提督「みんなの好感度がカンストしてる?」back

提督「みんなの好感度がカンストしてる?」


続き・詳細・画像をみる

1:
妖精「ああ!」
提督「なんだそれ」
妖精「この妖精さんスカウターで見たから間違いないよ!」
提督「あ、お前また勝手に資材使って変なもの作ったな!」
妖精「まぁまぁまぁ」
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1452255622
2:
提督「ていうかそんな訳ないだろう」
提督「昨日も会話したけどみんな普通だったし」
提督「言うて金剛あたりだろう」
妖精「うーん、そう簡単には信じてもらえないか」
妖精「じゃあこうしよう、次入ってきた子に好きだとか言って反応見てみてよ」
提督「いやいや、本気に捉えられたらどうすんだ」
3:
妖精「別に好意を抱かれてなかったら、すぐに冗談だと言えば済む話だろう?」
提督「そう…なのかな」
コンコン
「失礼します」
妖精「ほら、きたよ!」
提督「あ、あぁ…入っていいぞ」
5:
霞「クズ司令官、演習のことなんだけど」
提督(霞に言うのか!?絶対罵倒されるか殴られるって)
妖精(イケイケドンドン!)
霞「ねぇ、聞いてる?」
提督「も、もちろん」
提督「昨日と同じ編成でいいぞ」
霞「そう、分かったわ」
6:
提督「ちょっと待ってくれ霞」
霞「…なによ」
提督「お前のことが好きだったんだよ!!」
霞「……」
提督(あれ?固まってる?)
妖精(お?)ドキドキ
8:
霞「い、いきなり何言い出すのよ!このクズ!!」
提督「…ふむ」
提督(いつもの霞だな)
提督(どうだ妖精さん、全然普通じゃないか)
妖精(あれー?おかしいな)
9:
提督「ごめんな霞、これは冗d…何だその手は」
霞「あんたを支えられる相手なんて、私くらいしかいないんだから感謝しなさいよね!」
提督「…え?」
霞「何よ、ようやく心を決めたんでしょ」
霞「指輪貰ってあげるって言ってんのよ!」
提督「いやいや、さっきのは冗だ「まさか」
霞「冗談だったなんて…言わないわよね」ギロッ
提督「い、いえ」ダラダラ
10:
妖精「な?」
提督「な?じゃない!」
提督「あぁもうどうしよう」
妖精「何を唸ってるんだ、めでたいめでたいケッコンだぜ」
妖精「ありゃ絶対鬼嫁だな」
提督「他人事だと思いやがって」
提督「あんな軽々しく決めちゃって後悔してるんだよ!」
11:
提督「まさか霞がああも簡単に承諾するなんて」
妖精「まぁ古株だし練度も99だから、なるべくしてなった気がしないでもない」
妖精「それより、さっきの話信じてくれたかな」
提督「うーん…まだ霞だけだからみんながそうと決まったわけじゃ」
妖精「じゃあみんなに告白するか」
提督「それはシャレにならん!」
妖精「だろう?現実を受け入れよ」
提督「むむむ」
12:
妖精「で、これからどうするのさ」
提督「どう…とは」
妖精「みんなが提督を愛して病まない日はない中、ケッコンした子がいるんだ」
妖精「こりゃ一波乱ありそうだぜ」ウェヒヒ
提督「お前は楽しそうでいいな」
14:
提督「まぁ、話せば分かってくれるだろう」
妖精「ほうほう、じゃあ僕は工廠に戻るよ」
妖精「武運を祈ってる!」ピューン
提督「ただ忠告をしに来ただけ…なのか?」
15:
霞「♪♪?」
朝潮「あれ?霞なんだか機嫌がいいわね」
霞「あ、朝潮姉!?別によくないし」
朝潮「そう?司令官と会った後はいつも機嫌がいいけど、こんなにいいのは初めてね」
霞「な、なんで知って!?」
朝潮「ふふん、これでもお姉ちゃんですから!」
霞「…うん、実はね、あのク…司令官が───
23:
あ、キャラ崩壊注意
29:
168「ねぇ司令官、さっきのはどういうこと?」
現在168に馬乗りされ、至近距離から顔を覗き込まれていた
間近で見る顔は吸い込まれそうな程綺麗で、射殺さんばかりの目つきを除けば見惚れてしまいそうだ
提督「お、お前いつから!?」
168「そんなことよりケッコンを申し込んだように見えたんだけど」
168「説明、してよね」
30:
顔を逸らしたかったが、168の両手でガッチリと固定され全く動かせない
提督「あ、あれは冗談で」
168「冗談だったらすぐに言えばいいのに」
