【ガルパン】エリカ「西住サンド・・・?」back

【ガルパン】エリカ「西住サンド・・・?」


続き・詳細・画像をみる


※みほが転校する前の話です
みほ「エリカさん、一緒に学食行こう?」
エリカ「え、えぇ、良いけれど・・・」
エリカ「その・・・みほは良いの?」
みほ「え? 良いって何が?」
エリカ「みほはその・・・結構友達が多いから」
エリカ「ほぼ毎日のように私と一緒に行かなくても・・・」
みほ「気にしなくて良いよ?」
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1479380914
2: 以下、
みほ「私はエリカさんと一緒に食べたいから」
みほ「みんながどうのこうのじゃないから」
みほ「ね?」ニコ
エリカ「そ、そう・・・」
みほ「今日は何にしようかなぁ??」
エリカ「(この娘・・・私に気を遣ってるのかしら?)」
エリカ「(そんなことしなくても良いのに・・・)」
まほ「エリカ」
エリカ「あ、隊長」
みほ「・・・・・・」
3: 以下、
まほ「・・・なんだ」
まほ「みほもいるのか」
エリカ「そ、そうですけど・・・」
みほ「・・・・・・」
みほ「・・・お姉ちゃん、今日も来たんだ」
みほ「毎日毎日、本当にしつこい女だね」ハッ
まほ「」ピク
エリカ「(今日も始まったあぁぁぁぁぁぁぁぁっ!?)」ビクビク
4: 以下、
みほ「お姉ちゃんさぁ? なんで毎日来るのかなぁ?」
みほ「学年違うよね? なのになんでわざわざ?」
まほ「・・・エリカと一緒に学食でもと」
みほ「え? エリカさんと? なんで?」
みほ「お姉ちゃんクラスに友達いないの?ww」
エリカ「(ぐはぁっ・・・!)」グサ
まほ「・・・・・・」
みほ「我が姉ながらみっともないなぁ」
5: 以下、
みほ「それでも西住流の戦車道やってるんだもんね?」
みほ「本当にさ、世間って馬鹿だよねぇ??」
みほ「そうだよね? エリカさん」ニコ
エリカ「えぇっ? あ、ああああの・・・!」ビクビク
まほ「・・・私とエリカがどう関わろうとお前には関係ないだろ」
みほ「え? 今何て言ったのお姉ちゃん?」
みほ「関わる? ・・・あっははははははははは!!」
みほ「私生活では誰からも相手にされていないのに?wwwwww」
みほ「あはっ! あっは! あはははははは!!wwww」
みほ「勘違いも甚だしいよwwww」
まほ「・・・・・・糞妹」ボソ
みほ「は?」
まほ「は?」
エリカ「(胃が痛いぃぃぃぃぃぃっ!!)」ギリギリ
6: 以下、
みほ「え? お姉ちゃん今何て言ったの?」
みほ「どっちが糞だと思ってるの?」
まほ「お前がな」
みほ「あ、そういうこと言っちゃうんだぁ?? へぇ??」
みほ「根暗女のくせして、口も悪いんだねぇ?」
まほ「お前もキチガイ女でさらに口も悪いがな」
みほ「は?」
まほ「は?」
エリカ「(ひいぃぃぃぃぃぃっ!?)」ギリギリ
7: 以下、
エリカ「ま、ままままままぁまぁまぁ!」
エリカ「た、隊長! お誘いありがとうございます!」
エリカ「み、みほ! 折角隊長もいらしたんだから!」
エリカ「一緒に学食行きましょう!? ね!?」
みほ「・・・うん」
まほ「エリカがそう言うのなら・・・」
みほ「」ギロ
まほ「」ギロ
エリカ「(きょ、今日はあっさりしたものを食べようかしら・・・!)」ギリギリ
8: 以下、
『食堂』
エリカ「(う・・・やっぱりハンバーグカレー食べたいわね・・・)」
みほ「エリカさんはいつものだよね!」
エリカ「え? えっと・・・今日は少し変えてみようかしら・・・」
みほ「あ、そうなの? じゃあ私もエリカさんと同じものにするね!」ニコ
エリカ「わ、わざわざ私に合わせなくても良いのよ?」
みほ「私がそうしたいんだぁ♪」ニコニコ
エリカ「そ、そうなの・・・」ハハッ
まほ「それならエリカ、今日は私と同じものを・・・」
エリカ「(隊長とお揃い!?)」ゴクリ
みほ「・・・・・・」
9: 以下、
みほ「エリカさんはもちろんハンバーグカレーだよね?」
みほ「いつも食べてるよね、それ」
みほ「私、知ってるから」ニコ
エリカ「そ、そう・・・」
