美嘉「唯ってモバPさんとどこまでいってんの?」back

美嘉「唯ってモバPさんとどこまでいってんの?」


続き・詳細・画像をみる


モバマスSSになるよ
大槻唯(17)
前歯がかわいい
----------------------------------------------------------------------------
2: 以下、
[夕方 事務所]
唯「へ?どったの急に」
美嘉「べっつにー。ただなーんか、最近距離感がアヤシイなーと思って」
唯「えー?まー、そりゃもう、ゆいとPちゃんは仲良しだけど☆」
美嘉「いや、それはわかるけどさ?そうじゃなくて」
唯「?」
美嘉「ふっと視線が絡んだときのやりとりとか、なんかさー」
美嘉「こう、傍から見てると……妙に柔らかいって言うか、優しいっていうか?」
美嘉「ははーん、これはこの二人なんかあったなー?って感じなワケよ」
3: 以下、
唯「あー……マジ?そんな感じ?」
美嘉「そんな感じ。それに唯、最近はいつも事務所に居座ってんじゃん?」
唯「いつも、って程かなー。そんなことないと思うけどなー」
美嘉「うっそだー。前はお仕事終わったさっさと遊びいこーぜ!みたいなノリだったっしょ」
美嘉「それが近頃ぱったりないし、現場から直帰しないで事務所戻ってるし」
美嘉「おかげでアタシはぼっちで電車乗ること増えたし?」
唯「あはは、めんごめんご☆」
美嘉「いつも『ゆいちょっと用事ある!』じゃん。用事って何よ?」
唯「んー……ナイショ☆」
4: 以下、
美嘉「どーせPさん絡みっしょ?」
唯「えー……あー……」
唯「バレたかーっ☆」
美嘉「いや、そういうのいいから。で、いつも何してんの?」
唯「んっとねー、事務所のソファーで雑誌開いて転がって」
唯「Pちゃんがお仕事終わったらご飯連れてってもらう感じ?」
美嘉「ダウト」
唯「ホントだし!ダウトなし☆」
5: 以下、
美嘉「大人しくいい子に待ってるタチじゃないっしょ」
美嘉「絶対ゴリゴリに絡みに行ってる」
唯「……」
唯「たはーっ!バレたかーっ☆」
美嘉「はいはい。で、実際は何してんの?」
6: 以下、
唯「まーそこはさ、ほら、甘やかしてもらってるだけだって」
美嘉「ふーん。甘やかしてもらうって?何すんの?」
唯「おー?今日はなんかがっつくね美嘉ちゃんよー」
美嘉「だーって最近さ、唯めっちゃご機嫌じゃん?」
美嘉「アタシとつるまなくなってそんなに楽しいかー?こんにゃろ」
唯「あははっ、ごめんて☆」
美嘉「相当美味しい思いさせてもらってんでしょ!」
7: 以下、
美嘉「どーせまたイチャイチャしてんだろ★ どーこまでやっちゃってんのよ、吐きな★」
唯「やー……ちょっとこーゆーの話すのはなー。いくら美嘉ちゃんでもなー」
美嘉「え」
唯「?」
美嘉「えっ、何、話せないようなことしてんの?」
唯「んー、話せないというかー、ナイショというかー」
美嘉「え?えっ、え、何それ、マジ?」
美嘉「あっ、ご飯いいとこ連れてってもらってるとか?」
唯「それはあんまないなー。行くときは大体その辺のフツーごはん。ファミレスとか」
美嘉「じゃあ、え、なにしてんの」
8: 以下、
唯「えー。それ以外とかその先とか、聞かれると……ちょーっとなー」
美嘉「……は?」
美嘉「ちょ、ちょちょちょ、どゆこと?」
美嘉「待って待って、え、その先?」
唯「やー、だって、だってねー?」
美嘉「ちょっと待って、何、え!?何してんの!?」
唯「それはさ、んー、話せない系のあれこれ?」
美嘉「はぁ!?え、なにそれ!?」
9: 以下、
唯「んー、まぁなんてゆーか?」
唯「ゆいの甘々な魅力と?アピってたのが実っちゃってさ?」
美嘉「え、ちょ、聞かせて聞かせて、何、どこまでやってんの!?」
唯「んー……いい感じのとこまで☆」
美嘉「そうじゃなくて!いつから?どうやって?あ、何か食べる?アメいる?」
唯「おーっと、ちょいちょい、怖いって怖いって。美嘉ちゃんマジでウケる☆」
唯「それにほら、こゆのはファミレスで話すのもアレだしさー」
美嘉「じゃあうち来る?来るよね?来るっしょ??」
唯「えっ、ちょ、マジで怖いって……引く……」
美嘉「こ、こちとら必死なんだってば!教えて、ちょっと、マジで教えて!」
・・・
・・

