【艦これ】サボリ提督と北上さんback

【艦これ】サボリ提督と北上さん


続き・詳細・画像をみる


書き溜めてないのでのんびりやります。
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1481258162
2: 以下、
北上「ま?たこんなところでサボってるの??」
提督「おう北上か。サボリじゃねえ、休憩だ!」
北上「屋上に隠れて煙草吸ってる姿を見て休憩とは言えないかな?流石の北上様でも」
提督「流石の北上様でも見逃してくれないですか」
北上「大井っちとあたしに間宮で見逃してあげよう」
提督「さっすが北上様!」
北上「ほめるでないほめるでない。わははー」
提督「いよっ大統領!」
北上「・・・それセーフ?」
提督「今の時代ならセーフでしょ、たぶん」
3: 以下、
北上「今日の秘書艦誰だっけ?」
提督「今日は龍驤だな」
北上「サボって大丈夫なの?」
提督「龍驤はなんやかんやで面倒見がいいし優しいからな、へーきへーき」
北上「あ、そうなんだ」
提督「『ちゃんとせなあかんでキミィ?!』と言いつつもある程度仕事は片付いてるから」
北上「うわ、物真似似てないわ?」
提督「その辺は気にしないでください」
北上「龍驤さんといえば劇場で出番があったよね」
提督「すごくかわいかったです」
5: 以下、
北上「秘書艦って持ち回り制だけどサボるサボらないってその日のよって変わる?」
提督「変わるなぁ」
北上「じゃあ吹雪は?」
提督「サボれない」
北上「その心は?」
提督「例えばサボって夜に帰ってくるじゃん?」
北上「うん」
提督「仕事が全部終わってるじゃん?」
北上「うん」
提督「そんな中吹雪が『あっお疲れ様です!司令官!お仕事終わらせておきました!』って少し寂しげな表情で笑ってくれるじゃん?」
北上「あ?・・・」
提督「心が痛い」
北上「わかるなぁ」
提督「きっと秘書艦に任命されて前日喜んでただろうその姿を想像すると涙が出そうになる」
北上「つまりサボれないと」
提督「そういうことだ」
6: 以下、
北上「じゃあ明石」
提督「サボれる」
北上「ほぉ?」
提督「明石の場合サボるっていうより一緒に工廠いってなんか実験することが多いな」
北上「あ?そういうパターンもあるのね」
提督「そのあと大体大淀に二人で怒られる」
北上「だめじゃん」
提督「次の日の仕事が二倍になるからその後が大変」
北上「さらにだめじゃん」
提督「大体次の日の秘書艦が大変になります」
北上「あたしが言うのもなんだけど最低だねぇ」
提督「照れる」
7: 以下、
北上「じゃあ長門は?」
提督「長門を秘書艦にするとだな」
北上「うん」
提督「出番がなくなる」
北上「・・・うん?」
提督「アニメで長門が秘書艦してるじゃん?」
北上「そうだねぇ」
提督「提督の出番がほぼないじゃん?」
北上「まあ、そうねぇ」
提督「あれは大体長門のせい」
北上「そうだったの?」
提督「長門の場合作戦立案から事務処理まで全部こなしちゃうから提督のやることがなくなってくる」
北上「あ?」
提督「流石ビッグセブン」
8: 以下、
北上「じゃあ球磨姉は?」
提督「たまにサボれる」
北上「ほぉ」
提督「基本は面倒見のいいお姉ちゃんだからな、サボって怒られる、で終わることが多い」
北上「まあそうだねぇ」
提督「ただたまに仕事が全然終わってないことがある、もしくは物凄い怒られることがある」
北上「あぁ?・・・」
提督「姉妹だからわかったりする?」
北上「わかるよ?あたしがサボった時も大体そんな感じ」
提督「いや、お前はサボるなよ」
北上「提督に言われたくはないですけどね?」
提督「まあサンタコスに期待しとこうか」
9: 以下、
北上「ん?ついでに大井っち聞いてみようか」
提督「サボれない」
北上「あ、そうなの?」
提督「うん、だって大井っち怖いし」
北上「あぁ・・・まぁ、そうねぇ・・・」
