きのこの山「最後通牒だと……?」 たけのこの里「……」back

きのこの山「最後通牒だと……?」 たけのこの里「……」


続き・詳細・画像をみる

1:
きのこ「ふん、バカか。戦争もしようってのか?」
たけのこ「……」
きのこ「……お前はいつだってそうだ。すぐ勝手な結論を出して決めつけやがる」
たけのこ「お互い様だろ?」
きのこ「……」
たけのこ「自分で気付いてないつもりかもしれんが、お前だって他人の事は言えないぜ」
きのこ「ふん」
pickup
石原さとみ「創価学会タブー破り」でヤバイことに…東京メトロCMに衝撃事実…
【愕然】女はヤると態度変わる理由がwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
【朗報】街コンで知り合った女と結婚した結果wwwwwwwwwww
【ボッキ注意】貧乳とマイクロビキニの組み合わせエッロすぎwwwwwwwww(画像あり)
【絶望的】 33歳・独身♀の末路をご覧ください・・・・ (画像あり)
【愕然】同じソープ嬢に3日連続で入ったら凄がられたけどさwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
【エロ注意】御伽ねこむとかいうKカップコスプレイヤーがエロすぎて勃起不可避wwww
【悲報】元SKE三上悠亜が、avデビューした本当の理由.....
【画像】人間の姿に化けて社会に紛れ込んでる化け物がこちら・・・
女だけど私の足の裏が凄くキモくなってきたんだけど・・・(※画像あり)
【画像】30日間Hしまくりだとしたらこの中でどれ選ぶ?wwwwwwwwwww
2:
たけのこ「ともかく、グダグダした関係にピリオドを打とうじゃないか」
きのこ「本気で言ってるのか?」
たけのこ「お前の駄目な所は俺が一番知っている。お前が俺の事をよく知っているようにな」
きのこ「……」
たけのこ「グダグダと先延ばしてばかりな所がお前の最大の欠点だ」
きのこ「てめぇ……」
たけのこ「もう何も話すことは無い。次会う時は殺し合いだ」
3:
きのこ「……」
トッポ「きのこ君どうしたの? 浮かない顔して」
きのこ「トッポ……」
トッポ「たけのこ君とケンカでもした?」
きのこ「ああ……ケンカって話じゃ済まなそうだがな」
トッポ「えっ!? それって……」
きのこ「戦争だ」
トッポ「そんな……」
4:
きのこ「トッポ、戦争が起きたらお前は俺側に付いてくれるよな?」
トッポ「う、うん……そうだけどさ」
きのこ「……」
トッポ「僕はたけのこ君と仲良い訳じゃないし……どっちかって言うなら、きのこ君に付くかな」
きのこ「ありがとう」
トッポ「それにしても、大変な話になったね……きのこ君とたけのこ君がぶつかれば、チョコ界に大きな波紋を呼ぶよ」
きのこ「そうだな……とんでもない事になった」
トッポ「まだ準備は完璧じゃないんでしょ?」
きのこ「ああ……早く仲間を集めた方がいいな……あいつは根回しがうまいから厄介だな」
9:
>あいつは根回しがうまいから
誰が美味い事言えとww
5:
きのこが主役かよ。
きのこ派の陰謀死ね
6:
>>5
たけのこ厨乙wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
7:
たけのこ「全員揃ったか」
ポッキー「うん」
チョコボール「一体何が始まるんだクエッ?」
チロルチョコ「早く帰りたいよぉ」
パイの実「……」
コアラのマーチ「何をやからすつもりなんだい?」
たけのこ「諸君。実はきのこと戦争する事に決まった」
チョコボール「クエッ!?」
コアラ「マジか……」
11:
たけのこ「君たちと僕の信頼と友情にかけて、力添えしてほしい」
ポッキー「メンバーはこれだけなのかい?」
たけのこ「勿論これからもっと増やすつもりだ。こういうのは戦力差が物を言うからね」
チロル「なんだか楽しそう〜」
チョコボール「僕はたけのこ君に付くクエッ! 決めたクエッ!」
ポッキー「僕もそうするよ(あの憎たらしいトッポはきのこ側に付く筈……この際だし思い知らせてやる)」
コアラ「おいらも。たけのこ君の方が強そうだし」
13:
パイの実「…………気に入らねえな」
たけのこ「……一体何が気に入らないのかな?」
パイの実「あんたのその高圧的な態度がだよ」
たけのこ「……」
パイの実「あたしはあんたとはやっていけないね。戦争でも何でも勝手にすれば?」
たけのこ「パイの実……」
チロル「まあいいんじゃない? 人それぞれで」
ポッキー「パイの実がいなくても、この時点で相当な戦力だろう」
たけのこ「油断は禁物だぞ。相手はきのこだからな」
15:
きのこ「……」
きのこ「いつから、こんなんになっちまったんだろうな……」
……………
………

明治ミルクチョコ「こら! きのこ、たけのこ、静かにしなさい」
きのこ「だってたけのこがー」
たけのこ「きのこが悪いんだろー」
18:
明治「友達を大事にしない子はおいしいチョコになれませんよ」
きのこ「はーい」
たけのこ「ちぇっ」
明治「お前たちは将来、チョコ界を背負っていく者になるでしょう」
明治「それなのに今から喧嘩ばかりしてどうするんですか! 二人とも謝りなさい」
きのこ「……ごめん」
たけのこ「……うん、いいよ」
明治「始めからそうすればいいのです。二人とも、本当はお互いが大好きなのですからね……」
19:
なんでコアラのマーチさんがたけのこに従ってるんだよww
アメリカポジションだろうに
21:
……………
………

