ギルガメッシュ「我がau王だ!」浦島太郎「は?」金太郎「えっ」桃太郎「ん?」back

ギルガメッシュ「我がau王だ!」浦島太郎「は?」金太郎「えっ」桃太郎「ん?」


続き・詳細・画像をみる

1:
ギルガメッシュ「雑種共……いい気になるのも今のうちだ」
ギルガメッシュ「CM好感度一位だとしても……我がau王である事に変わりはない!!」
桃太郎「……」
浦島太郎「……」
金太郎「……」
ギルガメッシュ「つまり……我の言いたいことは……」
ギルガメッシュ「……我も三太郎のCMに出演させろ!!」
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1475669083
2:
金太郎「えっ……桃ちゃん誰あれ。 知り合い?」
桃太郎「いや、全然知らないけど」
浦島太郎「海外の人じゃね?」
浦島太郎「あー……チャーハン? ヒューマン?」
ギルガメッシュ「貴様……au王たるこの我にそのような態度を……自分が何をしているか分かってないようだな」
浦島太郎「いやー……それほどでも」
金太郎「いや褒めてないと思うよ」
桃太郎「あの、すいません……さっきからau王とか一体なんなんですか? 何者なんですか?」
一寸法師「あっ!!! ギルガメッシュじゃーん!!」
ギルガメッシュ「!!!? 貴様、何故我の真名を!!?」
3:
桃太郎「一寸知ってるの?」
一寸法師「あったり前じゃん!! だって俺、ずっといたからね!!」
ギルガメッシュ「な、なんだと!?」
セイバー「問おう、貴方が私マスターか?」
士郎「……?」
一寸法師「……」チョコン
イリヤ「やっちゃいなさいバーサーカー!!」
バーサーカー「■■■■■■■■■■■■■■!!!」
一寸法師「……」チョコン
士郎「俺の勝ちだ……アーチャー」
アーチャー「ああ……そして私の敗北だ」
一寸法師「……」チョコン
桃太郎「一寸どこにでもいるんだなー」
一寸法師「マジ凄いっしょ俺!?」
ギルガメッシュ「……」
4:
浦島太郎「えっじゃあ何。 お前どうすんの?」
ギルガメッシュ「そんなの決まっているだろう……」
ギルガメッシュ「ここで貴様らのうちの一人を倒す!!」
ギルガメッシュ「セイバー……我の力の前に屈しろ!!」
桃太郎「えっセイバー? 俺?」
金太郎「桃ちゃん剣持ってるからじゃない?」
桃太郎「あーなるほどねー」
浦島太郎「じゃあ俺フィッシャー!!」
桃太郎「すっげぇ弱そう」
5:
ギルガメッシュ「行くぞセイバー!!」
金太郎「来るよ桃ちゃん!!」
桃太郎「えー」
一寸法師「あいつはマジヤバイから気をつけて!! 沢山剣投げてくるから!!」
浦島太郎「やべえじゃん!!」
ギルガメッシュ「ゲートオブ……」
かぐや姫「桃ちゃん何やってんのー」
ギルガメッシュ「!!!」
6:
桃太郎「あーごめん、起こしちゃった?」
かぐや姫「ううん、目覚ましで起きたのー」
ギルガメッシュ「……」
金太郎「あれ、なんか急に止まった」
かぐや姫「……!!」
浦島太郎「かぐちゃん?」
かぐや姫「ギルちゃん!!」
金太郎「ギルちゃん!?」
ギルガメッシュ「……何故貴様がここにいる?」
7:
桃太郎「えっちょどういうこと?」
一寸法師「俺知ってるよ!! ギルガメッシュも月出身なの!!」
かぐや姫「小さい頃のお友達?」
浦島太郎「そこも繋がってるの!?」
ギルガメッシュ「……如何にも……我は型月出身だ」
かぐや姫「ギルちゃんもここに引っ越したんだ?」
ギルガメッシュ「当たり前だ……au王だからな」
浦島太郎「だからなんなのそのau王って」
8:
ギルガメッシュ「au王とは!! auに最も貢献している者に与えられる称号!!」
ギルガメッシュ「見ろ!! この山ほどのケータイ!!」
金太郎「うわっ!! 何その量!!」
ギルガメッシュ「しかし!! 貴様らのCMの影響はこの我が恐れるほど!! このままではau王の地位が危うい!!」
ギルガメッシュ「だから我もCMに出演しau王の座を維持するのだ!!」
桃太郎「いや、そんなに沢山ケータイ持ってる時点でau王だよね」
ギルガメッシュ「黙れ雑種!!」ビュン!!
一寸法師「あ!! 剣が!!」
ザシュッ!!!
金太郎「」バタッ
浦島太郎「あっ!!! 金ちゃん!!」
かぐや姫「頭が……」
桃太郎「パッカーン」
浦島太郎「そこでそれ言うの!?」
