西住みほ「私の足を舐められる?」秋山優花里「はい。問題ありません」back

西住みほ「私の足を舐められる?」秋山優花里「はい。問題ありません」


続き・詳細・画像をみる


試合会場 試合終了後
みほ「本当にありがとうございます。お姉ちゃん、エリカさん、ケイさん、ダージリンさん、カチューシャさん、安斎さん、西さん、ミカさん。みんなのおかげです!」
ダージリン「わたくしたちも楽しかったわ」
絹代「私たちもこの高校戦車道史において歴史的な一戦に参加でき、とても誇らしく思います!!」
アンチョビ「だから、アンチョビと呼べ」
ペパロニ「そんな小さいこと気にしなくていいんじゃないっすか?」
アンチョビ「ま、そうだな。とにかく、おめでとう」
みほ「はいっ!」
カチューシャ「私のおかげで勝てたんだからね!! ね、エリカ?」ギュゥゥ
エリカ「い、いいから降りなさいよ。いつまで肩車させる気?」
ケイ「よく似合ってるわよ?」
エリカ「余計なことを言わないで」
ノンナ「……」
ケイ「ワオ。ノンナ、もっとスマイルよ。折角、ウィンしたんだから」
ノンナ「……そうですね」
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1471182585
2: 以下、
まほ「やはり危険だな」
みほ「え?」
まほ「カチューシャに対して、ノンナは崇拝とも言えるほど慕っている」
みほ「ああ、うん。仲が良いよね」
まほ「信じるのと崇拝するのは違う」
みほ「……」
カチューシャ「べ、別にいいじゃない。ノンナがカチューシャのことを好きなのは変わりないんだし」
まほ「お前は言ったな。雪は黒いと言えば、ノンナも黒いと言う、と」
カチューシャ「そうよ?」
まほ「それはお前が悪しき道へ進んだとき、お前を慕う者まで道連れにしてしまう危険性もあるということだ」
カチューシャ「う……」
まほ「それでもいいのか」
カチューシャ「わ、私は別に、間違った道へなんてすすまないもの! ね、ノンナ?」
ノンナ「はい」
まほ「お前がそう思っていても、知らず進んでしまう場合もある。そのとき、誰も止める者はいない」
3: 以下、
カチューシャ「た、頼れる同志もいるし……」
ニーナ「だいじょうぶ! わたしらが隊長を守るべな」
クラーラ「勿論です」
カチューシャ「ほーらね。何も心配はいらないのよ」
まほ「みほ」
みほ「は、はい」
まほ「お前も気を付けろ。大切な者ほど、自分の信者にしてはいけない。時としてその者の人生すら狂わせてしまうこともある」
みほ「う、うん……」
まほ「そろそろ時間だな。エリカ」
エリカ「はいっ!」
まほ「帰ろう」
エリカ「はい!」
まほ「帰りに何を食べようか。カレーはどうだ?」
エリカ「いいですね! 私も食べたいと思っていたところです!!」
まほ「そうか。それはよかった」
4: 以下、
ミカ「人の振り見て我が振り直せ」ポロロロン
ダージリン「良い言葉ね」
ケイ「私たちは心配ないわね」
アリサ「けれど、信者を作るなと言われても相手が勝手に崇めてきたらどうしようもないのでは?」
ケイ「そーねー。ま、そのときは自分の嫌な部分も見せちゃえばなんとかなるんじゃない?」
アンチョビ「例えば?」
ケイ「いきなり服を脱いで、靴下とかシャツとかその辺に投げ捨てたり?」
ペパロニ「そんなことで嫌いになるなら信者にはならないんじゃないっすかね」
ケイ「だったら、食べるときに音を立ててみたり、すっごい下品な話をしてみたり」
オレンジペコ「幻滅してしまうのでは……」
アッサム「バランスが難しいということね」
ローズヒップ「ダージリン様の脱いだものなら喜んでお片付けしますわ!!!」
ダージリン「ありがとう。でも、それはオレンジペコの役目だから、結構よ」
オレンジペコ「やらないですよ?」
みほ「……」
5: 以下、
優花里「にしずみどのー!!」
みほ「優花里さん」
優花里「おぉ……。すみません。各校の隊長とミーティングでしたか?」
みほ「ううん。そういうのじゃないよ」
優花里「よかったです。えっと、みなさんが呼んでいるのですが」
みほ「そうなんだ。ありがとう、優花里さん」
優花里「いえ!!」
ケイ「それじゃあね、ミホ」
カチューシャ「また練習試合でもしましょ」
ダージリン「ごきげんよう」
絹代「それでは西住隊長!! お元気で!!」
ミカ「慕う者を切り離す強さがあるのかな」
みほ「え……」
ミカ「独り言さ」ポロロロン
みほ「……」
6: 以下、
優花里「武部殿たちが待っていますよ」
みほ「……」
みほ(優花里さん……。優花里さんは今まで、私の無茶な指示にも笑顔で応えてくれていた。私の考えや行動を否定することもなかった……)
優花里「西住殿?」
みほ(優花里さんはもしかして……)
みほ「あ、あの、優花里さん」
優花里「はい、なんでしょう?」
みほ「例えばの話なんだけど、私が雪は黒いって言ったら、優花里さんはどう思う?」
