【ラブライブ!】ルビィ「ルビィ気づいたんだ」back

【ラブライブ!】ルビィ「ルビィ気づいたんだ」


続き・詳細・画像をみる


ルビィ「私に足りないのは>>3だって」
ルビィ「だから選挙で最下位ばっかりなんだよ……」
3:
女性としての恥じらい
7:
ルビィ「ルビィには女性としての恥じらいが足りないんだ……」
ルビィ「見せパンだからいいかなー、とか。スパッツ履いてるからいいかなー、とか」
ルビィ「そういう精神がダメなんだよね」
ルビィ「ライブでも善子ちゃんとかパンチラすっごく気にしてるし」
ルビィ「ルビィも「キャッ///」とか言った方がいいのかなぁ……?」
9:
ルビィ「あ、曜さん。ペン落ちましたよ?」
曜「あ、ありがと」
ルビィ「ルビィ拾うからいいですよ。……んしょっ、と」
曜「……っ!?」
ルビィ(うわ、曜さんまたルビィのおっぱい見てる)
ルビィ(ちょっと前かがみになるとすぐこれだもん……)
ルビィ(ルビィの胸チラなんて見て何が楽しいんだろ?)
14:
ルビィ(あっと、忘れてた。そういえば恥じらいだったよね)
ルビィ(こんな感じかなぁ……?)
ルビィ「キャッ///」
曜「っ!?」
ルビィ「も、もう曜さん……/// そんな胸見ないでくださいよぉ……///」
曜「えっ!? あ、いやごめん! 違っ、ごごごごめんなさい!」
ルビィ「……もう、恥ずかしいんですよ?」
曜「う、うん。……つい」
ルビィ(はぁー、チョロ)
15:
ルビィ「ということで『女性としての恥じらい』は克服できたかな?」
ルビィ「次にルビィに足りないのは>>18だよ」
18:
あざとさ
22:
ルビィ「ルビィにはあざとさが足りないよね?」
ルビィ「もうちょっと媚びてる感じがいいかなぁ……」
ルビィ「花丸ちゃんとか語尾が『ずら』だもん」
ルビィ「あのくらいインパクトのあるあざとさが欲しいね」
26:
ルビィ「でも、あざとさを手に入れるって難しいなぁ……」
ルビィ「ルビィ、あざとさとは対極に位置するような存在だし」
ルビィ「うゅ♪ とか多用した方がいいのかなぁ……?」
ルビィ「……うわー。ないない。あれ普段使いする勇気はルビィにはないよ」
29:
ルビィ「となると、行動かな?」
ルビィ「平坦な道でズッコケるとか」
ルビィ「クレープの生クリームが頬っぺたに付いてるとか」
ルビィ「逆に曜さんの頬っぺたについた生クリームを舐めとるとか」
ルビィ「よし、試してみよっかな」
33:
曜「クレープ美味しいね、ルビィちゃん」
ルビィ「うゅ♪」
曜「助かったよー。私一人でクレープとか頼みにくい性格でさー」
ルビィ「そうなんですか?」
曜「うん。誰か一緒ならいいんだけどね」
ルビィ「えへへ。ルビィも曜さんと一緒に食べれて嬉しいです♪」
曜「っっ///」
38:
曜「も、もうっ。いきなりドキッとすること言うなぁ、ルビィちゃんは」
ルビィ「なにがですか?」
曜「な、なんでもないっ!」
ルビィ「……あ、曜さん」
曜「ん?」
ルビィ「頬っぺたにクリーム付いてますよ? ちょっと動かないでくださいね?」
曜「えっ? ……えっ?」
ルビィ「んっ……」ペロッ
曜「にゃっ、りゅびぃちゃ、にゃにを……っっ」
ルビィ「えへへっ、甘いです♪」
曜「?????っっ!!///」
曜「うわぁぁぁあああああぁぁああああ!!!!!!」ダッ!
ルビィ「あはっ、逃げちゃいました」
41:
ルビィ「ということで『あざとさ』は克服できましたね」
ルビィ「次にルビィに足りないのは>>44ですっ」
44:
おっぱい
47:
ルビィ「ルビィにはおっぱいが足りません」
ルビィ「花丸ちゃんとか鞠莉さん、果南さんはおっぱい大きいもんね」
ルビィ「ルビィにはおっぱいで興奮する変態さんの気持ちはわからないけど……」
ルビィ「ないよりはあった方がいいのかも」
48:
ルビィ「でも、どうしようかなぁ……?」
ルビィ「おっぱいを大きくする方法なんてわかんないよ……」
ルビィ「最近は寄せて上げるブラとか流行ってるみたいだけど」
ルビィ「根本的な解決にはならないよね……?」
ルビィ「うーん」
ルビィ「しょうがない。曜さんに相談しようかな」
52:
曜「え、ええっ!? なんで私!?」
ルビィ「お願いします……。ルビィには曜さんしかいないんです」
曜「そ、そんな……///」
ルビィ「一般的なアドバイスをくれるだけでもいいんです。曜さんも胸大きいじゃないですか。どうしたらそうなったんですか?」
曜「ええ……? これは、なんか普通にしてたらこうなったけど」
ルビィ「……そうですか」
曜「う……、いいアドバイスできなくてごめんね?」
ルビィ「いえ」
57:
曜「でも、一般的には食生活が大事ってよく聞くよ?」
ルビィ「食生活ですか?」
曜「うん。よく寝て、よく食べて、よく運動して。……規則正しい生活が単純だけど一番なんだって」
ルビィ「わぁ……、曜さんありがとうございますっ♪ さすが曜さん、頼りになります!」
曜「いやぁ、それほどでも。あとは……、あっ」
ルビィ「なんですか?」
曜「えっ!? いやいや、なんでもないよ!」
ルビィ「ぅう……。なんですか? 気になりますよぉ……」
曜「う……。あの、一般的にだよ? 別に私がしたいとかそういうんじゃないけど……」
ルビィ「はい?」
曜「その……、バストアップ体操っていうのがあって」
ルビィ「…………」
曜「…………」
ルビィ「揉みたいんですか?」
曜「ああっ、そう言われるだろうと思ったよ! ごめん、違うから! 今のなしで!」
ルビィ「ふふっ、触りたいならそう言ってくれればいいのに♪」
曜「だから今のなーしー!」
61:
ルビィ「ということで『私たちの育乳計画』は一旦終わりです」
ルビィ「今すぐには無理ですけど」
ルビィ「曜さんと一緒に育てられたらいいなぁと思います」
ルビィ「次は>>63ですっ。ルビィには>>63が足りません!」
63:

64:
威圧感
69:
ルビィ「ルビィには威圧感が足りません!」
ルビィ「果南さんとか普段は優しいですけど……」
ルビィ「真剣な表情になったらきっとかっこいいですよね」
ルビィ「容赦のない壁ドンできゅんきゅんしちゃう娘も多そうです」
ルビィ「ということで、次は威圧感を鍛えます! ふんぬ!」
73:
ルビィ「とはいえ、威圧感を鍛えるというのも難しいですね」
ルビィ「やっぱり筋トレから入るのがいいでしょうか……」
ルビィ「んぬぬぬぬぬ、いーーーーち。んぬぬぬぬぬぬぬぬぬ、にーーーーーーい、んぬぬぬぬぬぬ……」
ルビィ「ふぐっ」
ルビィ「もうダメ……」
78:
ルビィ「ふぅ……。少ししかしてないのに汗がすごいです……」
ルビィ「づがれだぁ……」
曜「あれ、ルビィちゃん? どうしたの?」
ルビィ「ふぇ……? 曜さん?」
80:
曜「私は日課のトレーニングに来てるんだ」
ルビィ「ルビィも、たまにはと思って来たんですけど……」
ルビィ「……えへへ。すっごい大変ですね。汗いっぱいかいちゃいました……」
曜「」ムラッ
84:
ルビィ(今気づいたけど、威圧感て筋肉とあんまり関係ないよね……)
ルビィ(あー、やめやめ。筋トレなんてルビィの柄じゃないよぉ?)
ルビィ(そうなると、やっぱり威圧感といったら壁ドンだよね)
ルビィ(真剣な表情で壁ドンでもしてればなんか威圧感ありそうだもん)
ルビィ「あの、曜さん」
曜「ん?」
86:
ルビィ「ちょっと壁際よってくれません?」
曜「うん?」
ルビィ「はい、そこら辺です。そこに立っててください」
曜「どうするの?」
ルビィ「……えへへ、いきますよ?」
87:
ルビィ「えいっ」壁ドンッ
曜「」
ルビィ「んっ!」顎クイッ
曜「」
ルビィ「ルビィのモノになれよ……」ササヤキ...
曜「?」
ルビィ「どうですか?」
曜「あの、ルビィちゃん近いよ……」
88:
ルビィ「ふふっ、ドキドキしちゃいますか?」
曜「……そうだね。ドキドキしてるかも。……だけど、ねえルビィちゃん」
ルビィ「はい?」
曜「本当の壁ドンっていうのはね……」クルッ
ルビィ「ひゃっ!?」
曜「こうするんだよ」ドンッ!
ルビィ「?????ッッ!?///」
曜「分かった? ルビィちゃん」
ルビィ「あ、う、あわ……///」
曜「ん?」
ルビィ「キュゥ……」バタンッ
曜「うえっ!? ルビィちゃんが倒れたー!?」
94:

続き・詳細・画像をみる


【悲報】橋本環奈さん、太るwwwwwwwwww (※画像あり)

【経済】安倍首相 「自由貿易が格差拡大は誤解」「日本では貧富の格差は縮小している」

「なんで人を殺しちゃダメなの?」←感情論抜きで答えられる奴いるの?

ラーメン二郎「腹減ったろ!?ほら食え!!」

若者の国民年金も年額14万円も減る、衝撃の年金カット法案

新基準の雄だった蒼天の拳天帰が減台されまっくてる件

back 削除依頼&連絡先