【艦これ】提督「掃除でもするか」back

【艦これ】提督「掃除でもするか」


続き・詳細・画像をみる


―提督室―
提督「ウィーン」
(棚の裏)
…ズゴゴゴゴゴゴゴ
提督「!なんだ?何か引っ掛かったぞ」ゴソ
提督「これは…千代田のエッチな同人誌?……なんでこんなところに…」
提督「まあいいか、そういえば今日から秘書艦は臨時で千歳だったな・・・この本は隠してあとで楽しむか…」
千歳「何がですか?」ヒョコッ
提督「ん?これだよ、千代田の同人誌…って、ち、千歳!?いつからいたんだ!?」
千歳「えっと、ウィーンの時からです」
提督「最初からいたのかよ!てか聞かれてた…」
千歳「それより提督、それはどういうことですか?」ニコニコ
提督「あ…いえ…その……わかりません…」ダラダラ
千歳「処分します」ニコ
提督「ああー!返せよー!コラ!」
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1478016613
2: 以下、
千歳「ダメです!返しません!だいたい、大切な妹がこんな姿で、こんな…うわぁ…///」パラパラ
提督「おい、何中身見てんだよ」
千歳「み、見てませんよ!?何言ってるんですか!?」パラパラ
提督「いやいやいや…、お前処分しますとか言って、どうせ自分の部屋でじっくり堪能するつもりだろ?」
千歳「」ギクッ
千歳「そ、そんなわけないじゃないですか…」
提督「バレバレだぞ・・・フッ、けどな千歳、お前は肝心なことを忘れてるぞ、同じ部屋にはその千代田がいることをな」
千歳「あ…」
提督「いくら部屋にプライベートな空間があっても、そいつを隠しながら楽しめるのか?」
千歳「それは……」
提督「さらにだ!もし見つかったらどうするつもりだ?いくらおねえ大好き千代田でも、お前が妹の同人誌持ってる変態だって知ったらどう思うかな!?」ビシッ
千歳「!?もし、ばれたら…」
3: 以下、
千代田(提督裏声)「うわぁ…何これ…おねえって近親が趣味だったんだ…最っ低!……もう沈めば?」
千歳「あ…ああ…そんな…私の千代田がぁぁぁぁぁー!…」ウワーン
提督「嫌だろ?だったらちょっと俺の考えを聞かないか?」
千歳「…何ですか?」グスッ
提督「簡単な話だ、俺もお前もこいつを楽しむためには、誰にも見つからない共有の場所が必要だろ?」
千歳「はい…でもどこにそんな場所あるんですか?」
提督「ここにあるじゃないか!ここ提督室は基本的に秘書艦以外は許可がないと入れないことになっている、だからここは鎮守府一安全で健全な読書コーナーだ!」
千歳「!そうか、今の秘書艦は私だから、私と提督以外は簡単には入れない!」
提督「そうだろ、どうだ?俺の考えにのらないか?」
千歳「く…わかりました、本当は一人で楽しみたいですけど、しょうがないですね、のりましょう」
提督(ちょろいな)
提督・千歳『』ガシッ
4: 以下、
提督「よし!じゃあ解決したことだし、さっそく読もうかな?」ギシ
千歳「あ!ずるい、私も読みたいです!」ギシ
提督「…なんで俺の上に座るの?」
千歳「え?だって立って見るのも疲れますし、こっちの方が見やすくないですか?」
提督「いや…でもなぁ…」(ああ…)
千歳「いいじゃないですか、ほら早く!」
提督「はいはい…」パラパラ
提督・千歳『うわぁ…何これ?』パラパラ
提督「そういえば、千歳と千代田ってどっちが胸でかいんだ?」
千歳「……だいたい同じくらいですよ、でもこれだとちょっと、大きく描かれてますね」
提督「ふ?ん」
5: 以下、
提督「」ビンビンマル
千歳「…///あの…提督?なんか、当たってるんですけど…」
提督「ん?ああ、こいつは失敬」シナシナ
千歳「え?それって自由自在なんですか!?」
提督「なんだ?知らなかったのか?ほれ!」ビビン