優花里「はい? ええと、そうですね……。西住殿が黒いと仰るなら、私も黒だと言い張ります」
みほ「……!」
みほ(やっぱり……優花里さんは……。ううん。でも、例えがまだ優しかっただけかもしれない。きっと優花里さんにだって、譲れないことはあるはず……)
みほ「あの、それじゃあ、その、私がいきなり服を脱ぎ散らかして、靴下とかを放り投げたらどうする?」
優花里「へ?」
みほ「こ、答えてほしいの。優花里さんのためだから」
優花里「えっと、その場合なら私が洗濯します。かなり疲れていないと西住殿はそういう行動をしないと思いますので」
7: 以下、
みほ「そうじゃないの。私は服をいつも脱ぎ散らかすの」
優花里「ええ!? そうなのですか!?」
みほ「私はそういう女の子なの!!」
優花里「お、おぉ……」
みほ「それでも優花里さんは、きちんと片付けてくれるの?」
優花里「……」
みほ(流石に優花里さんでもそこまではしないよね……)
優花里「分かりました。西住殿の服は、私が責任をもって片付けます。洗濯もします」
みほ「な……」
優花里「それぐらいのことは喜んでします。日頃、西住殿にはお世話になっていますし」
みほ「……だ、だったら、私がご飯を食べるときに音を立てても、優花里さんは何とも思わない?」
優花里「西住殿の食事風景を見る限り、時に相手を不快にさせるようなことはないと思いますけど」
みほ「わ、私が食事中に下品な話をしたら!?」
優花里「げ、下品とは……?」
みほ「えっと……あの……あー……うー……ト、トイレットペーパーを一度に何メートル使うの……とか……そういう話……かな……?」
8: 以下、
優花里「私はきちんとミシン目で切り、一枚ずつ使用していますが」
みほ「優花里さん……」
優花里「特に下品な会話とは言えないような」
みほ(それは、私だから……? 私だから下品だとは思わないの……)
優花里「どうしたのですか、西住殿」
みほ(優花里さんを守らなきゃ……。私の信者にさせないように……でも、どうしたら……)
みほ(そうだ! もっと自分の嫌な部分を……)
優花里「あのぉ」
みほ(嫌な部分……。私が嫌だと思ったこと……そういえば……昔……)
みほ「……優花里さん」
優花里「はい?」
みほ「私の足を舐められる?」
優花里「……」
みほ(これなら優花里さんもきっと拒否する……)
優花里「はい。問題ありません」
10: 以下、
みほ「な……!?」
優花里「西住殿の足なら、平気です」
みほ「ほ、本当に言ってるの……」
優花里「ええ。別に嫌とは思わないですが」
みほ「……」
みほ(そうだ。優花里さんは冗談だと思ってるのかも……)
みほ「だったら、ここで舐めてみてくれないかな」
優花里「え……」
みほ「ほら。今日はずっと同じ靴だったし、汗もかいたし、蒸れて酷いことになってるの」
優花里「……」
みほ「嗅いでみる?」スッ
優花里「……」
みほ(これなら……これならきっと……)
優花里「では、お言葉に甘えて」
みほ「……!!」
12: 以下、
沙織「もー、ゆかりんもみぽりんもおそーい」
華「何かあったのでしょうか?」
麻子「早くしないとおいて行かれるぞ」
沙織「わかってるって。麻子もさがしてよー」
麻子「メンドーだな」
みほ「……」
華「あ、いました」
沙織「みぽりーん、ゆかりーん」
麻子「待て、沙織。様子が変だ」
沙織「え?」
みほ「い、今、本当に嗅ごうとしたの、優花里さん」
優花里「は、はい」
みほ「……分かった。なら、嗅いでみて」グニッ
優花里「ふぎゅ」
沙織「みほ!? なんで優花里の顔を踏んでるの!?」
13: 以下、
みほ「沙織さん……!?」グニグニッ
優花里「うぐぐぐ」
沙織「やめてー!!!」ドンッ
みほ「きゃっ!?」
優花里「ぷはぁ」
沙織「優花里、大丈夫!?」
優花里「え、ええ」
みほ「あ……あの……」
沙織「みほ!! 何やってるのよ!!」
みほ「これは……その……」
沙織「いくら優花里が優しいからって、何してもいいわけじゃないんだからね!!」
みほ「……」
沙織「何があったのかは知らないけど、友達のことを足で踏むなんておかしーでしょ!?」
華「わたくし、沙織さんに思い切り肩を蹴られたことがあります」
沙織「あれは車長の合図だから、セーフ!」
15: 以下、
みほ「沙織さん……」
沙織「たとえ優花里から踏んでほしいって言われたとしても、みほはそれに従っちゃダメなんだからね」
麻子「沙織は秋山さんから懇願したと思っているわけか」
華「酷い話です」
優花里「いえ、西住殿から足を嗅いでほしいと言われて……」
沙織「なにそれ!? ホントなの!?」
みほ「……うん」
沙織「どうしてそんなことを言ったの?」
みほ「ごめんなさい。でも、優花里さんのために……私……」
沙織「優花里の? どういう意味?」
みほ「優花里さん、私の足なら舐められるっていうから……!! 心配になって……!!」
華「まぁ……。それは心配になりますね」
麻子「そうだな」