提督「一回サボったんだけど魚雷もって追い掛け回された・・・」
北上「まあしょうがないよねぇ」
提督「それ以来サボってません」
北上「まあ大井っちはその分仕事してくれるからね」
提督「良妻だもんなぁ」
10: 以下、
北上「阿武隈は?」
提督「サボれる」
北上「流石提督ぅ?」
提督「阿武隈の場合あんまり良心が痛まないのなんでだろうな」
北上「なんか虐めたくなっちゃうよね」
提督「前髪とかもういじりっぱなし」
北上「ゲスぅ?」
提督「お前こそ」
北上・提督「「わはははははは」」
提督「今度3人で遊ぶか?」
北上「阿武隈いじめ?いいよ?やるやる」
11: 以下、
北上「ん?じゃあ妙高さんは?」
提督「絶妙なラインだな・・・サボれる」
北上「へぇ、意外だね?」
提督「ただ妙高の場合執務してた方が楽しいこともある」
北上「その心は?」
提督「お尻がこう、ね?」
北上「あぁ、そういうこと・・・」
提督「妙高型の制服ってOLっぽくてすごい好きなんだなぁ」
北上「おっさんだねぇ」
提督「でも、わかりません?」
北上「わかる、たまに羽黒のお尻撫でてる」
提督「お前鬼畜だな」
12: 以下、
北上「そうだねぇ、じゃあ加賀さんは?」
提督「サボれない、無理」
北上「あらま」
提督「もうなんかサボったら何されるかわかんない」
北上「サボったこともないんだ」
提督「うん」
北上「まあ加賀さん怒ったら怖そうだしねぇ・・・」
提督「ほんとねぇ・・・」
北上「いい人なんだけどねぇ」
提督「あ、あとサボれない理由に追加がある」
北上「ほう?」
提督「仕事してくれたかわりに晩飯奢るのが定番パターンなんだが」
北上「あぁ」
提督「そういうことだ」
北上「同じ理由で赤城さんもだめだね」
13: 以下、
北上「じゃあ利根は?」
提督「単体ならサボれる」
北上「と言いますと?」
提督「利根が執務を一生懸命(仮)してると大体筑摩が手伝って終わらせてくれる」
北上「ふむふむ」
提督「そして後々怒られる」
北上「あぁ・・・」
提督「筑摩の笑顔が怖いよ・・・」
北上「まあサボってる側に同情はしないけどね?」
提督「ついでに同じ理由で天龍と川内もアウト」
北上「妹がしっかりしてるグループね」
提督「能代は怖くないからセーフ」
14: 以下、
北上「じゃあ能代のついでに矢矧は?」
提督「サボれるといえばサボれる」
北上「微妙だねぇ」
提督「いや、真面目だから仕事してくれるんだよ・・・」
北上「それで?」
提督「ただ意外と脳筋なところがあってね・・・しょっちゅう書類とにらめっこしてるんだよね」
北上「あぁ・・・そんな感じ」
提督「帰ってきたときに仕事が終わってなくて若干涙目の矢矧が見たいか?」
北上「正直見たい」
提督「流石北上様」
17: 以下、
北上「ビスマルクもそんな感じになりそう」
提督「ああ、なるな」
北上「プライドがある分人に頼めないしきっといい顔するんだろうね」
提督「お前ほんといい性癖してんな」
北上「いや?照れる」
提督「じゃあそんな北上様のために詳しく説明しよう」
北上「よろしく?」
提督「『ど、どこいってたのよっ!わ、私がどんな思いで一人で・・・なんでもないわよ!』みたいな感じで涙目なの」
北上「いいですねぇ、プライドへし折りたいねぇ」
提督「ちょっと北上に恐怖を感じるよ」
18: 以下、
北上「あたしに対する恐怖は置いといて鈴谷とかは?」
提督「サボれる」
北上「ほ?、サボれるんだ」
提督「鈴谷は明石タイプで一緒に遊んじゃうタイプ」
北上「ほぅ」
提督「遊び終わった後になぜか熊野が執務室にいるので二人で謝罪することが多いな」
北上「あぁ、そういう」
提督「最近は熊野も誘って遊び始めた」
北上「仕事は?」
提督「終わってません!」
北上「残った仕事をやらされる次の人がかわいそうだよ」
19: 以下、
北上「じゃあ逆にサボった後に秘書艦になりがちなのは?」
