【前編】罰ゲームで池沼と付き合う事になった→私「10日間付き合って欲しい」 彼「また罰ゲームですか…ご迷惑かけてすみせん」back

【前編】罰ゲームで池沼と付き合う事になった→私「10日間付き合って欲しい」 彼「また罰ゲームですか…ご迷惑かけてすみせん」


続き・詳細・画像をみる

3:
ゆっくりだが書いて行くわ
4:
文才ないし高校時代の話だから曖昧な部分もあるかも
7:
高2の時にクラス替えがあった
学校は2年に一度だけクラス替えがある仕組みだった
中学の友達も多かったしどっちかというと社交的な自分は友達多い方で
高校生らしくワイワイやって
クラス替えがあっでも知り合いとか友達が大割を占めてたからむしろよかった
18:
高校のクラス替えがあってからは毎日楽しくやってました
クラスには知的障害者が一人いて
みんなからイジメというか無視されたり避けられたりしてました
名字が大池だったので池沼とか冷やかしで池メンくんとか呼ばれたりしてました
19:
高校に知的障害者いるの?
21:
>>19
います、軽度なんですけどたまに首が変な方向に揺れてたり
喋る時はひどくどもってる以外は特になかったんですけど
成績は常に上位でした
25:
高2が一番自由時間が多くてみんながハメを外してる時期なんですよね
放課後は毎日みんなで遊んだりカラオケ行ったりしてました
6月の後半に1人の女子の誕生日会でクラスの15人くらいカラオケでワイワイやってました
そこでゲームやって負けた人は罰ゲームやるというルールがあって
まぁ私が罰ゲームやるハメになったという訳です
28:
それでまあ案の定罰ゲームが大池と10日付き合うっていい内容でした
他にも罰ゲームやる人が二人いたんですけど二人とも男でしたので
29:
大池に対しては特になんとも思ってなかったです
他とはちがうなくらいでした
他の女子は触っただけで手洗ったりとかまあ大袈裟だったんですけどね
30:
学校いったら教室にある花に水やってる大池がいまして
他の連中はキャッキャッしながら私の行動を見てる
鞄を机において大池の所に行きました
31:
会話は「」つけて会話形式がいいですか
32:
ご自由にw
39:
私「おはよう」
大「…」
私「10日間大池と付き合いたい」
大「(テンパってモジモジしてる)」
いきなり宣言しました
大池には悪いと思った
40:
付き合うっていうのは一緒に登校して一緒にお昼食べて一緒に帰るという
まぢでカップルじゃんて思ってたら授業の合間に大池がきた
41:
……告白罰ゲームって何時代から始まったんだろうな
イジメの一種なのか
42:
>>41
私も思います
大池は残念ながらいつも罰ゲームの被害を受けてたんですよね…
43:
私の席の近くにきて
大「付き合うというのは友達としてですか」
私「恋人としてです」
大「また罰ゲームですか…ご迷惑かけてすみせん」
と言われて深々とあたまを下げられたんです
すごい悲しい目をしてて、なんか大池が悪くないのに何謝ってんだろうとか
悲しくなりました
44:
大池がそういうこと言ってるのがすごい衝撃的で
今までどういう気持ちで罰ゲームの対象になってきたんだろうとか色々考えてるうちに昼ごはんの時間
45:
それは池沼じゃなく身障なんじゃ…
46:
>>45
外見は特に問題ないですが
きれやすかったり、言葉をちゃんと発することができない、洋服をちゃんと早く着れない、病気しやすい
これくらいですかね
こうなるとなんという障害なんなんでしょう
ちなみに弟がダウン症でした
47:
お昼は二人で食堂で食べました
周りからの視線がすごいのと、二人での空気が気まずくてごはんもまずかったです
ただ大池の弁当がすごい色々貧しかったです
ごはんと、冷凍食品らしいハンバーグが二つだけ
またまた衝撃をうけた
でも、大池とこうやって周りから色々言われながらもごはん食べなきゃいけないことに非常にムカついてました
今思えば大池が一番被害者なんですけどね…
51:
大池の呼び方があまりにもそっけなくて慣れないので呼び方変えようと思います
ガンダムが好きでいつもアムロのモノマネしてたのでアムロとします
実際もアムロと読んだりしてたので
52:
ごはん食べてる時はずっと申し訳なそうにごめんなさいを連呼してました
だんだんアムロにも周りにもイライラがピークになって
アムロに酷く当たってしまったんです
53:
ウザいとか黙れとか言いまくってて
アムロはごめんなさいの繰り返し
何も悪くないのに、申し訳なかったです
帰りも一緒に帰って知ったことが
家が結構ちかくて
自宅に帰る道のりにアムロのうちがありました
一戸建ての古い家でした
54:
二人とも無言で、その日は終わり
朝はどこで待ってればいいかわかんなくて、とりあえず7時半に家の外に待ってたらアムロがでてきた
ア「待っててくれたんだありがとうごめんなさい、おはよう」
とにかく訳わからないまま一気にいってきて
面白くて笑っちゃった
56:
スペックなし?
58:
ではスペックいきます

