千歌「おねえちゃんとお風呂?」back

千歌「おねえちゃんとお風呂?」


続き・詳細・画像をみる


千歌「梨子ちゃーん」ダキツキッ
梨子「ちょっと千歌ちゃん、汗くさーい…」
千歌「あははごめん、ちょっと走ってたからさ…」
梨子「ねえちゃんとお風呂は入ってるの?」
千歌(う…なんでお姉ちゃんとお風呂入ってるの知ってるの?)
千歌「も、もう子供じゃないんだよ?高校生になってからは入ってないよ!」
梨子「ええっ!」
梨子(どういうことなの…一年以上入ってないってこと?…)
2:
梨子「千歌ちゃん、うそはよくないよ…」
千歌「ううう、ごめんなさい…ほんとは先月入りました…」
梨子「う、うーん…それもどうかと思うけど…お家の方になんか言われない?」
千歌「志満ねえにはしょうがないわねぇって、言われる?」
梨子「へえそうなんだ…でもよくないよやっぱり…」
千歌「うーん、わかってはいるんだけどね…」
梨子「そのままだと、みんなにもばれるわよ」
千歌「!」
4:
千歌(え?え?どういうこと?みんなにばれる?)
千歌「だ、だまってればわからないよ…」
梨子「またそんなこといって、曜ちゃんあたりはもう気づいてるんじゃない?」
千歌「まあたしかに、曜ちゃんにはばれてるかも…」
梨子「でしょ?曜ちゃんだって入ってほしいなって思ってるわ」
千歌(え?曜ちゃんも一緒に入りたいってこと?)
梨子「嫌われたくないでしょ?入ったら?」
千歌「うう///考えとく…」
7:
千歌「だいたい、梨子ちゃんはどうなのさー」
梨子「わたし?いつも入ってるわよ」
千歌(ん?曜ちゃんといつも入ってるの?)
千歌「き、きっかけは?」
梨子「うーん、流れで入ってるだけだけど…」
千歌「どうやったら、そんな流れになるのさ!」
梨子「どうやったらって…ただ好きなだけよ?」
千歌「う…」
8:
千歌(うわぁ、重大な告白聞いちゃったよ///)
千歌「…なんで…好きなの?」
梨子「そうね…気持ちいいからかしら」
千歌「えっ?気持ちいい?」
梨子「ええ、気持ちいいわよ」
千歌(なになに?そんな関係なの?!)
梨子「千歌ちゃんもどう?」
千歌「いや、またにしとくよ!!」
10:
梨子(千歌ちゃんどうやったらお風呂入ってくれるかなぁ…)
梨子(あ、入浴剤とかあったら楽しく入ってくれるかも!)
梨子「ねえ千歌ちゃん、今度なんかいれてみない?」
千歌「え」
梨子「いろんなのいれてみると気持ちいいわよ」
千歌(うわぁ…プレイ内容まで暴露しはじめちゃったよ…)
千歌「…はは…遠慮しとくよ…」
梨子「そう?わたし詳しいわよ」
千歌「ちょっと、そういうのは…」
梨子「ねえ教えてあげるから!ね?ね?」
11:
千歌「は、はあ…、梨子ちゃんはどんなのが好きなの?」
梨子「うーん、レモンとか」
千歌「え?レモンいれるの?」
梨子「そう、気持ちいいわよ?」
千歌「……入るのそれ?、出てこなくなったりしない?」
梨子「?、大丈夫よ3個くらいだし」
千歌「入れすぎだよ!!」
12:
梨子「あ、そうそう、ミルクも好きね」
千歌「へ?、ミルク?」
梨子「そう、赤ちゃんのころの気分になれるわね」
千歌(まさかの赤ちゃんミルクプレイだよ!)
千歌「へ、へえ、上級者だね…」
梨子「まあね、今度志満さんにお願いしてみようかしら」
千歌「やめてよ!気まずいよ!」
13:
梨子「そうそう、ルビィちゃんも好きって言ってたわ」
千歌「え?ミルクのこと?」
梨子「そうよ、気持ちいいものね」
千歌「ルビィちゃんはいったい誰となんだろ…」
梨子「一緒だとしたらダイヤさんなんじゃない?」
千歌「さすがにまずいよ!」
梨子「あ、そういえば鞠莉さんもよくやるって言ってたわ」
千歌「もう聞きたくないよ!」
14:
千歌(いつのまにこんな乱れてたんだろ…)
千歌(誰かに相談しなきゃ…)
千歌(曜ちゃん……はダメだし…)
千歌(果南ちゃん……と鞠莉さんはほぼブラックなグレイだし…)
千歌(黒澤姉妹はおいといてと…)
千歌(善子ちゃんは…うん、まあ…)
千歌(あとは…花丸ちゃんかぁ)
千歌(電話してみよ…)
15:

続き・詳細・画像をみる


【画像】沢尻エリカ(32)まだまだイケるやんな模様

Dota 2 Pro Makes Clutch Play From Beyond The Grave

松本人志さん(53)、ベンチプレス135kgを軽々持ち上げる

ガンダムの『強化人間』とかいうメリット0の研究

友人AとBが喧嘩をした。正直2人の問題だから私を巻き込まないでって思ったんだけど…

愛してるってすごいね 言ったら嫁を愛してるって再認識できたさ

back 削除依頼&連絡先