善子「ずら丸、ダイエットするわよ!」back

善子「ずら丸、ダイエットするわよ!」


続き・詳細・画像をみる


__
花丸「みてみて、善子ちゃん!これね、新発売の限定味なの!」
善子「……」
善子「ずら丸、アンタそろそろ本っ当に太るわよ?」
花丸「ずら?」モグモグ
善子「ずら?じゃなくてっ!ふーとーるーわーよー?」ムニムニ
花丸「い、いひゃいじゅら?!」
花丸「っんく、でも、食べないとマルって感じがしなくて……それに食べれば身長も伸びるかもしれないし!」
善子「まぁ確かに、食べてなかったらずら丸って感じはしないわね」
2:
花丸「でしょう?」
善子「……でもアンタ身長伸びてないでしょ」
花丸「……それはマルにもわからないずら」
花丸「でもマルも出来ることはしてるよ?こうやってうーんと伸びたり!」ユサッ
善子「っ!?」ギョッ
善子「はぁ……私わかったわ……つまり!食べたぶんの栄養は全部ここに?……」モニュッ
花丸「はひゃうっ!?/////」ビクゥッ
花丸(よ、善子ちゃんマルの胸揉んで……っ!?)
3:
善子「くっ……なんでそんなちっこいのにここだけはヨハネよりデカイのよ!!ぼいんぼいんのたゆんたゆんじゃない!!」モニュモニュモニュモニュ
花丸「ふあ、んんっ……/////よ、善子ちゃん、恥ずかしいずら……/////」
善子「え?あ、ごめん……でも女子同士なんだからそんなに恥ずかしがらなくたって……」モニュモニュ
花丸「恥ずかしいの!マルは!/////」
善子「そう……?でもマリーだって乳揉み魔じゃない!」モニュモニュ
花丸「ち……!?/////ま、鞠莉さんはそうかもしれないけど善子ちゃんは違うでしょ!!」
4:
善子「私はアンタ専門ねー、んー、いいわね、この手に収まりきらないけどフィットする感じ!」モニュモニュッ
花丸「ううぅ……/////いい加減やめるずらぁ……」
善子「はぁーい」パッ
花丸「ふぅ……でも確かに、太ったかも……」
善子「ふーん、じゃあヨハネが見てあげるわ!」
花丸「そ、それはいいよ!恥ずかしいからっ」
善子「むぅ、せっかく見てあげようと思ったのにー」
花丸「気持ちだけ受け取っておくずら……」アーン
5:
善子「あっずら丸!!」パクッ
花丸「はぁっ!」
善子「んぐんぐ……んっ、もう、太ったとか言った側から食べてんじゃないわよ!」
花丸「無意識ずらぁ……」
善子「これは私が美味しくいただくわ!」
花丸「あぁ、マルの愛しののっぽパン……」
善子「その代わり、ダイエット手伝ってあげる!」
花丸「ほ……ほんとう?」
6:
善子「ええ!ちょうど暇してたしぃー」
花丸「ありがとう……善子ちゃん……」ウルウル
善子「!っんん、そうと決まれば早実行よ!!」
花丸「おー!」
__
善子「えーっと、とりあえずダイエットに効きそうな情報調べてみたわ!」スマホーッ
花丸「ほうほう……縄跳びとか、ランニングとか、運動が多いずら」
善子「当たり前でしょ?ダイエットなんだから!」
7:
花丸「そうだよね……頑張ろう」
善子「じゃあとりあえず縄跳びでもしましょうか」
善子「ジャンプすれば身長も伸びるかもしれないし!」
花丸「ずらっ!」
_
花丸「ふぅ?寒いずらぁ……」ブルブル
善子「何言ってんの、これから汗かくんだからむしろ適してるわよ」
花丸「そ、そうだよね!ちゃんと運動して痩せないと……」
善子「そうそう、その意気込みよ!さぁずら丸、飛びなさいっ!」
8:
花丸「はい?っ」ピョンピョン
善子「……」
花丸「はぁっ、はぁっ」ユッサユッサ
善子「……」
花丸「はぁっ、はぁっ、はぁ……はぁ…………」ユッサユッサ
花丸「い、いたた……っ」
善子「ど、どうしたのよ?」
花丸「ち、ちょっと胸が痛いずら……」
善子「つまり現在進行形で胸は成長していると???」
9:
花丸「え、えへへ……自分では分かんないけど……」タユンタユン