顔体系普通
まぁまぁ社交的、華道部
アムロ
知的障害持ち
成績は常に上位
運動能力は無いに等しい
内向的
放送部
59:
笑ったら一気にアムロの緊張が解けたのかアムロが話し始めた
ア「本当にごめんなさい、僕のせいで朝から昼と、帰りも嫌な思いして。僕がこうだから1さんにすごい迷惑かけちゃって、待ってくれなくても大丈夫ですよ…」
言われてハッとした
本当にアムロが嫌だったら罰ゲームをバックれることもできたのに、本気で嫌な訳じゃないんだなと思った
昨日の酷く当たった事を後悔した
60:
アムロは自閉症かな?
自閉症の人は1つの分野に対して凄い才能を発揮するとどっかで聞いたことあるけどどうだろう
63:
>>60
はい、その通りです、自閉症も伴ってました
勉強(特に数学と理科。国語は平均)
あとはあの回して色合わせするサイコロみたいな奴が異常に得意でした
一緒に外で会った時は、見かけたお店の番号とか車の番号を全部覚えてたりしてました
62:
>>60
それアスペルガー
俺の兄貴がそれで非常に困ってる
64:
>>62
アスペルガーというのも病気なんですか
詳しくなくてすみません。
61:
私「本当に嫌だったら、罰ゲームとかやってないから、あんたも悪くないのにそんなにペコペコしてんなよみっともない」
ア「すみません…」
私「私も昨日ごめん、酷いこと言って」
ア「いいえ、いくら罰ゲームでも普通に喋ってくれて嬉しかったです。お昼も始めて先生以外の人と食べたのでetc」
こんな内容です、よく聞き取れなかったり、曖昧な部分も多いんですけど
65:
うちのクラスにもアムロと全く同じような人いるぞ
なぜか勉強できるんだよな
だが大富豪のルールをいつまでも覚えてくれず俺らはとても萎えた
67:
>>65
そうなんですよねルールというものはすごく苦手で
バレーとか剣道とか体育でのスポーツのルールは全く理解できないらしくいつも審判やらされてました
でも勉強はクラスでピカイチ
70:
>>67
なんで勉強はできるんだろな?
不思議…
72:
>>70
不変のものには強い
記憶力が半端ないのが特徴
74:
>>70
アムロ曰く
勉強はちゃんと答えがあるからわかりやすいし、決められてる物はいつまで経っても変わらないから、答えがない人よりも簡単だから
最初は意味わかんねーよくらいにしか思ってなかったんですが…今は納得。
79:
>>74
知的障害者でも、想像してる感じの人じゃなくて、かるい感じなの?
何か問題とかは起こしたことないの?
アムロはいい人だ
66:
一緒に登校すると昇降口からクラスまでが冷やかしの嵐でイライラ
席につくと友達クラスの奴らが一気に押し寄せてきて色々問い詰めてくる
どんな話をした
手つないだか
家はどんな
臭いかとか散々な内容で、
本当に動作以外は普通の人でした
考えてることも
71:
普通だったということを伝えると
お前から色々仕掛けろよとか
そしたらいきなり叫び声が聞こえて、なにかと思ったらアムロ
怒鳴り散らしてました
でもクラスの連中は爆笑しまくり
ア「1さんは悪くない!1さんは僕に優しくしてくれた!1さんをいじめるなら僕がetc」
でも連中は更に笑いだして、
1はアムロに守ってもらえて心強いなとか
73:
自閉症もダウン症もそれぞれ得意不得意があるよー
77:
なんで自閉症の奴をいじめてんだよ