たけのこ「……」
ポッキー「たけのこ? どうしたの、ボンヤリして」
たけのこ「いや、何でもない……」
たけのこ(昔の話だ……もう俺たちは、元に戻れない)
23:
まて・・・・まだキットカットさんが出てないぞ
24:
アルフォートさんやチョコフレークさんも……
27:
たけのこの里は着実に仲間を増やしていった
開戦の日はいよいよ目に見える位置まで迫って来ていたのであった
たけのこ「よし、暫定メンバーはこれで決定だ」
〜たけのこ側に集まったチョコ達〜
・ポッキー
・チョコボール
・コアラのマーチ
・チロルチョコ
・小枝
・プッカ
・ブラックサンダー
・メルティキッス
・LOOK
・チョコあ〜んぱん
・さくさくぱんだ
・ジャイアントカプリコ
・ガルボ
・スニッカーズ
30:
ポッキー「このメンツで本当に大丈夫か?」
たけのこ「ああ。相手側にも強いのはいるだろうが、こっちの四幹部の戦力は計り知れないからな」
メルティキッス「たけのこって強くて素敵ねぇ……」
LOOK「そうだよねー」
ブラックサンダー「きのこなんて焼きつくしてやるぜ!」
スニッカーズ「HAHAHA」
32:
あ〜んぱん「わしの出番はあるかの?」
カプリコ「知らなーい」
プッカ「たけのこ、板の連中には声をかけなかったのか?」
たけのこ「そういうのには興味が無いらしい……全く、固い奴らだ」
小枝「クランキーさんと一緒に戦いたかったのに〜」
ガルボ「まあ、きのこ勢くらい俺らで何とかなるぜ!」
たけのこ「……開戦は近い」
35:
トッポ「きのこ君! 集まったみたいだよ」
きのこ「ああ」
〜きのこ側に集まったチョコ達〜
・トッポ
・アポロ
・マーブルチョコ
・チョコベビー
・キットカット
・ダース
・エアロ
・紗々
・アルフォート
・チョコパイ
・チョコえんぴつ
・パックンチョ
36:
きのこすげぇな
37:
これは見ものだ
38:
きのこ派ろくなの残ってねぇと思ったら意外とすごくてワロタ
39:
きのこ「ありがとうな……みんな」
アポロ「戦うのは好きじゃないけど、たけのこ君よりきのこ君の方がいいもんねー」
マーブル「同感だ」
アルフォート「ふふっ、誠に大変な事態となりましたね」
紗々「私、ちょっと怖い……」
チョコベビー「みんな殺るデース」
エアロ「そうだそうだ! やっちまおうぜ!!」
41:
紗々たんキタ━(゚∀゚)━!!
42:
チョコえんぴつ「作戦系統はボクにお任せ下さい」
ダース「たけのこは前から嫌な奴だと思ってたよ」
チョコパイ「わたしもー」
キットカット「勝ってみせる!!」
パックンチョ「ハハッ! たけのこなんて楽勝さ!」
きのこ「皆、聞いてくれ」
43:
パックンチョを敵に回してはいけない気がする
44:
きのこ「たけのこ側にはかなりの手練れが揃っている」
アポロ「僕らだって強いよ!」
きのこ「ああそうだ。しかし、たけのこ側の四幹部は別格だ」
ダース「……」
きのこ「ポッキー、チョコボール、チロルチョコ、コアラのマーチ……この四人とはサシでやっちゃ駄目だ」
トッポ「あと当然、たけのこともね」
きのこ「そうだな……」
きのこ(あいつは……出来る事なら、俺がこの手で)
47:
一方その頃
パイの実「アホくさ……戦争なんてやってられっかよ」
「どうした。何一人でたそがれちゃってんだ?」
パイの実「あんたは……」
きこりの切り株「久しぶりだな」
49:
きこりの切り株wwwwwww
51:
パイの実「こんな所に住んでるの?」
きこり「ああ……競争に負けた俺は、ここでひっそりと毎日を送っている」
パイの実「寂しい人生ね」
きこり「寂しくはないさ……家族がいるからな」
ホワイトロリータ「おとうさーん。そのひとだれー?」
パイの実「あら……」
きこり「パイの実さんだよ。ほら挨拶なさい」
ロリータ「こんにちわ〜」
きこり「この人とお話してるから、あっちで遊んできなさい」
ロリータ「はーい。エンゼルちゃんあそぼー」
エンゼルパイ「わーいあそぼー」
58:
エンゼルちゃんキタ━(゚∀゚)━!!
56:
きこり「……身寄りの無い子供だよ。あずかって面倒を見てるんだ」
パイの実「……」
きこり「ここに戦火が及ばなければいいが……」
パイの実「それもそうだし、もしかしたらあんたも招集されるかも知れないんだぜ」
きこり「……」
パイの実「まあ、アタシみたいに突っぱねちゃえばいいんだけどさ」
「戦局が煮詰まれば、やがて無理にでも連れて行かれる事になるだろうがな」
きこり「誰だ!?」
ガーナチョコ「私だ」
59:
ガーナチョコ吹いたwww
60:
パイの実「はっ……板チョコが何の用だ?」
ガーナ「きのことたけのこが事を起こすらしいな」
きこり「やはり知っていましたか」
ガーナ「我々は力を貸さんがな……傍観するのみだ」
パイの実「お高くとまりやがって……」
ガーナ「山菜共の小競り合いに構っている暇は無い。我々は忙しいのだ」
66:
山菜どもワロタwwwwww
65:
パイの実「何コソコソやらかしてんだぁ?」
ガーナ「貴様ら下等チョコに話す義理は無い」
パイの実「……はっ、ほざけ」
きこり「んで、なんであんたみたいな人がこんな場所に?」
ガーナ「警告だ」
パイの実「だから戦争やるって事はもう知っ」
ガーナ「違う、もっと恐ろしいものだ……」
67:
超展開キター?
69:
エアロ「ふぅ……」
チョコパイ「わたし会議って苦手ー」
エアロ「しゃーねーだろ、ちゃんと話し合っとかないと、いざって時困るだろうが」
チョコパイ「……」
エアロ「どした?」
チョコパイ「あれなんだろう?」
エアロ「ん?」
ゴロゴロゴロゴロゴロ……
71:
チョコパイ「黒い……雲?」
エアロ「!! あぶねえ伏せろっ!!」
バリバリバリバリバリィ!!!
ガッシャ―――ン!!!
チョコパイ「きゃあああああああ!!」
エアロ「……こ、これは」
ブラックサンダー「へえ、いい反応すんじゃん」
74:
ブラックサンダーKAKKEEEEEEEEEEEEEEEEEEE!きのこ死ね!
76:
やっちまえブラックサンダー!!
78:
エアロ「てめぇ……」
ブラックサンダー「久しぶりだなエアロ。きのこに付いたらしいじゃん?」
エアロ(なんて強烈なカカオ値だ……下手に手出しできねえ)
ブラックサンダー「お前はきのこの下でジメジメやってるのがお似合いだよ。昔から変わんねえなァ」
エアロ「ふざけろっ!!」
ブラックサンダー「おっとそんなに怒るなって、俺は今日戦いに来たんじゃないんだ」
きのこ「だったら、今すぐ帰ってもらおうか?」
ブラックサンダー「!!」
79:
カカオ値wwwwww
85:
アーモンドチョコさんはどの立場なのだろうか?
第3勢力は板チョコとすると・・・
86:
ブラックサンダー(チョコ臭が……殺気で満ちてやがる……!!)
エアロ「きのこ!!」
きのこ「どうした。何かやる事があるんだろ?」
ブラックサンダー「あ、ああ……そうだ。たけのこからの伝言を伝えに来た」
きのこ「……」
ブラックサンダー「正式な開戦は明日10時……場所は、森永第一工場跡」
きのこ「ほう」
ブラックサンダー「お互いの陣地のちょうど中間地点だ。しかも廃工場ときてる。ちゃんと場所があった方がやりやすいだろ?」
89:
たけのこの里はすべてを貫く
きのこの山はあらゆるものを守りぬく
90:
>>89
なるほど矛盾とはきのこたけのこ戦争で生まれた言葉だったのか
92:
きのこ「たけのこらしい提案だな……」
ブラックサンダー「じゃあ、確かに伝えたぜ。『正式な』開戦は明日10時……」
エアロ「おい待てよ」
ブラックサンダー「……あ?」
エアロ「こんだけコケにされといて、やすやす帰らせるかよ」
ゴゴゴゴゴゴゴ
チョコパイ(風が……エアロの周りに渦巻いてる……!)
100:
すぎのこ村は?
103:
ブラックサンダー「おもしれえ……やるか?」
エアロ「朝日拝めなくしてやるよ」
きのこ「やめろッ!!!」
エアロ・ブラックサンダー「「!!!」」ビクゥ
きのこ「曲がりなりにも特使だ。それ以上はやめろ、エアロ」
エアロ「は……はい……」
きのこ「ブラックサンダー。お前は帰れ」
ブラックサンダー「あ……あ」
きのこ「明日、完膚なきまでにブチ溶かしてやるから待っていろ」
110:
ブラックサンダー「はあ……はあ……」
たけのこ「どうした?」
ブラックサンダー「肝が冷えたぜ……きのこは予想以上だった」
たけのこ「心配するな」
ブラックサンダー「……たけのこ」
たけのこ「奴の事は俺が一番よく知っている……俺たちは兄弟同然だったからな」
ブラックサンダー「……」
たけのこ「奴がどのような作戦を立て、どう動くか……分かり切っているのに等しい」
たけのこ「お前は俺の手足となり、行動すればいいだけさ」
たけのこ「だから安心しろ……ブラックサンダー」
113:
カカオ値
チョコ臭
ブチ溶かす
ここ、テストでますよ。
107:
お前らビックリマンさんと神羅万象チョコさんを忘れんなよ
115:
チョコえんぴつ「廃工場と、その周辺の地図です」
トッポ「ナイス!」
チョコえんぴつ「奴らの主戦力は四幹部、加えてブラックサンダー、プッカ、小枝など」
チョコえんぴつ「攻撃範囲が広いブラックサンダーでまず攻めてくるでしょうか……しかし」
きのこ「今日ブラックサンダーの手の内は見せてしまった。彼が来るのはもっと後になるだろう」
ダース「……」
チョコえんぴつ「となると……」
きのこ「奴は、あからさまな攻撃は仕掛けてこないだろう……そういう奴だ」
117:
ガーナ「奴らは動いたか」
明治「いや……急に鳴りを潜めやがった」
ガーナ「糞……風情の無い連中め……」
クランキー「た、大変だ」
明治「どうした?」
クランキー「今しがた掴んだ情報だ……奴ら、潜り込んでるぞ」
明治「まさか……いや、どちらにだ!?」
クランキー「それはまだ分からん。……ここままでは、大変な事になるぞ」
118:
5円チョコのカカオ値はどれくらいなんだろ
119:
5円チョコは量産型の戦闘員って感じ
129:
そして夜が明けた……
紗々「うぅ……なんで私が前線に出なくちゃならないのよぉ」
マーブル「心配するな。決めた通り、俺が君を守る」
紗々「なっ……!なに恥ずかしいこと言ってんのよ!!」
マーブル「……! 何か来るぞ」
紗々「え……もう?」
マーブル「ルールが破られない戦争なんてないさ。構えよう」
132:
クエックエックエ……
紗々「何……この歌?」
マーブル「あいつか……」
キョロチャーンデシュー……
135:
チョコボール「クエエ!! ごきげんよう、きのこの諸君」
マーブル「お前……空飛べたのか!?」
チョコボール「たゆみない訓練の賜物だクエッ」
マーブル「なんだ……? あの輝く4つの翼は……?」
チョコボール「クエエエエエエ!!」
ヒュルルルルル……
紗々「!?」
マーブル「爆撃か!」
136:
www
137:
そりゃあ輝く銀の翼が5つになるとおもちゃのカンヅメになっちまうしなぁ
138:
チョコボール「ふふ、落ちてくる球体を全て爆弾と思うなんて、君の知能は鳥以下だクエッ」
バン! バン! バン!
紗々「煙幕!?」
マーブル「糞っ、ちょこざいな」
   マーチ
たけのこ「よし、突撃だ。二人とも」
コアラ「ウラアアアアアア!!!」
さくさくぱんだ「ガアアアアア!!」
139:
マーチくそわろたwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
140:
かっけえええwwwwwwwwwwww
