千歌「淡島のレズ河童伝説を追え!」back

千歌「淡島のレズ河童伝説を追え!」


続き・詳細・画像をみる

1:
曜「珍しいよね、千歌ちゃんが休みの日の朝から呼び出すなんて」
梨子「…………」
千歌「実はね、我が浦の星女学院アイドル部に、こんなお便りが届いたんだよ!」
曜「お便りて」
千歌「えー、カンカンみかんネーム、金目鯛のシャイ煮さんから」
曜「ツッコミどころは色々あるけど、ここラジオじゃないからね?」
千歌「沼津の淡島には河童がいると聞きマース」
曜「鞠莉ちゃんからだね」
千歌「人に擬態してますが、水分が無いと死んでしまうのでしょっちゅう濡れているそうデース」
曜「そしてまごう事無く果南ちゃんの事だね」
千歌「是非とも捕らえて淡島ホテルで永遠に愛でたいデース。宜しくお願いしマース」
曜「あっ、これただの身内の誘拐依頼だね」
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1482318927
3:
千歌「こんなお便りをもらったら、調べないわけにはいかないよ!」
曜「その虫取り網で何をどうする気なのさ。やめときなよ、怪我するよ?」
千歌「大丈夫だよ。河童さんには怪我させないから」
曜「いや、その河童さんに攻撃したらカウンターハグで脊椎折られるからね?」
千歌「何それ怖い!」
梨子「…………」
千歌「で、でもそれくらいじゃ諦めないよ! 何としても捕獲するんだから!」
曜「やめなよ千歌ちゃん……鞠莉ちゃんにいくら積まれたのさ?」
千歌「やだぁ!新しいタブレット買うんだもん!」
曜「ホントに積まれてた!何してんだあのブルジョワ!」
4:
梨子「…………」
曜「……千歌ちゃん千歌ちゃん」
千歌「ん?どったの?」
曜「梨子ちゃんさっきから黙ってるけど……どうしたの?」
千歌「え?知らない」
曜「そっか……」
千歌「なんか用事があったみたいだけど無理言って来てもらったくらいかな!って、知ってるじゃん!」
曜「えぇー……」
5:
曜「ほら、見てよあの顔。完全に目が据わってるよ?」
千歌「で、でもここまで聞いて帰ってないって事は怒ってないんだよね?」
梨子「日曜日の朝から呼び出されて何かと思ったら、そんなことの為に私は今日東京で開催されている壁クイオンリー即売会に行けなかったのね」
曜「怒ってる!最早私達じゃ感知できない程に殺意が膨れ上がってるよ!」
千歌「壁クイオンリーなんてニッチなイベント人来るの?」
曜「何故煽るの」
梨子「尻を出しなさい」ウィンウィンウィン
千歌「何そのエグいの!!」
曜「言わんこっちゃない!」
6:
曜「や、やめて!千歌ちゃんは私がこの身に代えても守」
梨子「破ァーーッ!!」
千歌「よーちゃんバリアーッ!」
曜「んほぉぉおおおおっ!?」ズボォッ
千歌「曜ちゃんのアナル処女が!!」
梨子「アナルとか言わない」
千歌「な、何て事を……謝って!よーちゃんに謝って!」
梨子「確かに実行犯は私だけどさ……ごめんね?曜ちゃん」
曜「ち……」
梨子「ち?」
曜「千歌ちゃんに盾として扱われてアナル処女を散らされたということは、これはもう千歌ちゃんにアナル処女を奪われたと同義では……?」
梨子「あ、はい」
7:
千歌「さて、本題に入ろうと思います」
梨子「普通に再開するのね」
曜「私ならもう平気だよっ!」
梨子「ホントに?腰がへっぴり船長になってるけどホントに?」
千歌「あはは、そりゃなんの準備もしてないのに突っ込まれたら痛いよねー」
