへ行きやがった!?」
裁判長「上だーっ!!!」
男「なにっ!?」
7:
上だー!じゃねえよ
8:
女「甘いわね!」
男「!?」
男(こいつ、飛び上がって、俺の痴漢をかわしたのか!)
男(――って、パンツ丸見えじゃねーか!)
裁判長「バカ! 見とれてる場合か!」
9:
ドカァッ!
女の蹴りが、男の顎をしたたかに打った。
男「ふ、不覚……」
ドサッ……
10:
裁判長なんで現場にいるんだよ
12:
よえええ
13:
ワロタ
11:
...続けたまへ
14:
弾劾裁判待った無し
15:
……
……
男「う……」
裁判長「よかった、目を覚ましたか!」
男「裁判長……ここは?」
裁判長「電車内だ。貴公は三日間も眠っていたのだぞ」
男「そうか……」
16:
男「くそっ! 俺はあの女のケツに指一本触れることができなかった!」
男「もう一度だ! リベンジを――」
裁判長「無理だ。今の貴公では、あの女には勝てん」
男「くっ……!」
男「裁判長、どうすればいい? どうすればあの女に勝てる!?」
裁判長「……」
17:
裁判長「七両目のシルバーシートに、痴漢の達人がいるらしい」
男「痴漢の達人……?」
裁判長「その者の弟子になればあるいは……」
男「分かった……俺は必ず強くなってみせる!」
男「達者でな、裁判長」スタスタ
裁判長(痴漢道……なんと険しい道よ)
18:
七両目――
老人「ほっほっほ、何用かな? お若いの」
男「俺に……痴漢を教えて下さい!」
老人「なぜ、痴漢をしたい?」
男「そこに尻があるから」
老人「いい答えじゃ」
老人「よかろう、修行をつけてやろう!」
男「ありがとうございます!」
19:
ムネアツ展開
20:
だめだこいつら
21:
老人「さっそく最初の修行じゃ」
男(一体どんな修行なんだろう……!?)
老人「電車の網棚に散らばっているエロ本を拾ってまいれ!」
男「!?」
22:
ガタンゴトン…
男(俺は痴漢を教えてもらいたいのに……)
男(なにが悲しくてエロ本なんか拾わなきゃならないんだ……)
男(まあいい、最初のうちは雑用しなきゃならないんだろう)
男「よっ」サッ
男「ほっ」ササッ
男「はっ」サササッ
24:
ベストキッドかよww
25:
男「拾って参りました」
老人「ほっほっほ、ようやった」
老人「では次の試練を与える」
男「なんでしょう?」
老人「スリで10万円集めて参れ!」
男「!?」
26:
難易度高いな
28:
男「ちょ、ちょっと待って下さい!」
老人「なんじゃい」
男「スリなんて……立派な犯罪じゃないですか!」
男「俺は痴漢であって、犯罪者に堕ちるつもりはない!」
老人「なるほど、おぬしの覚悟はその程度じゃったのか」
男「!」
老人「ま、並みの痴漢として一生を終えるのであれば、それもよかろう」
男「……分かりましたよ。やればいいんでしょう!」
30:
痴漢は無罪だったのか・・・
31:
男(あの人、後ろポケットに財布入れてるな……)
男(今だっ!)サッ
被害者A「あれぇっ!? オレの財布がない!」
男(すみません……後でお返ししますから……多分)
32:
被害者B「うわぁぁぁぁぁ!?」
被害者C「あれ!? 財布がない!」
男「これでどうにか10万円になったな……」
男「これを師匠のもとに持っていこう」
33:
男「師匠、10万円集めて参りました」
老人「ほっほっほ、ようやった!」
老人「これだけあれば一生遊んで暮らせるわ!」
男(この人まさか……ただ単に俺を利用して、エロ本や金を集めてるだけなんじゃ……)
老人「では最後の試練を与えよう」
