【艦これ】村雨「提督ー!ドッジボールしましょー!」back

【艦これ】村雨「提督ー!ドッジボールしましょー!」


続き・詳細・画像をみる


- 執務室 -
提督「なんだなんだ村雨、休憩から戻っていきなり」
村雨「これから白露型のみんなとドッジボールをして遊ぶんですけど?」
村雨「あと一人いると5vs5でいい感じになるのよね?」
村雨「そこで、提督も一緒にどう?って話よ」
提督「はあ…」
--
・最後まで一気に投下します
※前作
【艦これ】村雨「村雨の素敵な一日、見せたげる♪」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1468830659/
今回のお話と設定は同じですが、読んでいなくても特に支障はありません。もしよかったらどうぞ!
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1477812011
2: 以下、
提督「……」
提督「ん?、残念ながら今日は仕事が多くてな?」
村雨「そ?んなことないでしょっ」
村雨「昨日でやっと8月のマレー沖海戦に関する報告を終わらせて、まったりしてるところじゃないですか」
村雨「秘書艦の村雨にそんな言い訳、通用しませんよ?」
提督「……」
提督「ぐぁー!急にお腹が痛くなっ……がはぁっ!!」バタッ
村雨「痛いの痛いの、遠く海の底にいる深海棲艦にとんでけ?!」キラキラー
村雨「はい、治りました」
提督「……」ムクリッ
3: 以下、
提督「……」
提督「どうしてもやらなきゃダメ?」
村雨「いや用事とかあるなら仕方ないですけど…」
村雨「これから何かする事でもあるんですか?」
提督「ダラダラする」
村雨「でしょー!」
村雨「だったら一緒に遊びましょうよ?!ほらっ、スポーツの秋って言うじゃない!?」
提督「ん??」
村雨「提督も一緒だとみんな喜ぶと思うけどな?」
提督「ん??、遊ぶのはいいが体を動かすのはちょっと気が乗らないかな?」
村雨「……」
村雨「ふふふっ……じゃ?あ?」
提督「ん?」
村雨「運動をして汗をかいた後のお風呂、村雨が一緒に入ってあげてもいいですよ??」ニコッ
キラーン!
提督「フッフッフッ…!」
提督「小学生時代、『回避の鬼』と呼ばれたこの俺に勝てるかな……!?」
提督「お前達が放つボールなど、砲撃をかいくぐる駆逐艦のようにひらりとかわして見せよう!」ドンッ!
村雨「はい!決まりねっ!」
提督(いやぁー!村雨と一緒にお風呂かー!ケッコンしてから何度かあったけど久しぶりだなー!)ムフフ
提督「よーし!行くぞ村雨!この俺についてこーい!!」バッ
村雨「待って待って!運動するんだから動きやすい格好に着替えて!」
提督「おっと、そうだな」
村雨「村雨はちょっと準備があるから先に行ってますね」
村雨「あっ場所はグラウンドね。行けばわかると思うわ」
提督「ほ?い」
4: 以下、
- 鎮守府グラウンド -
提督「んー……」トコトコ
提督「お、あれだな」