みほ「普通、足なんて舐められないから……優花里さんは私のことを崇は――」
華「でも、みほさんの足なら舐めてもいいと思えますね。美味しそうです」
17: 以下、
みほ「えぇぇぇ!? は、華さん、ど、どうして……!?」
沙織「何言ってるの!?」
華「沙織さんもそう思いません?」
沙織「みほの……足を……」
みほ「……」
沙織「いや、まぁ、抵抗はないけどさぁ」
みほ「沙織さんまで……!?」
華「麻子さんはどう思います?」
麻子「舐める必要性はない」
みほ「だ、だよね」
麻子「だが、舐めなければいけないのであれば、特に抵抗もなく舐める自信はある」
みほ「麻子さん……」
優花里「ですよね。西住殿の足なら平気ですよね」
華「はい」
みほ「こんなの……こんなの……間違ってるよ!!」ダダダッ
19: 以下、
みほ「……」
みほ(どうして舐めることができるんだろう……。とても屈辱的だし、いくら友達の足でも……舐めるなんて……)
みほ「知らない間に私って崇拝されちゃってたのかな……」
みほ「大切な友達なのに……人生を狂わせちゃう……」
みほ「どうしよう……」
梓「西住先輩!!」
みほ「あ……」
あや「なにしてるんですか?」
優季「みんな、探してましたよぉ」
桂利奈「早くいきましょうよー。学園艦に戻れるんですよね!?」
みほ「……」
あゆみ「先輩? 何かあったんですか?」
みほ「あの……。とっても変なことを聞くんだけど……」
梓「はい?」
みほ「み、みんなは私の足を舐められるかな!?」
20: 以下、
あや「え……」
優季「先輩の足を、ですかぁ」
みほ「う、うん」
桂利奈「どうだろう」
あゆみ「うーん。紗希はどう?」
紗希「……」
みほ「丸山、さん?」
紗希「ペロペロしたい」
みほ「……!!」
梓「少し躊躇うかもしれませんけど、舐めることはできます」
あや「んじゃ、私もなめるー」
桂利奈「今、舐めるんですか?」
あゆみ「あ、今なんだ」
優季「それじゃあ、せんぱぁい。舐めていいですかぁ?」
あや「西住先輩の足って綺麗だし、別にいいか」
21: 以下、
桃「遅い!! 何をしているんだ!!」
柚子「西住さん、見つからないのかな……」
桃「各校の隊長と話していただけのはず。何故、ここまで時間がかかるんだ」
杏「なーんかあったのかなぁ。電話も通じないし」
カエサル「私たちも探しに行ったほうがいいかもしれない」
エルヴィン「そうだな」
みどり子「遅刻なんて冷泉さんじゃあるまいし。もう仕方ないわね」
ナカジマ「ちょっと待って。どうやら探しに行かなくてもいいみたいだ」
おりょう「む。向こうからくるぜよ」
みほ「はぁ……はぁ……」
桃「西住、何をしていたんだ」
みほ「あの……み、みなさんに……どうしても……どうしても聞きたいことが……あります……」
杏「なんでもいってみぃ」
みほ「わ、私の足を舐めることができますか!?」
桃「何を言っている? そんなことできるわけないだろう」
22: 以下、
みほ「河嶋さん!!」ギュッ
桃「な、なんだ?」
みほ「舐められないですよね!?」
桃「どうしてお前の足を舐めなければならない」
みほ「はぁ……河嶋さん……」
カエサル「質問の意図は分からないが」
エルヴィン「しかし、舐められるか、と訊ねられたら舐められると答えるな」
左衛門佐「うむ。右に同じ」
みほ「そ、そんな……!? 園さんは……」
みどり子「わ、わたしぃ? そうね……。風紀を乱す行為だから、舐めたいとは思わないけど」
みほ「よ、よかったぁ」
みどり子「けど、必要に迫られるのであれば、舐めてもいいかもね」
みほ「……!?」
柚子「西住さん?」
杏「……」
31: 以下、
ナカジマ「ところでどうしてそんなことを急に聞くんですか?」
ホシノ「舐めてほしいの?」
みほ「ち、違います!! むしろ舐めてほしくなんてありません!!」
ツチヤ「なら……」
みほ「信じることと崇拝することは違うんです」
スズキ「まぁ、そうだろうね」
モヨ子「魂を売るか売らないかの違いってことですか?」
みほ「私はみんなに信仰してほしくはないんです。ただ、一人の友達として接してくれたらそれで……」
柚子「あぁ、なるほどねぇ」
みほ「だから、河嶋さん」
桃「なんだ」
みほ「私が間違った道へ進みそうになったら止めてください」ギュッ
桃「私でなくてもいいだろう」
杏「まぁまぁ。かわしまぁ、私の足は舐められる?」
桃「は? まぁ、会長の足なら」
32: 以下、
みほ「……!」
柚子「桃ちゃん……」
カエサル「ありえる話だ」
エルヴィン「是非もない」
おりょう「忠誠心の高さは大洗でも随一ぜよ」
左衛門佐「石田三成か」
おりょう「中島三郎助ぜよ」
カエサル「マルクス・ウィプサニウス・アグリッパだな」
エルヴィン「ヨゼフ・ゲッベルスだろう」
左衛門佐・おりょう・カエサル「「それだぁ!!」」
エルヴィン「というわけで、ゲッベルスがソウルネームでいいだろうか」
桃「よくない!! 大体、なんなんだ!! お前たちの哀れむ目は!!」