まほ「おいみほ、エリカの好きにさせたらどうだ?」
みほ「お姉ちゃんと同じものを食べさせたら」
みほ「エリカさんが1人ぼっちになっちゃうよ?」ニヤ
まほ「は?」
みほ「は?」
エリカ「(もう手遅れよぉっ!)」ギリギリ
10: 以下、
まほ「笑顔で人を殺していそうな妹には言われたくないな?」
みほ「笑顔で戦車で人を傷つけているから孤独なんじゃないかな?」
まほ「は?」
みほ「は?」
エリカ「ちょちょちょちょ! もうそろそろ選びましょう!」
まほ「・・・・・・」
みほ「・・・・・・」
エリカ「(や、やっぱりスープ系にしようかしら・・・!)」ギリギリ
15: 以下、
『学園寮 自室』
エリカ「きょ、今日も疲れたわ・・・」
エリカ「(なんであの2人はあんなに仲が悪いのかしら・・・?)」
エリカ「(それも・・・こんな私に執着して・・・わけがわからないわ)」
エリカ「胃薬は・・・食後で良いわね」
コンコン
エリカ「」ビクッ
エリカ「(ま、また・・・!)」
17: 以下、
エリカ「み、みほ?」
『うん、そうだよ』
エリカ「貴女ねぇ・・・家に帰ったんじゃないの?」
『え? 違うよ?』
エリカ「ここに来るのなら、ちゃんと事前に言っt」
『えっ!? エリカさんに前以って準備するほどの用事があったの!?』
エリカ「うるっさいわよ!」
『どういうことかなぁ!? とりあえず開けて?』コンコンコンコン
エリカ「ちょ、ちょっと待っt」
『あれおかしいなぁ? 全く開かないよ?』ガチャガチャ
『どうして開けてくれないの? それともドアが悪いの?』ガコンガコンガコンガンッ
エリカ「だ、だから待っt」
『あ、お客さんがいるのかな? それなら私も挨拶しなきゃ!』ベキベキベキカランカラン
『 開 ー け ー て ー ? 』バンバンバンバンバン
18: 以下、
エリカ「ちょっとみほ! ドアノブ7,500円するのよ!?」ガチャ
みほ「えへへ・・・お邪魔します☆」
みほ「エリカさん、誰かいるの?」
みほ「いるんだよねぇ? えへへ・・・そうだよねぇ?」
みほ「バールで鼻を抉り取ってあげなきゃ・・・」ツカツカ
エリカ「私1人よ! 第一貴女以外ここに誰も来ないでしょ!」
みほ「あ、そっか」
エリカ「まったくもう・・・」
19: 以下、
『30分時間後』
みほ「それでね? お姉ちゃんを八甲田山に置き去りにしてさぁ・・・」ニコニコ
エリカ「そ、そうなの・・・?」ヒキ
エリカ「(・・・・・・)」
エリカ「(・・・それにしてもみほって)」ジー
エリカ「(何か・・・全てにおいてムラムラするわね)」ムラムラ
エリカ「(自信のなさそうな表情・・・なおかつ整った顔)」
エリカ「(それに普段はこの娘、とっても良い娘だし)」
エリカ「(あんなこと言ってるけど、もしかしたらM寄り?)」
エリカ「(案外多少強引にされたい・・・とか?)」
エリカ「(この娘の本当に怯えた姿を見たとき)」
エリカ「(私はどうするのかしら・・・?)」
エリカ「(黙ってみほの顔にスカートを被せる・・・わね)」
20: 以下、
エリカ「(それにみほのこの身体・・・)」
エリカ「(やや華奢ながらも、非常にバランスの良い線を描いているわね)」
エリカ「(胸部にしろ臀部にしろ、そこまで自己主張の激しくない数値にしても)」
エリカ「(腰回りが細い所為か、ぷりっとした可愛さがあるわね)」
エリカ「(それでも全体的に引き締まり過ぎていないところが良いポイントね)」
エリカ「(そして何より・・・この脚! あっし! 圧死ぇ!!)」ジー
エリカ「(どうしてこんなに脚が長くて美しいのよ!?)」
エリカ「(大腿筋膜張筋、大内転筋、長腓骨筋のこの絶妙な発達具合!)」
エリカ「(それでいてスリムなシェイプ! これが西住流美脚道なのね・・・!)」ムラムラ
みほ「・・・・・・」
21: 以下、
みほ「エリカさん?」
エリカ「ふぇちっ!?」
みほ「私の脚をジッと見て、どうしたの?」
エリカ「い、いいいいえ?」
みほ「今、スカートの中も見てたよね?」
エリカ「ち、恥骨の結節と結合の間の角度が妙にいやらしい・・・・・・っ!?」
みほ「ふふっ・・・そっか、エリカさんって」
