シンジ「半端ないゴールだね」 アスカ「えぇ、半端ないわね」back

シンジ「半端ないゴールだね」 アスカ「えぇ、半端ないわね」


続き・詳細・画像をみる


?ミサトの家?
アスカ「バカシンジィ、何してんの?」
シンジ「んー?ゲームだよ」
アスカ「あんたってゲームするんだ」
シンジ「その言い方酷くない?……..」
アスカ「で、何のゲームしてんの?」
シンジ「ウイニングイレブンっていうゲーム」
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1474888566
2: 以下、
アスカ「え!?あんたもウイイレしてたの?」
シンジ「アスカ知ってるの?」
アスカ「当たり前じゃない!!」
シンジ「当たり前って、、、、」
アスカ「私をどこ出身だと思ってるの?」
シンジ「ドイツでしょ」
アスカ「ワールドカップ優勝国よ優勝国!!」
シンジ「わ、わかってるよ。でもアスカがサッカーに興味があるなんて意外だよ」
アスカ「それはこっちのセリフよ。あんたみたいなやつがサッカー好きなんてね」
3: 以下、
シンジ「うるさいなぁ」
アスカ「ま、丁度今暇だし、遊んであげてもいいわよ?」
シンジ「対戦したいの?」
アスカ「あんたがぼっちで寂しそうだから仕方なく一緒に遊んであげるの」
シンジ「ホントは対戦したいだけのくせに」
アスカ「っさいわねぇ!!今PSP持ってくるから待ってなさいよ!」
シンジ「わかったよ……..」
アスカ「何ため息ついてんの!!」
シンジ「ご、ごめん」
4: 以下、
アスカ「でも寂しいわよねぇ?、PSPが製造中止になるからPSP版ウイイレはこの2014で最後なのよね」
シンジ「うん、僕の長年使ってきたPSPが…………」
アスカ「あんたも分かるのね、この気持ち」
シンジ「もちろんだよ」
アスカ「さ、感傷に浸ってないでやるわよ!舐めたプレーしたらこ〇すから!」
シンジ「切り替え早いなぁ」
アスカ「私は過去のことなんてどうでもいい女なの!」
シンジ「なんだよそれ……そういえばアスカは好きなチームとかあるの?」
アスカ「フフ、愚問ね……………バイエルンに決まってるじゃない!!!」
6: 以下、
シンジ「そ、そっか。まあ強いもんね」
アスカ「そういうあんたは好きなチームあるわけ?」
シンジ「僕は特に無いんだけどね、でも日本人が所属しているチームは応援したくなるよ」
アスカ「ったくつまんない男ねぇ。あ、ロードできた」
シンジ「つまんないってなんだよ。それで、どのチームで対戦するの?」
アスカ「最初は代表戦に決まってるじゃない!」
シンジ「ドイツ対日本か?、勝てる気しないよ…………」
アスカ「フフフ、私のドイツ代表は最強だから見てなさいよ」
シンジ「アスカがどれくらい上手いかわかんないけど、僕もやりこんでるから意地を見せないと」
7: 以下、
アスカ「(早くボコボコにして落ち込む顔が見たいわ?)」
シンジ「それじゃ、始めようか」
アスカ「フフ、あんたフォーメーションそのままなのね」
シンジ「まあね、そういうアスカは................!?」
アスカ「どうしたのバカシンジ?」ニヤニヤ
シンジ「なんだよ、このバルサのパクリフォーメーションは................4?3?3でCBはフンメルスとボア天狗、サイドはシュメルツァーとラーム、アンカーにシュバインシュタイガー、真ん中にミュラーとギュンドアン、最前列をゲッツェ、エジル、ロイスでSTにしてるじゃないか!!こんなの強すぎるよ!」
アスカ「そうよ!絶対に現実では無理でもウイイレだと最強になる、これが醍醐味なのよ!」
シンジ「アスカがそこまでするなんて思ってなかったよ」
8: 以下、
アスカ「天才の私を舐めてもらっちゃ困るわね」
シンジ「そもそもドイツ代表はウイイレ2014だと強すぎるよ........................」
アスカ「日本代表だって過去最高レベルに強いじゃないウイイレだと」
シンジ「そうだけどさぁ、全体的にもっさりしてるからなぁ日本代表の能力値.....................」
アスカ「愚図ってないでやるわよ!」
シンジ「分かったよ....................というかなんでそんなに寄ってくるんだよ」
アスカ「あ、あんたが不正しないかどうか見るためよ!!」
9: 以下、
シンジ「そんなことしないよ...................(アスカの実力を見てみるか)」
試合中
シンジ「..........................5対1.......................」
アスカ「あ?、楽しかったわ?!!」
シンジ「チートすぎるよ」
アスカ「ま、私から1点奪えたのは褒めてやるわ」
10: 以下、
シンジ「パスとドリブルのさが違い過ぎるよ」
アスカ「男なんだから言い訳なんかするんじゃないわよ、しょうがないから次は好きなチーム同士で勝負してやってもいいわよ」
シンジ「わかったよ.............................(よしっ、僕のレアルでアスカを完膚なきまでに叩きのめしてやる)」
アスカ「私はもちろんバイエルンを使うわ!!!(バカシンジの実力は大した事なさそうだし、どのチームでも勝てそうだわ)」
シンジ「僕はレアル使うからね(どうせ馬鹿にしてるんだろうな)」ニヤニヤ
アスカ「ふんっ、日本人所属のチームが好きなんじゃなかったの?」
シンジ「今はゲームだから関係ないよ、アスカ」
11: 以下、
アスカ「まあいいわ、あんたが銀河系使おうがたかが知れてるわ。どうせクリロナとベイルに頼るクソサッカーするんでしょ」
シンジ「勝手に言ってればいいよ」
アスカ「さ、やるわよ!!」
シンジ「うん」
アスカ「ん?あんただってレアルの布陣バルサのパクッてるじゃない」チラチラ