みどり子「だって、ねぇ?」
希美「河嶋さんなら会長の足ぐらい舐められるんだろうなぁって」
桃「園!! お前だって西住の足を舐められると言ったじゃないか!!」
33: 以下、
みどり子「できるか、できないかっていう話なら、できるってだけで、ただ必要もないのに舐めることはしません。風紀を乱す行為だし」
桃「私だって同じだ!!!」
柚子「そうなの?」
杏「まぁ、そういうわけだ」
みほ「え……?」
杏「別に西住ちゃんの足を舐めることはできるってだけで、誰も好き好んで舐めたいとは思ってないんじゃない?」
みほ「……」
杏「学園艦がなくなるとか、学校に居られなくなるとか、そういう切羽詰まった状況で西住ちゃんの足を舐めれば回避っていう条件なら出来るってだけでさ」
みほ「そ、そういうことなんですか?」
ナカジマ「西住さんからどうしても舐めて欲しいってお願いしてこられたら悩んだ末に一度だけなら舐めちゃうかな」
ホシノ「そのときは足にチョコレートでも塗ってくれると助かるな」
みほ「あはは……」
エルヴィン「西住さんはその質問で信者がいないか調査していたということか」
カエサル「何故、そのようなことを」
みほ「実は……」
35: 以下、
杏「お姉さんにそう言われたのか」
みほ「はい……」
桃「余計なことを」
柚子「けど、心配になるのは仕方ないんじゃないかな? 確かに秋山さんは西住さんのことを深く信頼してるし」
カエサル「傍から見ていてもグデーリアンは隊長を敬愛しているのがよくわかるからな」
おりょう「微笑ましいが、危うさもあったということぜよ」
左衛門佐「ふむ。行き過ぎた信頼は人格すらも破たんさせると聞いたことがある」
エルヴィン「歴史上の人物にも心酔しすぎた結果、非業の死を遂げた者もいるぐらいだ」
みほ「もし、私のことを崇拝しているのなら、私の嫌な部分を見てもらって……」
ナカジマ「一種の催眠状態から解放してあげようってことですか」
スズキ「うーん。あの秋山さんなら並大抵のことじゃ嫌いになったりしないだろうけど」
ホシノ「どこまで試してみたの?」
みほ「優花里さんの顔を素足で踏むところまでは……」
桃「秋山の反応は?」
みほ「よくわかりません……。困っているようにも……見えた様な気がしますけど……」
36: 以下、
杏「秋山ちゃんも同じかもしれないよ。特別な状況下で舐めるか舐めないかの選択肢を迫られたときに、舐められるってだけかもしれない」
柚子「それなら信者ってわけでもないんじゃないかな?」
カエサル「西住隊長の人柄があるからこそ成せること」
みほ「そうだといいけど……」
桃「しかし、西住の不安を解消しようと思えば、全てを試していくしかないのでないか」
みどり子「試すって?」
桃「足で顔を踏む。それでもダメなら臭いを嗅がせる。それでも反応が薄いなら舐めさせる。勿論、理由もなくだ」
おりょう「拷問ぜよ」
カエサル「鬼畜過ぎないだろうか……」
桃「西住が気になっているのは、そういうことなんだろう」
みほ「……」
ナカジマ「あのー。それで秋山さんが最終的に拒否してくれた良いんですけど、万が一、舐めることも抵抗なくやっちゃった場合はどうするんですか」
桃「常人なら足を舐めさせようとする人物に対して、良い感情を抱くはずがない」
杏「西住ちゃんが最も心配してるのは、そこかもね」
柚子「それって……秋山さんが本当の信者だったらってことですか……」
37: 以下、
エルヴィン「もしもグデーリアンが足でびくともしないようなら、あとは顔の上に座るしかないかもしれない」
みほ「か、顔の上にぃ!?」
エルヴィン「確か、拷問の中にそういうモノもあったはずだ」
おりょう「顔の上に座ることで圧迫させるということぜよ?」
エルヴィン「写真でみる限りはお尻を丁度口の上に乗せていたようにも見える」
みほ「そ、そこまでしないといけないのかな……」
エルヴィン「グデーリアンの心酔度を測るというなら、内容をより過激にしていくしかないと思うが」
みほ「うぅ……」
杏「やめとく?」
みほ「……いえ。優花里さんにはきちんと分かって欲しいんです。対等な友人でいたいだけなんだって」
みどり子「ちょっと西住さん! 秋山さんと遊ぶのはいいけど、学校や公共の場ではしないように!!」
みほ「え……。だったら、どこで……」
みどり子「そんなの寮の中でしなさいよ。家の中ならプライベートだし」
希美「そういう問題なの、そど子?」
みほ「分かりました。やってみます」
41: 以下、
典子「こっちでーす!!」
沙織「あー、いたいたー。みぽりーん」
みほ「……」
ねこにゃー「西住さん、見つかってよかった」
華「突然駆けだしてしまうので心配しました」
みほ「ごめんなさい……」
麻子「大丈夫か」
みほ「うん」
優花里「西住殿、まだ顔色が優れないようですが」
みほ「優花里さん」
優花里「はい?」
みほ「学園艦に戻ったあと、私の部屋まで来てくれる?」
優花里「えっと、家の片付けが落ち着いてからでいいですか」