おれの学校もそういうクラスだったけど助け合ってたけどな!
クソ難しい漢字とか書けるからお前すげえなって言ってた
83:
>>77
自閉症というのはあとで私がアムロはわあんから聞きました
学校には軽度の知的障害としな言われてませんでした
84:
でもどっちにしろイジメはよくないですよね
それまでクラスにいじめなどなかったからよくわからなくて、
結果的にアムロから全部教えてもらいました
85:
罰ゲームの対象っていじめてるって認識じゃなかったってこと??
88:
>>85
多分そうなんだと思います
みっともないですが、私も止めようとしてなかったです
87:
続けます
それでアムロは怒鳴り散らしたり椅子とかを投げ倒したりしてたら先生が騒ぎを聞きつけて登場
アムロを宥めながら保健室に連れて行き
副担任がクラスのみんなを怒ってたけど、結局はアムロがいきなり騒ぎだしたとか
アムロのせいにして
副担任もお説教終了
93:
お昼までアムロが戻ってこなかったので弁当持って保健室いきました
保健室入ったらアムロがソファに座ってなんか書いてました、数字とアルファベットの羅列
確か隣の数字と隣のアルファベットが違う必要があってetc
これを詳しくわかる人いますか?
97:
隣に座って弁当食べようとしたら、
急にアムロが泣き出して何事かと思ったら
ア「1さんを守ろうと思ったけど更に迷惑かけて、嫌な思いさせちゃってごめんなさい。僕と関わると必ず辛い思いするからもう僕はいない方がいいと思うのです1さんは行ってください」
元々聞きづらい上に更に泣きながらでしたから曖昧なんですけど
こういう内容でした
98:
正直守るってなんだよ弱くないして思ったんですけど、アムロの表現の仕方なんだなと
黙ってきいてました
まだ一日だけだけどちゃんと関わってみると本当に普通のどこにでもいるような男の子
会話は普通に書いてるんですが
首ふりながら、舌足らずで
ぼ、ぼ、ぼくがぁ〜
みたいな感じで
聞き取りづらくて何度も聞き返したりという感じです
99:
高校生にもなれば思慮といものができてくる思ってたんだが…
やっぱりこういう事は教師がきちんと教えないとダメかもしれんね
なんか悲しい…
100:
自分なら1みたいに保健室まで行かんな…
なんか罪悪感みたいなのがあったの?
105:
>>100
叫んでる時にアムロが言ってた
1さんは云々が気にかかってたので、放っておけませんでしたし
自分がああいう状況だったら絶対誰かにいてほしいので
あとアムロの弁当もっといくためにも
101:
すごい一生懸命な人だったんだな
102:
勉強が出来るって時点で知的障害ではなくね
てか言っちゃなんだが相当レベルの低い学校に通ってたんだな
106:
>>102
どっちかというと進学校でしたが
すごい自由な感じでした
103:
アムロはすごい感情的で喜怒哀楽げ激しかったです
ア「ごめんなさい…ごめんなさい…」
私「昨日も今日もご飯がまずいよ、うるさいから静かにして。あんたも弁当食べなさい」
ア「ごめんなさい…いただきます」
何に対して謝ってるのかが定かではないし、謝られるようなこともした覚えはないのに、とにかく謝りまくりでした。
104:
1は今は後悔してる風な文章だが、スレタイで台無しだよな
109:
>>104
ですね
でも理由はあとで出てくると思います