142:
コアラ「野生の力を思い知らせてやるぜええ!!」
ぱんだ「あっ……」
コアラ「どうした、何故止まる……むっ!?なんだ、これは」
ぱんだ「体に纏わりつくっ……!」
紗々「かかってくれたようね……」
コアラ「お前はっ……」
紗々「私の『モノクローム・ネット』はどんな敵も逃がさない……あなた達、ここでリタイアよ」
145:
モノクローム・ネットwwwwwwww
143:
能力バトルじゃねえかwww
147:
ぱんだ「厄介な能力持ってやがる……畜生!」
紗々「大人しくして……この網は今までに一度も」
ブチッ!!!
バリバリッ!!ビィィッ
コアラ「…………コアラの腕力なめんな」
紗々「うそ……」
コアラ「リタイアは君の方だな」
148:
幹部ぱねえwwwwwwwwwwww
150:
コアラさんパネェwwwwwwwww
152:
ザクッ!!
コアラ「おっと」
紗々「この赤と黒のトゲは……」
アポロ「助けに来たよ」
紗々「アポロ!!」
コアラ「いきなり危ないもん飛ばして……久しぶりだってのに」
アポロ「お前の声なんて聞きたくもない。この動物が」
紗々「アポロ……マーブルは」
アポロ「なんとか、あいつと渡り合ってる……けど、どこまで持つか……」
154:
チョコボール「クエエ……苦しそうだクエッ」
マーブル「はあ……はあ……」
マーブル(爆弾、煙幕、閃光弾……落ちてくるボールの種類が異常だ)
チョコボール「このまま僕に鳥葬されるクエッ……!」
マーブル「何……そろそろ仲間が集まって来る頃さ……」
チョコボール「増援なんて来ないクエ」
マーブル「…………なんだと……?」
159:
チョコボール「お前らきのこ側の情報は全てこちらに筒抜けだクエッ!!」
マーブル「…………」
チョコボール「きのこ本部は今頃めちゃくちゃクエ……おめでたい奴らだクエ……」
マーブル「……貴様ら」
チョコボール「密告者の名前が知りたいかクエッ?」
マーブル「……」
チョコボール「教えてあげないクエエエエwwwwww」
ヒュゥゥゥゥ
マーブル(まずい……避けきれないっ……)
ボガァァァン
160:
チョコボールさんおっかねーな
たけのこ派に付いてくれてよかった
163:
チョコボール「その代わり、僕の能力でも教えてやるクエ……」
マーブル「はぁ……はぁ……」
     ゴールドエンゼル シルバーエンゼル
チョコボール「僕の能力……『金の使途』 と 『銀の使途』 は、二対の翼……」
マーブル「何……?」
チョコボール「銀の翼がオートで僕を守り、金の翼からあらゆる玩具を放出するクエ……」
チョコボール「貴様を殺すための殺人玩具を、僕は作り続けるクエッ!!」
チョコボール「クエックエックエ!!」
マーブル「……随分と余裕だな」
チョコボール「クエ?」
マーブル「お陰で準備が整った」
166:
チョコボール「……!?」
エアロ「行けっ!!」
ブワァッ!!
チョコボール「お前……いつの間に……!?」
マーブル「これでお前と同じ目の位置だ」
チョコボール「なっ……風で……浮かび上がった……クエ!?」
マーブル「至近距離ッ!『マーブル・スプラッシュ』ッ!!!」
チョコボール「グェッ……!!!」
173:
ドサッ
マーブル「至近距離で喰らっちゃあ……しばらくはノビるだろう」
エアロ「マーブル……」
マーブル「あいつに見つかる前に、お前に気付けてよかった。……逃げられたのか」
エアロ「ああ……このザマだがな」
マーブル「襲われたのか……本部が」
エアロ「逃げれたのは俺ぐらいだ……お前らに伝えるために、ここへ」
マーブル「誰なんだ……?裏切っていたのは」
エアロ「それは……」
174:
ざわ・・・ざわ・・・
176:
〜きのこ勢本陣〜
チョコベビー「大変です! 大変でーす!」
チョコえんぴつ「奇襲とは……」
キットカット「俺がここを食い止める! 早く行け!!」
小枝「ふふふ……」
パックンチョ「いてっ……なんだこのトゲトゲが付いた枝は」
ベビー「出られないデス!」
小枝「ここはもう俺の『枝』で包囲してある……逃がしはしない」
メルティキッス「みんな覚悟なさーい」
177:
キットカット「くそぉ……」
ダース「ははは、ザマないな」
キットカット「貴様……何故裏切った!?」
ダース「裏切る? 何の話だ? 俺は最初からたけのこ派だったさ」
パックンチョ「ハハッ! まんまとやられた訳だね!」
ダース「はっはっはっは、全く馬鹿な連ちゅ」
ベビー「黙るですぅ」ドゴォッ
ダース「おごぉっ……!?」
178:
ダーwwwwwwwwwwwwスwwwwwwwwwwwwww
179:
まさかのダースwwwwwwwwwwwww
180:
メルティ(い……!)
小枝(こいつ、小さいくせになんてカカオ値だ……!)
ベビー「裏切り者は殺すです。殺るデース!!」
ダース「ちょ、待っ、……ッ、がっ……!………」ボゴッ!ドゴォッ!
キットカット「よし、チョコベビーに続けぇ!!」
アルフォート「やれやれです……」
えんぴつ「僕は戦いに向かないので隠れてよう……」
えんぴつ(……きのこさんの姿が無い……何処へ行かれたんだ?)
183:
〜たけのこ勢本陣〜
ポッキー「順調だね」
たけのこ「油断するな……何が起こるかは分からんぞ」
スニッカーズ「HAHAHA、ボスは随分と心配症ですね」
たけのこ「……」
スニッカーズ「僕の立てた作戦通り、全て世は事も無しに進んでいるじゃありませんか!」
184:
スニッカーズはチョコの中でも一際甘いからなぁw
185:
LOOK「なんかムカつくな」
スニッカーズ「Ha?」
LOOK「高いテンションで誤魔化してるが、お前何を企んでるんだ?」
スニッカーズ「Youの言っている事が全然わかりませーんが」
LOOK「臭いんだよお前。何か得体の知れない事を考えてる」
スニッカーズ「……」
たけのこ「……LOOK、どういう事だ」
スニッカーズ「HAHAHA……流石は果汁入りチョコ。香りには敏感のようですね」
188:
果汁入りチョコwwwww
190:
LOOK「……」
スニッカーズ「そろそろ僕の同胞達が動き出す頃です……HAHAHA!!真のショータイムはこれからですよ」
たけのこ「貴様、何を企んでいるっ!」
スニッカーズ「今に分かることですよボス。HAHAHAHA……」
同時刻
パイの実「避難は済んだか?」
きこり「ああ、子供たちは皆安全な場所へ行ってもらった」
パイの実「板チョコ共の話が正しいなら……そろそろ……」
193:
そろそろ誰がどっちの軍か分からないwwwwwwwwwwww
194:
〜町の外れにて〜
キンダーサプライズ「良いニュースと悪いニュースがあるんだ」
M&M's「サプライズなニュースから聞かせてくれよ」
キンダーサプライズ「今からこの町を俺らが乗っ取っちまうって話だ!」
マカダミアナッツ「HAHAHAHA!!最高だな、お前なら全米一のコメディアンになれるよ」
M&M's「それで? もう一つは?」
キンダーサプライズ「奴らの残りカスが後ろにいる」
マカダミアナッツ「……」
明治「これ以上……町に近づくな……!」
197:
黒幕はアメ公かよ
205:
ロッテ製品の立ち位置が微妙に・・・
207:
M&M's「これはこれはMr.明治ミルクチョコレート。まだ息があったのですね?」
明治「混乱に乗じて……ここを乗っ取るつもりなのか」
キンダー「最高にクールなやり方だと思わないか?」
マカダミア「今頃……両軍に潜伏していた同志がおっぱじめてる筈だ」
M&M's「このチョコ界は我々が支配するんですよ。Mr.明治ミルク」
明治「……」
キンダー「ちっぽけで薄い味のチョコなんて今日日流行りませんよ」
キンダー「我々がもっと、カロリーたっぷりの素晴らしいチョコ界を作り上げてみせましょう!」
キンダー「これは言わば正義の行いだ」
211:
明治「ほざけ……」
キンダー「……」
明治「お前らは大切な事を全く分かってない。……この糖尿患者め」
キンダー「………………」
マカダミア「エフンエフン、そろそろ彼も休みたがってるんじゃないかい? キンダー」
キンダー「そうだね。そうだとも……彼にはここで休んでもらおうか」
明治(きのこ……たけのこ……早く気付いてくれ……お前らが力を合わせねば……)
キンダー「グッバイ!」
グチャッ
215:
マカダミア食べたくなってきた
216:
〜町にて〜
五円チョコ「うわあああ!!」
輪投げチョコ「助けてくれぇぇ!!」
オレオ「HAHAHA……なんて哀れなチョコ共だ」
「そこまでだ」
オレオ「ん?」
ビックリマンチョコ「罪の無い駄菓子屋やスーパーを襲うのはもう止せ」
オレオ「……(こいつ……できる!)」
217:
きた!ビックリマンさんきた!
222:
〜きのこ勢本陣〜
パックンチョ「ハハッ! 全くバカだねえ!」
キットカット「いきなり……何をするんだパックンチョ!?」
メルティ「なに〜? 仲間割れかしら?」
パックンチョ「まだ理解できないのかい? 君たちはまんまと利用されたのさ。我々の計画にね!」
小枝「何……?」
パックンチョ「争い合っている所を、素晴らしいタイミングで横合いから殴りつける……最終的にリングに立っているのは我々だ」
チョコパイ「……最低」
アルフォート「何処にそんなカカオ値を隠し持っていたのですか……随分と凄いチョコ臭ですね」
パックンチョ「カロリーの制御と解放さえ会得してしまえば簡単な事さ! ハハッ!」
227:
キットカット「きのこさんは? そう言えばきのこさんはどうした!?」
チョコパイ「あそこに……」
「……」
パックンチョ「ハハッ! あれはキンダーの作った模造品の身代りだよ! よくできてるねえ!」
キットカット「なっ……!」
パックンチョ「本物はさっきの混乱の時に拉致されたさ! 最強の同志によってね!」
えんぴつ「最強……だって?」
226:
■きのこ勢
きのこの山
トッポ
アポロ
マーブルチョコ
チョコベビー
キットカット
ダース
エアロ
紗々
アルフォート
チョコパイ
チョコえんぴつ
パックンチョ(海外勢のスパイ)
■たけのこ勢
ポッキー
チョコボール
コアラのマーチ
チロルチョコ
小枝
プッカ
ブラックサンダー
メルティキッス
LOOK
チョコあ〜んぱん
さくさくぱんだ
ジャイアントカプリコ
ガルボ
スニッカーズ(海外勢のスパイ)
229:
>>226
すまん、この中で裏切り者がいて
第3勢力が現れてるんだよな?
228:
■板チョコ
明治ミルクチョコレート
ガーナチョコ
クランキー
■海外勢
キンダーサプライズ
スニッカーズ
マカダミアナッツチョコレート
■駄菓子屋系
五円があるよチョコ
輪投げチョコ
ビックリマンチョコ
■その他
パイの実
ホワイトロリータ
エンゼルパイ
きこりの切り株
230:
>>228
海外勢にm&msミルクチョコレートが無い…だと?
おまえお口で溶けて手で溶けないのディズってんだろ
232:
>>230
すまん、海外勢にm&m’sとパックンチョ入れるの忘れてた
233:
きのこ「……う」
「やっと気付いたか」
きのこ「…………ここは何処だ……」
「町の郊外さ。誰もここに貴方がいる事を知らない。よって仲間は来ない」
「ただ私が一方的になぶり殺すのみだ」
きのこ「お前は……」
カカオ99%「はじめまして。きのこの山さん……初にお目にかかる」
234:
苦い奴キター!
235:
カカオ値が…カカオ値がケタ違いすぎる
242:
きのこ「カカオ99%……!お前があの」
