モバP「もしも美波が、ラノベ主人公並に鈍感だったらじゃとぉ―――ッッ!!??」back

モバP「もしも美波が、ラノベ主人公並に鈍感だったらじゃとぉ―――ッッ!!??」


続き・詳細・画像をみる


美波「えええええぇぇぇぇぇぇぇッッッ!!!???」
P「な、なんだよ!?」
美波「そんな………プロデューサーさんに恋人がいらっしゃらないのですか!?」
美波「その年齢で!?」
P「うぐっ!?」グサッ
----------------------------------------------------------------------------
4: 以下、
P「べ、別におかしくないやろ! 彼女居ない男なんて周りにいくらでも………」
美波「でもプロデューサーさんは今、2×歳ですよね?」
P「そ、そうだけど………」
美波「そのお歳で恋人がいないんておかしいですよ! いえ、異常です!!」
P「そこまで言う事ないだろ!?」
美波「いえ、おかしいですよ! 私のパパとママは、プロデューサーさんの歳では、すでに私の事を産んでいましたよ!?」
P「ひ、人それぞれだし………」
美波「プロデューサーさんの年齢なら結婚して子供がいてもおかしくありません!」
美波「それなのに恋人すらいないなんて………何してるんですか!!」
P「うるせぇ!! 余計なお世話じゃ!!」
5: 以下、
美波「やはり私のせいでしょうか………」
P「はぁ? なんで!?」
美波「プロデューサーさんが私をプロデュースするのに忙しいあまり、恋人を作る暇がなかったのでは………?」
P「いや、関係ない関係ない」
美波「じゃあ、なんで彼女がいらっしゃらないのですか!! おかしいですよ!!」
P「やかましい! 彼女居ない居ない言うなッッ!!!」
6: 以下、
美波「プロデューサーさんがモテないわけないですよ。こんなにも素敵なのに………」
P「えっ、そ、そう………? て、照れるなぁ………///」
美波「だからやっぱり私のせいだと思うんです。いえ、そうに違いありません!」
P「だから違うちゅーの!」
美波「なので私、責任をとりたいと思います!!」
P「せ、責任!?」
美波「はい………私のプロデュースにかまけていたせいで、プロデューサーさんは恋人が作れなかった」
美波「なので――」
7: 以下、
美波「私がプロデューサーさんの彼女となる方を見つけ出してみせます!!」
P「えええええぇぇぇぇぇぇぇッッッ!!!!????」
8: 以下、
P「お、お前何を言って………」
美波「大丈夫ですよプロデューサーさん。私、こう見えて交友関係広いんです♪」
美波「すでに彼女候補にいくつか心当たりもありますから」
P「いや、だから別にそんなことしなくていいから!」
美波「それにこれは、プロデューサーさんへの恩返しという意味もあるんです」
美波「今まで私の事を支えてくれた貴方へ、少しでもお返しをしたいんです!」
美波「だから何としてでも、私がプロデューサーさんへの恋人を見つけてみせます!」
P「いやだからいいってば!」
美波「どうか私に任せてください! 必ずプロデューサーさんにとっての理想の女性を見つけ出してみせますから!」
美波「美波、行きます!!」
P「だからやめろぉぉぉぉぉ!!!!!」
9: 以下、
 ○数時間後○
美波「ということで、彼女になってくれる方を見つけて来ました♪」
女「オッスお願いしまーす!」
P「本当に見つけて来た!?」
10: 以下、
女「オッス、オラ女! いっちょ付き合ってやるかー♪」
美波「346プロで受付として働いてくれてる女さんです」
P「ああっ、そういえば毎朝見てる顔だな………」
女「ほほう、お前ぇがプロデューサーちゅーのか………美波から聞いたけど、彼女が欲しいんだって?」
P「いえ、あの! そういうわけじゃないんです! これは美波が勘違いして――」
女「しょうがねぇな?………いっちょ、付き合ってやるか!」
