【艦これ】大淀「甲乙丙からお選びください」back

【艦これ】大淀「甲乙丙からお選びください」


続き・詳細・画像をみる


大淀「最近逃げてないですか?」
吹雪「やけに唐突で雑なふりですね」
大淀「逃げることが悪い事とは言いませんが…逃げすぎもよくないですよ」
吹雪「でも、そんなに逃げる機会なんてないと思います」
大淀「ほら、あれ」
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1480768263
2: 以下、
提督「…」カチカチ
提督「お…?……もしかして……!?」
提督「よっしゃ!いけぇぇぇ!!!やれ!!!」
提督「上手いぞ回避!その調子だ!!!よし!よし!」カチ
提督「え?お!?お!!!??」
提督「はぁ…」カチカチカチカチ
提督「いいや、無理だわ…丙でいいよ…うん」
4: 以下、
提督「何でよりによって例えが俺なんだ」
大淀「一番身近なものでして」
吹雪「言われてみれば一番分かりやすいですね」
提督「まぁいいさ」
大淀「そう!このように世界には段階別作戦が溢れているのです!」
・東大とFラン
・手作りチョコとチロルチョコ
・提督ラブ勢とアンチ勢
・二航戦牧場と五十鈴牧場
・最高の女とその辺の女
6: 以下、
吹雪「なんだか例えが失礼な気がしますけど…」
大淀「仕方ないですね、そういう話題なので」
提督「はじめてのデートで銀ブラしたりできたらそりゃあもう甲提督だよ!」
提督「げに羨ましや世の甲提督たち!!」
・部活でキャプテンして美人マネージャーと付き合う
・持ち前の世渡り術で出世して一躍重鎮クラスに
・凄いこと言って大統領に
・高収入高身長高学歴
7: 以下、
大淀「なんだか羨ましく思ったことを列挙してるだけにも見えますね」
吹雪「そういえば逃げるが勝ちなんて言葉もありますよね」
提督「そうだよ!俺は甲から逃げたように見えて実は勝ってたんだよ!」
ゆーちゃん「ゆー、知ってる…そういうの、負け犬の遠吠えって言うこと…」
提督「言ったな!!気にしていたことを!!づけづけと!!!」
8: 以下、
ゆーちゃん「でも…いい加減敗けを認めたらいいのに、甲に挑み続ける人もいるよね…」
吹雪「あれですね!『二位じゃダメなんですか?』ってやつですね?」
提督「あれはむしろ甲から丙に落とそうとする魔の囁きだ…」
提督「男には無理だとわかっていても挑まなきゃいけないときがあるのさ…」
大淀「ちゃんと準備もしない分際でよく言えますね」
9: 以下、
吹雪「でもなんでそこまでしてこだわるんでしょうか…」
大淀「甲作戦は報酬が魅力的ですからね」
提督「15夏E7をギミック発見前に攻略すればビッグセブンとも呼ばれるさ…」
大淀「初期はあの武蔵さんが報酬だったそうですからね…」
提督「震電改…欲しいなぁ…」
10: 以下、
夕張「でもいつもそうとは限りませんよ!」
大淀「でましたねオチ要員」
提督「限らない…?そうか…?」
夕張「15春あたりの秋津洲は役だってますか?」
提督「ダイハツ積めるようになったし」
夕張「最終海域の磯風は?」
提督「ぐぬぬ…かわいいし…」
夕張「ケッコンとかリランカとか二航戦とかのあれは?」
提督「煎餅布団もらった気がするし…!」
夕張「あれほど頑張って勉強させられた英語は役だってますか?」
提督「いつか海外いくし…!」
夕張「あんなに頑張ってランカーになって、パスタ砲を貰ったときの気持ちはどうでしたか?」
提督「…!」
11: 以下、
夕張「認めましょう?努力しても無駄なことがあるんです」
提督「そんなことないもん!論破パンチ!論破パンチ!」
