【1/3】大学時代バーテンダーしていたラウンジのママの娘(JC)と同居することになった話をしていくback

【1/3】大学時代バーテンダーしていたラウンジのママの娘(JC)と同居することになった話をしていく


続き・詳細・画像をみる

1:
立つのかな?
2:
立ったので書かせてもらいます。
一応書き溜めしてあります。
小さい頃から本当に平凡な子だった
銀行員の父
専業主婦の母
2つ上の姉
典型的なサラリーマン一家
俺はよく泣く子で、姉にケンカの度泣かされていた
学校では勉強がそんなには好きになれずギリ平均。
部活は姉の影響でソフトテニスに在籍。中学三年間続けたが常に地区大会止まり。
高校でも少しだけソフトテニス部に入ったが辞めてしまった。
大学や将来の事を全く考えていなかった俺は姉の影響で美大に進む事になった。
ここでも先を考えていない俺は陶芸を専攻
楽そうだからって理由で…
3:
かまわん続けたもれ
5:
>>3
ありがとう
学校以外では少し普通じゃなかったのかも知れない
まず近所の人が経営しているガソリンスタンドで中学からバイトしていた
小学生から始めたポケットバイクレースがキッカケで工具を貸してもらったり、
整備のイロハを教わるうちに中学から開店準備をやることになってた。
草レースだけども徐々に大きいバイクにクラスアップしていく
両親は厳格な人で、レースとかそういったものには一切お金は出さなかった。
バイトのお金はバイクに消えてった。結局高校卒業まで6年間働いた。
でも大学進学と同時に金策がつかなくなりレースを辞めた。
小中高と彼女はいなくて、数人に告白されるも何をすれば良いのかわからず終了ばかり。
ただモテとは違うんだろうけど、休み時間とかにクラスで1番可愛い子が俺の脚の上に座っていつも雑談していたのはいい思い出。
騎馬戦の時、学校1綺麗な先輩の馬になり、股間と胸の感触をいただいたのもいい思い出。
騎馬戦でお近づきになれたその後、街で偶然会ってハグされ、腕組まれたのもいい思い出。
4:
どぞ
7:
>>4
ありがとう
正直、スレ立て初めてなので不手際はご容赦ください
そして大学時代
俺は一人暮らしを始めた。古いアパートだったが一応風呂トイレ付きの間取り2k家賃4万円
初めての一人暮らしでかなり嬉しかったのを覚えている。
しかし喜んでばかりはいられない。両親との約束で、一人暮らしの条件に生活費は自分で出すというものがあった。
夕方から深夜までラウンジのウェイターとして働いた。
時給1000円で賄い付き、飲み放題。
学生にはものすごく有難いバイトでした。
この店は人の入れ替わりが激しくて、いつの間にかウェイターからバーテンになっていて仕入れから仕込みまでやっていた。
オーナーはラウンジのビル上階に住居を構えていて、ほとんど店に降りて来ない。
ママ(オーナー奥さん)も夜8時以降にならないと降りて来ない。
普段何してるのか分からない人達だった。
仕事を回すのにも慣れ、付け回しも客のあしらいにも慣れた頃珍客が店に来た
6:
続けろ
9:
>>6
ありがとう
制服女子
仕込み中だった俺は酒屋と思い
「ごめんミネ追加でお願い」
「…」
顔を上げると制服女子
固まった
「鍵わすれた」と内階段へ向かっていった
俺呆然として身動き一つ出来ないノーリアクション
その夜ママに聞いたら末の娘さんだそうで誰かわかって安心したのを覚えている。
あんまり親子で会話しないらしいが今日は店通ったとか店員また変わったとか話したらしい。
ミステリアスだった上階家族だったけど、普通の家族なんだなって思った。
翌日、仕込み中に酒飲みながら仕事をしていると
内階段から昨日の女の子が降りて来た。
8:
聞きましょう。
12:
>>8
ありがとう
娘さん「お酒飲みながら仕事?」
と訝しげに話しかけてきた
俺「そうだよお腹減っちゃってね」
娘さん「ふーん」
で帰ってった
それからちょくちょく店に降りて来てはカウンターに座って話をするようになった。
俺「はい晩飯」
娘さん「いただきまーす」
娘さん「ごちそうさまー」
いつからか、晩飯を俺が作るというのが普通になっていた。日常はこんな感じ。
13:
全レスよりも書き溜め投下急ぎます。
みなさんありがとう
俺「何年?」
娘さん「2年」
