梨子「果南さんのアドレスでレズサイトに登録しましょう!」back

梨子「果南さんのアドレスでレズサイトに登録しましょう!」


続き・詳細・画像をみる


梨子「……」カタカタ
梨子「よし、これで登録よっ!」カチッ
【ご登録頂いたメールアドレスに本登録用のリンクをお送り致しました】
梨子「」
梨子「やばいやばいやばい!最初は仮登録だって忘れてた!」
的な?
11:
梨子「これって果南さん絶対に気付くよ……」
梨子「うん?でも誰がやったか分からないよね。それなら大丈夫……かな?」
梨子「うん、大丈夫!きっと大丈夫!だから今日は寝よう……」
―一方その頃―
ピロリン♪
果南「お、メールだ。【このメールは本登録用です】?【見覚えがない場合はやかに削除】……」
果南「私スマホ使わないから今まで迷惑メール来たこと無いんだけどなぁ……」
果南「このサイトって――レズサイト!?」
果南「レズサイトと言うことは女性。そして女性で私のメアドを知っているのは学校のクラスメイトとAqoursメンバーくらい……」
果南「これは問い詰める必要があるね」
13:
―次の日―
果南「(あのサイトの名前―【女々しくて】―をしれっと会話に混ぜてみたけど、クラスメイトからの反応は無かった)」
果南「となると残るAqoursの中に犯人が……よしっ!」
17:
――
曜「果南ちゃんヨーソロー!」
果南「今日も元気だね。曜」
曜「当たり前であります!元気が一番!」
果南「曜はスポーツマンだから人1倍体には気をつけてるからね」
曜「果南ちゃんだってダイビングやってるじゃん」
果南「まぁそうなんだけど」アハハ
20:
果南「(曜か?曜なのか?分からないけど取り敢えず全員に試さないと……)」
曜「ん?どうしたの?いきなり黙って」
果南「ううん、何でもないよ。話は変わるけど、曜はゴールデンボンバーは好き?」
曜「いきなりだね!?好き、と言えば好き……かなぁ?」
果南「いきなり聞かれても答えられないよね」アハハ
曜「分かってるなら聞かないで!?」
果南「ごめんごめん。そのゴールデンボンバーで一番有名な曲ってどれだっけ」
曜「何言ってるの果南ちゃん。"女々しくて"に決まってるじゃん」
果南「(来たぁっ!!)」ジー
曜「ど、どうしたの?」
果南「(違う……か)」
23:
果南「何でもない。女々しくて良い曲だよね」ウンウン
曜「そ、そうだね……」
果南「あ、ちょっと私他の人に用事があるから。じゃ」スタスタ
――
曜「……何だったんだろう」
――
果南「曜は違う……と。3年生のダイヤと鞠莉はもう終わらせてるから残るは1年生と千歌に梨子。次は誰かな――」
千歌「あ、果南ちゃーん!」
28:
果南「千歌」
千歌「果南ちゃん難しい顔してたよ?」
果南「え、そう?」
千歌「うん!なんかこう、おばあちゃんみたいだった!」
果南「どーゆーことかなぁ?」グリグリ
千歌「痛っ!ご、ごめんなさぁい!」
果南「よろしい」パッ
千歌「うぅ……眉間に皺がよってたんだよ。凄く!ギューって!」
果南「……そんなに?」
千歌「そんなに」
29:
ごめん寝る
31:
明日も早いから……また夜続けるから勘弁して……
52:
果南「そうだとしてもその言い方は良くないなー」
千歌「だからごめんってぇ!」
果南「今後気を付けるように」
千歌「はぁい」
果南「(千歌にもゴールデンボンバーの話で良いかな?)」
果南「曜にも聞いたんだけどさ」
千歌「んー?」
果南「千歌はゴールデンボンバー好き?」
千歌「い、いきなりだね」
果南「うん、曜もそう言ってた」
千歌「そうなんだ……私は好きだよ!」
53:
果南「ほうほう」
千歌「特に"女々しくて"って良い曲だよね!」
果南「(自分から言った!?ってことは千歌は違う?いや、あえて自分から言うことでバレないようにしてるのかも――って、千歌がレズねぇ……有り得ない話ではないけど)」