110:
アムロの弁当がまたもすごく貧しい感じ
ごはんと冷凍食品
聞くにも聞き辛くて二人で黙々と食べてたらお昼休み終了
111:
自分で作ってんのかな
112:
アムロを連れて教室いくてクラスがまた騒いで
二人でなにしてたのとか
本当に話聞いてるとバカバカしくなってイライラしまくり
アムロは一人で授業の準備
122:
その日の帰りも一緒に帰りました
アムロはすっかり元通りになって普通に話してました
ア「1さんはなんで僕を嫌がらないの」
「ぼくが気持ち悪くないの」
と色々きかれました
アムロより今まで友達としてやってきた奴らが気持ち悪くて腹が立ってました
ドラマとかで見てきたイジメはいじめられる側にも問題があって、でもあんな陰湿ないじめはドラマとかの話だからであってとか呑気なことを考えてたのが一気に現実になってしまい
123:
常識ある奴らだと思ってた人たちがこういう残酷な人間の化けの皮が剥がれて云々考えてるうちに頭が追いつかなくなってアムロの質問を無視してさようなら
とにかく寝られない日が続いてたけど、学校で特に行動起こせないまま
あっという間に一週間が過ぎました
124:
その一週間は色々ありました
クラスの人たちは相変わらず、遊びに誘ってくれたりしてたけど
どうやって付き合っていいかわからなくなってて、なんか一緒にいても楽しいって思う事ができなく
むしろアムロと一緒にいた方がアムロは嘘つかないし、あんまり喋らなくても気を遣ったり疲れないからと
いつしかアムロといると楽と思ってました
125:
アムロはとにかく嘘がなかったです
すごい真っ直ぐで、思った事はうまい表現もできないし、オブラートに包むとか更々できてなかったけど、逆にそれがよかったんですよね
129:
みてるけどアムロにほれそうだ
いい奴だよなぁ
まあ色々普通と違うところもあるんだろうけど。
132:
>>129
一週間で自分も惚れかけてた
134:
いろいろ考えちゃってレス挟む余裕がないな。
136:
>>134
色々とは(´・_・`)
135:
一週間毎日登校下校して昼ごはん食べてりゃあ少なからず、緊張もなく、喋れたりできるみたいで
最初よりはどもったりするのが少なくて本当に普通の人といるみたいだった
相変わらず首は揺れたり、ごはんの食べ方があれだったけど無視したああいう点は
137:
アムロは自分のことを色々話した、聞いてもいないのに
でも退屈じゃなかった
アムロがどういう人間で普段はなにやってるのか興味があった
140:
まず家のことお爺ちゃんお婆ちゃんがいる
お母さんは妹を産んで、二人とも障害持ちだったことにショック受けて逃げた
妹がダウン症で寝たきり
お父さんは養うために超多忙であんまりうちにいない。
お世話は爺婆がやってる。妹につきっきりで、アムロは家帰っても一人
143:
アムロは小学校からイジメをうけてきた、中学校は特別教室に通ってたけど、勉強が非常に優秀で障害が原因で周りに迷惑かけるようなことをしなかったため校長によって普通学級に入れられた
145:
友達は親戚の年下の男の子だけ、学校でこうやって話すのも1さんが初めて、仲良くしてくれるのも、気持ち悪がらないのも
ここら辺はアムロ泣いてた
好きなものはガンダム、ロボット物
将来はガンプラに関わる仕事がしたいからグラフィックデザイナーとかになりたい