提督「えっ……!?」
時雨&夕立「…………」(二人で黙々とストレッチ)
海風&江風「…………」(二人で黙々とストレッチ)
春雨&五月雨&涼風「エイッ!……エイッ!……」(三人で投球フォームをチェック)
白露&村雨「ウンウン……」(それを見て頷く二人)
提督(何だこの緊張感は……ドッジボールで和気藹々と遊ぶんじゃないのかよ!?)
村雨「あっ!提督?!こっちこっち?!」
提督(村雨ちょっと…)テマネキー
村雨「?」
5: 以下、
村雨「どうしたの?」
提督「あのさ……なんか雰囲気おかしくない?」
提督「みんなこれから海域の最深部に突入するかのような面持ちだぞ?」
村雨「えぇ?そうかしら?」
村雨「……」チラッ
村雨「あぁ?、多分夕食の事ね」
提督「夕食?」
村雨「今日の夕食はみんな揃って間宮食堂!って決まってたんだけど」
村雨「ついさっき、負けたチームは勝ったチームにその夕食を奢るってことになったの」
提督「なるほど…それでみんな燃えてるのね…」
村雨「ふふふ…さあ行きましょ、提督!」
6: 以下、
夕立「わ?い!提督さんだー!」
春雨「こんにちは、司令官」
白露「提督ー!おいっす!」ビシッ
提督「おいっす?」
時雨「よく来たね提督。めんどくさがって断ると思ってたよ」
提督「困っているお前達の誘いを断るワケないだろ?」
提督「提督として当然の事をしているだけさ」フッ
江風「ンな事言っちゃって?!村雨の姉貴にうまく言いくるめられただけなんじゃねぇの??」
提督(ギクッ!)
江風「おっ図星かい?」
海風「江風っ!」
江風「きひひー!」
夕立「提督さん、嘘つきっぽ?い!」
白露「変にカッコつけるとこあるからね?」
提督「違う!それは断じて違うぞっ!」
海風「提督…すみません…」
提督「いやいいんだ…気にするな……」
村雨「そっそろそろ始めるわよ!?提督は早く準備運動済ませて!」
提督「あいよ」
7: 以下、
村雨「はいはーい!チーム決めるからみんな集まって?!」
ゾロゾロ
涼風「んで、どうやって決めるんだぁ?」
提督「グーパーでいいんじゃないか?」
村雨「五月雨がくじを作ってくれてるみたいよ」
五月雨「はいっ!こっちの方がドキドキ感があっていいかなと!」
白露「それじゃあみんな、引いていこ?!」
一同「は??い」
白露「いっちばんはあたしだけどね?!」ヒョイッ!
夕立「あっ!ずるいっぽ?い!」
白露「ふっふー、早い者勝ちだよ?!」
8: 以下、
白露「はぁーい!Aチームの娘はこっちね?」
村雨「じゃあBチームはあっちね」
時雨「メンバーの顔合わせと作戦会議だね」
ガヤガヤ ゾロゾロ
- Aチーム・顔合わせ -
夕立「わーい!お姉ちゃんと一緒っぽ?い!」
五月雨「あ!涼風もこっちなの?」
涼風「おうよ!あたいがいれば勝ったも同然だねぇ!」
海風「あ、あの…みなさんよろしくお願いします…」
白露「うん!よろしくね、海風!」
夕立「期待してるっぽい!」
海風「はいっ、頑張ります!」
- Bチーム・顔合わせ -
村雨「おっ春雨と一緒ね!やったぁ♪」顔スリスリ
春雨「は、恥ずかしいです…村雨姉さん…」
提督「……時雨、俺と一緒で嬉しいだろ?顔スリスリしても構わないぞ?」
時雨「君は何を言ってるんだい?」
江風「えぇ?!?提督と一緒のチームなンかよぉー!」
提督「お、江風でもいいぞ?ほれほれっ」
江風「アホかぁ!」
9: 以下、
- Aチーム・作戦会議 -
夕立「作戦なんかいらないっぽい!」
夕立「ボールを持ったら相手にぶつける!これで良し!」バーン!
五月雨「シンプル・イズ・ベストですね!」
涼風「がってんだ!涼風の本気、見せたげるぅ!」
海風「提督がどういう作戦を立てるか、気になりますね…」
白露「確かに…。普段から艦隊を指揮してるし、こういうのは慣れてそうだね」
海風「江風…変な事やらされたりしなきゃいいけど…」
白露「えぇ?!?そういう心配ぃ?!?」
涼風「てやんでぇー!江風姉に何かあっても、海風姉にはこの涼風がついてるぜぇー!」
海風「涼風…!」ギュー
五月雨「何なんですかこれ…」
白露「さぁ……」
10: 以下、
- Bチーム・作戦会議 -
時雨「提督、何かいい作戦あるかい?」
提督「ん?……」
提督「まず最初の外野って一人?復活はあるのか?」
春雨「一人ですけど、復活はなしですね」
提督「ふむ…。はいっ!やりたい人挙手!」
シーン
提督「まぁいないなら俺でもいいけど」
村雨「えー提督は内野がいいな?」
提督「どして?」
村雨「なんか面白そう」
時雨「たしかに」
春雨「ふふふ…」
提督「俺は見世物かい…?」
江風「おいおい大丈夫かよぉ??今日の夕飯がかかってるンだぞ!」
11: 以下、
提督「おっ江風やってくれるのか?」
江風「なんでそうなるンだよっ!」
村雨「村雨も江風にやってほしいなぁ?♪」(おねだり目線) キラキラ
時雨「僕からも頼むよ」キラキラ
春雨「わ、私からも……///」キラキラ
江風「うっ……」
江風「わーかったよ?、姉貴達が言うなら…しゃあねェな…」
提督「悪いな、江風。でも真面目な話、外野って結構動き回って大変なイメージあるから」
提督「一番若くて元気な江風が適任なんじゃないかと思ったり」
江風「おうよ!こうなったらやってやンぜぇー!」
村雨「その意気よ、江風♪」
12: 以下、
提督「ということで内野は4人か…」
提督「…………」
提督「よし、フォーメーションは俺を中心とした輪形陣のような形で行くぞ」
時雨「輪形陣…?僕達4人だけど?」
提督「まぁ細かい所は気にするな。守備の時に俺を守るように動いてもらえばOKだ」
春雨「……でもどうしてその陣形なんですか?」
村雨「わかった!提督、相手の攻撃が怖いんでしょ??」
江風「おっチキンか?」
提督「な、何を言うか!そんなワケないだろ!」
13: 以下、
提督「いいか?お互いの力が拮抗しているとなれば、重要なのは戦略だ」
提督「その戦略を練る司令塔が早々にやられたら、不利な展開になってしまうだろ?」
提督「それを避けるための布陣さ」
村雨「……本当のところは?」
提督「…………」
提督「めっちゃ怖いっす、帰りたいっす……」
時雨「…もっと素直になりなよ、提督」
提督「むぅ……」
春雨「ふふふ…」
江風「きひひー。まっ、その作戦自体はありなンじゃねぇのー?」
村雨「そうね。時雨姉さんに春雨も、どうかしら?」
時雨「うん、僕は大丈夫だよ」
春雨「はいっ、私も」
村雨「じゃあ決まりねっ♪」
14: 以下、
白露「おーい!そっちはまだ終わらないの??」
村雨「今行く?!」
涼風「ああっ!あたいらまだ外野決めてねぇぞ!」
白露「しまった?!すっかり忘れてた?!ヤバイ!」
五月雨「ど、どうしますぅ…?」
海風「外野を希望する人はいないんですか…?」
シーン
夕立「いないっぽい」
白露「んー、しょうがない!外野がいいと思う娘、一人をせーので指差そ!」
海風「えっ…?あっ、はい!」
白露「せーのっ!!」
15: 以下、
白露→→五月雨
夕立→→五月雨
五月雨→→涼風
海風→→五月雨
涼風→→五月雨
夕立「五月雨っぽい!」
五月雨「えぇー!な…なんでぇー!?」ガーン
白露「ごめん!五月雨!今回はそういうことでお願い!」
海風「ご…ごめんなさい…」
涼風「こういう時もあるさぁ…」ポンポン
五月雨「うぅ?、理由はなんとなくわかるけどぉ…」
16: 以下、
カチ カチ
村雨「どう?」
春雨「……はいっ大丈夫です。ありがとうございます」
提督「えっ…?お前達、艤装を付けた状態でやるのか?」
村雨「ええ、そうよ」
夕立「勝負するからには本気でやるっぽーい!」
提督「ふ?ん……」
提督「重くてむしろ動きが鈍りそうだけどな。ここ地上だし」
村雨「まあ普通に考えたらそうよね?」
17: 以下、
白露「よぉーし!円陣組むよ円陣!」
五月雨「いいですねー!」
夕立「ぽいー!」
ゾロゾロ
白露「絶対勝つぞー!!!」
Aチーム一同「おーーーーっ!!!!!」
村雨「みんなー!私達も!」
ゾロゾロ
Bチーム一同「…………」シーン
村雨「ちょっと、提督はやく」
提督「うぇっ!?俺!!?」
村雨「当然でしょ?」
提督「……よーし」
提督「絶対夕飯奢ってもらうぞー!」
Bチーム一同「おーーーーっ!!!!!」
18: 以下、
白露「ジャンプボールは誰がやるー?」
夕立「夕立に任せてっぽい!」
白露「よーし!任せたっ!」
時雨「こっちは誰がいこうか」
提督「ふっ…ここは俺に任せな…!」キリッ
村雨「大丈夫ぅ??」
提督「心配するな、身長ではこちらが有利だ。問題ない」
村雨「そう?それじゃ頑張ってね♪」
白露「江風?!ボール上げてくれる??」
江風「あいよ?」スタスター