俺「どこ行ってるの」
娘さん「○○女子」
俺「超お嬢様学校だ」「あれ遠いよね?」
娘さん「うん。この辺友達いない」
俺「そっかー往復だけで3時間くらいか」「頑張ってるなー」
娘さん「行きたくて行ってる訳じゃないけどね」
俺「?」
娘さん「もーいい」上階へ
俺「??」
14:
ある日
娘さん「それちょうだい」
俺「ビールだよダメ」
娘さん「ケチ」
ぐびぐび
俺「オイ!」
娘さん「なかなかおいしいね」
顔はとってもおいしそうじゃない
みるみるうちに顔が赤くなってく
娘さん「じゃ戻るね」
ドッタンバッタンしながら内階段に向かうも途中のソファに突っ伏したまま動かない
俺「おいっ!大丈夫か!?」
娘さん「ぎぼちわどぅい…」
真っ赤か
急いで抱えてトイレで吐かせた
とか
娘さん「彼女いるの?」
俺「未経験だ」
娘さんにキャハハキモーイを素でやられた
とか
娘さん「
もういいか
15:
酒飲んでしまって上階に娘さんを送って行った時、初めて家に入った。夕方なのに誰もいない。
お世辞にもキレイとは言えないゴミの散らかった室内。
オーナー夫妻は身なりにかなり気を使った人で、俺たちのワイシャツなんかは毎日クリーニングに出されていた。
どこの演歌歌手かってくらい二人とも煌びやかな衣装で店に降りて来るので、どんな家なのか興味があったんだ。
いざ入って驚き、あちこち見渡していたがそんな事をしている場合でなく、オーナーの自動車電話に電話して帰ってきてもらった。が、帰ってきた車にはラウンジで働く女の子が乗っていた。
大人の事情なのだろうと見て見ぬ振りをした
仕込みに戻って数分後、上階からハデな音が聞こえたが人様の家庭の事情には入り込めないと無視をした。
開店中、ママさんから席に呼ばれ行くと常連さんが俺も一緒に寿司行こうと。
俺は寿司なんて一年以上食べてないので「ハイ!」即答
寿司屋では何故か一つ席を空けて俺が座らせられ、好きなもの頼めと言われた。
常連さんのデカい背中にブロックされ表情は見えないものの声は普段より艶っぽかった。
食いまくってやった。
お土産貰ってタクシー代1万円貰ってバイバイ
俺なんなの?居る必要なくね?
なにこの待遇こわい
でもまだ若い俺は、まいっかで済ました。
このアフターはこの後、週1は必ずあって必ず俺もセットだった。
ふと気になってバイバイした後で付いていくと、ソッコーでホテルに二人が入っていった。
未経験には気持ちが悪くて帰り道何度か吐いた。
16:
夫婦揃って不倫なんてどういう状態なのか理解できなかった。
オーナーは決定的なところは見ていないけど、白ではないだろう。
ママは二人きりではないアピールからのホテルなので、後ろめたい気持ちはあるのだろう…そんな事はどうでもよくて
真っ先に頭に思い浮かんだのは娘さんにはこの事を知られてはいけない。これしか頭になかった。
見て見ぬ振りや、まいっかで済ましてきた俺。予防線を張る事はできなかったのか、関係ない俺がしゃしゃり出る事ではないとかを無限ループで常に考えていた。
仕込み中
娘さん「ねえ知ってる」
俺「なに?」
娘さん「うちの両親不倫してるんだって」
俺「…」
黙っちゃダメだと思い
俺「なんかあったの?」
娘さん「昔からだって」
俺「気のせいじゃないの?」
娘さん「ううん。お姉ちゃんが言ってた」
俺「お姉さんがいるんだ?」
娘さん「うん。よく一緒に食事行くんだって」
俺「なんだよそれは」
娘さん「これって普通じゃないよね?」
俺「異常だよ」
娘さん「ふーん。お姉ちゃんは?買ってもらったんだってさ」
俺「…」
娘さん「私も買ってもらおうk」
俺「ダメだっ!」大声で言ってしまった
娘さんはビクってして大きな目が更に大きくなった
娘さん「そんな事くらいわかるよっ!」
ダンってカウンター叩いてドアもバンって閉めて内階段で帰っていった。
上階からまた大きな物音が聞こえてきた。
17:
次の日も娘さんは仕事中にカウンターにちょこんと座ってた。
昨日の事に触れずにお腹減ったーって
やっぱり高校生といえども子供に近いんだなって思ってた。
娘さん「ねー家どこ?」
俺「あっち」
娘さん「一人暮らし?」
俺「ナイショ」
娘さん「けち」
俺「寝に帰ってるだけのアパート」
娘さん「いーなーいーなー」目キラッキラ
俺「いーだろー」