146:
なんかいろいろ考えさせられるな
147:
こうやって話をきくだけでも本当に普通の人
ちょっと違うだけでイジメをうけるのはあまりにも酷かった
148:
>>147
綺麗な感情だね。
アムロとちゃんと話す機会が無ければ気づかないままだったんだろうけど。
149:
アムロは携帯もってたからアドレス交換しようと言ったら
ア「アドレス?1さん僕とアドレス交換してるのがクラスの人たちにばれたら嫌な思いするからやめておきな。」
だった
なんて余計なお世話なんだろうとちょっと戸惑った
私「そういうのが嫌だったら、まず聞かないし、一々気にするのもうやめたら?、もう毎回言うのも疲れるからそういう心配みたいのやめて」
ア「すみません…でアドレスってどうやって交換するんですか?僕自分のアドレス知らなくて…」
150:
衝撃
この人今までアドレス交換したことがなかった
赤外線もおろか、
携帯は万が一アムロがどっかで迷ったりした時にと思ってお父さんが持たせただけだった
151:
最初から教えて赤外線で交換して
私のも登録した
登録されてる番号が
110番、お父さん、お婆ちゃん、家だった
もう色々ショックうけまくり
自分がまずこういう環境でなかったし、こういう人が周りにいたこともなかったから、どうなってんだろうと思った
153:
金曜日にさようならして、
土日は他クラスにいる小学校の友達三人と遊んだ
噂をきいたのか、色々きいてきたけど
ふーん位だった。この人たちは友達だなって思えた。面白がらないし、冷やかさない、アムロの印象と違ったからびっくりとか言ってただけで、全員が全員クラスの連中みたいな人じゃなかった
人間不信になりかけてた自分にはすごくいい薬になった
155:
月曜日で8日目だったけどもう10日間とか罰ゲームとか忘れてたし、どうでもよかった
アムロの人間性が気になってた
158:
20分まったけどアムロがでてこない
いつもなら5分くらいで、1さんおはようって出てくるのに
159:
携帯があったから電話かけてみた
遅かったけど出た
私「おはよう、まだ出てこないの?」
ア「すみません、風邪ひいたみたいで、熱がでて学校やすみますので、1さんは行ってください」
私「そう、お大事に」
待たせておいて、番号しってるんだから電話くらいしろとプンプンしながら登校
学校はいたって普通
帰りは気になってたから、アムロの家の外でアムロに電話かけようとすたら、お婆ちゃんがでてきた
160:
私「こんにちわ、アムロくんいますか」
婆「こんにちわ、もしかして1さん?アムロから話きいてます。アムロがお世話になってます。」
私「いいえ、こちらこそ。」
婆「ごめんなさい、せっかく来てくれたのに、残念だけどアムロ入院することになったの」
161:
話はこうだった
アムロは水曜日あたりから風邪かで体調がよくなかったけど、学校行きたがってて無理をしたから悪化した
普段でさえ病気には極端に弱いアムロが風邪悪化となるとすごいやばいらしくて、肺炎になってる可能性が高いから入院した
入院を珍しく嫌がってたからきっとあなたのお陰で学校が楽しくなったのかしらってお婆ちゃんが言った
162:
こういう時も嘘ついたりしないで、正直になればいいのにと思った本当に
二週間くらい入院するらしかった
163:
なんだか嫌な予感
164:
アムロにとっては>>1との8日間?が
生まれて初めての楽しい学校生活だったんだろうな。
165:
親からの目で見ると、娘息子が虐められている現実は、
直視し難いもんがあるんだよなぁ。
こればっかりは子供を産んで見ないと分からないんだよな。
167:
バカじゃないのって思いながら帰った
夜部屋で寝転んでたらアムロからテレビ電話がきてきれた
間違えたんだと思うw
もう一回通常電話がきたから出た
ア「こんばんわ、1さん?今日夕方きてくれたんですね。お婆ちゃんからきいてすごく嬉しかったです。学校行きたいので早く治します。また仲良くしてくれますか?」
だった、
頭いいくせにこいつ馬鹿なんじゃないかと思った
病院を聞き出した、さりげなく
そっけないまま電話をきって寝た
169:
せつなくなった。
172:
>>169
書いてて私も(´・_・`)