168「指輪」
168「渡してたよね?」
31:
提督「…はい」
まるで母親に叱られている子供のような気分だった
168「司令官のために毎日毎日同じ海に潜って」
168「司令官のために今まで頑張ってきたのに」
168「168のこと…嫌いになったの?」
32:
怖い、ただただ怖い
目の奥は濁りきっており、負のオーラが漂って見えるような錯覚に陥った
提督「嫌いじゃない」
そんな言葉が口をついて出た
168「本当に?じゃあ…好き?」
33:
提督「あ、あぁ…好きだよ」
瞬間花が咲いたような笑顔が目に映った
168「よかった、嫌われてたんじゃないかって心配しちゃった」
提督「は、ははは…168を嫌うわけがないじゃないか」
168「これで私達相思相愛ね」
34:
168「私指輪欲しいな」ニパー
とても嬉しそうだった、それはそれは嬉しそうに指輪をねだってくるのだった
先程味わった恐怖はまだ脳内にこびりつき、断ることなど到底できない
指輪は一つしかないので後日渡すと言うと、彼女はスキップしながら部屋から出ていくのだった
35:
春雨は激怒した
執務室に仕掛けた監視カメラを使い、自室のモニターでいつものように司令官を眺めていたときのことだ
司令官と楽しげに話す妖精に嫉妬し、指輪が渡される場面で手に持っていたコップがミシミシと悲鳴を上げる
これはダメだ
カッとなって艤装を展開しかけたが、心を落ち着かせようと司令官の私室から拝借した服に顔をうずめた
37:
春雨「スーハースーハー」
司令官の匂いが体中に巡り、幸福感が満ち満ちた
春雨「はぁはぁ…うえへへへへ」
暫く堪能し、下半身に伸びかけた手を止める
春雨「司令官を問いたださなくちゃ」
そう決意し、今まで着ていた司令官のシャツやらズボンからいつもの制服へと着替え、部屋を飛び出した
38:
ガチャン
春雨「司令官っ!!」
提督「な、なんだ!?」
春雨「さっきの告白はどういうことですか!」
提督「お、お前まで…なんで知ってるんだ」
春雨「そんなことはいいんです!」
春雨「私信じてたのに…一生懸命頑張ってきて、料理も褒められて、嬉しくて」
春雨「信じてたのに!!」
40:
春雨「うえええええええええん」
提督(なんだこれ、怒ってるかと思ったら急に泣き出したぞ)オロオロ
提督「ほ、ほら泣くな…あっそうだアメ、アメ食うか?」
春雨「うえええええええん」
提督「え、えーと…よーしよしよし」ナデナデ
春雨「……」ピタッ
提督(お?)
42:
春雨「うわあああああああん」
提督(くっダメだったか)
提督「ど、どうすればいい?欲しいものとかあるか?」
春雨「…ゎ……」
提督「ん?」
43:
春雨「指輪が…欲しいです」
提督「ゆ、指輪はぁ…その」
春雨「うっ…うっ…」グスッ
提督「分かった!用意しとくから泣かないで!」
春雨「ほんとですか!?」グイッ
提督「え…うん」
44:
スタッ
春雨「お見苦しいところをお見せして申し訳ございません」
春雨「もう大丈夫です、ありがとうございました」ペコッ
春雨「指輪…待ってます」ニコッ
バタン
提督「…」
提督「え、えぇ」
45:
つづく
56:
閑話 『霞改二?』
57:
提督「コンバート?」
妖精「はい、ちょっと特殊な改装ですのでお時間を頂きます!」
提督「ふむふむ、よく分からんが強くなるに越したことはない」
提督「頼んだぞ妖精さん!」
妖精「任せるのです!」ビシッ
提督「時間がかかる…か」
提督「ちょうどいい時間だし飯でも食いに行こう」
58:
金剛「あ!提督ゥー、こっち来るデース!」
提督「じゃあお邪魔させてもらおうか」
榛名「提督もこれからご飯ですか?」
提督「そうだよ」
提督「お!榛名が頼んだやつ美味しそうだな」
榛名「!!提督、一緒に食べ」
提督「いや、自分の頼むからいいよ」
榛名「…はい」
59:
ワイワイガヤガヤ
金剛「そして比叡ったら寝言で『提督…提督』って」
比叡「ワーワー!!お、お姉様やめてください!」
金剛「oh…比叡は恥ずかしがりさんデスねー」
提督「ははは、比叡も可愛いとこあるじゃないか」
比叡「ど、どういう意味ですか!!」
タッタッタッタッ
「司令官!!」
提督「なんだ?」キョロキョロ
