28歳女オタが「オタク街コン」に行ってきた結果wwwwwback

28歳女オタが「オタク街コン」に行ってきた結果wwwww


続き・詳細・画像をみる

1:
ちな女。あったことをダラダラ書かせて!
色々な事を学んだwww
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1476627018/
2:
まず私のスペック
28顔は普通だと思ってるww年よりは若く見られる。
体型もチビだがデブではない。
職場に男っ気がなく、出会いなし、しかもアニオタで普通の男とは話が合わないのでオタク街コンに参加。
因みにぼっち参加した。
今回参加した街コンは企画時は100人規模の街コンになる予定だったみたいだけど、
地方のせいか参加者が少なく、集まったのは半分以下という有様ww
5:
街コンは広めの居酒屋で行われた。
男女がそれぞれ2?3人組になって、それぞれのテーブルでお話しして、30分ごとぐらいに男が席替えしていく方式だった。
ぼっち参加は同じくぼっち参加とペアを組まされるということだったが、男子1組を除きみんなぼっち参加だったwww
アドレス交換とかはご自由にどうぞって感じ。
8:
オタク達って譲らぬ思いが有るから結局瓦解するんだよな
6:
オタク系の街コンの男の参加料の高さは半端ねぇ
なんで女の3倍が相場なんだ?
9:
地方だよ!
>>6男は本当ボッタクリレベルwww
12:
何か面白そうだから期待age
13:
こういう大惨事は大好物だ
11:
お店に着くと街コンスタッフが1人いて、順番に受付をしていた。
その時プロフィールシートを配られて、
名前(ニックネーム)とか好きなアニメや漫画好きなタイプなんかを書く欄と、
相手に名前や一言を書いて貰う欄とがあった。
受付でざっと参加者を見渡すと男も女も黒髪率が高かったw
男子は全体的にもっさい感じ。
残念ながらスタッフの兄さんが1番オシャレでイケメンという有様w
15:
女子はニーソ率が高かった。因みに私もニーソw
後、女子は化粧を殆どしていない感じがした。
私も普段からファンデのみだけど今回はマスカラもしていった。
女子の中で1人だけ茶髪で化粧してる子がいてその子はオタに見えなかった。
普通のファッション雑誌に載ってそうな格好でロングのシンプルなワンピを着ていた。
32:
>>15
桐乃ちゃんじゃんww
17:
えぇ…オタク系街コンってマジでオタクしか来ないのか…
18:
案外楽しそう
19:
男性が高いのはしょうがない
20:
オタク女子ってまじでニーソ多いよなw
21:
受付終わってペアを組んで席に着く時。
私は茶髪の子とはペアになりたくないと思ったね。
一緒に並ぶとあっちの方がどう見ても女子力高い。
他の子とはどっこいどっこいにはなっても負けてる気はしなかったw
運命のペアは天パで言っちゃ悪いけど太ってる人で、失礼ながらこの人の隣なら私がいくらかマシに見えるだろうと思ったよ。
そんで最初は男女別れてプロフィールシート書いて、書き終ったらいよいよ街コンスタート!
22:
なんで男って値段高いの?倍率高いから…とか?
25:
>>22
需給の問題
高くても行きたい奴がたくさんいるから
24:
ちょっと気になってるわ
27:
本当男は何故かすぐに売り切れてた
26:
飲みホーダイで2000円なんかあったらキャバクラよりやっすくなるからだよ
29:
そう考えれば7000千円3時間は安いな
行ってこようかな
30:
男慣れしてないチョロそうな女の子多そう(偏見)
31:
街コンもただの暇潰しだろ?
33:
最初は、同じくらいの歳の男性2人組とだった。
1人は髪染めてたけど、若ハゲっぽくてお腹も出てた。
もう1人は色白でイケメンではないけどあっさりした顔でどちらかというとこっちがタイプだった。
料理はバイキングになってて、最初は4人で料理を取りに行った。
で、自己紹介をして、プロフィールシートを交換して、それを見ながらおしゃべりをする感じ。