P「えっ、乗り気なんですか!?」
12: 以下、
女「よーし、なら早デートでもすっか! 行くぞー! プロデューサー!」ガシッ
P「だから違うんですってば!! それにまだ勤務中―――」
女「まぁまぁ、いいじゃねぇか。ほら、行くどー」ガシッ
P「ちょ、ダメですてば!! や、やめてくださ―――うわあああぁぁぁぁッッッ!!??」
バビュ――――ン!!
ちひろ「うわぁ………飛ぶように行ってしまいましたね」
美波「ふふっ、早仲良くなってくれたみたいでよかったです♪」
ちひろ「私にはそう見えなかったけど………」
13: 以下、
美波「プロデューサーさん、あまり恋愛に対して積極的じゃないから………だから女さんが強引に引っ張ってくれるぐらいがちょうどいいと思うんです」
ちひろ「まぁ、それはそうかもだけど………」
美波「これでプロデューサーさんもその気になってくれれば、いずれ結婚に進展も―――」
ズキッ!!
美波「あ、あれ?」
ちひろ「どうしたの美波ちゃん?」
美波「い、いえ………今少し………」
美波「胸がチクリと痛んだような………?」
14: 以下、
――――――――――
―――――――
――――
★翌日★
女「オッス! プロデューサー! お前ェもちょうど通勤か?」
P「あっ、どうも女さん………ええまぁ、そうです」
女「いやぁ?それにしても昨日は楽しかったな。オラ、デートなんて久しぶりだから、ちょっと興奮しちまっただ♪」
P「そ、そうですか………ははははっ………」
女「それはそうと………はぁ?………何かもう疲れちまっただ」
P「はぁ? まだ朝になったばかりですよ?」
16: 以下、
食費すごそう
17: 以下、
女「おっ、ここに丁度お城みたいな建物あっぞ。ちょっくら休憩すっか」ガシッ
P「いやちょ、いいですよ!! ってか朝ぱっらからなんですか!!」
女「オラもう腹が減って力(リキ)でねぇんだ………ほら、プロデューサーもここで食事(意味深)しようじゃねぇか♪」グイグイ
P「いや、いいですよ!!」
P「ってか凄い力で引っ張らないでください! 本当に疲れてんですか!?」
女「チッ………こうなりゃ力づくだ! でやぁ――ッッッ!!!」シュババッバッ
P「ちょ、滅茶苦茶元気じゃないですか! 破ぁ――ッッ!!」ポーヒー
ドガッ バキッ ドガガガッッ チュドーン!!
アタタタタッタッ!! ホワチャ!!
ジュウエン!! ハァ――ッッ!!
ドカーーーン!!
美波「ふふっ、何だかんだで打ち解けていますね♪」
ちひろ「………私には本気で戦い合ってるようにしか見えませんけど」
18: 以下、
PはPでポーヒーとかエネルギー弾ナチュラルに撃ててる
19: 以下、
美波「この分なら、本当に結婚にまで行ってくれるかもしれませんね♪」
ちひろ「私にはとてもそう思えないけど………」
美波「………」
ちひろ「どうしたの美波ちゃん? 何だか浮かない顔してるみたいだけど………」
美波「あっ、いえ! そ、そんなことないですよ?」
ちひろ「そうは見えないわ。顔色も悪く見えるし………もしかして具合でも悪いの?」
美波「いえ、そういうわけじありません」
美波「ただ………」
ちひろ「ただ?」
20: 以下、
美波「なぜか、胸が苦しくて………凄く、モヤモヤするような感じで………」
ちひろ「………もしかして」
美波「どうしてでしょう? 二人が仲良くしてるとこを見たり、想像したりすると、胸がとても苦しくなるんです」
美波「これは病気なのでしょうか?」
ちひろ「ああ、それは病気かもしれませんね」
美波「ええっ、そうなんですか!?」
ちひろ「はい、絶対に病気よ(上に恋がつくね……)」
21: 以下、
美波「ちひろさん、何の病気なんでしょうか! 教えてください!!」
ちひろ「ええと、一応聞くけど、美波ちゃんは自分で全然わからないわけ?」
美波「はい。医療関係の勉強はしていませんので」
ちひろ「まぁ、普通の人間はそうよね」