霞「司令官司令官」ダキツキ
食堂の艦娘達「「「「「!?!??!」」」」」
60:
提督「か、霞!改装終わったのか」
提督「どうしたんだ?」
霞「今までクズとか言ってごめんなさい!本当はそんなこと思ってないから」
提督「え?」
霞「お願い、嫌いにならないで!」
提督「いや…別に気にしてないぞ、大丈夫大丈夫」
霞「ほんと!?」
提督「うん、ほんとほんと」
霞「えへへ、司令官だーい好き!」カオグリグリ
提督「」
金剛「」
榛名「」
比叡「」
etc…
妖精「あぁ…まだ改装終了してないのに抜け出したと思ったら」
妖精「ま、いっかー」
61:
公式で確定する前にネタは書くもの
63:
─廊下─
提督(あのことは既に2人に知られている)
提督(もうみんなに広まってたりして…)
「……ん」
提督(ははは、流石にまだ早いか)
電「司令官さん!」
提督「い、電…いつの間に」
電「もう…さっきからいたのです!」
提督「す、すまん」
64:
電「それで司令官はこれからどちらに行かれるのですか?」
提督「腹が減ったから食堂に行くところだけど」
電「なるほど。それで、その…ちょっとお話があるのです」
提督「話?何だ?」
電「電は司令官をお慕いしています」
電「まだ2人っきりだった頃たくさん失敗しちゃったけど、それでも怒らずに泣いちゃった電を慰めてくれて」
電「そんな電をずっと側に置いて、みんなを守れるくらい強くしてくれた司令官を」
──電は信じているのです!!
65:
ペコッ タッタッタッタッ
提督「……」
提督「くぅっ…逆に迫られてるようで余計に辛い!」
提督「…ふぅ」
提督「ひとまず腹ごしらえしよう」
66:
提督「あれ、磯風だけか?」
磯風「司令か、ちょうどいいところに来た」
磯風「料理を作ったから食べて欲しい」
提督「…え?」
磯風「誰もいなくて困っていたんだ」
磯風「はい、どうぞ」
67:
提督「肉じゃが…か」
磯風「あぁ、自信作だ!」
提督「……」チラッ
磯風「♪♪」ニコッ
提督(ええい、ままよ!)パクッ
モグモグモグ
68:
提督「お、美味しい…」
磯風「そうか!美味いか!」パァァァ
磯風「おかわりもあるからどんどん食べてくれ!」
磯風「遠慮するな」
提督「うめ、うめ、うめ」
69:
提督「凄いぞ磯風、上達したんだな!」
磯風「そ、そんな…恥ずかしいな」テレテレ
磯風「司令に美味しいと言われたくて頑張っただけで」
磯風「それで、その…ご褒美が欲しいのだが」
提督「ほう…び」
磯風「ああ!私も指輪が欲しいんだ」
70:
提督「…お前もか」
磯風「私じゃ…ダメなのか?」シュン
提督「!?いいや、そんなことはないぞ!」
磯風「それでこそ司令だ」
磯風「よろしく頼む!」
提督「あっ…」
71:
提督「指輪の件なんだけど、みんな知っているのか?」
磯風「たぶんほとんどは知っているだろう」
提督「な、なんでだ!?」
磯風「新聞の記事に書かれていてな」
提督「新聞…だと」
磯風「今朝から青葉さんが駆け回っていたぞ」
提督「青葉あああああああああああ」
72:
「こっちから提督の声が!」
「白露一番乗り」
「あっずるーい」
磯風「どうやらみんな探し回っているようだな」
提督「しまった!」
73:
提督「じゃ、俺もう行くから」タッタッタッ
磯風「指輪頼んだぞー」
磯風「ふぅ…せわしないやつだ」
磯風「ん?」
_人人人人人人人人_
>提督の使用済み箸<
 ̄YYYYYYYYYYYY ̄
磯風「……」
74:
つづく
80:
提督「この騒動が静まるまでどっかに身を隠そう」キョロキョロ
「司令官!!」
提督「ひぇっ」ビクッ
提督「あ、朝潮か」
朝潮「あの、お話したいことが」
提督(話?まさか朝潮も…くっ今急いでいるのに)
提督「ちょっとこっちに寄って」
朝潮「はい!」
81:
 ▼頭を撫でる
朝潮「あ、あの司令官…急に何を」オロオロ
 ▼頭を撫でる
朝潮「ま、まだその…ご褒美を貰うようなことは」
 ▼頭を撫でる
朝潮「ふぁ…し、司令官」
 ▼頭を撫でる
 ▼頭を───
82:
朝潮「・・・・・・」ビクッビクッ
提督「はっ!可愛くてついついやり過ぎてしまった!」
提督「あの真面目な朝潮が、人に見せられないような顔を無防備に晒している」