提督「夕立、悪いが勝たせてもらうぞ」
夕立「提督さんだけには負けたくないっぽい!」
江風「よーし位置についてー、二人とも準備はいいかぁ!?」
提督「おうよ!」
夕立「っぽい!」
19: 以下、
--
Aチーム
白露
夕立
五月雨(外)
海風
涼風
Bチーム
提督
時雨
村雨
春雨
江風(外)
--
江風「じゃあいくぞ?」スッ
ボール フワッ
提督「……ほぉっ!」ピョン
提督(よしっ!タイミングばっちり!これはもらっ……)
提督(!!?)
夕立「ぽいーーーっ!」ビョーーン!
提督(なんだと!?た、高い……!いや、それより……)
提督(いッ……!!)
夕立「えいっ!」パチンッ
白露「ナーイス!夕立っ!」パシッ
提督「くっ…ここまでとは…!」
村雨「ドンマイ!早くこっちに!」
提督「あ、あぁ!」
白露「うおぉぉ!先手必勝ぉぉぉ!!」ピョーン
提督「なっ!?白露が飛んだ!!?」
20: 以下、
白露「いっちばーーーーーん!!!」ビュン!
ギュイーーーーーーーーーンンンッッッ!!!!!
時雨「!?」
バシーーーーーンッッ!!!
時雨「…………」プシュー…
村雨「ナ?イスキャッチ!」
時雨「残念だったね、姉さん」ドヤッ
白露「むむぅ……やるじゃない時雨!」
春雨「時雨姉さん!凄いですっ!」
提督「………」ボーゼン
提督「タ?イム、タイムタイムタイムタイム!タ?イム!」
21: 以下、
一同「???」
村雨「提督、どうしたの?」
提督「なに今の球…?あんなのが人間に当たったら死んじゃうよ?」ガクブル
五月雨「そんな?!大袈裟ですよ提督?!」
時雨「…まぁ下手をすれば骨が折れたりするかもね」
提督「ダメでしょそれ!イカンでしょそれ!」
村雨「ん?どうしよっか?」
提督「俺が抜ければいいだけだろ?」
村雨「それはダメ」
提督「ほらっ、代わりにあそこでじ?っとこっちを見ている長門にやってもらうからさぁ!」
海風「そうなると私達に怪我のおそれが…」
提督「えっそうなの?」
涼風「火力が違うからなぁ?」
提督「そういう問題なんだ…何となくわかるけど……」
村雨「艤装、脱いでやってみる?」
提督「いいのか?俺のために…」
江風「ンー?別にいいんじゃねェかぁ??なぁ!涼風?!」ウリウリー
涼風「がってんだ?!」イテェヨー
夕立「夕立も!提督さんのためなら、脱いであげるっぽい!」
白露「しょうがないなぁ?!じゃっちょっと待ってて!」
提督「すまん、みんな…」
村雨「いいからいいから♪」
22: 以下、
--
Aチーム(残4)
白露
夕立
五月雨(外)
海風
涼風
Bチーム(残4)
提督
時雨
村雨
春雨
江風(外)
--
提督(みんなに艤装を脱いでもらって、イケそうな感じだから試合を再開してはいるが……)
春雨「……」タッタッタッ
春雨「えいっ!」シュッ
グイィィーーン!
提督(可愛いらしい女の子から放たれる矢のような剛球……凄まじいギャップだ……)
涼風「んんっ!」Catch!
白露「いいよー!涼風?!」
涼風「へへ?ん!」
提督(それをガッチリ受け止める子もまた然り…)
村雨「提督!ボーっとしない!当てられちゃうよ!?」
提督「お、おう!」
涼風「くーらえー!」シュッ
バンッ!(ワンバウンド)
時雨「よしっ」パシ
涼風「やっちまったぁ!」
時雨「江風!」スッ
23: 以下、
江風「よぉし来たあっ!」パシ
江風「いっくぜー!」ビュン!
シュウゥゥゥッ! バーン!
涼風「うぅ…」Hit!
江風「きひひー、やりぃ?!」
涼風「えぇい!もってけドロボー!」(涼風 OUT)
提督「その調子だぞー江風ー!」
村雨「いい感じいい感じ♪」
江風「ブイ!」
涼風「ごめんよぉ?」
夕立「ドンマイっぽい!」
海風「そうです、切り替えて涼風!」
白露「大丈夫!お姉ちゃん達に任せんしゃ?い!」
24: 以下、
--
Aチーム(残3)
白露
夕立
五月雨(外)
海風
涼風(外)アウト
Bチーム(残4)
提督
時雨
村雨
春雨
江風(外)
--
海風「よく狙って…。てー!」シュッ
提督「あっぶね!」miss
五月雨「たぁーっ!」シュッ
スーーーッ!
春雨「はっ!」Catch!
村雨「ナイス!春雨ー!」
春雨「はいっ、提督をしっかり護衛しないと…」
提督「……頼もしいなぁ春雨は」ナデナデ
春雨「はっ、はい…///」
時雨「提督、春雨の邪魔をしちゃダメだよ」
提督「すみません…」
村雨「ふふふ…」
25: 以下、
江風「おーい何やってんだぁ?!?パスパース!」ピョンピョン
提督「うむ、今ノってる江風にボールを集めるのがいいかもしれん」
春雨「はいっ!」シュ
江風「よっしゃあ!」パシ
江風「海風の姉貴、覚悟!」ビュンッ
海風「っとと」ヨロヨロ
トン トン パシ
提督「よーし江風、もう一発かましてやr」
海風「きゃっ!」コケッ
提督「!?」
白露「海風!?」
五月雨「危な?い!」
村雨「チャンスよ!」
提督(確かに…!海風が転んで体勢を崩している今なら、俺でも決められる……!)
海風「くっ…」
提督「もらったー!」バッ
26: 以下、
海風「提督……」
提督「えっ!?」ピタッ
海風「まさかこの海風に…そのボールをぶつけるつもりなのですか……?」ウルウル
提督「うっ……こっ、ここは真剣勝負の場だ!悪いが当てさせてもらうぞ!」
海風「海風…痛い思いはしたくありません……」ウルウル
提督「くっ…体が…どうして体が動かない……!」
海風(ジー…)ウルウル
提督「……ダ、ダメだ!こんな幼気な美少女にボールを当てることなんて……俺にはできない!!」ガクッ
海風「提督は本当に優しい人ですね……」
海風「もしよろしければそのボール…私の方に転がしてはくれませんか……?」
提督「ああ!それくらいお安い御用だ!」
コロコロー
提督「海風…もう転ぶんじゃないぞ…」
海風「はいっ!ありがとうございます!」ニッコリ
提督「フッ…」
27: 以下、
村雨「何なの、今の茶番は…」
春雨「司令官……」
時雨「…………」
江風「コラッ!何やってンだぁ?提督ー!?」
海風「やった!やった!」スタタタ
海風「やりました!白露姉さん!夕立姉さん!」
海風「海風、無事戻りましたっ!」ニコッ
夕立「凄いっぽ?い!」
白露「さっすが!私の妹だよ?」ムギュー
海風「てへへ♪」
江風「へぇ……」
江風(海風の姉貴があんなに甘えてるの、初めて見るなぁ……)
28: 以下、
五月雨「ほっ…」
涼風「はっはっはー!何やってんだぁ??提督?!」
村雨「ホントよもぅ何してるの!?せっかくのチャンスが?」
春雨「今のはさすがにひどいです、司令官……」
提督「悪いな、でも男として正しい事をしたと思っている。後悔はしていない」ドンッ!
村雨「そんな堂々とされると、いっそ清々しいわね…」
時雨「提督……」
提督「ん?」
時雨「君には失望したよ」ギロッ
提督「はうっ! やめて…そんなゴミを見るような目で俺を見ないで……」アリガトウゴザイマス…
29: 以下、
--
Aチーム(残3)
白露
夕立
五月雨(外)
海風
涼風(外)アウト
Bチーム(残4)
提督
時雨
村雨
春雨
江風(外)
--
江風「ほいさぁ!」シュッ!
白露「っとっと」miss
トン トン トン パシ
時雨「惜しいね、江風」
時雨「僕も負けてられない」タッタッタッ シュッ!
ギュオオーーッ! バシンッ!
海風「あうぅ…」Hit!
ボール フワッ
夕立「ぽいーっ!」ズザー パシッ
白露「ナイスアシスト!」
海風「あ、ありがとうございます!」(海風 SAFE)
夕立「ぽいぽいぽーいっ!」シュッ!
ギュイイィーン!
村雨「ほっ!」Catch!
春雨「さすがです!」
村雨「うふふ…やっちゃうからね♪」ビュンッ!
30: 以下、
グイィィーーン!
白露「おっと危ない」miss
江風「よーし」パシッ
江風「一気に畳み掛けるぜ!」シュッ!
ゴオォォーー!
夕立「ッ!!」Catch!
提督(!?)
夕立「んんんん!!ぽいいいいいいいっっっ!!!」ブォンッ!!
提督(なっ!?キャッチしてそのまま振り向きざまにだと!!?)
ギュイイインッ!! ドーンッ!
時雨「くっ僕としたことが…」Critical hit! (時雨 OUT)
江風「マジかー!?」
夕立「んふっ♪夕立頑張ったっぽ?い!」
白露「やったぁー!いいよー夕立!」
海風「夕立姉さん、凄いです!」
時雨「ごめんよ、みんな…」
村雨「ドンマイ!今のはしょうがないわ」
提督「あぁ、野球の中継プレイのようにスピーディだったな。それに威力も健在だ」
春雨「後は私達に任せてください!」
時雨「うん、頼んだよ」
31: 以下、
--
Aチーム(残3)
白露
夕立
五月雨(外)
海風
涼風(外)アウト
Bチーム(残3)
提督
時雨(外)アウト
村雨
春雨
江風(外)
--
村雨「春雨、ちょっと来て」ヒッソリ
春雨「はいっ?」
村雨「……ついに『アレ』をやる時が来たわよ」コソコソ
春雨「えぇっ!?本当に『アレ』をやるんですか!?」コソコソ
提督「えっなになに?何の話?」
村雨「……」
村雨「そうだ!提督にもちょっと手伝ってもらおっ♪」
提督「はあ」
村雨「いい?今から春雨が相手にボールを投げるから、提督はその真後ろに立ってて」
村雨「あとは……ん?、一応踏ん張っておいて!」
提督「わ、わかった!」
32: 以下、
夕立「おしゃべりがちょっと長いっぽい!」
白露「ふっふー!夕立のファインプレイにビビってるようねっ!」
村雨「何とでも言いなさぁ?い!」