10: 以下、
[夜 城ヶ崎家]
唯「ぶー。家で読みたい雑誌あったのにー」
美嘉「まあまあそう言うなって、とっておきのブランケット貸したげるから★」
唯「わーい……おー、もっふもふだ?♪」
美嘉「でしょー。あ、プリン食べる?」
唯「それはいーや、遅いし」
美嘉「それじゃ足揉もっか?それとも肩?アタシ上手いらしいよ☆」
唯「……え、なんかきしょ……」
美嘉「言うなし!」
11: 以下、
唯「あはっ、マジで必死すぎっしょ」
美嘉「うっさいなー。必死でいいから、で、どこまでやってんの?」
唯「えー。こゆのあんま話したくないんだよねー」
美嘉「大丈夫、絶対言いふらしたりしないから。任せとけって★」
唯「じゃあなんで知りたいのさ?」
美嘉「え?あー、それは、その、さ?」
唯「教えてくんなきゃ話さなーい」
美嘉「……それは、ほら」
12: 以下、
美嘉「アタシも、うちのアイツと、その、それで参考、というか」
美嘉「アタシも結構アピってるつもりだけど……結局は全然だし」
美嘉「その点、唯はそゆの上手いし、聞きやすいし」
唯「あ、そーゆーアレ?」
美嘉「……うん」
唯「なーんだ!最初っからそう言えよー☆」
美嘉「うっさいなー……アタシだって言いづらいんだから」
唯「あはは、ま、そだけどさ。そっかそっか、うん、美嘉ちゃんもそれかー」
13: 以下、
唯「それならアレだね、埼玉ギャルズとして団結しなきゃね☆」
美嘉「で、何、どこまでやったの、いつ?どうやって?」
唯「えーっとねー、んー、まあゆいとPちゃんは結構ずっと仲良しだったしなー」
美嘉「でも何かあるような仲じゃなかったっしょ?」
唯「そうなんだよねー。PちゃんもPちゃんで、なんつーかなー」
唯「あー、ちなったんは『愛犬みたいな扱い』って言ってたな」
美嘉「ぷっ」
唯「あー!笑うなし!」
美嘉「ご、ごめん、え、なにそれウケるんだけど、愛犬?」
唯「そー……めっちゃ可愛がってくれるし甘やかしてくれるけど」
唯「抱き付いたりしてアピっても『おー、よしよし』みたいな?」
14: 以下、
美嘉「あー、なんかわかるなーそれ」
美嘉「立場あれこれ以上に、女として見てくれないよね」
唯「そう!そーなんだよなー」
美嘉「仕事以外では結局子供扱いされんの」
唯「それなー。好きーっ!って言ってもなんか軽く流されちゃってさ」
唯「はいはい可愛いかよ?って感じのこと言われて終わっちゃうの」
美嘉「アタシもそんな感じ……で、唯はどうやったの?」
15: 以下、
美嘉「やっぱアレ?色気出してって女の武器で勝負?」
美嘉「ガッと押し倒したり……はないかー、流石に。あはは」
唯「や、最終的にはソレだったけど」
美嘉「……」
美嘉「…………」
美嘉「………………」
美嘉「………………え?」
唯「あ、正確には引き倒した、かも?ゆいが下でPちゃんが上で」
美嘉「え!?えっ、ちょっと待って、ちょ、ちょ」
16: 以下、
美嘉「つまりそれって、アレ?」
美嘉「……キスしちゃった☆ とかいうオチじゃないよね?」
唯「キス、うん、まあ、それもしたけど」
美嘉「あ、うん、そうだよね、そりゃ、うん」
美嘉「その……やることやっちゃった感じ?」
唯「……うん。まあ、やっちった」
美嘉「一線超えた」
唯「……超えた」
唯「って、あーもーなんだこれ!照れるなー☆」
17: 以下、
美嘉「…………」
美嘉「……え、まじ」
美嘉「え、そこまで?ちょ、ちょちょ」
美嘉「こ、これアタシ以外の誰かに話した?」