千歌「果南ちゃーん?」
果南「ん?あぁ、やっぱり"女々しくて"が好きなんだね」
千歌「当たり前だよ!」
果南「(これは違う……ね)」
54:
果南「あ、そうだ千歌。1年生、もしくは梨子見なかった?」
千歌「梨子ちゃんか1年生の3人?う?ん……あっ!確か中庭にルビィちゃんと花丸ちゃんがいたと思うよ」
果南「ありがと。ちょっと用事があるからごめんね」
千歌「じゃあまた後でね?」
千歌「……」
千歌「果南ちゃんゴールデンボンバー好きなのかなぁ……?」
55:
果南「む、急がないと練習の時間になっちゃうな」
ルビィ「でね、その時お姉ちゃんが――」
花丸「ダイヤさん流石だね」
果南「お、いたいた。おーい2人ともー」
ルビィ「果南ちゃんだ!こんにちは」
花丸「こんにちは」
果南「はいこんにちは。2人はここで何してたの?」
ルビィ「練習始まる前にお話してたの」
花丸「ルビィちゃんのダイヤさんの話は聞いてて飽きないずら?」
果南「どんな話?」
56:
ルビィ「えぇと、私が拾ってきた子猫ちゃんを飼ってくれる人を探してくれたんだ」
花丸「最初は連れてきたことに凄く怒ってたけど、結局は一番子猫を可愛がってたらしいずら」
果南「ダイヤ可愛い(それはそれは……)」
花丸「果南さん逆になってる……」
果南「おっと(けどこの2人かぁ……どっちもゴールデンボンバー知らなさそうだよなぁ。さてどうするか……)」
果南「(しかも女々しいって男性に対して使うのが普通だからいきなり言うのも変だし……)」
果南「うーん」
ルビィ「いきなり考え込んじゃった」
花丸「暫く待てば大丈夫ずら」
58:
果南「あ、そうだ。2人共」
ルビまる「はい?」
果南「メメント・モリって知ってる?(これはかなり微妙だけどどうかな)」
ルビィ「聞いたことはあるけど……」
花丸「知ってるずら」
ルビィ「花丸ちゃん知ってるの?」
花丸「うん。『自分が必ず死ぬことを忘れるな』って言う警句だよ」
ルビィ「えぇっ!?警句?」
花丸「戒めの言葉ずら」
ルビィ「へぇ?、花丸ちゃん物知りだねぇ」
花丸「照れるずら?/////」
59:
ルビィ「そのメメント・モリがどうしたの?」
果南「いや、2人なら知ってるかなぁと思って聞いたんだ」
花丸「そうだったんだ」
果南「(う?ん……断定ではないけど可能性は限りなく0だね)」
ルビィ「あ、練習時間になっちゃう!」
花丸「えっ?ホントずら!」
果南「最初はミーティングだったよね。急ごうか」
果南「(残るは善子と梨子……どっちだろう?)」
60:
ちょっと外す
65:
―部室―
果南「(さてどうするか、いきなり『女々しくて!!』とか叫び始めたら変人だし)」
ダイヤ「――ですのでここは――」
果南「(そもそもダイヤが話してるからいきなり他の話するのも変人だし)」
ダイヤ「――って、聞いてますの?果南さん」
果南「へ?」
鞠莉「珍しいわね?、果南が話聞いてないなんて」
ダイヤ「どこか具合でも悪いんですか?それなら早く病院に――」
果南「大丈夫!何も問題ないよ!」
ダイヤ「ならいいのですが……きちんと話は聞くこと」ピシッ
果南「ごめんごめん」
66:
果南「(やはりゴールデンボンバーの話を出すのが一番自然に"女々しくて"を言わせることが出来る。だけど……)」
ダイヤ「――はその後で――」
果南「(善子と梨子だし……う?ん)」
ダイヤ「果南さん!」バァン!
果南「うわっ!」
ダイヤ「本当に何も無いのですか!?」
千歌「そうだよ?、果南ちゃんさっきもボーっとしてたし」
ダイヤ「やはり病気なのでは!?」
果南「ち、違う違う」
ダイヤ「では何ですの」
67:
果南「き、昨日夜更かししちゃって……」
鞠莉「Oh! 夜更かしは肌の天敵よ?」
善子「果南さんも夜更かしするのね」