梨子「闇が深そうな発言しないで」
8:
梨子「ていうか、まだやるの?まだ間に合うからイベント行きたいんだけど」
千歌「うぅう……!りぃーこぉーちゃーん!おねがぁーい!」
梨子「う」
曜「で、出たー!全媒体で梨子ちゃんを堕とした、千歌ちゃんのお願ぁい攻撃だー!これには流石の梨子ちゃんもー!」
梨子「し、仕方ないわね。今回だけだよ?」
曜「堕ちたぁー!」
梨子「う、うるさいな」
千歌「さっすが!エッチスケッチ桜内だね!」
梨子「違います」
千歌「好きな食べ物(壁とイケメン女子との)サンドイッチだね!」
梨子「食べ物じゃありません」
曜「否定するのそこなんだ」
9:
梨子「ところで河童ハントなんだけど、具体的にどうするの?」
千歌「えっとね?まずは河童の生態を調べようと思うの」
梨子「生態?」
千歌「最近の河童さんには未知の部分が多いからね!行動パターンとかを把握しておけば捕まえやすいでしょ?」
曜「幼馴染を何だと思ってるの」
梨子「まぁ……果南さんは私の中で壁ドンされたい女子上位にくるから、観察するのはやぶさかではないけど」
曜「聞きたくなかった情報だなぁ」
千歌「それじゃあ!果南ちゃんの家にレッツゴー!」
曜「遂に千歌ちゃんも果南ちゃんって言っちゃった」
10:
◇◇◇
松浦果南の朝は早い。
朝の7時半。松浦家の台所に彼女の姿はあった。小気味の良い包丁の音と共に漂ってきた味噌汁の香りが鼻腔をくすぐり、睡魔からの覚醒を促してくれる。
ーーいつもこの時間に?
果南「そうだね。父さんの腰の具合があまり良くないから、最近の朝ご飯は専ら私が作ってるよ」
そう笑顔で話す彼女。若干18歳の女子高生だというのに立派な心掛けである。朝はギリギリまで惰眠を貪り、寝ぼけ眼で朝食を摂り、慌てて飛び出して行く調査員とは大違いである。
果南「自覚あるなら直しなよ……」
だが、待っていただきたい。ここで調査員はある事に気がついた。彼女の足下に注目していただきたい。
彼女が足を動かす度に、跳ねる水音。滴り落ちる水音。
そう、この女ーー濡れているのである。
果南「言い方!!!」
11:
千歌「濡れッ濡れのぐっちょぐちょなのである……」
果南「朝っぱらから人ん家来といてなんなの……。さっきまで潜ってたから濡れてるだけじゃん」
梨子「でも、朝起きて軽くご飯の仕込みしてから海に潜るって正気の沙汰じゃないわよね」
果南「そこまで言う!?」
曜「ついでに言えば身体も拭かずに家の中徘徊してる時点で常識人の枠には戻れないよね」
果南「曜まで!?」
千歌「倦怠期に鞠莉ちゃんの家にびしょ濡れで侵入して後で鞠莉ちゃんのお母さんにこっ酷く叱られたって本当?」
果南「わー!わー!」
12:
果南「やめてよ……あの頃の事を倦怠期って呼ぶのはやめてよ……」
梨子「少し弄り過ぎたわね。そろそろ本題に」
千歌「スクールアイドル、やるんだって?」
果南「しつこいな!?」
曜「千歌ちゃん!千歌ちゃん!なんで果南ちゃんを弄る時は全力なのさ!?」
千歌「ガイアが私に囁くの……。うへへ、もっと辱めてやるのですわって」
梨子「そのガイアはきっとポンコツだからやめなさい」
13:
果南「いや、本当何しに来たのさ……新しい遊び?だとしたらもうすぐ店の手伝いだから、それまでしか構ってあげられないよ?」
曜「うわー……ここまでされてこの対応。敵わないわー」
千歌「大丈夫!今日は果南ちゃんに1日密着取材するだけだから!」
果南「取材?なんでまた……」