唯「や、それは流石にないし」
美嘉「わかった、うん、アタシも絶対口外しないから」
唯「おう☆」
美嘉「だから安心して全部話して。全部。詳しく」
唯「お、おう?」
18: 以下、
美嘉「よし。で、どうやったの?いつ?毎日事務所戻って何してたの?」
唯「え、えーっと、あーっと、や、美嘉ちゃんこえーよ」
美嘉「うん、じゃあ一個ずつね」
唯「えー、あー……や、なんか恥ずいなー……」
美嘉「うん、うん、プリン食べる?話そ?」
唯「や、プリンはいいし……てか、やっぱ話すのキツいってこれ」
美嘉「お願い!アタシもなんか進展あったら報告するから!」
唯「いやー……えー……」
美嘉「お願いっ!この通り!」
唯「マジ、もー……」
19: 以下、
唯「しょーがないなー……」
美嘉「っしゃ★ さっすが唯★」
美嘉「で、で?どうやってそこまでいったの?」
美嘉「やっぱ、なんか急接近しちゃうハプニングがあったとか?」
唯「んー、急接近っ!って感じじゃなかったんだよね」
美嘉「じゃあ何、自然な流れで、って感じ?」
唯「てよりも、もうちょっとジワジワ仕掛けていった系?」
美嘉「え?全然唯のキャラじゃないじゃん」
唯「そーなんだけどさ?でもオトすには手段は選んでらんないし」
美嘉「……あ、うん、確かに。オトす。うん、なるほど」
20: 以下、
美嘉「で、ジワジワって?何したのさ」
唯「一日一回、感謝のハグ☆」
美嘉「……抱きついてたの?」
唯「ま、そゆこと」
美嘉「怒られるっしょ」
唯「んー、ちゃんとキッカケあったからねー」
唯「なんか街でフリーハグ?やってる人見かけてさ」
唯「ゆいが何あれ意味わかんないって言ってたら、Pちゃんが説明してくれて」
唯「打算のないスキンシップがなんとか?って。で、そいじゃゆいたちもハグすっかー、みたいな?」
美嘉「相変わらずノリだけで生きてんなー……」
21: 以下、
唯「最初はPちゃんも渋々でさー。ちょこちょこ怒られたなー」
美嘉「そりゃそうでしょ」
唯「『まーたハグしにきたのか』みたいな感じでさ」
美嘉「え、でもそれが上手くいったんでしょ?」
唯「うん。えっへへー」
美嘉「どうやったの?」
唯「んー、ちゃんとPちゃんの言うことは守って」
唯「ハグは一日一回、一回三秒まで!」
美嘉「なんだそれ」
22: 以下、
唯「でも毎日してるとそれが当たり前というか、習慣になってくわけじゃん?」
美嘉「毎日……あー、それで毎日事務所に戻ってたワケ?」
唯「そゆこと!」
唯「で、慣れてきたらハグ以外にもオマケつけられるようになってきて」
美嘉「オマケ?」
唯「ハグしてる間にいろいろ話すようになったり、逆にPちゃんからハグしてくれるようになったり」
23: 以下、
唯「そすると、ゆいが絡んでるだけじゃなくて、お互いほっこりしてくんじゃん?」
美嘉「おー……」
唯「ハグしてるときも、なんか雰囲気とか甘々な感じになってきてさ」
唯「気がついたらもう三秒ルールもなくなってたし?」
美嘉「おおー……ジワジワ系じゃん」
唯「でしょ!」
24: 以下、
唯「そっからはハードルめっちゃ超えやすくなったなー」
美嘉「ハードルって?どんな?」
唯「長めにハグしたりー、あとは手つないだり」
美嘉「うん、うん」
唯「最後の方はゆいが横になってるとこにハグしてもらって、ちょっとエロい空気なったり」
美嘉「え、なにそれ。どゆこと?」
唯「なんかPちゃんが全然仕事終わんない日あってさ?」
美嘉「うん。うん」
25: 以下、
唯「ゆいはソファで待ってたんだけどね」