善子「なんかムカつくわね」
善子「まぁいいわ!次は上下運動のないものしましょ!」ググル!
花丸「そ、そうだね……」
善子「でも、Aqoursの練習でダンスもするけど、それでも足りてないってことでしょ?」
花丸「運動するとお腹空いちゃって……」
善子「いや絶対そのせいよ」
花丸「う、うぅ……食事制限しないといけないずら?」
善子「それはダメよ、身長止まる」
花丸「そっかぁ……」
善子「……」ピタッ
善子「……ふーん、キスでもカロリー消費出来るみたいよ」
10:
花丸「きっ……!?/////」
善子「ってことはずら丸の食後に私がキスすればその分カロリー消費出来るってことよね?」
善子「それって私も同時に消費出来るし……一石二鳥ってヤツ!」
善子「これ!やりましょ!お手軽だし、インドア派のずら丸にはピッタリよ!」
花丸「善子ちゃん、それ本気で……?」
善子「え?えぇ」
花丸「キス、だよ?好きな人とする事だよ……?そんなの、善子ちゃんはマルとしていいの?」
善子「……ずら丸は私とするのいや?」
11:
花丸「い、嫌じゃ、ない、けど……」
善子「私も嫌じゃないわよ?お互い嫌じゃないんだから問題無いでしょ?」
花丸「そ、そう、なのかな……」
善子「そうよ!ほら、じゃあするわよ」
花丸「へっ、今!?」
善子「今じゃなきゃいつするの?こういうのは決めたら早くやった方がいいのよ!」
花丸「う、うん……」
善子「じゃあ……」チュゥ
花丸「んっ」
善子「ちゅ……ちゅるっ」
花丸「!?/////」
12:
善子「ぢゅるっ……はむっ…」
花丸「(な、にこれ……っ)」
善子「むちゅ……っ、ちゅぅ」モニュッ
花丸「んっ、ん……!?/////」
善子「ちゅっ、む……」モニュモニュ
花丸「あ、ふぁ……」トロ
善子「にゅぷっ………んっう……」
花丸「はふ……ぅ、や、よしこちゃぁ……/////」トロトロ
13:
善子「ぷはっ」
花丸「はひゃ……/////」
善子「ふぅ、あっつ……ど、どう?結構イイ感じじゃないかしら?」ハァハァ
花丸「………/////」トローン
善子「ず、ずら丸?」
花丸「……なんかわけわかんないずら……/////」
花丸「なんか、入ってきた……」
善子「あ、や……こうした方が何もしないよりはカロリー消費出来そうだなって……」
14:
善子「でも体動かさない分楽ね!」キラキラ
花丸「そうだね……うん」
花丸(あ、そっか……)
花丸(これはダイエットの為……なんだよね)
花丸(そう考えると、ちょっぴり寂しいな……)
キーンコーンカーンコーン……
15:
__
翌日
善子「ずら丸ーぅ!!」タッタッ
花丸「おはよう善子ちっはぅ!?」
善子「んちゅ……」
花丸「っ!!!/////」
善子「っ、はい、朝のぶん!」
花丸「び、びっくりしたずら……/////」
善子「これから毎日こんな感じでいくわよ!」
花丸「ま、まいにち……」
16:
善子「夜の分はしょうがないから……そうね、お昼にたっぷりしときましょ!」
花丸「う、ん……」
花丸(善子ちゃんは、なんとも思ってないのかな……)
__
お昼休み
花丸「んっ……」
善子「ちゅるっ……んむっ」
花丸「ふぁ……あっ」
28:
善子「っはむ、ちゅぷっ」モニュモニュ
花丸「んぅ……/////」
善子「……ずら丸も舌入れてみて?」
花丸「ん……まるそんなぎじゅつないずら……」
善子「いいわよ、好きな様にやれば……それにその方が運動になるわ、ほら」アーン
花丸「……へたっぴでも笑わないでね」
善子「わかってるわよ」
花丸「……あむっ」ニュプ
29:
善子「ん……ちゅる」チュプチュプ
花丸「むちゅっ、んふぁ……/////」トロ
善子「はふぅ……んちゅっ」
花丸「ちゅうっ、はむっ……」
花丸「ぷはっ/////」ハァハァ
花丸「こ、これでいっ……んぅ!」
善子「まだだめ」チュプチュプ