美波「教えてくださいちひろさん! プロデューサーさんに女さんを紹介した日からずっと苦しいんです! 助けてください!」
ちひろ(何か答え出てる気もするけど)
ちひろ「いいわ、教えてあげる。美波ちゃんの病気、それは―――」
25: 以下、
ちひろ「美波ちゃんはプロデューサーさんのことが好きなのよ」
美波「私が………プロデューサーさんのことが好き………?」
美波「ええと、それが一体何の関係があるのですか? ちひろさん?」キョトン
ちひろ「え?」
美波「私は以前から、プロデューサーさんのことは好きですよ?」
美波「アーニャちゃんと同じように」
ちひろ「いや、そうじゃなくてね」
26: 以下、
ちひろ「美波ちゃんは一人の男性としてプロデューサーさんのことが好きなのよ」
美波「プロデューサーさんが男性なのはもちろん知っています」
ちひろ「いやだから、美波ちゃんは恋してるのよ」
美波「??? 私が誰に恋をしてるのですか?」
ちひろ「ああもう!! イライラする!!」
ちひろ「美波ちゃんはプロデューサーさんのことが好きなのよ!!
ちひろ「だから女さんと仲良くしてるのを見て不安になってるわけ!! わかった!?」
美波「私がプロデューサーさんのことを………好きに………?」
27: 以下、
美波「いえ、それは違いますよちひろさん。私は別に、プロデューサーさんに対しそんな感情は持ち合わせていません」
ちひろ「いや、これはどう見てもそうでしょうが………」
美波「私にとってプロデューサーさんは、アーニャちゃんと同様の、大切な仲間です」
美波「恩義や信頼、感謝という感情はあると思いますが、恋心というのはありませんよ」
ちひろ「そこまで冷静に自己分析できるくせに、なんでわからないんですかねぇ」
28: 以下、
ちひろ「それじゃあ美波ちゃん。仮にプロデューサーさんが、自分以外の女性と結婚してもいいの?」
美波「もちろんダメです!!」
ちひろ「えっ?」
美波「あっ………」
美波「ま、間違えました………もちろんOKです! 私はそのためにプロデューサーさんに女さんを紹介すたんですから!」
ちひろ「自分の気持ちをまるで理解していませんね………」
ガチャリ
女「ぬわぁぁぁぁぁん! 疲れたもぉぉぉぉん!!」
美波「!!」
ちひろ「あっ、女さん………」
29: 以下、
女「いやぁ??プロデューサーのやつ可愛いなぁ??!」
女「なんて言うかいじり甲斐があるちゅうのかな? 話してて凄ぇワクワクすっゾ♪」
女「本当オラ好みドンピッシャだったわ。ありがとうな、美波。オラに紹介してくれてさ♪」
美波「い、いえ………そう言ってもらえて、紹介した甲斐がありました」
女「それでさぁ美波………オラさぁ、プロデューサーと結婚したいと思うんだけどよぉ、いいか?」
美波「!?」
ちひろ「えええええぇぇぇぇッッッ!!!???」
30: 以下、
ちひろ「もう結婚!? 出会って三日も経ってないじゃないですか!!」
女「出会ってケッコンなんて芸能界ではよくあるこったろ?」
美波「それはそうですが………」
ちひろ「だいたい結婚を申し込むって、女さんからプロポーズするんですか!?」
女「逆プロポーズしちゃいけないって法律でもあんのか? あん?」
ちひろ「そ、そうですけど………」
女「美波、どうだ? オラからもうプロポーズしていいか?」
美波「………」
ちひろ「美波ちゃん………」
31: 以下、
美波「はい。もちろんです。プロデューサーさんをお願いしますね」ニコッ
ちひろ「み、美波ちゃん!?」
女「おっ、そうかそうか?♪」
美波「女さんとならプロデューサーさんとお似合いだと思います。きっと幸せな夫婦になれますよ」
女「サンキュー美波! オラにまかしとけ! プロデューサーはオラが幸せにしてやんよ!」
女「よし、そうと決まれば早プロデューサーにプロポーズしてくるわ」
ちひろ「もうするんですか!?」
女「善は急げって言うかんな」
女「そういうわけで、じゃあ、オラちょっくら行ってくる」シュバッ