唯「Pちゃんが仕事終わって、そういうときは待たないで帰れよーみたいなこと言うわけじゃん」
美嘉「うん」
唯「『でも今日のハグまだしてなーい』って返したら、そんなに大切なことじゃないだろ的なこと言われちゃってさ」
唯「でもゆい的には大切なことだし、Pちゃんが疲れてるときこそハグしてあげたいーって言ったら」
唯「Pちゃんったらもう真っ赤になってんの!ちょーかわいくてさー」
美嘉「いや、アンタ健気すぎっしょ……そりゃ落ちるわ」
唯「そっかな?へっへー、照れんなー☆」
美嘉「それ、本音?」
唯「へ?」
美嘉「疲れてるときこそハグしてあげたい、って」
唯「本音に決まってんじゃん☆ ゆい、Pちゃんのこと大好きだし☆」
美嘉「……アンタもいい子だなー」
26: 以下、
美嘉「で、で?エロい空気になったって、どうなったの?」
唯「……」
美嘉「……いや、何その目」
美嘉「気になるんだって!いいじゃん!」
唯「美嘉ちゃんってば、むっつりさんだな☆」
美嘉「……ああもう、むっつりさんでもいいから!」
美嘉「で、何、何したのさ」
28: 以下、
唯「んとね、それでPちゃんにありがとうとかごめんな的なこと言われて」
唯「ソファで横になったまま『お詫びにハグちょーだーい』ってやったら」
唯「Pちゃんがこう、上から被さる感じでハグしてくれて」
美嘉(上から)
美嘉(……被さる)
美嘉(…………)
美嘉「け、結構がっつり?」
唯「全力!ぎゅーっと☆」
美嘉(え、何それ、ヤバ……)
29: 以下、
唯「それで『これ押し倒されてるみたーい!』って言ったら、Pちゃんめっちゃ照れちゃって」
唯「実際さ、普通にハグしてるよりもなんか意識しちゃうというか」
唯「温度とか感触とか匂いとか、超気になっちゃうし」
唯「やー……アレはヤバいくらいドキドキした☆ 心臓飛び出ちゃうかと思ったもん」
美嘉「…………」
唯「……あれ?どったの?」
美嘉「なんか……想像するだけで、うん、ヤバい」
唯「……たはは」
30: 以下、
美嘉「てか唯もホントよくそこまで攻めんねー。アタシだったら途中でヤケになっちゃうな」
唯「そこもちょっと慣れがあったかなー」
唯「ほら、ゆいも最初は無理無理!って感じだったし」
美嘉「そうなの?」
唯「うん。ハグするだけでいっぱいいっぱい」
唯「でもなんか、徐々にもうちょっといけんじゃん?的な?」
美嘉「はー……アタシもそんくらい体張らないとかなー」
唯「そーそー☆ てか、体張ったら美嘉ちゃんのがポイント高いっしょ」
美嘉「唯のがスタイルいいじゃん」
唯「そーかもだけどさ?ゆいは普段から結構グイグイからかってたし」
唯「その辺、普段は変なことしない子がグッと攻める方が効くと思うよ?」
美嘉「うーん……結構攻めるとこは攻めてるつもりなんだけどなー」
31: 以下、
唯「もっとあからさまに『今攻めてんだぞー、わかってるかー』みたいな空気出してみるとか」
美嘉「難しいこと言うなー」
唯「ま、その辺はさ、なんか『今じゃね?』って感じのタイミングあるって、そのうち」
唯「ゆいも最初はここまで上手くいくとは思ってなかったし、なんだかんだジワジワだったし?」
美嘉「でも最終的にはその『今じゃね?』ってタイミングで押し倒したんでしょ?」
唯「…………うん、まあ」
美嘉「そこ聞かせて、詳しく、なるべく詳しく」
唯「う……さすがに恥ずい……」
32: 以下、
美嘉「いつ?」
唯「……先々週」
美嘉「割と最近じゃん……え、どこで?」