カカオ99%「私はカカオ値を限界まで上げた実験体……」
カカオ99%「私は戦いしか望まない……戦うために生まれてきた」
カカオ99%「彼ら『欧米連合』は私に最高のステージを用意してくれた……きのこ、たけのこ両人とも戦えるという」
きのこ「欧米……! そうか、奴らが絡んでいたのか」
カカオ99%「貴方はここで死ぬ……私に殺されるのです」
きのこ「はっ……苦いだけのチョコに、菓子の精神が分かってたまるか!!」
243:
なんてヘビーな設定なんだ、カカオ99%……
247:
実験体か
苦い思いをしてきたんだな
250:
〜たけのこ勢本陣〜
ガルボ「ぐふっ……!」
カプリコ「こいつ……強いっ……」
スニッカーズ「HAHAHA!!カロリーが足りてないんじゃないのか?」
たけのこ「くそっ……ちょこまかと動き回りやがって」
ポッキー「喰らえ『Gの波動』!!」ズゥゥゥゥン
スニッカーズ「ぐっ……!?」
ポッキー「今だたけのこ!」
たけのこ「よくやった」スッ
スニッカーズ「……SHIT!」
251:
Gの波動wwwww
254:
  バンブー・シュート
たけのこ「『筍流星弾頭』!!」シボッ!!!
ズズゥゥゥゥゥゥゥゥゥ………ンンンン
スニッカーズ「GYAAAAAAAA!!!」
256:
バンブーシュートwwww
257:
やっぱりメインたけのこは格が違うな。きのこ(笑)
261:
たけのこ「……ふん」
LOOK「うわぁ……えげつねえ」
たけのこ「奴にはこれくらいが相応しい」
スニッカーズ「が……ッは…………」
ポッキー「驚いた……まだ生きてる」
スニッカーズ「へへっ……先週始めたダイエットマシーンのおかげ……かな……? HAHA……」
たけのこ「まだジョークを飛ばす元気があるのか」
スニッカーズ「いいのかい……? のんびりしてて……」
たけのこ「なにィ?」
スニッカーズ「今頃……お友達は楽しいお見合いの真っ最中だぜ」
たけのこ「……」
スニッカーズ「HAHA……次はお前の番だぜ……覚悟しておくんだな……ボ……ス」
263:
パイの実「はあ……はあ……」
きこり「ここから先は、通さん……!」
キンダー「HAHAHA、元気のあるチョコたちだ」
M&M's「これじゃ弱い者いじめみたいじゃないか? なあマカダミア?」
マカダミア「ソーリー聞いてなかった。今ちょうどやってるだろうラジオ番組の事で頭が一杯だったんでね!」
M&M's「HAHAHAHA!!」
「待てぇ!!」
マカダミア「Ha?」
ビックリマン「ここから立ち去ってもらおうか」
チョコビ「ほっほほ〜い。アメリカのチョコですな〜」
265:
しんのすけwwwwww
267:
きこり「君たちは……」
ビックリマン「駄菓子屋とスーパーのチョコです。皆して応援に駆けつけました」
うまい棒チョコ「駄菓子の根性思い知らせてやるぜ!!」
スーパービッグチョコ「おうよ!!」
麦チョコ「応援に来ましたわ〜」
パイの実「みんな……!」
キンダー「町にはオレオを行かせていた筈だが?」
ビックリマン「あの黒いクッキーなら、もう倒したぜ」
M&M's「Oh……」
チョコビ「あとはお前たちだけだゾ〜!」
268:
駄菓子系強ええええええwwwwww
さすが俺の青春 (シールメインじゃないよ!チョコも食ってたよ!)
269:
黒いクッキーてw
270:
マカダミア「……我々も舐められたものだな」
キンダー「……」
ビックリマン「皆伏せていろっ!」
ゴゴゴゴゴゴゴゴ
きこり「うおっ……カカオ値が……右腕に集中している……!?」
M&M's「hey……これはちょっと、ヘビーな感じ……!?」
    キラシール・バースト
ビックリマン「喰らえっ!!『大天使光撃波』ッ!!!」
ドォォォォォォォ――――………ンンンン
271:
やったか!?
275:
チョコビ「うおお〜……こりゃすごいですな〜」
ビックリマン「はぁ……はぁ……」
ビックリマン(残り全てのカカオ値をこめて撃った……これで生きていたら……)
パイの実「……!!」
キンダー「オーガッド……替えの洋服を調達しなくては」
M&M's「ちょうど僕もそれを考えていたところさキンダー」
マカダミア「…………」
ビックリマン「そんな……」
きこり「うそだろ……?」
277:
なん・・・だと・・・
279:
キンダー「可愛らしいチョコレート諸君、どうやら君たちは勘違いしているようだ」
ビックリマン「……」
キンダー「我々と君らは、同じステージに存在していない……圧倒的カロリー差が分からないのかね?」
うまい棒「カロリーが何だ! この欧米野郎!」
スーパービッグ「そうだそうだ! そんなもんで菓子の美味しさは決まらねえよ!」
キンダー「……」
M&M's「こりゃ駄目だ」
キンダー「そうだな。君たちに是非、教育の場を与えてやりたい」
ビックリマン「……!!」
キンダー「より優れたチョコとは何か……教えてあげよう……」
ビックリマン「みんな逃げろ!!早く!!」
ズズゥゥゥゥゥ…………ンンンン………
296:
チョコっと読むだけのつもりだったんだガーナ。
304:
白い恋人さんがカッコよく現れるのはまだですか?
319:
    オーシャン・ブルー
アルフォート「『帆船刻印』ッ!!」
パックンチョ「ぐふっ……!」
チョコパイ「やっと倒した!」
パックンチョ「ハハッ……僕を倒した所で……もう……どうにもならないさっ……」
キットカット「きのこさんを何処へやった!? 吐けっ!!」
パックンチョ「ハハッ……そんなの……僕も知らないさ……」
アルフォート「……どうやら、事態は予想以上に混乱を呈しているようですね」
メルティキッス「そうみたいねぇ」
アルフォート「思うに……きのことたけのこは今争うべきではない。真に討つべきは……」
キットカット「こいつら……だな」
321:
アルフォート「ここは一先ず、休戦という形でどうでしょう? 手を組んで、このいけすかない連中を相手しませんか」
小枝「……」
メルティキッス「ふーん……アンタ、中々話が分かるじゃない」
チョコベビー「あれ? もうケンカ終わりですか?」
ダース「…………」ビクンビクン
チョコパイ「もういい加減許してあげなよ……」
チョコベビー「つまんないデスー」
キットカット「終わった訳じゃないからな。きのこたけのこ戦争は」
小枝「……ふん」
アルフォート「あくまで休戦です……」
ズズゥゥゥゥ……ン
チョコパイ「何!?」
キットカット「町の方から邪悪なチョコ臭が……!!」
322:
早く町に行け
323:
〜森永廃工場〜
紗々「……」
さくさくぱんだ「……」
コアラのマーチ「はあっ……はあっ」
アポロ「まだ倒れねえのか……この野郎」
コアラ「体の鍛え方が違うんだよ……この赤ウサギ」
 ルージュ・ノワール
アポロ「『赤と黒』ッ!!!」ズギャアアアッ
  デス・マーチ
コアラ「『死の行進』ッ!!!」ドッギャアアアアン
326:
たけのこ「やめるんだ二人ともっ!!」
コアラ「なっ……」
アポロ「たけのこ勢……どうしてここに……?」
プッカ「うわぁ、随分と派手にやらかしたなコアラのマーチ」
ポッキー「僕らは第三の勢力に利用されていたんだ。今戦えば、彼らの思うツボなだけさ」
アポロ「なんだと……」
たけのこ「相手は強大だ。我々が力を合わせねば……斃す事は難しいだろう」
コアラ「誰がきのこなんかとっ……」
ガルボ「今はそんな事言ってる場合じゃない!!」
LOOK「チョコ界が乗っ取られちまうんだ」
327:
コアラ・・・意地張るな・・・
329:
たけのこ「コアラのマーチ……聞き分けてくれ」
コアラ「……っ(なんて顔をしてるんだ……たけのこ)」
ポッキー「一番苦渋の思いをしているのはたけのこだよ」
ガルボ「ボスの決断だ」
コアラ「チッ……」
たけのこ「……戦える者は俺と一緒に町へ……さっきからどうも……嫌なチョコ臭が漂ってくる……」
エアロ「俺も行くぜ」
アポロ「エアロ……マーブル……無事だったか」
マーブル「今までずっと動けずにいたがな」
331:
チョコボール「いてて……とんだ恥を晒してしまったクエ……」
たけのこ「まだ戦えそうか。チョコボールは」
チョコボール「まだいけるクエッ。ノビてたけど、傷は大したこと無いからクエエ……」
マーブル「……」
ポッキー「トッポの姿が見当たらないが……」
アポロ「知らんな……この混乱だ、誰がどこに行ったなんて把握しきれねえよ」
カプリコ「結構な戦力残ってんじゃん! これなら楽勝かも!?」
たけのこ「……相手の力は未知数だ、油断するなよ」
332:
〜廃工場より離れた町の一角〜
トッポ「……」
ブラックサンダー「よう」
トッポ「! 君は……」
ブラックサンダー「こんな所で何してんだ?」
トッポ「何故攻撃してこないの?」
ブラックサンダー「お前ほどの強さのチョコに、ちょこまかした子細工は効かねえよ」
トッポ「……」
ブラックサンダー「きのこに愛想が尽きたのか?」
トッポ「……本部が襲撃された混乱の中、みんなとはぐれて……それっきりさ」
334:
ブラックサンダーは間違いなくイケメン
345:
トッポ「そういう君も、何故こんな場所に?」
ブラックサンダー「似たようなもんさ……命令を待ってる間に本部がめちゃくちゃになって……そのまま待ちぼうけだ」
トッポ「積極的に動いていかないのかい」
ブラックサンダー「……そうだなぁ……なんか、ちょっと疲れちまったんだよ」
トッポ「……」
ブラックサンダー「戦うのは好きだけどさ……やっぱり、チョコ同士で争うってのはどうもやるせねえ」
トッポ「……僕もそう思うよ」
ブラックサンダー「……」
347:
トッポ「ずっと友達だったし……きのこ君の事はすごく信頼してるし、理解してる」
トッポ「でも……彼のたけのこ君に対する感情だけは、理解できない……なんであそこまで激情的になるのか」
ブラックサンダー「さあな……複雑な事情と感情があるんだろ。俺らには知る由も無い」
ガサッ
ブラックサンダー「誰だ!?」バチバチバチッ
チロルチョコ「俺だよ!俺!そんな物騒なの構えないでくれよぉ」
トッポ「チロルチョコ……」
350:
チロルがゆとりくさい
351:
ブラックサンダー「お前も戦いに参加してないのか」
チロル「俺の役目は始めから偵察さ……各地にある無数の体を使ってのな」
トッポ「無数の体……?」
    サウザンド・スイーツ
チロル「ああ……俺の能力 『千色甘味』 は自分の体と人格を無数のチロルに分割させる」
チロル「意識の遠隔共有で効率よく情報を得る事ができる……この俺はチロルチョコ・ミルクだ」
トッポ「へえ……」
チロル「今どんな戦況になってるのか説明してやるよ……むっ」
ブラックサンダー「どうした?」
チロル「今、アーモンドが負傷した……これは……なんだ!?」
353:
ゴゴゴゴゴゴゴゴ……
チロル・アーモンド(ぅ……なんて衝撃だ……)
チロル・アーモンド(隠れて様子を見ていたが……ここいら一帯をまるごと吹き飛ばすなんて……バケモノか!?)
キンダー「フーン……中々良いエクササイズになった」
マカダミア「一足先に町へ行ってくるよ。駄目チョコの駆逐は僕に任せてくれ」
M&M's「HAHAHA、格調高いマカダミアナッツに殺されるなんて、名誉な事じゃあないか!」
キンダー「……そこにうずくまってるボーイは逃げないのかい?」
チロル・アーモンド「!!!」
354:
アーモンド…だと?
357:
キンダー「怯えて声も出ないか」
M&M's「よせよ可哀想だ。こんな子供を手にかけたらすぐ裁判沙汰だよ」