みほ「うん。明日の夜にしよう」
優花里「了解でぇす」
42: 以下、
桃「西住、本当に実行するつもりなのでしょうか」
杏「お姉さんに言われたから、西住ちゃんはとても不安になってるんだよね」
柚子「そう、みたいですね」
杏「かわしまぁ」
桃「はっ」
杏「念のため、声かけといて」
桃「西住まほにですか」
杏「うん。まだ居るはずだからな」
桃「分かりました」
柚子「どうしてまほさんに?」
杏「信じているのか。それとも崇拝しているのか。それって、自覚できると思う?」
柚子「えーと……」
杏「自分は違うって思っていても、そうじゃないかもしれないからなぁ」
柚子「よくわかりません」
杏「西住ちゃんだって、誰かを尊敬するだろうし、頼ることもあるってことだ」
43: 以下、
ダージリン「荷物は?」
オレンジペコ「ここに」ドサッ
ダージリン「ふふ。やっぱり、身の回りのことをしてくれたのね」
オレンジペコ「ダージリン様が何もしようとしないからです」
アッサム「オレンジペコにお世話してほしいということかしら」
エリカ「隊長。出発の準備が整いました」
まほ「ありがとう。では、行こう」
ケイ「またこういう試合ができればいいんだけどねー」
アンチョビ「そうだな。我々もP40で――」
桃「西住まほ」
まほ「どうかしたか?」
桃「西住みほのことで話したいことがある」
まほ「……」
ダージリン「どうやら、まだ帰る準備は整っていなかったようね」ズズッ
オレンジペコ「いえ、私たちは帰ってもいいと思うんですが」
44: 以下、
大洗学園艦
桂利奈「おぉー!! ただいまー!!」
優季「おかえりぃ、かりなちゃぁん」
梓「早、学校に行ってみよう!!」
あゆみ「うん!!」
あや「いこういこう!!」
柚子「みんなー、寮に荷物が届くからねー」
カエサル「史料を並べ直すところからだな」
エルヴィン「あの量をか」
おりょう「全員でやればすぐぜよ」
典子「よぉーし!! 早、練習するぞー!!」
妙子「バレーボールですか!? それとも戦車ですか!?」
典子「どっちもだー!!!」
みほ「それじゃあ、優花里さん。今晩、待ってるから」
優花里「はい!! 必ず伺います!!」
45: 以下、
夜 みほの部屋
みほ「……」
ピンポーン
みほ「来た……」
優花里『にしずみどのー』
みほ「はーい」
優花里「どうも。こんばんは」
みほ「もう落ち着いた?」
優花里「まだ散らかってはいますけどね。戦車グッズの整理が追いつかなくて」
みほ「そう……」
優花里「それで何か私に用事が?」
みほ「とりあえず、あがって」
優花里「はい。お邪魔します」
みほ「……」
ガチャンッ
46: 以下、
みほ「お茶で良かったかな?」
優花里「はい。ありがとうございます」
みほ「ごめんね。色々と忙しいのに」
優花里「いえ。こうしてまた学園艦で生活できるのは、西住殿のおかげですから」
みほ「……」
優花里「最後の作戦なんて、本当に痺れました。まさか空砲を使うとは、流石西住殿でありますね」
みほ「……」
優花里「西住殿が居なければ、こうしてお茶を飲むこともできなかったわけですから」
みほ「……ねえ、優花里さん?」
優花里「はい?」
みほ「私が雪は黒いと言えば、黒くなるんだよね」
優花里「え、ええ」
みほ「服が散らかっていたら、片付けてくるんだよね」
優花里「はい。でも、すっかり綺麗になっていますね」
みほ「足を舐めてっていったら、舐めてくれるんだよね」
47: 以下、
優花里「西住殿……」
みほ「それじゃあ、舐めてくれる?」スッ
優花里「え……」
みほ「今日はまだお風呂に入ってないから、多少汗臭いだろうけど」
優花里「に、西住殿……」
みほ「ほら、優花里さん?」
優花里「……」
みほ「舐められない?」
優花里「いえ。不肖、秋山優花里! 舐めさせていただきます!!」
みほ「……」
優花里「で、では……失礼して……」
みほ「……」
優花里「はぁ……はぁ……」
みほ「……っ」
優花里「あ、足の指の間から、舐めさせていただきます」
48: 以下、
みほ「やめて」グニッ
優花里「ふぐ……!?」
みほ「どうして、抵抗もなく、私の素足を舐めようとするの?」グリグリ
優花里「うぐぐぐ」
みほ「おかしいよ……こんなの……優花里さん……」グリグリ
優花里「おふぅ……にしずみどのの素足が……頬にぃ……」
みほ「だったら、これならどう?」グッ
優花里「むぐぅ!?」
みほ「顔の上に座られて、どう思う?」
優花里「むぐ……!! むー!!」
みほ「嫌でしょう、優花里さん。私の事、幻滅したでしょう?」
優花里「むー!!」
みほ「顔に座られるなんて、いくら優花里さんでも嫌なはず!!」
優花里「……」スーハースーハー
みほ「優花里さん。退いてほしかったら、右手で床を叩いて。お願い」ググググッ
53: 以下、
優花里「むぐぐぐ……」ギュゥゥゥ
みほ「優花里さん! どうして!! どうして嫌がってくれないの!?」