千歌「ほら、果南ちゃんAqoursで人気急上昇中じゃない?その魅力はどこから来るのかなーって、知りたくなって!」
果南「な、なんか恥ずかしいな……。別に構わないけど、仕事の邪魔しないでよ?」
千歌「はーいっ!」
梨子「……無邪気な笑顔で平然と嘘ついたわよこの子」ヒソヒソ
曜「千歌ちゃん……恐ろしい子……」ヒソヒソ
14:
果南「じゃあ、一旦着替えて来るからちょっと待ってて?」
千歌「お構いなくー」
果南「……なんでビデオカメラ持って着いて来ようとするの」
千歌「お構いなくー」
果南「構うよ!?密着取材だからって着替えは映させないからね!?どこまで密着する気なのさ!?」
千歌「おはようからおやすみまで」
果南「うるさいよ!ついてきたら怒るからね!?」ピシャリ
千歌「ちぇー。失敗かぁ」
梨子「失敗かぁ、じゃないわよ」
曜「あはは……流石にねぇ?まぁ、そこまで調べても仕方ないんじゃない?」
千歌「いや、サービスショット撮れたら報酬が増えるの」
曜「何考えてんだあのブルジョワ!?」
15:
千歌「でも、この後あのスケベスーツ着てる姿撮ったら報酬ガッポリだよね!」
梨子「ウエットスーツを変な呼び方しないの」
曜「あの姿は鞠莉ちゃん見飽きてるんじゃない?」
千歌「えぇーっ!?じゃあやっぱ着替え撮るしかないじゃん!」
梨子「……曜ちゃん、このまま面倒くさく思わせれば、この茶番終わるんじゃない?」ヒソヒソ
曜「…………」
梨子「……曜ちゃん?」
16:
曜「じゃあ……」
梨子「渡辺さん?」
曜「じゃあ、止める?」
千歌「やめないっ!」
梨子「渡辺ェッ!!」ガッ
曜「ガイアが!ガイアが私に囁いたの!言うなら今ですわって!」ガクガク
梨子「だからそれガイアじゃなくてダイヤでしょうが!頭の中に何を飼っているのよ2人とも!」
17:
果南「お待たせー……って、何をケンカしてるの2人とも」
曜「あ、いやこれは……」
果南「まったくもう、女の子が掴み合いなんてしないの」
梨子(果南さんが言う?)
千歌「果南ちゃんが言う?」
果南「うぼぁ」グサァッ
梨子「こらっ!声に出さないの!」
18:
果南「ふ……ふふ……もう私って、何してもブーメランで返って来るんだよね……」
曜「諦めないで果南ちゃん!まだライフは残ってる!ここを耐えれば千歌ちゃんに勝てるんだから!」
千歌「次回、果南ちゃん、死す」
2人「デュエルスタンバイ!」
果南「うるさいよ!うるさいよ!!」
梨子「仲良いなぁ……」
19:
◇◇◇
千歌「そんな訳で、果南ちゃんの仕事姿を撮っていこうと思います」
梨子「どんな訳なのよ」
曜「そうは言っても、今日予約してるお客さんは1組だけらしいよ?それまでは備品の点検くらいだってさ」
千歌「えー?つまんなーい。果南ちゃん脱いで」
果南「脱がないから」
千歌「どうして!?この間は見せつけるみたいに目の前で脱いだじゃん!?」
果南「み、見せつけてないから!ウエットスーツが冷たいから脱いだだけ!てか、映してるんだから尚更やだよ!」
千歌「だってさ……エロなんだよ……?」
梨子「やめなさい」
22:
曜「ところで、備品の点検って何するの?」
果南「ボンベとかシュノーケルとか……まぁ、お客さんが使う物に不備があったりしないか確認をね。とりあえず今はこのボンベを向こうまで運ぼうかな」
曜「うわっ、重そう。手伝うよ!」
果南「ありがと。……曜は良い子だなぁ」
千歌「あー!今、『は』ってとこに力入ってた!どういうこと!?私は良い子じゃないのー!?」