キンダー「HAHAHA!!」
チロル(畜生……! 全てのチロルが集まれば……こんな奴……!!)
チロル(ミルク!苺!ビスケット……皆、聞こえてるか?)
チロル(こいつらを止めなきゃ、きのこ側でもたけのこ側でもいい……強い奴らを集めるんだ)
359:
〜町の郊外〜
チロル・きなこもち(迷った……)
チロル・きなこもち(強い奴を集めるって言われてもなぁ……周りには誰もいないし)
チロル・きなこもち(ちくしょう……こんな辺鄙な場所に配置しやがって)
ぬーぼー「やあチロルチョコくん」
チロル・きなこもち「うわっ!? びっくりした」
ぬーぼー「なにしてるんだい?」
360:
ぬーぼーなんか怖いな
362:
チロル・きなこもち「偵察さ……無数の体を使ってな」
ぬーぼー「まだけんかしてるの?」
チロル・きなこもち「……ぬーぼーは戦争に参加してなかったな」
ぬーぼー「うん。ぼくケンカはきらいだから」
チロル・きなこもち「そう言うと思ったよ……(見るからにのほほんとしてるからな)」
ぬーぼー「あのね、さっきへんなひとがきのこさんをかかえて、どっかはしってったよ」
チロル・きなこもち「へぇーそうだんだ…………って何!? 本当か!?」
ぬーぼー「うそじゃないよー」
チロル・きなこもち(拉致されたきのこはこの近くにいる……)
365:
きのこ「……ッ」
カカオ99%「フンっ……流石きのこの山と言ったところか……」
きのこ(こいつ……カカオ値の底が見えねえ……!)
カカオ99%「まさかこれが貴方の本気なのですか?」
きのこ「ほざけっ……」
カカオ99%「!!」
 マッシュ・ブレイヴ
きのこ「『斬空茸撃』 ッ!!!」シュバッ!!!
ズパァァァ――――ンンンン……
カカオ99%「ぐぁっ……!!」
367:
きのこ「はぁ……はぁ……」
きのこ(手ごたえが甘い……こいつ、チョコの癖になんて固さだ)
カカオ99%「…………」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ
きのこ「……!!」
カカオ99%「ふう……素晴らしい一撃だった……咄嗟に後ろへ飛んでいなければどうなっていた事か」
きのこ「バケモノめ……」
カカオ99%「ようやく安心できた……私の力を解放しても貴方なら大丈夫そうだ」
きのこ「なんだと……!?」
カカオ99%「教えてあげましょうか? 私が今まで何パーセントの力で戦っていたかを」
きのこ「…………」
カカオ99%「60パーセントですよ」
369:
99%なのに今まで60%だっただと・・・?
368:
手ごたえが甘いwwww
372:
きのこ「何だって……!?」
カカオ99%「さあ……カカオ値の限界まで……戦おうじゃありませんか」
きのこ「…………」
カカオ99%「フハハハハハハ……ハッハッハッハッハッハッハ」
きのこ(これは……ちょっとヤバいかな)
カカオ99%「80パーセント……!!」ゴゴゴゴゴゴゴ……
373:
な・・・なんてカカオ値だ・・
勝てるはずがない・・・
376:
〜たけのこ勢本陣〜
チロル・コーヒー「たけのこ!」
たけのこ「!」
チロル・コーヒー「僕らの集めた情報を伝える。複雑な戦況になってきたからね」
ポッキー「助かる」
チロル・コーヒー「とんでもないことになってるよ……」
380:
現在の状況(戦闘不可及び戦争不参加のチョコは省略)
【たけのこ勢本陣】
・たけのこの里 ・ポッキー ・コアラのマーチ ・チョコボール ・プッカ ・LOOK ・カプリコ
・ガルボ ・チロルチョコ(コーヒー) ・マーブルチョコ ・アポロ ・エアロ
【きのこ勢本陣】
・チョコベビー ・キットカット ・アルフォート
・チョコパイ ・チョコえんぴつ ・小枝 ・メルティキッス
【廃工場】
・トッポ ・ブラックサンダー ・チロルチョコ(ミルク)
【きこりの切り株の家周辺】
・キンダーサプライズ ・M&M's ・チロルチョコ(アーモンド)
【町】
・マカダミアナッツチョコレート
【郊外】
・きのこの山 ・カカオ99%
381:
やべぇよ…
382:
たけのこ「酷い状況だな」
ポッキー「今すぐ応援に」
たけのこ「無論だ……チョコ界を乗っ取ろうなど……許せん」
チロル・コーヒー「たけのこ……きのこが危ない」
たけのこ「……何?」
チロル・コーヒー「とんでもない奴と一人で戦ってるらしい……」
たけのこ「…………」
チロル・コーヒー「このままじゃ」
たけのこ「何が言いたい」
チロル・コーヒー「いや……」
たけのこ「あいつはあいつの戦いをしているだけだ。俺には関係無い」
384:
たけのこのばかっ…!
386:
たけのこ!!素直になれ!!!
387:
マカダミア「HAHAHA……なんてみすぼらしい町だ」
メダルチョコ「うわああああ」
鍵チョコ「たすけてー」
マカダミア「ふんっ!!」
ドカァァァ……ン
ギャアアアアア
マカダミア「ちっぽけなチョコ共よ、屈服するがいい……」
「あーうるせえなー暴れ回るんじゃねえよ起きちまっただろうが」
マカダミア「!? お前は……」
390:
すぎのこ村「誰だてめえ? 外国かぶれか?」
マカダミア「長く眠りについていた筈のすぎのこ村か……! 噂には聞いていたが」
すぎのこ村「好き勝手やりやがって……俺は早く寝たいんだ」
マカダミア「……ナイストゥーミーチューMr.すぎのこ。私は……」
すぎのこ村「うるせえよ」ボグゥッ!!!
マカダミア「かはっ……!」
すぎのこ村「無理に起こされてイライラしてんだ。さっさと失せろ」
392:
やだ••••かっこいい••••
394:
マカダミア(こいつ……なんて熟成されたチョコ臭だ)
すぎのこ「久しぶりで体がなまっちまってら」
ドドドドドドドド
  スギノコ・ウォーハンマー
すぎのこ「『杉鋸断絶棍』!!」
マカダミア「Oh……随分と物騒な武器ですね」
すぎのこ「どうした? 来いよ」
マカダミア「HAHAHA……この腐れカカオがッ!!」ドゥッ
395:
腐れカカオwwwwww
396:
すぎのこ「フンッ」ボグンッ!!
マカダミア「……ッ!!」
すぎのこ「喰らえっ!!」グチャッ!!!
マカダミア「がはァっ」
すぎのこ「はぁ……はぁ……なんだ、全然大した事ねえな」
マカダミア「…………HAHA……HAHAHAHAHAHAHAHA」
すぎのこ「何笑ってんだ? そんなザマで、もう動けそうもないじゃねえか」
マカダミア「貴様らと私の絶対的な差は……カロリー量にある」
すぎのこ「……?」
マカダミア「ナッツの豊富で際限無きカロリーは……自己修復など簡単に可能にしてしまうのさ」
メキッ
メキメキメキメキィ
397:
すぎのこ「……おいおい、なんて奴だ」
マカダミア「私の自己修復能力が尽きるのが先か……君の棍棒を振るう体力が無くなるのが先か……」
すぎのこ「……」
マカダミア「見た所、大分息が上がっているようですな……久しぶりの運動でしょうから当然かもしれませんが」
すぎのこ「うるせえッ!!」ズアッ
マカダミア「HAHAHA……長期戦になりそうですね」
401:
なんか・・・本気で燃えてる自分がいる・・・
負けるな日本勢!!!!
402:
チロル・ミルク「……今分かる限りの情報は以上だ」
トッポ「……」
ブラックサンダー「チョコ界を……乗っ取るだと!?」
トッポ「欧米連合……なんて奴らだ」
チロル・ミルク「で、どうするんだ?」
ブラックサンダー「……」
チロル・ミルク「ここでぼーっとしてるより、動いた方がいいと思うけどな」
404:
トッポ「きのこ君は……今どこに?」
チロル・ミルク「きなこもちがいる場所から近いようだが……特定はまだできてない。方角くらいだな分かるのは」
ブラックサンダー「行くのか?」
トッポ「……」
チロル・ミルク「とんでもない奴だぜ? チョコの常識を超えている」
トッポ「でも……僕は」
トッポ「きのこ君の力になりたい。少しでも……ほんのちょっとでもいい」
ブラックサンダー「……」
チロル・ミルク「見上げた忠誠心だな」
トッポ「忠誠とかじゃないよ……友達だから」
405:
ブラックサンダー「よし、俺も行くぜ」
トッポ「ブラックサンダー……」
ブラックサンダー「そのとんでもない奴ってのを拝んでみたいしな。それに、あんただけじゃ少し危なげだろ?」
トッポ「ありがとう……」
ブラックサンダー「おいおい、別にきのこ派になったとかそういう訳じゃないぜ? 慣れ合いはよしてくれ」
チロル・ミルク「本当に行くんだな」
トッポ「……うん」
チロル・ミルク「ここから北西へずっと行った所にあるグリコ倉庫の裏だ」
トッポ「ありがとう」
チロル・ミルク「無理すんなよ。溶けても知らねえぞ」
ブラックサンダー「よしっ行くぜ!!」
チロル・ミルク「……(そろそろ集合指令を出しておくか)」
406:
ブラックサンダーさんまじかっけー
409:
「溶けても知らねえぞ?」
…チロル・ミルク何気にカッコヨスww
【衝撃】うちの妹(14歳)が胸をネットに晒した末路wwwwあほすぎwwww
410:
M&M's「さて……のんびりしてはいられない、そろそろ我々も町へ」
キンダー「そうだな。では……」
ガシッ
キンダー「Ha?」
パイの実「行かせるかッ……!!」
M&M's「アンビリーバボー……まだ生きているチョコがいたとは」
キンダー「これは凄い。レディーの癖に素晴らしいカロリーを持っているのですね」
412:
なんでこんなに熱いんだ・・・・・・・
413:
パイの実「何がカロリーだ……もっと大切な事が……チョコにはッ……」
キンダー「フン」グシャッ
パイの実「うあああああああっ!!!」
キンダー「大切な事……? カロリー、そして何より経済戦略……それが一番重要なのだ」
キンダー「チョコ菓子にとって大切な事なんて……それ以外に何がある!?」
たけのこ「美味しさと幸せを世の中に届ける事。それがチョコレートの誇りだ」
キンダー「!?」
414:
流石です
415:
ポッキー「間に合った! 奴らが町に入る前にここへ到着できた……!」
エアロ「大丈夫かパイの実!」
パイの実「み……みんな……」
キンダー「たけのこの里……!! 何故ここに……」
たけのこ「貴様らの計画は全て暴露された」
チョコボール「大人しくやられるクエッ!!」
コアラのマーチ「ふざけた真似しやがって……」
マーブル「随分と派手にやらかしたな」
アポロ「観念するんだな!」
M&M's「……これは中々面白くなってきたねキンダー?」
キンダー「……」
416:
チョコのくせに熱すぎだろ
417:
たけのこかっけぅええええ
419:
キットカット「いたぞ! あそこだ!!」
ベビー「大集合ですー」
アルフォート「おやおや……これは」
マーブル「お前ら!」
チョコえんぴつ「チロルチョコに場所を教えてもらったんです!」
メルティキッス「あらぁ……ちょうどたけのこ達も着いた所だったの?」
小枝「グッドタイミングだな」
チョコパイ「やっちゃおうよー!」
たけのこ「どうやらこちらにかなり分があるようだな」
キンダー「……」
421:
手で溶けず口で融けず、心で熔けるチョコというわけだ
422:
たけのこ「降伏するなら今のうちだ」
キンダー「フフフ……HAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHA!!!」
ポッキー「!?」
キンダー「君たちは外国産業というものを舐めている。殊にカカオ値とカロリーをね」
キンダー「はぁぁぁぁ…………!!」
ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ……
たけのこ「……!!」
キンダー「いいだろう、ならば教育してやろうじゃないか」
ポッキー「まさか……ここまでとは……」
たけのこ「たけのこ勢はこのタマゴ野郎をやる! きのこ勢はそっちを!」
エアロ「命令すんな!!」
マーブル「OK」
M&M's「HAHAHA……そんなに溶かされたいのか」
425:
一方その頃、町では
すぎのこ「はぁ……はぁっ……」
マカダミア「HA……HAHAHA……そろそろ、限界のようですね……」
すぎのこ「畜生……」ガクン
マカダミア「ここまで追い詰められるとは思ってませんでした」
すぎのこ「…………」
マカダミア「きのことたけのこに並んだ事があるのは伊達じゃありませんね」
すぎのこ「昔の……話だ……」
426:
マカダミア「さあ……これで終わりです」
すぎのこ「糞っ……」
マカダミア「私をここまで追い込んだ事を誇りに思いなさい……!」
すぎのこ「……っ!!」
「どっちが終わってんのか分かってねえなwwwww」
マカダミア「誰だ!?」
セコイヤチョコレート「ピンチなのはお前の方だぜ?wwwバーカwwwwww」
427:
セコイヤキター!!!!!
428:
せ、セコイヤさん!
429:
やだ・・・あつい・・・
432:
マカダミア「なっ……!?」
セコイヤ「実力者は全員戦争に行ってるとでも思ってたのか?wwww」
霧の浮舟「まだまだこの町には、年高の強チョコが残っている」
森羅万象チョコ「まあ俺はまだ若い方だけど……」
カントリーマアム「あらやだ! すぎのこ君たら酷い格好よ!?」
チョコエッグ「このまま袋叩きといくかい?」
明治アーモンドチョコ「……どうしてやろうか」
セコイヤ「囲まれちゃったなぁwwwwwざまあみろwwwwwwww」
マカダミア「くっ……せこいぞ!!」
433:
うはw一斉に出てきたwww
434:
セコイヤだけになってやかましいわwwwww
あと「神」羅万象チョコな
435:
最強の布陣だこれww
439:
おまえらチョコ詳しすぎるだろwww
440:
明治アーモンド「父の敵、討たせてもらう」
マカダミア「明治アーモンドチョコだと……お前ほどのチョコが、何故こんな所に!?」
明治アーモンド「俺は戦争とかそういうのに興味は無い……平穏に暮らしていたいだけなんだ」
セコイヤ「また格好つけちゃってwwwwww」
霧の浮船「ケリをつけよう……!」
マカダミア「ま、待ってくれ、ちょ……」
明治アーモンド「カカオ値を一点に集中!!」
ドドドドドドドドドドドドド
全員「「「カカオ・エクスプロージョン!!!」」」
マカダミア「UWAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA!!!」
441:
神羅万象さんキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!
合体攻撃www
442:
チロル・ビスケット「……すげえ」
チョコエッグ「あれお前いたの?」
チロル・ビスケット「陰で見てたんだよ……こりゃすげえな」
神羅万象「まあ、俺らレベルのチョコがこんだけ集まれば余裕だわな」
セコイヤ「俺ら天才っすからwwwwwwwww」
霧の浮船「もうここに欧米連合の奴らはいないか?」
チロル・ビスケット「ああ……多分な。まだ何とも言えないけど」
明治アーモンド「俺らは怪我人の救助と避難誘導に徹する」
チロル・ビスケット「ああ。分かった(こいつらが来てくれれば凄い戦力だろうけどな)」
445:
すぎのこ「いてて……」
カントリーマアム「アラアラ大丈夫ー? すぎのこ君?」
すぎのこ「ああ……ハイ……大丈夫っす」
カントリーマアム「駄目よそんな無理しちゃ〜今うちでお茶淹れるからちょっと寄ってきなさい?ねぇ?」
すぎのこ「はぁ……ありがとうございます……」
明治アーモンド「……」
神羅万象「気付いたか?」
明治アーモンド「ああ……遠くからとてつもなく邪悪なチョコ臭が漂ってくる」
神羅万象「二つあるな。一方はケタ違いだ」
セコイヤ「さーって仕事終わったしwwww俺もう帰っていいすか?wwwwwww」
446:
セコイヤさんwwwwゆとりかwwww
463:
熱い・・・なのに・・・このチョコ達は、融ける兆しがねえ!wwwなにこの神スレw
470:
現在の戦況
【たけのこ勢】 VS 【キンダーサプライズ】
・たけのこの里
・ポッキー
・コアラのマーチ
・チョコボール
・プッカ
・LOOK
・カプリコ
・ガルボ
・小枝
・メルティキッス
・チロルチョコ(コーヒー・アーモンド)
【きのこ勢】 VS 【M&M's】
・マーブルチョコ
・アポロ
・エアロ
・チョコベビー
・キットカット
・アルフォート
・チョコパイ
・チョコえんぴつ
【きのこの山】 VS 【カカオ99%】
472:
それぞれの軍勢が束になって戦うレベルの海外勢の
更にその上に立つカカオ99%とタイマンでやりあってるきのこさんやっぱパないっす
その他扱いされてるたけのことは格が違うっす
474:
トッポ「はぁっ……はぁっ……」
ブラックサンダー「こっちだ! やべえチョコ臭がプンプンするぜ!」
トッポ「ああ……気分が悪くなる程のカカオ値だ……」
チロル・きなこもち「お前ら!」
ブラックサンダー「チロルチョコ! またお前か!」
チロル・きなこもち「俺はきなこもちだ、ちゃんと区別しろ」
トッポ「意識共有してるんだから、あんまり関係ないんじゃないの?」
チロル・きなこもち「まあそうだけど」
475:
ブラックサンダー「いよいよだな」
チロル・きなこもち「ああ……あの角を曲がった先にある倉庫の裏だ」
トッポ「きのこ君……大丈夫かな……」
ブラックサンダー「やってやんぜぇ!!」
チロル・きなこもち「おっかねえ……俺は行かねえぞ」
ブラックサンダー「ああ!? なんでだよこのチキン! 駄目チョコ!」
チロル・きなこもち「集まんないといけねーんだよ。集合指令が出てる」
トッポ「あっちもヤバそうなのか?」
チロル・きなこもち「ああ、ヤバいな……ついに奴らが牙をむき始めた」
479:
キンダー「フゥゥゥゥゥ…………」
たけのこ「いいか皆。援護してくれ。俺より前には絶対に出るな」
ポッキー「了解」
ガルボ「来るぞ!!」
キンダー「Mr.たけのこの里……怖れるに値するのは貴方だけだ」
たけのこ「……」
キンダー「つまり貴方さえリタイアさせてしまえば……後はどうってことない」
キンダー「一方的な虐殺が幕を開けるという訳だ」
483:
キンダー「フンッ!!」ズズゥゥン
チョコボール「何を出したクエッ?」
ポッキー「プラスチックの……カプセル?」
たけのこ「気をつけろ……得体が知れん」
キンダー「フフフ、じっと様子を見ている事が得策だとお考えですか?」
たけのこ「何……?」
LOOK「……この匂い、まさか!?」
シュボッ
LOOK「爆弾だ!!!みんな伏せろおおお!!!」
487:
ボガァァァァァァァ…………ァァァァァァ………ンンンンン
小枝「ぐあっ……!!」
ガルボ「がっ」
キンダー「HAHAHAHAHA!! 凄まじい威力! 我がTOYは世界一だ!!」
たけのこ「…………皆、無事か?」
たけのこ(煙と熱の所為で……皆の状況が把握できん……!)
ポッキー「たけのこ!!危ない!!」
たけのこ「!?」ヒュルルルルル
489:
なんかすごいwktkする
ここまで先が気になるSSは滅多にない
490:
ガシィィィィン!!!
たけのこ「なっ……!?」
ポッキー「プラスチックの……カプセルケースだと!?」
キンダー「そのカプセルは特別製でね……私が斃れない限りは開きもしない、壊す事もできない……」
たけのこ「糞っ……!!なんという事だ!」
キンダー「貴方はその中で、部下たちの悲鳴を聞く事しかできないのですよ」
ポッキー「これは……不味い」
コアラ「てめえ!!ふざけんじゃねえぞ!!」
ポッキー(さっきの爆発でやられたのは……小枝、ガルボ、メルティキッス……)
チョコボール「……残ってるのは、僕らだけクエ」
LOOK「 」
カプリコ「 」
ポッキー「そんな……! 三人だけでどう立ち向かえば……!!」
493:
LOOKとカプリコも死んだっていうことか・・・・
496:
キンダー「HAHAHA!!ポッキー、コアラのマーチ、チョコボール、残ったのはこれだけですか!!」
ポッキー(絶対絶命か……?)
コアラ「おい、チロルはどうした」
ポッキー「あいつらは多分、どこか近くで集合している筈だ」
チョコボール「チロルチョコが全員集まれば……なんとかいけるクエッ!?」
ポッキー「分からん……次元が違いすぎるんだ。このバケモノは」
コアラ「…………」
501:
チロルチョコ・苺「糞っ!早く集まらねえと……このままじゃやべえ!!」
チロルチョコ・苺「……!? あいつは……」
オレオ「うぅ……ぁあ……ああ」
チロルチョコ・苺(欧米連合の残党!? まずい、チロル一個だけじゃあ……手も足も出ねえ……!)
オレオ「あの玩具ウエハースめ……あれで俺を斃したと思ったのか……あぁぁ」
オレオ「殺してやる…………ん?誰だ」
チロルチョコ・苺「!!!」
504:
オレオ「なんてちっぽけなチョコレートなんだ貴様ぁ……」
チロル・苺(やべえ……見つかった)
オレオ「お前のようなクズチョコはぁ……俺が踏み潰してやる」
チロル・苺「うわああああ!!」
オレオ「逃げても無駄だ……」
     コーヒー・ビート
「『サヨナラ逆転打』!!」 「『珈琲律動』!!」 ドッギャアアアアアン
オレオ「がはっ!?」
505:
ホームランバットさんきたこれでかつる!
508:
チロル・苺「お前らは!」
コーヒービート「こいつらの存在は皆に知れ渡っている」
ホームランバット「君は早く行け! ホームベースは近いぞ!!」
チロル・苺「ありがとう!!」
オレオ「駄目チョコ共が!!ワラワラと集まりやがって」
どらチョコ「駄目チョコかどうか試してみるかい?」
プチプチ占いチョコ「一寸の駄菓子にも五分のカカオだぜ」
ぷくぷくたい「ぷくぷく〜」
509:
バットさん男前すぐるww
510:
一寸の駄菓子にも五分のカカオwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
511:
ぷくぷくたいやきは間違いなくマスコット的にかわいい
512:
ホームランバット「駄菓子だってなぁ……美味しさじゃあ大手商品に負けねえぜ!!」
どらチョコ「行くぞ!!」
「「「『カカオマス・ハリケーン』ッ!!!」」」
オレオ「ウガァァッ……!!」
プチプチ占い「やったッ!!」
ぷくぷくたい「ぷくぷく〜」
コーヒービート「……チロルチョコ……うまく行くだろうか」
514:
おいおい展開熱すぎだろ
515:
【きのこの山 VS カカオ99%】
カカオ99%「どんなチョコレートも……計算されつくした菓子の前では平伏すしかないのです」
カカオ99%「貴方との戦いを通じて、その考えをより一層深くする事ができました」
カカオ99%「正直、貴方にはガッカリですよ。きのこの山さん」
きのこ「はぁ……はあっ……」
カカオ99%「今の私はまだ90パーセントにも達していない……これはちょっと、ショックですね」
きのこ「…………」
カカオ99%「自らの無力を噛みしめながら……ドロドロに溶けるがいい」
きのこ「……まだ終わってないぜ」
517:
カカオ99%「何……?」
 