夕張「はい論破ガード」
提督「ちくしょう!!」
大淀「なにやってんですか」
12: 以下、
大淀「ところで提督、そろそろオチですが…甲乙丙、どれにします?」
提督「オチにも選択があるのか…?」
大淀「丙ならまぁ、爆破オチや夢オチがありますが」
提督「甲オチってなんなの」
大淀「それは自分で考えられてください」
夕張「一肌脱ぎますか?」
提督「あ…うん、じゃあそれで」
13: 以下、
提督「やめろ!それ以上難易度を下げるんじゃない!」
大淀「それ以上妥協したら五月雨様の封印が!」
夕張「五月雨様…!今参ります…!」
提督「やめろぉぉぉぉぉぉ!!!!!!!」
14: 以下、
「おはようございます!」
今日も朝が来た
毎朝私のことを起こしに来てくれるこの少女は五月雨というらしい
「朝ごはんはできていますよ!今朝はさんまの焼いたのとお豆腐のお味噌汁です!」
数日前から私はこの少女にお世話になっている
少しおてんばなところがあるが、私のことを気にかけてくれる優しいいい子だと思う
「ほら!早くしないと冷めちゃいますから!行きましょ?夕張さん!」
私はどうやら夕張という者らしくこの少女に慕われていたようだ
数日前に目が覚めたとき私のベッドに倒れかかるように寝ていた
ピンクの髪の女(後で知ったが明石というらしい)が言うには、どうやら私は戦闘で大きな損害を受けて瀕死の状態だったらしい
それを何日も寝る間も惜しんで看病してくれていたのがこの少女だという
私が目を覚ましたときに泣いて喜んでいた
明石から記憶に障害があると説明されていたときの彼女の目は、どこか悲しげに見えた
「夕張さん?」
「ごめんね?少し考え事してたの。それじゃあ行こっか」
「はい!今日のご飯は自信がありますから!楽しみにしててくださいね!」
あぁ、この笑顔だ
この笑顔を見ていると何故だか気持ちが落ち着く
知らないはずなのにどこかで知っていたような
そんな暖かい笑顔を彼女は私に振り撒いてくれる
「ありがとうね…五月雨さん…」
私は聞こえるか聞こえないかといった声量で彼女に感謝の言葉をかける
「いつか…きっと取り戻して見せますね…待っていてください…夕張さん…」
彼女は小さな声でそう呟いた
彼女は私の知らない私のことを探している
少し、寂しさを覚えた
15: 以下、
大淀「なんですかこれ」
提督「記憶喪失に関わるすれ違う恋の行方だそうだ」
大淀「急にオチを振られたからってずいぶん適当ですね」
吹雪「しれーかーん!私は何作戦ですかね?」
提督「うーん…乙?」
大淀「乙ですね」
吹雪「微妙すぎます!」
16: 以下、

17: 以下、
ゆーちゃん「ゆー…知ってる…ほんとは報酬よりも名誉よりも艦娘の安否を大事にしてるって…」
ゆーちゃん「ゆー…知ってる…甲は名誉、丙は英断だって…」
ほんとのおわり
18: 以下、
イベント終わらないです
山なしオチなし意味なし三拍子揃ったところでhtml依頼してきます
いつかオチをつけられる日は来るのだろうか
26: 以下、

続き・詳細・画像をみる


2016年の北極海の海氷面積は過去最少、夏季も2番目の小ささに。ウェザーニューズ発表

スマップ木村「なんで解散する必要があるんですか」←正論

海外で語り継がれ、そして伝説となった少年と小さな子犬の物語

【非常識】義家族と旅館に泊まったが騒ぐ義兄子達を夫も注意せず姑は「騒音を気にする方が変」と襖を開けっぱなしにして疲れた…

【速報】「スター・ウォーズ」のレイア姫役 キャリー・フィッシャーさん死去

千歌「名探偵ちかっちにお任せなのだ!!」

back 削除依頼&連絡先