果南「自分の胸に聞いてみなよ」
千歌「教えてくれ、おっぱい。私はあと何回果南ちゃんを辱めればいい……?果南ちゃんは何も答えてくれない……」
果南「放して曜!ハグ!ハグするだけだから!」
曜「駄目だよ!そんなに腕に血管浮き上がらせてどんなハグする気なのさ!」
23:
曜「ほら!いいからボンベ運ぼうよ!ね?」
果南「うん……。よいしょっと……」
千歌「ほら、梨子ちゃん見て。力んでキュッと引き締まった2人のお尻を」
梨子「千歌ちゃんおっさん臭いよ。まぁ、見るけど」
果南「……千歌の嫌な視線を感じる」
曜「うん……」
果南「曜もわかる?」
曜「千歌ちゃんのエッチな視線を感じる……うへへ」
果南「曜は良い子……だったんだけどなぁ」
24:
◇◇◇
千歌「その後、果南ちゃんがやってきた女子大生2人組のお客さんを堕としたりする様子を撮影したところで、本日の調査を終了したのでした」
梨子「一気に時間飛んだわね」
曜「果南ちゃん……」
果南「な、何さ!言いたいことがあるならハッキリ言ってよ!」
千歌「いや、まぁ、果南ちゃんは悪くないんだけどさ……」
曜「堕ちるよ……そりゃ初めてのダイビングで不安がってるところで、ハグされて耳元で『大丈夫、私を信じてください』って言われたら鞠莉ちゃんじゃなくても『かなぁん……♥』ってなるよ……」
梨子「そのおっぱいで何人の女の子を堕としてきたんですか?」
果南「人聞きの悪い事言わないでくれるかな!?」
25:
果南「ていうか、別に鞠莉に比べたらそんなおっきくないし……」
千歌「あやまって!りこちゃんにあやまって!!」
曜「それ以上いけない」
梨子「千歌ちゃん、尻を出しなさい」ウィンウィンウィン
千歌「また出た!?」
梨子「貧乳じゃないし気にしてもいないけどブチ犯してあげる」
千歌「か、かなんちゃんバリアーッッ!!」
果南「えっ、ちょっ!」
梨子「破ァーッッ!!」
曜「ひぎぃっ!?」ズボォッ
果南「何故!?」
26:
梨子「つい狙いが逸れたわ」
果南「ついって割りには真っ直ぐ狙いに行ってた気がするけど……」
梨子「……次は外さない」ジリジリ
千歌「ひぃっ!なんで今日に限って諦めないの!?」
果南「普段千歌がどれだけやらかして曜が被害に遭ってるか分かる発言だね」
千歌「て、撤退!戦略的撤退ーっ!」ダッ
果南「あ、千歌。そこ滑るよ」
千歌「ほぇ?」ズルッ
27:
千歌「ぬわーっ!」バシャーン
梨子「ああっ!千歌ちゃんが海に!」
果南「あはは、これで頭も冷えるんじゃない?」
梨子「…………」
果南「…………」
梨子「……浮いてきませんね」
果南「うそっ!?」
28:
梨子「ああっ!足が攣って溺れた千歌ちゃんを果南さんが飛び込んで陸に引き揚げた!」
果南「誰に説明してるの。……マズイね、水を飲み込んでる」
曜「人工呼吸と聞いて」
梨子「誰も言ってないからね?アナルバイブでグロッキーな曜ちゃんは引っ込んでて。私がやる」
曜「出来るよ!千歌ちゃんのおっぱい揉んでチューすればいいんでしょ?簡単だよ!」
梨子「違うわ。千歌ちゃんのおっぱい吸って揉んでベロちゅーするのよ」
果南「2人とも後で説教ね」
29:
曜「私が!」
梨子「私が!」
果南「……はぁ」スッ
ズキュウウウゥウゥンッッ!!!
梨子「や、やった!さすが松浦果南な――なんてことを!」
曜「私達に出来ないことを平然とやってのける!そこにシビれるあこがれ――なんてことを!」
【翌日 理事長室】
千歌「と、いうのが昨日の観察の映像記録なんだけど」