朝潮「あ…はひぃ…」トロメ
提督「い、いかんぞ!こんな状況を見られたらマズイ!」
提督「ここは…逃げるんだよォォォーーーッ」ダダダダ
84:
─ほんと大井は北上一筋だな─
 違う!
─分かった分かった、2人の時間は邪魔しないから─
 待って、行かないで!
─どうした?北上ならいないぞ─
 そうじゃない…
─すまなかった、俺の作戦が悪かったばっかりに─
 謝罪なんていらない!
86:
─MVPか…ほら間宮券2枚だ、北上と楽しんでこい─
 ただ…褒めてもらいたくて
─北上が・・・─
─北上なら・・・─
 違う、違うの…
─大井もとうとう練度99、よく頑張ったな─
─下がっていいぞ、指輪は…必要ないか─
88:
大井「嫌アアアアアアアアアアアアアアア」
大井「ハァ…ハァ…」
北上「大井っち大丈夫?すんごいうなされてたけど」
大井「北上さん…はい、大丈…ぶ」
大井「あ、汗がこんなに…」ビッショリ
大井「…」
大井「言おう、今日思いを伝えよう」
大井「大丈夫、提督はまだ誰ともケッコンしていない」
大井「まだチャンスは…ある」ギュッ
91:
ワイワイガヤガヤ
青葉「号外!号外です!」
青葉「ななな、なんと!あの提督の大ニュースです!」
『提督ついに身を固める!?』
大井「な、何よ…これ」ガタガタ
「あ、大井さんおはようございまーす…あれ?固まってる?」
「走ってっちゃった…」
92:
大井(せっかく決意したのに…)
大井(よりによってこのタイミングでなんて)トボトボ
提督「げっ!お、大井か」
大井「てい…とく」ヨロヨロ
提督「お、お前どうした?大丈夫か!?」
こんな私を心配してくれている
やっぱり提督は優しい
けど…その優しさが私を蝕む
94:
提督「顔色も悪いぞ、ちゃんと飯食べてるか?」
あぁ…私をみてくれてる
私を
私の目を見て
言おうかなここで
提督に…気持ちを
大井「あの、提と「困ったな」
提督「北上は見当たらないし」キョロキョロ
97:
なんデ、ここでアイツの名前がデルノ
ナンデナンデナンデナンデナンデナンデ
ドウシテドウシテドウシテドウシテドウシテ
大井「ああああああああぁぁっぁっぁぁっぁぁぁぁっああああああああ!!!」
99:
大井「あなたが!中途半端に優しくするから!!」
大井「酷い言葉を浴びせたのに気にした風もなく」
大井「今までのやつらだったらみんな離れていくのに!」
大井「こんな気持ちを抱くのなら知らなきゃ良かった!!」
大井「私を見てよ」
100:
大井「最初の頃の私でもない」
大井「北上さんと一緒にいる私でもない」
──今の…私個人を見てよおおおおおおおおおおおおお
提督「……すまない」
大井「謝罪なんて…いらないのに」ヒッグヒッグ
101:
北上「やぁ…終わった?」ヒョコ
提督「お前…見てたのか」
北上「まぁ、これでも可愛い妹だしね」
北上「あーらら、泣き疲れてまた寝ちゃってる」
北上「提督、大井っちの気持ち分かった?」
提督「あぁ…ままならないものだな」
北上「大井っちだけじゃない、私達艦娘はみんな繊細だから気をつけてよね」
提督「北上…お前もなのか」
北上「あー、うん、そうだねぇ」ヘラヘラ
102:
北上「じゃ、大井っちは私が責任持って面倒見ておくよ」ヨイショ
提督「すまんな、手間をかける」
北上「うんうん、感謝してよね」
北上「お礼は指輪2人分でいいよ」ニコッ
提督「お前…」
北上「へへへ、じゃーねー」フリフリ
103:
○月×日
阿賀野、着任!提督さんとの初顔合わせ
はぁ?優しそうな人で良かった!
鎮守府にいる他の子とも挨拶完了
みんな楽しそうで、阿賀野これからがドキドキワクワク
○月△日
提督さんはあれからずっと私にかかりっきり
ふふん!最新鋭の力、分かってくれたのかしら
阿賀野、ドンドン張り切っちゃうよ!
○月□日
今日はとうとう阿賀野がMVP取ったの!!
メキメキ強くなってるよ
帰ったら提督さんに撫でられちゃった!!
えへへ、提督さんのなでなで…好きかも
104:
×月○日
なんと!今日はついに能代が来たの!
キャー嬉しいいい
提督さんもとっても喜んでた
夜遅くまでお話しようと思ったら、能代にダメって言われちゃった…シュン
×月△日
最近提督さんが構ってくれない
ずっと能代と一緒にいる