春雨「………」タッタッタッ
村雨「………」サササッ
春雨「ていっ!」ブンッ!
ボール ポーン
海風「えっ?」
夕立「っぽい?」
提督(んっ!?上手投げのフォームで振り切った後に、その流れでボールを真上に投げた!?)
提督(なんて手首の強さだ……!)
村雨「ほっ!」サッ
提督「ふんぎゅっ!?」ムギュ
村雨「とぉ??!!」ビョーン!
白露「えぇ?!?」
提督「お、俺を踏み台にしたぁ!? おっ……」ジー
村雨「よし!」パシ
提督(今日は白のパンツか……)イイネ
村雨「いっけぇ??!」ビュンッ!!
ブオオオォォーー! バーン!
海風「ひゃあっ!」Critical hit!
村雨「やったわぁ?!」
春雨「うまくいきましたぁ!」
提督「おーー!!」
海風「うぅ……」(海風 OUT)
33: 以下、
--
Aチーム(残2)
白露
夕立
五月雨(外)
海風(外)アウト
涼風(外)アウト
Bチーム(残3)
提督
時雨(外)アウト
村雨
春雨
江風(外)
--
白露&夕立&海風「…………」ヒソヒソヒソ
村雨「敵さんは何か作戦立ててるみたいね…」
提督「そうだな…」
提督「それにしてもでかしたぞ二人とも!いいコンビプレイだ」
村雨「イェイ♪」
春雨「あっ、ありがとうございます…」
村雨「提督は大丈夫?左肩、踏み台にしちゃったけど……」
提督「あぁ大丈夫だ。二人がマッサージしてくれたらな」ニヤッ
村雨「あらっ?喜んでしてあげますよ?」
村雨「ねぇ??春雨?♪」
春雨「えっ!?ちょ、ちょっと…恥ずかしいです……///」
提督&村雨(可愛い…)キュン
34: 以下、
涼風「てやんでい!あれくらいなら、あたいと五月雨でも余裕で出来るよなー!なぁー五月雨!」
五月雨「ふぇえっ!?う…うん、多分……」
提督「五月雨がボール上げる役をやったとして、地面に叩きつけて自分の顔面に当てる画しか浮かばんぞ」
五月雨「えぇ??!?ひどいです提督ぅ……」
涼風「はっはっはっ!そりゃあおもしれえなぁー!」
提督&村雨&春雨「…………」
-- 妄 想 タ イ ム --
五月雨『ん?!』タッタッタッ
五月雨『えいっ!』ブンッ!
ビタンッ! バチンッ!
五月雨『がふぅっ!』
五月雨『……ひぐっ……ひぐっ』
五月雨『うぅ……うえええぇぇぇぇ???ん!!な、なんでええぇぇぇ!!!』(大泣き)
-- 妄 想 終 わ り --
提督&村雨&春雨「かっ可愛すぎる……」キュン
五月雨&涼風「??」
35: 以下、
白露「海風、大丈夫?」
海風「はい、平気です。でもすみません…」
夕立「ドンマイっぽい!」
夕立「……あのフェイントはちょっと厄介っぽい」
白露「そうだねー。まずは村雨と春雨のどっちかを狙おっか」
白露「パス回しのテンポを上げて、どんどん崩しにいこう!」
夕立「ぽいー!」
海風「了解です、外野の二人にも伝えておきます」
白露「うん!お願いね!」
36: 以下、
--
Aチーム(残2)
白露
夕立
五月雨(外)
海風(外)アウト
涼風(外)アウト
Bチーム(残3)
提督
時雨(外)アウト
村雨
春雨
江風(外)
--
白露「よぉーし!行っくよ?みんなー!」
Aチーム一同「お?!」
提督「な、何だ!?何が来るんだ!?」
白露「それっ!」シュ
スーーーー
涼風「ほいさ?!」パシ ヒュ
パシ ヒュ
パシ ヒュ
パシ ヒュ
春雨「これは…」
提督「今までのパス回しよりさらにいぞ!」
提督「うおっ!」スルッ
村雨「体勢が整ってないうちに来るわよ!何とかしのいで!」
五月雨「たぁー!」シュッ
春雨「うわあ!」miss
夕立「ぽいー!」ビュン!
村雨「まだまだ!」miss
37: 以下、
パシ ヒュ
パシ ヒュ
パシ ヒュ
江風「ンー暇だなぁー時雨姉貴??」
時雨「うん、そうだね」
時雨「……ちょっと危ないかもね」
江風「何がだい?」
時雨「提督が……」
江風「ン?……うわぁ!バテてるなぁ提督。大丈夫かよぉ?」
提督「くそう…!こっちのターンにならない……!」ハァ…ハァ…
春雨(司令官……)
村雨(息が上がってきてるわね…)
白露(ふっふっふー……)
白露(提督には悪いけど、多分コレがいっちばん効果的…!)
白露(村雨と春雨は提督が気になって動きづらくなるはず……)
白露(タダ飯はまだまだあきらめてないんだからっ!)
38: 以下、
春雨(ここは…早く流れを引き戻さないと……!)
春雨(司令官……)チラッ
海風「…!」
海風「今ですっ!」ビュンッ!
春雨「えっ!?」
シューーー! パチン!
春雨「くっ!」Hit!
ボール フワー
海風「やった!」
春雨「掴み損ねてしまいました……」
提督「まだだっ!まだイケる!!」タッタッタッ!
一同「!!?」
村雨「提督!ムリしないで??!」
提督「届け??!!」バッ!
39: 以下、
ズザーーッ!!(ノータッチ)
ストン トン トン…………
提督「ちっくしょ??!」(春雨 OUT)
村雨「前、危ないっ!」
提督「なに…!」
五月雨「一気に二人目も抜いちゃいますよー!」パシッ
涼風「いいぞぉ?五月雨!チャンスチャンスぅ?!」
提督「ちょ、待っ!」アタフタ
提督(この絶体絶命の危機……あれをやるしか…ない……!)
五月雨(こういう時こそ確実に…冷静に……私だってやればできる…!)
提督「五月雨……まさかこのかよわい提督に…そのボールをぶつk」
五月雨「えい!><」ブォン!
バチンッ!
提督「がふぅっ!」バタッ (顔面にCritical hit!)
村雨「ちょ、提督!?」タッタッタッ
五月雨「うわあぁ?!大丈夫ですかぁ?!」タッタッタッ
提督「」チーン
40: 以下、