ちひろ「ッ!? もう行っちゃったわ………」
32: 以下、
ちひろ「美波ちゃん! 本当にいいの!?」
美波「もちろんです。元々私はこれが目的でプロデューサーさんを紹介したんですから」
美波「これでプロデューサーさんは幸せになれます。これでいいんです………」
美波「そう………これがプロデューサーさんにとって………」
美波「プロデューサーさん………にとって………」
美波「あ、あれ………?」ホロリ
美波「や、やだ………どうして私……涙が………」ポロポロポロポロ
ちひろ「美波ちゃん………」
33: 以下、
美波「ど、どうして……? これは嬉しい事のはずなのに、どうして私………」ポロポロポロ
美波「うっ……うううっ…」ポロポロ
ちひろ「………」
ちひろ「大丈夫よ、美波ちゃん」抱きっ
美波「ちひろさん………?」
35: 以下、
ちひろ「プロデューサーさんは女さんの告白に乗ったりしないわ。絶対にね」
美波「ど、どうしてそう言えるのですか?」
ちひろ「だってプロデューサーさんには他に好きな人がいますもの。だから断るに違いないわ」
美波「えっ、そうなんですか!?」
美波「プロデューサーさんに好きな人が………それは一体誰なんですか?」
ちひろ「ふふっ、それはね」
37: 以下、
ちひろ「346プロに所属していて、年齢は大学生ぐらいの女の子」
ちひろ「責任感あって、しっかり者、いつも他のアイドルの子達をまとめてくれている」
ちひろ「いつも、プロデューサーさんに頼りにされてるアイドルですよ♪」
美波「いつも頼りにされている――………」
美波「………」
美波「そんな娘いましたっけ?」
ちひろ「ああぁぁぁぁぁッッ!!!、もうッッッ!!」イライライライラ
38: 以下、
―――――――――
――――――
P「話って何でしょうか? 女さん」
女「プロデューサー………好きだ!」
P「えっ」
女「オラと結婚してくれぇ――――ッッ!!!!!!!!」
P「ええええええぇぇぇぇぇぇッッッッ!!!!???」
ちひろ「前振りもなくいきなり言った!? 本当あの人、色々な意味で規格外ね………」
美波「ぷ、プロデューサーさん………」ハラハラハラ
39: 以下、
女「さぁ、答えてくれプロデューサー! オラと結婚してくれっか?」
P「いや、無理ですよ」
女「ファッ!?」
美波「!!」
ちひろ「バッサリ!?」
41: 以下、
女「な、なんでや!? なんでオラと結婚してくれないんだ!!」
P「申し訳ありませんが、俺は貴方をそういう対象には観れません」
P「そして何よりも―――」
P「貴方、部長の奥さんじゃないですか―――ッッ!!!」
女「」ギクッ
美波「えっ!?」
ちひろ「えええええぇぇぇぇぇぇッッッ!!!!???」
42: 以下、
えぇ・・・(困惑)
44: 以下、
ファッ!?
45: 以下、
ちひろ「部長って………今西部長の!?」
美波「そ、そうなんですか!?」
女「いや、その、えっと!」アセアセ
P「以前、同僚の結婚式が行われた際、部長と参加していたじゃないですか」
ちひろ「えっ、それじゃプロデューサーさんは最初から知っていたのですか?」
P「ええ、まぁ………受付で働いていたのは知りませんでしたけど」
美波「そ、そうだったのですか………じゃあ、なんでプロデューサーさんと結婚しようとしたんです!?」
女「ぐ、ぐぬぬぬぬ!」
46: 以下、
女「ま、まぁまぁええやん! 結婚してるかどうかなんて誤差だよ誤差!」
女「大切なのは当人達の気持ちだってはっきりわかんだね」
P「開き直りにしても最悪ですね」
女「真実の愛の方が遥かに重要だから!」
P「なら旦那さんは―――部長はどうなるんですか!」
女「まぁ、あっちは財産目当てで結婚しただけに過ぎないから………多少はね?」
P「最悪だよ!! あんた色々な意味で最悪すぎるわ!!」
部長「そ、そんな………」
女「ファッ!?」
P「あっ、今西部長!!」
47: 以下、
部長「財産目当てだなんて………ううっ!」