みほ「いつも私をそんな目で見てたんだぁ・・・?」スッ
エリカ「えっ!? ちょ、ちょっとみほ近い・・・!///」
エリカ「(はうぁっ!? シトラス風の甘いラムネのルームノートがぁ・・・!///)」ムラムラ
24: 以下、
みほ「もっと私を見て良いんだよ?」
みほ「腰回りとか・・・胸もね?」サワッ
エリカ「ひゃうぅっ!?///」ビクッ
エリカ「み、みほ、こ、これ以上は・・・!///」ムラムラ
みほ「エリカさん、私に任せて?」
みほ「ほら、力を抜いて・・・」シュル
まほ「そこをどけ、ゲロ妹」
エリカ「!?」
みほ「!?」
役人「!?」
25: 以下、
エリカ「ちょ、ちょっと! 隊長がどうしてここに!?」
まほ「あぁ、すまないな」
まほ「お手洗いを借りていた」
エリカ「はぁ!? 隊長を家に入れたつもりはないんですが!?」
まほ「私はお前の部屋のトイレでしか用が足せないんだ」
エリカ「いつからそこにいたんですか! 私も使ったんですけど!」
まほ「ずっと天井に張り付いていたんだ」
まほ「それとエリカ、お前用を足すときはズボンとパンツを全部脱ぐんだな」
エリカ「うるっさいですよぉ!///」
27: 以下、
みほ「あーあ、折角良いところだったのに・・・」
みほ「本当に私の邪魔をするのが好きなんだね、お姉ちゃんは」
まほ「なんて淫らな妹なんだ・・・」
みほ「は? どっちが淫らなのかなぁ?」
みほ「毎晩毎晩5時間は自分でシテるよね?」
みほ「ヘリコプターみたいな音を立ててするのやめてくれないかなぁ?」
まほ「あれは日課なんだ」
エリカ「隊長! 自重して下さい!」
まほ「そうだな、3時間にしておこう」
28: 以下、
まほ「まったく躾の悪い妹だ・・・少しお仕置きが必要だな」チャキ
エリカ「ちょっ!? どうしてそんなもの・・・!」
みほ「・・・あっははははははは!! そんな豆鉄砲で何をするの?」
みほ「こっちはもっと大きいんだよ?」ジャキ
まほ「っ!」
みほ「これでエリカさんを陰で馬鹿にしていた娘達の」
みほ「頭に撃ってあげたらね? すっごく面白かったんだよ!」
みほ「スイカみたいにパーッンって破裂してね?」
みほ「お姉ちゃんもこれでフェイスファックしてあげる!」
まほ「やれるものならやってみろ、ビッチ」
みほ「あ?」
まほ「あ?」
エリカ「(ひえぇぇぇぇぇぇぇぇっ!?)」チョロ
29: 以下、
みほ「便所女の癖に生意気じゃないのかなぁ?」
まほ「もう1度言ってみろよクソガキ? お?」
みほ「は?」
まほ「は?」
エリカ「もうやめて下さい! そろそろ外も暗くなりましたから!」
エリカ「家に帰って下さい!」
みほ「・・・エリカさん、続きはまた今度・・・ね?」ニコ
エリカ「っ!?///」ムラッ
まほ「エリカ、明日からは緑の便座カバーにしておいてくれ」
エリカ「出てけぇっ!!」
30: 以下、
『数日後』
エリカ「(きょ、今日はみほからデートに誘われたわ・・・!)」
エリカ「(と言っても、ボコミュージアムに行くのだけれど・・・)」
エリカ「(ちゃんと営業してるんでしょうね・・・?)」
エリカ「(・・・で)」チラ
みほ「・・・・・・」
まほ「・・・・・・」
エリカ「(はぐぐぐぐぅ・・・っ!)」ギリギリ
エリカ「(どうして隊長まで!? いや、嬉しいけど!)」
31: 以下、
みほ「お姉ちゃんさぁ、四肢を斧で切断して」
みほ「目と喉を毒で潰して、耳を削いで」
みほ「ぼっとんトイレの穴の中に突き落とすよ?」
まほ「家にある散弾銃の銃身を切り詰めてお前の頭に撃ち込んでも良いんだぞ?」
みほ「あ?」
まほ「あ?」
エリカ「・・・・・・」
32: 以下、
エリカ「(・・・こうして見ると)」
エリカ「(やっぱり隊長も良い身体をしているわね)」
エリカ「(引き締まった体は元より、隊長と良い接触を得るには)」
エリカ「(心理的な要因が大きく関係しているに違いないわ)」
エリカ「(体調もなんとなくMな気がするわ)」
エリカ「(姉妹揃ってM・・・おまけに可愛いところもそっくりだわ・・・)」ジー
まほ「・・・?」
まほ「エリカ、何をニヤけているんだ?」
エリカ「えっ!?」ビクッ