提督(…………………)
提督(…………んっ………んん………)
提督(なんだ……この心地よい感触は………)ムニムニ
提督「き、気持ちいぃ…………」
村雨「!!!」
村雨「提督!?」
提督「村雨……か………それに……みんなも…」目パチパチ
提督(あっ………村雨が膝枕してくれてたのか……どおりで……)シアワセー
村雨「もぅ心配させないでよぉ?!」
夕立「夕立、びっくりしたっぽい!」
白露「あたしも驚いたよー。でもすぐ目覚ましてくれて、良かった良かった!」
春雨「ごめんなさい司令官…私がしっかり捕ってれば……」
時雨「考えすぎだよ、春雨」
江風「提督、意外にガッツあるじゃンか!見直したぜっ!」
涼風「あぁ!届かなかったけど、いい飛び込みだったぜぇ!」
海風「体の方は大丈夫ですか…?」
時雨「どこか痛い所はないかい?」
提督「みんな……」
41: 以下、
提督(そうだ…俺は顔面に一発もらって……そのまま気を失ったのか……)
提督「すまんな、ちょっとはしゃぎ過ぎただけだ。もう大丈夫」ムクリッ
五月雨「提督……」モジモジ
五月雨「ご、ごめんなさい!」
五月雨「あの……本当に大丈夫ですかぁ……?」ウルウル
提督「ははは、泣くことないだろう?こんなん平気だから気にするなって」ナデナデ
五月雨「うぅ?…」
提督「さあ、試合を再開するぞ」
村雨「ちょっ!提督は休んでなって!」
時雨「無理するのは体に良くないよ」
提督「疲れなんか村雨の膝枕でどっかに飛んでったから」
提督「それに今俺が抜けたら、村雨が一人取り残されてしまう」
提督「男としてそんな事…できるワケないだろ……!」キリッ
村雨「提督……///」ポッ
時雨「そ、そこまで言うなら止めないけど…」
夕立「こっちは手加減しないっぽい!」
白露「辞めるなら今のうちよー!?」
提督「誰が辞めるか!全力でかかってこいっ!」
白露「ふ?ん……」
トコトコ
提督「ん?」
白露「全力で?」艤装カチ
夕立「っぽい?」カチ
提督「ごめんなさい。それだけはホント勘弁してください…」プルプル
42: 以下、
--
Aチーム(残2)
白露
夕立
五月雨(外)
海風(外)アウト
涼風(外)アウト
Bチーム(残2)
提督…顔面セーフ
時雨(外)アウト
村雨
春雨(外)アウト
江風(外)
--
(Bチームもいパス回しで崩す正攻法に作戦変更し、この後も互角の戦いが続く……)
ヒュ パシ
ヒュ パシ
村雨「これでどう!?」シュッ!
ギュイィーン!
夕立「甘いっぽい!」Catch!
夕立「えいっ!」シュ
パシ
涼風「あったれ?!」ビュ!
提督「当たらん!」miss
涼風「むーっ!」
村雨(……提督、何気にかわすの上手ね)
村雨(私達は駆逐艦だから、回避は得意だけど……)
村雨(『回避の鬼』なんて本当に言われてたのかしら…ふふふっ……)
43: 以下、
シュ パシ
シュ パシ
海風「白露姉さん!」シュッ
白露「よ?し!」パシ
白露「そろそろ決めちゃおっかな?!」腕グルグル
ポロッ コロコロー
白露「あ」
夕立「ぽ??い!!」スタタタタッ!
ガシッ
夕立「もう!お姉ちゃん!しっかりしてっぽい!」
夕立「ボールが相手チームに行くトコだったじゃないっ!」ムスッ
白露「ごめんごめん?!」
村雨「ん?!おしい!」指パッチン
提督「…………」
提督「!」ピカーン
44: 以下、
夕立「ぽい?!」シュ
パシ シュ
パシ シュ パシ
五月雨「やぁ?!」ビュ!
村雨「よっ」miss
海風「えいっ!」シュ!
村雨「んっ!」catch!
五月雨「もぅ?村雨姉さんに当たらないですぅ…」
海風「はい…」
村雨「んふふ…そう簡単にはやられないんだからっ!」ヒュッ
江風「来た来たぁ!」パシ
提督「村雨、ちょっと耳貸してくれ。いい策が浮かんだ」コソコソ
村雨「えっ?なになに?」
45: 以下、
--
Aチーム(残2)
白露
夕立
五月雨(外)
海風(外)アウト
涼風(外)アウト
Bチーム(残2)
提督
時雨(外)アウト
村雨
春雨(外)アウト
江風(外)
--



時雨「それっ!」ビュン!
白露「おっと!」miss
提督「ヘーイ、パスパ?ス!」
春雨(司令官…?)パシ
春雨「はいっ!」シュ
村雨「………」サササッ
シューーー ポロッ
提督「あ」
夕立「!!」
村雨「……」バッ!
白露(村雨……!?)ハッ!
提督「し、しまった!!」
コロコロー
江風「何やってんだぁ!?」
夕立「もらったっぽ?い♪」タタタッ!
白露「夕立!危ないから戻っ……」
白露(ダメ…間に合わない……)
白露(こうなったら…!)バッ!
46: 以下、
シュタタタタッ!
村雨「かかったわね!夕立!!」タッタッタッ!
夕立「村雨!?いつの間にっぽい!?」キーキキキッ!(ブレーキ
提督「よし!その間合いならいける!」
村雨「これで」ヒョイ
村雨「終わりよ!」ビュン!
夕立「ずるいっぽい?!」Hit!
提督「よしっ!」グッ
村雨「…え?」
白露「うおおおぉぉーーー!!」タタタタッ!
47: 以下、
ズザーーッ! パシッ!
白露「……ふーっ」Assist catch!
村雨「なん……」
提督「だと……?」
夕立「お姉ちゃん……!」(夕立 SAFE)
白露「ほらっ夕立!ピンチの後に??」ヒョイ
パシ
夕立「チャンスありっぽ?い!!」ビュン!
村雨「いやぁっ!」Hit!
提督「村雨!大丈夫か!?」タッタッタッ
村雨「ごめんなさい提督。やられてしまったわ…」(村雨 OUT)
村雨「もっと足元を狙って投げていれば……」
提督「いや村雨はよくやってくれたよ。白露を甘く見ていた俺が悪い」
村雨「提督……」
48: 以下、
夕立「お姉ちゃんありがとう!助かったっぽい!」
白露「ふっふー!あたしはいっちばん上のお姉ちゃんだからね!」
白露「世話が焼ける妹がいると大変だよぉ?!」ナデナデー
夕立「んへへっ♪」
五月雨「白露姉さんすご?い!」
海風「はい!」
涼風「あのこぼれ球を拾うなんてたいしたモンだよぉ?!」ウンウン
江風「んっほ?やるなァー!白露の姉貴!」
春雨「凄いですっ…!」
時雨「うん、そうだね」
時雨「提督も夕立の猪突猛進な所を逆手に取ったいい作戦だったけど」
時雨「姉さんの事までは考えてなかったようだね」
江風「ンじゃあ、提督がボールを前に落としたのは」
春雨「夕立姉さんを誘い出すために、わざとやったってことですね」
時雨「うん」
時雨「……姉さんはああ見えて結構周りに気を配ってたりするからね」
時雨「村雨の動きを見て、夕立より先に危険を察知したんじゃないかな」
春雨&江風「なるほど…」フムフム
49: 以下、
--
Aチーム(残2)
白露
夕立
五月雨(外)
海風(外)アウト
涼風(外)アウト
Bチーム(残1)
提督
時雨(外)アウト
村雨(外)アウト
春雨(外)アウト
江風(外)
--
提督「くっ……白露め…立派なお姉ちゃんしやがって……」
提督「俺の…ボールポロリの名演技が……!」
白露「ふふっ……残念ながら涙ポロリの結果に終わったわね!」
提督「フンッ!調子に乗っていられるのも今のうちだ!」
白露「ななっ!?」
提督「この俺を怒らせてしまった事……後悔するがいい!!」
提督「はあああぁぁぁぁぁーーーーー!!」ゴゴゴ…!
夕立「何っぽい!?」
江風「なんだなんだ?覚醒か!?」
春雨「す、凄い気合です!」
時雨「気合だけはね」
村雨「提督……!」
50: 以下、
提督「うおおおぉぉーーーー!!!」タッタッタッ!
提督「提督ショーーーット!!!」ブォンッ!
白露「!!」
シューーーーー
白露「よいしょ」Catch!
提督「あれれっ?」
白露「ほいっ」ビュンッ!
提督「あ痛っ」ポコッ
-- 試 合 終 了 --
--
Aチーム(残2)
白露
夕立
五月雨(外)
涼風(外)アウト
海風(外)アウト
Bチーム(残0)
提督 アウト
時雨(外)アウト
村雨(外)アウト
春雨(外)アウト
江風(外)
--
A チ ー ム 勝 利 ! 
51: 以下、
白露「やったぁー!Aチーム大勝利!!」
夕立「勝ったっぽ?い!」
白露&夕立「イェイ!」ハイタッチ パチン!
海風「やりました!」
五月雨&涼風「いぇ?い!」ムギュー
五月雨「海風も?!」
海風「はうっ」ムギュー