171:
次の日登校して昼休み前に帰った
病院行って、受け付けでアムロの部屋をきいて行った
四人部屋のようで、アムロが窓際だった
部屋にはいったら婆ちゃんとアムロがごはん食べる前だった
アムロがびっくりして泣いた
175:
アムロはとにかく泣いてた
なにいってるかわかんなかったけど
ア「シクシク、うぇーんうぇーん、ふじこふじk」
婆「アムロくんよかったわね。ニコニコ」
私「…」
婆「1さん本当にありがとうね、アムロは元気だから早く退院できそうなの。1さんのお陰ねニコニコ」
179:
アムロが泣き止んでから
お婆ちゃんが妹の方にいった
妹がダウン症で同じ病院で入院してた
ア「学校はどうしたんですか」
私「早退してきた、お腹すいた」
ア「なにか買ってきますか」
私「弁当あるからいい」
ア「あ、はい。1さんの弁当はすごい華やかで美味しそうです。」
私「お姉ちゃんが調理師やってるから。モグモグ」
ア「そうなんですか、すごいですね。僕は下手なのでいつも冷凍ハンバーグです(笑)」
私「知ってる、自分で作って偉いじゃん」
180:
偉いっていったらアムロの目が輝き出してた
褒められると奇声あげて喜んでたいつも
185:
ごはん食べてから、敷地内にある庭に行って、話した
ア「1さんが、明日もきてくれる確率は1さんが出なきゃいけない教科と1さんの友達人数と友達から誘われる確率から計算して、明日の気分を予想すると云々パーセントで云々」
いきなり変なこと喋るけど、どれも興味深かった
186:
病室もどってからは、アムロが話し始める
というかアムロがいつも話て私が聞いてた
それで帰る時にアムロが
「またきてくれますか」ってきいてきた
くるつもりだったから頷いた
アムロの目が輝いた気がした
187:
夜お姉ちゃんが帰ってきてから話ししてみた
アムロとの関わりアムロの境遇とか
お姉ちゃんは全部きいてくれて、素敵な子だねって
今度お弁当つくってくれるよう頼んだら快くうけてくれた
お姉ちゃんがお姉ちゃんでよかったて思って寝た
188:
次の日は用事があって行けなかった
その次の日もなんとか合宿の係で最後までいなきゃいけなかったから病院いかなかった
そしたら夜アムロから電話がきた
189:
君もお姉ちゃんも優しい子だね
ちょっと正座して反省するよ
190:
ア「こんばんわ、今電話大丈夫ですか」
私「はい、なに」
ア「病院にきてくれませんか、すごく退屈で1さんがきてくれると、楽しいので」
私「わかった、そのうち行く」
ア「はい、ごめんなさい…」
191:
やっぱりアムロは正直だなと思ったwww
悪化する時も正直になってれば、バカな奴め
その翌日朝から病院行った
192:
アムロが驚いてた
ア「ひぃぃぃ、1さん!学校はどうしたんですか、遅刻ですよ」
私「おはよう、あとで行くから。」
お姉ちゃんが作ってくれた弁当を二つと、初代ガンダムのプラモデルもっていった
193:
プラモ登場はわロタwww
199:
>>193
ファーストとあとはΖとか色々すきっていってたけど、一番わかりやすいファーストにしましたん(´・_・`)
194:
やっぱり正直って慣れてないと怖いな
199:
>>194
はい、アムロと関わってからかなり耐性がつきました
みなさん眠いのにありがとうございます(;_;)
197:
私「病院は退屈らしいから、」
差し出したらアムロが泣いた、号泣
ア「ガンダムだふじこふじこ、シクシクふじこふじこ」
作ろうと思ったら、ニッパーとかヤスリがないとダメらしく、また今度つくることになった
200:
お昼までは、アムロとしりとりした
アムロはよく ん を言ってた
静かになったと思ったらアムロが寝た
起こすのも悪いから、お昼まで待った
寝てるアムロを見たら、すごいキレイな顔してたんですよね
201:
色白だなと思ってはいたけど、光の加減もあってか真っ白で
イケメンとかいうキレイじゃなくて、なんかとにかくすごいキレイだなって思った
お昼になるちょっと前に看護士さんがきて、熱測って薬のませてた
202:
登場人物全員おかしいぞ
204:
>>202
はい、自覚済みです…
203:
ア「すみません…本当に…呼んでせっかくくてくれたのに、寝てしまって、ごみんなさい」