男「なんですか?」
老人「実はさっき、わしのシルバーシートをDQNに乗っ取られてしまったのじゃ!」
老人「追い出してくれ!」
男「分かりました」
男(やっぱりそうだ……修行なんていってるけどこの人は俺を利用してるだけだ!)
34:
シルバーシート――
男「あのー」
DQN「……ナンスカ?」
男「ここシルバーシートなんて……どいてもらえませんかね?」
DQN「ア……スンマセン……」
男(意外と物分かりのいいDQNでよかった……)
老人「ほっほっほ、ようやった! それでは次の試練を――」
男(爺さん……俺はもう、あんたの言うなりにはならねえよ!)
35:
男「いい加減にして下さい!」ボウッ!
シュインシュインシュインシュイン…
男「これは……!?」シュインシュイン…
男「以前とは比べ物にならないほど痴漢力が上がっている!」
老人「分かったかの?」
老人「わしのこれまでの命令は、全て修行だったのじゃよ」
老人「エロ本探しは揺れる電車内で自由に動き回れるようになる修行」
老人「スリは手技を鍛える修行、DQN退治は度胸をつける修行……という具合にな」
男「そうだったのですか!」
老人「分かったら、修行を続けるぞ」
男「はいっ!」
それから月日は流れ――
37:
裁判長「……戻ってきたか」
男「ああ、今の俺は前とは違うぜ」
男「必ずあの女に痴漢してやる!」
裁判長「あの女は今10両目……最後尾に陣取っている」
男「ありがとう」
裁判長(これは……凄まじい死闘になりそうだ)
40:
買収すべきは検察だろう、jk
38:
裁判長は電車に住んでる疑惑
39:
山手線かな?
41:
男(あの扉を通れば、10両目……)
女子高生「待ちなさい!」ババッ
男「!」
女子高生「お姉さまに手出しはさせないわ!」
男「君は……彼女の後輩かなにかか」
女子高生「そうよ!」
男「悪いが――」
42:
男「――君では俺の相手にはなれない」サワリッ
女子高生「あんっ……」ビクビクッ
女子高生「お願い、抱いて!」
男「悪いが、今の俺は……あの女以外、眼中にない!」
女子高生「ふ、ふふ……さすがお姉さまと手合わせして命を落とさなかった男、だわ……」ガクッ
男(イッたか……)
男「たのもうっ!」ガラッ
43:
なんだよこれ……
44:
女「来たわね」
男「ああ、来てやったぞ」
男「今日こそお前のケツをさわり、お前を恥辱という名の太平洋に溺れさせてくれるわ!」
女「生憎、私は泳ぎは達者なのよ」
車内アナウンス『レディー……ファイッ!!!』
45:
スタイリッシュ痴漢かと思ったら熱血ファイトだった
46:
老人の一生は残り僅か
47:
男「はあああああっ!」
女「でやああああっ!」
ドガガガッ! バババッ! ドガッ! ガガッ! バチィッ! ドカァッ!
ドカッ! ズギャッ! パパパッ! シュバッ! ドギャアッ! ドゴゴッ!
裁判長「は、いっ!」
老人「両者、秒間数百もの攻防を交わしておる」
老人「わしが鍛えた男はもちろんじゃが、相手の女もやりおるわ……」
48:
痴漢の音じゃねぇ
49:
女「……」フリフリ
男(お尻を振った!?)
男「うっ!?」
防御力が下がった!
女「破ッ!!!」ドゴッ!!!
男「ぐはぁっ!」
被害者A「う、うまい……!」
被害者B「お尻を振って相手の防御力を下げてからの正拳突き!」
被害者C「あんな無駄のないコンビネーション見たことねえ!」
51:
男「ナメるなァ!」ギュルッ
女「!?」
DQN「ダメージを負いながら、一瞬で背後に回り込んだ!」