千歳「うわ///そんなことが…ってあれ?」
提督「ほ!」シナシナ
千歳「…なんか無駄な特技ですよね?」
提督「何を言うか!男にとってはこれ以上のことはないんだぞ!」
千歳「そうなんですか?まあいいですけど…それより提督、続き続き」
提督「おっとそうだった」パラパラ
提督・千歳『……ふぅ…』
6: 以下、
?一時間後?
提督「いやー、まさかあんな薄い本に一時間もかけるとは思わなかったな」
千歳「すっかり堪能してしまいましたね」
提督「ああ、っともうこんな時間か、千歳、夕飯がてら今日の意見交換といくか?」
千歳「いいですね、では食堂へ行きましょう」
―食堂―
千歳「今日は何にしようかなー」
提督「俺は日替わり定食にしよう」
千歳「あっじゃあ私もそれにします」
提督「鳳翔さーん、日替わり二つね」
鳳翔「はーい、少々お待ち下さーい」
千歳「今日はなんでしょうね?」
提督「なにかななにかなー」ワクワク
千代田「あれ?お姉、帰ってこないと思ってたら、提督と一緒だったんだ」
千歳「ち、千代田…そ、そう、ちょっと執務が溜まってて時間かかっちゃったの」
千代田「ふ?ん、そっか、お姉もこれからご飯?だったら一緒に食べようよ!」
千歳「え…ええいいわよ、ね、提督?」
提督「お、おう、そうだな」
鳳翔「はい!お待たせしました」
提督「ああ、どう…も!?」
千歳「どうしました提督?……うわ、これは…」
鳳翔「あの…どうかしましたか?」
提督「あ、いやいやなんでもない!行くぞ千歳!」タタタッ
千歳「は、はい!」タタタッ
鳳翔「?」
8: 以下、
提督(なんで今日に限って日替わりのおかずがアワビなんだよ…しかも網焼きでそのままって、狙ってんのか?)ヒソヒソ
千歳(知りませんよ!だいたいさっきの今でこんなの食べれませんよ!本人も前にいるし…)ヒソヒソ
千代田「どうしたのおねえ?提督も…」
提督「いやいや、なんでもない、気にしないでくれ」ハハハ
千代田「?あ、そうだ提督、食事が終わったらお時間ありますか?」
提督「え、ああ…大丈夫だけど?今日の執務は特にないし」
千代田「よかった、では後で提督室に伺いますね?」
提督「ああ、わかった」
千歳「千代田、提督に何か用事?」
千代田「え!ち、ちょっとね…」アセアセ
千歳「ふ?ん」
9: 以下、
千代田「ごちそうさまでした、では提督、後程」トコトコ
提督「おう」
千歳「なんでしょうね用事って」
提督「さあな、それより俺たちも戻るか」
千歳「そうですね、ごちそうさまでしたっと」
提督「ごちそうさま」
千歳「では提督室にもどりましょうか」
提督「おう」
10: 以下、
―提督室―
提督「じゃあ、これの隠し場所だが…」
千歳「そうですね…ではやはり執務机の引き出しに入れて、その上に板を重ねて二重にする方法にしますか?」
提督「そうだな…ベタだが、引き出しは基本俺しか開けないし、それで大丈夫だろう」
千歳「はい、では二段目に入れておきましょう、」
提督「おう、まあ今日はいろいろあったけど、これで大丈夫だろう」
千歳「はい、全体に守り抜いてくださいね」
提督「わかってる、じゃあ戻っていいぞ、おやすみ」
千歳「では、おやすみなさい、失礼します」
バタン
提督「ふぅ、正直こんなことになるとは思わなかったな、まあ捨てられなかっただけいいけど」
コンコン
提督「ん?どうぞ?」
千代田「提督、失礼します」ガチャ
提督「おう、来たか、それで用って?」
千代田「はい、あ…あの、その…」モジモジ
提督「?どうした、お前らしくない」
千代田「じ、実は…これなんですけど///…」バッ
『千歳のエッチな同人誌』
提督「」
11: 以下、
提督「え?どゆこと?」
千代田「実はこれの隠し場所に困ってまして、どうしたものかと///…」
提督「は、はあ…」(こいつら姉妹で何やってんの…?)