花丸「んくっ……ふあぅ……/////」
30:
善子「くふぅ……んむっ」
花丸「ぁ、ん」トロ
善子「ぷはっ……」
善子「……/////」ハァハァ
花丸「あんまりうまくできなかったずら……/////」
善子「…………なんかずら丸えろかった」
花丸「よ、善子ちゃんがやれって言うからっ!/////」
31:
花丸「……それにこれはそういうのじゃないよ」
善子「……そうね、ダイエットよ」
花丸(言い訳を作って、自分に言い聞かせてキスなんて本当は嫌なのに……)
善子「……ん」
花丸(でも、それでも善子ちゃんに近づきたくて結局卑怯な方を選んじゃうんだ、マルは)
花丸「んむ……」
花丸「(ずるいな……)」
32:
__
花丸「……」チャプ
花丸「……なんか、もうダイエットとか言ってられないような気がしてきたずら」
花丸(完全にマル達はキスフレンドと化したずら……)ブクブク
花丸(そんな関係で過ごすのはやだよ……)ブクブク
花丸「ん、んぶぶぶっ!!!」バシャバシャ
花丸「……はぁ」
花丸「なにやってるんだろ……」
33:
__
善子(ダメだぁ……全然進歩ない)
善子(花丸のダイエットの手伝いとか言って強制的にキスしたり自分のしたい事やりたい放題)
善子(最っ低よね、わたし)
善子(ほんと、自分のことしか考えられてない)
善子「はぁー……」ボフッ
34:
__
翌日
善子(花丸には、放課後話そう、ちゃんと)
善子(今はいつも通り……)
善子「ずら丸ーっ!おは」
花丸「善子ちゃん!」
善子「へぁっ!!」ビクゥッ
花丸(ちゃんと、言わないと、善子ちゃんに)
35:
花丸「あ、の……」
善子「……」
花丸「……善子ちゃんは、マルの事好き?」
善子「え……何言ってるの、好きに決まって」
花丸「そ、そういうのじゃなくって!恋愛の、意味、での…」
善子「え」
花丸(言え、た…………)
36:
善子「………………」
花丸(そう、だよね…)
花丸「あの、ごめんね……やっぱりなんでも」
善子「…………きよ」
花丸「え?」
善子「好きよ!!1人の女の子として……今までのキスとかダイエットの為とか、全部口実なの!」
花丸「……ぇ」
花丸「今までのキスってなんだったの……?」ガーン
37:
善子「正直あんま意味無い」
花丸「……」ジトー
善子「わ、悪かったわよ……でも、そうするしかアンタとくっつけなかったから……」
花丸「……」
花丸「……」ブワッ
善子「って何泣いてんのよ!」
花丸「ふぇ……ぐすっ、だって絶対マルが勝手に好きになってるだけだと思ってたから……っ」
38:
善子「……ごめん、」
花丸「う、ううん……っ、今、嬉しいから……」
善子「……じゃあ、キスしたい」
善子「今度は、ちゃんと」
花丸「……うん」
善子「……」ソッ
善子「……ん」チュゥ
花丸「!」
花丸「……」ヘニャ
善子「……」プハ
39:
花丸「……善子ちゃんキスだいすきずらね?」ニヤリ
善子「う、うっさい……/////」
花丸「善子ちゃん、マルたち、もう恋人でいいずら?」ギュウ
善子「……うん」ギュウ
花丸「?」ニコニコ
善子「……」
花丸「……」
善子「?????ッ/////」バッ
40:
善子「っていうか、ずら丸!アンタ、これから本気でダイエットするんだからね!」
花丸「ずら?」モグモグ
善子「ってもう食べてるしっ!」
花丸「うふふ、善子ちゃんにもあげるずら?」アーン
善子「うっ……あ、ありがと……っん!?」
花丸「ん?」ニコニコ
42:
善子「ちょっと!これみかん味ぃ!!」
花丸「てへっ、ずら」
善子「?????もぉッ!!!」
善子「待ちなさーーいっ!!!」タッタッ
花丸「ずーらー!!」タッタッ
おしまい
43:
おまけ
曜「よーし採寸するぞ?!」
曜「あれ?花丸ちゃん胸おっきくなってる!」シュルル
ルビィ「なんでどうして花丸ちゃん」