トッポ「『菓子痛棍撃』ッ!!!」ドギャアアアッ!!!
ブラックサンダー「『1.21ジゴワット』ッ!!!」バリバリバリバリィッ!!!
カカオ99%「ぐおっ……!!」
518:
ブラックサンダーにはまだ一段階の変身が残ってますよね?
521:
トッポ「きのこ君!」
ブラックサンダー「おいおい、なんてザマだきのこ」
きのこ「お前ら……来てくれたのか」
トッポ「よかった……間に合わなかったらどうしようと思って」
きのこ「安心するのは早いぜ」
ブラックサンダー「……!!」
ドドドドドドドドドド
カカオ99%「何だね今のは? 本当に私を斃すつもりで打ち込んだ技なのかね?」
トッポ「傷一つ付いてない……!!」
ブラックサンダー「バケモノか……!」
522:
カカオ99%「真に相手を斃さんとする技とは……こういうものだ」
きのこ「……!!」ザワッ
カカオ99%「こぉぉぉぉ……」
きのこ「ヤバい!避けっ」
    キャノン
カカオ99%「『 カ カ オ 砲 』」
カッ
524:
99%さんTUEEEE
525:
【きのこ勢 VS M&M's】
M&M's「HAHAHA……爆発したり、あちらは随分と盛り上がっているようですね」ヒュンヒュンヒュン
アルフォート「あいつの周りに渦巻いてるあれは……」
マーブル「チョコレートか」
M&M's「そんなにボンヤリしていていいのですか? もう戦いは始まっているのですよ」
キットカット「……!?何か様子がおかしいぞ」
アポロ「なんか……気分が悪い……」
M&M's「ようこそ、M&Mの世界へ……」
529:
マーブル「うっ……なんだ、幻……覚?」
ベビー「気持ち悪いです……立ってられないです」
M&M's「君たちは私の支配する空間の中へ閉じ込められた……」
M&M's「あらゆる幻覚と幻聴に襲われれば、戦いどころではないでしょう」
チョコパイ「うわあああ!!目の前が色とりどりのチョコでいっぱいだよぉぉ!!」
アルフォート「くっ……これは、キツいですね」
M&M's「まずは女子供から退場してもらいましょうか」ドゴォッ
えんぴつ「ぎゃっ……」
エアロ「チョコえんぴつ!!」
533:
アポロ「てめえ……!!」
M&M's「HAHAHA……次は撃たれるのは誰でしょうか? どこから弾が飛んでくるのでしょうか??」
キットカット「えげつねえ戦法だ……」
チョコパイ「きゃあああっ!!」
ベビー「イヤアアア!!」
M&M's「溶けてしまえ、溶けてしまえ……役立たずのチョコ共よ……!」
マーブル「……お前、いい加減にしろよ」
M&M's「む?」
マーブル「ブチ溶かされてえか……」
535:
マーブルとM&M'sって宿敵じゃないか!
何この熱い展開w
537:
日米マーブルチョコ対決とかやべぇ、熱すぎる
542:
M&M's「な……何故立てるのだ!?このM's結界の中で!」
マーブル「お前のチョコ波長は俺と同じタイプ……砂糖菓子で色とりどりに包まれたコーティングチョコ型」
マーブル「流れさえうまく掴めば……相殺くらいできんだよ……!」
M&M's「ほう……そうか、貴様……マーブルチョコか」
マーブル「今まで気付いてなかったのかよ」
M&M's「このチョコ界にもマーブル・チョコレート使いがいる事は聞いていたが……そうか君だったのか」
マーブル「……」
M&M's「駄菓子屋に片足を突っ込んだ冴えないマーブル・チョコがいると、前々から気になっていたのだよ!」
マーブル「おい……それ以上喋るな……」ゴゴゴゴゴゴゴゴ
M&M's「なっ……(カカオ値が……こいつ、手負いじゃないのか!?)」
マーブル「どっちが駄目チョコなのか教えてやるよ」
544:
チョコ波長wwwwww
545:
同じタイプのスタンド・・・!
550:
【たけのこ勢 VS キンダーサプライズ】
  コアラ・ファング
コアラ「『三月熊牙』ッ!!」
  ポッキーストーム
ポッキー「『甘い矢の嵐』ッ!!」
チョコボール「『キョロちゃん砲』ッ!!」
ズズゥゥゥゥゥゥ…………ンンンンン
ポッキー「はあ……はあ……」
キンダー「ワーオ……実に素晴らしい。流石たけのこの幹部たちだ」
コアラ「……!!」
552:
いちいち技の名前で吹くwwwww
553:
キョロちゃん砲わろた
555:
キンダー「素晴らしいカカオ値……だが、カカオ値が高いだけじゃあ、ただの木偶の坊だ」
キンダー「優れた菓子には……それ相応の商品力があるのです」
キンダー「例えば……このような」パカッ
ポッキー(カプセルから……おびただしい数のおもちゃが……!)
ザッザッザッザッザッザッ……
   トイ・クルセイダーズ
キンダー「私の 『玩具十字軍』 に撃ち殺されたまえ」
コアラ「玩具使い……!それなら」
チョコボール「クエエ!!分かってるクエッ!」
ポッキー「俺たち二人は本体を叩く、チョコボールは玩具兵を」
チョコボール「クエエエエ!!」
563:
このスレを機にきのこたけのこは仲良くするべき、不毛な戦いなんてやめろ
567:
パラララララ
バキュ――ンバキュゥ―――ン
     ミステリアス・トイズ
チョコボール(最強の技……『四次元玩具缶』 は発動に時間がかかる……それまで堪えれるクエッ……!?)
キンダー「HAHAHA! ちょこまかと飛び回るねえ」
コアラ「よそ見してんじゃねえぞっ!!」
キンダー「おっと」ガシィッ
コアラ「なっ……」
キンダー「随分と元気だな君も……そろそろ休むかい?」
ボキボキボキィッ!!!
コアラ「ぎゃあああああああ!!!」
577:
コ、コアラーッ!
579:
ポッキー「コアラああああ!!」
キンダー「HAHA……スナックの体は脆いねえ」
コアラ「ッ……はっ……ぁ……」
キンダー「次は君の番だ」
ポッキー「糞っ……!!」
チョコボール(まずい……これ以上は……待てないクエッ……)
チョコボール(この際未完成でも構わない……発動させないと……全滅クエッ……!!)
   ミステリアス・トイズ
チョコボール「『四次元玩具缶』ッ!!!」
キンダー「!?」
584:
キンダー(なんだ、あの巨大な缶は……?)
チョコボール「クエエエ…………この技を使うのは久しぶりだクエ」
キンダー「なっ……」
ズズズズズズズズズ………
キンダー(缶の中から……鳥のフィギュアが、溢れ出してっ……)
 「クエエエエ――ッ」
  「クエッ」  「クエエ――――」」
「クエエエ」 「クエエエッ」 「クエエエエエッ」
 「クエエッ」  「クエエエッ」
  「クエエエエエエエ」 「クエッ」
 「クエエッ」    「クエエエエエ」
 