優花里「むぐぅ。むぐぐ。むー」
みほ「私のこと、嫌いにならない?」
優花里「むぅーふぅー」
みほ「ここまでしても優花里さんは私のことを好きでいてくれるの……?」グググッ
優花里「ふむー!!!」
みほ「お姉ちゃんに言われたの。信じるのと崇拝するのは違うって」
みほ「信じてもらえることは嬉しいけど、崇めてほしいわけじゃないの」
みほ「私は優花里さんと友達でいたい。私が道を外したら、優花里さんが手を引っ張ってほしいだけ」
みほ「対等な立場で居てほしいの!!」ムギュゥゥゥ
優花里「むっほぉー!!! ふぁいふぉーふぁふぇー!!!」
みほ「だから、優花里さん!! ほんの少しでいい!! 私の嫌な部分を見て!! それで指摘して!!」
みほ「私は決して完璧じゃない。ただみんながいたから、ここに居られる。学園艦を守ることだってできたの。私一人じゃ、何もできなかったから」グリグリ
優花里「むふぅー!!!」
54: 以下、
みほ「優花里さん!!」ギュゥゥゥ
優花里「ふぃふぃふふぃふぉもー!!!!」
みほ「お願い!! 優花里さん!! 目を覚まして!!」グリグリグリ
優花里「ほぉー!!! むー!!!」
みほ「優花里さーん!!!」グリグリッ
まほ「――みほ!!! やめろ!!!」バンッ
みほ「おね……!?」グリグリ
優花里「むむぅぅ!?」
エリカ「ちょっと、なにしてるのよ!!」
ダージリン「お邪魔だったかしら」
ケイ「ミホ、乗るのは戦車だけにしておいたほうがいいと思うけど」
アンチョビ「な、なんていうか……西住流ってすごいな……」モジモジ
絹代「は、ハレンチであります……」モジモジ
ミカ「美しい友情だね」
カチューシャ「ミホーシャ、なにしての? それなんていう遊び?」
55: 以下、
みほ「ど、どうして……!? 鍵はかけておいたのに……」
杏「ごめんよー。西住ちゃん。寮の合鍵は、生徒会が持ってるんだぁ」
みほ「会長……」グリグリ
優花里「ふむむむむ!!!!」
まほ「みほ!! いいから、秋山の顔から退け!!」
みほ「あ……」バッ
優花里「ぷはぁ!? はぁー……はぁー……」
ダージリン「嫌な予感は的中したようね」
ケイ「手遅れだった気もするけど」
アンチョビ「いや、まだ衣服が乱れていないだけマシだ」
絹代「安斎殿!! そ、そのようなお下劣な発言は、戦車道を嗜む乙女としては相応しくないかと!!」
カチューシャ「今のどういう遊びなの? その遊びたまにノンナがしてほしいって――」
ノンナ「カチューシャ。ここは黙っておきましょう」グッ
カチューシャ「むぐっ!?」
まほ「みほ。ここまですることはなかったはずだ。どうして……」
59: 以下、
みほ「優花里さん、私の言うことなら嫌な顔ひとつしないどころか、笑顔で従ってくれるの……」
ケイ「つまり、そんなオッドボールを心配になったってわけね」
みほ「はい」
アンチョビ「慕われすぎるというのも問題があるのか」
絹代「よくわかります、西住隊長。我が知波単も皆、従順であるが故に、突撃が多くなってしまいがちで」
杏「んで、秋山ちゃんは顔の上に座られてどう思った?」
優花里「それはもう、ただただ嬉しいだけ――」
まほ「……」
ケイ「……」
ダージリン「……」ズズッ
ミカ「空気が凍るというのは、今のことを言うのかもしれないね」
みほ「優花里さん……」
優花里「あの、でも、嫌だったとは、到底……」
カチューシャ「ねー、今の遊び、ルールは? ノンナったら、どうなれば終わるのか教えてくれな――むぐぅ!?」
ノンナ「カチューシャ。いけません」グググッ
62: 以下、
ダージリン「ここまでの心酔ぶり。たとえみほさんが足の裏を舐めさそうが、脇を舐めさそうが、一度口にいれたものを吐き出してそれを食べさそうが、嫌いにはならないでしょうね」
オレンジペコ「どうしてそんな発想がでてくるのでしょうか?」
エリカ「何をされても嬉しいだなんて、まるで犬じゃない」
優花里「むぅ。確かに、そう言われても仕方ありません。でも、でも、私は、西住殿の全てがすきなんですぅ!! 戦車と同じぐらい、すきなんですぅ!!」
みほ「……」
優花里「はっ!? す、すみません……。西住殿に告白してしまいましたぁ……」
ケイ「ここまでいくと、ミホがどんなにトライしても、逆効果になっちゃいそうね」
アンチョビ「そこは素直に崇めさせておけばいい」
みほ「で、でも!!」
ダージリン「みほさんが心配しているのは、悪しき道に進んでしまったとき秋山さんを道連れにしてしまうかもしれないから」
みほ「は、はい」
ダージリン「そのとき、貴方達を引っ張り上げてくれる人はいないのかしら?」
みほ「え……」
ケイ「少なくとも私は引っ叩いてでも、ミホをまっすぐな戦車道へ戻してあげるけどね」
みほ「ケイさん……!」
65: 以下、
アンチョビ「ケイだけではない。我々もいる。だが、それ以上に頼りになる者たちがいるはずだ」
沙織「みほー!? なにかあったのー!?」
華「河嶋先輩から急に呼び出しがかかって」