9:
桃太郎「一寸、あいつの弱点は?」
一寸法師「俺ら勝ち目ないよ」
浦島太郎「はぁ!!?」
一寸法師「いやぁ……だってなぁ……」
ギルガメッシュ「ゲートオブバビロン!!」
桃太郎「つーか剣でかくね?」
一寸法師「いやあ流石ですギルガメッシュ様!!」
ギルガメッシュ『三太郎の居場所はどこだ』
ギルガメッシュ『言わなければ……』
一寸法師『ひ、ひぃっ!! 案内します!!!』
花咲か爺さん『ワシカツどーん!!』
一寸法師『!!!』
花咲か爺さん『……?』
バッ
花咲か爺さん『あっ! ちょっと!!』
一寸法師『こ、このなんでも巨大化する灰があればあの三人を殺れますぜ兄貴』
ギルガメッシュ『ほう……気がきくな』
10:
桃太郎「お前本当クズだな」
一寸法師「変えていこうぜイメージ!!」
浦島太郎「殺してまでイメージ変えようとするの!?」
ギルガメッシュ「さらばだ!! 雑種共!!」
バリバリバリバリバリバリバリバリ!!!
ギルガメッシュ「ぐわああああ!!?」
桃太郎「!!?」
11:
浦島太郎「えっ……雷?」
桃太郎「!! もしかして……」
鬼「副業ッスウウウウウウウ!!!!」
桃太郎「鬼ちゃあああああああああん!!!」
12:
桃太郎「鬼ちゃんマジで助かった!! いや本当マジで!!!」
浦島太郎「俺らバトルキャラじゃないから本当マジで助かった!!」
鬼「それほどでもっす!!」
桃太郎「……あれ」
浦島太郎「どうしたの桃ちゃん」
桃太郎「……かぐちゃんがいない」
浦島太郎「ショォック……」バリバリバリバリ
ギルガメッシュ「……」ムクッ
浦島太郎「ダブルショォック……」バリバリバリバリ
13:
ギルガメッシュ「よくもやってくれたな……」
ギルガメッシュ「……死ぬ準備はできているんだろうな!!?」
鬼「ヤバイっすよ!! 死にたくないっすよ!!!」
鬼「俺には家族がいるのに!!!」
桃太郎「ねぇ、かぐちゃん知らない?」
浦島太郎「……」ダッ
桃太郎「つーか浦ちゃんっ!!!」
ギルガメッシュ「死ね!!!」
乙姫「おい」
ギルガメッシュ「!!!」ビクッ
14:
浦島太郎「乙ちゃん!!?」
かぐや姫「私が呼んだの!!」
桃太郎「かぐちゃん、いないと思ったら……」
ギルガメッシュ「き、貴様もここにいたのか……」
乙姫「てめー小さい時は妹をよく虐めてたよなぁ?」
ギルガメッシュ「は、はい……それはその……」
乙姫「言い訳するんじゃねえよ!!」
ギルガメッシュ「す、すいませんでしたあ!!!」
桃太郎・浦島太郎「……」
15:
乙姫「お前うちで働け」
ギルガメッシュ「!!?」
乙姫「人員不足なんだよ今」
ギルガメッシュ「い、いや……」
乙姫「あぁ!!?」
ギルガメッシュ「は、働きます!!」
乙姫「こいつ住み込みで働くってよぉ!!!」
従業員「FOOOOOOOOO!!!」
一寸法師「……」ソロソロ
乙姫「おめえも働くんだよ!!!」
一寸法師「は、はいいいいいいいい!!!」
16:
乙姫「ごめんね浦ちゃ?ん。 じゃあまた今度ね」
浦島太郎「は、はい……」
乙姫「行くぞおめえら!!」
ギルガメッシュ・一寸法師「は、はいい!!!」
かぐや姫「やったね♪」
桃太郎「う、うん……」
17:
金太郎「」
浦島太郎「あっそうだ!!! 金ちゃん!!!」
桃太郎「金ちゃんすげえよ!! 伝説作ったよ!!!」
桃太郎「一人だけなんもやってないって言ったけど凄いことやってのけたよ!!!」
浦島太郎「俺らの為に身代わりになったよ金ちゃん!!! すげえよ!!」
浦島太郎「普通の人じゃなかなかできねーよ!!」
桃太郎「だからさ……金ちゃん」
浦島太郎「葬式は派手にやるからな……」
金太郎「いや俺生きてるけど」ムクッ
18:
鬼「そういや自分、さっきの雷……ギルガメッシュ以外の人にも当てちゃったみたいっす」
金太郎「えっ」
桃太郎「まぁいいんじゃない?」
ランサー「」
?終わり?
3

続き・詳細・画像をみる


レゴマシンは繊細な作業だってできるんです! 紙を切り出し、箱を折る

喜多見柚「あまあまなバースデー」

成宮寛貴、薬物疑惑を完全否定「非常に憤りを感じます」 法的措置へ

滑り出した途端に転倒!!斜面で転んで滑り続けるスキーヤーが悲しい!!

まどマギの偽サイン色紙wwwwww

ドラクエの名曲をランキングにしてみたwww

back 削除依頼&連絡先