チョコボール「キョロちゃんフィギュアの群れに押し潰されろクエエエエ!!!」ドドドドドドドドドドドドドド
キンダー「ぐあっ……!?」
586:
やったか!?
587:
チョコボール「ハァ……ハァ……」
ポッキー「奴は……?」
バキュゥゥゥ―――ン
チョコボール「グエッ……!?」
ポッキー「なっ……」
キンダー「フゥー……ここまでコケにされるとは……思ってもいませんでした」
ポッキー「……終わり……か」
「待たせてごめんな」
キンダー「Ha!?」
チロルチョコ・BIG板チョコ「融合にやたら時間がかかっちまった」
591:
なん…だと…
589:
主役は遅れてやって来るものだ
592:
ポッキー「チロルチョコ……!!」
キンダー「馬鹿な……板チョコだと……!?」
チロル・板「これでやっと戦闘に参加できる」
キンダー「ほざけこのッ」パララララララ
チロル・板「仲間を散々やってくれたな……」スッ…
キンダー「SHIT……いっ……!」
チロル・板「喰らえ……」
キンダー「……ッ!!」ドォォォォォ…………ンンンン
キンダー「……あれ?」
チロル・板「誰がてめえを攻撃するっつった」
593:
なん…だと……
594:
キンダー「はっ……まさか!!」
たけのこ「助かったぞ、チロルチョコ」
キンダー「そんな……私のカプセルが破られるなんて……!!」
チロル・板「行くぜボス!!」
たけのこ「おう!!」
 カカオ・クロス
 「「『甘味十字撃』ッッ!!!」」 ドッギャアアアアアアアアアア
キンダー「NOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOO!!!!!!」
597:
キンダー「…………ッ……」ビクッビクッ
たけのこ「恐ろしいチョコだった……キンダーサプライズ」
ポッキー「よかった……斃した……」
チロル・板「たけのこ……まだ脅威が残っている」
たけのこ「……」
チロル・板「きのこが危ない……今助けに行かなきゃ、いずれ皆殺されちまう」
602:
【きのこ勢 VS M&M's】
M&M's「ぐふっ……!このっ、低俗チョコがっ……!」
マーブル「がはっ!……はぁっ……はあっ……」
M&M's(私自身にカカオ値はあまり残っていないのだっ……M's結界に大量のカカオ値を注いでしまっている……!)
マーブル「どうした? 動きが鈍いぞっ!!」ドスッ
M&M's「ゲボァッ……!!」
マーブル「喰らいやがれッ」
M&M's(こうなったら……!)
  リリース
M&M's「『解除』ッ!!」ブゥゥゥ…ン
マーブル「なっ……結界が、消えた!?」
604:
M&M's(この瞬間……結界に費やしていたカカオ値の釣りが、私に戻って来る……!)
M&M's(溢れるカカオ値……! そしてこの間合い……勝ったッ!!)
マーブル「なにっ……カカオ値がッ……貴様」
M&M's「お前の負けだ!!溶けて死ねッ!!」
たけのこ「結界を解いたのは誤算だったな……」ゴゴゴゴゴゴゴ
M&M's「ハッ!?」
     バンブー・バレット
たけのこ「死ぬのは貴様だ!!!『筍弾丸撃』ッッ!!!」ドゴォォォォォォォ――――ンンンンン
606:
M&M's「……ァ……ッ」
たけのこ「ふう」
マーブル「助かった。礼を言う」
たけのこ「ふん……礼などいらんさ」
アポロ「やっと解放されたよー」
ポッキー「……大分やられてしまったな……残りも少ない」
チロル・板「たけのこ……」
たけのこ「……」
チロル・板「きのこを助けに行かないのか?」
たけのこ「…………俺は……」
明治アーモンド「相変わらず意地っ張りだな、たけのこは」
たけのこ「!!……アーモンド」
609:
明治アーモンドカッコいいwwwwwwwwwwwwww
抱かれたいwwwwwwwwwww
612:
エアロ「あれは……?」
マーブル「明治ミルクチョコレートの息子だ……そして、きのことたけのこの兄貴分でもある」
明治アーモンド「随分……物騒な事をやらかしたな」
たけのこ「……」
明治アーモンド「昔よく三人で遊んだよな……授業サボって映画見に行ったりしてさ」
たけのこ「……」
明治アーモンド「なんでこうなっちまったんだ? いつからこんな事になったんだ?」
たけのこ「……」
明治アーモンド「あの頃のお前はどうしたんだ? なんで殺し合いとかしてんだよ!? 何か言えよおい!!」
たけのこ「……」
613:
映画・・・チャーリーとチョコレート工場か
615:
明治アーモンド「そのままだんまり決め込むつもりなら……こっちにも考えがある」
たけのこ「……っ」
明治アーモンド「その腐った根性を叩き溶かしてやるよ」
マーブル「おい……ちょっ」
明治アーモンド「どうした? 親友も容赦無く手にかけようとするくせに、俺には何もできねえのか?」
たけのこ「……糞っ!!」シュバッ
明治アーモンド「ッ!!」
ポッキー「うわっ……本気だ」
アルフォート「穏やかじゃないですねぇ」
618:
たけのこ「あんたには分からねえよ!! 俺らの苦しみも、痛みもっ!!」
明治アーモンド「……っ」
たけのこ「似た境遇に生まれたばっかりに……いつも比較され、競い合わされる苦しみが!!」
たけのこ「あんたに分かるのか!!!」
たけのこ「分かるのかこの野郎ッ!!!」
明治アーモンド「…………」
たけのこ「……ぅ……うっ……」
ポッキー「たけのこ……」
マーブル「……」
明治アーモンド「………………」
622:
本気でウルッときた
623:
明治アーモンド「……そうだな。……分かった。お前の言いたい事は、充分理解できた」
たけのこ「……」
明治アーモンド「お前らの苦悩は……想像以上に酷いもんだったんだな」
たけのこ「……」
明治アーモンド「事あるごとに、きのこたけのこ戦争とか言ってからかって……悪かった」
ズズゥゥゥゥ…………ンンンンン
マーブル「!?」
キットカット「あれは……」
アポロ「町の郊外からか?……なんて禍々しいチョコ臭だ……!!」
たけのこ「…………」
625:
俺もうきのたけで争うのやめるわ!(キリッ
626:
トッポ「あ……ぅあ……ぁぁ」
カカオ99%「運が良かったですね……生き残ったのは貴方だけだ」
きのこ「…………」
ブラックサンダー「……ッ……はっ……」
トッポ「こんなの……勝てっこないよ……こんな、バケモノ……!!」
カカオ99%「最後まで抗え……カカオの限界を私に見せてくれ……」
きのこ「……ぅ……トッ……ポ」
トッポ「きのこ……! 喋っちゃ駄目だ」
きのこ「お前だけでも逃げろ……逃げて、皆に避難しろと」
トッポ「そんな……!」
631:
俺きのこ派だけどたけのこも食ってみようかな・・・
632:
俺きのこ派だけどパイの実も食ってみようかな・・・
633:
俺きのこ派だけどブラックサンダーも食ってみようかな・・・
636:
トッポ「君を置いて……逃げれる訳無いじゃんか……!!」
きのこ「馬鹿……野郎……さっさと行……け……」
トッポ「嫌だよ!!!」
ブラックサンダー「よーし……そんなに残りてぇなら……俺にちょっと付き合ってもらうぜ」
トッポ「ブラックサンダー……?」
きのこ「何……する気だ…………てめえ……」
ブラックサンダー「特攻だ」
トッポ「……!!」
きのこ「馬鹿……!よせっ……!!」
ブラックサンダー「このまま惨めに死ぬよか、華々しく散った方がマシだ……!!」バチバチバチバチバチ
643:
カカオ99%「ほう……見上げた精神だ」
ブラックサンダー「ほざいてろ……!!」バリバリバリバリバリ
トッポ「最後に……傷一つでも負わせてやる……!!」
カカオ99%「貴様らのその根性と精神に敬意を表して……90パーセントの力で受けてやろう……」
きのこ「やめろっ……!!」
トッポ「きのこ君……じゃあね」
ブラックサンダー「行くぜぇぇ!!」
きのこ「やめろおおおおお………!!」
ズドォォォォォォォォォォ―――――…………………ンンンンンンン
645:
トッポォォォォォ!
ブラックサンダーァァァァァァl!
644:
きのこ「うっ……ぅ……っ……」
カカオ99%「……」
カカオ99%「戦い自体に愉しみは見出せなかったが、弛まぬチョコの精神と信念を見る事ができた」
カカオ99%「これはとても幸運な事だろうな」
きのこ「…………」
カカオ99%「さあ、君の番だ」
きのこ「…………」
カカオ99%「安らかに、母なるカカオの樹に還りたまえ……」
きのこ「畜生っ……!!」
646:
母なるカカオの樹wwwwwwww
649:
カカオ99%「……んっ?」
きのこ「……」
カカオ99%「そこにいるのは誰だ? 随分と澄み切ったチョコ臭を放っているが……」
きのこ「……?」
カカオ99%「姿を見せたまえ」
たけのこ「…………」
きのこ「たけのこ……!!」
650:
北ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
651:
キャー!
653:
澄み切ったチョコ臭www
65

続き・詳細・画像をみる


年間視聴率上位30番組にフジはスマスマ生謝罪のみ フジテレビ本格的に終わったな

懐かしい阪神の外国人選手を挙げろ

老舗和の菓子屋がパワハラ「サボってばっかのクソ社員がいるからネットに顔晒して厳重注意とする」

何 ヵ 所 か 働 い た 奴 が 気 付 く こ と

彼氏の会社の先輩Aさんが「ねぇ彼氏くん、私ちゃんと別れた?別れたなら紹介して欲しいんだけど」と言ってきたらしい。

【社会】東京堂書店 千葉麗子氏の『くたばれパヨク』サイン会 脅迫電話が相次ぎ中止に「言論弾圧には憤りを感じます」

back 削除依頼&連絡先