村雨「まぁそうなるわよね?」
時雨「知ってたよ」
江風「ちょっと期待しちまったよ……」
春雨「ふふ…お疲れ様です、司令官」
提督「ははは……すまないみんな。ダメだったよ」
江風「外野のあたしらに回したほうがまだ可能性あっただろぉ?!」
提督「それはそうなんだが、自分がこの試合まだアタックしてない事に気付いてな」
提督「無性に全力で投げてみたくなったんだ。申し訳ない」
江風「べ、別に謝ンなくていいけどよ…」
村雨「ふふふ…」
52: 以下、
白露「ではでは?!あたし達、Aチームが勝利したという事で?!」
白露「Bチームのみなさん!今日の夕食、ゴチになりま?っす!」ニッコリ
Aチーム一同「ゴチになりま?す!」
Bチーム一同「ブーブー!ブーブー!」
白露「じゃあよろしくね?村雨?!」ニヒヒ
村雨「くやしい?!」
夕立「夕立は時雨に奢ってもらうっぽい!」
時雨「うぅ…そんなにたくさん食べないでよ?」
海風「江風にご飯を奢ってもらうなんて初めてね♪」ウキウキ
江風「げぇ?…」
涼風「あたいは春雨姉からね!ゴチになりやす!」
春雨「はうぅ…涼風もあまり食べないでよ……?」
五月雨「提督…今日は色々すみません……」
提督「いいっていいって。遠慮せず好きなだけ食べていいからな」
五月雨「はい…!ありがとうございます!」
53: 以下、
夕立「ねぇ?早く次やろうよ?!」
提督「うえぇ?!?お前達はまだまだ元気か……」
提督「やるからもう少し休ませてくれ…」
村雨「そうね。一休みしてからまた遊びましょ♪」
夕立「むぅ?!遊ぶ時間が減っちゃうっぽい!」
時雨「わがままはダメだよ、夕立」
夕立「それに提督さんに早くおかえしをしないと気が済まないっぽい!」
提督「え?」
村雨「おかえし?」
白露「村雨に当てられた時の?」
夕立「ぽい!」
提督「えぇ……怖いよぅ村雨ー……」ササッ
村雨「あらあら」
江風「まぁ?夕立の姉貴からしてみれば納得いかねェのもわかるかな?」
夕立「あれはずるいっぽい!」
54: 以下、
提督「フッフッフ……指揮官の俺に『ずるい』なんて褒め言葉のようなものだぞ。何度でも言って結構」
夕立「ずるいずるいずるーい!」
白露「ずるーい!」
村雨「ずるーい!」
提督「あ?嬉しいな?。知略に優れた者として提督は天職だったわけだ?」ドヤッ
時雨「『きたない』とも言うね」
夕立「きたなーい!」
涼風「きたなーい!」
白露「くさーい!」
江風「不潔?!」
夕立「きもちわる?い!」
提督「ちょっと待て……途中から意味変わってきてるんだけど……」
提督「結構傷つくからやめて……」
村雨「フッ、うふふ…」
春雨「クスクス…」
五月雨「ふふふっ…」
海風「クスクス…」
55: 以下、
- 提督室・風呂場 -
チャポン…
提督「あぁ?疲れた……」ヨッコイショ
提督(でもまっ、なんだかんだ楽しかったかな……)ガサゴソ
提督(途中から他の駆逐艦の娘も加わって、みんなでワイワイガヤガヤ…)バシャー
提督(その様子を長門と一緒に観戦した俺は思った……)体ゴシゴシ
提督(やっぱ駆逐艦って最高だな…!)キラキラ
ガチャ
提督「え?」クルッ
村雨「お邪魔しま?す?」(バスタオル1枚)
提督「ふぁあっ!?むむむ、むら村雨がどうしてここに!!?」カァー
提督「みんなで大浴場に行ったんじゃないのか!?」
村雨「あら?村雨と一緒にお風呂する約束、忘れちゃったの?」
提督「あっ……」
提督「そうだったな……俺としたことが、すっかり忘れてた」
村雨「そう……本当にお邪魔なら村雨、みんなのとこに行くけど……?」
提督「いやいやいやいやいや!むしろ大歓迎だよ村雨!」
提督「…久しぶりにお風呂、一緒に入ろっか」
村雨「……はいっ///」ニコッ
56: 以下、
村雨「え、え?っとそれじゃあ…」
提督「ん?」
村雨「お背中流しましょうか…?」
提督「是非!よろしく頼むよ」
村雨「はい、わかりました♪」



ゴシゴシ ゴシゴシ
ゴシゴシ ゴシゴシ
提督「あぁ??……いいなぁ……」
村雨「ふふふ…」ゴシゴシ
村雨「どこか痒い所ある?」
提督「おっいいのか?じゃあ左上の?」
村雨「左上の??」スリスリ
提督「あ?もう少し行って」
村雨「ん?ココ?」スーッ
提督「ぁひゃんっ! もうちょい下かな…」
村雨「んふっ…」スーッ
提督「んはぁんぅ! い、行き過ぎ行き過ぎ…」
村雨「クスクス…」スッ スッ
提督「んっんふぅ! そ…そこだけどくすぐったいよ!」
提督「その触れるか触れないかのタッチングで遊ぶのやめい!絶対わざとだろ!?」
村雨「ふふふ……ごめんごめん!」クスクス
村雨「てっ提督の反応が可笑しくて……んふふっ♪」
提督「笑い過ぎィ!」
57: 以下、
村雨「あっそうだ!ついでに肩揉んであげる!」
提督「えっ……?あぁアレか」
村雨「あの時はごめんねぇ」
提督「ちょっと肩を踏まれるくらい、なんてことないさ」
提督(村雨のパンツを拝めたし…)アリガタヤー
提督「そこまで気を遣わなくていいんだぞ?」
村雨「いいからいいから♪」
提督「ま、まあ構わないが」
モミモミ モミモミ
提督「んはぁ??。気持ちいいなぁ??」
村雨「そう?良かったわ」モミモミ
58: 以下、
提督「なぁ、あの春雨との連携プレイは事前に練習とかしてたのか?」
村雨「あれはぶっつけ本番よ♪」
村雨「試合始まる前に、やってみたいわね?って話はしてたけど」モミモミ
提督「ふ?ん……よく一発で出来たな」
村雨「ふっふーん!村雨と春雨が組めば出来ない事なんてないんだからっ!」
提督「ははは。頼もしいな」
村雨「はいっ!肩揉みおしまい!」パチン
提督「いてっ」
村雨「髪まだ洗ってないみたいね。村雨がやってあげよっか!?」ニヤッ
提督「いやそれはさすがに自分でやるよ…村雨は美容師さんですか……?」
村雨「うふふ……」
59: 以下、