千代田「やっぱり、気持ち悪いですよね、姉の同人誌持ってる妹なんて、そうですよね…」ズーン
提督「いや…そんなことはないぞ、でも今まではどうしてたんだ?」
千代田「今までは持ち歩いてました」
提督「…え?出撃の時は?」
千代田「持ってってました」
提督(こいつまじか)
千代田「でも最近の海域はけっこう被弾の確率が上がってきたので、このままではまずいと思いまして」
提督「なるほどな、部屋じゃ限界あるしな」
千代田「そこで、最悪見つかっても提督のせいにできるここに置いてほしいんです!」
提督「はあ!?お前、ここは秘書官の千歳の出入りが頻繁なんだぞ!?誤解されたらどうするんだ!?」
千代田「お願い!」
提督「断る!だいたい、ここに隠してどこで読むんだ!?」
千代田「それは…読むときはここに来ようかと…」
提督「提督室ガバガバだな!」
千代田「お願い!提督も読んでいいから!」
提督「何だと!?…くっ…だが…」
千代田「どうかこのとうり!」
12: 以下、
提督(どうする…正直すごく読みたいです、でも、もし千歳に見つかったら…)ギリッ
提督(…いや待て、さっきの千代田本同様に、二重にすればいけるか?)ウーン
千代田「…提督?」
提督「わかった、特別だぞ」
千代田「本当!?やったー!ありがとう提督!」
提督「言っておくが、読んでいいのは俺がここにいるときだけだからな?勝手に入らないでよね!!」
千代田「はいはい、わかってますよ、それで隠し場所ですけど…」
提督「引き出しの三段目にしよう、上に板を重ねて二重にする」キリッ
千代田「なるほど、これならお姉も気づかないかな…ってなんか手慣れてますね?」
提督「気のせいです」
千代田「そうですか?まあいいですけど、では頼みましたよ?」
提督「ああ、わかったわかった」
千代田「では今日は失礼します、全体守り抜いてくださいね」
提督「まかせろ」
千代田「では」ガチャ
提督「まさかの展開だな…まあ新しいのが手にはいったし、よしとするか」
提督「ではさっそく…」パラ
提督(こ、これは…すごい…)ズズズン
13: 以下、
-次の日-
提督(昨日の夜はちょっと頑張りすぎたな…)ファァ
千歳「どうしました提督、眠いんですか?」
提督「いやあ…昨日は豊作だったもんで、つい…な」
千歳「豊作?一冊だけですよね?」
提督(しまった…)
千歳「…提督?私に何か隠してませんか?」
提督「い、いや…別に…」
千歳「本当ですか?」ジトー
提督「本当だって、ほらそれより仕事仕事!」
千歳「…まあいいですけど……早く終わらせて読書タイムにしましょうか」
提督「え?昨日読んだじゃん」
千歳「何言ってるんですか、毎日読んでも足りないくらいですよ!?」
提督「…このお姉ちゃんやだ」
14: 以下、
-読書中-
提督「なあ千歳?」
千歳「なんですか?いまいいところ…」ペラ
提督「やっぱり俺の上で読むのやめないか?」
千歳「なんでです?」パラ
提督「いやほら、急に誰かが入ってきて、俺の上で同人誌読んでるお前のこと見たらそいつどう思う?」
千歳「大丈夫ですよ、ノックくらいしますよ」パラ
提督「そうかなぁ?」
ガチャ
千代田「提督?」
提督・千歳『ふぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!!!』ガッシャーン
15: 以下、
千代田「!!ちょっと?!大丈夫二人とも!?」
提督「いってー…ノックくらいしろよ!!」(やば!本どこいった!?)
千代田「すいません、おねえも大丈夫!?」
千歳「」モゴ
千代田「…おねえ?」
千歳「…ふぁいふぉうふふぁふぉー…」ウツムキ
提督(ん?…なんだ?まさか…)
千代田「そっか…よかったー」ホッ
千代田「それより、二人で何してたの?」
提督「いや…なんでもないよ、んでなんか用事か?」
千代田「あっそうだ、あの件なんですが…」コソコソ