唯「や、えと……それがさ、ホントはちゃんとしたとこ行きたかったんだけど」
唯「もうさ、完全にそういう空気だったし、どっか別のとこでって感じじゃなくて」
美嘉「……え?え、つまりちゃんとしてないとこでしたの!?何それ、外とか!?」
唯「は?外って、え、マジでありえないし」
美嘉「…………あ、うん。そ、そだね、じゃアレ?車の中とか?」
唯「車って、それもほぼ外じゃん……」
美嘉「あ……た、確かにそうだけど」
33: 以下、
美嘉「……え、事務所?」
唯「……」
美嘉「……え!?マジで事務所でしたの!?」
唯「……うん、その、流れで、的な?」
美嘉「……ソファ?」
唯「……うん」
美嘉「マジ!?ちょ、もう絶対あそこ座れないじゃん!!」
唯「ちゃ、ちゃんと掃除したし!」
唯「てかそんな汚してないし!志乃さんがゲロ吐いたときより全然マシだし」
美嘉「いや、掃除すんの当たり前っしょ!」
34: 以下、
美嘉「ま、それはいーや……で、そういう空気になっちゃった、って?」
唯「う゛ー……なんかさ、こう、ちょっとイチャイチャしてて」
美嘉「そこ端折んなって!ほら、詳しく、詳しく!」
唯「……ソファでPちゃんの隣座って、仕事終わるの待ってたんだけどさ」
唯「ゆい、寝落ちしちゃって、こう、Pちゃんの肩にぐだーって」
美嘉「肩枕」
唯「そそ。それで起きたら、Pちゃんが毛布かけてくれててね」
35: 以下、
唯「お仕事終わってたのにゆい起こさないで、逆にゆいに寄りかかってまったりしちゃってて」
唯「なんかさ、わーって、ヤバいめっちゃ幸せーって感じになっちゃってさ?」
美嘉「えー……そんなん嬉しいの?」
唯「だってさ、ドキドキさせんのは頑張ればできるじゃん」
唯「でも、隙だらけで甘えてくれんのはさ」
唯「こう……いい感じになってないとないじゃん?」
美嘉「あー……なるほどなー……」
36: 以下、
唯「それでさ、そゆこと考えてたらめっちゃアガっちゃって」
唯「勢いでハグしたらPちゃんもぎゅーってしてくれて」
唯「でもPちゃんの顔見たかったから、ゆいから離れちゃって……そ、そしたら、さ?」
美嘉「うん」
唯「目が合って、ちょっと『あっ』みたいな感じになって」
唯「なんか……なんとなーく、そのとき、かな」
美嘉「……そのとき、って、え、何が?」
唯「その……『今じゃね』って。これって、そういう雰囲気だなーって」
美嘉「……そゆのってわかるもんなの?」
唯「わかるというか……これ拒否られないなー、完全に受け入れられてんなーって感じ」
美嘉「受け入れられて……うん、なるほど……」
37: 以下、
美嘉「じゃ、じゃあアレ?押し倒したって、その、無理 矢理ってワケじゃないんだ?」
唯「や、無理 矢理ってそれ最悪っしょ」
美嘉「……フツーにした感じ?」
唯「うん、まあ。普通」
美嘉「ゴム使った?」
唯「あ、当たり前じゃん」
美嘉「あ、あはは、そりゃーね★」
唯「……や、美嘉ちゃんさ、マジであんま変なことしないほうがいーよ?」
美嘉「あ、アタシのことは今はいいから!」
美嘉「で、で!唯の話、続き!押し倒したとこ!」
38: 以下、
唯「んー……だから、押し倒したわけじゃなくて」
美嘉「じゃ、どうしたの!」
唯「こう、Pちゃんの隣で寝転がって、『ハグちょーだい』って言ったら、さ」
唯「『寝転がっては駄目』って言うから、だから、その」
唯「『いーじゃん☆』って、手握って、その……ゆいの上に引き倒した」
美嘉「引き倒した」