阿賀野は一人の時間が多くなった
寂しいなぁ…
×月□日
提督さんと他の子が楽しそうに話してるのを見ると胸に痛みを感じる
どうして私を見てくれないの
能代にばっかり
×月×日
そっか…これが恋なんだ
そっかー
105:
△月×日
今日は提督さんと何回も目が合っちゃった
すごい!目が合うたびにドキドキする
えへへ、阿賀野はずーっと見ていますよ
ね?提督さん
△月△日
阿賀野はこんなにも提督さんが好きなのに…
最近避けられてる気がする
こんなにも好きなのに
大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き
106:
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
・・・・・
○時×分
提督さんが妖精と話してる。ケッコンなら私とだよね
○時△分
提督さんが霞に指輪を奪われた。許せない、私のなのに
○時□分
提督さんが伊168に馬乗りされてる。あの痴女め
○時◇分
提督さんが春雨に騙されてる。駄々をこねるなんてホントお子様ね
○時○分
提督さんが電と話してる。
108:
×時×分
提督さんが磯風の料理を食べてる。私だってあなたのためなら作れるのに
×時△分
提督さんが朝潮を撫でてる。羨ましい、恨めしい
×時□分
提督さんが大井に泣きつかれてる。みっともない
×時◇分
提督さんが工廠に逃げ込んだ。あんな妖精を頼るなんて!
×時○分
提督さんを見つけた。後ろから抱きついて驚かせちゃえ
110:
阿賀野「私を頼ってよ、ね?提督さん?」フッ
提督「ヒッ…」ビクッ
提督「あ、阿賀野…よくここにいるって分かったな」
阿賀野「ふふふ、阿賀野は提督さんがどこにいたってすぐに見つけられるよ」
阿賀野「だって、提督さんを愛してるんだから!」ギュッ
提督「ははは…な、なんか重いな阿賀野」
阿賀野「ぶぅ?女の子に向かって重いって言っちゃダメだよ!」
提督「い、いや…そういう意味じゃ」
提督「ん?なんか落ちてるぞ」ヒョイ
阿賀野「あっ」
113:
△時×分
提督さんに指輪を貰えることになった。やったぁ!結k───ザザザ
△時×分
提督さんが日誌に気づいた。中身見られちゃう!
△時△分
提督さんが固まってる。どうしたんだろう?
△時□分
提督さんが私に怯えた目を向けてきた。ひっどーい!プンスカ
116:
提督「あ、阿賀野…何だこれ!何なんだよ!!」
阿賀野「え?私の日誌だよ」
阿賀野「提督さんってば勝手に人の秘密見ちゃうなんていけないんだぁ?」
阿賀野「阿賀野は悲しいよ」
阿賀野「そんないけない提督さんには
──お仕置きしちゃおっか
提督「うわああああああああぁぁぁっぁぁっぁぁぁあああぁっぁぁぁっぁ!!!」
提督、発狂
118:
それからのことはよく覚えていない
気づけば鎮守府にいるみんなの面前で椅子に縛られていた
提督「ぜ、全員とケッコンとか…流石に冗談だよな」ハハハ
提督「そんなことしたら金が…金が」
雷「大丈夫よ司令官」ニコッ
提督「え?」
「「「「「私達が養ってあげるから!」」」」」
11

続き・詳細・画像をみる


昔の少年誌の表紙って味があっていいね

ゴキブリを1度も見たことがない北海道民にゴキブリを見せた結果wwwwwwwwwwwwwwwwww

【画像】 av堕ちアイドル・坂ロ杏里(25)に衝撃事実発覚!! 闇が深い・・・・

キスすることでゾンビから人間に戻せる主人公の物語とか面白そうじゃね?

【朗報】 HIVウイルスの完全除去に成功!!

寿命って法律で区切ったほうがよくね?

デブってなんでいいやつ多いの?

【社会】「パチンコやネカフェ行くのに邪魔で…」1歳長男を20時間監禁容疑、母親と交際相手の男逮捕 大阪・高槻

大人専用の「粉ミルク」発売! 栄養をバランスよく摂取できるミルクが欲しい…という声から誕生

【音楽】「ゲスの極み乙女。」3rdフルアルバム「達磨林檎」発売を一旦中止

Unofficial League Of Legends Game Coming To Steam

安倍「慰安婦へのおわびの手紙なぞ毛頭考えていない」

back 過去ログ 削除依頼&連絡先