提督「基本仕事が出来る奴にするな」
北上「まあそうだろうけど」
提督「そして優しい人」
北上「具体的に言うと?」
提督「夕張、鳳翔、妙高、古鷹、由良あたりが多いかな」
北上「駆逐艦組は?」
提督「なんか申し訳ないからできない・・・」
北上「中途半端だなぁ」
提督「あ、あと矢矧」
北上「その心は?」
提督「仕事量の多さに目を回している矢矧を見ると心が豊かになる」
北上「提督も悪よのう」
提督「北上様ほどでは」
20: 以下、
北上「じゃあ扶桑型の二人は?」
提督「扶桑はサボれない、山城はサボれる」
北上「へぇ、逆っぽいけど」
提督「扶桑は優しいから許してくれるんだけど山城が許してくれない」
北上「なるほど」
提督「その代わり自分の時にサボる分は嫌々ながらやっててくれる」
北上「あぁ?」
提督「不幸不幸言いながら仕事をしてる山城はいいぞ?」
北上「顔真っ赤にしてそうだね」
提督「まあ怒ってるだろうしなぁ」
北上「怒ってるだけじゃないと思うけどね」
21: 以下、
北上「じゃあ雲龍とかどんな感じ?」
提督「うーん、サボれない」
北上「あれ?意外」
提督「いや、サボろうと思ったことは多々ある」
北上「うん」
提督「そのタイミングで大体声をかけてくる」
北上「ほう」
提督「心を読まれてるのかと疑うよ」
北上「メンタリズム的な?」
提督「それは違うと思うけど」
北上「まあね」
提督「まあ雲龍の格好は素敵だからいいんだけどね」
北上「いいんだ」
22: 以下、
北上「じゃあ翔鶴型は?」
提督「どっちもサボれる」
北上「ほー」
提督「翔鶴はサボっても一人で終わらせる、瑞鶴は翔鶴が手伝って終わらせてくれる」
北上「翔鶴仕事しすぎでしょ」
提督「翔鶴は悦んでやってくれてるよ」
北上「字がちょっとおかしいよ提督」
提督「ちなみに瑞鶴は怒る」
北上「だろうね」
提督「それがかわいい」
北上「妹力強いよね」
提督「幼馴染力も強い」
北上「鼻っ柱へし折って泣かせたい」
提督「流石っす!」
25: 以下、
北上「じゃああたしは??」
提督「サボらないよ」
北上「ほぉ?どうして?」
提督「そりゃ俺の嫁だからな」
北上・提督「「わははははは」」
北上「サボるのはいいけど仕事しなよ、提督」
提督「そろそろ龍驤がおにおこかな?」
北上「さっさと仕事終わらせておいで?」
提督「はいよ?」
北上「仕事終わったらベッドで待ってるからね?」
提督「夜のエンジンあったまるなぁ」
北上「とりあえず阿武隈拉致して遊んでるから適当に混じって?」
提督「お前ほんと鬼畜だな、鬼嫁だ鬼嫁!」
北上「まぁいいじゃん?それに・・・」
北上「ダメ提督の手綱を握れるのはあたしだけだよ??」
艦!
26: 以下、
ネタが尽きたのでこの辺で
おまけの過去作
提督「日ごろ言えないことをあいつらに言ってやる!」
提督「龍驤さんと」
【艦これ】扶桑「山城!麻雀を打つわよ!」
【安価】扶桑「山城!アイドルになるわよ!」【艦これ】
提督「ふむ、パンツの日か・・・」
【安価】提督「添い寝屋、営業中です」
【安価】提督「添い寝屋、はじめました」
【艦これ】貞子VS伽椰子VS山城
山城「海の底から」扶桑「目蓋の裏へ」
提督「山城がグレた」
鼻水が止まらないです、風邪には気を付けましょう。
28: 以下、

続き・詳細・画像をみる


【前編】旦那と女友達の仲に疑いを持ち、その事を相談していた上司と関係を持った。私の不貞がバレて現在は家庭内別居中だが、2chで旦那の「女友達と結婚したい」という書き込みを発見

超人気声優凄えぇぇ! 当時の林原めぐみってどれくらい凄かったの?

元旦に嫁実家に寄ったら俺の母親がブチ切れた

おばあちゃん「ここはファミレスですか?」俺「いいえコンビニです」

三大入るのが無駄にしか思えない専門学校、声優、ゲーム

【朝日】単純な「答え」に群がる人々 まとめサイトだけ信じ批判

back 削除依頼&連絡先