提督「?ああ、あれか」コソコソ
千代田「今日の夜でいいですか?」コソコソ
提督「さっそくだな…まあいいけど…」コソコソ
千代田「ありがとうございます、では今夜19:00に」コソコソ
提督「ああ、わかった」コソコソ
千代田「では、失礼しますね」ガチャ
16: 以下、
提督「あぶねー、ばれるところだった……それより」チラ
千歳「」モグ
提督「おい」
千歳「ふぁい?」
提督「まさかとは思うが…まさかな…」
千歳「………うぇ…」ボト
『千歳のエッチな同人誌』ベトベト
提督「てめぇー!!なんてまねしやがる!!」
千歳「すいませんすいません!!でもあの状況ではこれしかなかったんです!!」ドゲザー
提督「だからってこれはねえだろ!!」ベトー
千歳「どうしましょうか…」
提督「どうしましょうかって…捨てたくないしな……」
17: 以下、
提督(いや待て、これってどさくさに紛れて千歳の唾液を…)ゴクリ
千歳「…名残惜しいですが、やっぱり捨てましょうか」
提督「いや捨てない、これは俺が保管する」ベトー
千歳「え?でもこんなベトベトだし…」ベトー
提督「千歳よ、お前は大好きな妹が活躍しているこの本を簡単に諦めるのか?」ベトー
千歳「…え?…でも…」
提督「お前の妹に対する愛は、その程度なのか!?」
千歳「・・・!!」
千歳「そんなわけないじゃないですか!いくらベトベトでも千代田は千代田です!!私の可愛い妹です!!」
提督「そうだろ?いくらベトベトでも千代田は千代田だ!!」
千歳「提督、目が覚めました…私、自分の妹を見た目で判断するところでした」グスッ
提督「いや、わかってくれると思っていたよ」ニコッ
千歳「提督…///」
提督「さあ、今日はもういいから、大好きな妹のもとへ行きなさい!」
千歳「はい!ありがとうございます提督!失礼します!」ガチャ
提督「……さてと、拭かなくていいか」
イヤッホー!!!
18: 以下、
-その日の夜-19:00
提督室
千代田「提督?いますか?」ガチャ
シーン
千代田(あれ?提督いないのかな……)キョロキョロ
千代田「いないな…せっかく楽しみにしてきたのにな…」チラッ
執務机が目に入る
千代田「」ゴクッ
千代田(確か…三段目だったよね?…ちょっと見るだけ、見るだけなんだから)スッ
千代田「………え…?」
19: 以下、
-そのころ食堂-
提督・千歳「」モグモグ
提督「!!まずい!」ガタッ
鳳翔「え…おいしくなかったですか?」
提督「ああ…いえ、そういう意味じゃなくて」
千歳「どうしました提督?」
提督「大変だ…千代田のベトベトのバイブル……三段目にしまった気がする…」サアー
千歳「?別に私と提督しか見ないんですし、大丈夫じゃないですか?」
提督「大丈夫じゃないんだ…」
千歳「どういうことです?」
提督「いや、だから、三段目にはお前の同人誌が……はっ!」
千歳「…私のなんです?」
提督(やばい)
千歳「提督?」ニコニコ
提督「…・・・撤退!!」ダッ
千歳「あ!こら!逃がしませんよ!!」ダッ
20: 以下、
マテー!!
提督(まずい、まずいまずい…)タッタッタ
提督(千歳にばれたか?いや、最悪千代田のせいにすればなんとか…)タッタッタ
提督(…てか今何時だ?)チラッ
19:20←腕時計
提督(やべえ!千代田との約束の時間過ぎてんじゃん!!)タッタッタ
提督(あいつまさか引き出し空けてないよな?…ドアノックして、俺がいなかったら帰るよな?)タッタッタ
提督(……だあぁぁぁ!そうだったー!あいつノックしないやつだったあぁぁぁ!!)タッタッタ
千歳「提督ー!!逃がしませんよ!!」ズダダダダ
提督「うわぁぁ、なんでお前そんなに足いんだよ」ダダダ
提督(よし、あそこを曲がれば提督室だ)ダダダ
21: 以下、
バァァン!
提督「よし、つい・・・た・・・」
千代田「提督、お待ちしていました」ニコニコ