唯「そ、そしたら、Pちゃんがこう、ゆっくり、ゆいに体重乗せてきて、覆い被さって」
唯「そっからえっと、なんかさ、まあ、自然な流れ?」
美嘉「キスして触って、みたいな?」
唯「そ、そ、そんな感じ!あとは説明しなくても大体わかるっしょ!」
39: 以下、
美嘉「……個人的なイメージなんだけどさ」
唯「うん?」
美嘉「唯ってめっちゃキスすんの好きそう」
唯「…………」
美嘉「……どう?」
唯「え、何、それゆい答えんの!?」
美嘉「うん」
唯「う……ある、かも」
美嘉「でしょ」
唯「そのときも気がついたら口の周りとか、ベトベトだったし」
唯「その……してる最中も、キスしすぎでやりづらいって、Pちゃんに言われたし」
美嘉「…………え、あっ、そ、そうなんだ。へー」
唯「って、あーもー何言わせんだー!やめやめ!」
40: 以下、
美嘉「で」
唯「うん?」
美嘉「……ど、どうだった?」
唯「何が?」
美嘉「その……最後までしたんでしょ?」
唯「ちょ、だからやめれって、マジで勘弁してよ」
美嘉「こ、これで最後だから!」
41: 以下、
唯「……なんかね」
美嘉「……うん」
唯「ほんと、なんもわかんなかった」
美嘉「えー……」
唯「だ、だってさ、場所が場所だし」
唯「その……いざとなったらいっぱいいっぱいだったし」
唯「頭も体もなんか、どろどろでぐちゃぐちゃで」
唯「でも、なんか、ね?」
美嘉「……うん?」
唯「超、幸せだった」
美嘉「……」
42: 以下、
唯「Pちゃんがめっちゃ近くにいて、いくらでも優しくしてくれて」
唯「この人のこと、好きになれてよかったーって、ずっと好きでいたいなーって」
唯「……思った」
美嘉「……」
美嘉「……あ゛ー!」ボフン
唯「なにさー」
美嘉「羨ましい。めっちゃ羨ましい」
唯「えへへ……」
43: 以下、
美嘉「で、その後ってどうすることにしたの?」
唯「へ?」
美嘉「関係、いろいろと複雑じゃん。立場あるし」
唯「えっと、とりあえずもう事務所でするのはやめようってことで☆」
美嘉「当たり前」
唯「あとは、まあ……基本、今までと変わらず?」
美嘉「変わらずって?」
唯「テキトーにご飯行ったり、遊びくらいはOK、みたいな」
唯「その……それ以上はおあずけ」
45: 以下、
美嘉「それ以上って、厳密にはどこまで?」
唯「……キス以上?」
美嘉「え、許容範囲広すぎっしょ……」
唯「や、要はちゃんと節度は守ってさ、変なことにならないようにってコト!」
美嘉「大丈夫なの?それ」
唯「あはは……頑張るって☆」
美嘉「はー……『楽しくなきゃダメ☆』で変なことすんなよー?」
唯「だいじょぶだって。そこはPちゃん第一でいくし☆」
唯「Pちゃんと会えなくなったら、全部台無しだもん」
唯「Pちゃんも、その辺はテキトーに甘やかしてくれると思うし。上手くやるよ☆」
美嘉「……ホント、どんだけ惚れてんのさ」
唯「えへへ」
46: 以下、
唯「よーし!そいじゃ、次は美嘉ちゃんの番だな☆」
美嘉「え?アタシの番って?」
唯「なんかあったら報告してくれるっつったじゃん」
美嘉「え、あー、うん。するする」
唯「でもなんか作戦立てないと、なんも起こんないっしょ?」
美嘉「……え、や、アタシはそゆのはいいって」
唯「よくない!なんだっけ、来週?アメリカ行くんでしょ?」
美嘉「行くけど……でもそれは」
唯「ホテル泊まんじゃん?めっちゃチャンスっしょ!」
美嘉「い゛っ、え、あ、そ、そうだけど」
唯「じゃあさ、思い切ってさ……」
・・・
・・

