車庫のシャッターにはさまった猫、ご近所総がかりで救出back

車庫のシャッターにはさまった猫、ご近所総がかりで救出


続き・詳細・画像をみる

1:
アメリカ・ルイジアナ州アセンション郡で2016年12月29日、車庫のシャッターに挟まれて命の危険にさらされた猫を、心優しい保安官代理と地域住民たちの協力で救出した。
はさまれたベラ
「住宅の車庫のシャッターと壁の間に挟まって身動きが取れなくなっている猫がいました」と、マイク・スコット保安官代理は語った。スコットさんは以前、退職するまでアセンション郡保安官事務所で保安官を務め、現在は非常勤で働いている。この救出のニュースは、1月6日にアセンション郡保安官事務所が発表した。
「長年保安官を務めてきましたが、こんな状況に遭遇すると思いもしませんでした」と、スコットさんは語った。
スコットさんによると、救援を要請する電話を受けて現場に到着したときはすでに、ベラという名前の猫が身動きが取れない状態になっており、近所の住人たちと建設作業員が猫を助けようとしていた。その場にいた人たちも協力し、スコットさんはシャッターの上部の枠を取り外して隙間を作り、ベラを救出した。「2016年8月に発生した洪水で大きな被害を受けて以来、地域住民は団結するようになり、お互いに親しくなっていました」と、スコットさんは語った。
ベラを抱えたヒーローのマイク・スコット保安官代理
アセンション郡保安官事務所はハフィントンポストUS版の取材に、獣医が診察した結果、ベラは打撲だけで済んだと語った。
「私は特に猫好きというわけではありませんが、苦しんでいる動物を放っておくわけにはいきません」と、スコットさんは語った。
この事件が発生したとき、ベラの飼い主(匿名)は用事で外出していたが、保安官代理たちがまだ現場にいる間に戻ってきた。事件の説明を受けた飼い主の男性は「オーマイガー!ベラ!」と大声を上げた。飼い主の男性によると、外出したときにベラはシャッターのそばで寝ていたとみられる。
飼い主の男性は、これから外出するときはシャッターの近くにベラがいないかどうか確認するだろう。
http://www.huffingtonpost.jp/2017/01/09/cat_n_14071244.html
11:
鉄拳の漫画みたい
9:
想像以上にはさまってた


続き・詳細・画像をみる


【悲報】テレ朝で日本の社畜精神を垂れ流すwwwwwwwww

入社して1ヵ月の女の仕事が雑。言いやすい人間にはどんどん荒を探して指摘してくのが私のやり方。

奇妙な恐怖症をヴィンテージ写真を使いフォトコラージュで再現したホラーアート(※恐怖注意)

5歳上の彼に「お前は優しくない」と言われた。だからそう思ったときに言ってもらって、少しずつ直していく事にしたんだけど…

ズバリ、2017年の漢字って何?漢字を予想して変なマスクとかamazonのギフト券とか当てるの会

中日を最下位予想する奴のニワカ率の高さ

back 削除依頼&連絡先