ルビィ「だね、ちょっと意外とゆーか」
花丸「健康第一だと思ってたずら」
果南「あはは……」
ダイヤ「で、何してたのですか?」ズイッ
果南「(これってチャンス……?)」
ダイヤ「さぁ」
果南「鞠莉に勧められた曲を聞いててさ。ついつい夜遅くまで」
鞠莉「私が勧めた?なんのこ――」
果南「」ギロッ
鞠莉「oh……」
68:
曜「あ、それであのことを」
果南「違うよ」
ようちか「え?」
果南「私が勧めてもらったのは――」
果南「RADWIMPSの"me me she"だよ」
ようちかだいまり「RADWIMPS?」
よしまるびぃ「me me she?」
梨子「」ピクッ
果南「(私は見逃さなかったよ……梨子!!)」
69:
ダイヤ「って何で鞠莉さんまで疑問顔なのですか」
鞠莉「え?だってRADWIMPSって言うグループ聞いたことないもの」
ダイヤ「鞠莉さんが勧めたのでは?」
果南「あぁ、それ嘘だから」
ダイヤ「嘘なんですか!?」
鞠莉「でも果南、何でわざわざそんな嘘を?」
果南「ちょっと事情があってね」
梨子「」ソロー
果南「ね、梨子?」ニコリ
71:
梨子「……」
千歌「梨子ちゃん?」
果南「梨子なら私が言わんとしてることは分かるはずだよね?」
梨子「……と」
曜「と?」
梨子「とぉっ!!」
善子「あ、跳んだ」
千歌「って、ここ1階だよ」
梨子「ふっ」シュタッ
花丸「着地した」
梨子「さらば!」シュタタタ
ルビィ「逃げた」
鞠莉「何が起きてるの……?」
72:
果南「逃げたか……ってことは梨子で正解だね」
ダイヤ「ちょ、ちょっと何が起きているのか私達にも教えてくださいませんか?」
果南「そうだね、実は――」
――
果南「ってわけ」
千歌「あぁ、だから今日の果南ちゃん少しおかしかったのか」
果南「そうゆーこと」
ダイヤ「梨子さん……」フルフル
善子「まぁーお仕置きは必要ね」
鞠莉「でもどうやって?」
ルビィ「あ、あのぉ……」
果南「どうしたの?」
ルビィ「これ」スッ
果南「スマホ……梨子のかな」
74:
果南「これを使えば……ふっふっふ」クロイエミ
花丸「か、果南さん顔が怖いずら……」
千歌「たまになるんだ。黒いサイドに堕ちた果南ちゃん」
善子「私と同じね!」
曜「違うと思う」
善子「ちょっと!?」
――
梨子「あー!どうしよどうしよどうしよー!!」
梨子「逃げたら完全に私だって言ってるようなものじゃん!」
梨子「……家に篭っとこ……」
76:
――
ピンポーン
「梨子ちゃーん?」
梨子「この声は千歌ちゃん?」
ガチャッ
千歌「あ、梨子ちゃん。スマホ忘れて行ったでしょ?はいこれ」
梨子「あ……忘れてた。ありがとう」
千歌「じゃあまた明日ー」テクテク
梨子「……」
梨子「千歌ちゃん何も言わなかったな……」
77:
梨子「果南さん言ってないのかな?」
ピロリン♪
梨子「メール?」
【〇月×日に――で待ってます】
梨子「へ?」
ピロリン♪
【お友達からでいいので是非!連絡待ってます】
梨子「」
ピロリン♪
【私のお姉様になってもらえませんか?】
梨子「こ、これは……全部レズサイト!?」
ピロリン♪
ピロリン♪
ピロリン♪
ピロリン♪
78:
梨子「ちょ、ちょっと……!!」
メノ^ノ。^ リ
79:

続き・詳細・画像をみる


提督「鈴谷が可愛すぎてつらい」

初代ポケモンのテストプレイヤーだったけど質問ある?

「盗人たけだけしい」「日本政府は両国間の葛藤あおった」 日本の対抗措置に韓国各紙 自国の合意違反は黙殺

小保方晴子さん、復活!

【画像】クロエの作者の前作wwwwwwwwwwwwwww

Why A Bunch Of Fighting Game Fans Are Trying To Do Exactly 310 Damage Combos

back 削除依頼&連絡先