部長「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁん!!」タッタタタタタタッ!!!
女「あっ、待ってマイダリーン!! カムバ―――ック!!!」タッタタタタタタッ!!!
ポカーン
ちひろ「い、行っちゃいましたね………」
P「まるで台風みたいな人だったな………」
48: 以下、
P「はぁ………やれやれ。まぁ、なんにせよ一件落着したかな」
美波「ご、ごめんなさいプロデューサーさん! 既婚者の方を紹介なんかしちゃって」
P「はははっ………いいよいいよ。気にすんなって」
美波「で、でも! 私は貴方に恋人を作ると約束したのに………」
P「………美波、お前の気持ちは嬉しいが、正直それは大きなお世話ってやつだよ」
美波「えっ………?」
50: 以下、
P「恋人が欲しいと思うなら自分で作る。誰かの力なんかいらないさ」
P「それに今はお前のプロデュースしてるだけで十分幸せなんだ」
P「だから恋人なんて必要ないよ。お前のおかげで、今が凄く楽しいからね」
美波「プロデューサーさん///」キュン
美波「そ、そうですか………全部余計なお世話だったんですね………」
P「ははははっ、気持ちは嬉しかったけどな」
美波「で、でもやっぱり!」
P「ん?」
51: 以下、
美波「やっぱりプロデューサーさんの年齢で恋人がいないなんておかしいと思うんです!」
美波「だからやはり、作った方がいいのは間違いないと思います! そこは譲れません!」
P「お前もいい加減しつこいな」
美波「でも、今みたいに間違えて既婚者の方を紹介することは避けたいですし………」
美波「―――そうだ!!」
52: 以下、
美波「私がプロデューサーさんの恋人になればいいんだ♪」
P「ちょ」
ちひろ「ダニィ!?」
53: 以下、
なんて冷静で的確な判断力なんだ!
54: 以下、
P「み、美波………じょ、冗談で言ってるんだよな?」
美波「私は本気です! だって、私達は仕事のこともあり、常に一緒にいるじゃないですか」
美波「だから公私上手く分けることができると思うんです♪」
P「え、えらく打算的なこと言いやがるな………」
美波「それに………なんだか胸のつっかえが取れたような爽快な気持ちなんです♪」
美波「女さんにプロデューサーさんを紹介してた時は、物凄くモヤモヤとした気持ちになってたのに………どうしてでしょう?」
P「え、えっと、それって………」
56: 以下、
美波「ではプロデューサーさん、早デートをしましょうか♪」
P「ちょ、いきなり!? いや、まだ俺仕事が――」
美波「さぁ、行きましょう! 私がリードしますから♪」
P「み、美波!? ちょ、おま! お―――いっ!!??」
タッタタタタタタッ!!
ちひろ「………美波ちゃん、本当は理解してたのじゃないかしら?」
ちひろ「やれやれ、鈍いくせにちゃっかりしてますね」
おわり
57: 以下、
 お・ま・け
※さっきまでのPとは別人ということでお願いします
美城「サイトォォォオ――ッ!!! そいつをよこせェェェッッッ!!!」
P「ギャ―――ッッ!!?? いきなり何ですか専務!?」
59: 以下、
美城「知っての通り、今回結城さんが担当した仕事は私がとったもので、我々346の今後を左右する重大な案件だ!」
P「は、はい………それは知っていますが………」
美城「故にミスや不祥事は許されん! 例えば仕事の後にお城みたいな建物でアレコレするなどのな………」ギロッ
P「そ、そそんなこと私がするわけないじゃないですか!」
美城「いや、キミはする! 絶対にだ!」
P「な、何を根拠に!?」
美城「そう予知したのよ………私の中のゴーストがね」
P「ゴーストすげぇ万能ですね!?」
60: 以下、
美城「そういうわけで、君にはここで死んでもらう!」ガシャン つ対戦車ライフル
P「わ――――ッッ!!!!」
ドカドカドカーン
チュドドドドドド!!