(向かい合って湯船に浸かる二人……)
村雨「はぁー…休まりますねぇ」
提督「そうですなぁ…」
村雨「…………」
提督「ふぁ?………」
村雨「提督、おじいさんみたい」フフッ
提督「はっはっは。まあ確かに」
提督「体力の低下を感じ始めてはいるかな」
村雨「普段は執務ばかりでほとんど体動かしてないからね?」
村雨「今はそこまで忙しくないし、暇を見つけて運動してみたら?」
村雨「村雨も付き合いますよ♪」
提督「うむ、適度な運動は健康にもいいしな」
村雨「そうだ!水雷戦隊の陸上訓練があるときに提督も参加するのはどう!?」
提督「いやっそこまで本格的なのはノーセンキューです……」
60: 以下、
村雨「提督……」
提督「んー?」
村雨「そっち…行ってもいい……?」
提督「えっ!?あ、あぁいいぞ」
村雨(スーッ)
村雨「よいしょっ」クルッ
提督「……」
村雨「……」
提督「急にどうした?」
提督「肩でも揉んでほしいのか…?」
村雨「いえ、その…」
村雨「こうしてるだけでいいの……///」
提督「そ、そうか…」
61: 以下、
村雨「今日はありがとね、提督」
提督「えっ?」
村雨「私達と一緒に遊んでくれて…」
村雨「普段みんなが揃う事ってあまりないから、こういう時間を大事にしたかったの」
提督「そうか…」
提督「それじゃあ俺からも感謝しないとな」
村雨「えっ?」
提督「その大事な時間に俺と一緒に過ごしてくれた事にね」
村雨「提督…」
提督「まぁ顔面に一発もらって失神したり色々あったけど、すごく楽しかったよ」
村雨「ふふっ…そういえばあの時、五月雨に何か話しかけてた…?」
村雨「よく聞こえなかったけど」
62: 以下、
提督「あーあれは海風が俺にした事を、五月雨にやってみただけだぞ」
提督「『このかよわい提督にボールをぶつけるの…?』みたいな」
村雨「えぇ?それホント?」クスクス
提督「ホント」
村雨「ふふふ……あんなの提督にしか効果ありませんよ」
提督「むぅ……」
村雨「海風じゃなくて村雨がやっても同じ事したでしょ??」
提督「村雨だったら躊躇せず全力で当てに行くぞ」
村雨「ちょ!ひどっ!」ガーン
提督「『んんっ!!!』って全力で当てに行くぞ」
村雨「もぉ?!」プイッ!
提督「あっはっは。嘘だって村雨」ナデナデ
村雨「………」ムスー
提督「俺の事嫌いになっちゃった……?」
村雨「………」
村雨「ふふふっ…」
村雨「……大好きですよ、提督♪」ニコッ
提督「俺も。愛しているよ、村雨」
チュッ
おしまい
64: 以下、
村雨『あらあら、まだやるの??い・い・け・ど!』
おまけ(秋刀魚漁)
- 執務室 -
村雨「この秋も、ちょっといい村雨のF作業、見てみたい?」
提督「見たーい!」
村雨「うんうん、任せておいて。頑張ります♪」
提督「というわけで!君たちには秋刀魚漁支援艦隊として、北方海域に出撃してもらう!!」
木曾「気づけばそんな季節か……」
蒼龍「秋刀魚って…あの秋刀魚?」
提督「そう。魚の秋刀魚」
蒼龍「へぇ?。いいけど? 確かに塩焼き、美味しいよね!」
提督「その通り…!その塩焼きにしたのがこれだっ!」
村雨「はいっ!」バンッ!
蒼龍「えっ!?あるの!!?」
提督(うちわパタパタ)
飛龍「くんくん……秋刀魚の塩焼きのいい匂い♪」
提督「そうだろ?。毎年、秋といったら??」
飛龍「鎮守府秋刀魚祭りの季節!いいねぇ!」
アクィラ「Sanma? 知らないお魚ですね…」
グラーフ「……貴官の言う作戦任務が、全く理解できない」
提督「具体的に説明するとだな…」
提督「秋刀魚漁の漁場となる海域に艦隊を展開。そこで遊弋する敵艦隊を撃破する」
提督「そうする事で同漁場の安全を確保。漁師の秋刀魚漁を支援して、ついでに今が旬の秋刀魚をGETするという任務だ」
アクィラ「ふむふむ…漁師さん達の支援なのですね!りょう・かい・です♪」
グラーフ「なるほど……あ、いや、待て待て待t」
村雨「細かい事は気にしないで、さっさと行きますよっ!」ニコッ
村雨「絶対後悔させませんから!」グイッ
グラーフ「おい待て村雨、まだAdmiralとの話は終わって……コラッ…!」スタタタ
提督「いってらっしゃ?い!」
65: 以下、
- 北方海域・アルフォンシーノ方面 -
村雨「村雨の、ちょっといいとこ見せたげる♪」
(道中)
木曾「弱すぎる!!」プシュー
ドカーン! ドンガラガッシャーン!!
軽巡ヘ級「ヘギャアアーーーーーース!!!!」ブクブク…
アクィラ「攻撃隊各機、カタパルトへ。連続射出、急いで―!」
グラーフ「稼働機は全部出せ! ハハッ、痛快だな」ピュー
ドカーン! ドンガラガッシャーン!!
軽母ヌ級「ヌオオオオーーーーーーン!!!!」ブクブク…
村雨「そろそろ渦潮が多発するエリアです。みなさん気を付けてください!」
アクィラ「あ?れえぇぇ」グルグルー
村雨「アクィラさんっ!!?」
(漁場到着)
蒼龍「行くよ!二航戦攻撃隊、発艦はじめ!」プシュー
飛龍「よしっ、友永隊、頼んだわよ!」プシュー
ドカーン! ドンガラガッシャーン!!
空母ヲ級「ヲアアアアーーーーーーン!!!!」ブクブク…
村雨「艦隊が勝利できてよかったです。白露型駆逐艦の力、あなどれないでしょ?」
木曾「……お前ほとんど何もやってないだろ」
村雨「えへへ♪」テヘペロ
66: 以下、
村雨「さあ!ここからは村雨の頑張りどころです!」
村雨「探照灯照射!そして魚群探知支援ができる装備の三式ソナー!」
村雨「あと漁師さんがいくつかポイントを教えてくれたので、それを参考に手分けして秋刀魚を釣りましょう!」
グラーフ「釣り…か……だが、釣り竿を持って来ていないのだが」
アクィラ「アクィラもです?」
村雨「心配ありません!みなさんの釣り竿も準備しています!」バーン!
飛龍「おー!いいねぇ!」
蒼龍「村雨ちゃん張り切ってるね?」
飛龍「一緒に釣ろう!蒼龍!」
蒼龍「うん、いいよ!」
木曾「俺は熟練見張員の妖精頼りで適当にやってるよ」
村雨「グラーフさんとアクィラさんは村雨と一緒に釣りましょう!」
村雨「やり方教えますよ♪」
グラーフ「あ、あぁ頼む」
アクィラ「よろしくお願いしま?す♪」
67: 以下、