麻子「おぉ。隊長が揃い踏みか」
典子「西住さん!! 私でも力になれることはあるんでしょうかー!!」
カエサル「史料整理を投げ出してきたが、何事だ」
ねこにゃー「み、みんな、おちついて……近所迷惑になっちゃう……」
みほ「みんな……」
ケイ「ね。残念だけど、ミホが道を外れることはできないし、引き返すこともできないわ。貴方は貴方の作った道を進むしかないのよ。嫌になっても、みんなが引き留めちゃうわ」
みほ「みたいですね」
まほ「ふっ……。やはり、お前には大洗という場所が合っているのだろうな」
みほ「ごめんね」
まほ「気にするな」
優花里「ええと、私はこのままでも……」
ダージリン「一人ぐらいは居てもいいと思うわ。秋山さんのような人物がいるだけで、みほさんも心強いでしょうし」
67: 以下、
桃「どうやら、解決できたようだな」
柚子「よかったね、桃ちゃん」
桃「桃ちゃん、いうな」
ケイ「でも、リトル気になることがあるんだけど」
みほ「はい?」
ケイ「どうして顔の上に座って腰を動かしてたわけ?」
みほ「そ、それは、嫌がることを色々とやってみようとおもって」
ケイ「それはミホが考えたの?」
みほ「い、いえ、ええと……」
エルヴィン「私が提案した」
ケイ「嫌がることがどうして顔面に騎乗するって発想に飛んじゃったのよ? もっとやりかたがあったでしょ」
オレンジペコ「確かに。過激ですよね」
エルヴィン「しかし、西住さんは既に足の臭いを嗅がし、舐めさせようとしていた。それ以上となると、そういう行為しかないと思うが」
ケイ「その足を舐めさせるっていうのは?」
みほ「わ、私が考えたものです」
68: 以下、
杏「それ、私も気になってたんだよねぇ。なんで足を舐めさせる行為が西住ちゃんの中で嫌がることになってたんだろうって」
桃「普通、嫌だと思いますが」
杏「靴を舐めさせるとかなら、行きついてもいいと思うけど、生足を舐めさせるって、なにかしらの知識がないと思いつかないような気がするんだ」
ケイ「蒸れた足の臭いを嗅がせるっていうのも、普通の嗜好じゃ辿りつけなさそうよね」
みほ「……」
ダージリン「みほさんの過去に、何かがあったと考えるのが自然ではなくて?」
アッサム「あまり想像したくありませんが」
絹代「も、もしや、西住隊長も、春画のような……」
カチューシャ「しゅんがってなに?」
ノンナ「カチューシャは黙っていましょう」グイッ
沙織「言われてみればそうよね。いきなり、足を舐められるかって質問にどうして行っちゃったんだろう」
華「みほさん、何か原因というものはあるのでしょうか」
みほ「……私が、嫌だったことだから」
麻子「誰かの足を舐めたのか?」
まほ「みほ。やめろ」
69: 以下、
みほ「で、でも、お姉ちゃん、ここまで来たら……」
まほ「だが……」
杏「西住ちゃん」
みほ「はい」
杏「西住ちゃんも、誰かのことを崇拝してたんじゃない?」
みほ「え……」
杏「だから、不安になった。確かめたくなった」
みほ「……」
杏「違う?」
みほ「いえ、会長の言う通りだと思います。私はお姉ちゃんの言うことは正しいって、心の中で思っています。それはきっと今でも」
まほ「みほ……」
みほ「嫌だったけど、あれは正しかったんだって、私の中では思ってた。私も、あんなことがあってもお姉ちゃんを嫌いになんてならなかった」
みほ「その所為で余計に焦ったんだと思う。優花里さんが嫌がらないってことは、あのときの私と全く同じだから……」
ケイ「何があったの?」
まほ「これは西住家の問題だ。口を挟まないでくれ」
70: 以下、
ダージリン「全ての発端は聞きたいところね」
アンチョビ「西住流の闇には興味がある」
ねこにゃー「ちょっと怖い気もするけど」
まほ「何もない」
エリカ「隊長がこういっているんだから、詮索はしないで!!」
ケイ「ミホ、話して。何があったの?」
みほ「あれは私が中学のとき……」
まほ「みほ!」
みほ「戦車道の授業中に足を挫いてしまって。そのときは操縦手を務めてた」
麻子「西住さんが操縦手か」
沙織「へえ、意外」
みほ「その所為もあって、今では操縦は苦手で……」
ダージリン「トラウマになっているの?」
みほ「それに近いかも……」
まほ「やめて。おねがい」
71: 以下、
まほ『みほ。これでは明日の練習試合には出ることはできないな』
みほ『そ、そんな。みんなに迷惑が……』
まほ『……治す方法が一つだけある』
みほ『あるの!?』
まほ『これはお母様から教えてもらったものだ』
みほ『やって! お姉ちゃん!!』
まほ『分かった。では……』
みほ『お姉ちゃ――』
まほ『んっ……』ジュルジュルクチュジュルペロペロッ
みほ『あはははは!! ちょ、おね、ちゃ……あははは!! くすぐったい!! あははは!! ゆびのあいだまでなめだいでぇ!!』
みほ「――確かに次の日には足の調子は良くなったけど、でも、それはきっと別の要因……」
ケイ「……」
ダージリン「……」