鞠莉「…………」
30:
千歌「ひとまず報酬はいくら貰えるかなーって。えへへ」
梨子「千歌ちゃんがめつい」
鞠莉「ま……」
千歌「ま?」
鞠莉「松浦ァァアアァァアアアアアッッ!!!」
曜「マジギレ!?鞠莉ちゃんマジギレなの!?」
鞠莉「浮気は許さない!ぶん殴る!」
曜「やめなよ!またハグされてチョロるだけだから!」
34:
お待たせしました。再開しますね
35:
千歌「違うの鞠莉ちゃん!果南ちゃんは私を助けるためにしてくれただけなの!」
鞠莉「チカっち……そうね、それなら……」
千歌「でも……」
鞠莉「……?」
千歌「嬉しかった……?」ポッ
鞠莉「松浦ァ!!」
梨子「何故煽るの」
果南「まぁまぁ。鞠莉、落ち着いてよ」ガラッ
梨子「そして本人来たし」
36:
ありゃ。やっぱ上手くいかない
千歌ちゃんの「?」はハートです
37:
鞠莉「果南!こ、これは違うの!」
果南「千歌が取材なんておかしいと思ってたけど……やっぱり鞠莉の差し金だったんだね」
鞠莉「ち、違うの!ガイアが私に囁いたの!最近果南さんが冷たくありませんか?このままでいいんですの?って!」
梨子「もうダイヤさんが全ての黒幕のような気がしてきた」
果南「んー……私、冷たかったかなぁ?そんなつもりないんだけど……」
鞠莉「そんな事ある!」
果南「えー?いつ?」
鞠莉「この間だって、終わった後ベットで素っ気なかったじゃない!」
果南「やめよう鞠莉。千歌達が見てる」
38:
梨子「する事してるくせに恥ずかしがるよね、果南さん」
曜「恥ずかしがらなくても大丈夫だよ果南ちゃん。大好きだったら大丈夫」
果南「い、いや、違くて……」
鞠莉「そう!大丈夫よ果南!確かにここはミッション系スクールだけど、マリア様ならきっと今、マリ見て読んでるから大丈夫よ!」
果南「マリア様が見てなくても幼馴染と後輩が見てるんだよぉ!……てか、そっか、あの時かぁ」
鞠莉「そうよ!私の何が気に入らないの!?」
果南「いや、それは……」
鞠莉「えっちする時にオゥイエスッ!カマンッ!ファックミー!とか言うから!?」
果南「小原ァッ!!」
39:
果南「そういう!そういうところだよ!いや!確かにあの時黙ってたのはそれについて考えてたからだけど!」
鞠莉「欧米の血が発動しただけじゃない!」
梨子「トラップカードみたいに言いますね」
果南「萎えるんだよ!最中にニップルとかファックとかシーハーシーハー言われると!」
曜「それはキツイ」
鞠莉「ええっ!?××もダメ!?」
果南「××も×××も××××も駄目!!」
曜「おおっと止めなさいエロテロリスト共め」
40:
千歌「…………」
曜「千歌ちゃん?」
千歌「いい加減にしろぉーーーっ!!!」
曜「で、出た!千歌ちゃんのハイパーボイス!」
果南「ち、千歌……」
鞠莉「チカっち……」
千歌「もう!!2人して××とか×××とか言って!!」
梨子「千歌ちゃん!千歌ちゃん!その音量のまま言っちゃ駄目!」
曜「録音した」
梨子「後でデータね」
41:
千歌「どっちもどっちでめんどくさいんだから!ちゃんとごめんなさいして!」
曜「うんうん」
千歌「それからちゃんと仲直りックスしなさい!」
曜「仲直りックス!?」
果南「鞠莉……ごめんね?鞠莉の気持ちも考えないで……」
鞠莉「かなぁん……♥ ううん……私もワガママだった。ごめんね?」
梨子「それで仲直りしちゃうのかー」
42:
鞠莉「ありがとうね、チカっち」
千歌「お礼なら口座に振り込んでおいてくれれば大丈夫だよ」