ギョエエエエエエエエエエエ!!!??
美城「人間の可能性は無限大よ………」
ちひろ「ゴーストってそっちですか」
P「」ピクピクピクピク
ちひろ「あっ、まだかろうじて生きてる………」
61: 以下、
美城「というわけで、今日一日は私が君をプロデュースすることになった」
晴「何がというわけなのかわかんねぇんだけど………」
晴「まぁ専務ならしっかりしてるし、Pより信頼できるかもな」
美城「今回の仕事、キミの将来にとって大いにプラスになるはずだ」
美城「どうかいつもより励んで欲しい」
晴「ああ、任せてくれよ!」
晴「じゃあ、今日一日よろしくな専務。へへっ♪」ニコッ
美城「」ドキッ
美城(な、なんだ………? 今一瞬胸がキュンとしたような………?)
62: 以下、
―――――――――
――――
スタッフ「お疲れ様でしたー! 
晴「ふぅ、今日は久しぶりに大きな仕事で緊張したぜ」
美城(ハァハァしてる息遣いが………なぜか妙に色ぽっい………)
晴「あーあー、案の定、衣装が汗びっしょりだ」
美城(よく見ると、小 学生の割りにスタイルがとれているのね………)
晴「でもまぁ、カッコイイ衣装着れたし、ファンにも喜んでもらえたし満足かな♪」
美城(男の子のような性格をしてるくせに、時折見せるしぐさや表情に、確かなる女の部分を感じる………)
晴「さて、それじゃ帰ろうぜ専務」
美城(まずい………私の中のゴーストがざわつく………)
64: 以下、
晴「ん? 専務………?」
美城(そうだ。このままどこか人目のないとこまで連れてって――)
晴「おーい専務? 聞いてるのかよ?」
美城「えっ!?」ビクッ
晴「なにボーッとしてんだよ?」
美城「い、いや………なんでもない。さて、仕事は終わったわ。事務所に帰るとしましょう」
晴「あ、ああ………」
65: 以下、
晴「あれ? なんだよ専務? 事務所に帰るんじゃなかったのか?」
美城「………そう思ったが予定を変更して居残りレッスンをしてもらうことにした」
晴「はぁ!? レッスン!? 仕事したばかりなのに!?」
美城「安心したまえ。トレーナーは私が担当する。さぁ、行こうではないか」
晴「な、なんか顔が恐いぞ専務………」
晴「P、Pはこのことを知ってるのか………?」
美城「彼なら今頃バトーが始末している」
晴「バトーって誰!?」
美城「さぁ、結城さん………私が君にパワー・オブ・スマイル(意味深)をコーチしよう」
晴「い、意味わかんねぇよ!?」
美城「ククククク………」ニマァ?
66: 以下、
早苗「せ、専務………な、何してるの!?」
美城「!?」
晴「あっ、早苗さん!」
67: 以下、
早苗「プロデューサーくんならいざ知らず、美城専務まで………」
美城「ま、待ってくれ! ち、違うんだ! こ、これは出来心で………!」
美城「そ、それに私は専務だ! 君の上司だぞ!!」
早苗「例え相手が専務だろうと、神だろうと、あたしのやることに変わりはないわ………」ゴゴゴゴゴゴゴゴ
美城「ひ、ひいぃぃぃぃ!!!??」
早苗「サイトォォォオ――ッ!!! そいつをよこせェェェッッッ!!!」つ対戦車ライフル
美城「ギャ―――ッ!! 私のネタが――ッッ!!??」
チュドドドドドド!!
ドカンドカンドカーン
ワァァァァァァァ
晴「な、なんだったんだ………?」
68: 以下、
早苗「まぁ、とりあえず一安心よ晴ちゃん。さぁ、お姉さんが寮まで送ってあげるからね♪」
晴「あ、ああ………何だかよくわからないけど、早苗さんに助けられたのかオレ………?」
早苗「まぁ、そうなるわね」
晴「そっか………何か本当わけわからねぇけど―――」
晴「ありがとな♪ 早苗さん♪」ニコッ
早苗「うっ………!」ドキッ
晴「ん? どうしたんだよ早苗さん?」
早苗「い、いえ………なんでもないわ………オホホホホ………」
早苗(一瞬、プロデューサーくんの気持ちがわかってしまった………本当、魔性の子ね、晴ちゃん………)
晴「???」
おわり
69: 以下、