私はハイキューとか銀魂とか好きで、天パさんは夏目、男子はFateとかラブライブとか書いてあった。
久しぶりに男子と話すのは緊張したけど、普通の男の子と違って最初からオタクだってこと全開で話せるので、結構話は盛り上がってた。
男の子は大人しい感じだったけど、天パさんが明るく盛り上げてくれていて二人とも笑って話していたと思う。
35:
>>33
楽しそう
36:
あ、天パさんも私と同じ歳だった。
しばらく談笑していて、そろそろ最初の席替えかなというとき事件がおきた。
スタッフが私たちのテーブルに来て言った。
「一人遅れてきた方がいるのでこのテーブルに入ってもらいますがいいですか?」
私たちは笑顔ではーいと答えた。
しかしその一人が問題だった。
超 美 人 だった
37:
>>36
急展開
39:
スタッフに連れられてきた人は他の人間とオーラが違った。
芸能人で言うとミムラに似ていた。言っとくがさまぁ?ずではない。
他の女性参加者は茶髪さん以外はニーソとかオタク男子が好きそうな格好か、ダボダボした体型が隠せる格好をしているかだった。
天パさんもニーソとミニスカだった。
髪も殆どがアレンジとかせずそのままという感じだった。
私もそうだった。
42:
しかしミムラは違った。
まずスカートですらない。
ジーンズにハイヒールという凄くシンプルな格好だったが、スラッとしていて似合っていた。
髪も黒髪だけどちゃんとアレンジしてあってなんか巻いてあった。
44:
たまにいるな
ミュータント的に美形なヲタク
45:
そいつ街コン荒らしちゃう?
47:
>>45
よく言う桜かな
59:
ごめんサクラじゃないw
よくあることなんだw勉強になった。
60:
席の関係上ミムラの顔を見たのは私たち女で、
男性陣は遅れて顔を確認した形になったんだけど、明らかに顔が変わった。
ミムラは遅れた事を詫びながら席に着いた。
私は笑顔で良いですよとかいってたけど、内心なんでこのテーブルに来たしw
と心の中涙目だった。
そして、ミムラがスタッフにプロフィールシート貰ってその場で書き始めた。
さっきまでの会話は完全に終わって、みんなシートを書くミムラに注目していた。
69:
やべぇ、美人で若い子来ちゃったwオワタw
とか思っていたらミムラ同い年だったwww
そして色白男子が席をスッと立ったと思ったら、ミムラのために料理取りに行ってた。
プロフィールシートは男性陣と女性陣と交換して話していたんだけど、
ミムラのプロフィールシートは書き終わったら私たちの手元にあった自分のシートを男性陣がスッと取り上げてミムラに渡そうとしていたw
70:
色白男子www
73:
そういう見え見えの配慮は逆に引くよね
75:
ちょw露骨だろwとか思っていたら、天パさんが私たちも見たいですーとナイスな事を言ってくれて、みんなでミムラのシートを見た。
どうせワンピースとかだろと思っていたら、ゲームとか古い漫画とかがビッシリ書いてあった。
私は知らないのが多かった。仮面ライダーとか、聖闘士星矢とかはわかった。
ていうか、ミムラがシート書く時間一番少なかったのにマジビッシリ埋まってたw
ゲームも漫画も好きすぎてそこに書ききれないとミムラは笑っていた。
76:
天パは空気が読めるいい子だな!
モテる気配はなさそうだが!
78:
女性陣はマジなんだかわからなくて、色白が、この漫画ぼくも全巻持ってますと話を広げだした。
ミムラもそれを聞いて喜んでいた。
その流れで色白とミムラが会話して、他3名が会話するという形になってしまっていた。
しかし若禿も明らかにミムラをきにしていた。
そしてとうとう私たちとの会話を切り上げて、ちょっとミムラさんとも話したいんで席替えしませんかとか言いやがったww
79:
残酷物語やな
80:
あーあ
81:
やったぜ。
82:
まぁ仕方ないな
もっさいオタと話すより可愛いオタの方が良いし
83:
美しいものを愛でたくなるのは
2次でも3次でもそこは同じ
84:
そして若禿がミムラの向かいにうつってミムラと若禿、色白と私たちという構図になった。
その時点で席替え5分前くらい。
色白もミムラと二人で喋ってたのは3分くらいの筈なのに明らかにその3分の方が楽しそうだったw
私たちとおしゃべりしていた20分間は何だったのかwwww
そしてスタッフからそろそろ席替えなのでアドレス交換は今のうちにというアナウンスが入った。
男性陣はすかさずスマホ取り出してLINEの交換をしようと言ってきた。
とりあえず全員で交換したw
85:
一応マナーはわかってるようやなオタクも
86:
全員で交換したならよかったな
87:
マナーっていうよりミムラへのアピールの一環
88:
ミムラは来る男全員持っていきそうやな
89:
全員で交換とすることで
断れない状況を作り出すんやで
91:
>>89
ほーなるほどな
策士やなお前
94:
何故美人ほどドッ濃いヲタが多いのだろう
溜め込んで吐き出す場所を探しているのだろうか
95:
>>94
多くはないと思うが
90:
そして次のグループは3人組だった。
大人しそうなメガネの人2人と今回の参加者で1番イケメンだと思った男性のグループだった。
あ、ちなみに席はこんな感じ
眼鏡 メガネ イケメン
私 天パ ミムラ
私側が壁でミムラ側が通路。
自己紹介をしたらなんと驚いたことにイケメンは40代だった。参加年齢ギリギリ。
同じ歳くらいに見えていたのでビックリした。
96:
しかしそれが良かったのか、イケメンとミムラの好きなアニメの世代が被っていた見たいで早2人で盛り上がりだした。
ちょw空気読めwとは思ったけど、またミムラと正面、それ以外という構図で会話がスタートした。
はっきり言ってメガネくん達との会話は殆ど覚えていない。
あんまり盛り上がらなかった。
しかしここでイケメンはやはりイケメンだった。
これじゃ話づらいよねと自ら席替えを提案してくれた。
歳の差なんて関係なくわたしはイケメンに惚れた。
97:
やはり顔か・・・南無
98:
イケメン空気読んだか
99:
伊達に年はとってないな惚れさせ方をわかってらっしゃる
101:
ゆっくりでごめん
席替えをしてもなおミムラと正面、他4人という構図が続いた。
イケメンと話しているとやっぱり歳の差をチラホラ感じたけど、
イケメンのおかげで先程までより断然会話は盛り上がっていた。
ミムラの方は大人しいメガネでさぞ困っている事だろうと思っていたけどそんな事なかった。
さっきまでしてなかったスポーツの話とかしてたw
メガネくんがそのスポーツの楽しさを力説していて、ミムラはうまく質問したりしていた。
なんというかミムラやイケメンはコミュ力が違うなと思った。
102:
やはりコミュ力か・・・
103:
メガネくんは真のオタクやな
こんな場でも力説しちゃうか
104:
イケメンとミムラが付き合うってことでおk?
106:
楽しそう
107:
でいよいよこのテーブルもアドレス交換のアナウンスが入った。
私はイケメンとの交換をwktkしていたんだけど、
誰も交換しようとか言いださない。
メガネ君たちはもちろん、イケメンも言いださない。
私が言えば良かったんだけど、私も言いだせず、天パさんもミムラも何も言わないまま席替えの時間になってしまった。
なんかこのときばかりは自分の他力本願さが情けなくなった。
最後に1番大人しいメガネくんが、ミムラに久しぶりに沢山話せて楽しかったですとお礼を言っていた。
108:
(ノ∀`)アチャー
109:
交換なしとかあるんだ
110:
次のグループも3人組だった。
このくらいになってくると男性陣は結構酔いが回ってる感じがした。
ちなみに私達のテーブル女性陣は誰も飲んでいなかった。
こんどのグループはイケメンの次にカッコイイと思った人と、とにかく明るいメガネと、無口な糸目さんだった。
メガネさんと糸目さんは結構酔ってるがゆえにそんな感じになってしまってるらしかった。