47: 以下、
[しばらく後 事務所]
唯「?♪」
唯「ね、ね、ちっひー、そろそろ美嘉ちゃんの飛行機着いてる頃?」
ちひろ「えっと……あ、そうですね。17時に成田着です」
唯「おっしゃー☆ それじゃ、早連絡してみよーっと」
唯「えっと、『作戦どーだった?』、っと」
48: 以下、
唯「……」
ピロン
唯「お、返事早いじゃ……ん……」
『ゴムわされた。やばあ』
唯「……」
唯「…………」
唯「?」
49: 以下、
  ̄ ̄ ̄二二ニ=-
'''''""" ̄ ̄
   -=ニニニニ=-
        /⌒ヽ _,,-''"
        _ ,(^ω^ ) ,-''"; ;,
            / ,_O_,,-''"'; ', :' ;; ;,'
      (.゙ー'''", ;,; ' ; ;; ': ,'
      _,,-','", ;: ' ; :, ': ,: :' ┼ヽ  -|r‐、. レ |
      _,,-','", ;: ' ; :, ': ,: :'  d⌒) ./| _ノ  __ノ
54: 以下、

>『ゴムわされた。やばあ』
何かの暗号なのか…(すっとぼけ)
59: 以下、
美嘉姉...生っすか
元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1481649054/
遊聖天使プリマヴェールDrei ダークミッション【予約特典:ダークミッション ミニサウンドトラックCD付き】
エスクード エスクード 2016-12-22
Amazonで詳しく見る
関連記事
- 東郷あい「あちらを立てればこちらが立たず」
- 乃々「机の陰からこんばんは」
- 春香「シャイニーフェスタの新しい遊び方かぁ」
- 凛「あれ、プロデューサー、そのマフラー……」
- モバP「日常の一コマ」
- P「アイドルは衰退しました」
- モバP「4262953103」 ちひろ「は?」
- 早苗「プロデューサーと飲みに行くことにした」
- 春香「あははは!ね、雪歩と真もそう思うよね!」
- 森久保乃々「あなたの瞳を」
- 浜口あやめ「闇狩り」【R18】
- みりあ「あ、美嘉ちゃんが母性を求める表情してるーっ!」
- モバP「だりーなとキス。略して―――だりキス」
- 池袋晶葉「出来たぞ!一瞬だけ難聴になる薬だ!」
- 佐久間まゆ「まゆ会議ですよぉ」
Amazonの新着おすすめ
干物妹!うまるちゃん うまるが家でかぶってるアレ [公式]
ぱこたて! 性交率0%の鉄壁美処女VS性交率100%の変態家庭教師 (真激COMICS)
PlayStation 4 ジェット・ブラック (CUH-1200AB01)
終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?#03【電子特別版】
Fate/stay night [Unlimited Blade Works] Blu-ray Disc Box ?【完全生産限定版】
ARIA The ANIMATION Blu-ray BOX
PGユニコーンガンダム用 LEDユニット [RX-0シリーズ兼用] (機動戦士ガンダムUC)
おすすめサイトの最新記事
アイドルマスターSS コメント:0 
コメント一覧
コメントの投稿
名前:
コメント:
月間人気ページランキング
【ランキングをもっとみる】 【全記事表示する】
-->
- 足須「先生!! DOAX3なんてやってる場合ですか!!」愛徒「で、でもぉ???!!」
- 森久保乃々「おおごえあれるぎぃ……」
≪ PREV | トップページ | 全記事一覧(,,゚Д゚) | NEXT ≫
ランダム記事ボタン
ピックアップ
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか Blu-ray BOX(OVA付き)(初回仕様版)
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか OVA(初回仕様版) 【Blu-ray】
最新記事
- 結城晴「モバマス風シンデレラ」
- 足須「先生!! DOAX3なんてやってる場合ですか!!」愛徒「で、でもぉ???!!」
- 美嘉「唯ってモバPさんとどこまでいってんの?」
- 森久保乃々「おおごえあれるぎぃ……」
- モバP「ウチの飛鳥は口が寂しい」
- みほ「抜き打ちテスト?」
- モバP「わひゃはははははははははははwwwwwww」(閲覧注意)
- 十時愛梨「ずっと好き。ずうっと大好き」
- 【ガルパン】みほ「沙織さんVS宇津木さん?」
- 凛「わ」ありす「い」奈緒「だ」加蓮「ん」
- 男「ことわざって結構怖いよな」友「なんで?」
- 提督「伊58の天国と地獄」
- 【ペルソナ5 新島真SS】目映い影
- 【モバマスSS】アカギみりあ「死ねば助かるのに…」
- 【艦これ】時雨「ありがとう。そして、また明日。」
週間人気記事ランキング
【全ランキングを表示】
最新
禁書目録SS
Fate SS
アイドルマスターSS
艦これSS
俺ガイルSS
エヴァンゲリオンSS
まどか☆マギカSS
シュタインズゲートSS
けいおん!SS
涼宮ハルヒのSS
ポケモンSS
その他二次創作SS
オリジナルSS
姉兄妹弟SS
魔王・勇者SS
( ^ω^)(´・ω・`)('A`)
ホライゾーンSS
SS以外
月間!人気SS
このブログについて
ホライゾーン
作者別SSまとめ
長編・シリーズまとめ
ニューリリース
ソードアート・オンライン Blu-ray Disc BOX(完全生産限定版)
PERSONA5 The Animation - THE DAY BREAKERS -(完全生産限定版) [Blu-ray]