無自覚で誘惑してくる晴ちんは実はラスボスなのでは?
71: 以下、
これで終わりです。クソSS失礼しました。
メキシコにと ば さ れ たので書きました。
まぁ、一週間だけでしたけど。
メキシコ………思ってた以上にいい国でした。
食べ物は安いし、景色は広大だし、ゴミ分別はしなくてよかったりなど。
日本とはだいぶ文化が違っていました。
特に自宅で飲み水が出ないのには凄く驚いた次第です。
76: 以下、
常務が晴ちんに落ちたのは規定どおりとして、メキシコ遠征、お疲れ様でした。
79: 以下、

日本の常識は世界の非常識ってな。
元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1475406648/
THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS STARLIGHT MASTER 06 Love∞Destiny
日本コロムビア 日本コロムビア 2016-10-26
Amazonで詳しく見る
関連記事
- モバP「みくとイチャつきたいなぁ」
- 渋谷凛「エロ本」
- P「俺のパンツがなくなった」
- モバP「シンデレラの冗談」
- 飛鳥「フフフ……メタルジェノサイダー…!」
- 貴音「面妖な」イカ娘「ゲ、ゲソ…」
- 黒井「ウィ」雪歩「穴を掘って埋まってますぅ」
- P「響ってやっぱフェラとかしないの?」響「なっ!?///」
- モバP「森久保ぉぉぉぉぉ!!!!!」
- 神谷奈緒「美味しい夢を見た」
- 白坂小梅「笑うDJ」
- P「千早に性欲を管理されて辛い」
- 神谷奈緒「嵐の影響でPさんと一夜をともにすることになった」
- モバP「王道アイドル」
- 菜々「ありすくっきんぐ!!」
Amazonの新着おすすめ
干物妹!うまるちゃん うまるが家でかぶってるアレ [公式]
ぱこたて! 性交率0%の鉄壁美処女VS性交率100%の変態家庭教師 (真激COMICS)
PlayStation 4 ジェット・ブラック (CUH-1200AB01)
終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?#03【電子特別版】
Fate/stay night [Unlimited Blade Works] Blu-ray Disc Box ?【完全生産限定版】
ARIA The ANIMATION Blu-ray BOX
PGユニコーンガンダム用 LEDユニット [RX-0シリーズ兼用] (機動戦士ガンダムUC)
おすすめサイトの最新記事
アイドルマスターSS コメント:0 
コメント一覧
コメントの投稿
名前:
コメント:
月間人気ページランキング
【ランキングをもっとみる】 【全記事表示する】
-->
- 【艦これ】異動で女だらけの職場に行くことになった
- 【SS】磯風の料理修行メニュー
≪ PREV | トップページ | 全記事一覧(,,゚Д゚) | NEXT ≫
ランダム記事ボタン
ピックアップ
アイドルマスター10thメモリアルフィギュア
テイルズ オブ ベルセリア 【初回封入特典】
最新記事
- 神谷奈緒「美味しい夢を見た」
- 【ガルパンSS】西住隊長は天才だから!凡人の気持ちなんてわかるわけがないですよ!
- 【艦これ】異動で女だらけの職場に行くことになった
- モバP「もしも美波が、ラノベ主人公並に鈍感だったらじゃとぉ―――ッッ!!??」
- 【SS】磯風の料理修行メニュー
- 【ワールドトリガー】染井華「それでも私は停滞を望む」
- 紗枝めし!【小早川紗枝とカレー編】
- 【ガルパンSS】風紀委員の少し早い朝
- 杏をひたすら養ってみる【デレマスSS】
- 江ノ島「パンツ至高天の流出?」神座「はい」
- 城島「すべては一歩の村づくりからやで」
- 小関麗奈「ずいぶんと調子良さそうねぇ……騙されたとも知らずに」
- デスガイド「遊戯王新改定行き、発車デス!」クリッター「ここまで来たか……」
- モバP「晴も女の子の匂いするんだよな…」
- ゾマリ「第7十刃(セプティマ・エスパーダ)ズブリ・アアッーと申します」
週間人気記事ランキング
【全ランキングを表示】
最新
禁書目録SS
Fate SS
アイドルマスターSS
艦これSS
俺ガイルSS
エヴァンゲリオンSS
まどか☆マギカSS
シュタインズゲートSS
けいおん!SS
涼宮ハルヒのSS
ポケモンSS
その他二次創作SS
オリジナルSS
姉兄妹弟SS
魔王・勇者SS
( ^ω^)(´・ω・`)('A`)
ホライゾーンSS
SS以外
月間!人気SS
このブログについて
ホライゾーン
作者別SSまとめ
長編・シリーズまとめ
ニューリリース
NEW GAME! Lv.1( イベントチケット優先販売申込券付 ) [Blu-ray]
Fate/EXTELLA VELBER BOX 【初回限定特典付】
Re:ゼロから始める異世界生活 3 [Blu-ray]
figma 遊☆戯☆王デュエルモンスターズ ブラック・マジシャン・ガール
ペルソナ5
ビーチガールセルフィ 玖渚美帆 1/5.5スケール PVC製 塗装済み 完成品 フィギュア