アンチョビ「……」
絹代「な、なんと……西住流……奥が深いであります……」
72: 以下、
杏「でも、西住ちゃんはお姉さんのこと、今でも尊敬しているんだよね」
みほ「はい。勿論です」
桃「西住もまた狂信者だったということか」
みほ「色々とごめんね、優花里さん」
優花里「いえ。私は別に」
ダージリン「まほさん……」
まほ「私はただお母様から教わった、家庭の医学で……みほの足を……」
ケイ「そんな家庭の医学、あると思ってたの?」
まほ「いや……その……私もまだ、中学で……物事をよく考えることができなくて……」
アンチョビ「妹になんてことをするんだ」
カチューシャ「美味しかったの?」
ミカ「罪深い人だ」ポロロロン
絹代「あの!! 老婆心ながら申し上げますが!! そういったことで怪我は治らないと思います!!」
まほ「……」
エリカ「あの!! 今度私が怪我をしたときは同じように足を舐めてください!! 私の体で西住流の医学が正しいことを証明してみせます!!」
74: 以下、
杏「んじゃ、すっきりしたところでてっしゅー」
柚子「すっきりしたんでしょうか……」
ケイ「まほ。帰りに色々と聞きたいことがあるから。そのつもりで」
まほ「私は無罪だ」
ダージリン「こんな格言をしってる? 恐怖は常に無知から発生する」
まほ「待て。私は……」
アンチョビ「言い訳はあとできく」
ミカ「悲しいね。築き上げてきたものが崩れていくのは」
まほ「だから、私はただお母様に……!」
絹代「西住まほ殿。行きましょう」
まほ「……はい」
エリカ「待ちなさい!! 私が証明するっていっているんだから!! 釈放しなさいよ!!!」
沙織「だ、大丈夫かな、まほさん」
華「きっと誤解は解けるはずです」
麻子「誤解ならな」
75: 以下、
典子「では、私たちも帰りますね。まだ片付けが終わっていないので」
みほ「ありがとう、磯辺さん」
ねこにゃー「おやすみなさい」
沙織「またあしたねー」
華「お邪魔しました」
麻子「それじゃあ」
優花里「では私も――」
みほ「待って、優花里さん」
優花里「え……? なんでしょうか」
みほ「優花里さんは、今のままでいいのかもしれない。私のことを、ずっと信じてくれるなら」
優花里「もちろんですよぉ。西住殿以上に信頼できる人は、お母さんとお父さんぐらいしかいませんし」
みほ「でもね、もしも、ほんの僅かでも優花里さんが違うって思ったら、きちんと言って欲しいな」
みほ「私についてくる必要なんて、ない」
みほ「優花里さんも、自分だけの道を見つけてほしいから」
優花里「はい。分かりました。けど、その道が見つかるまでは、西住殿と同じ道を歩かせてくださいね」
76: 以下、
みほ「こちらこそ、お願いします」
優花里「えへへ」
みほ「あはは……」
優花里「では、改めておやすみなさい」
みほ「あ……」
優花里「はい?」
みほ「あの……優花里さん……」
優花里「まだなにか?」
みほ「これは、きっといけないことだとはおもうんだけど……」
優花里「なんでしょう」
みほ「でも、なんだか、わからないけど……あの……」
優花里「なんでも仰ってください。私は西住殿の頼みなら何でも聞きます」
みほ「……」モジモジ
優花里「西住殿?」
みほ「ゆ、優花里さん!!」
78: 以下、
カチューシャ「忘れ物しちゃったわ」
ノンナ「いつの間に携帯電話を?」
カチューシャ「ミホーシャと優花里の遊びを検索してみようと思ったのよ。でも、検索結果がでなかったわ。そのとき、仕舞い忘れちゃったのよね」
ノンナ「そうですか」
カチューシャ「やっぱり、このケータイじゃ制限が多いわよね。買い換えようかしら」
ノンナ「キッズ携帯で十分かと」
カチューシャ「私はもう大人――」ガチャ
みほ「優花里さん……優花里さん……」グリグリ
優花里「むほぉー!!! ふぁいふぉーふぁふぇー!!!!」
カチューシャ「ミホーシャ、またやってるの?」
みほ「カチューシャ……さん……!?」
ノンナ「悪しき道に連れていかれてしまったのですね、みほさん」
カチューシャ「ノンナ、あれってやっぱり楽しいの!?」
ノンナ「さぁ。それよりもケイさんたちに報告したほうがいいですね。正しい道に全員で戻さないといけませんし」
みほ「ごめんなさい!! 誰にもいわないでください!!! これで最後にします!!!」
おしまい。
79: 以下、

81: 以下、

続き・詳細・画像をみる


「これ絶対主人公がする戦い方じゃねえだろ!」って言いたくなるアニメ漫画ラノベゲームの鬼畜主人公!

一日三食計4000kcalを摂取していたワイが一日二食7000kcalにシフトした結果wwwww

さよなら、黒田ピーターパン。遂に市場参加者たちが目を覚ましはじめた

彼がペンパイナップルアップルペンの発音が下手なんです。英語ペラペラって言ってたのに嘘でしょうか?

【57枚】日々の疲れをGIFで癒す部

本気で人生変えたいと思う奴だけ来い

back 削除依頼&連絡先