村雨「……まぁこんな感じですね」
村雨「もっと詳しく知りたかったら、曙ちゃんに聞いてみるといいです!」
村雨「では早やってみましょう!」シュ チャポン
グラーフ「ふむ……思ってたより難しくなさそうだな」シュ チャポン
アクィラ「ん?…」シュ チャポン
アクィラ「……このまま竿?が引かれるのをずっと待つの?」
村雨「はい!」
アクィラ「ふあぁ…大変そうね……」
グラーフ「忍耐が必要だな」
村雨「そうですね…」
村雨「でも村雨は忍耐より『釣れるかな釣れるかな?♪』って期待のほうが大きい感じですね」
グラーフ「なるほど…そういう考え方も……ん…?」ググッ
グラーフ「んん…!来た、来たぞ!これは…予想以上の引きだ…!」ググッ
村雨「はっやーい!」
68: 以下、
グラーフ「はぁっ!」ブンッ!
ザバァ!
村雨「おぉ?!秋刀魚が釣れましたよー!」
アクィラ「すご?い♪」
グラーフ「これが釣り…か。中々面白いな……」
アクィラ「グラーフにできるなら、このアクィラにだって……きっとできるはず!」
村雨「ふふふ…村雨も負けてられないわ!」
アクィラ「あら?」ググッ
村雨「えぇ?!?アクィラさんにも??」
アクィラ「よしよし♪Sanmaさ?ん、いらっしゃ?い!」ブンッ!
ヒュー コツン
アクィラ「あ痛っ!?」
グラーフ「これは…?」
村雨「なにかの缶詰ですね……」
アクィラ「そんなぁ?」ガクッ
グラーフ「フフッ…」
69: 以下、
飛龍「ん??」
蒼龍「……」
飛龍「釣れないねぇ…」
蒼龍「そうねぇ…」
飛龍「!」
飛龍「ねえねえ!秋刀魚の釣果で勝負しない!?」
蒼龍「勝負?」
飛龍「釣った数で負けた方が勝った方に、秋刀魚を一匹焼いてあげるの!」
蒼龍「のった!絶対負けないんだからっ!」
飛龍「のぞむところ!」
70: 以下、
木曾「…………」
熟練見張員(ジー)
木曾「おい……熟練見張員の妖精さんよ?」
木曾「さっきから全然釣れないんだが、本当にここでいいのか?」
熟練見張員(ジー)
木曾「おいっ!」
熟練見張員(ムッ)
木曾「ん?」
熟練見張員(ペチペチペチ)
木曾「痛っ!いたた!何だよー!?」
熟練見張員(ビシッ!ビシッ!)
木曾「あぁ?文句言ってないでやれってか?」
木曾「まったく……じっとしているのは性に合わねぇって…」グッ
木曾「お…?」ググッ
木曾「来た来た!来たぞおい!」ググッ!
熟練見張員(フレー!フレー!)
木曾「おらあぁぁ!!」ブォンッ!
ザバァ!
木曾「よっしゃあ!釣れたぜー!」
熟練見張員(パチパチパチー!)
木曾「よし、引き続きサポート頼むぞ!」
熟練見張員 (`・ω・´)ゞ ビシッ!
71: 以下、
- 鎮守府・執務室 -
ガチャ
村雨「秋刀魚漁支援艦隊、帰投しましたー」
ゾロゾロ
提督「おっ、ご苦労様。みんな体をしっかり休めたか?」
村雨「はい!」
蒼龍「ねぇ提督、これって…」
提督「おお。獲ってきてもらった秋刀魚を、早みんなで食べようと思ってな」
間宮「みなさんお疲れ様です」
間宮「秋刀魚は塩焼きやお刺身、または蒲焼きの缶詰にして海の上で頂くのもオススメですよ!」
蒼龍「いいねいいね!」
グラーフ「なんと……執務室でこのような事を…」
アクィラ「いい匂?い♪」
飛龍「そうだね?♪」
木曾「いいのか?俺たちだけで」
提督「鎮守府秋刀魚祭り本番は、秋刀魚漁の任務を終えてからみんなでだな」
提督「あっそうだ。その任務があるから、そんなにたくさんは食べないでくれよ」
一同「は??い!」
72: 以下、
村雨「あーん、はふっ」
村雨「……ふふふ、いい感じいい感じ♪」モグモグ
提督「うむ!やっぱりこの季節は秋刀魚だな!」ムシャムシャ
飛龍「げほっげほっ。うぅ?、私も早く食べたいのに?」うちわパタパタ
蒼龍「言い出しっぺは飛龍よ?。期待してるから早くね?」パク
蒼龍「うんっ!皮がパリパリで美味しいです、間宮さん!」モグモグ
間宮「ふふ…。お刺身や蒲焼きもありますよ」
グラーフ「ではお刺身とやらをいただこうか」
アクィラ「アクィラもお刺身食べた?い!」
間宮「はい、どうぞ♪」
グラーフ「うむ」
アクィラ「ありがとうございま?す!」
間宮「生姜醤油につけて食べるのがオススメです」
グラーフ「ほう、これをつけてか…。いただきます」パクッ
アクィラ「いただきま?す♪」パクッ
モグモグ
アクィラ「ん?!美味しい♪」
グラーフ「ああ、なんというか…これが脂がのってると言うのか…?」
グラーフ「美味しい…!」
間宮「お口に合って良かったです。ご飯も用意してあるので、良かったら一緒にどうぞ♪」
73: 以下、
木曾「蒲焼きの缶詰をもらえるか?」
間宮「はい!何個にしましょう?」
木曾「4個で頼む」
間宮「わかりました。少々お待ちくださいね♪」
木曾(とりあえず姉貴達に1個ずつ持ってってやるか)
木曾(大井姉とかにはいらないって言われそうだけど、そうなったら多摩姉が食べるだろうし…)
村雨「ふふふ…」ササッ
木曾「な、なんだ?」
村雨「お姉さん達へのお土産ですねぇ??」
木曾「……そうだが、何か悪いか?」
村雨「いえいえ、お姉さん想いで優しいなーと思って」
提督「木曾は一応末っ娘だしな」モグモグ
木曾「ふんっ……俺に何か用か?」
提督「用があるってワケじゃないけど」モグモグ
提督「あまり食べてないように見えたからさ、元気ないのかと」モグモグ
村雨「提督が食べ過ぎなんですよ」
提督「あぇ?そう!?」
木曾「ハハハッ…俺も美味しくいただいてるよ」
木曾「心配する必要はない」
提督「そっか、それならいいんだ」
74: 以下、
ワイワイ ガヤガヤ
村雨「美味しいですね、提督」モグモグ
提督「うむ…」モグモグ
提督「ところで漁はどうだった?」
提督「特にグラーフとアクィラは初めての体験だろうからな。少し気になる」
村雨「そうですねぇ。お二人とも楽しんでくれてたと思いますよ」
村雨「秋刀魚もちゃんと釣れましたし」
提督「おー!そいつは良かった」ムシャムシャ
村雨「そういえば最初、アクィラさんが缶詰を釣り上げて自分の頭にコツンって。面白かったなー」
提督「はっはっは、そんな事があったのか」
村雨「……」
村雨「今年の鎮守府秋刀魚祭りも賑やかになりそうで、楽しみですね」
提督「そうだな。一年経って、仲間も増えたしな」
提督「秋刀魚祭り成功のためにも秋刀魚漁支援、村雨達には頑張ってもらわないとな!」
村雨「はいはーい!今年も村雨のちょっといいF作業、見せたげる♪」
おしまい
75: 以下、
以上で終了です。最後まで読んで下さった方、ありがとうございました。
おまけは自分が秋刀魚漁支援で、実際に編成した艦隊のちょっとした小話です。
この後、村雨は鎮守府近海(1-5)でも先制対潜装備で大活躍だったそうな。
77: 以下、
おつ
79: 以下、

続き・詳細・画像をみる


【拒食症】体重28kgの女性がマッチョなボディービルダーに変貌を遂げた姿をご覧ください

最後はやはり人と人。敵対関係にありながらも友好を築き上げた20のケース

友達に子供出来たけど旦那さんの子じゃない可能性が高い。二人で旅行した時に声をかけてきた男達と・・

「こいつ」「お前」呼ばわり許せる?

【悲報】ワイのネッコ、左とん平に似る

父と10年ぶりに住む事になり落ち着かない。脱ぎ捨てた靴下等が落ちていて嫌悪感が日に日に増してる

back 削除依頼&連絡先