シンジ「まあね、こうした方が強いんだ(CMFになってるモドリッチとディマリアをOMFにした4?1?2?3の僕のチートチームさ)」
アスカ「ま、そんな小細工私には通用しないけどね」
シンジ「よーし頑張るぞ?(虐殺ショーの始まりだぁ)」
12: 以下、
試合中
ジョンカビラ「ゴーーーーーーール、クリスティアーノ・ロナウド?!!」
アスカ「チッ、バカシンジのくせに!!!」
シンジ「あはは...................」
13: 以下、
ジョンカビラ「ゴーーーーーーーール!!!」
ジョンカビラ「ゴーーーーーーーーーーーール!!!!これでハットトリック!!」
アスカ「........................................」カチャカチャ
ジョンカビラ「ゴーーーーーーーーーーーーーール!!」「ゴーーーーール!!」........................
ジョンカビラ「ここで試合終了?!!!7対0!!!いや?北澤さん、大差がついた試合になってしまいましたね?」
14: 以下、
アスカ「..................................」プルプル
シンジ「いや?楽しかったよ!(あ、やばい、泣きそうになってる)」
アスカ「..........................あんたさっき手加減してたわけ?...........................」グスッ
シンジ「て、手加減なんてしてないよ、今回はすごい調子が良かったていうかなんていうか....................................」
アスカ「嘘つきっ!もうバカシンジなんて知らないっ!」ダッ
シンジ「あ、待ってアスカ!」
バンッ
シンジ「やっちゃったよ........................謝ろう」
16: 以下、
トントン
シンジ「アスカ?」
アスカ「うるさい!」
シンジ「入るよ」ガラ
アスカ「何勝手に入ってんのよ!変態!痴漢!!」
シンジ「わ、悪かったよ」
アスカ「私を笑いに来たわけ?」
シンジ「違うよ、手加減してたこと謝ろうと思って」
15: 以下、
どちらかといえばアンカーはクロース、ギュンとエジルでロイスミュラーゲッツェにした方がいいと思う
シュバイニーは劣化しすぎ
17: 以下、
アスカ「やっぱりしてたんじゃない!最低ッ」
シンジ「ごめんよ」
アスカ「早く出てきなさいよ」
シンジ「アスカ、今日のブンデスの試合一緒に見ようよ」
アスカ「いや」
シンジ「アイス買ってくるから」
アスカ「...................................」
>>15 確かにそうですね!でもここでは一応2014ってことになってるんでご勘弁を
18: 以下、
シンジ「アスカがサッカー好きだって知って嬉しかったんだ」
アスカ「..........................................」
シンジ「もうゲームのことは忘れて一緒に見ようよ」
アスカ「.........................ハーゲンダッツ」
シンジ「え?」
アスカ「ハーゲンダッツ買ってきなさいよ..........................」
シンジ「あ、ありがとうアスカ、すぐに買ってくるね!」ダッ
ガチャ
アスカ「..........................バカ.................」
19: 以下、
?夜?
シンジ「アスカ?、そろそろ始まるよ?」
アスカ「分かってるっての、そんなことより早くハーゲンダッツ持ってきなさいよ!」
シンジ「はいはい」
アスカ「ほんとにとろいんだからぁ」
シンジ「お、始まった......................そんなに寄ってこなくても」
アスカ「見えづらいんだからいいでしょ!いちいちうるさいわねぇ」
ガチャ
ミサト「ただいま?、ってさすがに寝てるか」
20: 以下、
ミサト「ん?シンちゃんの部屋から何か聞こえる」
ガラ
ミサト「シンちゃんまだ寝てなかったの?」
シンジ・アスカ「!?」ビクッ
ミサト「これはどういうことかしら?」ニヤニヤ
シンジ「サ、サッカーを観てるんですよ」
アスカ「そうよ!サッカー観戦!!!」
ミサト「サッカーなんて興味あったのね、意外だわ。それにしても二人で観てるなんてねぇ」
21: 以下、
シンジ「えぇ、まぁ、今日色々あって」
アスカ「もうその話はいいっての」
シンジ「う、うん」
ミサト「まぁ、いいわ。それに、パイロット同士が仲良くなるのはいいことだしね」
シンジ「はい」
ミサト「そんじゃ、邪魔者は退散しなくちゃね!二人とも明日の朝ちゃんと起るのよ」
アスカ「言われなくても分かってるっての!!!」
シンジ「おやすみなさい、ミサトさん」
23: 以下、
ガラ
アスカ「ミサトはいつもうるさいわねぇ」
シンジ「あはは」
アスカ「あ、ゴール決まった」
シンジ「おぉ!半端ないゴールだね」
アスカ「えぇ、半端ないわね」
?完?
読んでくれた方、ありがとうございます
アスカと一緒にサッカー見たいよぉ
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1473422075/
前書いたやつでです
興味があれば読んでください
27: 以下、

続き・詳細・画像をみる


【話題】両者動かない剣道動画が話題 素人「無気力」、専門家は「良いもの見た」

【経済】格安スマホ、8割増…「実質0円」制限で人気

鷺沼で1万戸停電

【艦これ】雪風「しれぇ!ヘンテコな箱が見つかりました!」

【犬バカ】知人の息子に結婚目前の彼女がいたが別れてしまった!うちのわんこ達がきっかけで!

ちょっかい、出さずにはいられない。それがぬこのサガ…!

back 削除依頼&連絡先