看護士「アムロ君、熱測ってから昼ごはんのあとに薬etc」
薬大杉、色とりどりの飴玉みたいな薬おいてった
205:
昼ごはんは弁当差し出した
アムロがまた泣いた、泣かれても宥めるのが面倒くさくなってて、さっさと食べないと冷めちゃうとかわけわかんないこと言ってた
でも病院食しかダメらしく、しょんぼりしてた
看護士の目を盗んで、オカズをちょっと食べて感動してた
206:
とにかく美味しいの連呼
でも全部食べられなかったから、私が食べた自分のと、アムロに作ったやつを
お姉ちゃんが作ってくれたから残すわけにもいかなかったし。
208:
その日は帰った、学校よって出席だして、先生にアムロの状況報告して
211:
それで三回くらい行ったらアムロが退院した
二週間くらいだった
212:
嬉しかったし、アムロが学校行きたがってたら私もワクワク
でもアムロが10日間をすごい気にしてて、登校する時に
ア「10日間はいいんですか」
私「もう気にしなくていいから」
213:
アムロって我慢は知ってるの?
池沼ってその辺怖い
216:
>>213
我慢はあんまり強くなかったかも
215:
ア「よかったです。ずっと気になってて、昨日眠れなかったんですよ、1さんが仲良くしてくれなかったらどうしよって、また仲良くしてくれますか」
なんかもう真っ直ぐで、困った
217:
登校したらしたで、クラスの冷やかしが飛んでくる
でもあんまり気にならなかった
クラスの奴らも飽きてきたようで、すぐに止んだし、少ないけどアムロの心配した人がいた
アムロが嬉しがってた
220:
そこからは普通に過ごした
本当に普通で平凡だった
私があまりにも普通に接してるからアムロに興味もって話しかける人が増えてうれしかったすごく
表に出さなかったけど、帰って踊った
221:
アムロの世界を変えてしまったな
222:
やばいなんか泣きそうになってきた
223:
そのあとすぐ夏休みになった
夏休みは楽しかった
クラスの仲いい人たちと花火大会いったり、
アムロのお願いでお姉ちゃんに弁当教えてもらいにうちにきたり
アムロとガンプラ作った
楽しかった
224:
まさか... 鳥の詩が流れるのか...!?
227:
>>224
あの鳥は〜まだーうまく飛べないけど〜
225:
夏休み終わる前に、アムロの爺婆にごはん連れて行ってもらった
日頃からの感謝の気持ちだからと
アムロと四人で、すごい美味しい高そうな食事屋さん
爺婆が色々はなしてくれた
228:
アムロは今まで友達がいなかった
最初はお母さんがいないという理由から、体のこととか色々
小学校の時精神を病んだことがあったけど、この子は強いから大丈夫だった、それで今までやってこれた
妹が病気だから爺婆私らは妹につきっきりだし
お父さんは治療費とか生活費のために働きづめ
ロクに弁当も作ってあげられなかった
230:
でも1さんと出会ってから、すごく毎日たのしそうで、面白いくらいに生き生きしてるアムロがいるから
このために精神病んだ時もがんばってこれたのかなと思う云々
こういう内容
でも、嬉しかったし言葉にして伝えてくれた爺婆はすごい立派だなと思った
231:
二学期スタート
運動会があった
アムロは運動は本当にできなくて、元々放送部だから放送担当した
クラスのやつらも冷やかしとかなくなってたし、
嫌がる人は何人かいたけどイジメみたいのはなくなった
よかった
232:
平凡なクラスになって毎日平凡だった
アムロは勉強はピカイチだったから、テストの前は人気だった
アムロも楽しそうだった
234:
そのまま、冬になってクリスマス
カップルがホイホイできる季節
ここでアムロからの爆弾投下
237:
冬休みの始まる一週間くらい前に帰りアムロに
ア「1さんといると、すごく楽しくて時間が早くすぎるし、なんというかもっと一緒にいたいし、好きです」
て言われた
243:
嬉しかったのでありがとうと言った
ア「恋人にはなれませんが、好きでいていいですか」
もちろんろん
249:
クリスマスは家族で過ごす習性があるから家族で過ごした
アムロは病院で妹をみんなで囲んで過ごしたらしい
アムロと会ったのは、クラスで行った初詣