DQN(これだ……! このクソ度胸!)
DQN(俺をシルバーシートから立ち退かせたあの度胸こそが、あいつの最大の武器!)
53:
男「終わりだ!」ジャキーンッ
老人「男の手が、女のケツに触れた!」
裁判長「勝負ありか!?」
女子高生「お姉さまぁぁぁぁぁっ!!!」
被害者A「……い、いや!」
54:
被害者A「男が女の尻をさわると同時に、女もまた男の尻をさわっている!」
女「甘いわね!」ジャキーンッ
互いに相手の尻をさわる男女……。
まるで互いの尻尾を食い合う二匹の蛇……。
ウロボロスの如しっ……!
56:
裁判長「い、いかん!」
DQN「どうしたんだ?」
裁判長「実は痴漢は、尻をさわった時間に比例して刑が重くなるという罪なのだが」
裁判長「今、二人は尻をさわり合ったまま動かないから、懲役がどんどん増えている!」
老人「なんじゃと!?」
裁判長「懲役5年、7年、10年……15年……! まずいぞ、このままでは私の権力でもかばいきれない!」
57:
ウロボロスじゃねぇよwwwww
58:
ジジイ達人のくせに知らなかったのかよ
59:
敗北を知らないんだだろう…達人
60:
被害者A「二人とも、すぐ手を離すんだ! でないと、どんどん刑が重くなってしまう!」
男「……だってよ。どうする?」
女「離すわけないでしょう? だって先に離した方が負けたもの!」ボウッ!!!
男「だよな!!!」ボウッ!!!
裁判長「30年……40年……ま、まずい無期懲役になった!」
61:
男「はああああ……!」グゴゴゴゴ…
女「はああああ……!」グゴゴゴゴ…
バチィンッ!!!
老人「二人の痴闘気が弾け飛んだ!」
62:
男「ハァ……ハァ……」
女「ふぅ……ふぅ……」
男「決着つかず、か」
女「そうね……」
DQN「勝負は引き分けだ!」
被害者B「だ、だけど……二人の量刑はどんだけ重くなってんだ!?」
裁判長「両人に申しつける」
男女「はい」ザッ
63:
ザワザワ
64:
裁判長「君たちはあまりにも尻をさわりすぎた……両人を死刑に処す!」
男「……はい」
女「覚悟はしておりました」
ザワザワ… ドヨドヨ…
65:
老人「待ってくれい! この二人を死刑にするなんてあんまりじゃ!」
DQN「そうだぜ! こんなに美しいカップルはいねえよ!」
被害者A「お願いします!」
被害者B「どうか!」
被害者C「減刑を!」
女子高生「お姉さまとあの男の人を助けてあげて!」
裁判長「ならぬ、法は“絶対”である」
裁判長「情で法を曲げてしまっては、法治国家は成り立たぬのだからな」
裁判長「ゆえに……」
66:
裁判長「二人で……死が二人を分かつまで一緒に暮らし、思う存分尻をさわり合いなさい」
裁判長「それが……君たちにとっての死刑である!」
男「……はい!」
女「はいっ!」
ワァッ!!!
車掌「へっ、社内結婚ならぬ車内結婚なんて初めてだぜ」
老人「二人のケツが……素晴らしい判決をもたらしたんじゃな」
おわり
67:
これは美しいケツ末
68:
車内ケツ婚END
70:
映画化ケツ定
71:
ケツ果的にはハッピーエンドになったな
73:
けつw
けつまじく暮らせよw
7

続き・詳細・画像をみる


絵里「2+1」ことり「3−1」海未「1+1+1+」

【悲報】ワイの彼女、おっさんであることが発覚・・・・・・・・・・・

スマスマ後番組の初回視聴率wwwwwwwww

リボ払いまじやっべえぞ

【朗報】アドルフ・ヒトラーさん、正論を述べる

【悲報】カップラーメン業界、もうめちゃくちゃ

back 削除依頼&連絡先