梨子「千歌ちゃんちゃっかり」
果南「じゃ、私達早退するからダイヤに説明よろしくね!」
曜「おいおいおいマジで仲直りックスしに行くぞこの2人誰か止めろ」
鞠莉「じゃあね!バーイ♥」
ガラガラッ!ピシャッ!
3人「………………」
千歌「嵐のような人達だったね……」
梨子「それ言えばまとめられると思わないでよ?」
43:
梨子「……結局、この一連の茶番は何だったの……?」
曜「あはは……まぁ、楽しかったから良いんじゃない?」
梨子「私、休日が無駄に潰れて曜ちゃんのアナル開発した記憶しかないんだけど……」
曜「それはそれで随分な休日だと思うよ」
ガラガラッ!
ダイヤ「ちょっと!さっき馬鹿でかい声出したのは千歌さんですわよね!?何を騒いでいるんですか!」
千歌「あ、ガイアさんだ」
曜「ホントだ。ガイアさんだ」
ダイヤ「千歌さん!さっきのは……ガイアさん!?」
44:
千歌「違うんですダイヤさん。さっきのは河童の仕業なんです」
ダイヤ「いえ、その前にガイアとは何なのか」
曜「ちなみに河童ならシャイニーと相撲取りに行きました」
ダイヤ「ですからガイアとは」
千歌「それでですねダイヤさん」
ダイヤ「何故話を聞こうとしないんですの!?怖っ!今時の後輩怖っ!」
梨子「一緒にしないで下さい」
45:
ダイヤ「っ! り、梨子さん。良かった……比較的まともな貴女なら話が成立しますわよね」
梨子「比較的!?待って下さい、私もおかしいみたいな口振りですけど!?」
ダイヤ「…………?」
梨子「く、くそ!何を当たり前な……みたいな顔で首を傾げて!千歌ちゃん!曜ちゃん!ニヤニヤしながらこっち見ない!」
曜「大丈夫だよ梨子ちゃん。私達、仲間じゃない?」
千歌「由紀恵じゃない?」
梨子「うるさいよ!うるさいよ!」
46:
千歌「やーいやーい。梨子ちゃんのクレイジーサイコ壁クイー」
梨子「っ……」
曜「どうしてひと言多いの」
梨子「……ダイヤさん。千歌ちゃんのせいで果南さんと鞠莉さんが真昼間から仲直りックスしに帰りました。千歌ちゃんのせいで」
ダイヤ「ンマーーッ!」
千歌「あぁっ!裏切者ぉ!」
梨子「裏切ってなんかないわ。最初から仲間じゃなかっただけ」
曜「梨子ちゃん悪役みたい」
47:
ダイヤ「千歌さん!どういうつもりですか!」
千歌「こ、これはぁ……そのぉ……」
ダイヤ「貴女この間も2人を煽って早退ックスさせてましたわよね!?」
曜「とんでもねぇなこの幼馴染」
ダイヤ「今日という今日は許しませんわ!来なさい!折檻ですわ!」ガシッ
千歌「やだやだやだぁ!助けて曜ちゃん!」ズルズル
梨子「駄目よ曜ちゃん。千歌ちゃんには1度痛い目に遭ってもらわないと」
曜「よ、ヨーソロー……」
千歌「だって!だってさ!レズなんだよおおぉぉぉぉぉ……!」ズルズルズルズル
おわり
4

続き・詳細・画像をみる


For anyone who understands how coding works, or at least likes seeing pretty timelapses, here’s an i

【株式】NYダウ、一時170ドル超下落…トランプ氏会見に失望

元巨人・桑田真澄さんの息子がイケメンすぎると話題に

【朗報】「おしゃべりガイコツ」創刊号199円wwwwwwwwwwwwwwwwwwww

「出世する男性」が必ず行く場所・6選

ナウシカの実況っていまいち盛り上がるポイントがわからんのだよな

back 削除依頼&連絡先