提督「ち…よだ」アトズサリ
ドン
千歳「提督?」ニコニコ
提督「ひっ・・・」
千代田「提督?お聞きしたいことがあります、この白くてベトベトの本は、提督の物ですか?」ベトー
提督「そ、それは・・・」
千代田「あと・・・この千歳おねえが表紙の白くてベトベトのコレも提督の物ですか?」ベトー
提督「は!?それはお前のだ・・・」バァァン!
千代田「はい?」ニコニコ
提督「」
千歳「それより提督?なぜ私の本までベトベトなんですか?」ニコニコ
提督「し、しらない・・・きっと千代田が・・・」ガクガク
千歳「千代田がそんなことするわけないでしょう?」ニコニコ
提督「しかし・・・」ガクガク
千代田「提督?そろそろ認めてはどうですか?自分がベトベト姉妹の同人誌好きな変態だって」
提督「くそ・・・きさまら・・・最初から全部知ってて・・・」
千歳・千代田「」ニヤリ
千代田「ばれては仕方ないですね、おねえ」
千歳「ええ、さあ提督、最後に言いたいことはありますか?」カチャッ
提督「・・・・・・ふっ・・・艦娘二人にこんな簡単にはめられるとは・・・提督失格だな・・・」ハハ
提督「・・・短い時間だったけど、お前ら姉妹と楽しくすごせて幸せだったよ・・・」
千代田「提督・・・」
提督「もう悔いはない、一思いにやってくれ」
千歳「では、さようなら・・・提督・・・」
千代田「千歳おねえ!!待っ・・・」
パアン!パアン!パアン!
22: 以下、
提督(ああ・・・俺はこんなことで死んだのか・・・)
提督(あっけない死に方だったな・・・)ハハ
提督(・・・・・・死んだ・・・のか・・・)
提督(・・・死んだのか?)
提督(・・・あれ?)
提督「はっ!」
千歳・千代田「提督?」ニコニコ
提督「あれ・・・?」
23: 以下、
全員『提督!!大将昇進おめでとーーー!!』パチパチパチ
提督「え・・・?え?・・・え?」
千歳「提督!ドッキリですよ、ドッキリ!」
提督「ドッ・・・キリ?だと・・・?」
千代田「提督ったらすっかり騙されちゃって」ププッ
提督「な、なんだ?・・・」ハァー
鈴谷「はっはっは!提督うける?」
熊野「ちょっと鈴谷!失礼ですわよ」
提督「いやいいんだ、でも・・・本気で死ぬかと思ったぞ・・・」ポロ
夕立「提督さん、泣いてるっぽい?」
提督「泣いてねえよ、でもありがとう」グスッ
明石「提督・・・そんなに喜んでもらえると作ったかいがあります」ウルウル
提督「ん?作った?何を?」
明石「何って同人誌ですよ?」
提督「明石」コソコソ
明石「はい」コソコソ
提督「あとで作ってほしい同人誌があるんだが・・・」コソコソ
明石「おまかせください!」コソコソ
千歳「まったく・・・こりない人だなぁ」ハハ
千代田「ほんとだね、でも・・・」
24: 以下、

続き・詳細・画像をみる


キャンディアイランドのますます毒にも薬にもならないおしゃべり

【画像あり】外人YouTuber「日本人さぁ…なんだい?このポルノ雑誌は」

バス運転手が運転中に「ポケモンGO」、「ミートピア」最新情報公開など今週の記事ピックアップ&ゲーム発売リスト

【社会】ラジコンヘリ衝突で死亡 操縦者の顔に、沖縄

トランプに大統領を一度やらせてみれば?

Fateのソシャゲーでエロ衣装が出たらコスプレイヤーがこぞって着るという女神祭りにwwwwww

糖尿病の食事これwwwwwwwwww

【早稲田祭】イベント「若者よ!選挙に出よう」が中止、「レイシストを呼ぶのか」との抗議で 出演予定者「言論の封殺、恐ろしいこと」

職場の女と嫌々セクロスした話

西野カナ「have a nice day」の歌詞wwwwwwwwwww

広島生まれ広島育ちでカープファンじゃない奴とかおるんか?

糖尿病の食事これwwwwwwwwww

back 過去ログ 削除依頼&連絡先