男性陣は誰もドリンクを持っておらず、メガネさんがドリンクが来たら自己紹介をしましょうと言ったのに、糸目が先に動いてしまった。
そう、勝手にミムラとシートを交換しやがったw
112:
それはそうと飯は旨かったんけ
114:
>>112飯はマズイパサパサ
113:
ここにまたしてもミムラと正面、他4人という構図が出来上がるかと思ったが、ここはミムラが空気を読んだ。乾杯してからにしましょうとw
そしてドリンクが来てからみんなで会話がスタートした!
しかし、混雑した店内では端と端で会話がしづらく、
いつにまにかまた2人と4人で別れる形になってしまった。
しかし今度2人になったのはミムラではない。
私だ
117:
長くてごめんよ
私と2番、他4人という形になっていた。
私は緊張はしたが舞い上がっていた。
2番目とは言え今回のメンバーの中では結構カッコイイ人とおしゃべりができるのだ。
しかも大好きなアニメの話を気兼ねなく!
しかし私の思惑とは違い会話はそんなに盛り上がらなかった。
私はアニメのオタクだが、2番さんはゲームオタクだった。
しかも私が絶対やらないゲーセンの格ゲーだった。
私はスト2のキャラがなんとなくわかるくらいだったが、2番さんはスト2はやらないと言っていた。
118:
オタクの集まりでそんなに好きなものが合わないと気まずいな
120:
2番さんの言っていることはよくわからなかった。
4人の方は盛り上がっているっぽかった。
天パさんがよく喋ってる声が聞こえた。
私は無理やりそっちへ混ざろうと何の話をしているんですかーと入ってみた。
好きなアニメの話をしていたので、私はハイキューの話をふってみた。
みんなハイキューは見ていたみたいで、わりと食いついてくれた。
しかしミムラは無口になっていった。
ミムラは古最近のアニメは殆ど分からないと言っていつの間にか相槌うつだけになってた。
2番 メガネ 糸目
私 天パ ミムラ
で座っていたけど、2番さんとミムラが会話の輪から外れていた。
121:
仮面ライダー聖闘士星矢って古いアニメか?
どっちも最近アニメやってるけど
123:
>>121ミムラは1番最初の漫画が好きとイケメンに言っていた。
122:
しかし楽しい会話も一瞬途切れてみんなでシンとなってしまう瞬間があった。
その瞬間を2番さんが見逃さなかった。
「ミムラさんて、○○(ゲームの名前。何て言ってるかわかんなかった)とかやるんですか?」
ミムラはシートにゲームも沢山書いてあった。
さっきまで大人しかったミムラが盛り返してきた
「はい!□□(多分キャラ名)が大好きで!」
その瞬間から1番席が遠い2人が盛り上がってしまい他がシンとする地獄の構図が出来上がった。
124:
なんかもうそんな空気いたたまれな過ぎて
俺だったらもう帰りたい
127:
>>124
良い経験できそうだけどね
125:
なげぇえええええ
126:
ごめんよ。できれば最後まで書きたい!
無理な人は明日にでも見てくれ!
時間にして数分。
私達がアニメの話をしている時間の方が長かったはずだが、
2番さんとミムラはかなり楽そうに話していた。
男性陣は何とか会話に入ろうとしていたけど、2人の会話が深すぎたのか入れていなかった。
そして恒例のアドレス交換タイムはは明るいメガネさんのおかげでつつがなく進んだ。
このテーブルでも全員で交換ができた。
128:
そしてラストの席替えになった。
最後はチャラ男っぽいのとまた大人しいメガネの2人組みだった。
スタッフが最初に相手のシートに一言書くときにメガネって書いても誰かわからなくなるんでやめてくださいねwって笑ってたが、男性のメガネ率は本当に高かった。
この組もミムラと正面、他3人という形になってしまっていた。
最初に私たちとチャラ男、ミムラとメガネくんになったんだけど、このチャラ男くんもゲーマーで話があまり続かなかった。
それでもチャラ男くんと天パさんがジブリという共通点を見つけてなんとか話ができた。
ミムラ達はなんとラブライブの話で盛り上がっていた!
129:
ミムラはもしかして元カレの趣味でアニメ好きになった可能性
130:
チャラ男君が席替えを提案して男性陣は入れ替わった。
そしてやはりチャラ男君とミムラはゲームの話題で盛り上がりだしたw
今度はドラクエの話みたいだった。
ここまでくるとミムラの守備範囲の広さには脱帽した。
私もラブライブなら少しわかったから何とかメガネくんと話そうとしたけど、ミムラほどは盛り上げられなかった。
この組でもアドレス交換はできた!
132:
そして最後にはマッチングタイムというのがあった。
と言っても良かった人を番号で3人紙に書いてスタッフに渡すと、マッチングしていた人に○をつけて返してくれるだけというもので、みんなの前で発表とかはなかった。
私は イケメン、 色白、 チャラ男の番号を書いた。
しかしすぐに発表というわけがなく、二次会があった。
一次会で帰る人にはここで紙を返してくれるだけということだったが、イケメンが二次会行くっぽかったので私も二次会に参加することにした。
残念ながら色白は二次会には来なかった
133:
二次会で終わるから最後まで書く
134:
イケメンは真ん中あたりに座っていて、私はイケメンの正面に座ることができた。
ミムラは端の方だったのでひとまず安心した。
この二次会で初めて他の女の子達と話すことができた。
やっぱり女の子同士の方が共通の話題は多くて最初は殆ど女の子同士で話が盛り上がってしまった。
テーブルも大きかったので、イケメンが正面にいるのに声がよく聞こえず、あまり話ができずにいた。
途中でイケメンが席を立ったどこに行くのかと思ったが、トイレのようでイケメンのジャケットもドリンクも席にあったのでまたここに戻ってくることと思っていた。
135:
しかし現実は甘くなかった。
トイレから戻ってきたイケメンは、そのまま入り口付近にいたミムラの隣に座ったのだ!
よく見るとミムラの隣には茶髪でおしゃれな女の子もいて、そこだけ見た目は全くオタクの感じがしなかった。
イケメン達は遠すぎてどんな会話をしているかわからなかったけど、イケメンもミムラも茶髪ちゃんもみんな笑ってた。
私は帰りたくなったが、ここで救世主がやってきた。
スタッフが席替えの案内をしてきたのだ。
136:
席はくじ引きでランダムだった。
私はイケメンの隣を切に願った。
そして運命の相手は
ミムラだったwwww
イケメンは少し遠くになってしまい、話しづらく周りが女子ばかりの席になってしまった。
もうこのドリンク飲んで帰ろうとか思ったとき、ミムラが話しかけてきた。
137:
お?
139:
さっきはありがとうございました。
という挨拶から始まり、よければ私のプロフィールシートを見せて欲しいと言ってきた。
そういえばミムラのは見たけど私のは見せていなかった。
私のシートを渡して、一応ミムラのももう一度見せてもらった。
プロフィールシートの下半分は今日話した相手に名前一言を書いて貰う欄があるんだけど、
そこには男性陣の名前だけではなくて、女の子の名前も幾つか書いてあった。
そして私の名前も書いてあって、漢字の名前の後にカッコ書きで読み方まで書いてあった。
それは当然私が書いたものではなくて、ミムラが自分で書いたものだった。
ミムラに聞いたら、せっかくあったのだから忘れないようにここも書いたと言っていた。
141:
そして私のプロフィールシートを見たミムラがこれ好きなんですか?と
私が好きなアニメをあげてきた。
それはゲームが原作のアニメでミムラもゲームから入ってアニメも見て大好きだと言ってきた。
初めてミムラと共通の話題で盛り上がったw
それでわかったけど、ミムラと話すのは楽しかった。
うまく言えないけど、質問もこっちが答えやすい質問をしてくれたり話が途切れそうになったら話題を振ってくれて、なによりミムラがニコニコ楽しそうに聞いてくれて、本当に
楽しんでくれてるんだってこっちも楽しくなった。
男性陣も単にミムラが美人だから話してたわけじゃなくて本当に楽しかったんだとおもったよ。