娘さん「一人暮らししたいなー」
俺「家事とか全部やんなきゃだめなんだよ」
娘さん「じゃ誰かにやってもらお」
俺「はい一人暮らし無理?」
娘さん「ばか」
ツカツカぱたん。ぱた。
娘さん「ごちそうさまでした」ぱたん。
ほっこりした。
こんな事が数ヶ月続き、バイト後のアフターも続いていた。ついでにオーナーの不倫現場も見てしまっていた。
娘さんが不憫でならなかった。
夕方の晩飯タイムだけでも良いものにしようと料理はかなり上手くなった。
娘さんも開店ギリギリまで店でいる事が多くなった。
懐いてくれているのが嬉しかった。
18:
季節は忘れてしまったけど、ある休日昼過ぎてもアパートで寝ていた。仕事明けの休日は決まってそうだった。
ドアをトントン叩く音で目覚め、ドアを開けたら娘さん。
俺「えーと?」
娘さん「履歴書」
俺「なるほどね」
娘さん「でしょ」
俺「で?」
娘さん「おじゃましまーす」
脇をするると抜けて入ってきた。
探検を一通り終…数周して座った。
ようやく出していたお茶に気付いて落ち着いたようだった。
俺「どうしたの今日は」
娘さん「遊びにきたの」
俺「男の一人暮らしの家なんかに来たら親心配すr」濁してしまった
娘さん「ね」なんとも言えない悲しい表情だった
オーナー夫妻は娘さんに対して無関心なのだと俺は感じていた。なにより娘さんの孤独感は俺なんかでは想像もつかないものだったろう。
その孤独感を気付かせないよう気丈に振る舞う姿は寂しさが溢れていた。
でも今日の娘さんは普段よりもはしゃいでいた。
なんだかこっちまで楽しくなってしまう。
ご飯作って食べたり、家の物をこれなにこれなにと聞いてきて答えを繰り返していた。
19:
夕方になったので送っていこうとしたが
娘さん「この後友達と遊ぶの。だから大丈夫」
俺「早く帰りなよ」
ドアが閉まる寸前、なにか違った
胸騒ぎなのか今まで感じた事のない言いようのないモヤモヤしたものを感じた。
時代が時代なら立派なストーカー。俺は娘さんの後を追った。駅とは反対方向の住宅街方面に娘さんが見えた。あのモヤモヤが何なのか、気のせいなのか、これって恋?テヘ的なものまで色々考えていた。声を掛けるか逡巡していたら娘さんとの距離が離れた。
公団マンションに入っていくのが見えた。
友達の家か。
安心して引き返そうと思った。
エレベーターあるのにずいぶん上まで娘さん登…!
ダッシュした。
途中は覚えてない。
娘さんの頭パーンって叩いて、泣かれて、俺の家に連れていった。
20:
娘さんは
無理矢理お嬢様学校に通わされている
辞めて公立に通いたい
水商売の子と学校でイジメを受けている
何度親にお願いしても転校させてもらえない
親戚への見栄でお嬢様学校へ入れている
二言目にはいい学校へ行かせているのに何故言う事を聞かない
色々聞いた。怒りに震えてしまった。
2年生は高校ではなく中学2年生でした…
この日初めて気づきました。
中学生…男の一人暮らし宅で二人
まずいまずいって思うと同時に何とかしないともっとまずいって考えた。
まず、オーナー夫妻に会う
…会って何言う?どうする?
娘さんに
俺「どうしたい?」
娘さん「家に帰りたくないもう全部いやだ」
俺「死ぬ気だったんだもんな」
娘さん「最後に顔見たいなって思った」
ほっこりした
してる場合ではない
俺「俺に任してみてくれない?」
娘さん「いやだ」
俺「俺がお父さんとお母さんに会ってくるから」
娘さん「帰らない」
とりあえず一人にはしておけない。ラウンジの同僚に来てもらえるように頼んだ。
21:
近所だったのですぐ来てくれたはいいけど、スッピンだし子供連れてくるしダミ声で
同僚「何の用だよ俺!」「!娘さん?」「なんこれ?おい!なにしてんのよ!」
機関銃の如く罵声を浴びせてくれちゃう元ヤン
娘さん「あそびにきt」びゃーって泣いちゃった
同僚に俺蹴られる。いいのを数発いただいた。
娘さん「ちがうのぉー」
説明したらわかってくれた同僚
同僚「ちゃんと先に話せ」
俺「ちゃんと先に聞け」
22:
今日娘さんを預かって欲しい旨を伝え、店に向かった。
が、誰もいない。電話しても出ない
夜中にようやくオーナー夫妻が各々の不倫相手と別々に帰宅…
二人に店に降りて来てもらい、今日の出来事を話した。
細かい内容は俺がエキサイトし過ぎて余り覚えていない。