装甲悪鬼村正 Windows 10対応版
figma Fate/EXTRA キャスター
ハートキャッチプリキュア! Blu-ray BOX Vol.1(完全初回生産限定)
スクールカースト -School Caste- (GOT COMICS)
新刊ピックアップ
ホビー
ゲーム
アニメ
ブログあれこれ
・まとめ依頼はこちら!
みんなのいちおし!SS
よく耳にするとか、印象的なSS集ダンテ「学園都市か」"楽しすぎて狂っちまいそうだ!"
一方通行「なンでも屋さンでェす」可愛い一方通行をたくさん見よう
インデックス「ご飯くれるとうれしいな」一方通行「あァ?」"一方禁書"凄まじいクオリティ
フレンダ「麦野は今、恋をしているんだね」通称"麦恋"、有名なSS
キャーリサ「家出してきたし」上条「帰って下さい」珍しい魔術側メイン、見るといーの!
垣根「初春飾利…かぁ…」新ジャンル定温物質ウヒョオオ!!
美琴「……レベル5になった時の話ねえ………どうだったかしら」御坂美琴のレベル5に至る努力の経緯
上条「食蜂って可愛いよな」御坂「え?」ストレートに上食。読めて良かった
一方通行「もっと面白い事してモリモリ盛り上がろォぜ」こんなキャラが強い作者は初めて見た
美琴「週末は アイツの部屋で しっぽりと」超かみことを見てみんなで悶えましょう
ミサカ「たまにはMNWを使って親孝行しようぜ」御坂美琴のDNAは究極に可愛くて凄い
番外個体「  」番外通行SSの原点かな?
佐天「対象のアナルを敏感にする能力か……」ス、スタイリッシュアクションだった!
麦野「どうにかして浜面と付き合いたい」レベル5で楽しくやっていく
ミサカ「俺らのこと見分けつく奴なんていんの?」蒼の伝道師によるドタバタラブコメディ
一方通行「あァ!? 意味分からねェことほざいてンじゃねェ!!」黄泉川ァアアアアアアアアアア!!
さやか「さやかちゃんイージーモード」オナ禁中のリビドーで書かれた傑作
まどかパパ「百合少女はいいものだ……」君の心は百合ントロピーを凌駕した!
澪「徘徊後ティータイム」静かな夜の雰囲気が癖になるよね
とある暗部の軽音少女(バンドガールズ)【禁書×けいおん!】舞台は禁書、主役は放課後ティータイム
ルカ子「きょ、凶真さん……白いおしっこが出たんです」岡部「」これは無理だろ(抗う事が)
岡部「フゥーハッハッハッハ!」 しんのすけ「わっはっはっはっは!」ゲェーッハッハッハッハ!
紅莉栖「とある助手の1日ヽ(*゚д゚)ノ 」全編AAで構成。か、可愛い……
岡部「まゆりいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!」SUGEEEEEEEEEEEEEEEEE!!
遊星「またD-ホイールでオナニーしてしまった」……サティスファクション!!
遊星「どんなカードにも使い方はあるんだ」龍亞「本当に?」パワーカードだけがデュエルじゃないさ
ヲタ「初音ミクを嫁にしてみた」ただでさえ天使のミクが感情という翼を
アカギ「ククク・・・残念、きあいパンチだ」小僧・・・!
クラウド「……臭かったんだ」ライトニングさんのことかああああ!!
ハーマイオニー「大理石で柔道はマジやばい」ビターンビターン!wwwww
僧侶「ひのきのぼう……?」話題作
勇者「旅の間の性欲処理ってどうしたらいいんだろ……」いつまでも 使える 読めるSS
肛門「あの子だけずるい・・・・・・・・・・」まさにVIPの天才って感じだった
男「男同士の語らいでもしようじゃないか」女「何故私とするのだ」壁ドンが木霊するSS
ゾンビ「おおおおお・・・お?あれ?アレ?人間いなくね?」読み返したくなるほどの良作
犬「やべえwwwwwwなにあいつwwww」ライオン「……」面白いしかっこいいし可愛いし!
最新
逆アクセスランキング
最新コメント

----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
ななし:悠貴「岡山のいいところ、ですか?」
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------


続き・詳細・画像をみる


輪廻のラグランジェとかいうアニメw

イジメの解決方法なんてあるんか?wwwwwwww

クラスの男子が夏休みが終わってからおかしくなりました。極力この男子が傷付かない方法で、穏便な感じに解決したいです。

東京男「だよね」「しちゃった」「ねえねえ」

サムスン、円筒形の小型パソコンを発売へ アマゾンで予約受付開始

輪廻のラグランジェとかいうアニメw

自分のニオイが怖い「自己臭恐怖症」が増えている! ホントはクサくないのに…

【ハンターハンター】クラピカはなんでビヨンドにジャッジメントチェーンを刺さないのwwwww

【ガルパン】みほ「戦車を買う予算が無い?」

【誰だよw】蒼井優の熱愛相手wwwwwwwwww(画像あり)

ポケモンFRとRSだったらどっちの方が簡単?wwwwwwwwwww

ゲイの家に侵入した2人組泥棒、地下室に監禁され5日間レ●プされまくった挙句逮捕

back 過去ログ 削除依頼&連絡先