キプロスで野良猫爆増、緊縮政策で不妊手術予算削られback

キプロスで野良猫爆増、緊縮政策で不妊手術予算削られ


続き・詳細・画像をみる

1:
ローマ帝国の皇后ヘレナがキプロス島に猫を持ち込んでから約1700年。地中海のキプロスでは、国を挙げて行われていた野良猫の避妊・去勢手術推進事業の予算が緊縮政策のために削られて野良猫が急増。動物愛好家らがその世話に苦慮している。首都ニコシアでは、NGO「キャット・ポーズ・キプロス」が野良猫を捕獲し、手術を施して戻す運動に取り組んでいる。
http://www.afpbb.com/articles/-/3112864
6:
餌やりも大変だ


続き・詳細・画像をみる


【悲報】電車の中で気持ちよく寝ていたおっさん、twitterで晒されてしまう

【警告】ボッチになってしまう奴の傾向がこちら・・・・

祖母宅には現在従姉妹一家が同居しているんだけど、汚家化して居間の土壁がカビたらしい。

古代ローマ人と1500年後の16世紀のヨーロッパ人の生活水準がほとんど変わらなかった事実

おまえら警官「はい、18キロの速度超過です」 ワイ「みんなそんくらい出してるやんけ(怒」 ←これ

パナソニック、次世代有機ELテレビ「EZ1000」正式発表。日本でも発売へ

back 削除依頼&連絡先