果南「マルは毎日よく食べるもんね♪」
ダイヤ「ですがそれが胸の大きさと比例するんですの?」
鞠莉「さてはマル……?LOVEな人が出来たとか!!」
44:
ダイヤ「だからそれがどう関係……」
鞠莉「知ってるぅ?ダイヤぁ、好きな人に胸を揉まれるとむくむく大きくなるのよ?」ワシワシ
ダイヤ「んぁあっ!や、やめてください!!/////」
鞠莉「んふふ?ねっ、果南!私も果南のおかげで」
果南「あはははは」
曜「果南ちゃんが壊れた!?」
45:
鞠莉「ごっほん!つまり!マルの胸を成長させた人物がこの中にいまぁす!」
鞠莉「チラッ」
善子「っ!な、何よっ」
ダイヤ「善子さん……?不純同性交遊なんて破廉恥な事」ゴゴゴゴゴ
善子「そ、それはぁ……ついヨハネの内なる意思の戦闘力が絶えきれなくて……」ヨハネェ
ルビィ「意味わかんないよしかもルビィがインフルで休んでる間に更に花丸ちゃんのおっぱいを大きくするなんて認められないよぉ」ゴゴゴゴゴ
46:
善子「えっ、うーーん、じゃあルビィも誰かに揉ん」
ダイまる「グギィ」
善子「ぅああああああああああん!!」
千歌「じゃあ善子ちゃんは花丸ちゃんのおっぱい揉んだってことか!善子ちゃんえっちぃ?」
善子「ち、千歌さんどこから……!?」
梨子「いつ何をどこで??」
善子「り、リリーも……」
47:
花丸「確かに……善子ちゃんキスする時いつもマルの胸揉んでたずら」
善子「ちょ、ずら丸っ……!!?」
梨子「あちゃー」
善子「あちゃーじゃないあちゃーじゃ!!」
鞠莉「マル、こんな変態善子をよろしくネ?」
花丸「あはは……」
48:
果南「何かされたらすぐ言ってね!私が海に沈めてあげる♪」
善子「殺す気かなん」
果南「あははっ、冗談だよ!」
ダイヤ「善子さんは根は誠実なんですけどねぇ、根は」パンパン
鞠莉「この調子だと私と果南より先に1線越しちゃいそうねぇ?」
果南「ははは」
49:
曜「え?、善子ちゃんにそんな勇気あるのかなぁ?」ニヤァ
善子「あるわよっ!ちゃんと超えるわよっ!!…………あっ」
鞠莉「言ったァァ!」
ダイヤ「退学ですわ退学」
ギャアギャア
千歌「ねぇねぇっ、花丸ちゃん善子ちゃんとちゅーしちゃったの!?」
花丸「えっ……えへへ、ずらっ/////」コク
50:
梨子「どっ、どんな感じだったの!?」
花丸「あの……まず善子ちゃんが」
善子「い、言うなーーーーーっ!!!」
千歌「本人来たァァァ!!!」
千歌「ねぇねぇちゅーしてみてよ?」
梨子「どきどき、どきどき」
善子「はぁっ!?/////」
51:
ルビィ「ルビィがちゃんと花丸ちゃんを任せられるか見てあげるよ」
善子「そ、そんなのするわけっ」
花丸「善子ちゃん……」ズイッ
善子「ちょっ!?/////」
鞠莉「Fooooo!!!!!」
ダイヤ「退学届退学届……」ガサゴソ
善子「ちょっと、本気で……っ!?/////」
果南「本気本気?♪イケメン善子ちゃんのテクニック、私も見てみたいな?」
52:
梨子「はやくっはやくっ」
善子「ぅ、じゃあ、い、いい、いくわよ?」
花丸「うん……/////」
善子「……/////」スゥーハァー……
善子「……」チュゥ
7人「「「いぎゃああああああ!!!!」」」バンバンバンバン
花丸「/////」
善子「……/////」
53:

続き・詳細・画像をみる


【画像あり】宮脇咲良、お正月は韓国で顔面メンテナンス旅行wwwwwwwww

エスカレーターで右側を空けるのは非科学的。中国人でも知ってる事実wwwwwww

「天才テレビくんMAX」出演の伊藤元太さんが18歳で死去していた

おはよう 初夢で去年いなくなった

ピコ太郎の昨年末の収入wwwwwwwwwwwwwww

高齢で産んできたが大後悔。一日中続く3時間毎の授乳と夜中の赤ちゃんのなき声でいっぱいいっぱい

back 削除依頼&連絡先