PINKERTON 秋窓蛍 illustration by モノリノ 1/6 完成品フィギュア
人喰いの大鷲トリコ 初回限定版 【早期購入特典】「ミニサウンドトラック」付き
モンスターハンターダブルクロス【初回封入特典版】
手品先輩(2)
figma 艦隊これくしょん ‐艦これ‐ Iowa ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア
Re:ゼロから始める異世界生活 7 [Blu-ray]
Re:ゼロから始める異世界生活11 (MF文庫J)
悪女考察 (WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL)
新刊ピックアップ
ホビー
ゲーム
アニメ
ブログあれこれ
・まとめ依頼はこちら!
みんなのいちおし!SS
よく耳にするとか、印象的なSS集ダンテ「学園都市か」"楽しすぎて狂っちまいそうだ!"
一方通行「なンでも屋さンでェす」可愛い一方通行をたくさん見よう
インデックス「ご飯くれるとうれしいな」一方通行「あァ?」"一方禁書"凄まじいクオリティ
フレンダ「麦野は今、恋をしているんだね」通称"麦恋"、有名なSS
キャーリサ「家出してきたし」上条「帰って下さい」珍しい魔術側メイン、見るといーの!
垣根「初春飾利…かぁ…」新ジャンル定温物質ウヒョオオ!!
美琴「……レベル5になった時の話ねえ………どうだったかしら」御坂美琴のレベル5に至る努力の経緯
上条「食蜂って可愛いよな」御坂「え?」ストレートに上食。読めて良かった
一方通行「もっと面白い事してモリモリ盛り上がろォぜ」こんなキャラが強い作者は初めて見た
美琴「週末は アイツの部屋で しっぽりと」超かみことを見てみんなで悶えましょう
ミサカ「たまにはMNWを使って親孝行しようぜ」御坂美琴のDNAは究極に可愛くて凄い
番外個体「  」番外通行SSの原点かな?
佐天「対象のアナルを敏感にする能力か……」ス、スタイリッシュアクションだった!
麦野「どうにかして浜面と付き合いたい」レベル5で楽しくやっていく
ミサカ「俺らのこと見分けつく奴なんていんの?」蒼の伝道師によるドタバタラブコメディ
一方通行「あァ!? 意味分からねェことほざいてンじゃねェ!!」黄泉川ァアアアアアアアアアア!!
さやか「さやかちゃんイージーモード」オナ禁中のリビドーで書かれた傑作
まどかパパ「百合少女はいいものだ……」君の心は百合ントロピーを凌駕した!
澪「徘徊後ティータイム」静かな夜の雰囲気が癖になるよね
とある暗部の軽音少女(バンドガールズ)【禁書×けいおん!】舞台は禁書、主役は放課後ティータイム
ルカ子「きょ、凶真さん……白いおしっこが出たんです」岡部「」これは無理だろ(抗う事が)
岡部「フゥーハッハッハッハ!」 しんのすけ「わっはっはっはっは!」ゲェーッハッハッハッハ!
紅莉栖「とある助手の1日ヽ(*゚д゚)ノ 」全編AAで構成。か、可愛い……
岡部「まゆりいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!」SUGEEEEEEEEEEEEEEEEE!!
遊星「またD-ホイールでオナニーしてしまった」……サティスファクション!!
遊星「どんなカードにも使い方はあるんだ」龍亞「本当に?」パワーカードだけがデュエルじゃないさ
ヲタ「初音ミクを嫁にしてみた」ただでさえ天使のミクが感情という翼を
アカギ「ククク・・・残念、きあいパンチだ」小僧・・・!
クラウド「……臭かったんだ」ライトニングさんのことかああああ!!
ハーマイオニー「大理石で柔道はマジやばい」ビターンビターン!wwwww
僧侶「ひのきのぼう……?」話題作
勇者「旅の間の性欲処理ってどうしたらいいんだろ……」いつまでも 使える 読めるSS
肛門「あの子だけずるい・・・・・・・・・・」まさにVIPの天才って感じだった
男「男同士の語らいでもしようじゃないか」女「何故私とするのだ」壁ドンが木霊するSS
ゾンビ「おおおおお・・・お?あれ?アレ?人間いなくね?」読み返したくなるほどの良作
犬「やべえwwwwwwなにあいつwwww」ライオン「……」面白いしかっこいいし可愛いし!
最新
逆アクセスランキング
最新コメント

----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
ななし:【ガルパン】みほ「沙織さんVS宇津木さん?」
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------


続き・詳細・画像をみる


「あのヤローどこ行きやがった!」「あぶねー!!」

【画像】 那覇市の職員が公務員として一線を越えていると話題に

【悲報】中国の大気汚染PM2.5がいよいよヤバイ!! 日本に飛来か

【画像】アメ村に窪塚洋介出現wwwこれはオーラが違いますわ

iOS「スーパーマリオラン」配信4日で全世界4000万DLを達成!

ドライヤーの冷たい風の意味wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

割とマジで政府は「独身税」を徴収すべきやと思うわ・・・・・・

犬好きと猫好きを比較した結果wwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

【画像】彡(゚)(゚)「ムスッコにGBAのソフト買ったろ!」

【閲覧注意】娘が死んだ。それも信じられない死に方で

上司に「お前」と呼ばれるのが嫌でたまらない! 彼氏でも許せず「キレて捨ててやったわ」

捨て猫なんて見たことないよ!ほんとに捨ててあるの?

back 過去ログ 削除依頼&連絡先