いつの間にか他の子も混ざっていて、周りの女子でLINEの交換をした。
142:
で、二次会もお開きになり、最後にスタッフからマッチングシートを渡された。
三次会はやるならご自由にといことで解散になった。
最後一応男性陣から三次会のお誘いがあったけど女子はみんな断ってて結局三次会はなかった。
結構緊張してたみたいで、うちに帰ってからどっと疲れた。
ドキドキしながらマッチングシートを開けたらなんとイケメンに丸がついていたwww
しかしここで私は重要な事実に気づく。
イケメンと連絡先交換してないwwwwwww
他の人は交換をしてあったけど丸はなかった。
143:
結局男性陣とはその後ありがとうございましたみたいな社交辞令的なやりとりを数人としたが、LINEはすぐに途切れたwwww
ただ、女の子の友達が増えたのは嬉しかった。
この歳になって新たなオタ友ができるとは思っていなかったw
ミムラに思い切って女子力の相談をしたら、女子力はないという返事と、ロボットや怪獣みたいなフィギュアがいっぱい並んだ写メが送られてきたww
しかし、今度一緒に買い物をする約束はしたので、ミムラ達に服を見繕ってもらって、もう一度くらい街コンチャレンジしようと思いますwww
144:
一応これで終わりw
私も最後眠かったから、明日また書き込むかもだけど、
長々と付き合ってくれた人はありがとう!!
147:
これアニコンじゃん
146:
ミムラが良い子すぎるwww
俺の嫁になってほしいわ
155:
イケメンの連絡先聞いてないのが痛かったな
でもめちゃ楽しそうやんww
次も頑張れよ
----------------------------------------------------------------------------
1001:
『くまみこ』みたいに原作者とメディアミックス先がいざこざ起こしたの教えて
なろう作者「作中にセブンセンスという能力が出てきますが、これは作者が実際に持っている能力」
漫画家クリムゾン「『くっ・・・殺せ!』というのは クリムゾンのセリフではありません。」
ニセコイ作者の新作、心臓の鼓動回数が決まってるヒロインを主人公がドキドキさせる心温まる物語
【悲報】俺様、あるアニメキャラと同じ名前のせいで毎日いじめられる。
アニメ化決定! 原作者「嬉しいです、キャラ達が動くところが楽しみですね」ニコッ 円盤売り上げ1000枚以下←これ
【悲報】アニメ『アカメが斬る』を見たロシア人、批判した友人をナイフで刺す
なろう作者「くっそ、宮本にイジメられた・・・せや!」
【画像】ニコニコ高校に在籍してる生徒の集合写真wwwww
ダンガンロンパの霧切さん、衝撃的な激太りをするwwwwwww
いちご100%の作者、BL漫画を描く
Tweet
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
100

続き・詳細・画像をみる


10億円もらえるが、毎日10時間以上ゲームをしなければいけないor毎日腹筋腕立てスクワット背筋を各1000回以上やらなければならない

【画像】彡(゚)(゚)「ワイはモンスターハンター」

ポケモンのセレナが可愛すぎて生きるのが幸せだった

【お前ら終了】長谷川豊 「もう我慢の限界だ 2ちゃんのお前ら、警察に被害届を警察したから」

【激シコ注意】酔って下半身丸出しの女が動画を撮られTwitterで拡散される

スシローにレクサスで来る奴なんなの?

年子の独身兄が学生時代の友達んち感覚でウチに寄るのをやめさせたい

【速報】 最新の尾田栄一郎さんwwwwwwwwwwwww (※画像あり)

【画像】童貞はこの女とセ○クスしたくないらしいwww

【野球】「期待はずれのドラフト1位」は、 なぜイタリア料理のシェフになったか

3DS『ポケットモンスターサン・ムーン』特別体験版が配信開始!

足が短いので…なかなかテントから出られない子犬(動画)

back 過去ログ 削除依頼&連絡先