エリカ「(わ、私ったらこの状況で何を考えているのよ!?)」
エリカ「(段々私の頭もおかしくなってきたのかしら・・・!)」
33: 以下、
まほ「エリカ」スッ
エリカ「ふぇっ!?///」ドキ
まほ「この前は邪魔をしてしまったようだな・・・」
まほ「私が代わりになっても良いんだぞ?」
エリカ「えっ!?/// な、何を・・・///」
まほ「みほよりも、もっと良いことをしてやろう・・・」
エリカ「しょ、しょんな・・・///」
34: 以下、
上のはミスです
35: 以下、
まほ「エリカ」スッ
エリカ「ふぇっ!?///」ドキ
まほ「この前は邪魔をしてしまったようだな・・・」
まほ「私が代わりになっても良いんだぞ?」
エリカ「えっ!?/// な、何を・・・///」ドキドキ
まほ「みほよりも、もっと良いことをしてやろう・・・」ニコ
エリカ「しょ、しょんな・・・///」
みほ「その汚らしい手を切り落とすよ? 阿婆擦れ女」
まほ「は?」
みほ「あ?」
36: 以下、
みほ「・・・って、そろそろショーの時間だね」
まほ「・・・そうだな」
みほ「エリカさん、そろそろ行こっか?」
エリカ「え、えぇ・・・」
エリカ「(な、何か嫌な予感が・・・!)」ギリギリ
エリカ「(最近胃が痛いし、便器が赤くなってるし・・・病院行こう・・・)」ギリギリ
39: 以下、
『ボコ・ザ・ビザールショー』
DQNネッコ「おらおらぁっ!」ドカッ
DQNイッヌ「手も足も出ねぇか!」バキッ
DQNワッニ「ゴミめ!」ゲシゲシ
ボコ「ぐあぁ・・・っ!」
ボコ「みんな・・・オイラに・・・力を・・・!」ピクピク
みほ「ボコォ! 頑張れぇ?!」
エリカ「(な、何なのこれは・・・)」
まほ「数秒後のみほ・・・か」フッ
みほ「・・・後でブッ殺す」ボソ
まほ「」ペッ
エリカ「」ゾワ
40: 以下、
みほ「あ、そうだ」
みほ「ねぇエリカさん」ギュ
エリカ「えっ?」
みほ「実はね? 話したいことがあったんだ」ニコ
エリカ「あ、あのどうして手を握るのk」
みほ「え? 何か言った?」ニコ
エリカ「」ブンブンブン!
まほ「実は私もエリカに話したいことがあってな?」ギュ
エリカ「おぉっ!?」ビクビク
まほ「幸い、ここには私達しかいない」ニコ
41: 以下、
みほ「エリカさん・・・エリカさんはさぁ・・・」
みほ「私のこと、どう思ってるの?」
エリカ「(まさかこれは・・・!?)」
まほ「私もみほと同じだ・・・エリカ」
まほ「お前は私をどう思っているんだ?」
まほ「ただの上官?」
みほ「ただの友達?」
みほまほ「 ね ぇ 」
みほまほ「 ど っ ち ?」
エリカ「え、えっと・・・えっと・・・!」
エリカ「(あぁぁぁぁぁぁっ!? そんな急に何なのよぉっ!?)」
エリカ「(え、えっとぉ・・・えっとぉ・・・!!)」
エリカ「あ、あの・・・!」
エリカ「ど、どっちも良いかなって・・・ぐふふっ」
43: 以下、
エリカ「・・・・・・」
エリカ「・・・・・・・・・」
エリカ「・・・・・・・・・・・・」
エリカ「・・・・・・?」チラッ
みほ「≪ ?》 《 ?≫」
エリカ「ひっ!?」チョロ
エリカ「」チラ
まほ「≪? 》 《? ≫」
エリカ「ひいぃぃっ!?」チョロ
44: 以下、
みほ「そっか・・・そうなんだね・・・」
まほ「こうなっては、心にではなくて・・・」
みほまほ「体に聞いてもらうしかなさそうだな(だね)♪」ヒタヒタ
エリカ「あ・・・あぁ・・・っ!?」ジリジリ
エリカ「アッーーーーーーー!!♀///」
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
45: 以下、

続き・詳細・画像をみる


【画像】あやみ旬果とかいうAV女優のおっぱいwww

今の侍ジャパン、リーダー不在

『私がモテてどうすんだ』6話感想 逆カプ戦争!カップリングの切れ目は円の切れ目?

アルドノア・ゼロの続編さっさと作るんだよ!!

昔のアニメ特撮関係にはナチスをイメージさせるキャラが無闇に多い

トランプ氏、マスコミに知らせずにレストランに マスコミ激おこ

back 削除依頼&連絡先