要点を書くとこうだ
夫妻でなすりつけ合い
不倫相互認識
離婚は体裁が悪い
娘さんの従姉妹が高学歴(知るか)
子供は親の言う事を聞いていればいい
好き勝手言っているので静かに相槌入れさせないように俺は喋った
「自殺しようとした我が子の心配より体裁だ何だのとよく言えますね。この家に娘さんは帰りたくないと言っています。その気持ちはよくわかります。今同僚の家に娘さんはいるのでご自身で娘さんの声を聞いて下さい」
電話に出た同僚に端的に説明する
同僚「娘さんに話すからこのまま待って」
俺「わかった」
少しして
娘さん「どうすれば…何話せば…」
俺「今日俺に言った事を言ってみな」
娘さん「わかった。でも行くとこない…」
俺「俺と同僚がなんとでもするよ」
同僚巻き込み完了
23:
オーナーに電話を変わるといきなり声を荒げた
オ「何してるんだ早く帰って来なさい!」
俺 床ドン「話を聞いて下さい!」
渋々話を聞き始める
オ「…」ぐぬぬだった
ママに無言で代わる
ママ「どうしたの?ちゃんと話そ。ね?ね?」
ママもぐぬぬだった
ママ「勝手にしなさい!」
キーってこの時初めて聞いた。
しばらく娘さんはうちと同僚宅で預かることになった。
条件は俺が店を辞めない事
それだけだった。
未成年者なので預ける旨の一筆をもらい、引き上げた。
24:
同僚宅にて同僚旦那も交えこれからの事を相談中、あれれ?
同僚宅では4人暮らしは厳しいので俺宅で泊まってくれんかとの事…
娘さん「大学行ってる時は同僚さんちで、仕事中は旦那さんと子供と待ってるよ」
同僚「じゃそういことで?」
なにこの予定調和
大筋は娘さんと同僚で決めていたんですって。
旦那さんも育児所代が浮くし、面倒見てくれるのでwinwinだって
なんか娘さんが笑っていたので良しとした。
結局、この日から中学卒業まで同居生活が始まります。
中学は公立へ転校しました。
地元の友人と楽しくやってました。たまに俺宅が中学生だらけで、俺が外で暇潰す事も。
娘さんの中学も理解をしてくれ、父兄参観に俺が行ったりもした。なにより担任の先生が事情をよく理解してくれ、協力してくれた。
25:
オーナー夫妻は相変わらずだった。
ママとのアフター同行はなくなったが改める気配もないし
娘さんの事も聞いてくる気配もない。
俺はこの状況が続くのは良くないと思い、
娘さんの様子をまとめた日記のようなものを書いて店の書類をまとめてある棚に忍ばせた。
仕事前にそれを書いてを繰り返していた。
日記を始めて一年弱後、ママから呼び出された。
日記を毎日楽しみにしていた事、オーナーと別れて娘二人と暮らすことを考えている、
もちろん不倫は俺と話す前に終わらせた。何より娘さんの顔が見たい。
ママには娘さんの様子を見てこの事を話してみると約束し、後日娘さんに伝えてみた。
俺「…ってお母さん言ってたよ」
娘さん「信じられない」
俺「そうだよな。俺もそう感じた。でもお母さんは真剣だったよ」
娘さん「そっ」ちょっと嬉しそう
俺「一回話してみたら」
娘さん「考えとく」
26:
数日後、俺の出勤時間に合わせて娘さんを呼び、
ママとボックス席で話してもらった。
俺は席を外していたが、ボックス席から二人の泣き声が聞こえてきた。
見ると抱き合っていたので俺は店の外に出た。
一年以上続いた同居生活もようやく終わるなーって感慨深かった。
話が終わって娘さんが内階段で上階に上がって行った。
カウンターでオロオロしていると、ママに呼ばれた。
ママ「今まで本当にありがとうございました」
俺「いえいえ、で娘さんは…」
ママ「あのね、男女の仲になっていないんだって?」
俺「はぁ…って中学生ですよ!」
ママ「その点もありがとうね」
俺「いえ」未経験にはそんな高等技繰り出せない。
ママ「それでね、引き続きお願いできないかな?」
俺「何をですか?」
ママ「預かって欲しいの」
俺「娘さんは何と言っているんですか?」
ママ「娘からよ」「中学卒業とあなたの大学卒業同じ年でしょう。それまで一緒に住みたいんだって」
俺「その後はどうするんですか?」
ママ「それまでに店を引き継いでくれる人を探して離婚します。娘と私は私の実家に移ります。」
思った以上の効果が日記にはあった様で、思惑とは少し違うが一歩前進しました。
27:
娘さんの恋愛感情は頑なに無視していました。
気付いていましたが無視していました。
先生方や周りが理解してくれているのは、この頑なさがあったからだと思う。
まー未経験ですしそんなのどーしたらいいのかわからなかったが正解。
時は過ぎて10月頃、翌年3月に二人共学校を卒業する。同居も卒業だ。
28:
書き溜めはあっという間になくなりました。
これ書くのに2ヶ月以上かかってます。
意外と大変だけど、ぼちぼち書かせてもらいます
29:
>>1乙
30:
楽しみに待ってる
31:
ズコーーーーー
32:
1乙
ゆっくりでいいから書いてクレー
33:
待ってるから、次回からは分かりやすくトリとコテハンよろです
34:
読んでるぜ。
気長に待ってるから焦らず書け。
35:
みんなありがとう
ズコーの人もありがとう
コテは調べてきます。
時は過ぎて10月頃、翌年3月に二人共学校を卒業する。同居も卒業だ。
娘さんはママの実家近くの高校へ進路を絞っていた。
俺はとあるスポーツを職業にする為、渡米を予定していた。
お別れが近づいてきている。
娘さん「アメリカかぁ…英語喋れたっけ?」
俺「なんとかなるんでない?」
娘さん「寂しくないの?」
俺「ないんでない?」
娘さん「相手にされないよ」
俺「かも知れんね」
娘さん「わたし待たないよ」
俺「待て」
娘さん「いやだ」
俺「待て待て、誰が待てなんて言った」
娘さん「さーね」
同居残り数ヶ月、同じような事を喋りあっていました。
36:
気長に見てるよ
37:
1っていい奴だな。
38:
1っていい奴だなって書いた瞬間釣りだと思ったw
39:
test
41:
釣りでーす
と言いたいけど文才ないのでそんな難しい事はできないです
当時のアパートは2K。
俺が居間にベッドを置いて寝起きし、娘さんには個室をあてがっていた。
当然、別々に寝ていた。
同居残り数週間くらいの夜中に事は起こった。
すすり泣く声が聞こえて娘さんの部屋を見に行くと
寝ながら泣いていました。
ゆすって声を掛けても起きないので、しばらくベッド横の椅子で静観していました。
落ち着いたようなので自分のベッドに戻り、うとうとしていた時でした
ドアの開く音が聞こえ、娘さんがベッドにドンと座り布団に入ってきた。
俺「うあnどしたぁ?」変な声だったと思う
娘さん「寒い」
こんな事一回もなかったのであわてまくった
42:
娘さんはそれから無言
俺はあせりまくって汗ダラダラだった。
俺「暖房入れようか?」
娘さん「」
俺「湯たんぽする?」
娘さん「」
俺「毛布出そ」
娘さん「うるさい」すみません
すぐに寝息を立てて寝始めた娘さん。
俺は寝れなかった。
翌日何もなかったかの様に娘さんは普通でした。
でも翌日から一緒に寝始めました。
未経験には厳しい夜が始まります。
43:
生殺しwww
45:
想像しやすいように>>1とJCのスペックぷりーず
49:
>>43
厳しい戦いでした
>>45
スペック

176/70
普通の顔
渡部 豪太とか大泉洋を想像でいいと思います。
娘さん
158/?
後藤久美子の若い頃を想像でかなり大丈夫です。
引用元: ・区切りがついたので語らせてください
【2/3】大学時代バーテンダーしていたラウンジのママの娘(JC)と同居することになった話をしていく
※11:54 公開予定
【3/3】大学時代バーテンダーしていたラウンジのママの娘(JC)と同居することになった話をしていく
※12:24 公開予定
- シェアする
- LINEで送る
- ツイートする

- シェアする
- はてブする
- ツイートする
- 共有する

このまとめが気に入ったら
「いいね!」または「フォロー」
よろしくお願いします!
@kijyosokuhouさんをフォロー
100

続き・詳細・画像をみる


【悲報】中学の部活「生徒の声出しうるさい」 住民の苦情に運動部は無言で練習

【有能】ラミレス監督「明日は坂本とは勝負しない。歩かせる。」

【画像】 沖縄のモーニングサービスがヤバイwwwwwwww

最新の水素水売り出し文句、もうめちゃくちゃwwww

モデル・馬場ふみか、パーフェクトボディーを解禁!

水素水の最新の売り出し文句wwwwwwwwwwwwww

back 削除依頼&連絡先