担任からさそいの連絡が入って死ぬほど嬉しかったらしい
251:
>>249
キリスト教?
252:
>>251
単にみんなが休みで全員集合できる唯一の日でしたので
254:
三学期にはいっても平凡だった
アムロはみんなとお昼食べてたし、もうなんか私がいなくてもやっていけるようになったから
私はアムロから徐々に離れたというか、自然と一緒にいることがなくなった
259:
アムロは楽しそうだったし、たまに電話くれると好きっていってくれた
クラスが同じなのに学校で喋るのも少なくなって、一緒に帰ることも減った
この頃から隣のクラスにいる同じ華道部の長身男の子と仲良くなるというか
仲良かったけど、親しくなった感じ
一緒に部活いったりしてた
264:
長身君とは仲良かったのが気に入らなかったらしく、この辺りからアムロが病む
265:
アムロは病んでても学校ではニコニコしてるし
たまに電話してくる時に長身君を聞き出してくる感じだから病んでるとかわかんなかった
267:
>>265
ヤムロになったのか
270:
>>267
笑った
ヤムロでした正しく
268:
アムロが仮病使って、うちに見舞いにきてとか言う
最初は行ったが、仮病ばればれだし
行ったら帰らないでとかいって大暴れ
272:
アムロに学校で呼び出されたと思ったら華道部入るとかいう
でも昼休みには治まって大人しく校内放送してたり
後日熱出したから、うちに来てって言われて用事もあったし
普通に声も元気だったからムカついて怒った
私「わざわざうちに呼び出すのはなんなの、言いたいことあれば言えばいいし、毎日学校で会ってるから一緒にいるも同然でしょ。それに部活でいそがしいからもう行けない」
といったらアムロがいきなり電話のむこうで泣き喚きながらふじこふじこ言い出して電話が切れた
273:
部活中に10回くらい着信があって、ゾッとした
留守番も入ってた
泣きながら何か言って切れる感じ
夜うちに帰ったらアムロ家から電話きた
婆ちゃんだった
275:
ばあちゃんは事情を知ってるらしく謝ってきた
婆「ごめんなさい本当に、迷惑かけて。アムロは1さんが相当大事みたいで誰にも渡さないって言ってetc」
そこで長身君のことかと気づいた
276:
アムロは本当に必要なとこだけ、正直ボタンが故障する人だった
278:
すみません、限界になってきたので寝ます
読んでくれてるみなさんありがとうございます
ごめんなさい( ; ; )
明日できるだけ早くきて続けたいと思います
おやすみなさい
284:
アムロいい奴じゃん
引くぐらい泣いてるけど、おまっ…今までどんだけ苦しかったんだよアムロと思うとずどーんずどーんとくるわな(´;ω;`)
最初は>>1もクラスメートもクズ過ぎるし胸糞悪いスレだと思った
でも>>1の言動には嘘がないからアムロも嬉しかったんだろうな
287:
昨日早くに寝たから気になってたけど残っててよかったー
やっぱ知的障害あるひとはそうなるよな。大変だと思う。
289:
何か高校時代にこんな体験できていいなぁ
この純粋な青春のような感じがいいね
もちろん、辛いことも悲しいこともあっただろうけど綺麗な思い出だね
私は何も無かったな
294:
池沼と付き合ってた話をするって過去形なのか……
なんか寂しいぜ…
引用元: ・池沼と付き合ってた話をする【後編】罰ゲームで池沼と付き合う事になった→私「10日間付き合って欲しい」 彼「また罰ゲームですか…ご迷惑かけてすみせん」
※12:24 公開予定
- シェアする
- LINEで送る
- ツイートする

- シェアする
- はてブする
- ツイートする
- 共有する

このまとめが気に入ったら
「いいね!」または「フォロー」
よろしくお願いします!
@kijyosokuhouさんをフォロー
100

続き・詳細・画像をみる


「カジノ法案」今国会にも成立へ、安倍晋三首相とパチンコ大手企業の“思惑”

ドーベルマンのロベルトは今でも私のヒーローです。

【画像】彡(゚)(゚)「暇やなあ・・・せや!」

【悲報】アメトーク、誰も見てない

江戸時代の寿司wwww

トヨタ シエンタ VS ホンダ フリード

back 削除依頼&連絡先